FC2ブログ

「通信の秘密」解釈緩和…総務省転換

表現規制ニュース

「通信の秘密」解釈緩和…総務省転換
http://www.yomiuri.co.jp/it/security/snews/20140813-OYT8T50119.html
[ 2014年08月13日 15時09分]


総務省が長年守ってきた「通信の秘密」について、解釈の緩和に乗り出している。サイバー攻撃が大きな社会的脅威となる中、これまで「通信の秘密の侵害」に当たるとして見送られてきた不正通信の遮断や通信先の確認などを認めたのだ。インターネット時代に即した見直しとして歓迎される一方、憲法が保障する大切な権利だけに慎重さを求める声もある。

接続先確認、約款明記で可能に

■厳格さが足かせ

「目の前に人が倒れているのに、手足を縛られ、ただ眺めているようだった」

ネット接続事業を行うプロバイダーの幹部はこう振り返る。昨春、米連邦捜査局(FBI)が、犯罪グループの運用する不正サーバーを摘発した時のことだ。

サーバーに残っていた通信履歴から、ウイルス感染で遠隔操作されていたパソコンのIPアドレス(ネット上の住所)が判明した。アドレスがあれば、プロバイダーにはそのパソコン利用者が誰か分かる。情報は各国に提供されたが、日本のプロバイダーはほとんど対応できなかったという。「利用者のIPアドレスを見るのは通信の秘密の侵害だから」(幹部)だ。

日本の通信の秘密の考え方は厳格だとされる。保護対象は、利用者間で交わされる文言などの内容だけでなく、通信の日時や場所、通信先のIPアドレスやポート番号(補助的なアドレス)なども含まれる。

プロバイダーが顧客のメールを送るにも宛先を見なければ仕事にならないが、それさえ通信の秘密の侵害に当たり、「正当業務行為として違法性が阻却される」との解釈で許されている。ましてや事業者が自らの判断でサイバー攻撃の被害者を捜し出すのは「法的リスクが高すぎる行為」(幹部)としてためらわれてきた。

だが、サイバー攻撃が巧妙化する中、ウイルス対策ソフトなど端末ごとの対策だけでは限界があり、「通信網でできること」に期待は高まっている。「今は『家』単位で守っているようなもの。犯罪者や不審者がうろつく『道路』をパトロールすることで守れるものは多いはず」とセキュリティー関係者は言う。

こうした中、政府は昨年6月、「サイバーセキュリティ戦略」に「通信解析の可能性など、通信の秘密に配慮した関連制度の柔軟な運用の在り方を検討する」との一文を盛り込んだ。総務省も昨年11月、サイバー攻撃対処に関する研究会を設置。今年4月に「第1次」の検討結果を取りまとめ、これを受けて先月末、業界団体の関係ガイドラインが改定された。実施に法令の改正は不要だ。

■個別同意不要

今回見直されたのは四つの事例(右下表参照)。

特に注目されたのが、ウイルス感染防止のためにプロバイダーが顧客の通信をチェックする行為を約款による包括的な同意で行えるようにした点だ。

実は昨秋から、閲覧者をウイルス感染させる悪性サイトをリスト化し、アクセスしようとした客のパソコン画面にプロバイダーが警告を出すという取り組みがスタートしていたが、利用はほとんど広がらなかった。通信先を見る行為は通信の秘密の侵害に当たるため、従来の解釈では「利用者の個別同意が必要」となっていたからだ。「客に説明のメールを送っても、反応はほぼ皆無だった」という関係者は、「今後は約款で説明すれば適用できる」と今回の措置を歓迎する。

冒頭で紹介したような、不正サーバーの履歴からウイルス感染者を割り出す行為についても「緊急避難」の措置として認められた。昨年から猛威をふるっている新手の攻撃「DNSアンプ攻撃」も対処可能になった。攻撃に使われる通信には、特定のポート番号に接続しようとするなどの特徴があり、これらの通信を遮断すれば簡単に予防することができる。

サイバー攻撃対策、拡大解釈に懸念も

■電話時代のまま

サイバー攻撃を巡ってはこれまでも、大量の通信を送りつけるDDoSディードス攻撃に対し通信遮断を可能とする業界団体のガイドラインがでているが、総務省主体で通信の秘密の解釈整理に乗り出したのは初めてだ。

