共和党“過半数”政権「終わりの始まり」か - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

共和党“過半数”政権「終わりの始まり」か

共和党“過半数”政権「終わりの始まり」か
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141105-00000040-nnn-int
[日本テレビ系(NNN) 11月5日(水)16時1分配信]


アメリカ・オバマ政権が大きな転機を迎えている。政権の6年間の評価となる中間選挙で、焦点の上院は、野党・共和党が過半数に達することが確実となった。ワシントンから近野宏明記者が最新情報を伝える。

接戦となっていた州で共和党の当選確実が相次いだ。NBCテレビによると、共和党は過半数の51を上回る議席を獲得することが確実になった。上下両院の多数派を共和党が握るのは8年ぶりとなる。

NBCテレビは開票結果や出口調査に基づき、定数100の上院では共和党が非改選議席と合わせて52議席を獲得する見通しだと伝えた。カギとなったのは8つの接戦州での勝敗。これまでに共和党は5つを押さえ、対する与党・民主党が勝利を確実にしたのはニューハンプシャー州だけにとどまっている。さらに、共和党はウェストバージニアで55年ぶりに勝利するなど、民主党の長年の地盤も奪った。

またNBCは、下院でも半数を大きく上回り、250議席(定数435議席)を確保する見通しだと伝えており、民主党にとっては「大敗」といえる結果だ。オバマ大統領は現在、ホワイトハウスで開票状況を見守りつつ、民主・共和両党の候補者らと電話で話をしているという。今回の「大敗」を受け、オバマ政権の多くの政策は今後、実現不可能となり、残る2年間の政権運営は極めて厳しくなる。

大統領は7日午後、上院の共和党のトップ、マコネル院内総務ら議会幹部らと今後の議会運営について協議する。これまでは上下両院のねじれで政治が停滞していたが、もし7日の協議が物別れに終われば、今度は大統領と議会との対立で「決められない政治」が続く恐れもある。

華々しくスタートした政権の「終わりの始まり」になるのか。オバマ大統領にとってはまさに正念場となっている。


【米中間選挙】推進派の共和党、交渉前進に期待、TPP対日強硬も
http://www.sankei.com/economy/news/141105/ecn1411050040-n1.html
[産経新聞 2014.11.5 22:00]


ライアン氏は2012年の大統領選での共和党の副大統領候補者で、16年の大統領選への出馬も取り沙汰される有力者だ。地元のウィスコンシン州で生産される大豆のアジア市場への輸出を見据え「TPPは米国にとって大きな勝利になり得る」と訴えてきた。

これに対し、貿易拡大で「雇用が奪われる」との意見が多い民主党はTPP交渉の推進には慎重で、オバマ大統領にとっては与党・民主党よりも共和党の方がむしろ立場が近い。このため、日本政府内には共和党の勝利で「交渉に弾みがつく」(高官)と期待する声も上がる。


取り急ぎ御伝えします。米国の中間選挙で上院下院ともに共和党が過半数を確保したようです。オバマ大統領とっては厳しい結果になりました。これは日本にとっても良い結果とは言えずTPP的にも表現規制(主に児童ポルノ方面)的にも共和党は歓迎できません。自民党+公明党+共和党で暗黒時代の到来です。

■TPP反対のアメリカ上院議員 American opposition to TPP
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/05/tpp-american-opposition-to-tpp.html


まとめサイトの情報なので不確かですが・・・。この選挙結果を受けてロン・ワイデン氏というTPP反対派が上院の財政委員長の座を退いたそうです。共和党はTPP推進派で日本に対して圧力を強めてくる事が予想されます。基本的に自民党は米国に逆らわないので譲歩しまくりの可能性もあり得ます。後は日本国内で違憲判決を勝ち取るしかないですね・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

例えば非関税障壁撤廃のために性基準をアメリカレベルまで厳しくするよう強制とか…ありそうです

2014-11-06 00:57 from 名無し | Edit

http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/22983b93bc961ab1c16ac1a188e5f826/?cid=73da3c5cc74233d3a0f8ee846655a7f0&st=0&guid=ON
アメリカの国民の多くが、TPPを支持していない可能性があります。

2014-11-06 12:27 from 12434

共和党

上に、性に関する基準の書き込みがあります。
共和党の支持者には、キリスト教原理主義がかなりいて、
そいつらの価値観や倫理観をTPPで押し付けてくるだろう。
キリスト教の悪い側面だ。

