礒崎首相補佐官「憲法改正、見えるところまで来た」 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

礒崎首相補佐官「憲法改正、見えるところまで来た」

礒崎首相補佐官「憲法改正、見えるところまで来た」
http://www.asahi.com/articles/ASH3Q4RP3H3QUTFK002.html
[朝日新聞デジタル 2015年3月22日20時44分]


自民党憲法改正推進本部事務局長の礒崎陽輔首相補佐官は22日、憲法改正について「目に見えるところまで来た。国民投票法ができ、次は憲法改正をするのが当たり前だ」と述べ、国民投票の前提となる国会発議を遅くとも再来年前半までに実現することに意欲を示した。大分市で開いた自身の政治資金パーティーの講演で語った。

礒崎氏は、自民党が4月に、子育て世代の主婦向けに憲法改正の意味や内容を分かりやすく伝える漫画を5万部作ると説明。「若い人は今の憲法がどうしてできたのか知らない。連合国軍総司令部(GHQ)が8日間で英語で作り、それを訳してできたのが今の憲法だ」と、憲法改正に向け世論を喚起する考えを示した。

1回目の国民投票にかける改正項目として、大災害や戦争時に首相に権限を付与する「緊急事態条項」を挙げた。「どの国の憲法にもあるが、日本だけない。東日本大震災のような場合は、首相に法律の定める範囲内で権限を与え、しっかりやっていく体制がいる。あとは環境権という人もいるし財政規律という人もいる。今から議論していけばいい」と指摘した。(石松恒)


No title
礒崎首相補佐官「憲法改正、見えるところまで来た」
http://www.asahi.com/articles/ASH3Q4RP3H3QUTFK002.html

>礒崎氏は、自民党が4月に、子育て世代の主婦向けに憲法改正の意味や内容を分かりやすく伝える漫画を5万部作ると説明。

何故に「子育て世代の主婦向け」なんでしょうね?。漫画で書こうとしている内容にもよりますが、広めるのならばそれ以外の層にも広めてもいいと思いますけどね。

2015-03-23(23:27) : W-B URL : 編集


W-B氏に頂いた情報。http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2797.htmlの続きです。礒崎陽輔首相補佐官は自身の政治資金パーティーで憲法改正に関して「目に見えるところまで来た」と発言した様です。ちなみに、礒崎陽輔は自身のTwitterで「立憲主義なんていう考え方は聞いた事がない」とトンデモツイートをした極めて危険な人物です。

自民党は4月までに「子育て世代の主婦」に向けて憲法改正の意味や内容を分かり易く伝える漫画を5万部作るそうです。失礼な言い方になるが「主婦」「若者」はミスリードされ易いので要注意です。押し付け憲法論を含めて思考停止ワードは幾らでもあります。護憲派も「リアルな周知」で対抗する必要があります。

済し崩しで憲法全体を変えようとするのは改憲派の常套手段。押し付け憲法論を口にした時点で信用してはいけません。改正案の中身から目を逸らそうとする意図があるからです。個別の改正ではなく「自民党憲法草案」「全体」をよく見てその危険性を理解すべきです。問題は「憲法9条」だけではありません。視野を広く持たなければ改憲派の術中に嵌る事になります。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

『著作権侵害の評決を受け、ファレルがエンタメ業界に警笛』
http://snn.getnews.jp/archives/602940

2015-03-24 02:45 from 名無し | Edit

http://jbpress.ismedia.jp/mobile/articles/-/42946?page=4
自民党の改憲草案は現代日本人には相応しくありません。現行憲法をGHQの押し付けだと主張する自民党の改憲派は、憲法を改悪して国民に自分たちの勝手な道徳観を押し付けようとするからダメなんですよ。
「押し付け憲法」が好きなのはむしろ彼らです。

2015-03-24 07:59 from 12434

No title

自民・額賀派と岸田派の参院議員が初会合
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150324-00000010-jnn-pol

