FC2ブログ

後任法相に滝氏=拉致は藤村氏兼務の方向―野田首相 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

後任法相に滝氏=拉致は藤村氏兼務の方向―野田首相

今調べたら後任は田中寛成じゃなくて滝実氏になったみたいですね

2012-10-24(02:05) : URL : 編集

お久しぶりです
さて、ここでいつもボロッカスのようにたたかれている橋下ですが、ここへ来て少しだけいいことをしてくれました。

橋下氏、みんなに譲歩 維新合流の3議員「議席返上する」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121017-00000533-san-pol
衆院選の洗礼を…橋下氏、参院比例選出の3氏に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121023-00001250-yom-pol


みんなの党との合併はお流れになったものの政策の近さから選挙協力関係を模索するため、維新に合流したみんなの党の一昨年の参院選比例区当選の上野宏史、小熊慎司、桜内文城氏の三議員に議員辞職してみんなの党に議席を返上した上に、次期衆院選への出馬を打診する方向だとのことです。ちなみにこの三人が議員辞職すれば公選法の規定から参院比例議席が三つみんなの党にもどり、

ここを見ればわかるとおり
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/kaihyou/yb069.htm

真山勇一氏(規制慎重派)
藤巻幸夫氏(スタンス不明)
山田太郎氏(規制反対派)


この三人が繰り上げ当選となります。山田氏といえば一昨年の参院選では、後藤啓二と同じ党であることが大変悔やまれる…山田氏に投票すればみんなの党の議席が増えて後藤当選を後押ししてしまう可能性がある…これほどこんな規制には反対と明確に言っている人に票を入れられないのは口惜しいと皆言っていたほどの人物、でも結果的に後藤は当選などお話にならない順位でしたし、山田氏が当選してくれれば心強いし、樽井氏は繰り上がったとしても来年改選で来年また再選するのは難しいですが、山田氏は繰り上がれば、あと4年間議員をやれます。しかし心配なのはTPPに対するスタンスですが…

橋下はこの前の石原との対談で憲法を破棄したらいいという石原に対して、それは一政治家が独断でやれることではないといい返したとか…橋下も使いどころによっては使えるのでは…? と思ってしまった…(笑)
惜しむらくは桜内文城氏が規制慎重派だと言うことですが…全く栗下都議も桜内氏もなぜこんな橋下などのイカレた船中八策などに賛同したのか…参院廃止、衆院議員を三分の一まで削減とかはじめ聞いた時は唖然としましたよ…

こんなのが船中八策なんて坂本龍馬が知ったら怒りますよ…と言うしかないです…まあ私も栗下都議や桜内氏がそれでスタンスを変えるとは思っていませんが…
この前も言いましたが、私はあの最強の弁護士軍団の橋下徹弁護士と橋下徹大阪市長は私の中では別人です…あの二人が同一人物であることを、私の中で処理できない…

後任法相に滝氏=拉致は藤村氏兼務の方向―野田首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000008-jij-pol


それから上の人もあげていますが、法相後任は滝実氏にもどるそうです…滝さん年だから外して欲しいって何度も言っていたのに一ヶ月もしないうちにまた元に戻るとは…少々かわいそうです…
拉致問題担当は藤村官房長官兼務だそうです、しかし閣僚の猫の目人事は私たちにとってはありがたいことですが、一番かわいそうなのは拉致被害者家族…
拉致問題担当は松原仁氏や有田芳生氏に一任して変えない方がいいと思うのだが…

2012-10-24(02:45) : シンタロウ URL : 編集


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2272.htmlの補足です。

まず「法相」の後任は滝実氏に決まりました。この方は創作物規制に慎重なので朗報と言えます。
元の鞘に収まった訳ですが年齢を理由に引退したがっていたので心配。今度は本当に病気という事になりかねません。

みんなの党の議員が繰り上げ当選。後藤啓二と親密な党なので規制慎重派が多いに越した事はないです。
これは地味に朗報。特に山田太郎氏は重要。後藤啓二と真逆の見解を示していた人なのでありがたいですよ。