2014-11-06 20:26 from ABC

No title

赤松 健 氏の言うとおり、恐れた事態が。
漫画家 岡野剛 氏のツイットより
岡野剛@Takeshi_Okano ·8時間前
現在ニコニコ静画で公開中のゆきめと陽神くんのお話。
作者的にも大好きなんだけど、これ、今はもう描けないんです。
「児童ポルノ」と見なされるから。「そんなバカな!」って思う
でしょ?私もそう思うけど、これが今の日本の現実。
岡野剛@Takeshi_Okano ·8時間前
とにかく子供のハダカは、描いちゃダメ!それが大人の女性と
絡んでるなんて、もってのほか!ハレンチざます!
ぬ〜べ〜NEOが無印に比べてお色気が少ないのは、そういう理由。
(大人のハダカはOK)
岡野剛@Takeshi_Okano ·8時間前
実際に「いずなAscension」で子供のハダカ描いたら、思いっきり
規制されましたからねー。
銭湯の話も、描けません。眠鬼なんて、いわずもがな。
岡野剛@Takeshi_Okano · 7時間7時間前
実際にあの程度の描写で、逮捕されたり雑誌回収騒ぎになったり
ってことはありえないと思うんですが、現場は(というより、
出版社は)かなり怯えてる、萎縮してるって感じるよ。
青年誌なんてほぼ赤字だから、回収なんかしたら大打撃だもん。

2014-11-06 21:14 from ピチュ | Edit

No title

岡野剛 @Takeshi_Okano
わ。ゆきめ&陽神くんの件、反響大きくてびっくり。
でもこれで、今進んでるマンガ・アニメの表現規制が何かおかしいってこと、少しわかってもらえたかも…?
岡野剛 @Takeshi_Okano
まあ、そんなこともあって、ぬ〜べ〜NEOを始める際に、舞台を中学校に変えようかって案も一瞬出たんだけど。いや、お色気は、大人になった郷子や美樹に任せればいいでしょってなって、現在に至るわけです。
岡野剛 @Takeshi_Okano
現在は、一時期に比べると少しゆるやかになってますけどね、またいつぶり返すかわからないし。大丈夫かな?大丈夫かな?って、ビクビクしながら描いてます。
とりあえず、スカートめくりは大丈夫だった…
ピチュ様の紹介したツイートを追加しましたが、出版社は完全に逃げの姿勢ですね。少なくとも漫画は児童ポルノではないのに・・・。

2014-11-06 21:45 from W-B

No title

追記ですが、そもそも出版社と岡野氏は児童ポルノというのがどのようなものなのか理解しているのでしょうか?

2014-11-06 21:51 from W-B

正しい情報を知って、正しく怯えると、山口弁護士は仰っていたけど
表現規制に限らず、そういった意識は常に持っていなければならないのに
極度のブレーキをかけて自主規制したり、無駄に暴走して作家さんとトラブルを起こしたりと
完全に無意識という残念な有り様だからな

2014-11-06 22:24 from 通りすがり

No title

遅くなりましたが、ただいま山田太郎のさんちゃんねるから帰って参りました。今回の放送は、リベンジポルノ法、ヘイトスピーチ禁止法、木下議員のフィギュア問題、能や歌舞伎は規制にあった事があるかなどでした。
リベンジポルノ法の定義が児童ポルノ法と全く一緒で児童ポルノ法と同じ問題が出てくるとおしゃってました。
フィギュア問題ではあちらこちらに問題が飛び火する可能性を指摘していました。そして過激な自主規制。オリンピックによる自主規制問題にも触れてました。
番組の後半に興味深いアンケートが。国家と文化の関係に1金も口も出さないでほしい2お金は出して口は出さないでほしい3お金は出してなおかつ敵対する勢力から守って欲しい4政府がお金を出す以上ある程度の制約は必要、の四択。結果は1、67,4%。2、19,2%。3、8,3%。4、5,1%。でした。
江戸時代の娯楽は規制に遭ってきた話に触れ「政治は文化を規制してきた」「表現の自由はあって当たり前と思うのは間違い、頑張って維持してきたのであって、ほおっておけば政府や国は規制したがる」と山田議員はおしゃってました。
報告は以上です。

2014-11-07 18:03 from 名無しのゴンベ | Edit

ある意味圧力に屈してる?

