FC2ブログ

自民党改憲案を「人権ゴロ対策」と歪曲するミスリードに要注意! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

自民党改憲案を「人権ゴロ対策」と歪曲するミスリードに要注意!

2012年12月20日(木)胸の奥底は解らないことで自分を偽る そうだろ?
http://members3.jcom.home.ne.jp/walachia/nikki/201212.html

自民党の憲法改正案がヤバいと扇動されているがそんなことはなかったぜ!
基本的人権が削除されているとミスリードされている

→削除したのは『基本的人権獲得物語』とでも言うべき内容の無いもので、『基本的人権そのもの』を定めた第三章十一条は変わりない。

「自衛権の発動を妨げるものではない」の文言が入っている
→そもそも明確に『自分の身は守っていい』と規定していない条文を奇妙奇怪に解釈で何とかしている現状がおかしいだけ。殴られそうなら身構えろ、殴られたら身を守れってのは当然のこと。何もやばくはない。

「常に公益及び公の秩序に反してはならない」っていうのも、現行の条文とその解釈で成田空港の滑走路建設妨害が何十年も排除できないでいることからわかるように、人権ゴロ対策でしょう。あれ明らかに公益に反してますよ。ていうかこんなことで揚げ足取りしたって、自分が提示した条文の比較でそれを否定されるあたり滑稽ではありますね。


D.S氏より頂いた情報。最近「自民党改憲案は人権ゴロ対策」と解釈を歪曲する人達が増えてるので要注意。my日本などでも急速に増え始めました。人権救済法案やACTAと逆パターン。都条例改正の時も「反対派のデマ」と吹いてた連中が居たのでこういう輩は絶対出てくると思いましたよ。彼等は「憲法の基本を知らない」もしくは「自民党を崇拝してる」と思われるのでTwitter等で注意を呼びかけて頂ければ幸いです。

基本的人権。そもそも「憲法97条」が削除されてる事を忘れてる時点で・・・。繰り返しになりますが「公共の福祉」に反しない限り認めらている「表現の自由」「公益及び公の秩序を害する」と判断すれば剥奪できる様になっています。確かに「公益」だけならば人権ゴロ対策と言えなくもありません。しかし問題は「公の秩序」です。これにより現行憲法とは解釈が真逆になり「事実上削除」となるので悪質なデマに惑わされない様に御願いします。

憲法の解釈権は権力者側にあります。自民党支持者が都合の良い様に「人権ゴロを取り締まるものだ」と主張したところで条文にそんな事は書かれてません。憲法や法律は「条文」がすべて。条文以下の事は起きません。はっきりと「公の秩序を害する目的で基本的人権は認められない」と書かれてる以上それがすべてです。

余談。自民党改憲案そのものが憲法違反なんですがどうやって通す気なのか気になります。参議院選に勝てばゴリ押しですかね?。


>D.S様

成田空港の問題についてはあまり詳しくないのですが、その問題を解決するために憲法を改正するというのは明らかにおかしいですね。

国民の生活に直結するものですから、あらゆる可能性を考慮しないといけません。改憲してすぐにはおかしくならなくとも、時代が変わってまずい方向にいくことも考えないとダメです。

公益というのは、「政府が決定した利益」といわれています。自民党の説明では、どうやらそうではないといいたいようですが、なんか胡散臭いんですよ。

前にもいいましたが、自民党は「現行の憲法でも、基本的人権の制限は、人権同士の衝突の調整以外の理由でもできる」といってるわけですが、その“理由”ってのがなんなのかさっぱりわからない。
「公共の福祉は意味が曖昧だ」ともいってますが、連中の考える「人権同士の衝突の調整以外で、基本的人権を制限できる理由」こそ曖昧でしょう。
その辺についてはまったく説明になってません。
そしてしつこいようですが、国民の多くは9条以外には関心がありません。国民的議論が少なすぎるというのに、自民党はとにかく急いで改憲しようとしています。はっきりいって、9条以外を変えるなら、一年や二年じゃ全然議論が足りませんな

そんなありさまでどうして自民党が信用できるのか。

2013-01-19(18:28) : 12434 URL : 編集


規制反対派は普通の人より憲法に詳しいと思いますが私はこの成田空港の件をよく知らないので詳しい方は教えて貰えると助かります。

>ネットマスゴミ様

正直自民党の印象の悪さは半端じゃないわけですが、ただあれだけ議席がある分聞く耳持つ人が出てきてもおかしくはないですね。

自民党内からも改憲案の異常さに疑問を持ちはじめる議員も出てくるかもしれません。それの誘因のためにも、他の政党になんとか9条以外の問題を強く訴えて欲しい。
案外9条を守るためには、それが最も有効かもしれませんね。