希望的観測ですが・・・。みんなの党→維新の会のラインで規制慎重論が広めれば良いなと思います。

※管理人注 2012.10.24 20:30 下段に追記しました。


P. S
「生活」姫井由美子氏、衆院にくら替えへ
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121023-OYT1T01167.htm


中村哲治氏が衆院に再鞍替えだそうです…

2012-10-24(06:43) : シンタロウ URL : 編集

No title
>中村哲治氏衆院に鞍替え

この中村氏の選挙区って近畿地方(大阪)なんですよね。近畿って維新の会が「次期衆院選で全勝」とかいわれた選挙区です。無事当選されるといいです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32236

↑は半年も前の内容ですけど。

ちなみに、この近畿地方は自民の谷垣や高市早苗の選挙区のようです。

2012-10-24(19:42) : WAR PIG URL : 編集


中村哲治氏が衆議院に鞍替え。表現の自由を理解してる心強い味方なので当選できる様に応援してくださいね。他には来夏の参院比例選の公認が決まったはたともこ氏に注目。違法DL刑罰化の件で森ゆう子議員と共に尽力してくれました。インターネット規制に慎重な議員は貴重です。

第三極は結局良くも悪くも目立ったもの勝ちなので生活党はもう少し頑張ってアピールしないと橋下徹に食われてますよ。

■情報源:つじ恵議員(http://twitter.com/tsuji_megumu)

つじ恵 @tsuji_megumu
衆議院法務委の与党筆頭理事に1年10カ月振りに復帰し、法務部門会議座長と合わせて法務の党側の責任者となった。今更この党内で何をという思いはあるが、取調べ可視化の法制化や、陸山会事件の捜査報告書捏造の責任究明等やるべきことについて、本来の政治主導を発揮して実現の道筋を切り開く。

つじ恵 @tsuji_megumu
田中慶秋法務大臣が辞任。田中直紀、一川保夫両大臣の例もあり野田内閣は果して何をしたい内閣なのか。党利党略の野党の解散要求に対し、日本をどう立て直すかという基本方針を示して国民の信頼を回復する姿勢が全く窺えないので支持率は10%台に下落している。最早正念場は過ぎてしまっている。

つじ恵 @tsuji_megumu
昨日の政調役員会で、取調べ全過程可視化の法制化を実現するWT設置の了承を取り座長に就任。最近のパソコン遠隔操作に関する4件の冤罪事件中の2件で自白が取られたように可視化の必要性は益々明らか。これまで政府与党執行部の抵抗で何度も阻まれてきたが、今度こそ具体的実現の橋頭堡を築く。


取調べ可視化。執行部は官僚の声を無視できないので当然といえば当然だが予想通り抵抗が強かった模様。
これは自民党政権では絶対に実現できない重要な案件。個人的にはこれだけでも民主党を生かしておく理由になると考えています。

PC遠隔操作の冤罪事件に限らずインターネットユーザーの安全を守る為には取調べ可視化は必須です。

しかしまあ身内にまで「正念場は過ぎた」と言われては野田政権は末期ですね(苦笑)。
野田佳彦個人が潰れるのは構わないがこういうまともな議員まで落選してしまうと国民目線で非常に痛いです。

No title
民主党の中井洽氏が引退するようです。2chでの情報によるとこの人は児童ポルノ規制派、しかも超危険人物との事です。

東京都青少年健全育成条例のまとめサイト ‏@MxIxTxBx
民主・中井洽氏が引退表明 :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/TyxNiW では規制派リスト(工事中)から外しておきます。

(引用開始)

民主・中井洽氏が引退表明 2012/10/24 16:54

民主党の中井洽衆院予算委員長(70)=衆院三重1区=は24日、国会内で記者会見し、次期衆院選に立候補せず今期で政界を引退する考えを明らかにした。中井氏は「70歳を契機に引退するのが自分にとってふさわしいと考えた」と説明した。民主党政権の現状について「政権維持のノウハウがなかった。政府としての知識を受け継いでほしい」と苦言を呈した。

(引用終了)


そういえば同じ規制派の民主党の小宮山洋子氏ですが、フリーとの話も出てましたがどこかの記事で総務委員長の内定をもらっていたとあったと思いましたが結局どうなったのでしょうか?