総務省では近く第2次取りまとめ作業に入る予定で、昨年、「インターネット時代の通信の秘密」の研究報告書を出した情報セキュリティ大学院大学の田川義博客員研究員は「風穴があいた」と期待する。

田川氏によると、欧米では日本と異なり、「通信内容」とIPアドレスや通信量などの「それ以外の情報」は区分され、「それ以外」については比較的緩やかに運用されているという。田川氏は「日本の電気通信事業法はまだ電話が主流だった1984年に作られ、基本理念はほぼそのまま。様々な攻撃が発生するネット時代に対応できていない」と見直しを訴える。だが、「通信内容以外」の規制緩和にも慎重な見方はある。元CIA職員の暴露で、米国家安全保障局(NSA)が送受信者や日時、頻度などを収集して批判されたことでも分かる。政府は「通信内容ではなくメタデータ(データについてのデータ)」と釈明したが、膨大な情報の収集分析が容易な現代、メタデータは通信内容以上にプライバシーの脅威になり得るのだ。

「対象が歯止めなく広がらないよう注意すべきだ」と指摘するのは総務省の研究会のメンバーでもある森亮二弁護士だ。研究会の直後、総務省はスマートフォンなどの位置情報についても包括同意での活用を認めた。「包括同意を認めるには、消費者が通常同意するような内容であることが条件。サイバー攻撃への対応はこれに当たるが、広告などのビジネスに通信の秘密を利用することは必ずしもそうといえない。解釈が不当に拡大しないよう検討が望まれる」としている。(編集委員 若江雅子)

【通信の秘密】

憲法で保障された基本的人権の一つ。公権力による侵害ばかりでなく、電気通信事業法では電話会社やインターネットサービスプロバイダーなどの電気通信事業者による侵害も厳しく規制し、3年以下の懲役または200万円以下の罰金を科している。


インターネット規制では比較的良識的だった総務省が「通信の秘密」の解釈緩和に乗り出しました。インターネットが爆発的に普及してサイバー攻撃を初めとする様々な脅威にさらされているのは事実です。解釈緩和も理解できる部分はありますが「厳格さが足かせ」という発想はキ○ガイ沙汰と言えます。日本版金盾もそう遠くない未来に現実の物になりそうです。

これは一言で言えば「インターネットも電話もすべて監視します」という意味です。森亮二弁護士の仰る通りで憲法(法律)を厳格に運用しなければならない理由は「一度でも例外を認めれば歯止めが効かなくなる」からです。これは集団的自衛権や児童ポルノ規制にも通じる問題で諸外国では実際にそうした事態になっています。