2012-12-18(01:10) : 12434 URL : 編集

No title
12434さん
規制派は半世紀かけて自民党に喰い込んできましたが、考えてみれば反対派はその間自民党に何もしてこなったようなものですし。
民主党ですら小宮山洋子クラスが相当数居たのですから、考えを変えるべき時かもしれません。

改憲問題は、まめたぬきという人が仰ったように、右派も左派も九条に全てをボカされてしまってます。
そりゃ削除出来るなら削除すべきですが、個人的には九条なんぞあっても、最早意味無しで問題無いとも思います。
まともに軍事と防衛を考えれば、改憲なんぞに掛かる血税で自衛隊を強化した方が良いと思います。と伝えますよ。

2012-12-18(02:18) : ネットマスゴミ URL : 編集

ネットマスゴミ様にとっては9条は不要でしょうけど、護憲派の政党には重大ですよ。
彼らに9条以外の問題を強く訴えてもらうためには、それが一番いいんじゃないかと。

2012-12-18(07:15) : 12434 URL : 編集

No title
>ネットマスゴミ様

横から失礼致します。
自民党への働きかけですが、ネットマスゴミ様が何度か例に挙げている大津のいじめ事件(「言論の自由が無ければあの事件は闇に葬られていた」)は、有効でしょうか?
当方地元の自民議員は教育分野に精通していますので、「表現の自由が事実上壊滅したら、同等の重さを持つ“言論の自由”にもヒビが入り、大津のいじめ事件のようがモラルハザードが横行する事になる」と切り込んでいこうかと思っておりましたが…どうでしょう?


2012-12-18(08:33) : URL : 編集

No title
12434さん
相手によって切り口を返るべきですね。
改憲派は九条など「改正」のしても無駄。九条以外にドサクサで手を付けるような既存改憲案は論外。そんな事よりも自衛隊の強化と柔軟な運用を。
護憲派は九条だけで訴えては誰も聞いてくれない。他の問題点も伝えて行かないと(「守れ!九条!」とかのポスターは逆効果です)

まずは九条催眠に罹って既存改憲案の危険さに気付いていない人達に伝える事から始めます。

それにしてもサヨクマスゴミや反日国家連が、なぜ九条にだけ固執してもっと理解を得易い問題点を突付かないのか疑問です。

皆様、念を押しておきますが私は九条削除に限定して改憲派ですが、既存改憲案に反対する人は敵だとは思っていません。
憲法改正などするまでもなく「自衛隊」という例外を作ってくれた先人と国防に携わる人達へ深く感謝しています。

2012-12-18(08:33) の方

周囲の人間には多いに効果がありました。特に大津市が求めていると言ったら全員が怒りを顕にしてくれましたよ。
報道無罪の裏取引が済んでいるマスゴミが伝えないので、この法案自体知らない人も多かったのですが、日頃インターネット言論の無法(事件性のある物は既に対処法があるのですが)無責任ぶりを嫌悪している人ですら「殺虫剤で人間まで殺してどうする!」と怒っていました。

ただ、デマを流して風評被害や事件を起こした者、情報の真贋も見極めずそれに踊らされて二次被害を起こした者を早急に逮捕し厳罰に処す捜査体制の確立は必要とも言われます。

あと私は今後、既存の規制派が流すデマや誹謗中傷の印象操作の看破に加え、経済再生重視の安倍政権には「子どものため」で思考を停止しては子ども達の生活と社会、それを支える電力という複雑な関係を一考もせず、「たかが電気で子ども達が死んでしまう」などと漏らした坂本龍一氏のような浅はかさに落ちてしまい、国民の経済再生への期待を削いでしまうでしょう。
そもそも本当に「子ども」達をを思っている人たちはそれに気付いています。規制を求めてしまう一部の親御さん達は「放射能」を「犯罪者」に置き換えたような煽りに騙されてしまっているだけでです。目に見えず実態の感知出来ない存在の恐怖をを利用して人を扇動するのは、詐欺師の常套手段、原発事故後で雨後の竹の子のように出てきた連中を見て、日本人は気付いたでしょう。
かつての「美しい日本」とは、寛容の社会でした。的外れな規制を叫ぶ人達はそれを破壊します。

