【神戸小1女児遺棄】容疑者宅からリュックサック 女児所持品か - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【神戸小1女児遺棄】容疑者宅からリュックサック 女児所持品か

【神戸小1女児遺棄】容疑者宅からリュックサック 女児所持品か
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140926/waf14092619500022-n1.htm
[産経新聞 2014.9.26 19:50]


神戸市長田区長田天神町の草むらで、ポリ袋に入った同区の市立名倉小1年、生田美玲さん(6)の切断遺体が見つかった事件で、兵庫県警は26日、死体遺棄容疑で逮捕された近くに住む無職、君野康弘容疑者(47)の自宅から、女児が行方不明になった際に所持していたとみられるリュックサックが発見されたと発表した。県警は、女児が君野容疑者の自宅にいた可能性があるとみて調べを進める。


【神戸小1女児遺棄】君野容疑者、近隣と騒音トラブル絶えず 元自衛官、下着姿で周辺徘徊も
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140924/crm14092420470026-n1.htm
[産経新聞 2014.9.24 20:47]


行方不明になっていた神戸市立名倉小1年、生田美玲さん(6)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された君野康弘容疑者(47)は、元自衛官という顔を持つ一方、最近は近隣住民との騒音トラブルなどが絶えず、警察沙汰になることもあった。

近所の住民らによると、君野容疑者は約25年前に2年間ほど、九州で陸上自衛隊の隊員として勤務していた。1~2年前に引っ越してきて、神戸市の集合住宅に1人暮らしし、複数の住民に「ネコを譲ってほしい」と声を掛け、何匹かもらい受けていた。

事件が起きる前、下着姿で家の近くを歩き回る姿がよく目撃されており、同じ住宅に住む40代の男性は「睡眠薬を服用し、酒を飲んで壁をたたくので何度も騒音トラブルになった」と話す。


神戸の小1女児遺棄事件。君野康弘容疑者の自宅から被害者の物と見られるリュックサックが発見されました。また、25年前に2年程、九州で陸上自衛隊の隊員として勤務していたそうです。これは「責任能力あり」と判断される可能性は高そうです。元自衛官で知的障害者、これはマスコミの偏向報道に注意が必要なパターンかもしれません。

スケープゴートと言えば生贄論ですね。
要注意と言えば要注意ですけど、どういう流れでくるのか?
スケープゴートの対象によっては近場の人間がヤバかったりしますので。
それにしても今回の事件って、どうして知的障害のある人間を一人にさせたのかが問題。隔離しろとは言わないし自由行動もありだけど、管理人というか付き添い人を付けないとダメでしょう。

スケープゴートの話に戻ると、今回のような福祉が関係する不祥事が起きると福祉に従事している人ってどこかしら言い訳付けて自己保身に走る体質があるから、偏向報道は福祉従事者にとっては案外嬉しかったりするのかもしれませんね。マスコミと同じで。

2014-09-25(01:53) : MASAYA URL : 編集

家宅捜索の際に、犯行の原因になったものを探すとテレビで言ってましたから、スケープゴートする気満々だと思います。

2014-09-25(21:37) : コール URL : 編集


いつになったら不毛な属性叩きはなくなるのでしょう。

2014-09-25(02:50) : URL : 編集


当事者が率先して声を上げなければ差別は無くなりません。上手い言い方は出来ませんが犯罪者が障害者だと場合腫れ物に触るような扱いをされます。これは障害を持つ人達が「不当な差別は許さん」と声を上げて社会的地位を勝ち取ったからです。しかし、残念ながら漫画・アニメ・ゲーム等に携わる人達はそうした活動から逃げてきました。必然的にそれらを愛好するヲタク達も差別的な扱いを受けます。この状況を打開するには組織力や広報力を活かして戦わなければなりません。

この手の事件の報道を見る度につくづくいやだなと思うのは、度が過ぎる厳罰化を求める人がいることです。
いや、罪を重くすること自体は一理あるとは思いますし、世間が犯人の極刑を求めるのも普通ですよ。しかし事件となんの関係のない第3者が、「加害者に人権はない!」とかいったりするのは正しくないです。もちろん殺人犯の人権が制限されるのは当然ではありますが。だからって残虐な拷問とかをやっていいわけはありません。

ネットを見てると、犯人を「公開処刑しろ」だの「サメに食わせろ」だとか、冗談でもいっていいことと悪いことの区別もつかない人もけっこういます。しかも本気でいっているやつもいますし。

