FC2ブログ

森美術館問題を考える討論集会――問われる表現の自由と責任 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

森美術館問題を考える討論集会――問われる表現の自由と責任

Togetter - 「森美術館問題を考える討論集会――問われる表現の自由と責任」昼間たかし氏と渋井哲也氏の実況を中心としたツイート
http://togetter.com/li/450871


森美術館問題を考える討論集会――問われる表現の自由と責任

日時:2013年2月5日(火)午後6時~9時(開場5時30分)
会場:東京しごとセンター5階セミナー室
東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号

登壇者:
宮本節子(ソーシャルワーカー)「芸術表現と人間の尊厳」
森田成也(ポルノ被害と性暴力を考える会)「ポルノ表現と性暴力をめぐって」
前田朗(東京造形大学教授)「表現の自由と責任――博物館法における社会的責任」

「公開設定」で「誰でも編集可」にしてあります。
集会時間内のツイートをすべてまとめにしてアップしています。(乱雑、ご容赦を)

by hikichin


Togetter - 「森美術館問題を考える討論集会――問われる表現の自由と責任」実況以外の反応
http://togetter.com/li/450902


No title
宮本氏や前田氏の他にPAPSの森田氏も来ていたようです。面識があるのか、森田氏のとって昼間氏は完全なお邪魔虫な存在みたいです。

そして討論集会ですが、案の定ぶっ飛んだ発言連発でした。日本は世界有数の児童ポルノ大国とか、才能がない作家はポルノに走るとか、森美術館の18禁ゾーンは姑息に見えるとか、何の注意もしないで公共空間の美術館でしていいのか?とか・・・冒頭だけでこんなにあります。過去のシンポジウムとかでもこのようなものばかりなのでしょうか?

問題なのは終わり頃で昼間氏がなんか騒動を起こしてしまったようで、金尻カズナ氏(@disca)がその旨を週刊金曜日に報告していた模様。昼間氏ももうちょっと冷静な対応ができなかったのかなと心配です。「座れ!」と言った女性(?)の方ですがPAPSとかの規制派メンバーだったりしますかね?思い込みかもしれませんが。規制派といえばマドアーヌ・ジェンク氏(@madarn_gen) も来ていたようですね。会場に反対派を招いたのは失敗だ!とか言っていましたがそういう意味では意義のある討論集会だったと思います。

2013-02-06(12:55) : W-B URL : 編集


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2375.htmlの追記。2月5日(火)に開催された「森美術館問題を考える討論集会――問われる表現の自由と責任」の実況とそれ以外の反応。日本は世界有数の児童ポルノ大国。才能がない作家はポルノに走る。等々何時も通り洗脳集会。森田成也は一応「表現の自由」の意味を理解している模様。反対派の意見も聞くという体だった様ですが異論は退出命令。突っ込んだ昼間たかし氏は怒られた?。討論会だが議論はしないという意味不明な展開に・・・。


Togetter - PAPSが森美術館『会田誠 天才でごめんなさい』展に抗議
http://togetter.com/li/446442

Togetter - 『会田誠 天才でごめんなさい』展への抗議関連の議論
http://togetter.com/li/446918

Togetter - ポルノ・風俗規制団体が、森美術館で開催されてる絵画展覧会に抗議を呼びかけてるらしい 
http://togetter.com/li/446453

Togetter - 『会田誠 天才でごめんなさい』展への抗議関連の議論
http://togetter.com/li/446918

Togetter - 会田誠展に「無防備マン」の護憲派団体が抗議、作品撤去を求める
http://togetter.com/li/449395


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2376.htmlの追記。抗議文に対する反応。様々な視点でまとめられてるので必読。表現規制反対の参考になるツイートが沢山あるので資料としてメモ推奨です。無防備マン云々に関しては後程書きますが支持者と思われる人が「自民党は表現の自由の味方」とミスリードしてるので要注意です。