改正ではなく「解釈変更」で憲法を有名無実なものにしていく政府に恐怖を感じます。特異な例で多数の事を犠牲するやり方は本当に悪質です。多くの国民はこの恐ろしさに気付いていません。個人情報保護法との兼ね合いもあるので実際はかなり難しいでしょうがルールを守らない政党が与党なので抵抗しないと危険です。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2014/08/23 16:21
    https://twitter.com/MxIxTxBx/status/503033245840048129
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    漫画やゲームなどの暴力表現や性表現までをも「ヘイトスピーチ規制」で取り締まる事を要望している勢力が、非実在青少年問題や児童ポルノ法問題の際にも2次元規制の為の政治運動を展開していた事は憶えておいた方が良いと思います。
    http://togetter.com/li/105442
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    ◆漫画やアニメの子どもポルノの方がユダヤ人や黒人を人間以下の虫けらとして描き出すプロパガンダよりもはるかに有害
    http://d.hatena.ne.jp/mxixtxbx/20130228
    ヘイトスピーチ規制を漫画やアニメなどの性表現にまで適用するように訴えている活動家達の"思想"が良く分かると思います。
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    ◆ヘイトスピーチを新しい法律で規制すべきか?弁護士13人の「賛否両論」
    http://blogos.com/article/92594/
    「根深い差別意識は先進的な内容の法律で改革していくしかありません。他方、残念ながら警察に差別問題を取り締まらせる事は現状ではあまりに危険です」(大貫憲介弁護士)
    >ヘイトスピーチを新しい法律で規制すべきか?
    他の弁護士の意見の中には既存の法律(侮辱罪、名誉毀損罪、業務妨害罪など)でも可能という意見もでております。
  • 特定秘密保護法案に対するパブコメは、本日が締切です。
    2014/08/24 15:53
     提出しようとして忘れていた方は、提出をよろしくお願い申し上げます。
    http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2657.html
  • パブコメなんとか…
    2014/08/25 00:55
    オルタ様へ~。自分も昨日気がついた特定秘密保護法のパブコメです。
    やっと先程出しました。ふぅ。
    何しろ国民の知る権利をサッパリ考慮してないように思えるこの法律、「適性評価」とやらも特定秘密を扱う本人のみならず同居の家族親族にも及ぶ等あまり国民のプライバシーに配慮も見られないように思え…色々問題を感じます。
    三本もあって、とにかく「適性評価」の一本しか書けなかったけれど、つたない内容だけど、送らないよりは送った方が、と。
    なお私事で恐縮ですが、先月実家の父が倒れ、バタバタしておりました。幸い手術がうまく行き無事退院の運び、ホッとしています。
    80代の老父、正直いつ何があってもおかしくないのですが、戦中の恐ろしい時代の生き証人です。当人も「かくなる上は少しでも長生きして間違っていたあの時代の体験を伝える気まんまん」みたいです。国民にろくに正確な情報も知らされなかった酷い時代に逆行は勘弁! と、自分も父の体験を聞いて思い新たにしました。
  • 2014/08/25 01:57
    ヘイトスピーチ規制法も注意だが、男女共同△も注意。市区町村レベルでも注意したほうがいいらしい。
  • No title
    2014/08/25 09:42
    赤松健 ‏@KenAkamatsu
    漫画・アニメの表現規制に関しては、先日可決した「児ポ法改正案」からは何とか削除してもらうことが出来ました(かなり袋叩き状態でしたが)。次の舞台は、秋の臨時国会で審議されるかもしれない「青少年健全育成基本法」です。しかし「児ポ法改正案」の時と違って、非常にやり易さを感じます。(続)
    乗合自転車 ‏@buscycle
    @KenAkamatsu ヘイトスピーチ規制が表現規制に利用されるのではないかという懸念がありますが、これについてお考えがございましたら、ぜひ。
    赤松健‏ @KenAkamatsu
    というのも、「児童ポルノ」という言葉が無くなったからです。これは非常にセンシティブな言葉でして、議員さんや秘書さんに説明するときに「児童ポルノ」という言葉が出てくると、もうそれだけで皆さん身構えてしまう(=表現規制に反対するのに勇気が要る)のです。(続)
    赤松健 ‏@KenAkamatsu
    また、例えば高橋みほ議員(維新)は、漫画アニメが児童虐待を誘発する可能性について、「因果関係がそれほどはっきりしないものであっても、かなりその因果関係が濃厚であるという疑いがある場合は、やはり何らかの規制をかけていく必要性があるのではないか」と国会でおっしゃっておりました。(続)
    魔訶不思議(新刊「ちびっち」発売中!) ‏@maka_fusigi
    ひどい話ですね。こういう連中って人権派を名乗ってえん罪禁止とか普段言ってるのに、自分で冤罪作ってる。 RT @KenAkamatsu
    赤松健 ‏@KenAkamatsu