先にいったように厳罰化自体は一理あると思います。しかし、そうした分犯人が刑罰を恐れ自首をしなくなったり、あるいは証拠隠滅のために死体を隠すようになる可能性も否定できません。犯罪心理学者などがそれを指摘しています。
やはり慎重に検討を重ねる必要があるでしょう。

2014-09-26(19:48) : 12434 URL : 編集


人は誰しも正義の味方になりたいですし自分だけは犯罪者と違うと思い込みたいものです。しかし、第三者が行き過ぎた正義感を振りかざす風潮は極めて危険です。特に現政権の様にルール無用の政党が与党の場合は気を付けなければいけません。此方の予想の遥か斜め上を行くルール作りが平然とまかり通ってしまいますからね・・・。改正児ポ法がいい例です。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

猫は規制のしようがありません。
この時僕は遠隔操作問題の片山受刑者を思い出す珍事が起きました。
猫好き=犯罪者という報道が再来しました。

2014-09-27 15:11 from ダッフィー

今日の朝日夕刊
JKビジネスを一面で取り上げてました。

2014-09-27 20:08 from -

内容はまあ、普通に労基違反のJKビジネスの事だろうけど、朝日はこういった事になると慰安婦の記事みたいな事をやります。朝日に限った事ではないかな。
それと、何の出来事の事なのかは忘れましたが、慰安婦と吉田調書以外の事でまた誤報をやったみたいですよ、朝日は。
次いでに、週刊現代に「産経・毎日・読売の誤報を大研究」みたいな記事がありました。
これらのマスゴミも朝日と同じく誤報をやっているのでまあ遅かれ早かれ出てくる記事ですね。
しかしながら今の朝日以外のマスゴミは自分達の汚物を隠したいがために躍起になって朝日誤報を報道している姿は、失笑且つ痛々しさしか伝わらないです。

2014-09-27 22:57 from MASAYA

No title

このような記事を見つけました。
<社説> テロ資産凍結法案 国民的理解を得られるか
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-232108-storytopic-11.html 
政府は国内でテロ行為に関与する恐れのある人物らを対象に、資産を凍結する新法案を臨時国会に提出する方向で調整に入った。
 国際テロ組織「アルカイダ」を資金力で上回るとされる過激派組織「イスラム国」の台頭など、世界はいまだテロの脅威にさらされている。
 テロの根絶に国際社会が一致協力して取り組むことは当然である。日本も2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国内のテロ対策を充実・強化する必要に迫られている。
 だが「テロとの戦い」を錦の御旗にすれば、何をやってもいいということにはならない。
 新法案は、国内の過激な活動家らが国連安全保障理事会決議に基づいてテロリストに指定された場合に適用対象とすることを想定している。指定された団体・個人への送金は許可制とすることで実質的に資産を凍結する。
 形式的には安保理決議による指定を想定するが、実質的には日本の捜査当局などが指定に向けた資料を作成することが予想される。
 「テロ行為に関与する恐れ」などの構成要件は曖昧であり、捜査当局によっていかようにも解釈できる余地がある。政府などの意に沿わない市民活動や組合活動などにも拡大解釈される恐れがある。
 厳格さを欠いた法案が果たして国民的な理解を得られるだろうか。
 国連で00年11月に採択された「国際組織犯罪防止条約」に日本は同年12月に署名した。条約加入にはテロ資金を断ち切る法制に加え、共謀罪の新設が前提となる。日本はいずれも不備があると指摘され、署名から14年近くたつが条約加入には至っていない。
 条約加入を実現したい政府はテロ資産凍結法案に続き、今回は見送った共謀罪の新設を今後目指すことは確実である。
 共謀罪を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案は3回廃案になっている。その背景には殺人などの重要犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となることへの国民の根強い反発がある。
 共謀罪が広範に適用されれば、国家による市民監視につながる恐れがある。犯罪が実行に移されて処罰するとの刑事法体系の原則からも逸脱する。
 テロ資産凍結法案と共謀罪は罪なき市民が巻き込まれる危険性をはらんでいる。国際社会の要請とはいえ、慎重にならざるを得ない。

2014-09-28 19:15 from (sic) | Edit

No title

「戦争を支持している連中が映画の暴力表現に文句を言うなんて信じられない」(イーライ・ロス氏/映画監督)
http://togetter.com/li/721086

2014-09-28 19:32 from W-B

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014092502000152.html
TPPに対する違憲訴訟の準備会についてです。それにしても今月の18日に、これの呼び掛け人の一人である経済学者の宇沢弘文先生が亡くなられたのは、本当に残念でなりません。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

2014-09-28 20:29 from 12434

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.