FC2ブログ

選挙:衆院選・鹿児島3区補選 5669票差、自民ほろ苦い勝利 野間氏、総選挙に手応え/鹿児島 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

選挙:衆院選・鹿児島3区補選 5669票差、自民ほろ苦い勝利 野間氏、総選挙に手応え/鹿児島

今日は国政にとっては地味に重要です。
今日投開票の選挙は岡山県知事、富山県知事に続いて野田政権初の国政選挙、松下忠弘前金融・郵政民営化担当大臣の死去に伴う衆院鹿児島3区補選です…
なんでも自民党の元職宮路和明氏と松下氏の元秘書で民国民新党公認で民主党が推薦する、野間健氏が競り合っていて決着がつくのは深夜になるそうです…
私的にはここで宮路氏が勝てば年内解散もあり、野間氏が勝てば越年と思っています…
さてどちらが勝つことやら…

>衆参都議会トリプル選

正直樽井氏は惜しいですが…
しかしそうなれば自民党が衆参都議で勝利すればもう詰みだと覚悟してください…ですから私はトリプル選は反対その前に衆院選をやり自民党が安部総裁でなにも変わっていないことを知らしめるべきです…
それぐらい今衆参で与野党が捻れているのは重要なのです。

2012-10-28(22:16) : シンタロウ URL : 編集

<衆院補選>自民前職の宮路氏勝利 …鹿児島3区、与党かわす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121028-00000061-mai-pol

>前回衆院選で宮路氏は松下氏に敗北。このため自民は補選を 政権奪還に向けた第一歩と位置付け、安倍総裁、石破茂幹事長 ら党幹部も次々に選挙区入りし、民主の失政を批判して政権交 代を訴えた。党県連もフル回転で選挙活動を展開。環太平洋パ ートナーシップ協定(TPP)参加に批判の強い農村部などを 中心に支持を固め、公明の支援も得て終始優位に選挙戦を進めた。

結果が出ました…
しかし宮路氏はこれを見るとTPP慎重っぽいです…
これで年末の都知事選と都議補選に衆院解散・総選挙が重なる可能性が出てきました…

2012-10-28(22:37) : シンタロウ URL : 編集

昨日の衆院補選結果
選挙:衆院選・鹿児島3区補選 5669票差、自民ほろ苦い勝利 野間氏、総選挙に手応え/鹿児島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121030-00000218-mailo-l46&p=2

◇衆院3区補選 確定得票
当 70,694 宮路和明 71 自元
65,025 野間健 54 国新
5,973 大倉野由美子 62 共新
2,886 松沢力 30 諸新


自民党は最初ダブルスコアで圧勝と予想も蓋を開ければ5000票差にまで詰め寄られ結局辛勝…自民王国の鹿児島でここまで詰め寄れたのは自公政権がそう簡単に戻ってこない政権奪還の難しさを示しています…

そして
自民・石破氏、次期衆院選12月16日を容認
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121029-OYT1T01217.htm


自民石破幹事長が12月16日に衆院、都知事、都議補選のトリプル選を容認しました。

2012-10-30(21:08) : シンタロウ URL : 編集


鹿児島県の補選で自民党前職が勝利。まあ仕方のない結果でしょうな・・・。
ただ鹿児島は保守王国と呼ばれる地域なので元々民主党が勝つ可能性は低い事を考慮すべきかと思います。

■情報源:森本尚樹議員(https://twitter.com/morimoto_naoki)

森本尚樹 ( みんなの党 ) @morimoto_naoki
鹿児島の衆院補選、自民党は圧勝どころか辛勝だった。支持率が民主の三倍、国民新党の何十倍もあるのにだ。来たる衆院選挙、自民党が政権復帰と信じているのは自民党だけだ。


みんなの党の議員からこんな指摘。支持率は民主党を上回ってますが数字ほど差は無いと見るべきでしょうかね?。

政局優先で国民無視では当たり前ですが民自公の既存政党すべてが嫌われてるのは確かな様です。
第三極の乱立により衆議院選は想像以上のカオス状態。選挙後を見据えて悪法反対を考える必要がありそうです。


民主・熊田、水野衆院議員が離党届…減税日本へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121029-00000563-yom-pol


民主2議員が離党届、衆院過半数割れまで6人に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121029-00000563-yom-pol

>民主党の熊田篤嗣(あつし)(大阪1区 、当選1回)、水野智彦(比例南関東、 当選1回)両衆院議員は29日午前、同党に離党届を提出した。

>民主党は離党届を受理せず、2人を除籍(除名)とする方針 だ。これにより、衆院で与党の統一会派は245人(みんなの 党に移った杉本和巳氏を除く)となり、28日の衆院鹿児島3 区補選で当選した自民党の宮路和明氏を含めた衆院過半数(2 40)割れまで6人に迫る。2人は離党届提出後、国会内で記 者会見し、「党に限界を感じた」(熊田氏)などと理由を述べた。


昨日の補選結果も相まって、民主単独過半数割れまであと3議席、与党過半数割れまであと6議席です。
このまま過半数割れて不信任案可決→解散では…?
トリプル選大反対の私にとってはこれでいいのかもしれませんが…

2012-10-29(16:59) : シンタロウ URL : 編集

No title
人権委員会設置法案ですが、自民民主にも反対する人はいますし、民主にとっては離党される可能性の高いワケですが、どうとでも転ぶ可能性は高いので、反対意見をうるさく送るのは必須ですね。

