山口俊一・内閣府特命担当大臣閣議後会見「TPPは知財・クールジャパン戦略に大きな影響がある」(2015年3月3日) - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

山口俊一・内閣府特命担当大臣閣議後会見「TPPは知財・クールジャパン戦略に大きな影響がある」(2015年3月3日)

山口俊一・内閣府特命担当大臣閣議後会見「TPPは知財・クールジャパン戦略に大きな影響がある」(2015年3月3日)
http://getnews.jp/archives/844186
[ガジェット通信 DATE:2015.03.03 14:30 BY:ふじいりょう]


2015年3月3日9時15分頃より中央合同庁舎第8号館で開かれた山口俊一内閣府特命担当大臣の記者会見で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉と著作権関連の質問をすることができました。ここではその部分を抜粋して紹介します。

※詳細な大臣発言・質問・議事録は、内閣府ホームページにてご確認下さい。

知財政策、TPP交渉における著作権関連の質問(抜粋)

ーー改めてお聞きする形になってしまうと思うのですけれど、知財戦略と情報通信技術戦略とクールジャパン戦略、これらは密接に絡んでいるかと思うのですけれど、これらが大臣の中でどういう位置づけなのか、お伺いしたいと思います。

山口大臣:それぞれおっしゃる通りで、関連することもあると思っておりますし、同時に安倍内閣の一番大きな課題というのはやっぱり経済再生、デフレ脱却ということにあるのだろうと。そして特に先般の委員会等でもご指摘頂いたのは「三本目の矢」ですね。持続的な経済成長に向けての民間の動きが弱いじゃないか等々というご指摘。これに対してもやはりクールジャパンであり、あるいは科学技術であり、あるいは知財の問題であり、非常に大きな役割を果たしていくのであろう。そういう認識を持っています。 

とりわけ地方創生にも密に関連しているので、私の方でITも地方創生に資するようなITってどんなものがあるのですか、ということで再度はじめました。クールジャパンもこれまで以上に地方版というものを取り入れながら、地方のさまざまな物産等々をしっかり世界に発信していくことで活性化を図っていきたい。そこらへん非常に関係がありますので、できるだけ有機的に進めていきたいと考えています。

ーーすいません、広い意味で関連すると思うのですけれども。現在TPP交渉で著作権保護期間70年への延長であったり、非申告化であったり、そういった方向で進んでいると一部で報じられています。今おっしゃられた知財関連、クールジャパン関連にも影響があると思うんですけれども、こちらの大臣のお考えをお聞かせ頂ければと思います。

山口大臣:おっしゃる通り、大きな影響があるのだろうと思っています。ただ、私としてはTPP交渉がどこまで、どういった形で進んでいるのかというのは、詳細わかりませんので、担当大臣の甘利大臣の方には、やはり知財の方も影響しますよ、と。我が国にとって大きな問題ですね、というお話はしてみようと思います。

ーーその交渉が進んでいる状況などが外から見ているとまったく見えない状況で、特に著作権関係で影響を心配する声が高まっていますけれども、そちらの方もどういうお考えかお聞かせ頂ければと思います。

山口大臣:これも同じことなんですよね。マスコミ報道等でしか承知はしていませんが、知財にしても基本的に我が国のルールというのはひとつ堅持しながら進めておるような捉え方はしています。ただ、これまでいろいろあって、私も党でそういう担当しておったのですが、ミッキーマウスでも、いざ切れそうになればアメリカサイドが「伸ばして下さい」と来るわけですよ。これは本当に国家戦略に関わる大事な話なので、しっかり対応していきたいと考えています。

著作権保護期間延長に関して言及

現在交渉中のTPPの知的財産条項案では、著作権保護期間が公開や作者の死後から50年後(映画は公開後70年)のものが、アメリカなどに合わせて原則70年後になり、侵害があった場合に第三者でも公訴できるようになる非親告罪化される方向で交渉が進んでいると報道されており、ネット上でも慎重な対応を求める声が高まっています。

そんな中、山口大臣に質問したところ、交渉の内容はわからないとしながら、経済財政政策担当の甘利明大臣に知財政策への影響についても申し入れる旨の発言がありました。また、ミッキーマウスを例に出して、著作権保護期間の延長を図るアメリカとの利害に触れています。今後の交渉へのアプローチに注意が必要です。

なお、この日はクールジャパン関連の海外見本市や展示会で、統一感を持たせるための「ジャパンマーク」の基本型が発表されています。観光庁が策定したロゴマークをベースに、ジャパンブランドの形成、発信を図っていくとのこと。今後は目にする機会が増えそうです。


山口俊一内閣府特命担当大臣の記者会見。TPPが著作権など知的財産やクールジャパン戦略に大きな影響を及ぼす事に関して語っています。ようやく担当大臣クラスに反対派の声が届き始めました。少なくとも「日本政府」として問題がある事は認識しているようです。明確な回答が得られた事は反対派として大きく前進したと言えます。TPPの参加を阻止できれば理想ですがこれで多少は戦い易くなりました。最悪の場合は国内法を整備する段階で影響を緩和する事は出来そうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

