FC2ブログ

【イベント情報】【パブコメ】サイバー犯罪と刑事捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~+α - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【イベント情報】【パブコメ】サイバー犯罪と刑事捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~+α

【日々是好日】[セミナー・シンポ]サイバー犯罪と刑事捜査を考える 児童ポルノ単純所持規制の論点
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20130124


上記のような講演会に、講師として出ることになりました。単純所持まで取締りの対象になった場合、対象がかなり広範囲に及ぶだけに、過剰な取締り、捜査権力の濫用など、様々な弊害も発生する可能性があります。反警察、反権力といったスローガン的な見方ではなく、現行の実務の現状を踏まえた場合、何が起き得るのか、ということを、冷静に検討しておく意味はあるでしょう。そういう観点で、準備してお話したいと考えています。


うぐいすリボン主催の院内勉強会。以前御紹介した「サイバー犯罪と刑事捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~」は2月20日(水)開催。地元議員への周知を含めて是非。特に自公議員はひとりでも味方に引き込みたいので秘書の方でも参加してくれる様にロビイングしてみてください。申し込み終了間近なので御早めに御願いします。

■情報源:てんたま氏(http://twitter.com/tentama_go)

てんたま ?@tentama_go
道交法改正案のパブコメ開始。自転車の右側通行禁止や、運転に支障のでる病状(てんかん、アル中、躁鬱など)の申告義務化と免停、無免許運転とほう助行為の罰則強化と設立など。2月28日までです http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=120130004&OBJCD=&GROUP=


道交法改正案のパブコメ募集中。締め切りは2月28日(木)までです。個人的に自転車の法規制強化はかなり危険だと思うので内容をしっかり読んで御協力を御願いします。右側通行禁止は想像以上にややこしい問題なので警察が好き勝手やる可能性が高いので注意。罰則付となればかなり危険です。

■情報源:福井健策氏(https://twitter.com/fukuikensaku)

福井健策 FUKUI, Kensaku ?@fukuikensaku
はい、出ます^^ "@hideharus: 福井健策弁護士(@fukuikensaku)が出演/クローズアップ現代「パロディは文化?それとも違法?~問われる社会の“懐の深さ”~」 http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3312 ※2月19日(火)19:30~@NHK総合"


2月19日(火)のクローズアップ現代。福井健策弁護士が出演「パロディは文化?それとも違法?~問われる社会の“懐の深さ”~」と題して放送。同人文化のネガキャンになる可能性もあるので御覧になれる方は見てみてください。福井弁護士がメインなので心配ないと思いますがテレビはどんな編集をされるか分かりませんので・・・。


No title
【農業が終わる!】
食料自給率なんて元々終わってる。
これまでお荷物でしかなかった農業が世界で稼ぎ、国益に資する。そんな「攻めの農業」に転換するチャンスだ。

【医療が終わる!】
政府は「国民皆保険は守る」と言っている。逆に守れなければ国民も一気に反対に回る。
日本離脱を恐れるアメリカは要求自体、撤回。とまあ、こんな公算だね。

【金融が終わる!】
日本の莫大な個人資産がアメリカの金融機関に流れるって話かな? 個人の勝手だな。
ハゲタカはハゲタカで良いところもあるし。かつて堀江や村上を賞賛した2ちゃんねらーが今さら何を言うのだと。

【失業者が増える!】
製造業の海外移転はTPPと無関係。TPP不参加なら国内に留まってくれると? むしろ逆なんじゃ…

【安い労働力が入ってくる!】
日本は島国。「どこでもドア」があるならともかく、毎朝、船や飛行機で出勤するわけにはいかない。
そして日本に住んでいる外国人なら日本人とほぼ同じ条件ではないか? 安くないよ。

【ISD条項 危険!危険!】
不当なことをしてる国を訴えて賠償請求できるシステムって日本企業にもメリットがあると思うんだがね…。
それはともかく、自民党の公約には「ISD条項に反対」と書いてあるんだから、交渉を見守るべし。

