【児童ポルノ禁止法】英国議会「根拠はないんだけど不安だから規制したい」 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【児童ポルノ禁止法】英国議会「根拠はないんだけど不安だから規制したい」



















http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2697.htmlの続きです。空想上の画像を観ただけで実際に誰にも会っても触れてもいないのに逮捕される先進国に絶句しますが英国とカナダは規制派の理想郷で日本の未来の姿である事を忘れてはいけません。また、英国議会が「根拠はないんだけど不安だから規制したい」で規制を強行した事に恐怖を感じます。

児童性虐待と聞いてイメージするのは幼い子どもを強姦するような場面を連想するでしょうが逮捕の理由はフィクション=空想の産物です。英国は児童ポルノと創作物は別の法律で規制してる筈ですが創作物の方は完全に法律としてバランスが崩壊しています。本当にひどい話です。

疑似写真から実在の児童へ矛先が向いたなら問題ですが疑似写真から二次元に向かっているのに何の問題があるのか全く理解できません。児童ポルノ対策を錦の御旗に「何となく子ども達を守ってる気になれる」のが創作物規制です。余程冷静な人でなければ取り込まれてしまいます。

道徳観と嫌悪感と安全利権が合わされば憲法すら越えて「根拠はないんだけど不安だから規制したい」が可能になる。日本でも特定秘密保護法や改正児ポ法で現実に起きています。本来ならば道徳観ごときで近代法の基本原則を無視する事などあってはならないのです。

裁かれた人は児童性虐待者のレッテルを貼られて社会から抹殺される。結局、児童ポルノ禁止法の恐ろしいのはこの社会的なダメージです。日本でも所持罪が成立しましたがこの流れを何としても止めないと特定秘密保護法など遥かに超える悪法になります。

すでに規制派は「日本も英国に倣え」と主張しています。赤松健氏の言うような「適切な説明」を早急に組織的な広報力を活かして行うべきです。個人的には「憲法の基本」を徹底的に教育するように呼び掛けていく必要があると思いますが・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

てんたま ‏@tentama_go
日本で青少年条例が唯一無い長野県でも制定の動きが出てますが、ミーティングでは賛否が分かれたようです。「子供は判断能力が未熟。大人を自制させのために制定すべき」「条例を制定しても被害は減らない。子供が自分で善悪を判断できる教育環境を」 http://www.sankei.com/region/news/141021/rgn1410210057-n1.html

2014-10-25 21:08 from W-B

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-26 18:39 from -

No title

先日のNHKで報道された児童ポルノの特集について、放送内でアイドルグループのライブ映像が出ていたと思いますが、そのアイドルグループの一人が放送を見た感想をブログにて掲載していました。
尾河花奏 (=σωσ=)♪NHKさん「おはよう日本」をみた感想
http://ameblo.jp/hrmenblo/entry-11935547984.html

2014-10-26 21:24 from W-B

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-26 22:33 from -

山谷えり子大臣と有村治子大臣が長崎市長脅迫事件当事者の"青少年健全育成"団体の顧問だった件

山谷えり子大臣と有村治子大臣が長崎市長脅迫事件当事者の"青少年健全育成"団体の顧問だった件 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/736301
腐ってますww

2014-10-26 23:14 from - | Edit

規制の目的

この規制の目的が、どうみてもキリスト教の性の保守的価値観を、
世界的に押し付けることが目的に見えてならない。
このあたりは、統一教会や、キリスト教福音派も、
お互いが敵同士ですが、この件に関しては主張は同じで、
ただ単に、表現の自由の土俵だけで戦っていればいずれは負ける。
この宗教の価値観と、われわれ日本人などの東洋的な価値観で、
宗教保守の価値観の矛盾点を攻撃しないかぎり、
活動は難しいだろうと思う。

2014-10-27 08:47 from ABC

No title

山口貴士 @otakulawyer
【イベント告知】今晩19時~テンプル大学現代アジア研究所にて、ろくでなし子事件や愛知県立美術館事件から見えてくる近年の刑法175条の運用、刑事司法の芸術活動への介入について、話をします。英語ですが、関心のある方はお越し下さい。 http://www.tuj.ac.jp/icas/event/japanese-popular-culture-in-the-news-exploring-debates-about-sexual-norms-and-politics/ … …

