FC2ブログ

【資料】押し付け憲法論 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【資料】押し付け憲法論

押し付け憲法論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%BC%E3%81%97%E4%BB%98%E3%81%91%E6%86%B2%E6%B3%95%E8%AB%96
第四十三回 日本国憲法は、押しつけなのか?
http://www.magazine9.jp/juku/043/043.html
日本国憲法は押し付けか
http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sesou82.html
日本国憲法の制定と『押しつけ』憲法論
http://www.jicl.jp/now/jiji/backnumber/1946.html

「押しつけ憲法論」は成り立ち難い
http://www.asahi-net.or.jp/~mi6m-frym/kenpou/cons_3.htm


「押しつけ憲法」だから変える?
http://www.hankaikennet21.org/faq/faq4.htm


Q4.「押しつけ憲法」だから変える?

A.「押しつけられた」のは国民ではなく当時の支配者層

そもそも「押しつけ」とは、今の憲法は「よくない」という特定の価値観に基づく議論です。はたして、改憲派の人が指摘するように、日本国憲法は、米国による「押しつけ・植民地憲法」というべきなのでしょうか?
日本国憲法の成立を考えるにあたって、まずふり返っておきたいのが、アジア・太平洋戦争の終結・敗戦と、その際日本政府が受託した「ポツダム宣言」です。このポツダム宣言は、無条件降伏ということにとどまらず、新しい日本のあり方として、平和、基本的人権、民主主義を掲げ、これを受託した日本政府にとっては、この実行が国際公約となったわけです。
しかも、注意してほしいのは、このポツダム宣言では、連合国が民主主義をゼロから創るとしたのではもちろんなく、「日本国民の間における民事王義的傾向の復活・強化」(第10項)と言っています。
これは、近代以降の日本にあった明治期の自由民権運動や大正デモクラシーなどの民主主義の伝統、国家権力からの弾庄を受けながらも地下水的に受け継がれて来た民権の伝統が、そこでは想定されていたわけです。そう考えると、日本に本格的な民主主義の制度が成立するのは歴史的必然だったと言えましょう。戦後改革は、「押しつけ」によって無理やり日本になかったものを産み出したのではなく、もともとあったものの産出を助けた、いわば ″産婆術″だったのです。

結論からいうならば、あらゆる点で「押しつけられた」のは当時の支配者層であっても国民ではありません。当時の政府の憲法問題調査委員会(松本委員会)は、極秘審議で、かつ何と明治憲法をほぼそのままにしてそれを改正案としようとしていました。政府案は、ポツダム宣言にも反して、天皇主権のまま、しかもたとえば、「天皇は神聖にして侵すべからず」を「至尊にして侵すべからず」に変えるといった程度のものでした。国民の選挙によって選ばれていない彼らは、国民の平和・人権・民主主義を強く求める声をまったく聞こうとしていなかったわけです。これには国際世論はもちろん、国内世論さえもおおいに批判的でした。

このとき、天皇制を残そうとしていたマッカーサー・GHQにとっては、「極東委員会」が成立する間近の時期であり、憲法制定は急がねばならなかったので、政府にやり直しをゼロからさせるよりも、国際世論から見て最低線の水準を示した自らの草案を渡した方が早道だろうと考えて、GHQ自らつくった草案を日本政府に交付しました。その際、GHQの民政局長ホイットニーは、きわめて慎重な言い回しで、「これを押しっける意思はないが、これが国際水準の最低線だろう。あなた方も天皇制を維持したいというならばせめてこの程度の民主憲法草案を用意してもらいたい。どうしても嫌ならそれはそれでよいが、そのときは政府案とGHQ案の両方を国民に示し、最後は国民投票で決めてもらおう」という提案を日本側にしました。 
 
むしろ、憲法を国民が直接選ぶ機会を潰したのは当時の政府当事者たちであり、なぜならこのような二者選択の機会が与えられれば、国民がGHQ案を選ぶのは確実で、そうなれば彼らの政府は倒れ、新しい政権担当者はGHQ案のような民主主義改革を積極的に推進する人々で占められてしまうことが確実だったからです。むしろ、彼らは自らの地位を維持するため自ら草案を受け入れたというのが真相です。
しかし、これも所詮政府案にすぎません。政府案がいかなるものであっても、最終的に決定するのは議会であるわけです。この後、女性も参政権を持った男女平等のはじめての選挙が行われ、その民主議会での徹底審議を経て、日本国憲法は成立します。その際いくつかの重要な修正も行われました(生存権挿入など)。だから、日本国憲法は、民主議会の審議と承認をちゃんと経たものなのです。

憲法草案の内容は日本の民衆がつくったもの
さらに重要なことは、GHQ草案の内容がどこから来たかということです。
そもそも憲法草案づくりを担当したGHQの民政局のメンバーは、弁護士や大学教授などで占められ、思想的にも世代的にも多くはニューディーラーと呼ばれる自由な思想と発想を持つ人々でした。しかし、彼らといえども、何もないところから短期間で憲法草案を創ることができたわけではありませんでした。彼らは当時発表されていた日本の民間の憲法草案を参考としたのです。
 彼らは、当時の民間草案、「憲法研究会」の憲法草案をもっとも参考にしたことが今日では明らかになつています。さらに、この憲法研究会案の構想がどこから来たかをさかのぼると、その筆をとった鈴木安蔵は、明治自由民権運動の研究者であり、植木枝盛などの重恩法草案を参考にして草案作りを行ったといっています。そうであるとすると、明治・自由民権運動→憲法研究会→GHQ草案という方向性が見て取れます。まさに日本国憲法は、長年
にわたって民衆自身が求めてきた「民権」原理の実現というべきでしょう。GHQ草案は、実質的には、日本の民衆草案だったというわけです。