【澁谷知美サイト別館】会田誠の絵も、それがアートになる社会も醜悪である (署名募集あり)
http://shibuya.txt-nifty.com/blog/2013/01/post-1160.html
【ソウル・ヨガ(イダヒロユキ)】森美術館の会田誠氏の作品展示はひどい
http://blog.zaq.ne.jp/spisin/article/3506/


PAPSの陰に隠れて表現規制的には地味な存在ですが澁谷知美イダヒロユキの抗議文。これを読めばかなりの危険人物だと分かる筈。他者の人権を剥奪すべきと叫ぶ人権活動家。何時もの事とはいえ本当に酷いです。抗議する事は構わないが規制派は感情論で逃げるばかりで議論になりません。児童ポルノ規制はその最たる例と言えます。

【Ohnoblog2】退屈で倒錯した話 - 「森美術館・会田誠展への抗議」問題についての雑感
http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20130129/p1


たしかに過去、さまざまな作品がまさしく「問題視されそうな表現にあえて踏み込んでいた」ことをもって、最終的にはその毒性、危険性込みで「アート=よいもの(以下略)」という価値観、観念にじんわり吸収されていった。その過程では、今回のような反発、抗議、軋轢を引き起こし、時には法による断罪がなされてきた。一方、性差別やそれに伴う性表現問題については近年何かと話題に上り、認識の更新が促される傾向が世界的に強まってきた。その流れを見れば今回の抗議も、その内容や抗議理由、論の立て方にはかなり疑問があるが、出てくるべくして出てきたものだ。*2


こちらは中立な視点で書かれた記事。ひとつの見方として面白いので読んでみてください。一方でコメント欄は危機感が無さ過ぎだと感じました。一般人はこんなものなんでしょうが・・・。イラスト一枚で刑務所行きになるという恐怖を想像してみて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

しかしまあ、こんなんでダメならサド侯爵の小説とかはもっとダメになるでしょうよ。
叩き易い方から抗議しているわけだろうけど、それじゃけっきょく抗議のための抗議だ。
本当に女性のことを思って抗議しているなら、ふぶら様やじょも様のような女性の意見も聞かないとダメですよ。
それともアレですかね?少数派の意見は不要だってことでしょう。
金尻和也氏は性的マイノリティらしいが、少数派の女性の意見は認めないわけだ。

2013-02-07 08:01 from 12434

>12434様。
まぁ賛成派は基本的に、少数の意見を聞かないのがデフォルト状態ですからね。
仮に聞く機会があったり、自身の意見が論破されても、「なら反対派は○○してこい」や「そんなの関係無いだろ!!」と条件提示や逆ギレすれば許されると思ってるんでしょうね。
また、女性の少数意見に対しては内心「女が口答えするな!!」みたいな差別的な考えがあるのではないでしょうか?
余談ですが、石原慎太郎氏について調べてみたところ、どうやら国会議員時代にネス湖のネッシーを捜索隊を作ってまで調べていたようです。
漫画やアニメは嫌いなくせに、オカルトや未確認生物には積極的に関わる時点で、随分と偏見の塊みたいな人です。

2013-02-07 09:16 from ラビ | Edit

>ラビ様
連中はけっきょく、「自分の気に食わないものを潰したい」だけですからね。本当に女性の人権のためを考えているなら、女性の反対意見も相手にするのが筋です。
だいだい女性の人権問題と子供の人権問題は、明らかに趣旨が異なっています。個別に対処しない限り、問題解決は叶わないでしょう。
正直いって腹立たしい。子供の人権問題に女性のそれを絡めてしまうと、男児の人権は二の次になってしまうからです。
挙げ句の果てには青少年健全育成条例についてまで、女性の人権を絡めてくる。もう手段と目的が真逆になっているとしかいいようがない。
もうなんといいますかね。私だってこの世から消えて欲しい表現なんざ腐るほどありますよ。
また何度もいいますが、連中にも一応抗議できる権利は保障されています。
でも法律だの憲法だので禁止しろってのが危険過ぎる。ぶっちゃけただ単に抗議だけやってるのなら、ここまで彼らは非難されなかったでしょう。
エロ本一冊持つだけで逮捕されるような世の中はごめんですよ。