2014-10-27 12:29 from W-B

No title

気になるツイートがありました。
https://twitter.com/utamaro_/status/525601811915235328
踊ウタマロ(コアラ擁護情報局長) ‏@utamaro_
https://twitter.com/tommykun01/status/523718118745845761
https://www.facebook.com/KinoshitaIshin/posts/565193703626289
今日、委員会で指摘されてたんだけど、これってどうなんだろ。政府がお金出してるからこうなるのやむ無しなのかな。クールジャパンってなんなんだろう…
踊ウタマロ(コアラ擁護情報局長) ‏@utamaro_
@utamaro_ これに対しみんなの党三谷さん。
「クールジャパンの中身について、政府が出資するからとてって中身が変わってもいいのか」
山口大臣「文化には猥雑なものもある。政府が介入するなんてとんでもない、が税金を投入するので慎重にやりたい、三谷先生の言うことはもっとも」

2014-10-27 13:02 from W-B

No title

2014-10-26(23:14)の名無し様
下記のツイートのように(関連のないツイートもありますが)、過去に表現規制に関わっていた人たちは何らかのトラブルを起こしています(裁判沙汰もあり)。
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
青少年健全育成基本法案を担当する義家弘介氏ら規制派議員の支持団体のひとつが前述した全国教育問題協議会。
http://archive.is/OuxDL
漫画やアニメなどを規制で縛りつける事に固執しているこの右翼団体は、同法案制定の要望書を毎年自民党に提出しています。
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
暴力ゲームを規制する法案を作った米議員が中国系マフィア絡みの銃密輸と賄賂で逮捕。表現規制に積極的な議員の脛が傷だらけなのは往々にしてある事。日本でも青少年健全育成基本法案の作成者である小山孝雄元議員がKSD事件で懲役刑に。
http://doope.jp/2014/0332728.hml
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
汚職事件で臭い飯を食った小山孝雄元議員と同じように青少年健全育成基本法案を推進していた陣内孝雄元議員(自民)は、粉飾決算事件の損害賠償訴訟で敗訴。
▼元法相、最高裁で敗訴 3億7千万支払いへ
http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.1887090.article.html
漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
そういえば宮沢洋一新大臣は青少年健全育成基本法の原型を作った自民党小委員会のメンバーでしたね。
http://d.hatena.ne.jp/mxixtxbx/20130609
▼宮沢経産相、SMバーへの支出は「不適切だった」
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0IC0US20141023

2014-10-27 13:12 from W-B

No title

東京オタクモードを巡る質問で考える、クールジャパンと表現規制の関係性
http://despair0906.myjournal.jp/archives/1637998.html
児童ポルノ禁止法は矛盾だらけ! 子どもを性的虐待から守る目的をお忘れか?
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201410_post_5075.html

2014-10-27 17:08 from W-B

No title

W-Bさん
>尾河花奏 (=σωσ=)♪NHKさん「おはよう日本」をみた感想
芸能界のブラック企業問題へ児童ポルノ問題を逸らした挙句に、その例としてホワイト企業を映していたと・・・。
それにどうも映像は無断使用だったようなのですが・・・
しかもこの方のグループは歌手活動やステージパフォーマンス等で、主に地域の広報活動を行うローカルアイドルという部類の活動をされているようなのですが。
先日「○○さんの書類は送付されました」という新たな特別報道を生んだ大手事務所と違い、どのように扱っても痛く痒くも無い相手だという事でしょうか、天下の国営放送さまには。
局内では未だに
いいか若いの!取材はなあ!手前の脳内と2chでやるんだ!!それが報道ってもんだ!!
な教育が成されているのでしょうか。
自浄努力どころか行動している様子も伺えないのは、一蓮托生の業界と仲良く同じのようです。

2014-10-27 22:45 from ネットマスゴミ | Edit

>局内では未だに
>いいか若いの!取材はなあ!手前の脳内と2chでやるんだ!!それが報道ってもんだ!!
>な教育が成されているのでしょうか。
>自浄努力どころか行動している様子も伺えないのは、一蓮托生の業界と仲良く同じのようです。
それは今回のNHKの報道、2ちゃんねる&脳内を引っ張り出して記事にする連中だけでなく、それらの情報だけを元にして脚色を加えた脳内クラスの解釈や見解に走る外野も全く同じです。
①報道の自由を盾に好き勝手やるマスゴミ
②言論の自由を盾に好き勝手やる一般市民(外野)
どちらも嫌なところを突っ込まれると、自浄努力はしないどころか自由だの聖人君子ではないだのと逆ギレ紛いの泣き言を言ってくるところ、相手の揚げ足どりをやってくるところ等、みっともないところは仲良しどころか双子の兄弟みたいにそっくりですね。
無論、①②とも全てが全てでは無いですが、この手の報道で①や②に該当しないケースはレアでしょう。

