Togetter - 同人誌即売会が児童ポルノ関連でBBCの取材を受けてみた - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

Togetter - 同人誌即売会が児童ポルノ関連でBBCの取材を受けてみた

Togetter - 同人誌即売会が児童ポルノ関連でBBCの取材を受けてみた
http://togetter.com/li/737451


同人誌即売会「クリエイション」が児童ポルノ関連でBBCの取材を受けたそうで、関連ツイートをまとめ。
規制するしないではなくどうやら「どうしてこういうものを読みたいのか」を解き明かしたい姿勢だったのだそうで、BBCの記事が楽しみです。tentama_go

クリエイション事務局 10/26SC65 @creation_office
今日、児童ポルノ関連で英国BBCの取材を受けました。むやみに拒絶するよりも、きちんと考え・想いを説明した方がよいという判断です。記者の方も、なぜこういうものを読みたいのか、描きたいのかをじっくり理解しようとする方だったので、取材はトータル2時間に及びました。

クリエイション事務局 10/26SC65 @creation_office
話したことは、創作物における子供の性的なシーンは、実際の児童虐待には結びつかないこと。絵に「年齢」を定義しようとすると、ナンセンスになること。見たくないものと存在してほしくないものを区別すべきであること。表現の自由、が日本のおたく文化の多様性につながっていること、などなど。

クリエイション事務局 10/26SC65 @creation_office
興味深かったのは、セックスシーンでキャラクターが泣いているのを見て「これってレイプじゃないの?」という質問があったことです。いやいや、これはこういう設定で、こういうセリフを話していて、嬉しくて/気持ちよくて泣いているのです、と説明するという異文化体験をしました。

クリエイション事務局 10/26SC65 @creation_office
このように、表情や小道具が何を表現するのかという「文法」が共有できていない相手に対し、江戸の絵物語から(エロも含み)脈々と続くという文化を理解してもらうのはちょっと大変です。でも、相手が聞く耳を持っている限りは、なるべく言葉を尽くして場を守る力に変えていければ、と考えています。

クリエイション事務局 10/26SC65 @creation_office
以上、代表より。つかれました……ご協力頂いたサークルさん、ありがとうございました。






同人誌即売会が児童ポルノ関連でBBCの取材を受けた模様。てんたま氏のTogetterまとめです。同氏も仰ってるようにBBCは都条例改正の件で反対派の主張をきちんと伝えてくれました。比較的に中立ですがテーマが児童ポルノである事が気になります。http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2698.htmlでも触れられてますが英国は児童ポルノ規制に疑問を持ってもそれを口に出来る空気では無いからです。

個人的に危惧するのはBBCの記事そのものではなくそれを規制派が歪曲する事です。規制派がどのように解釈して利用してくるか分からないので注意が必要だと思います。記事そのものはある意味で楽しみです。きちんと正確に反対派の言い分を伝えてくれるマスコミは日本にはなかなかありませんからね・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

性教育は今後どうあるべきか
ttp://blogs.yahoo.co.jp/reiko_kosuna/32200140.html
規制派のブログより。考えている事が某カルト宗教の感覚そのものですよね・・・。
ttps://twitter.com/z_k31/status/526862119694630912
別の規制派が先日のクールジャパンの出来事に関して入れ知恵を行っている模様。先日のNHKの児童ポルノ特集や6月の外圧利用の偏向記事もそうですが、こうした規制派の行動の積み重ねがとてもやっかいです。
あと、規制派が「TOM」の名前がふさわしくないという事を口にしていましたが、クールジャパンの質疑に出ていたサイトの「Tokyo Otaku Mode」の事でしょうか?

2014-10-28 08:36 from W-B

御本人が一番上のエントリーにもコメントしておりますが。
某氏、規制賛成派並びにネトウヨへ転向。
http://m.blogs.yahoo.co.jp/kusukusu26741506
恥ずかしいねー、自分に酔っているねー、醜悪だねーw w

2014-10-28 17:06 from - | Edit

No title

クールジャパン政策、これからの課題
ttp://blogs.yahoo.co.jp/reiko_kosuna/32203084.html
規制派のブログより。東京オタクモードは自らの行い(自主規制)が、結果として漫画アニメ文化に貢献するのか、足を引っ張る事になるのか見極めてほしいものです。
ttps://twitter.com/z_k31/status/527224855414841345
ttps://twitter.com/z_k31/status/527229437620654081
ttps://twitter.com/z_k31/status/527229437620654081
百田尚樹氏にも変な入れ知恵を植えつけようとしているようですね。
ttps://twitter.com/z_k31/status/527232641519472641
ttps://twitter.com/z_k31/status/527233392929038339
これってクスクス氏の事を言っているのでしょうか?