憲法第九条の提起者は幣原喜重郎首相であった
憲法研究会案がGHQ草案のモデルだとしても、重要なものが欠けています。それは憲法第九条・平和主義条項です。これはさすがの「憲法研究会」案の中にさえもありませんでした。じつは、今日、憲法九条の発想の原点が、幣原喜重郎首相によるマッカーサーへの提言(1946年1月24日会談)の中にあったことが明らかになつています。
まさに、この時の首相である幣原による平和主義条項の提起は、戦前、平和外交で世界的に有名であった外交官であった幣原外交の成功と軍部台頭による挫折の経験などが幣原を動かしたものでしょうし、また、天皇制存続を確実にしておきたいという老練な政治家としての冷静な計算もあったでしょう。しかし、幣原自身は、平和を求
める国民の切実な「野に叫ぶ声」に動かされて憲法制定に当たったといっています。
むしろ、憲法制定過程を真撃に振り返るならば、日本国憲法は、「民衆の民権理念の実現」であり、「日米の歴史の舞台による素敵な共同作業」であったと言えるのではないでしょうか。


憲法改正議論の基礎知識的なものなので一応まとめました。改憲派に「間違いだ」と指摘してもあまり効果はありませんが・・・。

押し付け憲法論。これは「現行憲法は戦後の占領下に総司令部に押し付けられたものだから無効」という改憲派の主張。実に不毛なものなのですが改憲派や保守政党を妄信する一部の人達からは絶大な支持があります。これの正当性については賛否ありますので勿論「これが正解」というものはありません。

しかしリンク先で「日本国憲法」の成り立ちを御覧頂ければ分かる様に「押し付けか否かを証明するのは不可能」である上に「歴史的な事実を無視した主張」なのは確かです。日本国憲法は少なくとも「近代憲法の一般原理」に沿うものです。制定手続に押し付けられた部分があるとしても我々はそれに従うよい理由を有しているとも考える事ができる訳です。

重要なのは「誰が作ったか」ではなく「日本国民に何をもたらしてくれるか」です。耳障りの良い「自主憲法」「国防軍」といった一時的な感情の高ぶりからこれまでの歴史的な経験を無視して憲法を改正する事こそ「国益」に反すると思います。是非一度「日本国憲法の前文」を読んでみて欲しい。改憲派の方々も意固地にならず一度冷静になって考えて頂ければ幸いです。


【土佐(ドサ)日記】反「現行憲法無効論」
http://blogs.yahoo.co.jp/gahahayoumustbekidding/folder/953541.html


oshito_kuma さんの無効論

鸚鵡真理教のトンデモ教義も(信者さんと親しくつきあってゐると)少しは説得力が有るという事なのか、爺が「正かな派の良識」と目してゐる oshito_kuma さんまで、影響され始めたやうだ……

> 「明治憲法に戻す」と言ふと抵抗を感じる人が多いけど、一部の人
> が強く主張する「いつたん明治憲法に戻した上での改憲」とは、
> 「明治憲法に戻したその日のうちに新憲法に改憲する」、形式的な
> ものだよ。なぜそれにこだはるのかと云ふと、「日本国憲法は傀儡
> 憲法なので、そこからの改憲は問題あり」と。

oshito_kuma さんまで、何といふ能天気な事を。「傀儡憲法なので」の意味が良く解りませんが、被占領下で制定されたのがケシカラン、なので非占領状態の今もう一遍やるべし、といふ事でせうか。しかし、日本国憲法は、少くとも形式的には帝國憲法の改訂手続に完璧に従ってゐます。百歩譲って「もう一遍やる」事に何程かの意議があるとしても、その日のうちに改憲する、なんて事で、手続的にも、また実質的な審議の面からも、現行憲法より満足なもの、もしくは正統性を主張できるものができる訣ないと思ひますがねぇ。

一方で、帝國憲法に戻した状態でマゴマゴしていると、「國軆護持」を至上の使命と心得る人達が、改憲の動きを潰してしまふかも知れない。(さういふ人達が実際居るんですよ、信じられないかも知れませんが。)なので、そんな危い橋を渡るのは考へものだと思ひます。

あと、御参考までに、鸚鵡真理教では、帝国憲法の根幹部分(第一条から第四条)は変へる事ができない、としてゐますので、一旦帝國憲法に帰ったら、喩へ改訂されたとしても、新憲法は絶対主義天皇制を謳ふものにするべし、となる筈ですが、そのあたりは kuma さんは認識してをられますか?