2014-10-27 23:53 from 熱々あんかけ

最近ラジオ聞いての傾向

基本マスコミがだらしないのはまぁ前提として、
国民が誤報に対して潔癖状態で、完全完璧を要求しすぎなのもなぁと、ここ最近のTBSラジオで、チキさんの番組や今日のデイキャッチで青木さんや塚越さんとのやりとり聞くとより実感する。
誤報恐れると、特ダネを狙わずより特オチを警戒する(まぁもとから記者クラブは基本特オチ防止重視ですけど)
潔癖求めすぎると結果国民にとって不利益になる(´・ω・`)
んまぁかといって誤報上等の精神で好き勝手やられるのも論外。
どこまで寛容になれるか?許容範囲という難しい問題。
よしりんが週刊誌現状支持するのも、大手マスコミがしなきゃいけない権力批判をしないから。結果誤報の可能性が(潜在的に)高い週刊誌んい頼らざるをえないというね(´・ω・`)

2014-10-28 00:38 from フー | Edit

どうなる事やら?

皆様こんばんは。
たまにしかコメントしない鵺です。
深夜0時、突然の記者会見、「望月義夫環境相、政治資金収支合わず」
早速、朝日が記事化しています。
http://www.asahi.com/sp/articles/ASGBW7JVWGBWUTIL06F.html
小渕氏、松島氏に続き、これで閣僚3人目(宮沢氏の例の件を入れると4人目)。異例の事態です。ご本人「辞任の意向はない」との事ですが、果たして、これで済むでしょうか?

2014-10-28 01:07 from | Edit

↑不正に対する、国民の無関心が安倍政権を増長させているのでは?

2014-10-28 17:59 from - | Edit

No title

 なんとなく思うのですが、
表現の自由は別に制限されても良い、制限しても良い、と言う人たちは、
それじゃ
思想の自由、は、どうなんでしょうか?
思想と表現は、そりゃつながってるわけで、
児ポ法でも、共謀罪でも、表現規制をしたがっている人達は、
「思う」こと自体は、どう思ってるんでしょうか?
・「表現はダメだけど、思うことだけはかまわないよ」というふうに、判例でもなんでも認知周知されたら。。。
あのひとたちの目標とずれて、へんな感じになってしまうと、思うのですが。
だって、彼らが言うところの「邪悪な心」の撲滅からは遠ざかってしまうし。
(ひどい表現でごめんなさい→)むっつり系の「邪悪な人」がかえって増えちゃったりしてね。
・「思想の自由も、なんとなく危険そうな思想は制限されるべきだ」という場合、
それはそれで、火の粉が飛んできて、かえって困る人がけっこうたくさんいそうな気がします(法律は圧力で回避できても、思考停止した規制世論を止めるのは大変ですからね)。
 そして、日本でも「戦う民主主義」がOKになったりしてね。
総理大臣や政治家の人は、憲法擁護義務があるんですよね。
。。。自分で書いてて、なんか混乱してきました。。。
ともかく、
表現の自由、という行為の是非に終わらせず、
「今の日本、これからの日本に、思想の自由はあるのか?」を
そろそろ、はぐらかさずに、はっきりさせてもいいのではないかと。
共謀罪も憲法改正も来ることですし。
僕らが戦ってる真の相手は表現規制ではなく、それを盾にしてずるく隠れてる思想統制なんじゃないかと。
表現規制なんて他人事さ、なんて無関心な人達も、さすがに「思想統制」のこととなれば、本気で考えるんじゃないかと。
なんとなく思ったことでした。