    @maka_fusigi 「児童を守るためなら、ある程度の冤罪は仕方が無い」という論法さえ、恐らく国民が認めてしまうのでは。それほどのマジックワードだったんですよ。(^^;)
    赤松健 ‏@KenAkamatsu
    「児童ポルノ」という言葉さえ付ければ、こんな極端な説も「正義」として通りやすいのです。今回からこの言葉が無くなったたけで、実は非常に説明しやすいし、議員先生方も相当リラックスして理性的に判断して下さるのでは、と期待しております。
    赤松健 ‏@KenAkamatsu
    海外の出版研究者の方や留学生さんから、日本の表現規制に関するインタビュー依頼が3件も来てるんですけど、何か世界大会でもあるのか?(^^;)
  • No title
    2014/08/25 18:57
    >◆AERA    [9月1日号]   2014年8月25日(月曜日)更新
    >子どもを犯罪者にしない-大人にはきっと、「できること」がある(1)
    >◆教育評論家・水谷修、夜回り先生、犯罪、ネガティブ思考(2014/09/01), 頁:60
    >子どもを犯罪者にしない-大人にはきっと、「できること」がある(2)
    >◆精神科医・杉本研二、医療少年院、花まる学習会・高濱正伸(2014/09/01), 頁:62
    本誌が本誌なので、責任転嫁の大合唱になるかと思いきや、比較的マトモです。
    しかし子ども個人と親が向かい合いなさいという中、渡辺真由子氏一人だけ強力効果論を持ち出してます。
    しかし、禁止は無意味、メディアやツールを親が共に視聴利用すべしと言っています。改心か。カナダ産言論統制をメディアリテラシーとラベル貼り替え輸入は、本当に日本社会のメディアリテラシーが向上してしまい、偽装詐欺とバレ始めてからなのか・・・。
  • 2014/08/25 20:24
    廣田氏によると
    9月1日にTVタックルに土屋議員が漫画批判で出演するようです。
  • 告知
    2014/08/25 23:18
    8月下旬に2度も体温39度越えして、改めて反対活動に大事なのは 健康 だと痛感した今月下旬w(反対活動にのめりこんで体壊したわけじゃないですよw)
    んで本日から1週間
    ラジオは(´・ω・)っスペシャルウィークc(・ω・`)
    メール送って番組援護お願いします。(各番組プレゼント有り)
    ちなみに、久々にチキさんの番組にメール送ったら、缶バッチ当たったww
    今週日曜には隔月番組TBSラジオlifeあります。
  • No title
    2014/08/25 23:59
    >9月1日にTVタックルに土屋議員が漫画批判で出演するようです。
    深夜枠に入ってからは収録(録画)放送のようですので、収録自体はすでに終わっているかも。
  • 2014/08/26 02:30
    EVA、深夜なのに規制か。年々自主規制がどんどん進んできた証拠か。
  • No title
    2014/08/26 09:22
    スマホもゲームも学力低下の原因というけど
    罪をなすりつけられてまでやめる気はないんで
  • No title
    2014/08/26 19:11
    自民党HPより。具体的な内容はわかりませんが、現時点ではヒアリング中心のようですね。
    2014年08月28日(木)
    ◆政調、ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム
    10時(約1時間) 704
    議題:
    1.国連人種差別撤廃委員会の対日審査について外務省よりヒアリング
    2.国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律について警察庁よりヒアリング
  • 2014/08/26 20:33
    土屋議員とは土屋たかゆき議員のことですよね?
    あの人は確か、例の「大日本帝国憲法復活請願」を訴えた連中の一人です。
    http://lunaticprophet.org/archives/13267?view=co_list&kp=2&pcview=true
    本気でそう思っている上で漫画叩きなんかしているなら、余程この人は国民の権利と自由が嫌いなんでしょうね。
    こういう人は、ご自身が願った通りに明治憲法に戻って自分に都合が悪い政権ができて不利益を被らないと、自らの愚かさが理解できないわけだ。その辺のネトウヨがそういうバカなことをいうならともかく、政治家でそれと同レベルのやつがいるからイヤになる。
    だいたい国民主権がそんなに嫌なら、仮に天皇陛下がマンガを叩くのはやめろといったら金輪際マンガを批判するなといいたい。あんたは日本の国民じゃなくて臣民になりたいのだからな。
  • No title
    2014/08/26 21:00
    12434様
    >土屋議員とは土屋たかゆき議員のことですよね?
    自民党の土屋正忠(まさただ)議員の事です。
  • 2014/08/26 21:29
    >W-B様
    別人でしたか。ちなみに土屋たかゆき氏もチャンネル桜とかで随分マンガ叩きをやってましたが。
  • 2014/08/26 22:12
    >2:30の名無しさん。
    EVA、深夜なのに規制か。年々自主規制がどんどん進んできた証拠か。
    いや、例のカットされたあのシーンは当時でも「やりすぎだ。」や「庵野は何がしたいんだ。」と批判されていたようです。
