FC2ブログ

【拡散希望】【要注意】【詐欺サイト】選挙での「白票」を「社会を変える力がある」とミスリードする謎の集団「日本未来ネットワーク」のサイトが突如出現 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【拡散希望】【要注意】【詐欺サイト】選挙での「白票」を「社会を変える力がある」とミスリードする謎の集団「日本未来ネットワーク」のサイトが突如出現

選挙での「白票」を「社会を変える力がある」とミスリードする謎の集団「日本未来ネットワーク」のサイトが突如出現
http://buzzap.jp/news/20141127-mirai-senkyo/
[BUZZAP!2014年11月27日16:00 by 深海]


公示を間近に迎えた衆議院議員総選挙。ここで突如「白票」に「今の社会を変える力があります」と主張する妙に洗練されたサイトが登場し、憶測を呼んでいます。

◆白票を投じるようミスリードする謎の集団「日本未来ネットワーク」
このサイトを作成したのは「日本未来ネットワーク」を名乗る集団。「黙っていないでNOと言おう。」のキャッチコピーの下、投票したい候補者がいなかったら「白票」を投じようと呼びかけています。

黙ってないで、NO!と言おう。 日本未来ネットワーク魚拓

まず前提として、白票には全く意味がありません。候補者以外の名前を書いたり判読できない票と同様に無効票として扱われるため、棄権と同様、候補者の当落には一切関係ありません。

投票しても無効になる白票の行方|政治・選挙プラットフォーム【政治山】
白票とは (ハクヒョウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

しかしこのサイト上では

『入れたい候補がいないとき、誰に入れてわからないときは棄権せず、”誰もいないよ!”と言いましょう!その思いを白票に込めて投票しましょう!
その声は、きっと政治家達に、権力者達に伝わります。そして彼らはその声に配慮せざるを得なくなります。』


と主張。あまりにも無茶過ぎる発想に唖然とする他ありません。システム上無効票でしかない白票にどのような効果が期待できるというのか納得できる説明はなく、ここで述べられているのは希望的観測以上のものではあり得ません。

例えば今年3月に行われた大阪市長選挙では投票総数の1割を超え、2位候補の得票数の2倍近い45098票もの白票が投じられました。しかし再当選した橋下徹氏は「白票が多かったのは、メディアの責任だ。皆さんも反省してほしい」と述べて自らの責任とは考えておらず、政策にも大きな変更はありません。


選挙で白票投じる意思表示 数えられないので全く意味がない
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1353046
[NEWSポストセブン 2014年12月6日(土)16時00分配信]


まあ、みなさんお分かりのことをあえて文字にしておくと、白票は無効票扱いなので、いくらたくさん投じられてもカウントされず無意味です。より分かりやすく書いておくと、ふざけるな世の中という気持ちを「うんち!」と表現した投票用紙と、どの党も支持できないという思いをこめた白票とは、同じ枠で処理されていくだけなので、〈政治にプレッシャーをかけて政治家の質をあげてゆく〉ことはありえません。

いや、同じ無効票でも「うんち!」と書く人間は自分の行為は小学生並みにバカだと認識した上でそうするものだろうが、白票を投じる行為はそこに自己満足が伴わせてしまう。自分のバカさ加減を認識できず、正義を貫いたぐらいに思い込みかねないから「うんち!」より一段、情けない。


突如湧いた「白票運動」サイト 幸福実現党は関与を強く否定
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1355164
[NEWSポストセブン 2014年12月8日(月)16時00分配信]


解禁されたネット選挙の「徒花(あだばな)」と片付けるには悪質すぎる。

「アストロターフィング」という宣伝用語がある。特定の団体や組織が意図をもって「人工芝(アストロターフ)」を植え、市民の自発的な「草の根運動」に見せかける手法を指す。総選挙公示直前にネット上で突如沸き起こった「白票運動」は、まさにタチの悪い人工芝運動だろう。

呼びかけているのは「日本未来ネットワーク」なる組織。だが、ホームページに事務局の所在地や電話番号はなく、政治団体やNGOの登録にもその名は確認できない。


W-B氏に頂いた情報。衆議院選挙に合わせて「日本未来ネットワーク」なる団体が突如出現「白票に社会を変える力がある」とミスリードしている模様。記事は長文なので詳しくは上記のリンク先を御覧ください必読です。当ブログを御覧頂いてる方には説明不要でしょうが記事に書かれてるように「白票」に政治を変える力はありません。白票は現政権の信任票です。

■白票=無効票 選挙の仕組みを無視した主張!

選挙の基本的なルールとして候補者以外の名前を書いたり判読できない場合は白票と同様に無効票として扱われるので候補者の当落には一切影響しません。また「政治家」というのは「如何なる理由であろうと当選すれば勝ち」なので白票をプレッシャーに感じる事もありません。まったく根拠の無い荒唐無稽な主張です。

■白票で得をする勢力は?

白票で投票率が下がって喜ぶのは利権や長年その土地で世襲してきた自民党創価学会の組織票が強力な公明党です。これは「棄権」も同じなのです。白票や棄権は無条件でこの2党を支持する事になります。選択肢が無い碌な候補者が居ない中で少しでもマシな人を選んで投票するのが選挙というものです。

■日本未来ネットワークの正体は?