> それにしても、日本国憲法を作つて日本を米国の傀儡国家にしよう
> としたGHQも、朝鮮戦争勃発以来、日本がその憲法を逆手にとつて米
> 国への兵力提供を拒否し「軍事的な面倒は自らの手を汚さず米国に
> やらせる」やうになるとは想像してゐなかつただらう。

兵力提供は拒否してゐますが、我が物顔の準軍事占領は許してゐる状態なので、まあ、米国としては所期の目的は達成してゐるんぢゃないでせうか。

> 私は今回の選挙は「反原発・反消費税増税選挙」になると予想して
> ゐて、反原発を叫ぶ候補や政党ばかりが票を得る(そして共産党は
> じめ左翼候補が沢山当選)と思つてゐたが、蓋を開けると結局は
> 「原発」や「消費税」よりも、「元の古巣の自民党」といふ事だつ
> たか。

と、小選挙区制の増幅作用、ですかね。


憲法無効論。押し付け憲法論と殆ど同じ主張ですが別物という認識の改憲派が居るので一応。反論も殆ど同じです。

個人的な見解を言えば政治的なかけ引きの上での発言とはいえ吉田茂氏「憲法で軍備を禁じているのは天与の幸いで米国から文句が出れば憲法がちゃんとした理由になる。その憲法を改正しようと考える政治家は馬鹿野郎だ」の意味を考えようとしない保守系議員の主張に違和感を感じます。これこそ米国からの自立の証だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

AKB48河西智美さん写真集への意見書を提出しました
http://ecpatstop.jp/act/2013/01/2445
水面下でエクパットが講談社にて手ブラ写真集についての意見書を出していたようです。回答は貰ってはいるものの、内容については掲示されていませんでした。
それにしても「抗議」ではなく「意見」なんですね。意見書の内容掲示をしない事といい、こんないい加減な仕事の仕方で本当に子供を守る気があるのでしょうか?

2013-01-30 08:59 from W-B

No title

このような記事を見つけました。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130129-OYT1T01016.htm
(引用開始)
TPP、例外品目確保に「一定の感触」…経産相
茂木経済産業相は29日の閣議後記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)の参加問題を巡り、関税を維持する例外品目を確保できる可能性があるとの認識を示した。
 茂木氏は26日、訪問先のスイスで米通商代表部(USTR)のカーク代表と会談した際、例外品目が認められるかどうかについて、「一定の感触」を得たという。両者の会談は30分程度行われ、TPPに対する考え方などについて意見交換した。
 自民党はTPPについて、「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、交渉参加に反対」との公約を掲げて衆院選に臨んだ。コメなどの例外品目を確保できる見通しになれば、日本の早期交渉参加への道筋も見えてくることになる。
(引用終了)
関税だけがTPPではないはず。さまざまな問題(というか爆弾)を抱えているだけにあまり刺激させる事をしてほしくないですね。

2013-01-30 09:21 from W-B

>W-B様。
少し遅れてしまいましたが、エクパットからすれば、素行不良等の問題点があったとしても"子供は金の成る木"程度にしか見てないのでしょう。
あと、エクパットが意見書もとい抗議文を送ったという事は、他にも何かしらの行動をしてる可能性がありますので、元エクパットの親戚と情報収集にあたろうと思います。

2013-01-30 09:43 from ラビ | Edit

No title

てんたま氏を中心にこのようなツイートを見つけました。
てんたま ‏@tentama_go
TPPでの例外品目について「米USTRの方からは、賛同を得られたという感触ではなかった」と林農水相。TPP参加の影響についての試算を一本化すると表明してますが、政府内の足並みは早くも乱れたかっこう・・ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5243760.html
先程記事でも紹介しました経産省の「一定の感触」に対しての農水省の反応ですが本当に前途多難ですね。
篠田 昴@マエストロ見習い ‏@lain5046
こういう手合いは相手にしたら最後なのに、真面目に相手するんだもんなぁ。前にもちょっと違うけど絵画のタイトルに関する似たような事があったし。 <会田誠の展覧会に抗議文!児童ポルノ・障害者差別を容認しているとの指摘> http://nico.ms/nw502064 #niconews

