FC2ブログ

7歳女児暴行で韓国衝撃 児童ポルノ規制論拡大

児童ポルノ禁止法改悪反対!

7歳女児暴行で韓国衝撃 児童ポルノ規制論拡大
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120902/kor12090215450001-n1.htm
7歳女児暴行で韓国衝撃
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20120902-1010524.html


[また日本のせい]
韓国の羅州で発生した女子小学生暴行事件の犯人が日本製の児童ポルノを見たと証言しました。

また日本の児童ポルノのせいですか、なんか朝鮮人が何を言っても言い訳にしか聞こえない。韓国ではこういった事件は連続的き起こっているから。

2012-09-01(20:35) : ネガティブ URL : 編集

No title
韓国が出任せでクソ垂れてます。

女子小学生への性暴行事件の犯人、日本の児童ポルノの影響か=韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120903-00000012-scn-kr


2012-09-03(12:28) : URL : 編集


韓国で起きた7歳女児暴行事件で逮捕された男が「日本製の児童ポルノを見ていた」と供述したそうです。
何時もの御家芸で「日本のせい」という事なんでしょうが時期的に嫌な感じですし実際に面倒な事になっている様です。

女子小学生への性暴行事件の犯人、日本の児童ポルノの影響か=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0903&f=national_0903_027.shtml


韓国メディアは、「羅州の性犯罪の犯人、日本のわいせつアニメの常習者」「性倒錯症の犯人、日本の児童ポルノを見て過剰な衝動」などと題し、羅州で発生した小学生への性暴行事件の犯人は、普段から子どもが登場する日本のポルノを楽しんでいたと伝えた。

容疑者は8月30日午前1時30分頃、羅州市の商店街型住宅で寝ていた小学校1年生の女児を布団ごと拉致し、300メートルほど離れた橋の下で性暴行した疑い。

警察の取り調べに対し、容疑者は「日本の児童ポルノを見ていて、幼い少女と性行為をしてみたいと考えた。特にお酒を飲むと衝動がより強くなった」と述べたという。


上記のは御約束の馬鹿げた偏向報道という印象でしたが9月3日付の記事で一気にきな臭くなってきました。
まずは「酒のせいだろ」という突っ込みをするとして「日本の猥褻アニメ」を強調しだした事は何か意味があると思います。

それと「二次元」なのか「三次元」なのかきちんと報道しろという事。これ次第で話は全く違ってきます。
日韓のマスコミが仲良く反日報道という構図は吐き気がするが韓国絡みとあってネット上では冷静なコメントが多いです。


■私的まとめ:「7歳女児暴行で韓国衝撃 児童ポルノ規制論拡大」関連ツイート

兼光ダニエル真 @dankanemitsu
自国内で凄惨な犯罪行為が発生すると、それを異国の文化や他民族・人種の所為にするのは非常に珍しくない。それが政治的な主張と混ざると外交問題へと発展し事態がより複雑化しますが、言いがかりを言った者勝ちという状況にならないように、きちんとしたデータと因果関係について科学的な検証が必要。
samayourizさんがリツイート

兼光ダニエル真 @dankanemitsu
また何度も申し上げて来ましたが、他国の表現を批難したり、海外からの批難を持ち出して表現規制を要望するのは表層では外交問題に見えますが、実際には国内問題も深く関連しています。つまり何かを攻撃する時、国内事情の関係上、国際的な枠組みを展開した方が都合が良いと言うことがあるのです。
samayourizさんがリツイート


samayou riz @samayouriz
つまりこれは国内の規制も推進出来て、日本も叩けて一石二鳥って感じだろうからな。本当胸糞悪いわ。

兼光ダニエル真 @dankanemitsu
児童ポルノという表現は本当に危険で、赤城さん@T_akagiも指摘してますが「未成年者の性行為を題材とした性描写」を全部「児童ポルノ」と一括りにする方々がいます。本来「未成年者性虐待副産物」とか「未成年者性行為撮影画像」等と言った単語を活用したい。未成年者の福祉が課題なのだから。
samayourizさんがリツイート


samayou riz @samayouriz
児童ポルノって単語が一番アレな要素でもあると思うよ。本質ぼかすのに一役買ってるとも言える。

samayou riz @samayouriz
ってか、科学的去勢とかそーいう話題が確か向こう進めようとしていたからそれを推進するための一環の報道だと思うけどね。それにしても何でも日本のせいにするなと。

samayou riz @samayouriz
多分この関係の話題つくりだと思うけどね。 →【韓国】 化学的去勢、すべての性犯罪者への適用を推進 http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1715498.html

heroin_25 @heroin_25
性犯罪事件で韓国マスコミが日本製ロリコンアニメを叩き始めた。日本でマンガを叩いてる統一協会の関連企業が韓国マスコミのスポンサーなのでこれは自然な流れと言える。日本では統一協会=営業右翼の犯罪集団だけど韓国では企業グループの元締めという立場だ http://t.co/SIBMGujQ

風原弾正(東京 Bab-ilim) ‏@kazaharadanjyou
『韓国で発生した性的暴行事件に関連し、日本のアニメがやり玉に? 「メディア悪影響論」展開への懸念も』 http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/entry-11345881979.html … #jipo #hijitsuzai #kisei #表現の自由 #児ポ法


これ本当に嫌な事件ですが上手く使えば規制強化反対の材料になり得ますよ。
よく読んで見ると突っ込み所が非常に多く「諸外国では逆効果」という事実を周知するのに有効です。

科学的去勢。一定の効果はあるだろうがある意味「死刑」以上の罰則なので人権面で疑問もあります。
日本に飛び火してこないと良いなと思うが諸外国の悪い制度ばかり真似したがるので少し気になります。

