【衆院選】テリー伊藤が衆院選の投票率の低さについて「選挙に行かなかった若い人は実は賢い」とコメント - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【衆院選】テリー伊藤が衆院選の投票率の低さについて「選挙に行かなかった若い人は実は賢い」とコメント

【衆院選】テリー伊藤が衆院選の投票率の低さについて「選挙に行かなかった若い人は実は賢い」とコメント
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/7687349.html


15日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、テリー伊藤が「選挙に行かなかった若い人は実は賢い」と語った。

番組では、同局の政治部・青山和弘解説委員が、与党圧勝の衆議院選挙の結果を振り返り、今後のアベノミクスの課題も含め解説した。今回の選挙についてコメンテーターの菊地幸夫弁護士が、若年層の投票率の低さを指摘すると、司会の加藤浩次も投票権を18歳に下げる議論もあることを話したうえで「変わるんですかね?若い人が(投票に)来るようになるのかなー」と疑問を呈した。

これに対し、青山氏は、若い人に選挙に対する興味を持ってもらうことも政治側の責任でもあること話すと、テリーが「若い人が来ないっていうのは、若い人が実は賢くて、政治を端から冷めた目で見ている部分もあると思うんですよ」とコメントした。テリーはさらに「政治家なんかに頼らないで、自分は自分で生きていくという考え方を持ってるから、投票に来ない人もいるんじゃないかと思いますね」と語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/9579550/


テリー伊藤がまたまた問題発言。無能な人が多いのは確かだが政治家が居なければ政は機能しないので彼等に頼らなければ生きていく事はできないのです。そもそも権利放棄が賢い選択とは思えません。政治家は選挙に参加しない人の声はスルーして終わりです。

テリー伊藤の炎上商法は今に始まった事ではありません。しかし、影響力のあるタレントがこういう無責任な発言をするのはいかがなものかと思います。

No title
>集団的自衛権も理解得られたと首相
><衆院選>「憲法改正は悲願」と議席増目指す 安倍首相

記事に関するツイッターでの反応を見ても、この話のすり替えについて批判が多いように見えます。

2014-12-17(23:47) : W-B URL : 編集


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2733.htmlの続報です。さすがに今回の安倍晋三の発言は批判してる人が多いですね。Twitterの反応を見てると集団的自衛権を含めて憲法改正の危険性に気付いた人が増えてきました。只、変わりに2chまとめサイトがネット右翼の巣窟になってます(苦笑)。

安保政策不支持55% 衆院選結果評価割れる
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121601002184.html
[共同通信 2014/12/16 19:30]


共同通信社が衆院選を受け15、16両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、集団的自衛権の行使容認など安倍政権の安全保障政策について「支持しない」が55・1%で過半数を占め、「支持する」の33・6%を大きく上回った。与党が3分の2以上の議席を得た衆院選結果が「よかった」との回答は27・4%で「よくなかった」の27・1%と評価が割れた。「どちらともいえない」は45・2%だった。


安倍晋三は集団的自衛権も信任が得られたと発言しましたが安保政策は55%が不支持。有権者が支持したのは(これもすでに破綻しかけてますが)経済政策のみで碌な対抗馬が居ないから仕方なくで大勝できた訳です。しかし、自民党にその自覚は無いようです。安保政策ゴリ押しも可能な与党2/3の意味を多くの国民は理解していない事が恐怖・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

ネトウヨなんて存在しないんですけど・・・・・・。存在するって言うのなら定義を言ってください。

2014-12-20 11:48 from -

 

> ネトウヨの定義
つ ttps://kotobank.jp/word/%E3%83%8D%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A8-189435
2chやニコ動に行くと、左翼は在日だとか反自民は反日だとか、叩きまくるネトウヨの多いこと多いこと

2014-12-20 12:56 from - | Edit

(´・ω・`)まず聞く前に自分で調べましょう

安田浩一 ヨーゲンで検索してもOK
あとはデイキャッチ月曜コメンテーター青木さんが番組内で
ネトウヨの連中 と発言したところ 連中という言い方はなんだ! という抗議が来たとの事
故にネトウヨはいる。