てんたま ‏@tentama_go
@lain5046 PAPSは官公庁や議員にも影響力を持つ団体で、日本ユニセフとかECPATといったところとも親しいため、むしろ「誠意がない」と言ってそちらに持ち込まれる方がずっと厄介なことに・・・
篠田 昴@マエストロ見習い ‏@lain5046
@tentama_go こんばんは、初めまして。なるほど、だから近日中に回答する云々と言っているのですね。日本ユニセフはアグネスの方ですよね。主義主張の他に、こういうのに五月蝿く突っかかるのに納得しました。
てんたま ‏@tentama_go
@lain5046 活発なのは所属する一団体のECPATですが、今回はPAPS全体での表明になってますね。ECPATは議員さんへのロビーや院内集会の開催などのほか、ここの顧問弁護士が都条例改正の立案者の一人であるなど、政治に食い込む力を持ってます
てんたま ‏@tentama_go
@lain5046 日本ユニセフはおっしゃる通りのあそこです。ECPATの主要人物の仲間は海外で国連の一委員会を動かせる力を持っているため、抗議文にも「海外でも問題にしていく」とあったりするのでしょうね・・・
篠田 昴@マエストロ見習い ‏@lain5046
@tentama_go やっぱりそうでしたか。という事は、過去の絵画やこれから描かれるであろうものにも影響が……。何だかこういう団体が騒いであれも駄目、これも駄目と文句をつけて規制するのは如何なものかと思います。
まにゅ ‏@manyuci
@tentama_go @lain5046 実在の人には我関せずで、空想?の作品には飛びついたように児童ポルノ云々との難癖を見ていて思いますが、合法と解っているので対象が反論してこない絵をターゲットにしているのでしょうかね~。
篠田 昴@マエストロ見習い ‏@lain5046
@manyuci こんばんは、初めまして。そうなると、実在している非合法のものに関しては後々それで儲けてる人間に仕返しされたりとかするのが怖くてしないのでしょうね。そして、実在しないものに関しては絵が反論しないからこそ強気に出られるのだと思います。いじめの構図と一緒で嫌ですね。
てんたま ‏@tentama_go
早速ポラリスプロジェクトが会田誠さんへの抗議に連携の様子 RT @ppjapan
てんたま ‏@tentama_go
ポラリス動いたとなると、ボディショップで会田誠さんへの抗議署名集め始まったりするのかな・・・・前政権は創作物規制には首を振らなかったけど、今度は元から児童ポルノに創作物を入れることも視野にある政権なので、一抹の不安が・・・
>ポラリス動いたとなると、ボディショップで会田誠さんへの抗議署名集め始まったりするのかな・・・・
署名活動については過去エントリーでも言いましたが、エクパットの抗議メンバーの一人である宮本節子氏が署名活動を行っています。
ttp://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2366.html

2013-01-30 09:50 from W-B

No title

現行憲法は古い文言が多いので改正するべきというのが一番多い気がします。
まぁただ改正すればいいというのではなく改正したうえに進化させるべきというのが自分の意見ですが自民の改憲案はどう見ても退化なんですよねぇ。
かんたんに説明すれば日本を中国みたいな体制にする憲法なんで
中国嫌いにはそれで通じるかなぁとは思ってますが・・・

2013-01-30 11:21 from あーず

No title

>水面下でエクパットが講談社にて手ブラ写真集についての意見書を出していたようです。回答は貰ってはいるものの、内容については掲示されていませんでした。
>それにしても「抗議」ではなく「意見」なんですね。
出版社ではありませんが、AKB側は法務部を強化するという話が出ていましたからね。
今回の手ブラに関してだけ言うのならともなく、それ以外の案件でエクパットをはじめとした人権団体は、散々、週刊文春レベルのデマカセを混ぜた滅茶苦茶な事を言ってきた部分がある訳ですよ。院内集会しかり、NHKしかり。
なので、そこを突っ込まれたらエクパットをはじめとした人権団体側が負けるのは必至でしょうね。
手ブラに関しては、きちんとおとし前を付けてもらわないといけませんが、それ以外の事に関して対応強化するという意味では、AKB側の対応は拍手喝采ものです。
よって、AKB以外のアイドルは勿論、出版社、漫画家やアニメーター、そして、会田誠氏にもガンガンやってもらいたいですね。
しかし、日本にいる人権団体というのは、何故、どこもかしこもおかしな連中ばかり出てくるのだろうか。

2013-01-30 12:13 from アーミテージ

No title

>W-B様
>アーミテージ様
その河西智美さんの写真集の件ですが、小林よしのり先生が猛反論するそうです。
AKB48河西智美の写真集発売が中止になったままだが

2013-01-30 12:46 from リベラル市民

No title

素朴な疑問なのですが、手ブラ写真集についてネット上では話題になっていますが、他のメディア、特にテレビ等で取り上げた所ってありましたっけ?あまり見かけないと思うのは自分だけでしょうか?

2013-01-30 14:14 from W-B

No title

弁護士である奥村徹氏のPAPSの抗議の内容についての見解がありました。
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20130201#1359466472

2013-01-30 16:40 from W-B

>あーず様
退化というか非民主主義国家の憲法ですね。
あの改憲案はどう見てもそうとしか思えませんよ。こういうと自称愛国者からデマだといわれるわけですが、自民党は「国民の権利と義務」についての議論はまったくしません。これで疑うなというのはできない相談でしょう。
国士気取りの連中も、その手の議論には異常なほと消極的です。多くは鳥越俊太郎の改憲案批判に対しても、具体的な憲法に対する議論はなくサヨクマスコミ云々のそればかりでまるで話にならない。
連中のなかには、「中国人や朝鮮人は残虐な遺伝子を持つ」だの「実験用モルモットなれ」だのと、しょうもない暴言を普段から叩いている者も少なくないです。
そういう暴言は、「“公益及び公の秩序”に反しているんじゃないか?」と言いたいですよ。
何度もいってますが、自民党の理屈では、“現行憲法においても”基本的人権の制限は人権同士の衝突・緩和以外の“理由”でも可能としており、それを明確にするために「公益及び公の秩序」という文章に変えたとしている。その制限の“理由”についての明確な説明はないわけですが、想像するとしたら「道徳」とか「倫理」になるでしょう。
そもそもあの説明だと自民党は、「現行憲法の基本的人権の制限を、人権同士の衝突・緩和のみと考えて権利を行使するけしからん輩がいるので、そいつらを取り締まるために条文を変える」と考えているとしか思えない。
だから改憲しそれを明確化(自民党の勝手な理屈)した文章になったら、「そのけしからん輩」は潰されるわけだ。
道徳に反することが制限されるのだから、先に述べた「中国人や朝鮮人は残虐な遺伝子を持つ」だの「実験用モルモットなれ」は違憲になるかもしれない。
さすがにすぐにはそうならないだろうけど、「モラルがないのは日本人の恥」という思想もあるし、いずれそうなっても全然おかしくないよ。
国士気取りの皆さまは人権擁護法案にはやたら反対するくせして、こういうのには鈍すぎる。

