FC2ブログ

【重要】日本維新の会:「共謀罪」で対案提出の意向

表現規制ニュース
■日本維新の会:「共謀罪」で対案提出の意向
http://mainichi.jp/articles/20170202/ddm/005/010/062000c
毎日新聞 2017年2月2日 東京朝刊


日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は1日の記者会見で「共謀罪」の構成要件を絞り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、対案を提出する意向を示した。テロ等準備罪の「等」を削除し、対象をテロに関する犯罪に限定することを明確化する。「捜査はフルオープンにする」と述べ、取り調べの可視化も盛り込む考えを示した。

■共謀罪:維新の浅田氏「取り調べの可視化は絶対必要」
http://mainichi.jp/articles/20170130/k00/00m/010/045000c
毎日新聞 2017年1月29日 19時28分(最終更新1月29日19時41分)


日本維新の会の浅田均政調会長は29日のNHK番組で、「共謀罪」の構成要件を絞り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について「『やるかもしれない』という犯罪を供述調書をもとに立件していくわけだ。テロ防止法は必要だが、取り調べの可視化は絶対必要で、絶対含めていくべきだ」と述べ、取り調べの可視化に関する規定を盛り込むよう求めた。

浅田氏は「テロ等の『等』に麻薬とかマネーロンダリング(資金洗浄)を含めてしまうから混乱が生じる」とも指摘し、テロ防止に絞った法整備を政府側に促した。

Twitterの反応!





日本維新の会が共謀罪の対案に「取り調べの可視化」を策定!


テロ等組織犯罪準備罪=共謀罪を盛り込んだ「組織犯罪処罰法改正案」について日本維新の会松井一郎代表は対案として「テロ防止法案」を策定を発表した模様。テロ等では対象範囲が広すぎるとして「等」を削除してテロ対策に限定する事で明確化。さらに「捜査はフルオープンにする」と述べて「取り調べの可視化」を盛り込む考えを示しました。また、同党の浅田均議員(政調会長)はNHK番組で同様の主張をしたそうです。

第二与党である日本維新の会にしては非常に珍しく「国民目線の野党の仕事」をしています。自民党に「取り調べの可視化」を呑ませるのは相当ハードルが高いと思いますし捜査当局である警察の激しい抵抗が予想されます。手の平を返す可能性は高いでしょうけど「イザという時の保険」としては信用できるので反対派はこのチャンスを活かすべきです。

当然、共謀罪のような悪法は「廃案」がベストです。しかし、状況的に厳しいので「取り調べの可視化」は絶対に盛り込むように日本維新の会に釘を刺すと同時に民進党を中心にした4野党「対象範囲の明確化」を御願いしていくのがベターだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック