FC2ブログ

【ふぶら氏の報告】衆議院選挙の雑感

政治・経済・時事問題

今回の選挙…いろいろ雑感です(1)
皆様、お疲れ様でありました! さて今回の選挙色々雑感です。とりとめもなく…。

選挙戦序盤、たまたま仕事で動いた平日午前中、全然自分の選挙区じゃない町で自民党さんの候補者の演説に出くわしました。全く知らない方でした。その演説は一にも二にも景気で経済で景気で経済でアベノミクス、あと「近々首相が応援演説に来てくれる」事をアピールしてました。周囲には「支援者」とおぼしき中高年男性ばかりがそんなに盛り上がるでもなし淡々と「お仕事」って感じで…演説が終わると素早く移動してました。

別に自民党に投票するという方にお話を伺いました。「やっと俺の会社にもアベノミクスの恩恵が回ってきそうなんだ!」…小さな会社の経営側のオジサマです。注文が少し増えた、もう少し待てばきっと景気が良くなるとすがる様な思いで自民党支持とか。

「選挙に勝った、改憲だ」と前のめりに見える現首相ですが、「改憲」も「集団的自衛権」も有権者の第一の関心には思えず…。そも自民党の候補者の方も、そんなに強く「改憲」とかアピールしていたのでしょうか…疑問です(続く)。

2014-12-18(22:23) : ふぶら URL : 編集

今回の選挙…いろいろ雑感です(2)
今回の選挙色々雑感・その2です。

選挙ボランティアでは後半「電話掛け」をやりました。「心が折れる」から「初心者には難しい」と以前コンテンツ文化研究会の勉強会で伺ったのですが、確かに面の皮の厚いオバサンの自分でも少しめげる時はありました(苦笑)。

お一人、「以前は『熱狂的な支持者』だったが提案した自分の意見が容れられず憤慨して最近は『強力なアンチ』に変貌してしまったらしいオジサマ」に電話が掛かってしまい(たはは…)…受話器の向こうから罵詈雑言の嵐(助けてー)。「ガチャ切り」なら兎も角、長時間ものすさまじいお言葉をお吐き続けになられ…ひたすら「申し訳ありません」を繰り返し続けました。こんな暴言オジサマにも結構沢山会ってらっしゃる筈の議員さんや秘書さんって、つくづく大変なお仕事だと改めて思いました。 普通は穏やかな応対される方が殆どなのですが。

お一人、例の「白票」に言及されていた方がおられました。「娘が『白票』が流行? とか言うのょ? おかしいでしょ?」。
勿論「はい白票には全く意味はありませんのに…」と答えたりとか(続く)。

2014-12-18(22:25) : ふぶら URL : 編集

今回の選挙…いろいろ雑感です(3・終)
今回の選挙色々雑感・その3(終)です。

全く、選挙ボランティアは非常に興味深く勉強になります。それに「自分の仕事にまで役立つ」とか感じました。おトクですね(微笑)。「電話掛け」をやったら、その後明らかに「職場での電話応対スキルが上がった」のであります。この年になっても尚、人間って成長するものなのね…とオバサンは妙なところで感激しました。はい。

「証紙貼り」では、たまたまご一緒したボランティアの皆様に大変助けられました。近くで作業されていた方に、70代位のお姉様の仲良しコンビさんがいらして、このお二方の会話のマァ面白い事と言ったら! まるで本物の寄席の漫才を聞いているようで、つい何度も笑い転げてしまいました。作業が単調なだけに何時間も続けていると疲れて肩もだるくなってくる筈なのですが、何しろそのお姉様コンビのお話が楽しくて疲れも忘れ…気がつくと「とても作業がはかどっていた且つ正確だった」のです…。成程。「仕事は楽しくやらなくては!」

又来年四月に統一地方選があります。出来る限りお手伝いしたいと思います(終)。

2014-12-18(22:31) : ふぶら URL : 編集


>ふぶら様
選挙前に菅官房長官が、「集団的自衛権は今回の選挙の争点にはしない」といってたらしいです。
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/12/blog-post_15.html


改憲について消極的だったとか以前の問題で、詐欺なんじゃないかと思います。まあ政治家の二枚舌は、今にはじまったことではありませんが。ただ、安全保障政策(例の集団的自衛権の行使容認など)については、国民の多くは不支持だと思われます。http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121601002184.html

2014-12-18(22:39) : 12434 URL : 編集

自身の政策に自信があればそんな風にはしないはず、ですよね?
12434様へ~。成程、「作戦」という訳ですね。
選挙戦の間はひたすら景気経済を訴える、一般庶民は否応なく「財布のリアリズム」に縛られていますから、なけなしの一票をすがるような思いで自民党に入れる…。