2013-01-30 17:03 from 12434

No title

憲法を錦の御旗に、社会規範違反するなどと言いがかりをつけどんな表現も封殺できるようになりますからね。まず創作物が標的になるでしょう。
危険度で言うと児童ポルノ法、青健法がそれぞれ4で、憲法が5です(5段階評価)

2013-01-30 20:04 from あめふらしのしっぽ | Edit

>あめふらしのしっぽ様
憲法改悪派の連中は大きく分けて2タイプあると思います。
一つは、憲法そのものに対する理解が乏しくて、自民党の改憲案のような憲法こそ日本人に相応しいと思っているタイプ。もう一つは憲法がどんなものか理解した上で、日本を全体主義国家にしようとしている確信犯タイプです。
自民党の改憲派のほとんどは後者でしょう。だからこそ、9条以外についてはほとんど語らないのだと思います。
ちなみに私は櫻井よしこ氏は前者だと考えています。彼女が優秀面もありながら入閣しなかったのは、国民の権利など9条以外について堂々と主張されることを、自民党が恐れたからだと思われます。
9条以外の改憲問題について、どうやって大衆に理解してもらえるかが大きなポイントです。
日本には各地に「9条を守る会」があるようですが、そうした団体に、「9条を守るためには9条以外の改憲問題について強く主張しないといけません」と意見するのは有効でしょうか?

2013-01-30 20:29 from 12434

No title

甲賀志 ‏@hiroujin
平成24年11月24日の児童ポルノ排除対策公開シンポジウム(第3回) http://www8.cao.go.jp/youth/cp-taisaku/symposium3.html … カイ・レイニウス(スウェーデン外務省国際法・人権・条約局課長代理)が創作物規制を訴えている。12年6月にスウェーデンで「漫画は児童ポルノではない」と無罪判決が出たのに
甲賀志 ‏@hiroujin
前RT 内閣府のシンポジウムで、スウェーデンの要人から、漫画も児童ポルノとして規制せよという主張が出た背景は、無罪判決を意図的に隠そうという狙いがあるだろう。『「マンガは児童ポルノではない」 スウェーデンの最高裁が下した無罪判決のまとめ』http://togetter.com/li/321482
24-589 ‏@24_589
先RTが示すスウェーデン政府及びスウェーデン王室の遣り口は非常に悪質で、『自国では自分たちが嫌いな表現を規制出来ない』ので、『外圧に弱い他国で規制をしよう』という内政干渉そのものと言える。
山崎義武 ‏@yama4yoshi
ECPATスウェーデンの人が、自国で「イラストは児童ポルノじゃない」って判決が出たのに、わざわざ日本にやってきて、その判決隠して、日本に漫画を児童ポルノとして規制しろと要求してきたって? そういう連中だもん。都合が悪いことは無かったことにする連中だよ。
過去に内閣府主催で開催された児童ポルノシンポジウムの会議録が公開されたようです。過去のエントリーのコメントでも取り上げましたが、やはりシモン・ルンドストローム氏の事は取り出てこなかったようです。会議録の内容はポラリスジャパンがツイッターで逐一状況報告していましたが、ほぼ内容どおりに見えました。
ttp://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2299.html

2013-01-30 20:33 from W-B

連投すみません

気になるツイートを見つけました。
ニジロスキー ‏@nigiloski
【カンボジア】韓国人は東南アジア買春の「得意客」by ECPAT | 朝鮮日報 http://ow.ly/hfBVz |あれれーおかしいなー、どこかのおばちゃん達は日本人って言ってなかったっけー
HT_570 ‏@HT_570
緊急声明 児童ポルノは児童の性的虐待の記録 単純所持の規制を含めた早急な法改正を! |日本ユニセフ協会|お知らせ http://www.unicef.or.jp/osirase/back2013/1301_29.html
山崎義武 ‏@yama4yoshi
緊急声明 児童ポルノは児童の性的虐待の記録 単純所持の規制を含めた早急な法改正を! |日本ユニセフ協会| http://unicef.or.jp/osirase/back20 … @UNICEFinJapanさんから この前のAKB手ブラ事件で単純所持禁止は超ヤバイって騒ぎになったのに
日本ユニセフが児童ポルノの改正の声明文を発表しました。文面を見る限り訴えているのは単純所持のみのようです。創作物規制を挙げるのはやはり都合が悪いのでしょうね。会田誠氏の件にしても抗議文に対する批判が大半です。本当にドサクサでやりそうです。
そもそも単純所持も危険です。山崎氏もおっしゃっていますが、AKB手ブラ事件で単純所持禁止の危険度を増しています。しかも遠隔操作ウイルス事件もいまだに未解決のままです。事件が解決してもウイルス自体がなくなるとも限りません。
個人的意見ですが、世界各国の児童ポルノの規制で犯罪率は大きくなり、その何割かは冤罪も含まれているのではないのでしょうか。シモン・ルンドストローム氏の件にしても氷山の一角ではないでしょうか?
>内閣府が実施した世論調査でも、「単純所持」規制の必要性を認める声は、2002年時点で80%超。2007年の調査では90%を超えております。
特に2007年のは捏造疑惑があったような。面接方式で都合の悪い回答内容は門前払いしていたような・・・