2012-10-24(18:29) : W-B URL : 編集


中井洽引退。児童ポルノ規制に関して推進派だと言われ始めたのは確か国家公安委員長時代なのでやや不透明。御本人が積極的なのか国家公安委員会の意思なのかが問題。個人的には後者だと考えています。売国面でも危険ですので引退しても惜しい人物ではありませんが・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

民主党の中井洽氏が引退するようです。2chでの情報によるとこの人は児童ポルノ規制派、しかも超危険人物との事です。
東京都青少年健全育成条例のまとめサイト ‏@MxIxTxBx
民主・中井洽氏が引退表明 :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/TyxNiW  では規制派リスト(工事中)から外しておきます。
(引用開始)
民主・中井洽氏が引退表明 2012/10/24 16:54
 民主党の中井洽衆院予算委員長(70)=衆院三重1区=は24日、国会内で記者会見し、次期衆院選に立候補せず今期で政界を引退する考えを明らかにした。中井氏は「70歳を契機に引退するのが自分にとってふさわしいと考えた」と説明した。民主党政権の現状について「政権維持のノウハウがなかった。政府としての知識を受け継いでほしい」と苦言を呈した。
(引用終了)
そういえば同じ規制派の民主党の小宮山洋子氏ですが、フリーとの話も出てましたがどこかの記事で総務委員長の内定をもらっていたとあったと思いましたが結局どうなったのでしょうか?

2012-10-24 18:29 from W-B

No title

>中村哲治氏衆院に鞍替え
この中村氏の選挙区って近畿地方(大阪)なんですよね。近畿って維新の会が「次期衆院選で全勝」とかいわれた選挙区です。無事当選されるといいです。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32236
↑は半年も前の内容ですけど。
ちなみに、この近畿地方は自民の谷垣や高市早苗の選挙区のようです。

2012-10-24 19:42 from WAR PIG | Edit

No title

>滝実氏
てんたまさんによりますと、滝実氏はTPPに対しては推進派のようですが…

2012-10-24 19:55 from 92a | Edit

No title

W-Bさん
>中井洽引退
またもや地味に朗報…(笑)
早速反オタク議員リストを参考に作った落選候補者議員の中から削除しました…(笑)
小宮山洋子は衆議院総務委員長に正式就任しました。そして文科委員長は川内博史氏が…これが半年前ならと悔やまれます…
WAR PIGさん
中村哲治氏は奈良の人なので今回も奈良での出馬となるでしょう。中村氏は元々衆院奈良二区候補でここは中村氏と滝実氏、それと高市早苗がしのぎを削ってきた選挙区です…
中村氏が参院に鞍替えし、滝氏が民主党の正式候補になって三年前高市早苗を破りましたが、滝氏が引退を表明したので、百武威氏という人を今度民主党が擁立しましたが、高市早苗に勝てるかは難しいと思います…
中村氏も奈良二区に戻って立候補すると百武氏と票を分けて高市早苗が当選しやすくなってしまうため、奈良二区には戻らない方がいいかと…そして奈良一区は馬淵澄夫の独壇場状態の区(自民候補も馬淵澄夫に歯が立たない)なので奈良四区辺りが狙い目かと…ここは長い間虚勢を張ってきた田野瀬良太郎が今度引退するため、自民党が候補擁立が間に合うかどうか微妙なため中村氏が出るとすればここが狙い目です…まあ奈良四区は橿原市を中心とした区なので07年参院選で橿原市周辺で中村氏が何票獲得したかで小沢氏が判断するでしょう…
92aさん
>滝氏はTPP推進
それは仕方ないですよ…完璧な国士議員など亀井静香氏、田中康夫氏、城内実氏位しかいませんから…
普通に規制に関するスタンス、TPPに対するスタンス、外国人参政権へのスタンス、人権救済法へのスタンス等を総合し、こちらは推進でもあちらは反対という人のスタンスを見極め、バランスのよい議席の配分を目指すことこそ重要です…まあみんな反対ならそれに越したことはないですが…
前のエントリーで外野さんがいってますが、今衆参で与野党の議席数が捻れているのもかなり重要です。

