FC2ブログ

【要注意】米国抜きのTPP発効も=11カ国で条項見直し-メキシコ経済相

TPP参加反対!
■米国抜きのTPP発効も=11カ国で条項見直し-メキシコ経済相
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111100334&g=int
時事ドットコム 2016年11月11日 11時32分


【ワシントン時事】メキシコのグアハルド経済相は10日、ロイター通信に対し、米議会が環太平洋連携協定(TPP)を承認しなければ、米国を除外して11カ国で協定を発効する道が検討されると語った。次期大統領にトランプ氏が決まり、内向き志向を強める米国に速やかな承認を要望した。

日米など12カ国が署名したTPPは、域内全体の国内総生産(GDP)の6割を占める米国の批准が発効条件の一つになっている。オバマ大統領は来年1月までの任期中に議会承認を得て、批准したい考えだが、トランプ氏は選挙戦で「TPP離脱」を宣言。議会多数派の共和党上院トップは9日、年内の審議を見送る意向を表明した。

グアハルド氏は、米議会の承認が遅れれば、「他国と(発効条件に関する)制約条項の見直しを協議すべきだ」と語り、米国の批准を待つ必要はないとの考えを示した。

No title
現時点ではまだわかりませんが、アメリカ抜きTPPを他の参加国がどう思っているかですね。アメリカを中心に交渉をやってきただけに場合によっては再交渉の声も出そうな気もしますが・・・。

2016-11-11 23:46 from W-B

W-B氏に頂いた情報。ドナルド・トランプ次期米国大統領の誕生で崩壊寸前のTPPに新展開。メキシコのイルデフォンソ・グアハルド経済相はロイター通信の取材に対して「米国を除外した11カ国で協定を発効できるように修正すべき」と語ったそうです。米国が離脱してもTPPは終わりません。今後のメキシコの動向に要注意です。

御存知のようにTPPは米国議会が承認しなければ発効しません。しかし、メキシコは「NAFTA(北米自由貿易協定)」があるので米国が離脱しても影響はありません。日本の衆議院でTPP承認案&関連法案を可決成立した翌日に参加表明したメキシコは非常にしたたかで危険です。当然、日本の市場を食い荒らす目的がある筈です。

これが実現されれば米国を除外して日本を中心としたTPPになります。これを支持する声は多いようですが誰が主導権を握るかは問題ではありません。大事なのは「中身」です。私達一般国民が目を向けるべきは「国家主権」「医療」「雇用」「著作権」「食の安全」の5つです。これを脅かすものか否かを冷静に判断しなければなりません。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • TPP参加反対!
  • »
  • 【要注意】米国抜きのTPP発効も=11カ国で条項見直し-メキシコ経済相