総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析

総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析
http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20141215-00041509/
[古谷経衡 | 評論家/著述家 2014年12月15日7時45分]


・「一人負け」の次世代
第47回衆議院議員総選挙の結果が出揃った。自民党は改選前(293)からわずかに2議席減らして291議席。公明党は同じく4議席増の35議席。結果、自公の与党では改選前から2議席増の上積みとなった。しかも選挙区定数が5削減された事を考えると、「さらに増」と言えなくもない。自公政権にとっては「大勝利」である。

一方、民主党は海江田党首が落選という衝撃の事態に陥ったとはいえ、11議席増の73議席で「そこそこの数字」。苦戦が予想された維新は、1議席減の41議席を確保し「かなり善戦」。選挙のたびに「消滅」が危惧された社民党は現有2議席を死守して何とか「踏ん張」り、逆に共産党は改選前の3倍弱となる21議席を獲得して大きく躍進し、「大勝利」である。

そんな中、「自民党より右」を掲げて選挙戦を戦った次世代の党。改選前の19議席から、ほぼ10分の1の「2議席」にとどまり、社民党と同数となってしまうという壊滅的敗北を喫した。今次の選挙で「唯一の敗者」がいるとすれば、明らかに「次世代の党」というよりほか無い。


http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20141215-00041509/
これ読んだら、次世代の党が壊滅した原因がよくわかります。

在特会に支持されると、世間からの印象が悪くなることもあり得るというわけです。
安部総理としても、在特会の人種差別(朝鮮人はゴキブリだ!とか)は迷惑でしょう。安部さんにとっても次世代の党の壊滅や例の在特会の裁判の結果は、ある意味望ましいのでは?

2014-12-16(17:26) : 12434 URL : 編集


次世代の党の壊滅に関して古谷経衡氏(評論家/著述家)の分析です。非常に面白い分析なのでリンク先は必読です。私の感想としては・・・。次世代の党の獲得票数は約141万票、有権者全体の1%程ですがこの極右政党を支持した人がそんなに居るのかと背筋が寒くなります。

この党は石原慎太郎というブランドを支持する「石原票」があります。獲得票数はそれを差し引いて考える必要があると思います。ネット右翼の影響力は凄まじいですが票田としてはイメージ程強力ではなかったと見るべきでしょうかね?。表現規制反対派も推進派も票田としては機能してませんがネット右翼もそれは例外ではないようです。

インターネットの世論が現実に存在する世論と大きくかけ離れている事はよくあります。伝統派保守もネット右翼も余りに極右過ぎる次世代の党ではなく自民党が丁度いいと考えてるのかもしれません。

また、次世代の党がPRのために製作した「タブーブタのうた」というネット上の広報ビデオも、各方面で物議をかもした。その中では「生活保護のタブー」と称して、「日本の生活保護なのに 日本国民なぜ少ない 僕らの税金つかうのに 外国人なぜ8倍」というフレーズが登場した。

日本の生活保護は、その97%が日本人世帯に支給されているのであって、「日本人は少ない」どころか、日本人の受給が圧倒的である。


次世代の党は「生活保護」に関するデマも響いたと思います。動画を見ましたがこれは本当に悪質です。不正受給は確かに問題ですが生活保護は日本国民の生活を守る社会保障制度です。在日外国人憎しで日本国民のセーフティネットを崩壊させてはいけません。ネット右翼もこのデマを信じてる人は多いですし自民党も社会保障は削減の方向ですが・・・。

いずれにしても選挙は水物、今回の共産党と同じように大躍進となる事もあり得ます。衆議院では弱体化したとはいえ党そのものが潰れた訳ではありません。間違っても議席を与えてはいけない党なので再来年の参議院選で完全に叩き潰すべきです。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

常在戦場ってやつですかね

次世代の党(´・ω・`)まだ厄介ですよwてのも
21日投票&開票の西東京市の市議選にて1名次世代の党当選(まぁ候補者で次世代たしか1名だけだけど)
選挙結果等は各々調べてもらうとして、局地戦になるとまだまだ次世代は厄介。
ゴー宣道場にて指摘されていたのが、政治家や一部の論客に生活保護のようなデマが浸透してしまっている危険性を指摘。
ったく(´・ω・`)「ハイスコアガール」事件 の議論もしなきゃいけないなか次世代面倒くさいなw
まぁ次世代ボロボロなのであと1発 水無月さんが言うように参院選で潰せるのがベストですね。