2012-10-24 21:37 from シンタロウ | Edit

No title

TPP賛成反対は支持母体にもよるよ。
農業系なら反対が多いし
産業系なら賛成が多い。
これはまぁ、票田である以上仕方が無い。
その人たちがいないと議員続けられないし。
入ってきて困る人たちと出て行かないと困る人たちが両方いるのだから。
だからこそ、議員はそこの調整をしないといけない。
農業は守る、産業は出すみたいなね。
でも国内の議論はYESorNOに終始してるし、そうじゃないと外国も入れないと言っているからいつまで経っても進まない。
できるできないを別にすれば
輸出での関税が無くなればTPPでなくても産業系は納得するし
農業が保護されれば、TPPでも農業系は納得するでしょ。
ま、これをまともに解決できるだけの議員なんていないだろうね。

2012-10-24 23:04 from 外野

No title

このようなツイッターを見つけました
山崎義武 ‏@yama4yoshi
シャドウ・キャビネット | 議員・役員情報 | 自由民主党(2012年10月22日現在)http://www.jimin.jp/member/s_cabinet/index.html … こりゃまた漫画規制やら児童ポルノ単純所持要求+漫画児童ポルノ化の連中ばっかりの酷い内容だな。
beni-uo ‏@beniuo
法務:稲田 朋美 文科:義家 弘介 男女共同参画:山谷 えり子って何の冗談だシャドウキャビネット…… http://www.jimin.jp/member/s_cabinet/index.html
wagu ‏@wagu108
それから、内閣府:あべ俊子はこの人でしたね… http://bit.ly/XTTPLZ
内閣府絡みとして、参議院にて「青少年健全育成基本法の制定に関する請願」が内閣委員会にて出ております。また、11月21日に内閣府主催で行われる児童ポルノ排除対策公開シンポジウムの件もありますし、今後の議会に絡んでくる可能性も十分あります。このような顔ぶれが並んでおり、児童ポルノ規制、表現規制に本格的に動き出そうとするでしょうね。というかこれが狙いのシャドウキャビネットでしょう。

2012-10-25 00:31 from W-B

法相がTPP賛成派の滝氏になったということは野田総理は完全に11月に参加表明するつもりでしょうね
そのせいで民主の株をどん底まで落として自民党に政権を明け渡すのでしょう

2012-10-25 12:54 from 名無し | Edit

No title

このタイミングで石原氏が新党結成の会見が始まりそうです
健全育成条例の件もあって個人的には支持できませんが
下手に中国韓国に妥協しないスタンスが自民支持者から票を奪ってほしいところ
(ヤフコメはお得意の手のひら返しで老害やめろの大合唱)

2012-10-25 13:29 from あーず

名無し様
結局、TPPを止められないとは…
確かTPPに参加したら離脱出来ず、表現規制反対すら出来なくなるんでしたよね?
反対してもアメリカ、すなわち企業が簡単に潰せるし。
どうなるのかな…日本…

2012-10-25 13:52 from -

No title

あーずさん
石原新党結成で石原の奴都知事を辞めるようですよ。
散々問題起こして責任取らずに辞めるとは
どこまでコケにする気だこのクズは
てか辞める気なら都知事選に出んな!!

2012-10-25 14:24 from ビースター | Edit

No title

ビースター様
新党の動向も気になりますが、個人的には今度の都知事選が気になります。
自分は関東の人間ではありませんが、都条例の件もありますから見過ごすわけにもいきませんし。
前回、東国原氏や渡邉氏、小池氏と出馬表明してきましたが、石原氏出馬表明の直後出馬断念した松沢氏のような人にはやってほしくないですね。都条例を関東に広めるとか言ってましたし。渡邉氏も都条例については否定していませんでした。小池氏は都条例の撤廃を考えていました。東国原氏は都条例に関しては肯定的な発言はなかった記憶があります。
次回の都知事選では前回のような顔ぶれが来るのか、新顔が来るのか・・・

2012-10-25 15:14 from W-B

>石原新党
あってはならないことが起きてしまいましたか…多分維新の会と組んで保守と独裁をはき違えた議員が大量に送り込みそうですね…今の日本人は老いも若きも保守とか愛国とか石原とか大好きですから、票数にも困らないでしょうし

2012-10-25 15:41 from - | Edit

No title

石原新党を好意的にとらえるとするならば保守王国の地域に候補出してもらって
自民党の議員を落としてもらう役目でしょうか
また、比例でも保守層を分断できるので自民党の議席をいくらか減らすこともできます

2012-10-25 16:36 from あーず

気になりましたが、都知事の席が空白になった今、次に都知事になる可能性が高い人物は誰なんでしょうか?
また、都知事選は来年(春頃?)になるのですか?