ちなみにこんな話が出る程韓国の性犯罪増加は深刻。児童ポルノ規制強化の度に明らかに増加してる事に注目です。

単なる陰謀論だが規制派が9月下旬にシンポジウムをやるそうなのでそれと何か関係があるのかもしれません。

日本で活動する規制「推進」派の中に韓国と深い繋がりのある「反日活動家」が居るのは周知の事実です。
その方面と協力して「あえてこのタイミング」で報道したのではないかと予想。いろいろと勘繰りたくなりますね。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • すいません
    2012/09/08 01:05
    記事には関係ないんですが、ここでロック好きさん等が話題にした
    クラブシーンが壊滅状態にあるという事に対して
    土曜夜 TBSラジオのライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルにて
    「えっ?オトナが夜中に踊っちゃいけない国があるって本当ですか?
       〜今改めて考える風営法〜 特集!」
    過剰規制されていく現代社会の問題点を解説、指摘してくれるそうです。
    聴ける方はぜひ(´・ω・`)ノシ
  • 2012/09/08 09:36
    規制派は、なりふり構わずになってきている面がありますからね。
    それにマスコミが手を貸す事によって、更に増幅されるというところでしょうか。
    あと、先月のNHKの偏向番組に対して抗議したという旨のブログを貼っておきます。
    NHKのジュニアアイドル差別報道に抗議した
    http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=tounomiya&articleId=11333114058&frm_src=article_articleList
    リンク先によると、NHKから返事が来たみたいで、「性的だから批判しました」という旨のものだったみたいです。
    また、読解力の無い人が書くような程返信内容だったとのことで、日本語であそぼ、といった番組を放送している局が心配になったという感想を述べられていました。
    それと、話は変わりますが、維新の会と公明党が関西圏での小選挙区にて選挙協力をするという情報が出ていました。
    既に把握されているのでしたらすみません。
  • 2012/09/08 11:13
    >あるばさん
    少なくとも40代までは半数以上の人間がアニメを見ているデータが出ています。
    つまり「いい歳した大人はアニメを見ない」というのは上記の統計では『デマ』という事になります。
    ご参考にしていただければ幸いです。
    まさにそのとおりだと思います。
    40代辺りは仮面ライダーやウルトラマン(第二期シリーズ)と言った特撮から、マジンガーZ、宇宙戦艦ヤマト、機動戦士ガンダム等と言った特撮、アニメの黄金時代でしたから、むしろ見てない人間を探すのが難しいのではないでしょうか?(探せばまだいそうな気がします。)
    また、ウチの祖父曰く「戦前にも簡単な(今に比べるとクオリティーは低いですが)アニメ映画はあったし、漫画を楽しむ大人はいた。」そうです。
    今の団塊世代(以上を含めて)の人達は、そこまでして「アニメや漫画の無かった時代が良かった……」なんて懐古主義的なことを言いたいんでしょうかね?
  • No title
    2012/09/08 13:07
    韓国の影響はそれほどないんじゃないでしょうか。
    というのは、韓国ではもともと日本のドラマもアニメも
    厳しく規制されてますから。
    インターネット規制も彼ら自身の問題ですし。
    また韓国には強力な規制団体もありません。
  • No title
    2012/09/08 13:22
    このようなニュース記事を見つけました。
    http://www.j-cast.com/2012/09/08145708.html?p=all
    (引用開始)
    女児アニメと性犯罪との因果関係巡りネット上で大激論 2012/9/ 8 10:00
    女児をバックに詰め込んでいたずらしようとしたとされる成城大男子学生(20)が女児アニメ好きと報じられたことを巡り、ネット上で激論になっている。犯行との因果関係は果たしてあるのか、といったことだ。
    論議の導火線になったのは、日刊スポーツの2012年9月6日付記事だ。「小6カバン監禁男はプリキュア好き」などと大見出しを打ったことで、アニメ愛好者らからの強い反発の声がネット上に渦巻いた。
    40年で強姦被害は10分の1に?