2015-03-24 11:03 from - | Edit

樹林の見解内容次第では炎上も辞さないだろな

2015-03-24 22:03 from -

末期、世も末

安倍首相が自衛隊を「わが軍」と発言、民主追求の構え、維新も批判。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000040-asahi-pol

2015-03-24 22:42 from | Edit

訂正

追求→追及

2015-03-24 22:46 from | Edit

鵺様へ

 やっと仕事が終わった……。
 「nuclear」という存在に、この国と国民は今なお翻弄され、被害を被っている最中、核兵器の肯定すら明言する首相が「我が軍」と自身の所有物のようにふるまう。どの面下げて総統ごっこをしているのか。
 彼は核兵器より危険です。
 維新なんて、憲法改正そのものは推しているクセに、総理を批判してもっともらしくしているなんて、なんて白々しいのでしょうか。改憲をすれば、いずれ自衛隊が『軍』になる現実がほぼ確実に待ち受けているというに。改憲されれば、国民の安全すら保障されません。(とっくに憲法も形骸化している気がしますが)
 余談ですが、現在日本に普及している全ての太陽光発電機が生み出す総電力は、最低でも原発70基分に相当するようで(日本にある原発が全部で54基)、電気の供給過多すら起こっている状態です。
 ソフトバンクなんかも、相当力を入れているようですね。どっかのチキンホーク達の核兵器所持肯定の為の原発肯定論のビッグマウツとは対照的に、戦略的にも有効で安全なエネルギー供給に貢献している訳です。
 いい加減、核からおさらばしても良い頃のハズ。

2015-03-25 01:52 from オルタ

オルタさん

そもそも、日本の原発の管理会社が各電力会社ではなく、イスラエルのマグナGSP社である事からして色々と匂いますね。そして先般の安倍首相イスラエル訪問で、日本製の武器、軍事技術を売り込む事を約束。すべてがインチキですね。
ウラン235圧縮燃料は一度発電用に使用されるとプルトニウムに変化してMOX燃料として再使用される。元来「日米原子力協定」で日本の原発はGE社設計のウラン発電しか出来ない軽水炉型原発(本国アメリカではこの設計では危険過ぎて使用不可)のみしか存在しない。そこへ無理矢理MOX燃料を原子炉に入れて発電している事実。これがいったい何を意味するのかは、貴殿なら解ると思います。
日本の原発の殆どが既に老朽化し、近い将来廃炉を余儀なくされる。しかしその莫大な量のコストは現在の電気料金には加味されていませんが、このまま黙って大人しく従っていれば間違いなく電気料金に追加される事は間違いなし(しかも総括原価方式)です。また廃炉にするためには約半世紀の時間を要し、そして収束作業員が廃炉の際に外部被曝する量は今の福島第1原発収束作業員のそれを更に上回り莫大な人数が必要と言われています。
原発利権という名の強烈な中毒性を持った甘い汁を吸った者は既に「原発利権ジャンキー」と化し彼らがこの世にいる限り「悪魔のサイクル」は何度でも回り続けるでしょう。利権維持のためならどんな事でもやります。だから福島県で「放射能に負けない」などという「狂ったプロパガンダ」が流布され、移染でしかない除染をさも「除染されましたもう大丈夫です」と狂ったテレビメディアは報道する訳で、しかも「早川マップ」をみれば一目瞭然ですが、首都圏においても「ホットスポット」だらけ(線量計購入しました、自宅内の線量は多い時は震災前の約10倍、0.18~0.2マイクロシーベルトを検出します)なのに事実を報道させません。
この手の情報を遮断し、国民を黙らせる為の特定秘密保護法であり、改憲なんだと思いますよ。「わが軍」とは恐らく戦闘員ばかりではなく、今後原発収束作業員も含まれると思います。
以上私見ですが・・・
※そういえば、秋田近海、新潟近海に埋蔵されている石油天然ガス田、両方入れると大規模石油天然ガス田みたいですが政府は全くやる気がないみたいですね。ベトナムは5000m以上掘って宝の山を見つけましたが、日本はアリバイ的に2000m掘削しただけで終わった様です。きっと掘削成功したら色々な人々にとって「不都合な真実」なのでしょうね。