2012-10-25 17:29 from ラビ | Edit

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/121600/108861/16576771
>ビースター様
義家弘介が、教育再生議会の担当室長を勝手に辞めて出馬したときに似ていますね。
石原も義家もろくな政治家じゃない。子供の教育を掲げるくせして、本人たちは全く子供に向き合おうとはしないしな。
こいつらは「それは違う」というだろうけど、そうしか考られない。明らかに現実離れした若者論に浸っている。http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/121600/108861/16576771
はっきりいって酒場の愚痴レベルですよ。こんな奴らが偉そうに、よく青少年健全育成だの教育再生だのとほざけるものだ。

2012-10-25 17:34 from 12434

ラビさん
都知事の後継を決める選挙は石原の辞職から50日以内に行われます。普通に考えて猪瀬出馬で当選でしょう…
気になるのは今都議が世田谷、八王子、葛飾で欠員がありますが、その補選はやるのか…? というのとここで辞職したら任期満了の関係で、都知事選挙は今後、統一地方選ではやらなくなるのか…? そうなると統一地方選の軸となる選挙がやらなくなるということですが…
だれか詳しい人いませんか…?

2012-10-25 18:51 from シンタロウ | Edit

No title

猪瀬氏が自民側で立候補でしょう
衆院立候補といわれている東国原氏が一転東京維新の会の推薦で立候補、民主ワタミ、共産小池氏が前回のリベンジで立候補という相場でしょうか
東国原氏がいいかは微妙ですが猪瀬氏よりはましかと

2012-10-25 19:37 from あーず

No title

>私はあの最強の弁護士軍団の橋下徹弁護士と橋下徹大阪市長は私の中では別人です?
>あの二人が同一人物であることを、私の中で処理できない
そうでしょうか?
あの番組での(他の番組でも)橋下氏の法律を軽視するような発言や態度は、
氏のいかがわしさや胡散臭さを示唆するには十二分だったように感じます。

2012-10-25 22:26 from -

No title

>シンタロウ 様
可能な範囲でお答えします。ただ、ちょっと条文の関連性に疑問が残っているところがあるので、間違っていても責任は負えませんが…。
>気になるのは今都議が世田谷、八王子、葛飾で欠員がありますが、その補選はやるのか…? 
答えとしては、「知事選があるなら行われる」ということになります。
ややこしくなりますが、筋道だてて条文を追うと、以下のようになります。
まず、単純に欠員が生じている現状では、補選は行わないことになります。公職選挙法110条1項3号に従い、
「都道府県の議会の議員の場合には、同一選挙区において第百十三条第一項にいうその議員(註;失職した議員をいう)の欠員の数と通じて二人以上に達したとき。ただし、議員の定数が一人である選挙区においては一人に達したとき。 」
に補欠選挙がおこなわれることになります。
噛み砕きますと1人区ではその人が、複数区では2人以上が欠員となった場合に補選をやるということです。
世田谷・八王子は失職(辞職)、葛飾は死亡で、それぞれ1人欠けていたと思いますが、世田谷は都議選最大の8人区、八王子は5人区、葛飾も4人区ですから、1人欠けただけでは補選実施の対象になりません。これが原則です。
しかし、これは公職選挙法113条3項3号が根拠になってくるのだとおもいますが、単独では補選を行う状況に無くとも、長の選挙がおこなわれる場合には、例外的に同時に補欠選挙を行って欠員を補充することとされています。本来は行い得ないものを選挙してしまうことから、「便乗選挙」などと呼んだりします。
最近の例で私が記憶しているものですと、平成24年10月28日執行の任期満了に伴う岡山県知事選挙に便乗して行われる、岡山県議会議員補欠選挙(岡山市中区選挙区。同選挙区は定員4のため本来2人の欠員が生じないと補選を実施しないが、知事選が実施されたため欠員1でも補選が実施された)などが挙げられます。
なお、例外の例外として公職選挙法34条2項が定める場合の不実施などがありますが、知事が近いうちに辞職するのであれば、今回は気にする必要は無いでしょう。
今は知事与党・野党が肉薄している状況ですから、3議席の持つ意味は非常に大きいですね。ただ、補選当選者の任期は前議員の任期となるため(公職選挙法260条1項)、どのみち来年の夏に再度審判を受けることになります。知事が辞職して別の人になるのであれば、来年の都議選は新しい知事に対する中間審判の意味も持つことになるでしょうね。
>辞職したら任期満了の関係で、都知事選挙は今後、統一地方選ではやらなくなるのか…? そうなると統一地方選の軸となる選挙がやらなくなるということですが…
やらなくなると思います。知事の任期は4年(地方自治法140条)で、知事は補欠選挙するものではありませんので、前任者の残りの任期をやるということにはなりませんからね。
実際、こういうことが積み重なって、統一地方選挙の統一率(同時に行われている割合)は、制度導入時に比して著しく低落しています。総務省の資料(「平成23年統一地方選挙執行予定団体に関する調査」参照)によれば、日本全国の統一率は28、99%まで低落しており、知事選に至っては47都道府県のうち34が統一地方選から既に外れています。首長は1人なので、議会議員などに比して辞職・死亡などで統一から外れやすいためですね。
(追記)板橋区と誤って記載していた部分は、正しくは葛飾区でした。関連部分を書き換えました。失礼しました。