【TPP参加でも輸出なんか伸ばせない!】
不参加よりはいくらか伸びる。円安も一服してきたし、そろそろ次の手だ。成長戦略はアベノミクスで最も大事な「矢」。

【TPPでデフレ加速!】
ならば自由貿易を推進している国は全部デフレになってないとおかしい。

【日米FTAでいいだろうが!】
1対1では日本はアメリカに勝てない。しかし、TPPならアメリカ様ルールを嫌がる国と共闘可能。

2013-02-18(13:53) : URL : 編集


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2389.htmlの追記。都条例改正の時と同じくお馬鹿な論破房が湧いてる模様。自民党が賛成寄りになった途端これですよ(苦笑)。TPPで国益を守る為には参加国と「交渉」しなければならない。他国と交渉する以上100%日本の要求を通す事はできません。何処かで「妥協」が必要。まずは「米国」を納得させその後すべての参加国が納得する形にするのです。それができなければ交渉決裂。しかしわざわざ世論操作を始めたという事は政府は「TPP批准」を前提にしてるという事なので交渉決裂はまずありえないと判断すべきです。交渉を見守るべきではなく「交渉参加を阻止」するしかなかったんです。

それ以前に上記の書き込みの様な戯言に騙されるのは知識の無い人だけです。憲法改正もそうですが専門家が危惧してる以上素人が好き勝手な解釈をしても無意味。例えば自民党が「国民皆保険は守る」と約束してもそれが守られる保証はありません。仮に交渉して米国に負ければそうなる訳なのでこの件に関しては反対派が正しい。自民党ならば心配ないと思い込みたい人は勝手に自民党と心中すればいいのですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

<<TPP
以前このような(参加してもなんとかなるみたいな)ことを言っていたのですが、予想以上の自民党のアメポチぷりにはほとほと呆れてしまいます。まあ、わからなかったからほざいていたわけですが・・・
<<うぐいすりぼんイベント
地方民ですが、参加してみようかと思います。費用は掛かりますが・・・・それと服装ってスーツが無難ですかね?
それと、何か最低限調べておくべきことってありますか?

2013-02-18 20:31 from のなめ

No title

>のなめ様
詳しい事はここに載っております。
http://kokucheese.com/event/index/69491/
服装については場所が参議院議員会館・講堂であるのでスーツといったきちんとした格好でないと駄目との事です。

2013-02-18 20:51 from 匿名 | Edit

No title

>道路交通法改正
(自転車の通行に関する部分のみ引用)
(3)自転車の通行方法に関する規定整備
軽車両の路側帯通行を、道路の左側部分に設けられた路側帯に限ることとします。
《参考》
自転車を含む軽車両については、道路交通法第17条の2により路側帯を通行することができますが、路側帯における通行方法については車道における通行方法のように道路の左側端を通行することとされていないことから、現状、路側帯においては双方向の通行ができることとなっています。
しかしながら、路側帯における双方向の通行には、路側帯における自転車同士の正面衝突・すれ違い時の接触事故等を引き起こす危険性があります。
そこで、軽車両は、道路の左側部分に設けられた路側帯に限り通行できることとします。
(引用終了)
これを読む限り、今回の改正内容には危険性はないと思います。別に歩道も左側のみを走れと書いてあるわけではないですし。罰則規定もないようですし。(見落としていたらすみません)
とりあえず、変な方向にいかないようにコメントは送るつもりです。