と言った感じ訴えて行きたいです。


ただ安倍さんはその日本の寛容を社会を外国から破壊しにきているアグネス・チャン氏と関係が深いと言う事、これについては安倍本人への非難でなく、このような人物との関係は国民の信頼を裏切ります。といった感じで行きたいです。
あまり言いたくないですが、一時は次期首相とまで言われながら70年代から全く無反省のサヨクテロリストどもとの縁が切れていなかった為に、大きく信頼を失った枝野幸男氏も例に。

2012-12-19(21:49) : ネットマスゴミ URL : 編集


太字の部分に注目。大津市いじめ事件を例に自民党改憲案の危険性を周知する方法。学校側は憲法を守る立場に居るのでこれは有効。もうひとつは相手よって「憲法9条」を使い分けるべきいう提案。改憲派も護憲派も意外とこれに固執してるのでここを切り崩すのはポイントかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-01-23 01:34 from -

1

管理人様
>成田空港の件
 この事件は非常に複雑な経緯をたどっていますので、これでもかなり端折って書きます。行間は適宜補って下さい。
 
 元記事に書かれていたことは、1970年代ごろから続いた「成田闘争」を指していると思います。
 成田空港は、農村を切り崩して建設された内陸空港です。そのため、建設に際して騒音問題が持ち上がり(40年前ですから、騒音対策技術も今に比べて遥かに未熟でした)、土地の接収に反対する農家が出て反対運動を始めた、という問題が生じました。ただ、ここまでなら現在でもよくある話です。受忍限度を超えて騒音や引越しの我慢をさせられるのはたまったものではないと思うので。
 問題は、反対運動に暴力主義者が入り込んで、「政治闘争」にしてしまったことです。過激派は妨害施設などを作って抵抗する形になりました。話し合いなど、行政側が穏当な手段でも解決できない場合、行政代執行法に基づいて代執行により土地を接収する形になるのですが、その際の激しい抵抗で警察官に死者が多く出たほか、過激派が民間人を襲撃して死亡させる事件なども発生しました。
(続く)

2013-01-23 21:51 from rede | Edit

2

(続き)
 地元は、あくまで話し合いなどの民主的な方法で接収を進めようとしたこともあり、非常に長い年月を要したものの、それなりの根拠をもって反対していた農家は次第に立ち退きに応じるようになりました。しかし、「反対のための暴力」を振るう人たちも含め、なお空港に居座る状態が続きます。ちなみに、武装集団が建設した小屋の撤去を巡る裁判はつい最近まで行われており、2012年1月にようやく小屋の撤去を命じた2010年2月25日判決が最高裁で確定しました。
 ここからは私見です。まあ、いうまでも無いことなのですが、行政が代執行をかけてきた場合に、死者が出るほどの抵抗をするということは許されません。確かに土地の接収の場合、引越し先の条件が悪い、などということも良く生じ、行政の対応に問題がある場合もあります。しかし行政処分の違法性を争ったり、国家賠償を求めたり、という救済手段がありますので、その方法を選択すべきということになります。
 暴力勢力の行為は、現憲法下でも許されるものではなく、逆に、憲法を改正したからといって解消できる話ではありません。少数の暴力主義者による違法行為が原因であり、法律レベルで解消が可能な話で、基本的に憲法の条文そのものとは無関係だからです。「公共の福祉」という文言や解釈を変えなくても、民間人個々人との利益衝突が起こっているわけですから、あえて「公益」「公の秩序」という概念を持ち出さずとも、現憲法で対処可能です。少なくとも、成田事件のような性質の事件を口実に国民個々人の権利を剥奪することは正当化しにくいでしょうね。
>自民党改憲案そのものが憲法違反なんですがどうやって通す気なのか気になります
改憲内容について、無限定説(どのような内容の改憲であっても許されるという立場)、非常に緩やかな限定説(改憲の内容は限定されるが、その範囲は非常に狭いという立場)に立てば、理論上改憲自体はできますね。あの内容だと、そういう立場に立っているものと思われます。
どのような改憲であれば許されるのかは、学説上も対立が鋭く、答えの無い領域です。