今更な話になりますが、都条例の際に富野由悠季氏が以下の発言をしてました。
「権力者というのは、絶えず規制をかけてくるもの。それはマンガやアニメに限った話ではない。」
「今後どうすべきかということで言うと、僕らは法律に抵触しない表現を心がけることしかない。」
氏は「Gのレコンギスタ」を制作してますが、今改めて見ると規制につぐ規制で昔のような(殺伐とした)作風がもう作れないんだろうなと思うと同時に「弱腰でどうするんだ。下手に反対意見を言ったら、アニメーターは業界から干されるどころかヤクザにでも殺されるのか。」と思いますね。
ちなみに最近は「今の声はオタクに媚びすぎている。地声で演技させている。」と主張してましたが、(話題性の為だけに)俳優や芸人がアニメの吹き替えによって本来の声優の仕事を奪うようなやり方が増えてるから理解はしたくないですね。
まぁ、いつもの(支離滅裂な)富野氏の発言であるから我慢は出来ますが圧力に屈してるような発言はしてほしくはありませんし、数名の女性の知り合いは、「最早老害、マジウザい!」や「オタクや若手のスタッフといった弱い立場にいちゃもんばかり言う。業界のギャラは安いから、新しい才能潰したいんじゃないの?」や「剛力みたいなごり押し芸能人ばかりに声優やらせたくない。どうせロボットみたいに動いて「⭕⭕は!⭕⭕で!⭕⭕なんですけど!」のような演技ばかりでしょ。」と酷いくらい酷評してましたが。

2014-11-07 23:34 from ラビ | Edit

規制の空気

TBSラジオのイベントで青木さんが現状 自主規制の空気が強いとのこと。
例えば、愚行権の議論しようとした際、
大麻OKってのを「提案」(叩き台)にしようとしただけで、スタッフたちは え?大丈夫ですか?ソレ と不安がる。
別に青木さんは大麻を推奨する気はない。
あとデイキャッチで ネトウヨの「連中」と発言したところ抗議がきて、スタッフと相談の結果今後は ネトウヨの「方々」という言い回しにすることで落ち着いたそうな。
どうもどの業界も 抗議に対して過剰反応&恐怖して萎縮しているのが現状。
んで、これは ちょっとの誤報も許さない潔癖過ぎる国民のスタンスにも問題があるとのこと。(もちろん誤報はいけないは前提ですけど)
>「弱腰でどうするんだ。下手に反対意見を言ったら、アニメーターは業界から干されるどころかヤクザにでも殺されるのか。」と思いますね。
>圧力に屈してるような発言はしてほしくはありません
アニメ監督というかTVで仕事する創作者は基本規制前提で作りますね。
規制に屈する というより 規制に適応対応する 感じ。
まいっちんぐマチコ先生の作成時に携わってたクリエーターも、抗議来たら昔はそれに逆らうようにもっとやれ 的だったものの今では放映できなくなるから順次対応するような風潮とのこと。
んで創作者に萎縮しないで欲しいという願望くらいは良いと思いますが、弱腰で屈するな的な発破は、個人的には嫌悪感や違和感を感じますね。
まず創作者がしなきゃいけないのは規制に屈しないことじゃなく、面白いものが作れるかどうか?でしょう。
んで、規制に無頓着or推進肯定なら問題ですけど、ぶっちゃけそのスタンスでも面白い作品作れればまぁ評価としてはトントンかなとも。
最近自分が問題にしていきたいのは、ファン(消費者)がどれだけクリエィターを支えてきたか?ということ。
中古買ってファンです!ていう人、違法UP動画観てファンと言う人
(´・ω・`)ま~論外でしょ。
買い支え&援護意見をどれだけしてきたか?自分としては0といわないが、ほとんどの消費者なんてものは、与えられるのが当たり前くらいでしか思ってない。
無論趣味の度合いに差があるので、なくなってもいいやくらいの人が無関心だったりするのはしゃあないとして、いわゆるオタクがこの問題などに携わると。
ゴー宣道場にあった現代の日本人の問題点のうちの
【無責任・他人任せ・タダ乗り・ヒョーロン家気どり】
【引き受けることなくサービスされるばかり(その上クレーマー!)感覚】
といった甘えが目だつのが残念というか呆れるというか(´・ω・`)
創作者を批判できるほどの胸張れるだけの活動したか?と問いただしたくなる人がネットではちらほらいる。