2013-02-18 21:01 from (sic) | Edit

No title

2013-02-18(20:51) :匿名様
情報ありがとうございます。
とりあえずスーツを着ていきます。

2013-02-18 21:32 from のなめ

(´・ω・`)先週はインフルでダウン

今週からラジオは スペシャルウィーク(´・ω・`)b デイキャッチなどメールするだけでプレゼント当たります☆ んで特にTPP反対派の金曜宮台さんへの援護をw
上記の2013-02-18(13:53) 氏
知財スルーの時点でにわかすぎるww てのも宮台さんの読みでは 米国が本当にTPPで通したい(日本に)のは著作権関連とのこと。
農業はかませ犬 ようは 米国まず農業要求→日本断る→米国じゃぁ農業の変わりに知財関連おね→日本農業守れるなら→交渉成立 がいまんとこの予想
んで日本のまずいとこの部分に、弁護士の数は飽和状態なのに、著作権関連に強い弁護士が不足してる現状が・・・。
まぁ未来がどうあれ粛々とやってくだけでしょう
あとリスナーのメール読みブログで返答した事のある ニッポン放送 そこまで言うか の木曜青山繁晴氏へのTPP関連のメール送ってみるのもアリかと。
(この人のTPPスタンスはイマイチ不明 ただ安倍総理と親しいし評価してるものの苦言は自民党に呈するのでまぁ聞ける方は是非)
一応青山さん自分が調べた限り 最初やや賛成から今はやや反対(TPP疑問視)派と フーの見解です←あくまで自分が調べた限りなんでツッコミどころあったらお願いします。
余談 宮台さんも最初TPPやむなし派→調べるウチにTPPとんでもない!で今は強硬な反対派

2013-02-18 22:48 from フー | Edit

No title

要警戒かもしれません。
てんたま @tentama_go
TPP推進の超党派議連が設立されるそうです。民主と維新、みんなの党の有志議員。ただ、他の野党にも呼びかけ。みんなの党の浅尾慶一郎政調会長が主導、民主党の枝野氏や維新の中田氏なども呼びかけ人に。自民の有志との連携ぶりが気になる・・
http://www.daily.co.jp/society/main/2013/02/18/0005750786.shtml

2013-02-18 23:10 from 匿名 | Edit

No title

自民党 高市早苗政調会長は、やる気満々です。
何とか、うぐいすリボンの勉強会のイベントを
成功に結び付けたいですね。
さっそく、地元の選出議員の秘書に呼びかけます。
高市早苗の政策目標
3 治安維持・安全対策を強化する
●「国家機密保護法」の制定を検討
●「児童ポルノ禁止法改正案」の審議促進(法案は起草・提出済み)
http://rep.sanae.gr.jp/policy.html

2013-02-19 03:44 from ピチュ | Edit

No title

児童ポルノを合法化すると、子どもへの性的虐待が低下する(米研究)
http://omoroid.blog103.fc2.com/blog-entry-524.html

2013-02-19 10:16 from (sic) | Edit

No title

パロディは文化?それとも違法?
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3312
急な話で申し訳ありません。本日の19日の19:30よりNHK総合にて放送されるようです。再放送はないとの事です。

2013-02-19 11:37 from W-B

No title

のなめ様
>うぐいすりぼんイベント
事前申し込みが必要ですので、匿名様が紹介してくださいましたホームページより申し込みが出来ますが、「2013年02月20日 00時00分まで」ということですので、もしまだでしたら申し込みを急いだ方がよいかと思います。

2013-02-19 17:57 from W-B

No title

W-Bさん
NHKの放送見ました。
内容はパロディ規定を定めてパロディを認めるべきというものでした。
海外の例や日本との違いを言っていました。
あまり細かいところに踏み込んだ内容ではなかったように感じましたが、日本にも法律が必要と訴えていました。

2013-02-19 20:13 from

No title

>TPP推進の超党派議連が設立
>民主党の枝野氏
繋がった首の皮一枚を自ら切るつもりですか。と断固不参加しかありません!の意見を送った方が良いです。

2013-02-19 21:43 from ネットマスゴミ | Edit

No title

<<W-B様
情報ありがとうございます。
すでに参加申し込みをしていました。
しかし、ここ数年スーツなどの格好をする機会がなかったので、 別のところで四苦八苦しそうです。

2013-02-19 23:33 from のなめ

参議院議員会館、行ってきました~

W-B様へ~。うぐいすリボンのイベントの情報多謝です。昨晩遅くに何とか仕事のメドがついたのでギリギリ申込みしました。
のなめ様へ~。はい、自分も普段スーツとか着ないので服装にじたばたしました(苦笑)。やはり国会…緊張しますね。国会議員さんもおみえでしたし。
内容はPC遠隔操作事件を多く事例に引きながら、今でも捜査する側のリソースは足りないのに「単純所持」を全件取り締まるのなんて到底不可能、故に不公平な取り締まりや「別件」の捜査に使われる危険性が指摘されていました。恐ろしい…実写の取り締まりも全件は無理で「実効性」が疑問なのに、まして創作表現物まで対象になんて…文化が萎縮するだけで、良い影響などありそうに思えませんでした。
詳細は明日、手元のメモをまとめてご紹介できれば。