2013-02-07 12:07 from 12434

No title

野田聖子、高市早苗ら女性議員が要職占める自民党で女の争い
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130207-00000015-pseven-soci
 女性議員が要職を占める自民党で、「女の戦い」が激化している。動いたのは「初の女性総理候補」といわれる野田聖子・総務会長だ。1月21日、大阪での講演で女性議員を育成する勉強会の立ち上げを宣言した。

「女性議員は衆院選前の8人から23人に増えた。次の衆院選に勝つため、派閥ではない勉強会をつくり指導したい」

 自民党に詳しい政治ジャーナリストはこう解説する。

「野田は前回の総裁選でも出馬に意欲を見せていたから、“次”を狙っての行動でしょう。彼女はもともと酒好きで後輩議員の面倒見もいいので慕われている。橋本聖子や小渕優子、三原じゅん子などの飲み仲間を“野田派”として統率しようという動きの表われだ」

 気が気でないのが、自民党三役でライバルといわれる高市早苗・政調会長だ。2人には因縁がある。1月6日のフジテレビ番組内で、女性の社会進出をめぐり口論となったのだ。

「強制的に女性枠を設けないといつまでも活躍の場が生まれない」と訴えた野田氏に、高市氏は「女性だけにゲタをはかせて結果平等をつくるのは過渡的な施策」と批判。野田氏は「高市さんともめるかもしれない」とまで発言した。

「リベラルな野田と保守系の高市はそもそも相容れない。2人は同学年だが、野田が戦後最年少で郵政大臣になったのに対し、高市は2度も落選するなど後塵を拝してきた。それが今回の人事では高市が格上のポストに就いた。野田は橋本や小渕ら子育て議員を束ねて『女性の味方』を演出し、高市に対抗しようとしているのではないか」(同前)

※週刊ポスト2013年2月15・22日号
(引用終了)
野田聖子氏が次の総裁(総理大臣)の座を狙っているらしいです。本気で勘弁してほしいです。

2013-02-07 16:37 from (sic) | Edit

>「強制的に女性枠を設けないといつまでも活躍の場が生まれない」と訴えた野田氏に、高市氏は「女性だけにゲタをはかせて結果平等をつくるのは過渡的な施策」と批判。
これは高市氏のほうが、まともな事を言ってると思いますね。
野田氏のような考え方は、棚からぼた餅方式であるが故、ラディカル系やその取り巻き・勘違い女性・下心丸出しで女性の味方気取りの尻軽男・弱者救済を気取ってるだけの正義バカ、が調子に乗り出すのは目に見えています。
高市氏は児童ポルノ禁止法改正案の立法者代表なのですから、いい加減、改正案でも過度な施策をしないように(現行法より規制範囲が拡大しないように)してもらいたいですね。

2013-02-07 17:53 from アーミテージ

No title

・マイナンバー、ネットでは高支持?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130207-00000001-rnijugo-ent
税や社会保障に関する情報を一元化するために、国民一人ひとりに個別の番号を割り振る「マイナンバー制度」。昨年、野田内閣は同制度導入に必要な「マイナンバー法案」を国会に提出し、協議が進められていたが、年末の解散総選挙によって廃案になっていた。そんななか、政府・自民党が「マイナンバー法案」を来月にも国会に提出する見込みであると、NHKが報じた。法案は野田内閣のものとほぼ同じ内容で、成立に向け、民主党や公明党に協力を呼びかけているという。