2014-11-08 00:19 from フー | Edit

>んで、これは ちょっとの誤報も許さない潔癖過ぎる国民のスタンスにも問題があるとのこと。(もちろん誤報はいけないは前提ですけど)
誤報も許さない潔癖過ぎる国民のスタンスという事ですが、誤報していればそりゃあ、色々批判がくるのは避けられないですよ?
政治・社会が絡む発言や報道の影響度は格別大きいという事は、今までの状況が物語っています。
大体、相手に寛容性を求める前に、批判されるような誤報(デマ・誹謗中傷・脚色・印象操作・レッテル張り等)が起きないように気を付けるのが筋です。
なのに未だにそれをやり続けているのが警察気取りのマスゴミ、記者気取りの国民&有識者です。しかも、自分らの取材力や記事の内容の無さを棚に上げて、それを積極的にやるという開き直りぶりですからね。
こんな報道を情報媒体にて毎回やられたんじゃあ、それこそ国民の不利益ですし児ポ法絡みでやられた日には尚更ですよ。
だから、誤報に手を付けない上記の人達が、上記以外の国民や誤報に巻き込まれた側に寛容性を求めるのは筋違い且つ順序が違います。

2014-11-11 09:22 from 熱々あんかけ

(´・ω・`)まぁ性格の傾向かな最後は

>色々批判がくるのは避けられないですよ?
批判自体はOK ただ問題は批判する際の傾向と熱心さ(マスコミや国民)
政治資金には敏感に反応、抗議する。もちろんこれ自体は当然だし、いいんだけど、在特会の人間と写真を取っていた件になると国民の関心等ががた落ちする。
正直政治資金よりこっちのほうが世界から見ると危険。
もちろん、自分が情報源や参考にする、よしりん、青木理氏、チキさんはネットやラジオで触れてるけども、この件世間ではマイナー扱い。
>脚色・印象操作・レッテル張り等
あ~偏向報道は良くない。が、世界を例にすると(まぁ主にアメリカか)偏向報道は良く有る話しだし、且つ日本くらいマスコミに公正と中立を求めるのは。
アメリカなんてTVやラジオで思想が丸出し。
まぁその結果が、大量破壊兵器があるなんていう虚報でイラク戦争突入という大失態だからなぁ。
偏向報道するほうが悪いのか?それをただ思考停止でスルー&納得するほうが悪いのか? 鶏が先か、卵が先かみたいなものだからそうそう答えは出ない。
>誤報に手を付けない上記の人達が、上記以外の国民や誤報に巻き込まれた側に寛容性を求めるのは筋違い且つ順序が違います。
難しいのが、時代の反動もあるんだよなぁ・・・。噂の真相なんかが売れてた時代はもっとひどかった(誤報やデマ中傷とか)つまり、今の日本は傾向的にバブル前バブル時に比べれば誤報は減っている。
だが、誤報は基本0にするのは不可能(この場合の誤報はミスの意味合い)
んで過去の反省と反動で今は、誤報許さない姿勢と空気ができた これ自体は良い。
ただ、ここで日本人特有の「行き過ぎ」がでてるのが結果問題をまた発生させているのが残念。
>批判されるような誤報(デマ・誹謗中傷・脚色・印象操作・レッテル張り等)
チキさんの番組に出演した誤報を研究している教授の分析を聞いて勉強になったのは誤報には何種類かある。
んでそれをひとくくりに全部誤報にするのは危険(本筋を見失う)
例として、原発に関しての 吉田調書における朝日の報道 これ誤報にしちゃっている(世間等)が、これ誤報ではない 調書自体は存在するから。
この場合の問題は記者の解釈が偏ったこと(理解能力の不足もか?)
さらに言うと、よしりんが警鐘したのは 調書自体公開して良かったものなのかどうか?ここで公開したせいで福島原発の総括がただでさえできてないのに、さらに混乱等を発生させると懸念。
案の定世間は、朝日けしからんで思考停止。寛容さの欠片も無いことが露呈→結果事態はより悪化する。
他にも、5割真実5割不確定(真実の可能性込み)の情報案件を記載した場合、それは完全な誤報にしていいのか?
あと結果誤報 例5日の時点ではある程度の確証(その時点では裏取りもしていた)を持って報道 が1週間経過するうち新しい情報が出て、
結果として誤報になったパターン
↑これを誤報として即排除方針にすると、情報のスピードが格段に落ちるリスクがある。
この誤報には種類があるくらいを前提にしておく柔軟さは国民には持っていて欲しいところ。

2014-11-11 12:02 from フー | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.