2014-10-28 21:57 from これって | Edit

宗教から見たら

この児童ポルノ規制については、根拠を示せといっても、その資料を集める時間も労力も足りてないので恐縮ですが、
どうやら、アメリカでの規制が厳しくなったのは、宗教右派(キリスト教エバンジェリスト。福音派)が、勢力を拡大し政治に口をはさむようになってからではないかと思う。
彼らの最大の目的は、世界各国の倫理観をキリスト教の価値観に統一することだと自分は思っていて、
児童ポルノ規制も、その規制の一環だと思う。
日本以外の先進国は、すべてキリスト教が多数派の国で、キリスト教自体が性に関して厳しい態度を取る主義である。
彼らが日本が規制に立ち遅れているという主張は、それはつまり、キリスト教の倫理観とは違っているため、
それを問題視しているのではないかと思う。
キリスト教は、一部の例外を除いて、性表現に対して非常に厳しい態度を取り、
特に、成人のポルノでさえ、排撃しようと躍起になっている人たちばかりです。
それに、キリスト教の場合、東洋思想と違って、悪を徹底的に叩きのめす思想があり、
また、従来のその地にいた土着の神々も、悪神として叩きのめす思想があります。
そのため、日本の文化そのもの(つまりコミケなどのマンガ文化全般をさす)も、土着の神々(つまり悪神)として叩きのめす必要があり、
表向きは、青少年に悪影響を及ぼすといいつつ、本当の狙いは、
日本人の思想を、西洋のキリスト教のそれに変化させるのが目的ではないかと思う。
それと同時に仏教と日本神道を弱体させるつもりであると思う。
かなりキリストを悪く言っているが、日本に来た時から、キリシタン大名の統治下にあったところは、南蛮に女性を「輸出」したりして、
日本の秩序を破壊しつつあったため、秀吉公は伴天連追放令をだし、宣教師を追い出した。
現在の日本では伴天連追放令は間違いであったと教えているが、
私は伴天連追放をしたため、日本が平和になったと思いっている。
ともかく、規制派の連中は、宗教的価値観から、気に入らないものを排斥せよと叫んでいる。
そうなると、ただ単に「表現の自由」だけではなく、欧米のキリスト教の価値観を排斥する運動にもっていかないといずれは負ける。
欧米では悪いものを排斥せよ。という思想と、性を禁忌としてみなす思想があるが、日本ではかならすしも、性に対して禁忌とみなしておらず、日本の神社の中にも、性を肯定した神社があったり、また密教の中には、理趣経みたいに性を肯定したりしているものもある。
日本の場合は、儒教的な発想を持つ保守派の考えと、
外国の規制運動との考えが一致したため、
現行憲法という手かせ足かせがあっても、なんとか成立させようと躍起になっているのではないか?

2014-10-30 05:25 from ABC

大変申しありませんが。色々と突っ込みどころありすぎて、何から申し上げたらよいのやらですが、敢えて1点だけ。
>欧米のキリスト教の価値観を排斥する運動にもってい かないといずれは負ける。
ここは、様々な考えを持つ方々の集まりの場です。それは重々承知しています。喧嘩を売るつもりも毛頭ございません。しかしながら、これでは、例の「排外主義を謳う某集団」と同じロジックですよ。今一度、どうか、ご冷静に。

2014-10-30 19:29 from - | Edit

No title

そう、そこなんですよ。
 これまでのように「思想の自由」が保障されているもとでは、どのような相手の思想も、思想として尊重すべきです。それはそれで1つの主張、1つの意見。排斥すべきではないと思います。
 いろんな思想の磨き合いが、この国の人々の考え方の多様性や進化をおしすすめてきたのではと、私は思います。
 が、もし、規制派の皆さんが「危険そうな思想は制限されるべき」とおっしゃられ、それが公的に認められるのであれば、
 これはどんな「危険そうな思想」にも適用されるわけで、児童保護や風紀だけじゃない、いろんな、いろんな観点から、「危険そうな」いろんな思想を排斥することが可能になってしまうのではないかと。
 。。。これって、世の中がものすごく不安定になってしまう気がするのですが、妄想でしょうか。
 正直、英国やカナダは大丈夫なのだろうか、と、他国ながら気になったりもします。もちろん、この国も。
思想を1つに「させる」ことって、かなり危険なことだと、思うのです。どっち向きであってもね。