    ツイートが話題に 確かに、容疑者の男子学生は、ツイッターやブログなどでそうした嗜好を示していたようだ。しかし、だからと言って、それが犯罪に結びつくわけではないと言いたいらしい。
    アニメ好きなどと結びつけようとした夕刊フジの6日付記事にも、激しい反発が起きている。「幼児性愛をテーマにしたゲームや漫画に刺激されて現実世界と混同し、犯行に及ぶケースがある」とする精神科医のコメントを紹介したからだ。
    そんな中で、元国会議員政策担当秘書の中迎聡さんが6日、性犯罪増加はデータ的には見られないとツイートし、ネット上で注目を浴びた。
    中迎さんは、「少年犯罪データベース」のサイトを運営している男性が集めたデータを紹介し、女児の強姦被害件数はむしろ減ってきているとした。それは、警察庁の犯罪統計書によるものだといい、1960年代中ごろに比べ、小学生以下の被害は、40年ほど経った2006年現在で10分の1ほどに減っているというのだ。06年は、小学生が46件、未就学児が3件としている。アニメなどの愛好者が増えたからといって、女児への性犯罪は増えているわけではないと言いたいようだ。
    警察庁の広報課に取材すると、60年代中ごろの数値は確認できなかったが、06年の件数はその通りだった。2011年は、小学生が41件、未就学児が1件で、強姦だけ見れば、性犯罪は最近減っている。強制わいせつやわいせつ目的略取誘拐についても、ここ10年ほどは小学生以下の被害が減少傾向にはある。
    「犯罪に走る必要条件になっている」
    とはいえ、一方で、少子化も進んでおり、こうした要素を考えると、犯罪割合は激減しているとまでは言えないようだ。
    また、女児への性犯罪で、アニメなどの愛好者がどれだけの割合でいるのか分からず、愛好者が多くないとは断定できないのも事実だ。最近は、事件も相次いでおり、名古屋市内で2012年9月3日、若い男が自分の父親を殺してまで女児を監禁するケースがあり、神奈川県内では5日、大学院生が女子中学生に痴漢したとして逮捕された。大学院生の場合は、アニメ好きとも報じられている。
    アニメ好きについて、IT会社社長の生島勘富さんはツイッターで6日、犯罪に走る必要条件になっているとまで主張した。「少なくとも私はプリキュアとか見ないし、見ない成人男性は多いはず。 統計をとったわけでも、統計を見たわけでもないけれど、そういう犯罪を犯す人は、相当高い確率で、そういうアニメが好きなんじゃないかな?」というのだ。もちろん、アニメ愛好者らからは反論も相次いでいるが、生島さんは「是非、アニメを守りたいと思う人達は、アニメを見る見ないで、幼女に対する犯罪の割合は変わらない。って証拠を出して欲しい」とさえ言っている。
    この問題を巡っては、ネット上は、なかなか決着がつかずに激論が交わされている。「ロリコン漫画は過激な描写が増えすぎてロリコンの範囲を超えてるよな」「さっさと規制しろよ!」といった声もある一方、「風俗と一緒、必要悪もあるよ」「規制しすぎて ガス抜き出来ないから問題になってると思う」との見方もあるようだ。
    (引用終了)
  • No title
    2012/09/08 13:37
    >一方で、少子化も進んでおり、こうした要素を考えると、犯罪割合は激減しているとまでは言えないようだ。
    当時と比べると件数は10分の1になっているが、現状の少子化問題は子供の人数も10分の1になっているのか?
    犯罪件数減っているのが事実なんだから素直に認めろよ。
    こんなものマスコミが稀に起きる事件を大きく報道して、さも頻発しているかのように見せかける印象操作なんだけどな。
    大体、アニメ等に影響されてやったというのなら、この世にあるすべての犯罪描写のある2次元3次元にかかわらず危険なものということになるよ。
    漫画アニメは影響があって、他は影響がないなんていうバカな話はありえないからな。
  • No title
    2012/09/08 14:16
    W-Bさん
    このIT社長単にプリキュア好きでないから「プリキュア好き=犯罪者」になっても
    構わないと思っているだけですね。
    好きか嫌いかは個人的な事なので別に良いとして
    こういう「自分に関係ない物は排除しても構わない」思慮浅連中って本当に
    何考えているのか理解できないですね。
    もしもネット規制でIT関係が大打撃を受ける状況になって
    「別に関係なら」と言われたらどうすんですかねこのIT企業社長。
    是非とも原西孝幸さんや相馬圭祐さんのような
    プリキュアファンの著名人に一言言ってもらいたいですね。
  • No title
    2012/09/08 15:36
    >ラビさん
    どうもです。
    >今の団塊世代(以上を含めて)の人達は、そこまでして「アニメや漫画の無かった時代が良かった……」なんて懐古主義的なことを言いたいんでしょうかね?
    懐古主義や世代格差でなく、ごくごく単純に「私が理解できないものは許せない」という一種の『対抗意識』がそうさせるのでしょう。
    それが嗜好者の迫害という形として一種の教条主義(原理主義)や全体主義、ひいては独裁的思考、個人崇拝に走らせるのだと私は考えております。
    ですが、理解なき迫害が正義になるとは私は考えません。
    他所様のエントリーですが、紹介いたします。
    とあるオタクの亡国私論 その2
    ttp://twilighttimeseeker.blog47.fc2.com/blog-entry-1192.html
    以前に私はアダム・スミスの富国論の一説を引用したように、このエントリーにある同感なき秩序はありえないという主張は私も賛同いたしております。
    よろしければご一読ください。
  • 恐怖との邂逅
    2012/09/08 16:05
    連続ですみません。
    理解できないという感情の根底にあるものは『恐怖』が存在している事もあります。
    理解できないから怖い。
    何らかの腹積もりがあって規制を推進している人以外の多くはそうなのでしょう。
    この『恐怖』と邂逅し、如何にして我々との『理解』へと昇華できるのかもまた規制反対運動の課題であると私は考えています。
    「流される血の一滴一滴が、われわれの同胞の血か、あるいは同胞にしたいと思う人々の血であるということを忘れるべきではない。」
    私たち規制反対運動を行うものもまたアダム・スミスに問われている。
    我々が味方にしたい人たちに対して、その人たちにどう接していけばよいのか。
    常に思考し実践することを続けねばならないのでしょうね。
    甘いのかもしれませんが、人は自分を映す鏡とも言いますので。
  • ツイッターで書いてありましたので。
    2012/09/08 17:49
    ブログのエントリー自体批准前ですので、過去進行形になってしまいましたが、実は日本がACTAの事実を知らされる前の間に、世界はすでにACTAと闘っていました。この事実をお知らせしたいのです。
    http://twitter.com/akiron3/status/244281057749393408
    (引用開始)
    フェニックス一輝 @akiron3
    【緊急拡散】RT @YumGreens
    8:48pm 金曜 9月 07
    (引用終了)
    カレイドスコープ
    インターネットの終焉迫る!ACTA批准を絶対阻止しよう!
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1497.html
    (引用開始)
    これはコンサート会場ではありません。
    7月4日、EU議会は、478:39の圧倒的多数でACTAを否決しました。
    ガイ・フォークのお面を着けているのは、ポーランドの国会議員たち。
    何の前触れもなく、突然サイトを閉鎖され、さらには刑事罰さえ科される法案
    SOPAもPIPAも、やはり噛ませ犬でした。ネット規制の本命は、やはりACTAでした。
    実は、ACTAが否決されたときのために、ACTAに代わる法案が、すでに準備されている(日本での法案の名前は未定)のですが、ここでは、批准が目前に迫っているACTAについて集中します。
    そして、それを阻止するためにどう動いたらいいか、について。
    ACTAの何が恐ろしいのかを理解するのは、初めての人にとって簡単ではないかもしれません。
    SOPA、PIPAそしてACTA…インターネット検閲を止めろ!
    上を読んだら次↓
    外国の政府が突然、あなたのサイトを閉鎖できるACTA
    この2本の記事は、ACTAの伏線であるSOPAとPIPA、そしてACTAへの流れが説明されています。(やや難解かも知れませんが、正確な記事なので読んでみてください)
    さらにACTAの法的な概念についても。
