FC2ブログ

民主党には僅かだが望みはある? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

民主党には僅かだが望みはある?

【次の内閣】党としての一体感を高めることが何より肝要 鳩山幹事長
>「児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案」
>については、法案担当者の千葉景子参院議員が説明。
>現行法ではあいまいな児童ポルノの定義の明確化、児童ポルノ取得罪の新設、罰則の法定刑引き上げ、
>被害児童の保護に関する制度の充実・強化などを柱とする法案内容を了承した。
>いわゆる「単純保持」については、正当な理由なく、
>有償または2回以上の取得をした者に対して罰則を設けられることとし、
>提供目的以外の児童ポルノ所持についても、実質的に処罰範囲に含まれることとなる。


2回以上の取得とか言っている時点でネットのウイルスやアドレスを踏んでの冤罪が起こる危険性が高い。
ネットを利用する上でのリスクを爆発的にあげる事になります。
その辺は全く訂正されていない。
読んで判るように単純所持について取り締まるとか言っている時点で民主党案についても名前が違うだけで、与党案と同じ危険性をはらむ法案を通そうとしているようだ。
返信メールが即来たところをみると26日の審査の時に反対意見は多数きていたのでしょうね。
その意見を全部無視してこのような強行に走った。
しかもいつの間にやら所持についても実質的な処罰範囲に含まれるという案になってる。
これらの動きには正直失望しました。
「正当な理由」とやらをどうやって証明するんでしょうね?。

おそらく、アグネスのロビー活動で丸め込まれた議員が多数出たことでこのような事態になったと思う。
ホントに大きな団体とタレントの言うことなら何の根拠も理論もいらないで言うこと聞くんですね。
この辺は与野党に違いはない。
反対署名の賛同人になった議員達は何やってたんだって感じです。
民主党には4人ほどいたはずですが。
例によってソースは2chなので真相は分かりませんが、松浦議員はかなり頑張ってくれてるようです。

ただ、文面を見た限りでは去年の6月に出した案と変わってないようにも思えます。
定義の明確化と"今のところ"は創作物に手を広げようとしていないことは評価できる。
まあ、創作物さえ規制されなきゃいいって問題でもないんですが…。

2次補正予算 給付金支給8割は4月から
2次補正予算案も可決し、やる事は児ポ法みたいな危険な法案の審議しかない。
解散は微妙だし。
小沢氏の件で民主党がゴタゴタしてるので野党も力を失い。
今選挙してもどうせ与党の圧勝でしょう?。

他のところで「 民主党もダメだ 」とかいう書き込みを見かけたりしますが、
そういうのもアグネスの策に引っ掛かっていると思います。
民主党が対案を掲げているかぎり、結果的にはそれが「抵抗」になっている。
この事には目を向けるべきでしょう。

望みはさらに多くの反対意見です。
頻繁に話題に上がるということは、アグネスの件もありますけど。
それだけ多くの反対意見があるということでもあります。
党としての公式見解は今のところ代わり映えしないようなので。
意見の送り先は「民主党 男女共同参画推進本部」メンバーを中心に。
ただし、小宮山洋子と北神圭朗は微妙。
神本美恵子は日ユニの署名に協力してるので無視してもいいと思います。
内容は この辺を参考に。
「アグネスの何の根拠も無い感情論に流されないでください」と一言添えてみてください。
根拠も無いし、諸外国で効果が出てないのは事実ですから。

あとは、反対署名にどれだけの効果があるかですね。
今のところマトモなのは共産・社民・国民新党か?。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック

民主党 原口

民主党?支持者はなぜ、麻生総理の経済政策を批判するのかさっぱり分りません。民主党?支持者はなぜ、麻生総理の経済政策を批判するのかさっぱり分りません。民主党の財源のさっぱり分らない、無茶苦茶な公約が良くて、今回の経済対策がバラマキ? 理屈がさっぱり分り

2009-03-06 01:12 from 情報通のための流行ニュース通信<最新版>

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.