    また作品の途中で実写のシーンがありますが、あれは庵野氏による「オタクは現実に帰れ。」との意味らしいですが、アニメーターって、やたらとオタク憎しとばかりに絶対に認めずに「オタクは○○しろ(もしくはするな)。」と主張しますが、悪質なファンに「とっとと新作作れよ糞監督。」や「(ギャラが低いから)新しい才能と人材がイチャモンつけられて、なかなか発揮できないから早く失せろ老害!」とでも言われてるのですかね?
    ちなみに庵野氏は特撮オタクで有名らしいです。
  • No title
    2014/08/26 23:55
    https://twitter.com/MxIxTxBx/status/504151726237024256
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    旧エヴァ劇場版の暴力描写や性描写が丸々カットされて放映された事が大きな話題に。自粛レベルでこの有様なのに、中曽根弘文議員らが「成立するまで何度でも提出する」としている青少年健全育成基本法が可決すれば一体どうなるのか、言を待ちません。
    http://matome.naver.jp/odai/2140901405245611401
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    漫画やアニメなどに法の網をかける『青少年健全育成基本法』を推進している馳浩議員の発言。
    「"有害情報に触れるほど非行に走る"という因果関係の科学的証明は不要」
    「"表現の自由"の保護の程度が劣る表現を規制する事は憲法上許される」
    http://d.hatena.ne.jp/mxixtxbx/20130105
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    TV露出が多い山本一太議員(自民)も漫画やアニメの法的規制を推進している1人。
    ◆「青少年健全育成基本法は義家弘介・上野通子コンビで実現して欲しい!政審会長として全力で応援する!!」
    http://ichita.blog.so-net.ne.jp/2011-08-04-5
  • No title
    2014/08/26 23:56
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    ◆青少年に有害なものは作ったり売ったりしたらダメとの法案です・・・青少年有害社会環境対策基本法案
    http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_seikanhou.htm
    青少年健全育成基本法(青健法)のたたき台となったのがコレ。その内容は「官民あげて有害図書を封じ込める」というもの。勿論、罰則有り。
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    青少年健全育成基本法案の叩き台を作った小山孝雄元議員(自民)は、汚職事件で逮捕されて実刑判決を受けました。ちなみに青健法以外にも「道徳教育省」というディストピア映画に出てくる様な行政機関の新設も目指していました、この人w
    http://goo.gl/jSwpkU
    漫画・アニメ・ゲーム・映画の表現規制問題 @MxIxTxBx
    青少年健全育成基本法の旧案には"青少年に有害"な漫画やアニメなどを検閲する「青少年有害社会環境対策センター」の創設が盛り込まれていました。田中康夫氏(作家、元衆院議員)は同センターが警察官僚の天下り先になる可能性を指摘されています。
    http://togetter.com/li/70722
  • No title
    2014/08/27 00:04
    W-Bさん
    >山本一太議員(自民)
    違法ダウンロード処罰化について慎重派でジャスラックの族議員と化してる馳浩議員の主導案に否定的でしたね。
    児ポ法改悪か青少年健全育成基本法については慎重派だったかと記憶していますが、たしか支持者から突っ込まれて調べてみると言っていたとか。ソース失念。
    しかし三年前の発言ですが、これを見ると積極賛成派か?
    ヤンキー(現役)義家弘介議員なんぞにコロッと騙されているとかイタ過ぎですよ山本議員・・・。あれは「損得抜きで動く」じゃなくて「感情で動く」です・・・。
    人権侵害救済法案には反対派でしたが、ヘイトスピーチと看板を横文字に付け替えただけの詐欺にはどうするのか気に成ります。
  • No title
    2014/08/27 00:14
    東京五輪やストーカーに対応 警察官3千人増員要求へ 警察庁
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140826/crm14082612530010-n1.htm
    まともに犯罪捜査に精を出してくれれば良いが、
    人手が増えたからってんで表現規制の方にも、
    力を入れないで欲しいものだ。
  • 2014/08/27 00:39
    某やらにも上がっているから詳しくはそっちをみるといい。
    1997から2014で深夜でさえ表現がここまで規制されていることに危機感持つべき。一旦失った表現をとりもどすのはとても難しく不可能に近いということを。
  • No title
    2014/08/27 11:15
    一昨日の青少年、治安対策本部のツイッターで
    なんかこんなもんがありましたよ
    第30期東京都青少年問題協議会の委員を募集中
    http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_30ki_koubo.html
コメント投稿

トラックバック