で、選挙さえ終わっちゃえばコッチのものとばかりに、わざと選挙の争点にしなかった「集団的自衛権」や「改憲」が信任されたと強弁する…成程。余程、自分達の主張に自信が無いのでしょう。「国民の大半は性急な『改憲』にも国外で日本人が戦闘行為を行う『集団的自衛権』にも懐疑的」だという事がわかっているからこそ、姑息な「争点ずらし」を作戦として選んだのでしょう。

「『集団的自衛権』はコワイけど、経済政策は自民党しか無いし…」と、そんな理由で自民党に入れた人もいらしたのではないかと推測します。「野党には経済を任せられない」「野党はだらしない」も多いのでしょう。ならば「自分達がしっかりした野党を育てよう」という方向に向かわないところが、我々日本人のいけないところなのでしょうか…。

先ほど、お手伝いした候補者の方の事務所から、大変丁寧なお礼の電話がありました。来年四月の統一地方選でもお手伝いできたらなぁ~

2014-12-19(19:21) : ふぶら URL : 編集

>ふぶら様
ぶっちゃけ経済政策にしても、野党の方がマシな可能性が高いと思います。市場の規制緩和や貿易自由化も、度が過ぎたら反って社会を悪くします。TPP参加交渉も、アベノミクスに含まれているでしょうけど、それが日本経済を良くするとは思えません。

かつての小泉内閣は、「いざなぎ越え」といわれた景気拡大を実現しましたが、非正社員(派遣社員など)に依存してできたものでした。その後アメリカの金融バブル崩壊で、それもけっきょく破綻したわけです。
しかもサブプライムローンの破綻って元を正せば、アメリカの膨大な貿易赤字の垂れ流しが原因です。つまり赤字で失われた分は、金融自由化を活かしてドルを取り還すという戦略です。つまりは、もどってきたドルが投機に流れてバブルが弾けたということです。

この二つの記事読んだら解りやすいと思いますが。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/c5fc354168c317ae92d50ea9dd99c7ca/?cid=73da3c5cc74233d3a0f8ee846655a7f0&st=1&guid=ON
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/98948f2ae4ff58fae72f8ca50acd6af3/?cid=73da3c5cc74233d3a0f8ee846655a7f0&st=1&guid=ON


まあようするに、これからも貿易黒字を稼ぎまくって豊かになるのは無理だってことでしょう。ドルの信頼は下がっていくのだから。

2014-12-19(21:12) : 12434 URL : 編集


ふぶら氏に頂いた衆議院選の雑感&12434氏の返信。興味深い内容なので御紹介しました。選挙ボランティア御疲れ様です。ふぶら氏は度々御報告を頂きますが選挙ボランティアは政治家と繋がりを持つのに非常に有効な手段です。時間的に厳しい人も多いでしょうが可能ならば是非やってみてください。オススメです。

>選挙前に菅官房長官が、「集団的自衛権は今回の選挙の争点にはしない」といってたらしいです。

12434氏に頂いた情報。確かに「集団的自衛権は争点でない」と発言してるようです。選挙は議席を貰ってしまえば勝ちとはいえこれは本当に酷いです。そもそも国の最高法規の解釈変更に関して「信を問う必要はない」という発想が狂ってます。個人的には秘密保護法について「いちいち信を問うべきではない」と発言した事も恐ろしいと感じます。菅義偉は余計な事を言うタイプではなく地味ですがヤバさは安倍晋三を超えてますね・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 「最初の一歩」はハードルが高いのは何事も同じですが
    2014/12/31 12:12
    管理人様へ。自分のつたないレポートを紹介、恐縮です。
    はい。選挙ボランティアは議員さんに意見を伝えるのに有効だと思います。以前のコンテンツ文化研究会さんの勉強会でも奨励されていました。
    ただ最初はハードルは高い…です(苦笑)。知らない方ばかりと協同作業もありますし。
    まずは、最初から選挙ボランティアというよりは、普段から「この方なら!」と思った議員さんにお手紙やおハガキを出して、地元の報告会や議会での質問の傍聴に参加して、議員さんや秘書さんに顔と名前を覚えて戴くとスムーズに選挙ボランティアにも入れると思います。
    「そんな自分なんかの事、覚えて貰えるだろうか?」と心配されるむきもあろうかと思いますが大丈夫です。議員さんや秘書さん方の「人を覚える能力」は驚異的ですし、そも政治に参加しようという若い方は少ないので、しっかり目立ちます(微笑)。
    目立つ若さを生かして「表現の自由」を訴えつつ、お手伝いしていけば良いのではないかと。
    季節柄、まずは「年賀状」を出してみる事から初めては如何でしょうか? 今からでは元旦に到着しないのが気になる方は「寒中見舞い」という方法もありますょ!
  • 2014/12/31 22:56
    >ふぶら様
    すばらしい行動力だと思います。私も見習わないといけませんね。
コメント投稿

トラックバック