これまで、国民を「マイナンバー」という“番号”で管理すること対して、様々な議論が重ねられてきたが、今回の法案提出で、いよいよ制度化に現実味が帯びてきたという状況だ。実際に“番号”で管理される側のネット住民たちはどんな印象を抱いているのだろうか。2ちゃんねるの「国民一人一人に番号を割りふる『共通番号制度(いわゆるマイナンバー)』、来月にも提出へ」というスレッドでは、こんな意見が寄せられている。

「真っ当に生活している人には便利になって良いと思う
反対してる人は後ろめたい部分があるんだろうね」
「(上記意見に対し)そういうあんたみたいのが犯罪に巻き込まれる可能性が高まるね
セキュリティの問題がどうしても残るからね」
「一元管理するとクラッカー(編集部注:悪意を持ってハッキングをする人のこと)がやりたい放題になるので情報は分散しといたほうが良い」
「一番のメリットは管理コストを低減することができるかもしれないこと。
デメリットは導入費用が高くなり低減分をペイできないかもしれないこと。
要するに試算を出してみるまでわからない」
「いいんじゃね?
社会保障ということで、
●病歴(健康保険分野)
●逮捕歴(社会安全保障分野)
●職歴も(雇用分野)
も確実に、記録対象に入るだろうし。
分かりやすくていいよ」
「税の徴収が主目的なんだが
反対してる奴は脱税でもやってんのか」
「ナマポの不正受給
ナマポの親族の所得の把握
良いことずくめ」(編集部注:ナマポ=生活保護のこと)

情報漏えい、改ざんなどの、セキュリティの部分を心配する声はあったが、おおむね賛成意見が多かった。また、たとえば脱税や生活保護の不正受給などといった不正行為を防止できるのではないかとの意見もあった。

ちなみに、2012年2月にYahoo!みんなの政治で実施された、マイナンバー法案の賛否に関するアンケート調査では、総投票数1996票のうち58%(1160票)が賛成、37%(737票)が反対、残りの5%(99票)が「わからない」という結果となっている。ここでもやはりマイナンバー導入に賛成するネット住民が多かった。

未知の制度ということで、いろいろな不安を感じている人も少なくないが、導入することのメリットもそれなりに理解されている模様。制度導入に向けての下地はできつつあるようだ。
(R25編集部)
(引用終了)
管理コストの低減は理解できるけど、自分としては反対ですね。情報の改ざんが怖いです。自民党は被害者が出た時に責任とってくれるんでしょうかね?それとも、「悪いのはクラッカーだ‼ネット規制強化で対処‼」とか言ったりして。
・今月20日に開催されるうぐいすリボン主催の院内集会ですけど、参加申込者が少ないみたいです。これを書き込んでいる現在で定員150人中38人です。
http://kokucheese.com/event/index/69491/
議員さんは誰が参加してくれるんでしょうかね?谷垣法務大臣には絶対に参加してほしいです。急がしいでしょうけど。

2013-02-07 18:21 from (sic) | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-02-07 20:48 from -

自己顕示欲か宣伝なのかな?と

12434様、ラビ様へ~。
いや「表現規制推進」な方々には「フェミニスト」とか名乗って欲しくないですねぇ。現実の女性の人権や権利の擁護には全く貢献せず、「フェミニスト」の評判を下げてくださるばかりですから。
あの方々は単なる「セックスヘイター」、性に関わる全ての表現が嫌いで自分の不快を根拠に撲滅したいだけとしか自分には思えません。
男女の賃金格差や非正規雇用格差、待機児童問題…「不況で配偶者がリストラ、お母さん勤労者一人の肩に親子4人に親世代合計6人の生活費さらに住宅ローンで深夜まで残業、朝は5時起床で家事の後出勤」なんて例が現実にあるのに。「深刻なDV被害を訴えても周囲は『夫婦喧嘩』扱い」だの、「非正規雇用の弱い立場にセクハラパワハラ泣き寝入り」…解決すべき現実の女性に関わる問題は大量なのに。
「美術館の展示作品」に抗議なんて、余程恵まれた一部のお暇な方のご趣味の範疇と見えてなりません。
まあ現実の深刻な問題を改善するのは困難で地味な仕事です。「マスコミ受けする派手で頓狂な抗議」の方が、自己顕示欲の満足には有効だと言う事かと…団体さんの名前も大きく出て宣伝になりますものね(ため息)

2013-02-07 20:54 from ふぶら

行きたいなぁ美術館…

それにしても行きたいなぁ森美術館の会田誠展!ネットで見るだけでは全然伝わらないものがある筈ですし!
…中でも「撤去しろ」とか一部団体が要求している「犬」シリーズ…自分には真っ先に、永井豪先生の漫画「バイオレンス・ジャック」に登場する「人犬」のパロディに思えました。本当にそういう意図が感じ取れるかどうか、森美術館で実際に是非とも鑑賞したいです。
確か1970年代の作品だと記憶しますが、その残虐で性的だったりする描写は確かに衝撃的でした。ただその衝撃は他の多くの永井豪作品同様、言葉に出来ない印象と思いを自分にもたらしました。
「凄惨美」や「残虐美」が漫画という表現形式で、より多く広範な世代に提示された…とか後付けでエラソーに言ってみても全然言葉足らずですね。表現に揺るがされた衝撃や感動はなかなか言葉にならないですね。
そんな事を思いつつ森美術館に行きたいのだけど未だ行けていません。行けない内に「撤去」されたりなんかしたら、それこそ「撤去」を要求した連中を自分は憎悪してしまいそうです。「思春期に得た最良の感動の別の解釈かもしれない作品を成人の自分が観ることを何故妨害するのか?」と。

2013-02-07 21:10 from ふぶら

>ふぶら様
金尻氏の理屈だと、性暴力ゲームを嗜好する奴はセックスヘイターらしいです。http://www.kanachin.net/old/index.php?%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%B2%2F%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%81%A5%E5%85%A8%E8%82%B2%E6%88%90%E6%9D%A1%E4%BE%8B
ということは強姦のあるBL読む女性も、彼にとってはセックスヘイターなんでしょうね。広い意味ではふぶら様もそうなるかも知れません。
まあガチの快楽殺人犯とかは、確かにセックスヘイターであることもありえるでしょうけど、そんなのと一緒にされては敵いませんな。
あと余談ですが、以前に金尻氏は例の条例改悪に反対した藤子不二雄A先生を、ドラえもんの作者と勘違いして非難したことがあります。
http://www.kanachin.net/old/index.php?Trash%2F%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%B2%2F%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%B2%E6%84%9B%E5%A5%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8
未だに訂正も謝罪もないですね。エログロ云々以前に人間的におかしいですよこの人は。

2013-02-07 21:34 from 12434

追記

リンク先のセックスヘイターの記事と藤子A不二雄先生の記事の位置を、上下逆に貼ってしまいました。すいません。

2013-02-07 21:43 from 12434

No title

>sic様
自民の女性議員って、普通の女性って感じがしないですよね。
徴兵制を賛美したり、男顔負けの極右思想持ってたりします。
「強い女性」を演出してますけど、フェミニズムが目指す方向性とはかなりずれてます。
以前小池百合子氏が、「女は男の何倍も働かなくては認められない」みたいなこと言ってましたけど、結局彼女らは男を演じてるだけ。父権主義に迎合してるだけですね。強がっていますけど、結局権威に尾を振るポチでしかありません。
世の中の女性を代表する存在じゃないです。
自民女性議員の議席がいくら増えようが、女性的感性とか視点が国会にもたらされるわけではないですね。

2013-02-07 22:20 from あめふらしのしっぽ | Edit

No title

 森美術館のトップページに抗議等に関する見解が貼られていますね。
 読んだ限り、妙な方向での萎縮は感じられません。その点は良かったのではないでしょうか。
 以前、会田氏が出演していたテレビ番組で、スクール水着というだけでエッチなシンボルに捉えられることもあるが自分はそういうつもりで描いているのではなく、多感な時期に無理矢理あんなダサい服を着せられて…という主張も込めている(記憶で書いているのでややニュアンスが違ったかもしれないですが)、という趣旨のことを仰ってましたよ。
 抗議声明ではあたかも氏の「犬シリーズ」などの作品は先進諸外国では違法だ、といった風に書かれていましたけれど、確かフランスかどこかで「犬シリーズ」を収録した会田氏の作品集が適法に刊行されていたような……。
 ちょっと上記の点は記憶が定かではありませんが、欧米圏などでは「芸術性」「思想性」が認められる場合は人間でも絵でも違法な「児童ポルノ」では無いという運用をする国も多く、いずれにせよ抗議はちょっとピントがずれている感じがしますね。

2013-02-07 23:11 from rede | Edit

>会田氏が出演していたテレビ番組で、スクール水着というだけでエッチなシンボルに捉えられることもあるが自分はそういうつもりで描いているのではなく、多感な時期に無理矢理あんなダサい服を着せられて…という主張も込めている(記憶で書いているのでややニュアンスが違ったかもしれないですが)
という事は、会田氏は女性を被害者に仕立て挙げるという思考を絵で表現したのですね。
結局、例の規制派団体の思考回路と何ら変わらないという事なのでしょうか?

2013-02-07 23:49 from ハムレット

No title

>>無理矢理あんなダサい服を着せられて…という主張
会田氏は、氏の作品に通じる「反骨」という文脈の中で、他の作品が紹介されるのと同じ流れで上記のような発言をなさっていました。
氏の有名な作品の中に、スーツ姿の人間が折り重なって倒れて山になっている、というものがあります。資本主義社会の底辺で使い捨てにされた人を表現し問題提起した「反骨」の作品だと紹介されていますが、その場合にその「スーツ姿の人間」が差別の対象になったとか、差別的意図を持って書かれたとか、誰も言わないと思いますし現にそうではないと思います。
同様に、少女の作品についても、会田氏が性的に、または障害者として、被害者であることを差別的に捉えて創作したとはいえないはずです。少なくとも、抗議に及んだ規制派団体と同じ思考をしているということは無いと思いますよ。そうだったら、そもそも作品を世に問うことをしないはずです。

2013-02-09 11:39 from rede | Edit

そもそも用語の定義の確認から、でしょうか?(微笑)

12434様へ~。金尻氏は不思議な意味で「セックスヘイター」なる語を使用されているのですね。
彼ら彼女らの使用する「児童ポルノ」の意味も法律の意味とは全く違うし、これはいちいち「用語の確認」が必要ですねぇ。
勿論彼ら彼女らは確信犯で、一般の人が語の意味を取り違えて脅える効果を狙ってわざわざ奇妙な語の使い方をしているのでしょう。そんな方々が、事実誤認を訂正しないのは当然の戦略なのかもしれませんね。
そもそも自分が70年代以降に知ったフェミニズム(当時は「ウーマン・リブ」かも)の流れだと、「性」に対しては開放的な考えが強かった印象です。「女性にも性を語らせて!」「女性の身体を女性自身に取り戻したい」的な?
つまり当時は「女のくせに性に興味があるなんて汚らわしい!」「女の子はそんないやらしい事は知らずにお嫁に行けばいいのっ!」という抑圧が強かった。当然悲劇も起こります(創作では山岸凉子の漫画「天人唐草」)。そんな男尊女卑社会への抗議としてのフェミニズムだった…筈が?
「女性の人権」と言いながら、男性だけでなく女性を又「性的なものを否定」の闇の中に戻そうとしている彼ら彼女らは、自分には正に性差別的に見えますねぇ(ため息)

2013-02-09 20:17 from ふぶら

表現者の意図は一筋縄ではいかないものだと思います

ハムレット様へ~。まだ会田誠展に行けていなくて、見ないで言うのもふとどきではありますが…表現者の意図というものは一筋縄ではいかないものだと思います。
表現者自身さえ、完成後の自分の作品から「意識にのぼらなかった自己の思い」を感じて驚く事も、ジャンル問わず一般的にあると思いますょ。
「若い女性が四肢を切断されている裸体の図像」を発表したからといって、そのまんまの性的嗜好を作者が持っていて自身の快楽を満たすべく積極的に公表した、とは余りカンタンで短絡的過ぎて自分には考え難い処があります。redeさんもおっしゃる様に、だったら発表しなくたって良い訳で(苦笑)。
それこそ西洋芸術にゴマンとある「キリスト磔刑図」を見て、「男性への虐待を表現している許さん」的な反応もアリかも?と考える自分ではありますが(だってキリスト教知らない人が見たらアレは相当怖い図像ではないかとモノによっては)、作品に至る過程には色々な背景も意図も意識下の言葉にならない何かもあると思うので、そうカンタンな事ではないのではないか?と愚考します。

2013-02-09 21:00 from ふぶら

「ふんどし画家」(笑)

他の方の個人ブログにも書いたネタですが、「ダビデ像にぱんつ」事件に関連して。昔っからそーゆー事を言い出しちゃうヒトはいらっしゃったという事で(微笑)
キリスト教美術として有名な、システィナ礼拝堂のミケランジェロの壁画「最後の審判」は元々、全裸の図像が多数描かれていたそうです。それを「けしからん!」とか言う人が居たらしく、後から別の画家に「腰のあたりをおおう布」を描かせたそうです。気の毒な事に、この腰布を描いた画家さんは後世「ふんどし画家」と呼ばれる様になってしまいました…
てな知識は青池保子先生の漫画「エロイカより愛をこめて」からの受け売りです(笑)。漫画は実に、歴史や芸術への理解を助けてくれますね!
しかし…「ふんどし画家」(涙)。一体何百年このカワイソーなアダ名が歴史に残るのか?
絵の、創作物の性を忌避して、生きた人間の画家さんが不名誉こうむって幾星霜になってしまったという実話…ああトホホ。これが又、日本の現実に起こるのでしょうか?やはり「歴史に学べ」と思う次第です。

2013-02-09 21:48 from ふぶら

「ヘイトスピーチを規制せよ!」無防備マン・前田朗

先ほどTBSの「NEWS23」のヘイトスピーチ規制報道で、
「無防備地域宣言運動全国ネットワーク」の前田朗大先生が出演していて、
「外国では、『表現の自由』を守るためにヘイトスピーチを規制している」
「日本も『表現の自由』を守るために、外国のようにヘイトスピーチを規制せよ」
という趣旨の発言をしておりました。
前田朗は、会田誠氏に
「自称天才・会田誠がどのように反論してくるのかわからない。
芸術表現だ、表現の自由への抑圧だと開き直るだろう。
幼稚なエログロ表現をタブーの挑戦だなどと思える鈍感な感性の持ち主だ」
とか、自分に反論してくる相手を
「鈍感」「ワンパターンで幼稚」
「大笑いの頓珍漢」「馬鹿げたことを書く」
「レッテルを張って非難するのは悪質なデマゴギーにすぎない」
などと「レッテル貼り」や差別をする、
「自分の気に入らない性表現をこの世から抹殺したい」という感情を隠そうともしない
「大笑いの頓珍漢」のくせに、「ヘイトスピーチを規制せよ」とは呆れますね。
鏡を見なさい、鏡を。
水無月様の仰るとおり、表現規制に右翼か左翼かは関係ありませんね。
「右翼と左翼は双子の兄弟」
同じことをしやがります。

2013-05-23 00:44 from マツリカ日誌

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.