2013-02-20 22:53 from ふぶら

No title

ふぷら様も来ていたのですね。
私も何とか行きましたよ・・・・すごく喉の調子が悪かったですが。
熱はなかったので行くことにしました。
まあ、スーツとか何年振りかに来ましたね。
・・・・前来た時より明らかに太っていることを実感しましたw
内容はふぶら様のおっしゃる通りでしたね。
普段、被害者側の視点でしかみてなかったので、警察側の視点での話はなかなか聞くことはできないんじゃないでしょうか。
そういう意味では有意義なイベントでしたね。
そういえば、去り際にちょろっと「紙に書いてある文章をブログなどで書いてもいいのですか?」って聞いて、二つ返事でOKもらえたのですが、本当にいいのでしょうか?
まあ、書いてはダメとは書いてませんが

2013-02-20 23:11 from のなめ

有意義でしたね!

のなめ様へ~。体調不良の中、ご参加とは!素晴らしいであります~。
で、おっしゃる通り有意義なイベントでしたね。何しろ検事さんとして長年捜査に携わった法曹の専門家の方の、実感のこもったご説明…うなずくばかりでした。
「捜査のリソースが今でも足りない中の更なる違法化」には、警戒すべき問題点多数って事がよくわかりました。
資料のブログ等への転載…は確かに難しいところがあるかもしれません。「法律の用語は一般になじみが無い」ので「転載しても意味不明とか誤解を招く」懸念があって、自分も只今メモのまとめに四苦八苦しています(苦笑)。「偏頗(へんぱ)」なんて読めないし意味もなかなかわからない…(汗)
おぉ。
既にtogetterで、まとめられている様です。

2013-02-21 13:59 from ふぶら

No title

のなめ様
ふぶら様
うぐいすリボン主催の勉強会お疲れま様でした。
サイバー犯罪と単純所持規制を焦点に置いている感じでしたので創作物規制については取り上げられなかったのでしょうか?
もし、取り上げられた場合、スウェーデンのシモン・ルンドストローム氏の事も言っていればいいのですが・・・先日のエクパットの討議集会で昼間たかし氏がその事について意見を求めようとしたが、騒動を起こしてうやむやになってしまいましたからね。抗議代表の宮本節子氏も「昼間さんの話はよくわかりません」とはぐらかしていたようですし。あのスウェーデンの事件は世間に周知されるべきだと思います。

2013-02-21 17:22 from W-B

連投すみません

遅れましたが、NHKのパロディの放送を録画したのを観ました。
福井弁護士が初音ミクの話を出していたのは大きいのではないかと思います。NHKの朝の番組のオープニングテーマに初音ミクを使っていましたし。だけど、さすがに赤松氏提案のCCライセンスの件を取り上げるのは難しかったようですが。

2013-02-21 17:36 from W-B

No title

<<W-B様
二次創作などの話はほとんどしていませんでした。
限られた時間故、致し方なかったと思います。
ただ、質問で「二次創作を含めたコンテンツ産業への影響はあるか?」「海外で冤罪による問題が深刻化しているが、その可能性はあるか?」といった質問はされていました。
まず、前者の応答では、「単純所持」による立件をすべて行うのは不可能。なので、目標を絞って立件するだろうとのこと。
そして、それによって起こる問題などは国策レベルで対応しなければいけないとおっしゃってました。
後者の応答は、日本でも起きる可能性は十分にある。事実上冤罪を防ぐ術はなく、戦々恐々と過ごさなければいけないようになりえる。とおっしゃってました。
専門家が「防ぐことができない」と言っている以上、深刻さがひしひしと伝わってきたように思えます。
<<さすがに赤松氏提案のCCライセンスの件を取り上げるのは難しかったようですが。
やはり厳しいですね。
赤松氏も実現させるのも難しいという話をしていたと思います。
そしてこれに政府が何もしなければいいのに余計なことをしようとしてますからね。
ニコニコ動画で麻生元首相がクールジャパンのことを語っていた動画を見たときは、何とも言えない感じになったものです。

