FC2ブログ

稲田朋美・内閣府特命担当大臣定例会見「表現の自由といえども無制限というわけではない」(2013年5月14日) - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

稲田朋美・内閣府特命担当大臣定例会見「表現の自由といえども無制限というわけではない」(2013年5月14日)

稲田朋美・内閣府特命担当大臣定例会見「表現の自由といえども無制限というわけではない」(2013年5月14日)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw613451
[ガジェット通信:記事一覧 2013年5月14日(火)16時45分配信]


2013年5月7日8時45分頃より中央合同庁舎第4号館で開かれた稲田朋美内閣府特命担当大臣の記者会見で、児童ポルノ禁止法に関連する質問をすることができました。ここではその部分を抜粋して紹介します。

※詳細な大臣発言・質問・議事録は、内閣府ホームページにてご確認下さい。

●児童ポルノ禁止法改正法案に関する質問(抜粋)

――児童ポルノ禁止法改正法案が現在審議中かと思います。8日の(参院)予算委員会でみんなの党の山田太郎議員が漫画・アニメの規制につながらないかという質問をされていましたが、特にネットや若い層が自主規制や萎縮する空気が広がらないか心配する声がたくさん上がっています。大臣は以前より熱心に取り組んでいらっしゃっいますので、ご見解を改めてお聞かせ頂ければと思います。

稲田大臣:これについても所管外なのでコメントいたしませんけれども、表現の自由というのは非常に憲法上のたいへん重要な権利だと認識しておりますが、表現の自由といえども全て無制限というわけではないというふうにも思います。

●表現規制推進派がクールジャパン担当の是非は?

もともと児童買春や児童虐待への悪影響を懸念する立場から児童ポルノ法改正案を国会に提出するなど継続的に活動しており、表現規制推進派と見られることも多い稲田大臣。今回も慎重に言葉を選びつつ、表現の自由には一定の制限があるべきという持論に変化がないことも示されました。

このような経緯から、コンテンツ産業の発展について議論されているクールジャパン推進会議の担当を稲田大臣が務めていることに疑問を呈する声もあるので、改正法案の展開とともに影響があるのか引き続きチェックしていく必要がありそうです。

(著:ふじいりょう)


稲田内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成25年5月7日 - 内閣府
http://www.cao.go.jp/minister/1212_t_inada/kaiken/2013/0507kaiken.html


W-B氏より頂いた情報。稲田朋美の記者会見の様子。まさにクールジャパンの成れの果てという感じですね。こんなガチガチの規制派が担当大臣では苦笑するしかないですよ。文化なんて育つ訳がありません。

児童ポルノ規制に関する質問に「表現の自由といえども全て無制限というわけではないというふうにも思います」と検討違いなコメントをさらっとしてるところを見ると無知と偏見で表現規制に突っ走ってるんだなという印象です。この人に限らず「本当に救済すべき被害者」「保護法益」すら理解してない人が法改正を進めてるのは怖い事だと思います。

これは政治家に対して何度も意見してる事ですがそもそも「児童ポルノ」「表現の自由」の問題ではないんですよ。児童ポルノというのは「児童虐待」「性的搾取」の産物です。そこに表現の自由が入り込む余地はありません。保護法益の異なる創作物規制が論外なのは言うまでもありませんがそれ以前に根本的に定義がおかしいんです。そこを何とかしないと被害に遭った子ども達は救えません。

追記です
>表現の自由といえども無制限というわけではない

だからこそ憲法改正で制限をつけようという魂胆なのでしょうか?。ただ、稲田朋美大臣は当時は改憲草案推進委員会のメンバーではありませんでしたので関わっていませんでしたが、今後関わってくる可能性はあるかもしれませんね。

2013-05-14(19:15) : W-B URL : 編集


稲田朋美は積極的に憲法改正に言及した事は無かった筈ですが反対する事も無いでしょうね。良くも悪くも自民党議員ですので・・・。

規制派は度々「表現の自由といえども無制限ではない」と繰り返してます。高市早苗も同じ様な事を言ってました。しかし「ゾーニング」はすでに「合憲」の判決が出ています。それに性表現ならば「刑法174条」「175条」で取り締まる事が可能です。野放しでも無制限でもないんですよ。


少し前、高市議員の事務所に聞いてみたら今回は二次元規制はしないと言われたという書き込みをみかけたけれども、それってなんなんだったのだろうか?

