特定秘密保護法の運用基準閣議決定、知る権利は「尊重」12月10日施行 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

特定秘密保護法の運用基準閣議決定、知る権利は「尊重」12月10日施行

特定秘密保護法の運用基準閣議決定、知る権利は「尊重」12月10日施行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000504-san-pol
[産経新聞 10月14日(火)9時1分配信]


政府は14日の閣議で、機密を漏らした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法をめぐり、秘密の指定や解除に関する運用基準を決定した。国民の知る権利への配慮や特定秘密の指定対象を明示したほか、恣意(しい)的な指定を防ぐためのチェック機関や内部通報を受ける窓口の設置などを盛り込んだ。法施行日を12月10日とする政令も決定した。

運用基準は、国民の知る権利について「憲法21条が保障する表現の自由や、憲法がよって立つ基盤の民主主義社会の在り方と結び付いたものとして十分尊重されるべきもの」と強調。特定秘密の指定要件である(1)防衛(2)外交(3)スパイ活動などの特定有害活動(4)テロリズムの防止-の4分野に関しては、より透明性を確保するために55の細目を列挙した。

さらに、秘密が適切に扱われているかをチェックする機関として、内閣官房に事務次官級でつくる「内閣保全監視委員会」、内閣府に特定秘密の管理状況を検証する「独立公文書管理監」をそれぞれ設置すると明記した。

秘密の安易な指定拡大を防ぐため、指定権限は外務省、防衛省、国家安全保障会議(NSC)など19の行政機関の長に限定。不適切な秘密指定があった場合に備え、内部通報の窓口を各府省庁に創設する方針も明記した。運用基準は法施行5年後に見直すとした。


秘密保護法:運用基準決定「知る権利尊重」具体策示されず
http://mainichi.jp/select/news/20141014k0000e040103000c.html
[毎日新聞 2014年10月14日12時15分(最終更新10月14日12時24分)]


特定秘密保護法に基づく秘密の指定や解除のあり方を定めた運用基準と、法の施行日や秘密指定できる行政機関を19機関とする政令が、14日午前の閣議で決定された。特定秘密保護法には「報道・取材の自由への配慮」が記され、運用基準には「国民の知る権利の尊重」の文言が盛り込まれた。しかし具体策は示されていない。運用基準を了承した自民党総務会でさえも「どうやって担保するのか」との声が上がったという。


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2693.htmlの続きです。パブコメの効果もあって特定秘密保護法の運用基準には「知る権利の尊重」の文言が盛り込まれました。しかし、それを担保する具体策は何も示されていません。これにはさすがに自民党内からも疑問の声が上がったようです。

この法律の怖いところは「萎縮効果」です。社会全体に自主規制が広まって表現/言論に深刻な萎縮効果を齎します。いずれはマスコミだけでなく一般市民もそれに呑み込まれるのは想像に難しくと思います。身内が身内をチェックする監視機関もほぼ機能しないのは確実なので近い将来間違いなく恣意的な運用がされるでしょうね・・・。

まさに「戦前に戻る」という表現がぴったりです。改憲案を見れば分かりますが自民党は「国民の権利」「体制側によって与えられるもの」と勘違いしています。知る権利は国民が生まれながらに持っているもので政治家ごときに与えられるのではありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

>この法律の怖いところは「萎縮効果」です。社会全体に自主規制が広まって表現/言論に深刻な萎縮効果を齎します。いずれはマスコミだけでなく一般市民もそれに呑み込まれるのは想像に難しくと思います。身内が身内をチェックする監視機関もほぼ機能しないのは確実なので近い将来間違いなく恣意的な運用がされるでしょうね・・・。
>まさに「戦前に戻る」という表現がぴったりです。改憲案を見れば分かりますが自民党は「国民の権利」を「体制側によって与えられるもの」と勘違いしています。知る権利は国民が生まれながらに持っているもので政治家ごときに与えられるのではありません。
この法律の話ではなくく表現規制すべてに言えることでもあり、また、俗に言う○○の権利、2つ3つ前のエントリーの件の言論や報道を兼ねてのことになりますが、
国民の権利が奪われようとしているのは、一般市民自らが撒いた種です。
気に入らない物事になると、デマカセ、戦前の全体主義の見解、全体主義と曖昧な表現での印象操作をやり出し、逆に、脅かされる側になると、今度は全体主義の否定・言論の自由の主張・印象操作の否定などの自己中&ブーメランをする。
しかも言論の自由の主張は、専門家ではない、素人だ、見解の能力に限度があると言って逆切れもしくは責任否定をする(相手には責任という言葉を使うのにね)。
こんな連中が○○の権利を大声で主張しているところを見せつけられたら、そりゃあ「○○の権利は大したものではないんだ」と思い込みます。政府が制限に乗り出すまでもなく。
何を偉そうにと思うでしょうが、これが現実でしょう。
まあ、つもりに積もった結果なのではと思います。

2014-10-19 07:14 from -

>気に入らない物事になると、デマカセ、戦前の全体主義の見解、全体主義と曖昧な表現での印象操作をやり出し、逆に、脅かされる側になると、今度は全体主義の否定・言論の自由の主張・印象操作の否定などの自己中&ブーメランをする。
すいません。お手数お掛けして申し訳ございませんが具体例をお示し戴けたら幸甚です。

2014-10-19 18:44 from - | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.