2013-01-23 22:06 from rede | Edit

No title

 根本的な部分なのですが、「平和主義」って手段ですよね。
 憲法の目的は「個人の基本的人権を守ること」にあるわけですが、常に国家が武力行使をやっていたらそれはまかりならないわけですから、平和主義はその手段。ですので、どうすれば基本的人権がもっとも良い形で充足されるかという手段論として、「…戦力は…保持しない。…交戦権は…認めない。」という内容が適切かという議論はあっていいとおもいます。
 平和主義は大切ですが、9条の文言に拘るあまり、目的と手段の理解が逆転していることも問題で、その意味では護憲派勢力も憲法を正しく理解しているか疑問なところがあります。憲法13条(個人の尊重)や99条(憲法尊重擁護義務)の改正を許さなければ、9条が変わっても反対する国民はそれに従わなくていいわけですが、憲法の目的論が正しく把握されないでそこが変わってしまえば、(護憲派の立場からの)改悪された9条に従わなければならないという事態になるわけで、より深刻なはずです。
 と、護憲派政党の議員と会う機会があればそのたびに言っているのですが…
 私の印象では、割と議員個人レベルでは理解して下さっていることが多いですね。9条ばかり言っていないと離反する支持層がいることや、憲法の役割を知らない人が多いこと、報道もなかなかされずされたとしても興味を持つ人が少ないこと……こういったことが問題かと思いますね。9条では票になるが、ひとつ9が増えて99条になるとあまり票にならないのですよ。改憲派にしろ、護憲派にしろ、です。

2013-01-23 22:45 from rede | Edit

No title

redeさん。
教えてくれてありがとうございます。
憲法改正と関係のある話とは思えませんがこれを理由に改憲を煽るコメントが多いですよね・・・。

2013-01-24 01:35 from 水無月(管理人)

No title

これは朗報なのではないでしょうか?
小宮山元厚労相が引退
時事通信 1月23日(水)22時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000179-jij-pol
 昨年12月の衆院選で落選した民主党の小宮山洋子元厚生労働相は、次期衆院選に立候補せず、政界を引退する意向を固めた。関係者が23日明らかにした。当落にかかわらず先の衆院選を最後の選挙とするつもりだったという。
 小宮山氏はNHKアナウンサー出身で、1998年の参院選比例代表で初当選。2003年の衆院補選にくら替え出馬し当選して以降、4期務めた。

2013-01-24 07:03 from 匿名 | Edit

No title

匿名さん
いや、解りませんよ
政界から引退し、規制推進派団体に天下りするかも
知れませんから。

2013-01-24 08:06 from ピチュ | Edit

No title

ピチュ様
>政界から引退し、規制推進派団体に天下りするかも 知れませんから。
そういう意味では元公明党の池坊氏をはじめとする引退した規制派議員も天下りする可能性もあるかもしれませんね。

2013-01-24 13:30 from W-B

山口弁護士より
https://twtr.jp/user/otakulawyer/status
> otakulawyer 小宮山元厚労相が引退(時事通信) -Y! ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-… 表現 規制推進派の巨頭が政界を去ります。しかし、良くも悪く もしつこい人が一活動家として自由に動けるようになった ということであり、警戒は続けないといけないでしょう。
個人的には将来日ユニの会長になるんじゃないかと思う。

2013-01-24 13:59 from ノンポリ国士 | Edit

No title

もし私が改憲派だとしても大日本帝国憲法に等しい自民の改憲案には反対します。
現憲法に疑問や不満があるのは事実だけど自民案は国民と日本を守るためのものではなく、極端になりますが自民だけのための自民を守るための独善的な憲法です。
良かれ悪かれ己の思想と主張を押し付けるような案は日本や国民を守る健全な改憲とは言えないし認めたくありません。
また健全(もしくは善意)だからといって、それを無理やり押し付けゴリ押しする行為は返って不健全な結果を招きかねません。

2013-01-24 16:15 from じょも | Edit

>じょも様
なんていいますかね。私としては改憲以前の問題だと思います。
そもそも自民党の改憲派は、憲法自体を理解していないのかあるいは、理解した上でわざわざ全体主義国家的憲法を作ろうとしている輩ですから。
ネットでもけっこうファシスト呼ばわりされてる大阪の橋下市長でさえ、「憲法は国家を縛るもの」と発言しています。
残念なことに、じょも様の仰ることはまったく「極端」ではないです。ぶっちゃけその通りなんです。実際あの改憲案には、わざわざツッコミどころを作るがごとく、「国民はこの憲法を尊重しなければならない」とまで書かれていす。
憲法は「政府に課せられた義務」であって、国民を縛るのは法律です。もう論外なんですよ。
しかも、9条以外について改憲派は、テレビ等ではまったく語ろうとしません(もっとも護憲派も同じですが)。例外は櫻井よしこぐらいです。
これでは管理人様が仰ったように、「9条を隠れ蓑にして国民を奴隷にする憲法を作ろうとしている」といわれても仕方ないでしょう。