    そして、TPPとの深い関連についても少し。というか、角度を変えればTPPの変形と言えるかもしれません。
    二本とも2月に書いた記事ですが、少し目を離していたスキに、どんどん法案通過に向けて動いていたのです。
    予想どおりのことが起こっているのです。
    ACTA(Anti-Counterfeiting Trade Agreement)「模造品海賊版拡散防止条約」。
    Counterfeitとは、いわゆる「偽物」。本物をマネした模造品。
    もともとは、小泉政権に、中国のコピー商品の撲滅を表向きの理由にして、アメリカが日本に作成させた法案。
    始めは「模造品取引防止協定」がその趣旨でしたが、いつの間にか、ネット規制法案に化けて、世界中のインターネット規制、言論弾圧法案になってしまったのです。
    EU議会はACTAを否決。メキシコもEUにならって署名せず
    先に、EUの立法議会である欧州議会は、このACTAに7月4日、478:39(棄権165)の圧倒的多数で否決しました。
    その前に、EU加盟国27ヶ国のうち22ヶ国が、一度はACTAを承認し、署名しているのです。
    EUが承認した条約を欧州議会が否決するのは、まったく異例のことで今回が初めてだそうです。
    よくよく精査したら、このACTAとは、とんでもない法律であることが分かったのです。それでEU議会で最終的に諮る段になって否決されたのです。
    これでEU加盟国27ヶ国は、ACTAに参加しないことが最終的に決まったのです。
    もっとも、グローバル・エリートたちは、EU議会でACTAが否決されることを見越していたのか、CETA(Comprehensive Employment and Training Act)という法律を条項として既存の法律に、こっそり潜り込ませる、という手口を考えています。(別の記事で)
    ACAT否決までの経緯については、こちらのサイト様を参照ください。非常に整然とまとめられてあります。(下のリーダー罫以下)
    ----------------------------------------------------------------
    今年、2月12日の時点で、欧州ではこのような猛烈な反対運動が起こったのです。
    BBCでは報道があったが、やはり日本の大手メディアは速報しなかったようなので、内容が生煮えで誤解があるかもしれないが、ここに書いておく。
    昨日(2月11日)に、欧州各国でACTAに抗議する一斉デモがあった。
    ACTAは、Anti-Counterfeiting Trade Agreementのことで、日本では「模倣品・海賊版拡散防止条約」といっていたが、いまは「模造品の取引の防止に関する条約」という仮訳になっている。
    これは2005年のグレンイーグルス・サミットで、日本の小泉首相が提唱した枠組みなのだ。
    その後、日本、豪州、カナダ、EU、韓国、メキシコ、モロッコ、ニュージーランド、シンガポール、スイス、米国のあいだで極秘のうちに交渉が進んだ。
    日本は提唱国の位置づけだが、実際の交渉は米国が先導したとみられる。
    日米が共同でまとめた交渉といえるだろう。
    昨年10月1日に豪州、カナダ、日本、韓国、モロッコ、ニュージーランド、シンガポール、米国の署名式が日本で行われた。(下の動画 去年10月)
    欧州議会 ACTA否決★hello democracy! Good Bye Acta!
    【関連記事】 模倣品防止条約、都内で署名式 日米韓など8カ国参加 
    ※日本では、まったくといっていいほど報道されなかった。
    ま た、今年1月26日にはEUとその加盟国(全27ヶ国)のうち22ヶ国(EU、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ギリ シャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スペイ ン、スウェーデン、イギリス)が、やはり日本で署名した。
    日本では署名式があったことくらいは、小さなニュースになったが、そもそもこんな交渉を日本と米国が主導し、野田政権が署名まで済ませていることを、日本のほとんどの人は知らない。
    ところがEUでは、ネットの自由を縛る恐れのある条約に、国民への説明なしに勝手に署名したというので、1月26日以後、抗議運動が盛り上がっていった。
    そして、これまでで最大の一斉デモが、昨日あったというわけだ。
    Facebookの情報では、抗議デモは(欧州の)約200都市で予定され、40万人が参加を表明していた。
    実際、どのくらいの人数が参加したかの情報はまだ伝えられていないが、最小限に見積もっても、4万人は極寒の街に繰り出したのではないかと、ぼくはみている。
    仮に参加者が4万人だったとしても、残りの36万人はACTA賛成に回ったということではない。
    欧州議会への請願サイトでは、これを書いている時点で反対票が220万に達しようとしている。
    EUではこれから、各国議会と欧州議会での批准手続きに入りつつある。
    ポーランド、チェコ、スロバキアは国内で猛反対が起きて、批准を保留しており、ドイツも批准するかどうか、慎重に検討するようだ。
    なかでもネットの自由を求める運動の象徴になったガイ・フォークスの面を付けてACTAに抗議するポーランドの議員たちの写真は、印象的だ。
    Anonymous - Down With ACTA (France)
    これは、フランスでのACTA反対抗議運動。一般人がガイ・フォークスの仮面をつけて大規模デモを実施。こうしたことが、ヨーロッパ各国で起こっていた。
    EUでは、ACTAがEUで発効するためには、各国議会に加えて6月の欧州議会での批准が必要との立場を取っている。
    そのため、欧州議会に向けて、反対運動がつづけられることになりそうだ。
    ところが、ACTA自体は6ヶ国の批准等が完了すれば発効する。
    たとえ、EUが参加してこなくても、6ヶ国の批准等は得られそうな模様だ。
    とりわけ、米国はACTAを議会批准が必要なtreatyではなく、大統領承認だけでいいexecutive agreementの扱いをしているのが特徴的だ。
    ※これは今年、2月12日の時点の話です。
    ----------------------------------------------------------------
    このように、EUでは、いったんは22ヶ国が署名したにもかかわらず、各国の国民の猛烈な反対によって、EU議会で7月4日、否決されたのです。
    それは、なんと478:39(棄権165)という圧倒的な反対により否決された瞬間でした。
    これに続き、メキシコでもACTAにNOを突きつけられたのです。
    メキシコは、日本と同様、初期の段階からACTAの起草に関わっていましたが、去年10月1日、日本で行われたACTA署名式には参加はしたものの、署名はせず、保留にしていたのです。
    メキシコは、「ACTAの何点かの条項は憲法により保障されている個人の権利と矛盾し、推定無罪の原則に対する脅威となり得るものである」
    と指摘しています。
    メキシコでは、マスメディアがきちんとACTAの危険性について報じています。(youtube)
    あのグローバリズムのプロパガンダであるCNNでさえ、大々的にACTAについては批判的な報道をしているのです。
    今回のメキシコ議会による署名撤回勧告は当然にEUの否決と軌を一にしたものですが、提唱国の日本政府は依然としてこうした“ACTA包囲網”を「杞憂で騒いでいるだけの対岸の火事」としか見ていない状態が続いています。
    そのような姿勢は政府・外務省だけでなく国会議員の大多数にも共通しており、ACTA の承認案件は議論も低調なまま8月3日に参議院本会議で、賛成217票、反対9票の圧倒的賛成多数で通過しています。
    既に日本以外の国では、発効そのものが絶望視されているACTAですが、衆議院でも参議院と同じようにEUやメキシコで燃え盛っている“反ACTA”の炎が、外務省の言うような「杞憂」に過ぎないと考える大多数の議員によって、無風のまま批准されてしまうのか、それとも危険性に気付いた議員の方が多数になる逆転劇が起きるのか。
    以上、ガジェット通信より一部抜粋
    しかし、起草したメキシコでさえも、議会に諮る前の段階の署名さえしなかったのですから、日本が提唱国といっても、きっぱり否決しなければなりません。
    日本の国会議員は、「つまらないメンツ」にこだわるあまり、国民をACTAによって「見ざる、聞かざる、言わざる」にしようとしているのです。
    ACTAの発効には6ヶ国以上の批准が必要。日本は微妙
    ACTAは外務省と経済産業省が、推し進めようとしています。