2012-10-26 00:08 from rede | Edit

No title

石原氏の辞職・国政進出について付言しますと、日本維新の会と統一会派を組む、というのが嫌なシナリオとして思い浮かびますね。
支持率が急落しているとはいえ、現状のまま行けば日本維新の会は近畿を中心に影響力を保持できるだけの議席を獲得できるでしょうし、関東では石原氏は高齢者を中心に強い人気を維持していますからね(私の記憶が正しければ、前回の知事選で、20代・30代の若い世代は石原知事以外の候補に投票した人のほうが多かったはずです。彼が当選したのは、主に60代以上で圧倒的な集票をしたという要因が大きいです(これはNHKの出口調査で、全数調査ではありませんが))。
石原氏が比例で出るといっている以上、その恩恵で何人かまとまって当選する可能性が高いでしょう。
石原新党に合流するとされる「たちあがれ日本」の「自主憲法大綱案」は、
・表現の自由は、個人の名誉やプライバシーの保護、青少年の保護育成のために、一定の規制を受ける場合があることを明記する。(抜粋)
とするなど、人権条項全般に対する制約が極めて厳しいことも留意すべきです。これらの制約は、解釈上、憲法21条に明記しなくとも憲法12条・13条から当然になしえますので、あえて制限条項を書き加えるということはより強い規制をする気がある、と受け取るのが素直です。平沼氏個人のスタンスはともかく、会派(党)としては、少なくとも表現規制に関する限り、我々の味方では無い可能性が高いことは念頭に置いておくべきでしょう。石原氏は都条例を推進したわけですから、この方向性は堅持されるでしょうしね。
来年は、既に名前が挙がっている方の他、参院で松浦大悟氏(民主)、谷岡郁子氏(みどり)など、重要人物が改選。参院都道府県選挙区は比例復活がありませんからね。個人的には、参院は「都道府県選挙区制に問題あり」としたさきの最高裁判決に沿って選挙制度を抜本改正してから選挙を実施すべきだと思いますが、いずれにせよ勝負の年になりそうです。

2012-10-26 00:42 from rede | Edit

No title

お久しぶりです。
石原氏が都知事を辞任したということで、また随分とナメたことをしやがる、と思って来てみました。
都条例はもちろんのこと、尖閣諸々を含めた諸問題に対して何の責任もとろうとしないまま身勝手な我欲のために逃げ出すだなんて、本当に政治を舐めている!
どれだけの若者を傷つけたのかも自覚せず、平気で権力の乱用を進めようとする!
こんなやつが「健全」なんてことを語っていたかと思うと悪寒がする。
てな感想を持ちながら、昨日のニュースを聞いていました。

2012-10-26 19:50 from 愛知の長門

憲法無効論

石原氏の言う「憲法破棄」の論拠は、「南出説」と言われています。
大日本帝国憲法現存論・占領憲法無効宣言実施手順/南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=VDlB3wVFXWE&list=PLCDAAF5D9DB60B77B

2012-10-28 21:14 from -

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.