2014-10-30 21:39 from これって | Edit

難しいところ

>価値観を排斥する運動にもってい かないといずれは負ける。
>どのような相手の思想も、思想として尊重すべきです。それはそれで1つの主張、1つの意見。排斥すべきではないと思います。
なんか東浩紀氏のツィッターにあった
引用開始
「差別はよくない」と「差別がよくないというのも差別だから差別よくないとはいえない」の矛盾というのは、古い言葉で言えばカントのアンチノミーというやつで、そもそもこの矛盾を引き受けることから近代哲学は始まっている。相対主義を絶対化して行動できなくなっている人々は、基本的に3世紀古い。
引用終了
んで排斥って言葉の意味合いがまずいのかな?とも(´・ω・`)
よしりんは差別主義者は徹底的に差別することが大事と。自分もこれに賛成。
てか差別主義者の差別思想肯定は→人権侵害の肯定でもあるわけで。
んでここで大事なのがどこまでを 思想 と解釈するか?
差別思考は思想にあたいしないというか、思想してもいいがもし実際の社会に悪影響をあたえる(あたえた)場合は、摘発や監視は必要。
たまにどんな思想でも寛容すべき的な意見出たとき自分が思うのが、
ナチス的差別思考も社会は寛容になっていいんだね?や
オウム真理教をはやく危険な存在とマークしていたら、サリン事件などの行為を阻止できていたのに、その反省は無いの?
という疑念を持ちますね。
まぁここで1つ重要なのが「国」が差別はダメだと明確な意思表示し、「マスコミ」がちゃんと差別主義が増えてないか?監視&警戒、「国民」もその2つができてるか監視しなきゃいけないしそれが理想なんですけど。
現実は
差別主義のネトウヨみたいな愚国民の売り上げに媚びる腐ったマスコミの情報をアホな政治家が鵜呑みにしている
(´・ω・`)ていうね。
よしりんが徹底批判展開中のネトウヨに洗脳された無能政治家片山さつきなんかがわかりやすい例

2014-10-30 23:13 from フー | Edit

思想

>>ツッコミどころ満載・・・。
そう。ツッコミどころが結構あります。
ではなぜ、このような文章を書いたかといえば、こういうウソ、
事実を自分の都合のいいように誇張しているのは、規制派であり、
そして、規制派の連中は権力にとりいって、私たちを逮捕できるように仕向けるルールを作れる側にいることです。
こういう連中相手に、ただ単に「認めあう」ことなど不可能であります。
相手は、法律をねじ曲げるくらいの「宗教原理主義者」であることを規定して、
その危険性を、一般の人たちにアジテーションしなければならない時期にきていると思っています。
本来、>>19番の方が言っているように「思想の自由」を保障すべきなのです。
それを破壊しているのが規制派です。
規制派は、自分たちの姿が別の角度から見られたら、どういう姿に見えてるか気づいていない。
あるいは、別の角度から見られるのを拒否または自分たちの都合のいい姿しか見させないように仕向けている。
もっとも、アメリカに行くと、子供たちに武器を取り、神の戦士となって立ち上がれ」と洗脳する牧師もいるくらいだしな。

2014-10-31 05:08 from ABC

No title

宗教の話題が色々と出ていたので思い出した事があるのですが、憲法として第二十条(信教の自由)があるのですが、改憲草案として、
(現行憲法)
第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない
② 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
③ 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
(改憲草案)
第二十条 信教の自由は、保障する。国は、いかなる宗教団体に対しても、特権を与えてはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3 国及び地方自治体その他の公共団体は、特定の宗教のための教育その他の宗教的活動をしてはならない。ただし、社会的儀礼又は習俗的行為の範囲を超えないものについては、この限りでない。
赤文字が削除、青文字が追加になりますが、解釈次第では宗教の関わりを政治を交えて容易に出来るようにも見えます。また、コメント内でも出ていますが、「思想の自由」についても改憲草案として
(現行憲法)
第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
(改憲草案)
第十九条 思想及び良心の自由は、保障する。
と、あからさまに「これはだめだ」というのが曖昧な感じに変わっているようにも見えなくもないので、宗教がらみで考えると危険な感じがします。身近にいえば宗教の勧誘があると思いますが、政治がらみの勧誘も容易になりそうな感じがしますね。尤も、これらはあくまでも解釈次第の域を出ませんが・・・。

2014-10-31 08:35 from W-B

確認したき事あり

鵺です。皆様、日々お疲れ様です。
>ABCさん
日本神道について触れていたので、確認したき事ございます。
ABCさんは、「神道政治連盟」並びに「神道政治連盟国会議員懇談会」については、どの様なご見解をお持ちですか?正直申し上げますと、本団体について、私は、あまり良い印象を抱いておりません。
神道政治連盟HP
http://www.sinseiren.org/
お時間のある時で結構ですので、よく勘案された上で、ご回答戴けたら幸甚です。