    無能な官僚、政争にばかり明け暮れている国際感覚の欠如した政治家ばかりの日本は、ACTAとセットのTPPによって、本当に自滅の道を辿るつもりなのだろうか。
    日本では、NHKでさえ国民にまったく知らせないまま、7月31日の参議院外交防衛委員会において、ACTA批准が全会一致で可決されてしまいました。
    その3日後(8月3日)に、開かれた参議院本会議で「ACTA・偽造品の取引の防止に関する条約の締結について承認を求めるの件」の採決が行われ賛成217票、反対9票で可決されたのです。
    (この次の段階は、衆議院で、ここで最終審議に諮られ、ここを通過すると批准されたことになって、30日後からACTAが発効される)
    日本のテレビ、新聞は、まったく報道しませんでした。
    EU議会がACTAを否決したことや、メキシコが署名を取りやめたことも、これほど大きな問題なのに、一切報道しないのです。
    さすがに舌鋒鋭い欧州のメディアは、「日本のメディアは一部を除きほとんど報道しなかった」として、その姿勢に疑問を呈しています。
    次に最後の関門である衆院を通過すれば、日本国民はACTAの下で、インターネット利用を監視されます。無言の言論弾圧が始まるのです。
    これは「インターネットの終焉」を意味します。
    ただし、ACTAは多国間条約ですから、日本を含めて最低6ヶ国以上の批准がなければ、法律として発効しません。
    EUは落ちました。
    メキシコは、議会にかける(批准するかどうか決める)ところまでいかないうちにACTAを否定しました。
    残るは、日本、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、韓国、モロッコの8ヶ国。
    これらの国々はすでに署名済み。
    アメリカは、オバマが「ACTAは協定であって条約ではないので、議会で諮ることをしない」と強弁しており、行政協定=オバマが署名するだけ通してしまうことが決まっているので、ACTA批准確定です。
    条約:
    二つ以上の国家が取り交わす公開しておこなう約束で、その国の憲法より重いものです。
    しかしながら、いつでも、どこの干渉も受けず自由に破棄できることも保障されています。
    一方的な破棄も国際法上合法です。
    協定:
    国家でなく、国家機関の一部同士で他の条約の許容範囲でとりかわすもの。
    例えば、アメリカ国防総省と当時の日本総理府の間で安保条約を根拠に取り交わした、「日米地位協定」が有名です。
    条約、協定の違い
    このACTAもそうですが、TPPも、国内の産業セクターすべてが影響を受けるのに、「協定」と訳しています。実質は条約なのですから、「条約」で統一します。
    ということは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、韓国、モロッコのうち、3つの国が否決しなければ、日本のインターネット言論弾圧が始まってしまうのです。
    ただし、現在までのところ、アメリカ以外の国でACTAを批准したという情報はありません。
    これは、テレビ・新聞にとって、インターネットが目の上のタンコブであるし、政治家、官僚にとって、テレビと新聞をガチガチに規制すれば、国民にとって都合の悪い法案を黙って通すことできるからです。
    テレビ・新聞は、この機会にインターネット・ユーザーの言論を押しつぶそうとしているのです。
    だから、一切報道しない。
    「インターネット憎し」は、日本だけでなく、どの国のテレビ・新聞にとっても程度の差こそあれ同じなのです。それでも、あのアメリカでさえ、ACTAの危険性については何度も批判的な論調で報道しているのです。
    この点では、日本は、北朝鮮と大して変わらないのです。
    そうした隠蔽を平気で行う一方で、にこやかな笑みを浮かべながらテレビカメラに向かって、いつものように話せる人々は異常な人々と言えるでしょう。
    テレビ・新聞の原発報道は嘘ばかり。
    ネットを見て情報を得ていた人々はまだしも、テレビのニュースを信じた人々は、彼らの情報隠蔽のせいで、無用の被曝をさせられました。
    テレビ・新聞には、正確な情報を発信する能力がすでにないのです。
    それでも、まだインターネット規制に手を貸すのですから、大マスコミの人々は精神異常者の集団と言うしかないのです。
    突然にACTA批准が委員会全会一致で可決。残すは衆院のみ
    衆議院外務委員会での審議は、今月中(8月中)に実施される予定で す。
    お盆は明けました。来週から、すぐに動くでしょう。
    衆院で阻止するためには、分かりやすく明確な反対の意思を表明しなければりません。
    ACTAを批准するかどうかを、その場で決める衆議院外務委員会の委員たちは、インターネットなど、ほとんど知らないからです。
    インターネットを知らない議員たちがACTAを審議しようとしているのですから、なんと恐ろしい。
    これは、TPPについても同様です。国会議員は、ほとんど知らないし、第一、内容を理解できないのです。
    ここからは、残された時間(おそらく数日だけ)に、どのようにACTA反対の意思を効果的に伝えるか、についてです。
    分かりやすい3つの動画を以下に挙げておきます。
    120803_斎藤やすのり議員インタビューダイジェスト
    斉藤議員は、ACTAの危険性をよく理解しています。おすすめ!
    そのとおり!
    ACTA批准が、TPP交渉参加とセットになっているに違いないのです!
    TPPのISD条項によって、他国の政府に圧力をかけるにはACTAが不可欠だからです。
    どの議員も、どの評論家も言っていないことをちょっとだけ-
    それは、ACTAの隠された真の狙いが、私企業によるその国の国民のインターネット言論統制と知財の独占にあるということです。
    それに付随して、地球の人々から国境という概念を取り外すことも狙いの一つなのです。
    これは、グローバル意識の啓蒙と言えるかもしれません、
    なによりACTAの本質が出ている点は、SOPAやPIPAと違って、著作権、肖像権、意匠権、商標権といった知的財産権の侵害について、国が監視・規制するのではなく、その権利を私企業に手渡したことです。
    その企業がある日突然、相手にペナルティを科すことができる、という点が驚異なのです。
    その私企業の中心は、巨大ネット企業のことです。
    そして、その巨大企業群は、ACTAとTPPに参加した国の政府を飲み込んでいきます。
    政府とは、単なる事務局に過ぎなくなってしまうのです。
    その国を支配するのは、つまりは多国籍企業です。
    多国籍企業ですから、日本国民の共通の財産である知財が一私企業によって、吸い上げられたとしても、日本国内に留まっているわけではないのです。
    それがグローバリズムの本当の正体なのです。
    だから、米・追従議員たちは、民営化、民営化、なんでも民営化と、お題目のように唱えるのです。
    今の野田佳彦は、小泉純一郎と、まったく同じことをやり続けています。
    (引用終了)
    坂本弁護士一家殺害事件や中川昭一酩酊記者会見バッシングを知っているだけに、昨今のマスコミの常軌を逸した偏向報道の脅威を知っています。ACTAで笑うのはどこのどいつか、言わずもがな。
  • No title
    2012/09/08 17:57
    リンクを引用させて頂きます。
    >勉強もSNSで共有! ゲーム感覚の学習アプリやサイトが人気
    >どこかに出かけたり、写真を撮ったら、すぐにTwitterやFacebookにアップする人も多いだろう。友だちからコメントがつけばなんとなく嬉しいし、なかなか会えない人とコミュニケーションをとるにも便利。
    そんなSNS流行りの昨今、単なる近況だけでなく、勉強状況の共有にSNSを活用する人が増えている。友だちと学習状況を共有しながらゲーム感覚で学べるアプリなど、いわゆるソーシャルラーニングの人気が加速中だ。
    「リアルな世界の友だち同士で刺激を与えあい、励ましあうことで学習意欲の維持・向上を支援し、ひいては学習成果の向上を目指しています」
    というのはFacebookベースの実名制の学習SNS「Studymate(スタディメイト)」を運営する株式会社コネクトスターの担当者。
    同サイトでは友だち同士で学習状況などを共有でき、3日坊主になりがちな課題の継続をサポート。実際、友だちのいるユーザーほどログイン率が高い傾向にあるという。
    「名前はスタディメイトですが、ダイエットや健康的な生活など、地道にコツコツが必要なことを継続させるのに利用しているユーザーが多いですね」
    近くリリース予定のiPhoneアプリには英単語を学べる教材も組み込まれ、テストの点数を友だちと競える「ソーシャルテスト」機能もリリース。より勉強目的で使いやすいものとなるそうだ。
