FC2ブログ

【永久保存】削除されゆく参院での審議映像 安保法採決は18日まで

政治・経済・時事問題
■削除されゆく参院での審議映像 安保法採決は18日まで
http://www.asahi.com/articles/ASJDJ4SQGJDJUTFK009.html
朝日新聞デジタル 南彰 2016年12月17日 08時13分


昨年成立した安全保障関連法の参議院での審議や、採決強行の様子などを含む映像が、18日いっぱいで参院のホームページから削除され、見られなくなる。衆院と異なり、参院では公開期間を限っているためだ。

参院のホームページ(http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php別ウインドウで開きます)から削除されるのは、昨年の通常国会と同年12月18日までに開かれた閉会中審査の審議の映像。

安保関連法が採決された昨年9月17日の特別委員会の映像には、「速記中止」の表示が出る中、起立採決が始まり、自民党の鴻池祥肇(よしただ)委員長の発言が聞こえない混乱状態の中で採決が終わった様子が映っていた。

Twitterの反応!







歴史的な強行採決の証拠映像が閲覧不可能に!


昨年、強行採決の末に成立した安保法制の参議院での審議や採決の様子などを含めた映像が12月18日(日)をもって参議院のHPから削除されました。衆議院と異なって参議院では公開期間が限られている為です。これはあくまで「そういうルールになっている」だけで情報統制といった話ではありません。

しかし、安保法制に関する「速記中止で聴取不能」という議事録は「委員長復席後の議事経過は次の通りに速記を開始し~」と議事が進行したかのように改竄されています。聞き取り不可能な混乱状態で採決。速記録は議場騒然で聴取不能。自民党は「可決すべきものと決定した」と議事録を改竄。歴史的な強行採決の証拠映像が削除された事は痛恨の極みです。

日本国民は歴史捏造の暴挙を忘れてはいけません。現在、件の映像はインターネット上で拡散されているので自由に閲覧できます。只、これは著作権的にグレーゾーンの行為なのでいずれは後世の人々が検証できなくなる日がくるのは避けられないと思われます。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
  •  災害の世紀を証明する昨夜の茨城大地震、神奈川県でも大揺れだった、28日夜、茨城県北部で起きた最大震度6弱の非常に強い地震について、気象庁は東日本大震災の余震と見られ、今後1週間ほどは最大震度6弱程度の余震が起きる可能性があるとして注意を呼びかけています、に関連する最新のWeb情報を引用すると、
    国民の生活が第一は人づくりにあり
    2016/12/29 09:23