2014-10-31 17:01 from | Edit

神社本庁

神社本庁などの政治組織の話が出ましたので、一つ。
神道と神社本庁は、自分は別のものととらえておりまして、
いわゆる、現在における神道の「主流派」の寄り集まりが、
神社本庁であると思っています。
とはいえ、神社本庁の組織・政治力は絶大で、神社本庁に従わず、
独自の路線で歩む神社など、地方などにある、地元有志などが管理する独自の協議をもつ「単立神社」や、
新興宗教に鞍替えしたものだったりするのみで、
そういうのは、ほとんど政治的影響力がないでしょう。
神社本庁などの神政連が、かなりカルトに見えるのは、
ただ単に明治時代の国家神道の時代を蘇らせるだけでなく、
もう一つ。皇室が抱えている「三種の神器」と、その奥にあるものの維持であろう。
まあ、自分も独自に祝詞や密教のマントラを唱えることがありますが、神社本庁の動きにはあまり興味がありませんけどね。
日本の場合、絶対的は善と悪がハッキリわかれているわけではなく、
悪と言われたものであっても、神として崇められている事例があり、それはそれでちゃんと神として機能しております。
一例をあげれば、天神様とかがそうでしょう。
西洋でも、キリスト教が伝搬する以前は、そういう神がいて、ギリシャ神話の神にもそういうのがいる。
キリスト教の場合は、そういう神の存在そのものが悪とみなしているため、悪とみなされた神は「サタン」とか、
徹底的に悪であり、排除すべき存在になってしまいます。
さて、イギリスの判決ですが、これも徹底的な悪として、存在そのものを悪いものと決めつけるキリスト教の発想があり、
その悪い影響が、現代でも形を変えて続く「魔女狩り」であったり、
今回の児童ポルノ排除であったりする。
反対運動をするには、こういうキリスト教の原理主義の考えにこり固まった人たちへの対処と、
ただ単に、教育上の配慮から規制を叫ぶ人とを
別々な運動方針をとる必要があると思う。

2014-11-04 05:25 from ABC

追記

ついでに言えば、神道の件では、
古代の日本神道と、現在の神道は、自分も祝詞などを唱えるときがあるが、
どうも途中で変質しているような気がする。
古代では、万葉集に見られるように「恋・コイ・乞い・講」が基本であったはずだが、
藤原一族の台頭と、皇室の固定化によって「祓い・払い」が基本になった。
また、現在・アマテラスオオミカミが最高神として祀られているが、
それ以前の神々については、さらっと説明されているだけで、
あまり重要な扱いになっていない。
一例をあげれば、別天津神とよばれる存在で、古事記にちょっとだけ記載がある神々で、出現だけして、すぐに姿を消した神です。
これらの神を祀る神社も、小さな祠に祀られている場合があり、
そこには強烈な力が感じとれます。
これは、このブログの目的から外れますので、別サイトで書きます。
ところで、キリスト教の国々の場合は、特にプロテスタント系の場合、
信仰には熱心ではなくても、少年少女時代の教育や倫理観で、
聖書の価値観がベースになった教育をされている以上、
未成年が体を見せるということに罪悪感を感じて(あるいは罪悪であるという主張)しまい、
キリスト教原理主義の倫理観にあまり抵抗がなく受け入れてしまうのではないか?
とくに、男女が体を見せるというのは、卑しい行為とみているのではないだろうか?
日本の場合は、江戸時代末期まで、銭湯は男女混浴が当たり前だった。
それが明治の開国になって、外国人がそれを見て、まるで魔界でもみるような眼で見て、卑下していたため、
明治政府が男女別々にしたという。
古代ギリシャでも、お祭りのときは、男女での乱交があった記録があり、
キリスト教布教により、それが消滅した。
考えてみれば、裸がタブーというのは、キリスト教やユダヤ教の価値観から生まれたものである。
もう一回、性に対する価値観を、アフリカや古代日本の価値観とも比較して、再検証してみる必要がある。
ちなみに言えば、かつて小沢一郎氏が「キリスト教は独善的」と言っただけで、
マスコミから海外から非難を浴びるなどという理由で集中砲火を浴びた。
キリスト教を批判することは、無名の人物だけしかできないのだろうか?

2014-11-10 13:51 from ABC

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.