    株式会社ドリコムが開発したソーシャルラーニング用プラットフォーム「スマコロ」も好評だ。同社ではスマコロに対応したiPhone向けの英語学習アプリとして、キャラクターを育てながらリスニング学習ができる「聴いて育てる英会話 えいたま」と世界のグルメを楽しみながら英単語を学べる「グルタン 英単語で世界周遊」を提供。「えいたま」はすでに20万人以上が利用している。
    ちなみに「えいたま」は20代、「グルタン」は30代がメインユーザー。いずれも1:2の割合で女性が多く、アプリ利用者の4割強がスマコロにも登録済み。やはりソーシャル機能を利用している人のほうが、長く続けられるよう。リアルな知り合い同士で利用する人もいれば、スマコロ上で仲間を見つけて会話などを楽しむ人も多いとか。
    「スマコロに集まる人同士、そこに集まる目的が同じなので話が弾むようですね。直接会話しなくても、目的が同じ仲間だという意識がユーザー同士を結びつけているようです」
    こうしたアプリは空き時間に手軽に学習できるのが魅力。友だちと協力したり競いあうのも、ちょっとした気分転換になる。
    「たとえばTOEIC対策でも文法はテキストを使いながら、リスニングは『えいたま』で……など、他のコンテンツと合わせて使うユーザーもいます」
    もちろん従来の学習アプリのように1人でも学習できるが、たとえば「グルタン」には友だちと協力することで行ける土地や出題単語が増えたり、限定グルメを獲得できるなどプラスアルファの楽しみもある。
    1人だとどうしても自分に甘くなってしまう。そんな人はぜひこうしたサービスを利用して、やる気アップを図ってみては。
    (引用終了)
    ●漫画とアニメではないがどこぞの規制派がネットは害悪だと言っていたけどどれどころか役に立っています。
    趣味と実益と申しましょうかサブカルとネット関係なくゲーム感覚と言った楽しんで学べることは学問を潤し学力を向上させます。
    「ソーシャルテスト」言うものも学問の競争率を高める効果がありそうです。
    楽しみながら学び競わせるこれが今とこれから先の学力向上に必要なことだと思います。
  • No title
    2012/09/08 18:26
    このようなまとめが…
    藤原興氏「二次創作物がヒドい内容なら原作にも道義的責任がある」
    http://togetter.com/li/368999
  • 2012/09/08 19:24
    >あるばさん
    コメントと、エントリーの紹介ありがとうございます。
    これからも反対運動には、自分の出来る範囲で行おうと思います。
    また、前から思ってましたが賛成派以外の一般人は、TVや新聞と言ったマスコミの情報は鵜呑みにしてませんか?
    特に今回のような児童の事件や、オタクが絡む報道になると、まるで血を感じたサメのように食いついて、マスコミの情報を絶対的に信じますね。
    やはり少数派の味方になったら、差別されるから多数のマスメディアに味方になるんでしょうかね?
  • 児ポ法改悪問題がえらいことになっていますよ。
    2012/09/08 20:05
    velvetmorning blog
    緊急!!ACTAに気を取られている隙に児童ポルノ法が衆議院で審議中
    http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/09/07/6567678
    【開始】
    しまった!
    ACTAに気を取られている隙に児童ポルノ法が衆議院で審議中になっている。
    最近のおかしな事件は、このための仕込みだったのか。
    昔から読んでいる人なら、既にお分かりのように、この法案を通過させようとしているのは、キッシンジャー×中曽根が作った自衛隊の秘密情報組織だ。
    オウム事件を隠蔽した奴らだ。
    日本を国際金融マフィアに売り飛ばした連中。
    古くは、張作霖爆札事件で、日中戦争を仕掛けた連中だ。
    絶対に絶対に、この法案を通過させてはならない。
    連中は、わざわざ2法案提出していて、特に、統一狂会の高市早苗案は、最悪である。
    いずれにしても、どちらも廃案にすべし。
    【終了】
    違法ダウンロード刑罰化(&ACTA)と同時平行処理で、この悪法も撃退しなければ、どえらいことになりますよ。
    こういう火事場泥棒は許されません。違法ダウンロード刑罰化やACTAに続いて立て続けに悪法をごり押し遠そうという魂胆、仮に9・11テロのようなことが起きたら、日本の民主主義がぶち壊されてしまいますよ。
  • No title
    2012/09/08 20:29
    >20:05の名無しさま
    180回国会が本日閉会になるのにあわせ、先日法務委員会で児童買春・児童ポルノ等処罰法について閉会中審査に付することが決まったため、現在も同法案が審議中になってるだけです。
    閉会中審査にしない法案は、「会期不継続の原則」に従い廃案になりますからね。
    形式的には、自民党提出法案は173回国会から、民主党提出法案は177回国会から、途切れず提出状態ですので、突如何かやられたわけでは無いですよ。
    いつ「実質審議」(又はそのためのすり合わせ)が始まるかは留意すべきですけれど、明日から国会は閉会状態になりますし、引用して下さったブログのブログ主さんほど過敏になる必要は現時点では無いかなと思います。
  • No title
    2012/09/08 20:59
    2012-09-08(20:05)名無し様
    rede様
    >緊急!!ACTAに気を取られている隙に児童ポルノ法が衆議院で審議中
    「緊急!!」とありますけど法務委員会で各法案(自公案、民主案)が提出され、平成23年8月9日に審議内で趣旨説明が行われて以来、それ以降の各会期閉会時の審議継続を除けば1年以上放ったらかしになっている状態です。青少年問題に関する特別委員会にて、主にあべ俊子が論議に出している程度です。
    詳しくは青少年問題に関する特別委員会「第3号 平成24年6月19日(火曜日)」「第3号 平成23年10月25日(火曜日)」参照の事。
    児童ポルノ法案の内容ですが、自公案、民主案それぞれを会議録から引用させていただきます。
    (引用開始)
    第17号 平成23年8月9日(火曜日)
    ~中略~
    ○奥田委員長 次に、第百七十三回国会、高市早苗君外三名提出、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案及び辻惠君外二名提出、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。
     提出者から順次趣旨の説明を聴取いたします。高市早苗君。
        ―――――――――――――
     児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案
        〔本号末尾に掲載〕
        ―――――――――――――
    ○高市議員 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、自由民主党・無所属の会及び公明党の提出者を代表して、その趣旨及び内容を御説明申し上げます。
     まず、本法律案の趣旨について御説明申し上げます。
     児童ポルノの所持、提供等の行為は、描写された児童の心身や生活に有害な影響を与え続けるのみならず、このような行為が社会に広がることにより児童を性欲の対象としてとらえる風潮を助長し、児童が被害者となる犯罪を誘発する可能性も指摘されています。
     したがって、児童ポルノについては、法律の施行状況や国際的動向を踏まえつつ、厳しく規制していかなければなりません。
     平成十一年の児童買春、児童ポルノ禁止法の成立から十年以上たち、平成十六年には改正によって厳罰化され、それなりに効果を上げてきましたが、昨今の状況は大きく変化しております。
     特に、インターネット等の発達により、児童ポルノが瞬時に世界じゅうに拡散するようになり、描写された児童が受ける被害の拡大と長期化は看過できない状況となっています。
     また、我が国の現行法では、G8諸国のうち六カ国が罰則をもって禁止している児童ポルノの単純所持が禁止されておらず、このことが児童ポルノの蔓延を助長しているとの国内外の批判が高まっており、我が国の信用にもかかわる問題になっております。
     そこで、児童ポルノをめぐるかかる国内外の状況と、平成十六年改正時に三年を目途とする検討規定が置かれたことを踏まえ、児童ポルノについてさらに厳格な規制を設けて児童を保護することとするため、平成二十年六月に児童買春、児童ポルノ禁止法改正案を提出いたしましたが、衆議院解散により廃案となりましたので、平成二十一年十一月に改めて本法律案を提出した次第でございます。