2013-01-30 20:58 from W-B

No title

何度目か解りませんが「所詮もらい物」ですから、有り難味も薄くて当然でしょうね。
日本も現行憲法をくれた肌の色で差別を無くすのに内戦までした国のような経緯を経ないとダメなのでしょうか。
そんな必用無いのに。
自民党改憲案の正体が九条というドアの建て付けを直すと言って実は、家中取り返しの付かない穴だらけにする白蟻リフォーム業者だという事実を知らしめるのには、九条にばかり固執する既存護憲派に問題をもっと改憲案全体に広く見るよう勧めるのは重要ですが、それと併行して好い加減に戦争というか、自衛隊アレルギーを治しても頂きたいですね。
特に社民党。日本国と出向先の国の発展の為に尽くす自国民を、卑劣で狂ったならず者から自国の力で救う事の何が短絡か!
名称変更でしかない改憲よりも、今こそ現行憲法下で自衛隊を世界一の国防の手に!くらいを党是にすれば、北朝鮮に裏切られて(最初から信じる事が間違いだったのですけどね)失った国民の信頼も、議席二桁くらい戻りますよ。

2013-01-30 21:29 from ネットマスゴミ | Edit

No title

>特に2007年のは捏造疑惑があったような。面接方式で都合の悪い回答内容は門前払いしていたような・・・
全くそのとおりです。
その数字は正に捏造で、面接方式のアンケートで異を唱える人は門前払いをされました。
今更そんな古いものをを持ち出すなんて、よほど資料が無いんでしょうね。
ただ、規制派団体が国会が始まったと同時に動き出しましたね。

2013-01-30 22:29 from

No title

これで他国がやってるから規制すべきだって自民信者が言ったら、外圧に屈したってことだよな。
これに賛同するなら、従軍慰安婦も認めなきゃ矛盾するよな。
どっちも外国に言われているんだから。
俺ならどっちもNOだけどね。
自民なら外圧に屈しないとか豪語してる割にあっさり屈したら笑うわ。
これも立派な内政干渉で外圧だろ。

2013-01-30 22:35 from ライト三郎

No title

日ユニはその文面を全国会議員に送付したとか言っているが・・・
うわぁ・・・やってくれるなホントに・・・

2013-01-30 22:37 from

No title

また報道無罪で自分達が自浄不可能だと証明してくれたようです。
>アルジェリア人質事件の遺族に対しマスゴミが待ち伏せ取材をしている所を逆取材をすると黙り逃亡するゴミクズ記者達ハムスター速報
ttp://hamusoku.com/archives/7704791.html
京都無免許運転事故での被害者遺族への突撃取材の反省が全く生かされていない・・・というかあの時は逆ギレしてましたから、さもありなんですか。
>京都18歳少年の無免許運転事故 搬送先救急センターでのコメントに対してマスコミ各社が「事実誤認」と反論
ttp://getnews.jp/archives/197315
これで「記者の人権が侵害されています!安倍総理、人権侵害救済法案の再考を!あ、もちろん今までどおり私達報道陣は適用外で」とか言い出したら、どうしましょうか。
どうしようも何も、こんな有様で自分達の商売は消費税の課税対象外にしろとか言ってる業界ですし。ありえそうです。
これも改憲で言論の自由を制限すべき!とかを言い出す人が出そうですね。
しかし、ここでも彼らは顔を晒して所属も名乗ってる時点でまだ責任を果たしていると言えます。スタスタ逃げた日本テレビの記者は論外ですが・・・。
ネット言論も彼らを笑えなくならないように注意していきましょう。
こういった連中を糾弾出来るのも言論の自由があるからです。そして自由は責任を果たして始めて得られます。