2013-02-21 19:38 from のなめ

補足しますと(スミマセンまだメモがまだまとまらなくて)

W-B様へ~。のなめ様のご報告に補足致しますと…
落合弁護士は、ご講演の最初に「児童ポルノ禁止法」にサラリと触れられていました。「児童」とは何か?それは「18歳に満たない者」と。
その上で、「児童ポルノ禁止法」の本来の意味は「児童の権利を擁護する」為なので、「実在する児童を想定していることは明らかである」というお立場でした。
この見解に立てば、創作表現物が「児童ポルノ」に当たらない事は明白と考えられます。
勿論、今現在、創作表現物を「児童ポルノ」扱いしようと画策している、そんな方々は、創作表まで「児童ポルノ」の概念を広げようとされている事は確実と思われます(皆様よくご存知の通りかと)。
立法のそもそもの目的から逸脱している様に自分には思われますが…
まあ、実際の児童の権利擁護をさておいて「児童」の概念を空想的に拡張する事により、憲法で禁止されている「検閲」を実施したくて仕方ない方々が実はいらっしゃる…自分にはそう見えてなりません。

2013-02-22 00:52 from ふぶら

て…訂正です…

すみません。前のコメントで間違ってしまいました。
×創作表まで「児童ポルノ」の概念を広げようと
…ではなく…
○創作表現まで「児童ポルノ」の概念を広げようと
が正しいのでした。
訂正してお詫び申し上げます。
ああ早く、手元のメモをまとめなければ…仕事の遅いオバサンでスミマセン…(トホホ)

2013-02-22 01:00 from ふぶら

No title

のなめ様
ふぶら様
情報ありがとうございます。単純所持禁止の立件は不可能ときましたか・・・そうですよね。警察はおろか、専門家がわからないのに正確な判断が曖昧、というか出来ない状況だというのに。
過去に外国で警察がポルノ写真を見て「児童ポルノだ!」と判断し、容疑者を逮捕したそうですが、実際はポルノ女優(勿論れっきとした成人女性)の写真でポルノ女優本人自ら名乗りを挙げて証明し、冤罪だったという事件があったり、また、過去に弁護士の奥村徹氏が児童ポルノの写真で「あからさまな猥褻目的」のものと「参考資料用」との見比べで専門家でも判断が困難だというのをやっていたようです。
>憲法で禁止されている「検閲」を実施したくて仕方ない方々が実はいらっしゃる…自分にはそう見えてなりません。
これも過去の話になりますが、青少年有害社会環境対策基本法(青少年健全育成法の前身)の内容のひとつが青少年有害社会環境対策センターの設置(所謂天下り団体?)だったので、もし法案が出された場合この内容も取り入れる可能性もあるかもしれませんね。

2013-02-22 01:47 from W-B

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(1)

2月20日(水)に参議院議員会館講堂にて開催されました、うぐいすリボンさん主催「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~」に参加してきました。検察庁で検事として11年間、実際の捜査に携わった弁護士・落合洋司氏のご講演です。
最初に、うぐいすリボンの主催者の方から「前回の第一回は『実体法』についてソノダ先生にご講演戴きましたが、今回の第二回は『手続き法』について落合先生にご講演戴きます」との開会のご挨拶(すみませんソノダ先生のお名前の漢字が不明…)。
「そうか、『実体法』と『手続き法』と二つの側面があるんだ…」と、法律にうとい自分には早くも勉強になったりしました(専門の方なら当たり前なんでしょうが…)。どう異なるのか?は、スミマセン…これから勉強します(汗)。
レジュメはA4両面で一枚。残念ながら用語が難しく…お話に集中しようと思いました。(続く)

2013-02-23 16:43 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(2)