     次に、本法律案の内容について御説明申し上げます。
     第一に、適用上の注意規定を明確化しております。すなわち、この法律の適用に当たっては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、児童に対する性的搾取及び性的虐待から児童を保護しその権利を擁護するとの本来の目的を逸脱して、他の目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならないものとしております。
     第二に、児童ポルノ所持等の禁止規定を設けております。すなわち、何人も、みだりに児童ポルノを所持等してはならないものとしております。
     第三に、自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノの所持等についての罰則を設けております。すなわち、自己の性的好奇心を満たす目的で児童ポルノの所持等をした者は、一年以下の懲役または百万円以下の罰金に処するものとしております。
     なお、現に所持等をしている児童ポルノについては、改正法施行後に速やかに廃棄の措置を講じていただくことを期待し、罰則については施行後一年間は適用しないこととしております。
     第四に、インターネットの利用に係る事業者の努力規定を設けることとしております。すなわち、インターネットの利用に係る事業者は、捜査機関への協力、管理権限に基づく情報送信防止措置その他インターネットを利用した児童ポルノの所持、提供等の行為の防止に資するための措置を講ずるよう努めるものとしております。
     第五に、児童ポルノに類する漫画等、すなわち漫画、アニメ、CG、疑似児童ポルノの規制や、いわゆるブロッキングの措置に関する検討規定を設けることとしております。
     本法律案では、実在する児童の保護を最優先とするものの、児童ポルノに類する漫画等の規制やインターネットによる児童ポルノに係る情報の閲覧の制限についても、さまざまな議論が存在しております。よって、改正法施行後三年を目途として、児童ポルノに類する漫画等と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究及びブロッキングの技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとしております。
     以上が、この法律案の趣旨及び内容でございます。
     何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
    ○奥田委員長 次に、辻惠君。
        ―――――――――――――
     児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案
        〔本号末尾に掲載〕
        ―――――――――――――
    ○辻議員 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、民主党・無所属クラブの提出者を代表して、その趣旨及び内容について御説明申し上げます。
     まず、本法律案の趣旨について御説明申し上げます。
     児童ポルノは、児童に対する性的搾取及び性的虐待であって、その心身に有害な影響を与えるものであり、児童に対する重大かつ深刻な人権侵害であると言えます。そのような認識から、平成十一年に児童買春、児童ポルノ禁止法が成立し、児童ポルノの製造、提供等が処罰されるようになり、平成十六年の改正においては法定刑が引き上げられましたが、昨今のパソコンの普及やインターネットの発達により、児童ポルノは容易に世界じゅうに広がるようになり、複製も簡単になっているという実態があります。
     このような現状の改善は、基本的には製造、提供側を規制する現行法による取り締まりを徹底することにより図られるべきと考えますが、需要があるからこそ供給があるのも事実であり、有償で反復して取得するという、特に悪質で、かつ供給を喚起するような行為については処罰対象とする必要性があると言えます。
     そこで、今回、新たに児童ポルノ等の有償かつ反復での取得という特に悪質なケースに限って需要の側を処罰する規定を設けるとともに、定義の明確化を図ることで処罰範囲を明確化し、また、心身に有害な影響を受けた児童の保護に関する制度の充実及び強化を図り、もって児童の権利の擁護に資することとするため、本法律案を提出することとした次第であります。
     次に、本法律案の内容について御説明申し上げます。
     第一に、児童ポルノ等取得罪の新設等であります。
     その一は、児童ポルノ等の取得について罰則を設けております。すなわち、みだりに、児童ポルノまたはこれに係る電磁的記録等を有償でかつ反復して取得した者は、一年以下の懲役または百万円以下の罰金に処するものとすることとしております。
     その二は、児童ポルノの製造の罪について処罰範囲を拡大しております。すなわち、提供目的以外の児童ポルノの製造の罪について、意図的に児童に一定の姿態をとらせて製造した場合に限らず、盗撮等の場合にも処罰範囲を拡大することとしております。
     第二に、心身に有害な影響を受けた児童の保護に関する制度を充実及び強化することとしております。
     すなわち、心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置を講ずる主体として、厚生労働省、法務省、都道府県警察、児童相談所及び福祉事務所を例示し、措置を講ずる主体及び責任を明確化することとしております。これに加えて、社会保障審議会及び犯罪被害者等施策推進会議は、相互に連携して、児童買春の相手方となったこと、児童ポルノに描写されたこと等により心身に有害な影響を受けた児童の保護に関する施策の実施状況等について、当該児童の保護に関する専門的な知識経験を有する者の知見を活用しつつ、定期的に検証及び評価を行うものとすることとしております。
     第三に、児童ポルノの定義の明確化等であります。
     児童ポルノ及びこれに係る電磁的記録等の定義から「専ら医学その他の学術研究の用に供するもの」を除くこととしております。これに加え、その定義を明確にするため、第二条第三項第二号を「他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって殊更に性欲を興奮させ又は刺激するもの」に、同項第三号を「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、殊更に性欲を興奮させ又は刺激するもの」との客観的な要件に改めることとしております。
     第四に、適用上の注意規定の明確化等であります。
     この法律の適用に当たっては、学術研究、文化芸術活動、報道等に関する国民の権利及び自由を不当に侵害しないように留意し、児童に対する性的搾取及び性的虐待から児童を保護しその権利を擁護するとの本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならないものとするとともに、この法律のいかなる規定も、架空のものを描写した漫画、アニメーション、コンピューターゲーム等を規制するものと解釈してはならないものとすることとしております。
     以上が、この法律案の趣旨及び内容であります。
     何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
    (引用終了)
    ただ放置しているとはいえ、最近の女児監禁事件やその事件にアニメを盛り込ませたり、その事でネット上で取り上げられる事が多くなり、いよいよ本格的に動き出す気配が強くなってきそうな感じです。新聞、ニュース等では現時点でどこまで取り上げられているのかわかりませんが(NHKや「とくダネ!」くらいしか知らない)、今後はより一層注意したほうがよろしいかと思います。
  • 追記すみません
    2012/09/08 21:35
    2012-09-08(20:05) 名無し様
    rede様
    >いつ「実質審議」(又はそのためのすり合わせ)が始まるかは留意すべきですけれど、明日から国会は閉会状態になりますし、引用して下さったブログのブログ主さんほど過敏になる必要は現時点では無いかなと思います。
    臨時国会の開催が噂されていますが、自分が知る限り過去に通常国会以外に児童ポルノ法案の審議があった記憶がなかったと思います。見落としていたらすみません。rede様のおっしゃるようにあまり過敏になりすぎてもしかたありませんからね。まあ、注意するに越した事はないと思いますが・・・
    話は変わりますが、このような記事を見つけました。
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1209/07/news086.html
    (引用開始)
    「小6女児監禁男はプリキュア好き」成田童夢さんが報道に怒りの反論
