FC2ブログ

【国家主権を守れ】ペルー・リマでTPPに反対する抗議

TPP参加反対!
■ペルー・リマでTPPに反対する抗議
http://parstoday.com/ja/news/world-i20971
Pars Today 2016年11月19日 20時02分


ペルーのリマでAPEC(エイペック)アジア太平洋経済協力会議の閣僚会議が行われるのにあわせて、TPP・環太平洋パートナーシップ協定とオバマ大統領のこの会議の出席に抗議する数百人規模のデモが行われました。

フランス通信によりますと、この抗議デモの参加者はプラカードを持ってスローガンを唱え、TPPとオバマ大統領のAPECの会合への出席に対する反対を示しました。

2014年まで、日本、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、アメリカ、ベトナムのアジア太平洋の12カ国がTPPの参加交渉に加わっています。

TPPはアメリカと11カ国の貿易の基準を同一化するための協定で、2015年10月に大筋で合意しました。

昨日御伝えしたTPPに参加する12カ国の首脳会議の後に開幕したAPEC(アジア太平洋経済協力会議)に合わせて現地のペルーではTPP反対デモが展開されました。APECの会場付近で機動隊と衝突。デモに参加したペルー国民は数百人規模で「伝統文化が壊される」と述べてTPPを含めた自由貿易協定に反対。さらに「医薬品の価格高騰」「国家の主権」が脅かされる事を危惧して声を上げたそうです。

行き過ぎたグローバル化は庶民の暮らしを根こそぎ破壊し尽くすもので断固阻止すべきです。日本のテレビや新聞はペルーのTPP反対デモをほぼ報じていません。これは明らかに意図的に反対の声を伏せています。近日中に参議院でTPP承認案&関連法案の採決が行われる可能性が高いと思われます。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック