【Twitter】【まとめ】コミケが「TPP協定」に関する声明発表 ― 著作権侵害が誰でも公訴できるようになる“非親告罪化”を危惧 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【Twitter】【まとめ】コミケが「TPP協定」に関する声明発表 ― 著作権侵害が誰でも公訴できるようになる“非親告罪化”を危惧






























ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

>「敵を作らない」ために「政治に参加しないことが自分たちの選択だ」
これも日本人の良い所なのかもしれませんが、通じない世の中に成って来ているのですね。
そしてそれに半世紀以上も参加して来たのが規制派、いいえ、そんな世の中にして来たのが規制派かもしれません。
あの自称善意の平和主義者達が居ないか無視して生きていけるなら、戦争はもっと少ないでしょうね。
個人的に日本一の老害マスゴミと評価する週刊文春、先週号の謝罪など無い事は想定内でしたが、その上を行く報道無罪を突き進んでいます。
凄惨な事件も、振興文化と若者叩きの好機にしか思えない週刊文春、どんな人が読んでいるのでしょうか。
>◆週刊文春    [3月12日号]   2015年3月5日(木曜日)更新
>川崎中1惨殺「鬼畜」18歳少年Aの素顔
>◆川崎中1殺害事件、少年犯罪、家庭環境、父親、カワサキ国(2015/03/12), 頁:26
なんと今週は「ラブライブ!」だけでなく「進撃の巨人」まで持ち出し、キャラクターの詳細設定まで絡めています。
何度読んでもこの作品から健全な青少年が受ける影響があるとしたら「芸能で地元を振興したい!」くらいしか無いと思うのですが、おそらく被害者の少年もこうした明るく前向きなお話に心惹かれたのでしょう。これが殺人教本に見える記者は犯人と同じく正気を疑います。
また、そう非難されるのを見越し首を切る描写があるという事で「進撃の巨人」を関係者への誘導尋問な取材で口に出させたのかと思えて来ます。同作品の読者数や物語は完全無視で。どうせうちの読者は漫画なんか良く知らないから、こんな漫画の所為でー!と騒げば騙せるだろうと。生憎、時代は文藝春秋が立ち止まっている間に進んでいるのですけど。
更に酷いのは被害者とその家族まで非難しています。
小学生も居る母子家庭の母一人で、ケダモノ率いる凶悪犯罪者集団から我が子を完璧に守ってみせろと。
毎度お馴染み神奈川県教育委員会と神奈川県警の職務怠慢は放置で。
文藝春秋は犯人の更生の可能性よりも、自分達がマスゴミからマスコミへ立ち返れるかの可能性を考える時ではないでしょうか。いいえ、これを善行だと信じてやっているなら考えもしないですか。
ここまで狂っていると文藝春秋社への抗議は馬耳東風かもしれませんし、私はこのマスゴミ行為へ出資している企業の製品を避けようと思います。
「ラブライブ!」や「進撃の巨人」は企業や自治体と業務提携もしているそうですが、そうした企業が週刊文春に広告を載せていたら呆れますが、自分達が出資する先がやっている事を教えるべきでしょうか・・・。

2015-03-05 18:47 from ネットマスゴミ | Edit

報道機関からマスゴミを無くしてマスコミだけにしたいなら、露骨に思考停止して感情論に走る国民性が、どれだけマスゴミにとって金の成る木だったか、どれだけ誹謗中傷や害をもたらしたか、いい加減国民も考えて利口にならなきゃ。
いつまでもマスゴミが・・・って被害者気取りではアカンでしょう。
というのも、2ちゃんねるやヤフコメなどの掲示板、記者気取りの個人ブログやネット動画なんてマスゴミと同格かそれ以下のレベルのところばかりですもん。
報道無罪=言論無罪ってところでしょう。

2015-03-06 00:10 from 通りすがりの人間

No title

>アグネス・チャン 日本ユニセフ協会巡り自民党議員から問い詰められる - ライブドアニュース.htm
ttp://news.livedoor.com/article/detail/9855069/
これには小野寺議員に頑張って欲しいところですが、おそらく安倍晋三、野田聖子、小渕優子の三氏辺りが猛烈に圧力をかけて来そう・・・というか現在バックれ中のチャン氏が盟友安倍総理に泣きついているかもしれませんね・・・。
ただこの人も安倍総理に心酔しているらしく、氏の統一教会との関係について拉致被害者救出の為のパイプだとか、批判に「陰謀馬鹿」と片付けていたり・・・。
拉致被害者救出の為にカルトと関係して良いなら、物議を醸したアントニオ猪木さんの発言だって交渉パイプを残すためだって意味でしたけど。

2015-03-06 00:22 from ネットマスゴミ | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.