2014-10-29 08:38 from W-B

連投すみません。

法律に関するエボラ出血熱対策ですが、感染症としては、一応法案らしきものはでてはいるようですが(前国会からの持ち越し)、肝心のエボラ出血熱に対しては何も書かれていないので(問題がおこる前にでている法案ですので当然ではありますが・・・)、法案修正→再提出となるともっと時間がかかるかもしれませんね・・・。与野党共々一刻も早い行動を願いたいものです。

2014-10-29 09:02 from W-B

No title

>(前国会からの持ち越し)
>(問題がおこる前にでている法案ですので当然ではありますが・・・)
今国会からの提出でした。すみません。
あと、改めて改正案を見てみたのですが、エボラ出血熱という言葉そのものは出てこなかったのですが、「一類感染症、二類感染症又は新型インフルエンザ等感染
症のまん延」という文が出てきているので、その中にエボラ出血熱も対策として含まれているのか気になるところではあります。
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の一部を改正する法律案(pdfファイル)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/187/pdf/t031870211870.pdf

2014-10-29 09:18 from W-B

表現規制に関係あるでしょうか、これ。ツタヤのTカードの話題です。
【悲報】Tカード「11月1日から個人情報バラ撒くよ。イヤなら個人情報提供停止の手続きしてね」 - 暇つぶしニュースhttp://blog.m.livedoor.jp/rbkyn844/?guid=ON&
Tカード、11月1日より個人情報を「第三者提供」へ。顧客情報を手続きしないと勝手に漏らすという、しかも今から停止手続きしても情報停止手続は3日後に反映なので間に合わない、ユーザーの通知も全くなく極めて悪質で身勝手な規約改定
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FM9W0CVI42d
痛いニュース(ノ∀`):Tカード、11月1日より個人情報を「第三者提供」へ 希望しない人の停止手続き受付開始
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2Fx7PRMv6c34

2014-10-29 20:00 from -

No title

『黒子のバスケ』の悪夢再来との危惧も...小嶋ララ子サイン会が脅迫により中止
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141029-00010000-otapolz-ent
「アニメイトガールズフェスティバル2014」(以下、AGF2014)にて11月9日に行われる予定だったマンガ家・小嶋ララ子氏の『星くずドロップ』1巻発売記念サイン会が「編集部宛てに悪質な妨害の予告」により中止となることを、同作を連載する講談社の「ARIA」編集部が告知している。
 AGFは同実行委員会が主催するイベントで、今年で5年目。「乙女ゲーム、アニメ、BLコミック、ホビー、コスプレなど、すべてのジャンルが集結した乙女のための大型イベント」として、11月8日・9日の二日間にわたって、開催される予定だ。AGF側は当初「昨今のイベント事情を鑑みまして、AGF2014では各エリアの入口にて【手荷物検査】を実施させていただきます」との告知を行い、実施の方向を探っていたようだが、最終的に中止の判断に至ったと見られている。
 サイン会中止の経緯について、AGF事務局に取材を申し込んだが「サイトに載っているもの以上はお答えができない。それ以上の回答については、講談社にお問い合わせください」との回答であった。そこで、講談社に問い合わせたところ「警察が捜査を行っている段階なので、お答えすることができない」(講談社広報室)とのことであった。
 小嶋氏に対しては、昨年11月にも有隣堂横浜駅西口コミック王国店に脅迫状が届き、予定されていたサイン会が中止となっている。こうした経緯から同一犯による犯行との見方もある。
 脅迫によりイベントや企画が中止に追い込まれる事例としては、昨年犯人が逮捕され有罪判決を受けた、『黒子のバスケ』(集英社)に対する脅迫事件が記憶に新しい。この事件をめぐっては、犯人逮捕前から相次ぐイベントの中止に対して、悪意を持った者が手紙一枚で騒動を起こせる前例を作ってしまったという危惧が多くの関係者から寄せられていた。その危惧がいよいよ現実になろうとしているようだ。

2014-10-29 21:25 from ビースター | Edit

No title

今の野党に義は一切あってはならぬ
ttp://blogs.yahoo.co.jp/mgntouch/39204000.html
規制派のブログより。政治とカネの問題を取り上げていますが、規制派に都合のいいものは不問で都合の悪いものはダメ、という虫のいい内容が許せるはずがありません。

2014-10-29 21:50 from W-B

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.