2013-01-31 00:20 from ネットマスゴミ | Edit

No title

>12434 さん
櫻井よしこ氏は微妙ですね。
確かに“言論人”として青環法に反対したような過去がある一方で、全体主義指向的な側面も持っています。
彼女の入閣の話もあったみたいですね。それが見送られたのは、おそらく安倍政権がタカ派的なイメージをもたれるのを避けたためではないでしょうか。
とにかく参院選までは一定の支持率をキープしたいということだと思います。
あと日本ではいまだにマスコミの影響力が強大です。人口3倍のアメリカよりも日本のほうが新聞発行部数が多いほどです。テレビの影響も甚大ですね。その分ネットへの信頼度は低めですが。
ということで、護憲会派の議員に週末のダイジェスト報道番組を中心に、普段のニュース番組なんかにも、出演する際には9条以外の問題点についてガンガン追及していただく、それこそ国民に改憲アレルギーを植えつけるつもりで。それに尽きると思います。
おそらく護憲会派の議員の多くも9条以外はよく理解してないんじゃないかと思います。だから我々がすべきことはそういった議員さんたちに改憲の問題点を伝え、マスコミで発信していただくことです。いくつか前のエントリーで水無月さんが取り上げた方の説明が非常にわかりやすくてよかったのですが、ああいったものを伝えるといいと思います。
世論調査などから察するに3割くらいはガチで反対、あとはなんとなく反対、態度未定なので、残り2割をどう確実に取り込むかなんです。それには9条など争点にしても仕方ありません。9条改正に反対の人は確実に改憲に反対します。残りの迷ってる人は、必ずしも9条堅持にこだわっていない、国際情勢次第で一気に改憲賛成に傾いてしまいます。そういう人たちを確実に取り込むには、9条はむしろ封印し、争点を人権規定に絞るべきなんです。
こういったことも各議員さんには伝える必要があります。
そうした結果、自民の改憲案はおかしいんじゃないかって世論の空気が出てくれば、改憲推進会派のなかにも方針を改めるところが出てくるでしょう。改憲派の足並みの乱れを誘うことにもつながりますね。
またおそらく自民のなかにもわずかながら造反する議員が出てくると私は見てます。
長くなりましたがとりあえずこのへんで。

2013-01-31 01:09 from あめふらしのしっぽ | Edit

>ネットマスゴミ様
仰ることはわかりますが、一応念のためにいっときます。
自由には責任が伴うのは同然です。しかし、ラディカルフェミニストのような、「表現の自由にも責任が伴うから、責任が取れないなら自由は認めるべきではない」という理屈はまずいですね。
あのレイプレイ事件なんか見ればわかりますが、けっきょく連中の理屈って、「女性への性暴力を助長する可能性がある表現物を、世に出すことは無責任だからするな」という無茶な要求なんですよ。
そんなこといったら際限がない。なんらかの基準が必要です。でもけっきょくなにを基準にしているのかというと、彼ら自身の都合です。レイプ系のBLだってあるのに叩かないのは、女性を敵に回しにくいからでしょう。男女平等が聞いて呆れます。
だいだい天皇制はレイプ権だとかいうAPPの身も蓋もない発言は、無責任じゃないかと。

2013-01-31 01:11 from 12434

No title

12434さん
今回マスゴミがやらかしたことは現実に被害者を発生させています。仰るような創作物は?と言う事でしょうか。
誰も被害者など居ません。作品によって傷ついたなどというのは単なる不快感です。
この記者達のように態々見せに出向いた訳でもなく、見る見ないの自由の選択をし、自分で踏み込んできて、気持ち悪いから消せなどというのとは違います。
こん回の件、各社の記者達は自分達の行為に対する非難を受けねばなりません。
そしてマスゴミの被害者達はこの暴力から身を守る権利もあります。これを言論の自由侵害だの、人権侵害などと言い出したら、何を言ってるんだという話です。
ちなみにこういう時、彼らは自分達が取材したかったのでなく、それを知りたい誰かが居るからだ!などと責任転嫁を始めますね。それなら創作物にも見たい誰かが居るのですが。しかも、創作物は特定の誰かを傷付けるのが目的ではありませんし。
創作物への表現の責任は作品への評価、それだけです。
作者は自分の作品へ好評も酷評も受けなければなりません。酷評に傷ついた、人権侵害だから止めろ!など表現の責任を放棄するなら、表現の自由も放棄せよ。
つまりはそう言う事です。念など押されなくてもそれは解ってます。
私が言いたかったのは、彼らの報道という行為への言論の自由と責任です。
むしろそれが解ってなければこんな注意喚起はしません。

2013-01-31 01:21 from ネットマスゴミ | Edit

まあそうですが、ネットマスゴミの意見を見て勘違いする人もいるかもしれませんし、そういった意味での念のためです。いや、こちらの言い方がまずかったといえばそうですが。

2013-01-31 02:13 from 12434

あ、すいません。まちがえて呼び捨てにしてしまいました。失礼しました。

2013-01-31 02:16 from 12434

えーと、ちょっと叩かれているかも?(^_^;)

12434様へ~。いや、それが金尻和也さんという、多分「disca」さんという方と同一人物じゃないかと思うのですが、BLやら百合もよろしくないとされてた様でして(微笑)
「heroin 25」さんがtogetterに「ボーイズラブは見世物、規制されるべき」としてまとめてらっしゃいます。なんでもボーイズラブ漫画の多くの読者層は異性愛者で「面白おかしく、見世物的に読むもの」「百合姫もそうでしょう」だとか。既に表現の内容なぞ飛び越えて、「読者の属性」や「読者の受け取り方」までも「好ましく」なければ断罪したいご様子(^_^;)
この理屈だと「どんな表現でも受け取り方が『好ましくない』ならば規制」で、この世に許される表現など無くなりそうですね~
てな訳で「一応『男女平等』」してるかと(笑)。と申しますか…
いや「何で男ばかりエロ表現を非難されるんだ?!女はいいのか?」的な憤懣やる方ないお気持ちは分からないでもないのですが、何せお相手は「分断」を狙っています。女性オタクと男性オタク、どっちがより叩かれてるか競争しても仕方がないですし、大同団結すすめる方向で…と。
向こうが「男女平等」なら、こちらも「男女平等」で…と思いまして。はい。

