FC2ブログ

【Xデー間近】TPP、来月1日採決調整

TPP参加反対!
■TPP、来月1日採決調整
http://jp.reuters.com/article/idJP2016102701001828
ロイター 2016年10月27日 21:26 JST


自民、公明両党は今国会の焦点となっている環太平洋連携協定(TPP)の承認案について、11月1日午後の衆院本会議で可決し衆院を通過させる方向で調整に入った。同日午前の衆院特別委員会で締めくくりの質疑を行い、採決する案が出ている。関係者が明らかにした。野党が時期尚早と反発するのは必至だ。

11月1日に衆院を通過させれば、参院が議決しなくても憲法の規定で会期最終日の同月30日に自然承認される。自民党筋は衆院本会議採決の時期に関し「11月1日を目指している」と述べた。

■TPP月内の衆院通過断念=与党、来月1日なお模索
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102700723&g=pol
時事ドットコム 2016年10月27日 20時48分


首相は27日、自民党の二階俊博幹事長と首相官邸で会談し、「焦らず慎重にやる」ことで一致。首相はこの後、特別委で「自民党は結党以来、強行採決をしようと考えたことはない。この瞬間まで全く変わりはない」と重ねて表明した。

与党は当初、28日の特別委採決を目指していたが、野党の反対で断念。参考人質疑で合意した31日に採決に踏み切ったとしても、同日は衆院本会議の定例日ではなく、本会議採決は事実上不可能だ。


TPPの承認案。野党と反対派勢力の抵抗で10月28日(金)の強行採決は阻止できました。しかし、今度は11月1日(火)の衆議院特別委員会で質疑を行った後に採決する案が出ているそうです。政府・与党は事実上の強行採決を諦めていません。

TPPに対する日本国民の関心度の低さは他の参加国と比較になりません。これまでテレビや新聞は正確に報じなかったので仕方ない面はあるものの生活に密接に関係する条約に無関心なのは異常です。只、ここ数日はテレビや新聞で特集が組まれるようになってきました。おそらくは政府・与党が強行採決に踏み切った際にバッシングを受けないようにアリバイを作る目的です。

以前、御伝えしたようにTPPは「条約」なので11月1日(火)に衆議院を通過すれば同月末に自動的に「自然承認」されてしまいます。衆議院のTPP賛成派は与野党を合わせて3分の2議席を超えています。自民党内の反対派が抵抗しても焼け石に水なので唯一の希望は今後の「参考人質疑」です。

岩月浩二弁護士の攻め方次第で強行採決だけは避けられるかもしれません。米国の次期大統領候補は揃って反対なので継続審議に持ち込めれば暫らくの間は頓挫する筈です。日本国民のXデーは間近に迫っています。反対派の皆様は悔いのないように最後まで抵抗すべきです。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック