FC2ブログ

<安倍首相>揺れるTPP方針 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

<安倍首相>揺れるTPP方針

<安倍首相>揺れるTPP方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130131-00000087-mai-pol
[毎日新聞 1月31日(木)21時38分配信]


安倍晋三首相が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加について、7月の参院選前に政府の基本方針を示すと29日に表明したことが波紋を広げている。首相はこれまで、「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、交渉参加に反対」との自民党政権公約を踏まえつつ、発言のニュアンスを微妙に変えることで推進派にも配慮してきた。31日には「判断時期は決めていない」と火消しに走ったが、決断が近いのではとの臆測も出ている。

首相は29日、日本テレビの番組で「(参院)選挙の前に、基本的に示すべき方向性は示していきたい」と明言。「国益を確保できて、聖域なき関税撤廃でないなら参加していく」とも述べた。

実は、自民党の公約も当初案では「聖域なき関税撤廃を前提としないなら、交渉参加に賛成」となっており、党内の反対派に配慮して修正した経緯がある。首相の29日の発言はこの当初案に近い。

ただ、農業団体の支持を受ける自民党内には交渉参加への反対論が根強く、「決戦」と位置付ける参院選への影響も読み切れない。首相の「参院選前」発言を、反対派議員は「方向性が参加と決まったわけではない」と警戒。公明党幹部も「どういうつもりで言ったのか分からない。参院選前に参加に前向きな発言をしたら、自民党内が持たない」と首をひねった。

首相は2月下旬に予定されるオバマ米大統領との首脳会談ではTPPについて踏み込んだ発言は避け、判断の時期を慎重に探る構え。31日の衆院本会議でも、早期の参加表明を促すみんなの党の渡辺喜美代表を「交渉参加の是非の判断時期は現時点では決めていない。日米首脳会談の議題は今後調整していく」とかわした。

首相周辺は「首相はまだ決めきっていない」との見方を示す。首相がなお推進、反対両派の反応を探っている可能性もある。【朝日弘行】


河野談話「官房長官が対応」=TPP判断時期は未定・代表質問-安倍首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2013013100677


TPP:参院選前に政府基本方針 安倍首相意向
http://mainichi.jp/select/news/20130130k0000m020055000c.html
[毎日新聞 2013年01月29日 19時38分(最終更新 01月30日 00時20分)]


安倍晋三首相は29日、日本テレビの番組に出演し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への交渉参加について「選挙の前にいろいろな争点を隠していこうという考え方はしない。選挙の前に、基本的に示すべき方向性は示していきたい」と述べ、政府の基本方針を7月の参院選前にまとめる考えを明らかにした。

首相はTPP交渉について「国益を確保できて、『聖域なき関税撤廃』ではないなら参加していくことになる」と発言。民主党政権当時に始まったTPPの事前協議について「今までどういう事前交渉をしてきたのかを検証している」と語った。

また、4月に任期が切れる日銀総裁の後任選びについて「(私と)同じ考えを共有する人でなければだめだ。国際社会に発信力があって、説明する能力が高い人」と説明。そのうえで「どこ出身だからだめ、いいということは考えていない。出身母体を問うつもりはない」と語り、財務省出身者も排除せず人選にあたると明言した。【飼手勇介】


TPP最新の動向。1月29日の時点では「参議院選前に示すべき方向性は示していきたい」と述べていた安倍晋三。2日後の1月31日の衆院本会議では「判断時期は未定」と発言。渡辺嘉美氏(みんなの党)への答弁。揺れている様です。日本が有利になる様に交渉をするには早期に参加する必要があるとは推進派の主張。参議院戦後となればおかしなルールと分かっていながら参加する事になりかねないので「見送り」ではなく「撤退」に持っていくのが理想です。

安倍首相、日米首脳会談でのTPP参加表明見送り!
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-6765.html


環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題で、安倍晋三首相が2月以降に予定される日米首脳会談での正式表明を見送る意向であることが12日、分かった。今年夏の参院選後への結論先送りも視野に入れる。首相はオバマ米大統領に、防衛関連予算の拡充や集団的自衛権行使の検討など「同盟強化」への取り組みを説明して、正式表明見送りへの理解を求める。複数の政府・自民党関係者が明らかにした。

訪米時の正式表明を見送るのは、自民党内で参院選への影響を懸念する声が強いためだ。

首相は昨年12月、産経新聞のインタビューで「聖域なき関税撤廃の前提条件が変われば、参加も検討の視野に入る」と述べたが、参院選勝利による本格政権樹立を最優先にした。

党外交・経済連携調査会は月内に交渉参加に関する議論を始める予定で、首相は党内調整に入ったことを大統領に説明する。ただ、党内には「参院選前に不参加を表明すべきだ」(閣僚経験者)との声もあり、同調査会も首相訪米前にまとめる提言で表明見送りを求めそうだ。

米国などTPP交渉参加11カ国は10月の基本合意を目指している。米国が外国と通商交渉を始めるには、90日前までに大統領が米議会に通知して承認を得なければならない「90日ルール」が存在する。日本の参加表明が参院選後になると交渉妥結時の参加国になれない可能性が高まる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/plc13011301130000-n1.htm