続いて落合先生がご登場。「本題の前に」と、そもそもの「児童ポルノ禁止法」の簡単な解説です。
「児童」とは何か?というと「18歳に満たない者」。定義は明確ですね。そして「児童の権利を擁護する」とあるので、「実在する児童を想定している事は明らかである」とのご見解でした。創作表現物にまで「児童」の定義を広げる事は、本来の法の目的を外れるとのお考えだと推測しました。
本題では先ず「いかなる行為が取締りの対象になるのか?」、これが「実体面」。そして「取締りが如何にして行われる事になるのか?」、更に「如何なる取締りがあるべきではないか?(危険性)」、これが「手続き面」…成程、最初の主催の方のお話とつながります。
「今日のご講演は『取締りがどのように行われる事になるか?』を推測して、その問題点を指摘するところに眼目があるんだな」と理解しました。(続く)

2013-02-23 16:54 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(3)

いよいよ本題です。「児童ポルノ単純所持規制がもしも実際に運用されたら…」という観点からのお話です。
「如何なる危険性があるか?」というと二点。一点目は「不公平・偏頗(へんぱ)な捜査、捜査権の濫用」。「偏頗」とは「偏っている事」だそうです。法律の用語は難しいですねぇ。
どういう事かというと「あらゆる単純所持を取締りの対象にする事は警察の人的・物的資源(つまりリソース)からいって到底無理!」…「到底」を強調された口調だった様に記憶します。
事例として「PC遠隔操作事件」を挙げられて、「誤認逮捕四件の報告書によると『人が足りない』『資材が足りない』」…今ですらリソース不足で誤認逮捕・冤罪事件を生み出してしまっている実情がある、と。この場合の「資材不足」とは「ウィルス解析ソフトが一本しか無かった」が当たるそうです。
「今ですら捜査のリソース不足」の現状に、うなってしまいました…(続く)

2013-02-23 17:05 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(4)

では「リソース不足」の中、現実的にはどんな場合に立件されるのか?を予測すると、以下の三点が考えられるそうです。「1.児童ポルノ販売事案を立件」「2.内偵により特定の被疑者を単純所持で立件」「3.より大きな本件立件へと結び付ける目的で『入口事件』『別件』として立件」…この第3点目が相当問題になるだろうとの事…例えば今でも「贈収賄事件が本件、私文書偽造が別件」なんてあるそうです。その別件として「捜査差押許可証(令状)」発付に「児ポ単純所持規制」が使われるのではないか?との予測ですね。
ここで少し話は変わるのですが、現状の「裁判所の令状実務の問題点」へも指摘がありました。なんでも「捜査機関の提出した資料そのシナリオ通りに令状が発付される傾向が強い」「捜査の密行性ゆえ被疑者側の弁明は聴かれない」…捜査は大体秘密に行いますから、被疑者側はわからなくて「捜査側に有利な令状が裁判所から出やすい」って事だと思います。
そんな批判もある中、更に「児ポ短縮所持規制」となると…いよいよ捜査側に有利になり過ぎる事になりそうです(続く)

2013-02-23 17:20 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(5)

勿論1.と2.の事例でも問題があるそうです。「販売した先が500件もあったらとても全て立件出来ない」…リソース不足ではねぇ。従って「警察が取締りたいものを取締まる」事につながり、「不公平・偏頗」となる訳です。
「単純所持の疑いのある人物の情報を蓄積」しておいて、「必要に応じて」フリーハンドで令状発付を受けて、様々な場所に警察は入り込めていけてしまう様になっちゃうって事に…なかなか怖い状況が到来しそうです。
そんな「入口事件」「別件」として「利用」される事が予測されてしまう「児童ポルノ単純所持規制」って…最早「児童の権利を擁護する」なんて本来の法の目的からはるかに逸脱してしまいかねない、危険な法律だと思ってしまいました。
そして第二の危険性。言うまでもなく、皆様よくご承知の通り「冤罪の危険性」です。(続く)

2013-02-23 17:32 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~」のご報告(6)

今でも銃器とか覚醒剤等の違法薬物とか「持っているだけで罪になるもの」はありますが、その様な「単純所持が処罰される犯罪の犯罪成立要件」は2つだそうです。「対象に対する支配関係」と「対象に対する認識・認容(故意)」…むっ難しい(泣)…ええと。
「支配関係」とは多分「その違法なモノを確かに持っている」関係…なんだと思います(どなたか助けて~!)。でも今でも問題になる事は沢山あるとか。
例えばその人の部屋の中に覚醒剤があったとしても「知人が家に来た時に忘れていった」のかもしれません。この場合は「支配関係」は無い…事になるのかと。
「特に問題になるのは画像データ」、PC内にあったとしても「一方的に送り付けられた」「謝ってダウンロードしちゃった」「たまたまキャッシュに何故か残ってた」…これが「所持」という認定を受けるおそれがある、と。
「短縮所持」ではつきものの問題で、微妙な事案では捜査機関や裁判所も誤り「犯罪として認定されるべきではないものが、犯罪として認定されてしまうリスクが高まる」って…うわっ恐い!(続く)

2013-02-23 17:46 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~」のご報告(7)

で、「間違ってダウンロードしちゃった」場合でも、「認容(故意)」の問題になるそう…(難しい~ホントどなたかフォローお願い…(涙))。そのPCは「利用者の目の届く範囲内にある」ので、状況証拠による「認定」として「故意」が「推認」されちゃうおそれがあるそうです。
又「PC遠隔操作事件」の例を挙げられて、「この人がいつも使っているPCなんだしこのPCから発信されているんだからこの人が犯人でしょ?」とか裁判所に「推認」されちゃったら…という説明をされていました。
更に児童ポルノ単純所持規制では「立件」後最終的に「不起訴」になっても、被疑者の社会的信用失墜のリスクは大とも指摘されていました。本当にその通りだと身震いしました。
自分は「もしも選挙期間中に候補者が『児童ポルノ単純所持』の疑いをかけられたら?…後で『一方的に画像データをPCに送り付けられただけ』と判明しても選挙はとうに終わってて、疑惑故に落選しちゃってたらもう取り返しがつかないな…」などと連想しました。誠に簡単に他者に汚名をきせる事が出来てしまうと不安になりました。(続く)

2013-02-23 18:02 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点~」のご報告(8)

尚、電子情報の場合の「推認」の根拠は「PCの利用状況」や「アクセス履歴」といった、「間接事実による認定」になるだろうとの事…つまり「あくまで可能性が高い」の積み重ねにならざるを得ないんですね、きっと。直接の証拠みたいなのは無いから、判断する側の誤りも当然出てくるんだろうなぁ…。
最後に「児童ポルノ単純所持を取締り対象にする事は、『捜査権の濫用』と『冤罪』の懸念がある」ので、「各種弊害を防止する方策は慎重に講じられるべきだろう」との事でした。その方策として「犯罪成立要件の厳格化」と「捜査権濫用抑制対策」の二点を挙げられて、落合先生はご講演を終了されました。
この後は質疑応答に入りました。最初はおみえになられた議員さんから。
衆議院議員・三谷英弘氏(みんなの党)は「二次元規制には反対、三次元規制は…だが何でも取締りすればいいというものでは無い」とコメントされました。(続く)

2013-02-23 18:13 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(9)

続いて「デジタルコンテンツの振興をすすめています」と参議院議員・たるい良和氏(民主党)。かつてTVゲームの危険性が言われた時に業界が落ち込んだという過去の事例から「禁酒法の様に規制するだけでよくなるのか?」「クールジャパンに打撃があるのでは?」等とご指摘。「単純所持に関して今回のPC遠隔操作事件の様に『本当は冤罪だった』件はどれ位あるのか?」とのご質問。落合先生は件数やパーセンテージは持ち合わせていないが…と回答後、「警察の(色々な事案に対する)優先順位を考えるとリソースを注げないのではないか?(児ポ単純所持は)殆ど立件出来ないのではないか?その中でどこまで抑止効果があるのか…」といった事を応答されていました。
うーん。お話や応答を伺えば伺う程、「児童の権利擁護」からどんどん外れていくばかりの「児童ポルノ単純所持規制」の問題だと思えてきてなりませんでした。
更に多数の方から質問は続きました。「成立要件の厳格化の方法は?」→「具体的になかなか思い付かないが対象を厳格化」等…(続く)

2013-02-23 18:50 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(10)

やはり「冤罪の危険性」には皆さん、相当な危惧を抱いておられる様でした。「誤認逮捕で社会的信用が失墜してしまった時にどこか相談出来るところはありませんか?」→「…浮かばない…」。岡崎市市立図書館事件を例に挙げられ「ネット上で名誉回復する手段はある」との事ですが、あぁ、そんなITスキルの無い人はどうしたらよいのでしょうか?つまりお答えは「相談出来るところは無い」(涙)。
「証拠をねつ造して他人をおとしいれる人が居たらどうするの?」「子供が『大人をひっかける』目的で画像を送り付けてきたら?」→「ひっかからない様にするしかない」。米国で実際にあったそうですが…防止は難しいそうです。
もう「児童ポルノ単純所持規制」が設けられたら、相当数冤罪が発生しそうな悪い予感しかしませんね(怖)。
あと「単純所持」でかつての民主党案の「継続反復して取得」に限定→「捜査機関の抑制効果になる」、奈良県の条令の「13歳未満」や京都府の「警告」等→「要件が付加され対象が限定される」と。しかし。
「そこまで要件を付加してまで国の立法政策として実効性はあるのか?」とも…。
警察としてはそんな要件が付加されちゃったら「使えない」かと…(続く)

2013-02-23 19:08 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(11・最後)

あと「国立国会図書館では『児童ポルノっぽい書物を閲覧規制している(えっ?そうだったの?)』が図書館にある出版物について法曹の立場から妥当な手段があれば」→「難しい…図書館は法令として所持してるから根拠規定あり…『みだりに所持してはいけない』と『みだりに』で構成要件の除外規定をつける等」。
「警察のリソースとして現実性・実効性が無い単純所持規制に捜査する側としては?」→「取締るのは法執行機関の役割なので執行側から異議申立てはしないが…全件は無理なので歪んだ捜査につながる」…って…困りますよねぇ(ぞっ)。
とにかく「捜査側のリソースは今でも無い!」ので実効性に疑問があり、且つ冤罪の危険が高い児童ポルノ単純所持規制だという事が大変よくわかりました。こんな規制をしても児童の権利擁護になりそうもなく、単に捜査の「別件」に活用されるだけに終わりそうです。
最後に主催の方から「この参議院議員会館講堂は川田龍平議員のご紹介でした。有難うございました!」と閉会の辞。短い時間でしたが中身の濃い落合先生のご講演でした。関係の皆様に感謝でした!
…以上、長々と失礼しました(終了)

2013-02-23 19:37 from ふぶら

「サイバー犯罪と捜査を考える~児童ポルノ単純所持規制の論点」のご報告(その他…蛇足w)

その他、蛇足ですが…。
参議院議員会館講堂はとても立派で緊張しました。やはりセキュリティは厳しく、空港のゲートみたくX線チェックとかあります。服装はきちんとしていた方が良いのは勿論、余分なお荷物は持たない方がよいかと思いました。
地下鉄有楽町線の永田町駅の1番出口階段上がってすぐです。美術館みたいに綺麗な通路になってました。
いつも表現規制関連のイベントでお顔をお見かけする方も沢山おられました。中にはボランティアで受付とかお手伝いされている方もいらっしゃいました。
参加人数は…一般参加者予約は70名代。勿論議員さんもおみえでしたし、や議員さんの秘書さんもおられた事でしょうし報道の方も…パッと見、100名弱?90名位が集まられたかと思われました。
個人的な感想…「逆のお立場の『児童ポルノ単純所持規制賛成』の方々はどれ位おみえなんだろう?」もしもお見えの方がいらっしゃったら、率直なご感想を伺いたいと思いました。本当に。
以上蛇足でした。なんかたどたどしい報告ですみません。
フォロー出来る方、どうぞよろしくお願いいたします!(蛇足・終了)

2013-02-23 19:49 from ふぶら

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.