2014-12-20 13:39 from フー | Edit

No title

遅くなりましたがただいま山田太郎のさんちゃんねるから帰って参りました。今回の放送は性犯罪罰則強化、選挙総括、小選挙区問題、東京オタクモード、ふるさと納税などでした。
松島法務大臣が考えていた性犯罪罰則強化問題は来年の通常国会に出てくる可能性が高いそうです。だた、あくまでも個人法益に留める方針で行くそうです(要するに社会法益に関する(わいせつ物陳列罪など)罰則化は今回見送られる)。山田議員が特に問題視しているのが強姦基準年齢の引き上げでした。強姦基準年齢が引き上げられれば「14歳の母」というドラマが規制対象になることも触れられていました。
憲法改正ですが、次の参議院選挙の時に衆議院も解散してW選挙にして両議院3分の2にするのが狙いではないかと山田議員はおしゃってました。
報告は以上です。

2014-12-20 16:37 from 名無しのゴンベ | Edit

No title

2014-12-20(12:56)
そこ見てきたけどネトウヨの明確な基準ないって書いてあるじゃねーかよ。
つまりネトウヨなんていないんだよ。保守派をネトウヨとレッテル貼って中傷するのはやめろ。それに攻撃的な書き込みするのってまんまチョンのことだろ。はやく日本から追い出さねばならん。日本がめちゃくちゃになる。

2014-12-20 17:23 from -

No title

ネトウヨのレッテル貼って中傷するなと言っておきながらチョンというレッテル貼って中傷するとかもう支離滅裂ですね。
自分で書いている言葉くらい理解してください。

2014-12-20 17:50 from 32 | Edit

No title

面白い納得できるのがあったよ
貼っておくね
ttp://toyokeizai.net/articles/-/43797
管理人さんへ
あなたが問題があると思うなら削除してください。

2014-12-20 18:44 from A氏

ん?そもそも保守の意味知ってるのか?

>保守派をネトウヨとレッテル貼って中傷するのはやめろ。
保守にもピンキリあって 経済保守なんて保守じゃないだろと思想的には?の部分が多い。
保守=善でもないし。
しかし急に変なの来たなw
小林よしのりライジング&宮台さんの分析からするとネトウヨ定義は
ネトウヨは感情を制御できず、最終的な目標なんかどうでもよく、とにかく今すぐここでカタルシスを得たいという短絡的、刹那的な者たちであり、そのために「表出」に固着し、ヘイトスピーチをわめき散らす。
宮台は「あれは知性の劣化ではなく感情の劣化だ」と言う。まさにその通りだ。
引用終了
わめき人の話を聞かない理解できない感情をもつさもしいバカ
ってのがネトウヨの定義かな

2014-12-20 19:39 from フー | Edit

No title

首相、改憲へ本腰 漫画冊子作製、若年層への浸透狙う
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/581108.html

2014-12-20 21:10 from W-B

今日の「たかじんNOマネー」で憲法改正について話題になりましたが、自民党改憲案はかなり悪くいわれていました。ネトウヨといわれる人たちって、だいたいあの改憲案を賛美したり、あるいは全く問題がないと思っていますね。
まあ後者の場合は、あまり問題点を知らないだけの人もいますけど。
将来自民党以外の政党が政権取る可能性はあるのだから、ネトウヨに限らず自民党を支持する方々こそ、あの改憲案を否定すべきでしょう。
仮に自民党改憲案が成立したあとに、民主党が政権取り返して悪用することもあり得るのだから。