高市議員サイドが嘘 をついたということなの?

2013-05-12(03:28) : URL : 編集

No title
>2013-05-12(03:28)の方

今回は(影響調査をいれるので)二次元規制しないです。
規制を諦めたのではなく、捏造だろうとデータを用意して規制の理由を作るための時間稼ぎといったところでしょう。

あれだけ規制に熱心な人が、急に考えを変えるとは思えませんので。
あの歳になって、考えが変わること自体考えにくいですしね。
まあ、執行猶予つけたくらいの物ですよ。
これが通ると、そのうち規制は変わりません。

2013-05-12(13:04) : ライト三郎 URL : 編集

No title
>>ライト三郎様

その調査ですが、範囲が「マンガ、アニメ、CG、疑似児童ポルノ(表現児童)など」ですが、この「表現児童ポルノ」ってのが問題らしいです。

っというのも、本来問題視しなければならないのは「疑似児童ポルノ(18歳以下で性行為していない)」なのですが、「表現児童ポルノ(見た目は未成年だけどが成人性行為している)」を調査対象に入れているようです。
当たり前ですが、性行為をしている以上「性的興奮をともなう」のは当たり前ですので、それを「性的興奮との因果関係」を調べると、性的興奮はあるので、規制しやすくなると(まあ、これが狙いでしょうけど)

2013-05-12(15:37) : のなめ URL : 編集

No title
そうだね。だから結局は規制するんだよ。
理由作りに先延ばししただけで。
今回は規制はしないって言葉はまあ、正しいな。
【今回は】ね

2013-05-12(16:11) : ライト三郎 URL : 編集

>ライト三郎様。
確かにあくまで"今回は"になりますが、見方を変えればこちらも打開案や仲間を増やすチャンスではないですか?
先週ですが、なんとか友人の親や地元の人間を味方に付けれましたので。

2013-05-12(21:21) : ラビ URL : 編集


この「今回は対象外」で騙されてる人は多いですよね。都条例改正の時と比べて反対派の「熱気」がまったく感じられないのはこれが原因だと思います。あくまで「今回は」です。次回の改正もしくは新法で確実に規制する為に「調査」する訳ですよ。http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2452.htmlでも御伝えした様に規制派は創作物規制を微塵も諦めていません。

単純所持禁止さえ通してしまえば後は漫画家へのネガキャンも含めてゴリ押しでどうにでもなります。だからこそあえて「今回は対象外」という事で分断工作をしてるんです。それに児ポ法で規制しなくても青健法憲法改正でやればいい訳ですよ。実際に同時進行してますしね。規制派の言葉に騙されない様に要注意です!。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

カンパありがとうございました

圧倒的に資金が足りない中、PayPal経由で
10万円もの金額をカンパしてくださった方がいらっしゃいました。
ありがとうございます。
今回は枚数が少なくて、コストパフォーマンスが悪くても、
必ず配布したいと思います。
なお、明細は、
合計額:  ¥100,000 JPY
手数料:  -¥3,640 JPY
正味金額
PayPalは手数料が痛いですが、大きな力になりました。
これで2万枚配布できます。
私が6万枚分の資金(30万円)を出します。
他にもご協力いただける方は、ぜひよろしくお願い致します。
日本全国に表現規制反対のビラを配るプロジェクトへのカンパはこちらです。

http://www.jafoe.org/
下記のブログのAmazonの広告経由のお買い物でも
ビラ配布の資金になります。よろしくお願い致します。
http://mnoweblog.blog59.fc2.com/