    ブログで「怒りしか湧いてこない…」と憤りあらわに。
    広島市の小6女児が旅行かばんに閉じ込められた事件で、日刊スポーツの報道に疑問の声が続出している。問題の記事は、9月6日付けの「小6女児監禁男はプリキュア好き」と題したもの。容疑者が成城大学に在籍していることや「女児向けアニメ『プリキュア』を大好きで、趣味はメイド喫茶通い」とする証言、用語解説などを掲載した。
     これに対し、ネットでは多くの批判があったが、有名人もブログやTwitterを通じて違和感を表明している。元スノーボード選手の成田童夢さんは9月6日、自身のブログにて「怒りしか湧いてこない…」というエントリを投稿した。
     成田さんは日刊スポーツの記事に触れたうえで、「凄くおかしな角度での報道」と指摘。「『オタク=犯罪者予備軍』は大きな誤解があるから!!!」と持論を展開し、オタクを犯罪者扱いする風潮に真っ向から反論した。また「…よく考えてみろ…プリキュアシリーズはみんな中学二年生だぞ!!!(一部、中三w)」、「プリキュアクラスタは次元の区別がしっかり出来る人!」と、本来事件とは無関係なはずのプリキュアが責められていることに対しても強い憤りを見せている。
    成田さん以外では、声優の池澤春菜さんもTwitterで「……私、成城大。で、プリキュア出てた。でも、だから私も犯罪を犯す可能性が高いかと言うと、そうではない。何が言いたいかというと、そこ、全く関係ないよね?」と報道に反論。1500人以上にリツイートされるなど共感を集めた。
    (引用終了)
  • No title
    2012/09/08 21:35
    >W-Bさま
    確たることはいえませんが、現在の内閣提出法案の消化率の低さ、特に特例公債法案が成立していないこと、及び違憲状態とされた選挙制度の改革関連法案(こっちは確か議員立法ですが)が通過していないことを考えると、民主代表・自民党総裁選の後は臨時会が早い段階で召集されるのではないかと思います。
    法務委員会での審査は閣法から入るとは思いますが、仰る通り、児童買春・児童ポルノ等処罰法に動きがある可能性はあるとおもいます。最近の「気配」の悪さは私も感じているので。過敏にならず、でも注意は怠らず、というところでしょうか。
    民主党から慎重派議員の方が結構抜けてしまっているので、ポイントになるのは生活党かな、と思ったりしています。衆議院法務のほうは生活党が理事ポストを一つ握っているので、民自公だけで何もかも、という状況にありません。また、参議院法務にはダウンロード処罰化のときに頑張ってくれた森ゆうこ議員もいますしね。
    (追記)投稿のタイミングが重なってしまったようで、失礼しました。
  • No title
    2012/09/08 22:04
    >本来「未成年者性虐待副産物」とか「未成年者性行為撮影画像」等と言った単語を活用したい。
    概ね賛同したい意見ですが、もっとシンプルに「虐待成果物」でいいような。
    13歳未満との性行為は(性的同意能力無しとみなして)無条件に虐待ということで。
  • No title
    2012/09/08 22:20
    >>児童ポルノ改悪
    今日で国会閉会ですから
    継続審議にするための形だけってことでしょうね
    民主党の審議順からして次回臨時国会召集と同時に
    児童ポルノ法審議の可能性は低いと思います。
    (選挙法案、特例公債法案が先)
    そして選挙法案が通り次第国会解散ですから
    次期総選挙の結果次第で来年の通常国会の攻防になるのかと思います
  • No title
    2012/09/09 01:21
    >このようなまとめが…
    閲覧させていただきました。
    無理に自分の言葉で纏めるのは良くないので、藤原氏の仰る事もgrayengineer氏の考える事も見るべき点がありますということにして、時間がある方は読む事をお奨めします。
    その上でgrayengineer氏の最後らへんのコメントにある文章を引用いたします。
    “法規制というのは国民が憲法によって国家に保証させている自由権の一部を国家に売り渡す行為だ、ということは意識する必要があります。自分の肉を切り取って売るのと同じなのです。だから、ほんとによっぽどのことがない限り、できるだけ規制という手段は使わないほうがいい。最終手段だと考えるべきで、どうしても規制する場合は厳格に厳密に運用基準を決めて、権力を濫用されないよう安全弁をつける必要があります。”
    “その観点から言えば、現代の日本人はあまりにも安易に規制、規制と言い過ぎると私は感じています。”
    >賛成派以外の一般人は、TVや新聞と言ったマスコミの情報は鵜呑みにしてませんか?
    >特に今回のような児童の事件や、オタクが絡む報道になると、まるで血を感じたサメのように食いついて、マスコミの情報を絶対的に信じますね。
    >やはり少数派の味方になったら、差別されるから多数のマスメディアに味方になるんでしょうかね?
    そういう言い方は私としては違います。すこし疑心暗鬼になっているかと。
    ついでに申し上げれば我々も一般人です。求められていないのに区別する事は消極的差別になりますのでお間違いなく。
    まぁ、上に書いたように『理解』が無いからそうなるわけで、丁寧に紐解いていくしかありません。
  • No title
    2012/09/09 02:10
    このようなツイッターを見つけました
    第44戦闘航空団  ◆cPUZU5OGF ‏@jagdverband_44
    @madarn_gen 児童ポルノ雑誌がamazonで売られているのを発見しました。皆さんで通報して販売停止に追い込みましょう。http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00884A942/
    リンク先を見てみたのですが(この雑誌の公式HPや出版社も見てきました)女の子の絵を用いた軍事雑誌のようですが・・・どこをどう見たら児童ポルノ雑誌に見えるのか。ぱっと見で児童に見えませんし、そもそもイラストに児童ポルノとして扱い事自体論外なのですが。
    この第44戦闘航空団という人は@madarn_genの他にも@disca、@ecpatjp、@papsjp、@kenzenca等様々な人(主に規制派メイン)に販売停止を呼びかけているようです。軍事モノが好きなようですが所謂萌えイラストを用いたこの雑誌が気に入らないだけなのだと思います。
  • No title
    2012/09/09 10:50
    >本来「未成年者性虐待副産物」とか「未成年者性行為撮影画像」等と言った単語を活用したい。
    未成年というのは、19歳以下の事を言いますのでこれはこれで違うと思います。
    それに、これは赤木氏が言った言葉だと思いますが、あの人は何が性虐待なのかを「見た目」で判断し、一方的な勧善懲悪の思考みたいに無責任に発言するところがありますので。
    >概ね賛同したい意見ですが、もっとシンプルに「虐待成果物」でいいような。
    >13歳未満との性行為は(性的同意能力無しとみなして)無条件に虐待ということで。
    虐待成果物だと余計分かりにくい表現だと思いますよ。
    というのも、規制派・反対派限らず、虐待かどうかを見た目で判断し、何でもかんでも性行為と言っている人がいるわけですから。
    上辺だけの判断からくる一方的な勧善懲悪の思考ほど、悪質なものは無いですよ。
    しかも、この手の発言者は、大概、当事者の声を聞きませんから。
  • No title
    2012/09/11 15:18
    日本の二次元ポルノは規制させて当然、表現の自由の意味を履き違えるな・・・・・とは在日韓国人の弁ですが
    坊主憎けりゃ袈裟まで憎いといいますか、日本のものなら何であれ潰してしまえという思惑が見受けられます。
    もう本当に韓国は嫌です。目が合ったら殴りかかってくるような民族と、どうして対話や共存が出来ましょうか。
    日本で中韓との共存共栄言ってる人々は現実を知らないか、売国奴か、のどちらかしか居ません。
    中国や韓国が容認する日本国とは、すなわち自衛隊も捨て、サブカルチャーも捨てて
    ひいては日本文化という意識すら捨てた傀儡国家に他なりません。
    そんな国家を希望する、上記の主張をした在日韓国人やその支持者、公明党をはじめとするエセグローバル主義者、自民や民主、社民を席巻する反日家。
    本当に消えて欲しいです。
  • No title
    2012/10/12 02:09
    同じ児童ポルノ規制賛成派でも、意見が食い違う場面はありますね
    二次元であろうと女性・子どもの人権侵害に変わりは無いとして規制の対象にする高市早苗・野田聖子
    児童ポルノ規制自体は強硬派でも、二次元には手を出すべきではないとする辻恵
コメント投稿

トラックバック