2013-01-25 17:12 from 12434

No title

お久しぶりです。
お絵かきに忙しくて(殴)  ご無沙汰しておりました。
さて、成田の話が出ていますので、(ここぞ出番とばかりにでしゃばって)若干の私見も交えながら補足しておこうかと思います。
redeさんの話で何の話かは大体分かりますが、僕はもう少し農民側の視点を記しておこうと思います。
成田問題を、こっち革新側の人間は「三里塚闘争」と呼称してます。
そして、その三里塚は元御用牧場で、戦時中に満州へ渡り、戦後財産をすべて失った農民が移り住んで農地開拓をした土地でした。
そして、農地開発・農業生産が軌道に乗った戦後20年少々のころ、三里塚空港の建設が突然決まります。
redeさんは「騒音問題」と説明していましたがこれは正確ではなく、「農地接収」の問題として捕らえたほうが適切です。
三里塚農民のもとへ、突然「ここに空港を作るから、立ち退くように」という通達が一方的に行われました。
そして、ろくに十分な保障をしないまま機動隊を投入しての強制代執行が行われました。
これに怒った現地農民。
国策で満州へ渡り努力したのに、敗戦という国の都合ですべての土地を失った。
そして日本へ戻り、再び頑張って大地を耕したのに、「またもや」国策で土地を失おうとしている。
こういう背景が農民の国家不振を増幅させました。
結果、熱田さんや北原さんといった農民の方々が、非公認党派各派を「逆オルグ」するかたちで闘争を始めました。
機動隊の暴力に対するゲバルトな暴力での反撃です。
これは本来なら、暴力的解決の無意味さと同時に行政側が「民主主義手続きを放棄して強権的な排除をするとろくなことにならない」ということを学ぶべき教訓です。
さて現在の三里塚。
「武装集団だけが居座っている」というのは正確ではないようです。
こういう事情から農協との協力が得にくかった都合上、三里塚物産をはじめとする「有機栽培無農薬農業」や「直接販売」の先進地域として進化し、にんじんやラッキョウのを栽培する農家が中心となって頑張っている感じです。
そして、白・赤・青の3派がたまにデモをやっている、という状況。
確かに暴革なんて正しい手段ではないし、反民主主義的です。
しかし、そうならざるを得なかった理由を考えることも重要だと思います。
散々裁判をやっても、一向に勝てなかったのです。だから強硬手段に出たそうです。
行政は農民に耳を貸さず、建前の説明会で強行突破を狙いました。だから交渉拒否になりました。
国家を信用できなくなっての反国家。それも散々打ちのめされての末だった。
こういう過去から何を学ぶか。
我々の条例や立法の問題と重なって困る。
いくら声を出してもヤマは動かず、強行採決。
(ネトウヨに)聞くふりだけで何も聞かない自民党。
頼むから、権力側は我々が過去から学ばない行動をしなくて済むようにして欲しいと願ってやまない。
長文乱文を失礼しました。

2013-01-25 17:17 from 愛知の長門 | Edit

No title

>愛知の長門さま
 問題の本質が主として「農地の接収」にあるというのは御指摘の通りです。一応、「騒音問題」と「接収問題」を並列的に書いたつもりだったのですが(騒音を理由に反対を始めた地元住民もいるのは事実ですので)、読み返してみると騒音問題があったから接収反対運動が起こったみたいに読めてしまいますね…
 失礼しました。補足、御指摘、有難うございます。

2013-01-25 20:18 from rede | Edit

No title

>>redeさん
なるほど、そういう意図でしたか。
こちらも読み込みが足らなかったです。
厳密には、
三里塚=用地接収
芝山=騒音
の構造だったみたいですからね。
イメージ的に三里塚=東峰周辺の印象が強かったので、こういうことを書きました。すみません。

2013-01-26 14:23 from 愛知の長門 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.