D.S氏より頂いた情報。1月13日の記事。ソースは産経新聞。これは言葉どおりに信用するのは危険。理由は簡単。ひとつはこれ当時の野田総理と同じパターンで「見送り」と言いながら裏では交渉が進んでいた。もうひとつは「今年夏の参院選後への結論先送りも視野に入れる」とはっきり書いてある事。参議院選が終わるまでは批判されるような事をやらないのは当然。自民党を妄信してるとこの程度の事も見えなくなります。

確実にTPP交渉参加を阻止する為には参議院選前に「見送り」ではなく「撤退」する様に意見していく必要があります。これが第一段階。その上で「自民」「公明」「維新」「みんな」を勝たせない事。要するに「TPP反対を掲げるリベラル派の政党」に投票して「ねじれ状態」を維持するしかありません。これならば簡単に強行はできない筈です。


↓下の記事のコメント欄の連中は、安倍がTPP参加を見送っただけで、なんで不参加ムードになれるんだ?

2013-01-13(16:05) : PW URL : 編集


ネトウヨの大半は真の愛国者ではなく単なる自民党のサポーターだからですよ(苦笑)。本気でTPPに反対ならば「テレビ」「交渉参加撤退」と報道されるまで信用してはいけません。紙媒体ではなく「映像媒体」で安倍晋三「本人」がコメントする事が重要。それまでは信じるべきではありません。自民党のやる事はすべて正しいと思い込むのは本当に危険です。

【~MEMO~】自民・公明の8項目の連立合意案判明
http://ameblo.jp/masakari-sonna-banana/entry-11431018691.html


このほか、TPP=環太平洋パートナーシップ協定への対応については「国益にかなう最善の道を求める」としています。


こちらは去年の12月20日の記事。この時点で「国益にかなう最善の道を求める」と参加を示唆する玉虫色の発言をしていました。

No title
気になったらきりが無いのですが…

てんたま @tentama_go
TPPについて関税撤廃の例外を認める要請を米国に出すことを政府が検討。ただ、先日ISD条項が実際に発動した米韓FTAにも実は例外としてコメが認められていたりするので、米国が認める可能性はあったりします。むしろこれによって交渉参加を断れる理由が消えてしまうという危険性も・・・

てんたま @tentama_go
米韓FTAでコメが例外なのは農水省の資料にも。TPPについても米国がコメと日本参加を秤にかける可能性はあるといえます・・ >しかしながら、自由化の例外は唯一、コメだけであり、全体の自由化度は韓国がこれ以前に締結した FTAよりも高い http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kaigai_nogyo/k_syokuryo/h19/pdf/h19_asia_05.pdf


未だにTPPは農業の問題と捉えている人も少なからずおりますし(最近は国民の間で知財など周知されつつあるようですが、議員内では知財その他の問題ではなく農業の問題という意識が根強く見えます)、米国側が「コメは認めるからTPP入れ」と言われたら断れない(断らない)可能性も出てきました。

2013-01-31(20:11) : 匿名 URL : 編集


要するに現時点で自民党の「聖域」「農業」「車」「郵政」という事。地味だけど国民の生活に直結する問題「知財」「医療」に関して閣僚から言及があったという情報はありません。幅広い話し合いをしないまま「TPP交渉参加は必要」で強行されるのは極めて危険。党内は反対派優勢。政府は推進は優勢。民主党政権の時と同じ状況ですが先が読めないので不安です。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

ゲームの悪影響に関してこのようなブログを見つけました。
・ゲーム研究データインデックス テレビゲームへの正しい理解を
http://research.cesa.or.jp/interview/hoshi01.html
・ゲームは本当に子どもに悪影響を及ぼすのか
http://d.hatena.ne.jp/ayanami/20090627

2013-02-01 14:36 from (sic) | Edit

No title

てんたま @tentama_go
自民のTPPについての姿勢資料がHTMLだけになってしまったので、今のうちに魚拓放流。6項目自体は消えてないみたいです
魚拓1 http://megalodon.jp/2013-0201-1549-00/www.jimin.jp/activity/colum/116025.html
魚拓2 http://www.freezepage.com/1359701610XRRBEHURZH

てんたま @tentama_go
自民のTPPの姿勢からISD条項が消えたというのは、実際にはPDFがなくなったということでしたので、先ほどの関連ツイートを削除いたします。お騒がせして)ゴメンナサイ (*_ _)人

2013-02-01 17:22 from 匿名 | Edit

No title

会田誠展の抗議がニュースになりましたね。
>「首輪の全裸少女」作品に市民団体が抗議 会田誠展は本当に「性差別」なのか
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20130129-00000006-jct-ent&s=created_at&o=desc&p=1
ヤフコメはなんだかピントがずれたコメントが多いですが、ポルノ被害と性暴力を考える会を擁護するコメントはほとんどないですね。
まあ、「今後日本でも違法化されるでしょう。」なんて抗議文に書いて、展示の正当性を自ら認めているくらいですから、こんなもんなんでしょう。

2013-02-01 18:35 from

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.