FC2ブログ

「ザ・シンプソンズ」のエロパロが児童ポルノ? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

「ザ・シンプソンズ」のエロパロが児童ポルノ?

「ザ・シンプソンズ」のエロパロ漫画、児童ポルノとみなされる
世界的人気アニメの18禁同人マンガが児童ポルノであると最高裁が認定、作者に有罪判決

シンプソンズで?、あの絵で児童ポルノなんだ?。
エロパロってことは、シンプソンズで抜けるんだ、すごいですね(笑)。
まあ、日本でもこうしろっていうことか?。
どこかから圧力でもあったんだろうか?。
"リオ宣言案"のように世界の基準に合わせると、こんな絵ですら"児童ポルノ"。
日本でこんな事したらどうなるかは、言うまでもないですね。

児童ポルノ/法改正で世界基準の規制を
とんでもない電波だと思ったら、統一教会系の新聞、世界日報の記事。
またです、また、宗教絡みですよ。
教義上許せないってことか?、反吐が出るな、こういう偽善者達を見てると。
宗教は他人に思想を押し付けて増長するものらしいですけどねぇ。

「子供をわいせつに描いた漫画や女性のヌードの載った雑誌を、電車内で堂々と広げるサラリーマンらの姿をよく見掛けるが、世界的にみれば異常な光景であり、日本の恥である。
これでは、海外からの旅行者に「日本人の性モラルは麻痺まひしている」と言われても、反論できない。
児童ポルノの根絶を考える際、こうした点をどう改善するか、という課題にも取り組む必要がある」


↑こいつ等の"わいせつ"の基準がどの程度か解からんが、水着もポルノって奴等だから、ヤンジャンとかのグラビアも"わいせつ"なんでしょうが。
電車で、ロリエロマンガ読んでる、サラリーマンがそれほどいるのかね?、見たことありますか?。
「日本人の性モラルは麻痺まひしている」なんて、海外に言われる筋合いないんだよ、
それに、日本は児童ポルノ大国呼ばわりされてることや、世界的に見て規制が遅れてるなんて言われるのは、こいつ等の仲間の、マッチポンプのせい。

マジメな話、創作物規制の根拠を社会への影響に置いてるんだったら、
規制している各国と日本の児童への性犯罪発生率とを比較する必要があるんだが、
法を改正する側に、そこまで考えてる人がどれ位いるんだろうか?。
まあ、いないだろうけど肝心の政府与党が、この有様じゃあね。

アマゾンがエロ漫画やエロゲへの倫理規制を強化している にゅーあきばどっとこむ
「伊駒一平さんのエロマンガ「キャスター亜矢子・完全版」はアマゾンで登録が取り消されてしまった。
 日記ではその理由として、アマゾンから二見書房に商品登録取り消し理由の連絡があったことを説明している。
 アマゾンでは「児童ポルノを想起させる商品に加え」て、今後は「法性、残虐、虐待をテーマにした商品、
 または著しく嫌悪感を催すような」アダルト商品の扱いを中止するという。
 その例として「残虐表現、ドラッグ、鬼畜系、食糞、獣姦」が挙げられている。」


↑いわゆる、販売側の自主規制になるんだろうか、この基準だとアダルトは全てダメになる。
間違いなく、児ポ法改悪絡みの二次元規制論の影響ですね。
まさにバガボンドを撤去した時の紀伊国屋状態。

イライラ蓄積中 - banbooの日記
「本を扱う会社だからこそ、表現の自由を守りながら、
 管理すべきこと(子供には買わせない、見せない)をきちんと 実行して欲しかった。
 こうして自分たちだけ健全を気取る安直な流れに走ったことは残念です」


↑関連記事です、自主規制には賛否あるんだけど、私も、この意見には賛成です。
でも、今は販売する側も大人しくしていた方が、いいかもしれませんね、キ○ガイ達の、勢いが強まってきてるんで、あっというまに創作物規制までいくかもしれないし。
アマゾンの場合はシーファー米大使館からの圧力が有った可能性も視野に入れた方が良いかも知れませんね。
っていうか、そろそろ業界も本腰入れて戦えよ、いつまで黙ってる気だ?、アンタ等の出版物で逮捕者が出るんだ、意味理解しろよ!。

伊駒一平のウェブサイト「日記」
↑この件に関しての、ご本人の意見。

荒らしなのか、本気なのか解かりませんし、個人的には他人の書き込みについて何か言うのは好きではない。
別に常識人を気取ってるわけではないですよ。
ですけどねぇ、これほどまでにキ○ガイだとねぇ…。
公明党や森山眞弓とか、児ポ法改悪推進派団体は、
本気でこんな考えですからね。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1228717113/355

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.