2013-01-31 16:50 from ふぶら

No title

ふぶら様
>この理屈だと「どんな表現でも受け取り方が『好ましくない』ならば規制」で、この世に許される表現など無くなりそうですね~
disca氏は過去にツイッターで「商業的な表現や性的描写の自由は、憲法で擁護される「言論・表現の自由」の中でも、かなり低い地位のもの。」という発言をしております。自由の表現についてこのような考え方をしていれば「どんな表現でも受け取り方が好ましくないならば規制」という自己都合な考え方を持つのは当然ではないかと。
シモン・ルンドストローム氏が過去に日本で講演会を開催した時に「表現の自由は絶対に曲げてはいけない」と発言をしております。今更ですが今回の憲法改正はまさしく絶対に曲げてはいけない所を曲げる行為です。
ちなみにシモン・ルンドストローム氏の講演会は今でも見ることができます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv103253596
スウェーデンのマンガ翻訳家シモン・ルンドストローム氏の講演会
http://togetter.com/li/355157

2013-01-31 17:28 from W-B

>あめふらしのしっぽ様
お返事ありがとうございます。確かにタカ派的なイメージが着かないようにした可能性はありますね。
>ふぶら様
金尻氏のツイッターのプロフィールも見ると、BLは認める趣旨の意見が書かれています。いや、確かに仰るようにその一方でBLを否定するような発言もあったはずですからね。
まああの方はとにかくおかしな発言が多いです。http://m.togetter.com/li/249562
分断工作というか、自分らの主張に少しでも正当性を持たせたいのでしょうけどね。
でもあの連中って、けっきょく実質的には後藤弁護士とかに操られていますね。皮肉なことに、だから手強い相手になっています。

2013-01-31 18:21 from 12434

極めて危険な考え方を押し付ける…支配欲、なんでしょうかねぇ…

12434様へ~。はい。disca氏はツィッターのプロフィールには、TLやBLやGL等暴力的でないのは好意的とか、なかなか「女性読者にはすり寄って」いるかの様な言葉を載せておられますね。
勿論「何をもって暴力的とするか?」は、disca氏ご自身のお好みでしょうし、「好意的」だけど「規制はすべき」とお考えなのかもしれません(微笑)。
何にせよ「見世物」的な受け取り方をしている、とdisca氏が判断した人(一体どうやって人の内心の受け取り方を判断する事が可能なのでしょうか?)は断罪されるべきであり、そう受け取られた創作物は規制されるべき、とお考えの様に自分には読めます。他者の内心の自由を全く尊重しようとしない、極めて危険な考え方に見えます。そも客観性の無い(何をもって「見世物」的享受なのか?第三者に識別出来る判断基準の提示も無いですしねぇ)断罪や規制とは、まぁズバリご自身の独善に過ぎない訳で…単なる支配欲の発露としか自分には見えません。
ともあれ「好意的」なる語からは、「許してやっても良い」的な意図が読み取れもしまして、一体この方に何故「お許し」を得ないとならないのか?などと、女性でBL好きの自分等は「カチン」と来たりもしますね(微笑)。

2013-02-02 02:07 from ふぶら

ご紹介有難うございます

W-B様へ~。シモン・ルンドストローム氏の記事のご紹介、どうも有難うございます。
一回目を通した事はありましたが、改めて読むと又、勉強になりますね。全く実際の児童の人権擁護や被害者救済とは無縁の訴えの為に、ひどいめにあわれたルンドストローム氏…
恐ろしい事です。
成程、disca氏は相当に「自由」に関して特別のお考えをお持ちなのですね。これ又改めて思うところがあります。
ご自身が自由に発言出来る我が国の「自由」を、disca氏はおおいに大切にされた方がよろしいのではないか?等と自分などは感じたりしますが…きっと、ご自身が只今手にされている「自由」の価値には、余りお気付きになってはいらっしゃらないのではないか?と推測してしまいます(苦笑)

2013-02-02 02:22 from ふぶら

No title

ぶぶらさん
そのdiscaこと金尻カズナ氏は公演を開いていますよ。
http://kyofukai.blog.ocn.ne.jp/info/
(既に終了していますが・・・)

2013-02-02 18:45 from

これは行ってみたかったかも?(微笑)

む様へ~。ご紹介多謝です。成程、2月1日…正直これは行きたかったかも(微笑)。
どの様な内容をお話されたのか?わからないですが、なかなか不思議なお考えをお持ちの方と自分には思われますので興味はあります。多分、ご主張に賛同は出来なさそうな予感がするのですが…気のせいかしらん?(あはは)。
それにしても講師、なのですね。その分野に特段の知識や見識をお持ちと判断の上、講師として招いた団体さんがおられると…ふむ。
非常に興味深い情報を有難うございました。次の機会がありましたら、お話を直接伺うのも勉強になりそうです。色々な意味で。

2013-02-03 02:08 from ふぶら

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.