2013-05-18 23:57 from M | Edit

No title

おはようございます、数日ぶりです。久々に休みが取れましたがリアルは今月いっぱいまで忙しいのでしばらくは閲覧のみで済ませそうです。
TPP関連で赤松氏のインタビュー記事を発見しましたのでリンクを。
赤松健氏が危惧するTPPの著作権問題が『FRIDAY』の記事にも登場→http://beatarai.blog90.fc2.com/blog-entry-2825.html
今週号の「FRIDRY」に赤松氏のインタビューが掲載予定。ご本人の3月のブログ更新もリンク内に張られています、気になる方は購入を。

2013-05-20 07:21 from EIYA | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-05-20 09:45 from -

No title

水無月様のおっしゃられるとおりで、創作物のある種表現もアダルトコンテンツの一形態としてそれに準じた扱いは当然受けます。
稲田とか高市とかそのバックにいる連中のあざといところは、児童ポルノみたいな概念を創作物に無理矢理ねじ込んで、通常のアダルトコンテンツを超えた規制を持ち込もうとしているところです。
ですが保護法益ということもあるでしょうし、以前未成年者を出演させたものが児童ポルノであるということを指摘させていただきましたが、たとえば未成年者がOLや看護士を演じても児童ポルノだし、成人が学生を演じても児童ポルノになりません。大人びて見える子供が出演しても児童ポルノですし、子供の身体的特徴を有した成人が出演しても児童ポルノではありません。
未成年者がポルノ類に出演したのが児童ポルノなのであって、児童ポルノは視覚化されるものではありません
出演者がいない創作物が児童ポルノになりようがありません。
さらに現実の人間とあまりにかけ離れた萌え系キャラに至っては規制にどういう合理性があるというのか。
創作物に他のアダルトコンテンツ以上の規制をうけるいわれはまったく存在しないのです。

2013-05-20 21:27 from あめふらしのしっぽ | Edit

No title

皆様ご存知かと思われますが、24日の自民党法務部会で児ポ法が取り扱われる事について、会期末ギリギリに児ポ法改訂をねじ込み、議論も反対もさせないままと押すという見通しがあるようですが…
業界も把握して下さっているのでしょうか?
赤松氏があちこち動いて下さっているようですが、うぐいすリボンのイベントの事も知らなかったとの事ですし…
一応このサイトの事をアンケート葉書で伝えたりもしましたが、少しでも気にかけて下さっているのでしょうか?毎月表現規制問題についても書いているのですが、逆効果になっていないか不安にもなってきました。
てんたま @tentama_go
いよいよ自民から児童ポルノ改正法案が発射される危険が高まってきました・・・5/24の政調、法務部会に「第2次児童ポルノ排除総合対策(案)について」が。高市氏案では創作物規制の要素が明らかになってるだけに展開が気がかり・・ jimin.jp/activity/confe…
民主主義存続の瀬戸際 @hetare120009
24日の自民党法務部会はHPに「8時」と書いてある。いつものパターンでいくと、金曜日は多分法務委員会が開かれるだろう。そこで高市案が打ち上がる可能性は否定出来ない。 #hijitsuzai #非実在
民主主義存続の瀬戸際 @hetare120009
規制反対の最前線に立つ人程絶望的なツイートが目立つようになってしまった。創作物単純所持規制はもはや不可避か。どう運用する気なんだろ。移行期間(自主廃棄期間)を設け、それ以後は垂れ込み→家宅捜索か。自民ならやりかねない。 #hijitsuzai #非実在
兼光ダニエル真 @dankanemitsu
どうも会期末ギリギリに児ポ法改訂をねじ込むつもりに見えてきました。この法案が及ぼす影響についてもっと表立って推進派と反対派の間で議論されるべきなのに「もう議論は充分されましたので、さっさと議決取りましょう」と言わんばかりの日程調整ですね。非常に遺憾に感じます。
ここで民主主義存続の瀬戸際氏の言う「規制反対の最前線に立つ人程絶望的なツイートが目立つようになってしまった」が気になります。
本当に絶望的な状況なのでしょうか?
昨年、悪しき前例を作った事や、自民党がある程度やりたい放題な現状を見ているとそう言えるのかも知れませんが…

2013-05-21 21:18 from 匿名 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.