2014-12-22 23:33 from フー | Edit

http://www.kanaloco.jp/article/81798/cms_id/117095
今の安部総理と自民党の印象は、中国や韓国以外の外国からもあまり良くないのかもしれません。次世代の党だとさらに悪いでしょう。いや、別に海外の意見がすべて正しいわけではありませんが。
ただ、石原さんにしろ田母神さんにしろ、国内外から叩かれても仕方ない問題発言があったのは事実です。極右以前の問題で、政治家としてのモラルが欠けていたとしか思えません。
石原はもう政界を引退しましたが、田母神はまだ政治家になれる可能性があります。今後も警戒しなければいけないでしょう。

2014-12-22 23:47 from 12434

No title

21世紀に共産主義に投票しようと言ったり、特定政党へ
>完全に叩き潰すべきです。
これはどうかと思いましたが・・・。
右傾化右傾化言われて蓋を開けてみればこの通り。
21世紀に資本主義社会で生まれ育ちその恩恵を受けて来た有権者から、前回支持したけど共産主義の方がまともと判断される右派政党ってなんなのですか・・・(また「衆愚」とか言いだすのかもしれませんけど、それじゃもう「衆愚」は「あ、そうですか「衆愚」なんで他所に行きます。」と去って行くだけです)
在特会なんかに関わるからこうなるというか、当の「行動する保守」という人達がその自分たちを客観視して頭を冷やし主張はともかく「行動」を改める冷水と受け止めてくれればいいのですけど。
先日も「ネトウヨ」なんて存在しないなんて人が来ていたようですど・・・(愛国心だろうか革命だろうか、「良い事してる」という充実感は極端に思考力を奪うよ麻薬のようなものですから、どうなるでしょう。
安倍総理の真意はともかく切られるのは当たり前。天下の往来で外国メディアが呼ばれて世界中継される前で怯える小学生へ「ぶっ殺す!」と叫ぶ、中学生まで混じった自称愛国者達を国の代表たる総理大臣が支持してくれると思える神経が信じられません・・・。
(相手は自国の公有地を不正占拠している反日外国人団体の私設学校で子ども達に反日教育をしているなんて事実を述べた所で視覚聴覚への衝撃の前に霞ます。勉強したいと言っただけの少女を銃撃したり、彼女の世界中からの賞賛への当てつけ学校を襲撃する狂信者の類似品扱いです)
一番怖いのは「意地」が「愛国心」と錯覚される幻覚に取り憑かれ、20世紀中にかつて左派の信用を地の底に沈めてくれた連中化する事です(ロート製薬脅迫事件では既にその域に片足突っ込んでましたし)
これは規制反対派も気を付けないといけない事ですけどね。
あと、在特会らと、彼らへの暴行等のデモ妨害や無許可デモで小競り合ってる団体と関係してる議員や政党もこの結果を笑ってられませんよ。
選挙中は避けてましたが、好い加減に極サ過激派と関わってる人とかも、その悪縁を絶ちましょうか。
規制反対派というか、創作業界も彼らに変わる支援団体へなれませんか。800万円くらい献金出来ると。

2014-12-24 00:43 from ネットマスゴミ | Edit

共産主義化を阻止しよう

共産党躍進は不味いです、我々は自由主義経済を選んだ筈です。
過剰な労働者保護は共産主義に繋がります、自由経済社会は自己責任で完結します。
現代では会社や政府が労働者を守りません、全て働く者の自己責任です。
よくネットで槍玉に挙げられてるワタミグループが何故叩かれるのかがわかりません、こういう企業こそが資本主義の見本ではないでしょうか?
資本主義は格差が広がるのは当たり前です、不満があるなら起業家になり社長になれば良いのではないでしょうか?

2014-12-24 04:53 from

No title

20世紀中に多大な犠牲を伴って失敗した思想がなぜ未だに残っているのか納得・・・?
そんな事言ってるから、資本主義も行き着く所はシベリアと言われ、不況下で共産党が大勝利なんですよ。
どうぞ、ポルポト脳なワタミで労働者でなく奴隷やっててください。
昭和の社長は無茶もさせたけど見合う報酬はくれたと近所のお年寄りは言ってます・・・

2014-12-24 05:39 from ネットマスゴミ | Edit

>奈様
労働者に対する過剰な保護というのは、具体的になんでしょうかね?
我が国ではかつて一億中流といわれた時代がありましたが、あれはケインズ的な政策が成功したからですが。
ワタミがやたら叩かれる最大の原因は、創業者の数々の問題発言でしょう。叩いてくれといってるようなもの。

2014-12-24 07:51 from 12434

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.