2014-12-20 21:34 from 12434

No title

マジレスしてみましょうかねw。
>ネトウヨなんて存在しないんですけど・・・・・・。存在するって言うのなら定義を言ってください。
Googleあたりで「ネット右翼 定義」で検索すれば幾らでも見つかるんですがね?。
>つまりネトウヨなんていないんだよ。保守派をネトウヨとレッテル貼って中傷するのはやめろ。それに攻撃的な書き込みするのってまんまチョンのことだろ。はやく日本から追い出さねばならん。
ヲタクと同じで例えばLGBTのように明確に定義づけされてる訳ではないので難しい部分はありますがインターネット上で右翼的な発言をする人というのが主な定義です。
他に分かり易いのは「気に入らない人を根拠無く在日認定」「気に入らない事は在日や左翼のせいにする」「売国か愛国で物事の善悪を判断する」「自民党のやる事は絶対正義とミスリードする」「民主党のやる事は絶対悪とミスリードする」という人はネット右翼と揶揄されます。
インターネットを初めとするあらゆるメディアで「ネット右翼」と「右翼」は別物とされてるので納得のいく答えを探してみてください。ちなみに「保守=右翼」や「リベラル=左翼」の定義は時代によって多少は変化しますのでそれを把握しておく事も必要です。

2014-12-20 21:45 from 水無月(管理人)

No title

名無しのゴンベ様
>要するに社会法益に関する(わいせつ物陳列罪など)罰則化は今回見送られる
見方によっては、遠まわしに175条の改正を避けたがっているようにも見えます。
>山田議員が特に問題視しているのが強姦基準年齢の引き上げでした。
性交類似行為の話も出ていましたが、中学生以下のキスもNGの可能性もあるという話も出ていました。

2014-12-20 21:48 from W-B

連投すみません。

法務省で公開されている「性犯罪の罰則に関する検討会」の資料があります。検討会は現時点で3回行われています。
性犯罪の罰則に関する検討会
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji12_00090.html

2014-12-20 21:52 from W-B

No title

>強姦基準年齢が引き上げられれば「14歳の母」というドラマが規制対象になることも触れられていました。
検討会の資料にてこのような文を見つけました。
性犯罪の罰則に関する検討会第2回会議(平成26年11月21日)
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji12_00093.html
私たちが求める「性暴力禁止法」論点整理
http://www.moj.go.jp/content/001129373.pdf
>ポルノ規制 特に成人ポルノに対する規制、ポルノ作成・流通過程等の被害への対処(7ページ目)
これが実際に起こった出来事や情報を「記録」したものなのか、ドラマやAV、漫画等の演出によって作られた「作品」なのか・・・どちらを意味するのかわかりません。現段階では検討どまりですので、今後の展開次第ではありますが・・・。

2014-12-21 01:52 from W-B

例の検討会については注視すべきと思います。情報ありがとうございました。

2014-12-22 00:27 from -

No title

検討会について補足ですが、3回目には矯風会の人も出席しています。

2014-12-22 08:12 from W-B

No title

検討会について補足の追記ですが、1回目の委員名簿にレイプレイ事件に関わっていた角田由紀子氏の名前もありました。
https://twitter.com/MxIxTxBx/status/546702715917590528
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
成人向の漫画やゲームの規制と製作者への罰則を訴えているフェミ団体・ポルノ買春問題研究会の角田由紀子氏が、性犯罪の罰則に関する検討会の委員に。要注意。
▼ポルノ買春問題研究会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BB%E8%B2%B7%E6%98%A5%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A
▼委員名簿
http://www.moj.go.jp/content/001128041.pdf
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 ‏@MxIxTxBx
規制派フェミ団体・ポルノ買春問題研究会の角田由紀子氏はホラー映画とポルノをPL法(製造物責任法)で規制する事を主張しています。なお同会は山谷えり子議員らと成人向ゲーム規制を画策した過去有。都条例改悪に関ったECPATの運営委員も所属。 pic.twitter.com/KMFhLKXF0Z
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 ‏@MxIxTxBx
▼「ポルノの出版や表現の自由より人権の方が大事。そんな当たり前の事がきちんと実現してほしい」
https://twitter.com/nakano_hiromi/status/138205554010099712
性犯罪の罰則に関する検討会(法務省)のヒアリングに参加した人権団体代表の過去発言。ちなみにpapsjpはポルノ買春問題研究会の外郭団体。

2014-12-22 12:13 from W-B

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-12-22 19:19 from -

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.