TPPなどやることは多いですが、よろしくお願いします。

2012-10-27(23:27) : ハセ URL : 編集


民主党に離党者が続出。与党過半数割れまであと6議席となりました。
ただギリギリで民主党が与党という状況は悪くないですね。TPPや人権救済法案に反対するのに有利だからです。
さすがの野田総理もこれ以上離党されたら終わると理解してる筈なので少なくともTPPは反対し易くなったのでは?。

野田民主党、解散するべからず!
http://ch.nicovideo.jp/article/ar13549?ref=marq


突っ込み所もあるが概仰る通りで「憲法破棄・徴兵制・原発推進の馬鹿マッチョ・ナショナリズム80歳じじいやら、アサコールとネトウヨ頼みの難病総裁に、国を任せられるか!」は現状を的確に表していると思います。国民の安全を破壊し全体主義を推進する政党を勝たせてはいけません。

解散より経済対応=野田首相「3条件」に追加―代表質問
http://news.nicovideo.jp/watch/nw416416


現時点で解散する気は無い模様。野田総理の進退はどうでもいいが政界のバランスが崩れると非常に危険。難しい局面です。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

トリプル選…全部で自民やら維新やらが勝とうものなら本当にどうしようもなくなりますね
自民も人気ないってのは少しいい知らせですね

2012-11-01 00:09 from 名無し | Edit

No title

自民信者は民主国民新党鉄板で取ったから郵政以上の風が自民に吹いている
衆院最低280 第三極が連携できなければ360議席とか言ってますね
民主国民新鉄板ソースは↓
http://island.geocities.jp/home_page_2000_8_29/20121028hosen.html

2012-11-01 00:59 from あーず

え、自民が鉄板なのか国民新が鉄板なのかどっちなんだ…

2012-11-01 01:24 from 名無し | Edit

No title

衆参共に、臨時会開会に合わせて法務委員会委員が入れ替わりました。
衆議院では、生活党が理事ポストを維持したことが地味に重要。民自公で全て内々に、というわけにはいかなくなります。
山花郁夫氏(民主)が法務に入ってくれたのは、表現規制問題に関しては心強い。氏は法学士で法律の素養があり、表現規制慎重派。児童ポルノ等処罰法改定案民主党PTの取りまとめ役をやっていたこともあったと記憶しています。郵政選挙の時に議席を失っており(比例復活もできず)、選挙地盤が強固では無いのが懸念されますが…
他に、城内実氏(自民)は続投、生活党にポストが2つ、このあたりがポイントになってくるでしょうか。
参議院は、理事に小川敏夫氏(民主)。氏も表現規制慎重派ですから、キーマンになるでしょう。生活党の中村哲治氏、森ゆうこ氏や、共産党の井上哲士氏など(いずれも続投のはず)、参院は野党が頼りになる印象です。小川氏以外、次の選挙で改選ですので、留意しておく必要がありますね。

2012-11-01 01:53 from rede | Edit

No title

自民公明が優勢じゃなくて、
自民公明的政党(維新政党、石原党など)が優勢でしょう。

2012-11-01 11:03 from - | Edit

都議選で自民が勝つとまずいんですよね?でも今の民主が自民に勝つのって相当無理があるような…それとも地方だと事情が違ったりするんでしょうか

2012-11-01 14:31 from | Edit

No title

2月解散3月安倍が総理就任で5月が都議選ですから
3・4月の国会期間中に外交失策や予算停滞が起これば
再逆転の可能性が充分ありますよ
そのためには自公に衆院3分の2取らせないのが大事
年内だと3分の2取る公算高いから2月解散がベスト
と考えてます
たち日を除く第3極同士での選挙区被りがないことが最低条件
(たち日は自民票食ってくれるから歓迎、他は無党派・民主票からの移動の方が多い)
自公過半数を防ぐには公明が20~25議席取ると仮定して自民を215議席未満に抑える必要がありますがこのラインは正直微妙なラインです。
3極連携が取れないと最悪小沢の小選挙区以外自民全勝という
最悪のシナリオ(野田鳩山菅も郵政以上の逆風が吹いてかつ3極に票を食われるとまずい)もあり得ますので第3極がどこの小選挙区に候補を出すかは非常に重要なラインです。(松野以外の維新候補者が近畿に出したりするのは危ない)
3極は逆風が吹いている民主党よりタナボタを狙う自民党を警戒した選挙戦略を取ってくれるかが一番の焦点です。

2012-11-01 18:56 from あーず

>あーずさん
運に頼るところが大きいんですね…
解散は年内な気もしますがどうなんでしょう…

2012-11-02 00:09 from | Edit

No title

年内解散はおそらくないかと
09年もこの時期から麻生内閣解散しろ迫られてましたが解散したのは翌年夏ですし
今解散するぐらいなら夏の増税法案解散してたでしょう。
来年は参院選は確実にあるということを考えるとその前哨戦になりうる都議選には自民に与党としての欠格の烙印押させたいでしょうからこの国会は粘り切って来年通常国会での解散かと。(その時にTPP表明はする可能性はあるでしょうが)
今やったら12月ゆえに50~60%の低投票率となり自民が300議席超えて郵政以上の自公大勝する上に民主が30~40議席の世紀の大惨敗する可能性がきわめて高いです。(維新20~40生活20~30共産15ぐらい)
そのため小選挙区での第3極の候補者調整を待ってあげることは非常に重要です。投票率が高いほど知名度のある民主の大臣経験候補の存命率も上がりますので投票率の低いこの時期に解散しても喜ぶのは自公だけということになります。

2012-11-02 07:27 from あーず

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.