2015-03-25 20:05 from | Edit

オルタさん

あっ、そうそう。実は原発に反対する某民族派右翼の方から聞いたのですが、仕事がサービス業のためさりげなく原発の話題を振るらしいのですが、日本の原発がすべて稼動をやめてから約1年半経ちますが、そこでわかった事は、福島第1原発以外の原発は現在も稼動していると信じている人たちがごまんといて、唖然とする毎日だそうです。

2015-03-25 20:37 from | Edit

鵺様へ

>>そこへ無理矢理MOX燃料を原子炉に入れて発電している事実。これがいったい何を意味するのか
・海外の原発で消耗した「出涸らしウラン」を日本で使っている、ということでしょうか。
 きっと色々な「サンプリング」も兼ねているのでしょう。これはあくまで陰謀論ですが。
>>近い将来廃炉を余儀なくされる。しかしその莫大な量のコストは現在の電気料金には加味されていませんが、このまま黙って大人しく従っていれば間違いなく電気料金に追加される事は間違いなし(しかも総括原価方式)です。
・原発の「後始末」には全く失念しておりました。
 そういえば、近ごろ東電は政府から9兆円も支援金を貰った訳ですが、廃炉の為に積み立てる内訳は、やっぱりびた一文も無いのでしょうね。一企業の責任をなぜ国民が負うのか、その筋が分かりませんが、なあなあでみんな支払うのでしょう。
>>そういえば、秋田近海、新潟近海に埋蔵されている石油天然ガス田、両方入れると大規模石油天然ガス田みたいですが政府は全くやる気がないみたいですね。
・非常に高価値で、地方再生の要になりそうな資源なのですが、なんとなく海外の投資家にでも叩き売りそうな静けさですよね(苦笑)。
 自衛隊の軍備の増強に国民の多数は賛成しながら、重要な国土は白人にも中国人にもポンポン売っていることに気づきませんからね。冗談とも思えなくなってきました。
>>また収束作業員が廃炉の際に外部被曝する量は今の福島第1原発収束作業員のそれを更に上回り莫大な人数が必要と言われています。
>>「わが軍」とは恐らく戦闘員ばかりではなく、今後原発収束作業員も含まれると思います。
・それでも、自らの人生に見切りをつけ、原発収束作業員を希望する人は相当数いるんじゃないかと思われます。
 まして、量的金融緩和という禁じ手によって、今後日本の国債が暴落するのはほぼ確定していますし、その時は預金封鎖、最悪金塊などの没収も起こるかと思われます。
 漫画「いちえふ」では、突然死する従業員が相次ぎ、作業員の給料は中間搾取で削られまくり、手取りはスズメの涙ほどしか受け取っていない描写がなされています。
 にも関わらず、「パチ屋で給料倍にするぜ!」とか非常にコミカルに描き、あれほど異常で悲惨な状況を表しているプロパガンダでさえ、多くの読者は金を払ってまで共感し、安心しているようです。アマゾンの絶賛レビューの嵐を見たら笑ってしまいましたよ。福島原発がまだ稼働していると思っている人が多いなら、あのレビューを掲載しているのは工作員の仕業だけではないのかもしれませんね。

2015-03-25 23:27 from オルタ

オルタさん

回答は野田政権下で公表したこれです。
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/813.html
正に「悪魔の核燃料サイクル」です。
「いちえふ」は事ある毎に「脱原発運動批判」で帰結するプロパガンダ漫画だと思います。「コッぺリオン」も311以降はトーンダウン。既に私たちは「統制社会」の中を生きているのです。

2015-03-26 18:49 from | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.