良く見たら非親告罪化には言及してませんね…
意図的に非親告罪化について言質を取らせないようにしてるのか、単に知らないのか…。杞憂かもしれませんが

2015-03-07 03:38 from 名無し | Edit

うぐいすリボンさんのイベントが3月9日にあるそうです

皆様、ご無沙汰しておりました。公私共にバタバタでして…ふがいない自分であります。
さて、既にご紹介済でしたら申し訳ありません。「うぐいすリボン」さんが来週月曜日に衆院議員会館でイベントを開催されるとのこと…「著作権」「非親告罪」等にご興味のある方は是非とも参加されてはいかがでしょうか?
「TPPと著作権非親告罪化を考える」
・日時:3月9日(月)17時~
・場所:衆院第二議員会館
・条件:事前申込必須!
・主催:うぐいすリボン
残念ながら自分は業務都合で全く参加不可です。残念きわまりない…。
定員70名のところ、もう残り少ないとか? 
参加ご希望の方はお早めに!
…て、コンテンツ文化研究会さんのイベントも近々あるらしいです。こちらも調べなければ…

2015-03-07 17:01 from ふぶら

No title

フジテレビ「スーパーニュース」にて
>中一殺害通夜会場から「生配信」・・・法的に問題なのでは
などという特集があったそうです。件の自称フリージャーナリストの周囲には同じ格好で同じ事をしているTV局や新聞社の記者達が映った映像を流しながら。まともなものの見方が出来る人なら「え?」でしょうね。
この問題は「報道しない自由」にするかと思いきや。彼らの「報道無罪」は「報道(マスゴミ)無自覚」に達しっていたようです・・・。でなければ「報道の在り方」の問題として考えるでしょう。
以前アルジェリア天然ガス精製プラント襲撃事件にて、被害者宅に自分達で決めた協定も破って押し掛け、逆に遺族からそのマスゴミぶりを「取材」されて「やめてください!撮らないでください!!」と世界中に無様を晒したのは脳に残りもしなかったのですね。
決してこのフリージャーナリストの行為を擁護する訳ではありませんけども、行動原理は「勝手な義憤」と「金儲け」という違いもあるのですけど、さすが取材はネット徘徊と脳内妄想に芸能人への「有名税の取り立て」という盗聴盗撮行為で、戦場記者は外部委託でとかげのしっぽ切りな自称マスメディアです。
先日のTBS「ニュースキャスター」は始め、一連の被害者容疑者の共通の趣味を個別作品の詳細設定まで、まるで原因のように晒し上げるのは法的に問題無いのですかね。
うちの法務部が無いと言ったら無いんだよ!でしょうか。

2015-03-07 17:23 from ネットマスゴミ | Edit

No title

生放送まとめ隊
http://blogs.yahoo.co.jp/hideyuki_shimizu1986
清水秀行さんという方がさんちゃんねるの様々な内容の書き起こしをブログにまとめていましたので紹介します。本当にありがたいです。

2015-03-08 01:39 from W-B

No title

ふぶら様
簡単ですみませんが、コンテンツ文化研究会のツイートより、イベントの案内です。要予約です。
コンテンツ文化研究会 @iccjapan
03月14日(土)14時00分からTKP信濃町ビジネスセンター・カンファレンスルーム2にて『政治サイドからみる表現規制反対運動の課題』を開催します。政治関係者の皆様からご意見を伺い、次の運動をどのように行っていくべきか考えていきます。http://bit.ly/1avn3fC
コンテンツ文化研究会 @iccjapan
『政治サイドからみる表現規制反対運動の課題』の登壇者として新たに自民党国会議員秘書の荻野浩次郎様と、維新の党大田区政策委員の荻野稔様をお招きしました。表現規制反対運動の今後の在り方について政党の枠を超えて意見を伺っていきます。http://bit.ly/1avn3fC
コンテンツ文化研究会 @iccjapan
『政治サイドからみる表現規制反対運動の課題』の登壇者として新たに中野区議会議員 森たかゆき様をお招きします。
「地方議会と表現規制問題」あまり関係なさそうに見えますが、そうではありません。http://bit.ly/1avn3fC
日時: 2015年03月14日(土)14時00分~ (開場13:45)
会場: TKP信濃町ビジネスセンター カンファレンスルーム2
登壇者:本多平直 元衆議院議員
      三谷英弘 前衆議院議員
      森たかゆき 中野区議会議員
      荻野浩次郎 自民党衆議院議員 秘書
      荻野稔 維新の党大田区政策委員
参加費: 無料
主催:コンテンツ文化研究会
共催:NPOうぐいすリボン
定員: 60名

2015-03-08 11:36 from W-B

以前、Amazonがセーファーインターネット協会の賛助会員になったことで商品の規制が厳しくなるのではとコメントした者です
Amazonからの返答をいただきました
「インターネットショッピングが危険(個人情報とか)というイメージを払拭するために賛助会員になったのであって、商品についてはSIAではなく今まで通りAmazonの基準で判断する」とのことです
まずAmazonの基準に問題があるのは置いておくとして、SIAが言ったから売らないとかそういうことはないとのことでした

2015-03-08 14:07 from 名無し | Edit

ご紹介有難うございます!

W-B様へ~。おぉ、コンテンツ文化研究会さんのイベントのご案内、有難うございます。ふむ、この日は行けるかもしれない…でも調整しないと…。
何しろ、議員さん・議員秘書さんのお話が生で聞ける機会、ですよね? 貴重な機会ですよね…。
別の予定が入っちゃってるけれど、是非とも参加したいです。
しかし確か「うぐいすリボン」の方にもいらしたような? …何だかお名前に「荻野」率が高い気がするのは気のせいかしらん?(微笑)

2015-03-08 22:44 from ふぶら

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.