日本未来ネットワークに関しては様々な憶測が飛び交ってますが現時点でその正体は明らかになっていません。同団体のHPは無駄に手間と金がかかってるようで調べたところ数ケ月前から準備されていたようです。リンク先には「事務局の所在地」「電話番号」「メールアドレス」の何も書かれておらず実に胡散臭いです。

日本未来ネットワーク 黙ってないでNO!と言おう。
http://mirai-senkyo.com/


女性政治家を題材にした漫画が載せられており白票がプレッシャーを与えるかのようにミスリードしています。実質的棄権に誘導する内容でこれを信じて白票を投じれば投票自体が無意味になってしまいます。正体不明の団体ですがこの場合シンプルに「白票で何処の勢力が得をするのか?」を考えれば自ずと答えが出るのではないかと思います。

本当に困った話なんですが老若男女に限らず「白票は政治家に対する抗議」と思い込んでる人は意外に多いです。折角の選挙権なので無駄に使わずに自分自身や家族の生活を守る為に使ってください。当ブログを御覧の皆様。詐欺サイトに騙されないように要注意です。注意奮起の意味を込めてこの記事を拡散希望します。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

300という数字は覆ることは決してありません
ttp://blogs.yahoo.co.jp/kaetyaikenai/65098093.html
よくもまあ、ここまではっきり断言できるものですね。ただ、投票に行かないと実現する確率が上がっていくのも事実ですので、このような戯言に惑わされないように投票へはきちんと行きましょう。投票に行かない=税金をドブに捨てるようなものです。細かい事を言うと、文の書き方が某規制派のそれと酷似しています。その規制派は無関係と言っていますが・・・。

2014-12-09 09:04 from W-B

No title

投票所の35%早じまい予定 本紙調査 選挙権侵す恐れ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014120802000097.html
これは前々から疑問視されていた事だと思いますが・・・。過去の参院選にしろ、その前の衆院選(プラス都知事選)にせよ、本来なら投票締め切りからたった数秒で当選情報なんてありえないのですから。

2014-12-09 11:45 from W-B

候補者が落選しそう(?)でも投票にはメリットが

白票には意味がないのですが…故意にやっているとしたら悪質ですね……
2年前の選挙の際にも書かせていただきましたが、自分が応援する候補が仮に負けそうであっても、投票するメリットを挙げさせていただきます。
1、自分が払った税金(政党助成金)の使い道は自分で決める
 我々は、毎年知らないうちに、政党助成金にあてるべき税金を1人250円取られています(政党助成法7条1項)。この政党助成金の額は、衆議院の場合、直近の選挙の「議員数」で半分(政党助成法8条2項)、「得票率」で半分(政党助成法8条3項1号・2号)分配されます。
 「議員数」のほうですが、小選挙区では自分の支持する人が落選しそうであっても、比例なら仮にベストは難しくとも「ベター」な選択ができる方が多いのではないでしょうか。そうすれば、投票によって、政党助成金の議員数割で支持政党をアシストできます。
 「得票率割」のほうはより顕著で、投票さえすればそれがそのまま政党への援助になります。
 共産党は、政党助成金の受け取りを拒否しています。学説でも違憲論が強い制度ですので、一つの考え方といえます。ただ、共産党は「自分たちは○○億円の受け取りを拒否している」ということはアピールしており、その金額が大きければ人々への印象も変わるでしょうから、その限りで共産党に対しても意味はあります。
 なお、この議論は、投票する対象が政党助成法上の「政党」(政党助成法2条1項1号・2号)にあたらない場合には該当しないことを申し添えておきます。
2、供託金と選挙費用を返してもらえるようにする
 鉄板区に住んでいて、当選が確実視されている候補の対立候補を応援したい場合、投票に行く気が無くなる気持ちも分からないではありません。しかし、その場合に対立候補が越えなければならない大きなハードルは、「供託金没収点」です。
 全候補者は、立候補に際し、供託金を預けています。その金額は、小選挙区300万円(公職選挙法92条1項1号)、比例代表は1人につき600万円(公職選挙法92条3項、86条の3第1項)と極めて高額です。全国に候補者を立てている政党にとっては、大きな負担となります。
 供託金没収点は、衆議院小選挙区の場合、有効投票総数の10%です。供託金没収なんて共産・社民などにしか起こらないというのは甘い考えで、前の総選挙では民主党や(旧)日本維新の会などの比較的大きな政党でも供託金没収点未満の候補が出ました。
 また、ボランティアにいったことのある方にはなじみ深い、選挙ポスター、選挙カーレンタル料金や、ガソリン代など選挙費用の一部は公費負担です(条文多いので省略)。これも没収点未満だと戻ってこず、政党か個人の自腹となりますが、その額はおおむね百万円~千万円台です(上限はあるが、人によってどれだけ使うかは異なる)。
 
 没収点を僅かに超えるか超えないかで、候補者によっては借金取りに追い回されるかどうかが決まります。選挙権の行使は、「候補者への共同大カンパ」といって良く、形式的には死票であっても全く無意味ではありません。
 これらのことから、有効投票が全く意味をなさない場合はかなり限定的といえます。「今の社会を変える力があるのは、有効票である」と強く申し上げたいと思います。投票に行きましょう!(私はもう行きました)

2014-12-09 19:49 from rede | Edit

No title

関係のない話になりますが、吉野家の一部のメニューの値上げについて色々と騒がれていますが、正確には「半年以上前に戻った」というのが正しいようです。
吉野家 牛丼値下げ 並が280円に 牛肉輸入緩和で
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/04/10/kiji/K20130410005582100.html
今年の4月の記事ですが記事にもあるように、牛肉輸入緩和に伴って「380円から280円へ値下げ」と書かれています。また、期限を設けないとも書かれていたのですが、今回の件で騒ぐのであれば「値上げ」よりも「値下げの期限切れ」ではないかと。

2014-12-09 23:22 from W-B

No title

ニコニコインフォの独自予想
http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni050183.html

2014-12-10 19:31 from d.s

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.