FC2ブログ

違法DL刑罰化を含む自公修正案は来週水曜日採決予定? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

違法DL刑罰化を含む自公修正案は来週水曜日採決予定?

No title
MIAUも次に向けて動きがあるようですが…

津田大介 ‏@tsuda
来週水曜午後、議員会館でこの問題に関する勉強会やります。 RT @akadayasukazu: MIAUでの反対運動って、次の動きはないんですか。文部科学委員会の委員に面会やファックスなどで直接反対を訴える、とか、そういう活動は・・・?@tsuda
10時間

84oca ‏@84oca
委員会の採決(予定)当日同時間帯ですか。 RT @tsuda 来週水曜午後、議員会館でこの問題に関する勉強会やります。 RT @akadayasukazu: MIAUでの反対運動って、次の動きはないんですか。文部科学委員会の委員に面会やファックスなどで直接反対を訴える、とか...
9時間

Keisuke KATSUKI ‏@kskktk
@84oca ギリギリなんですけど、もうこの時間しかなくてですね…
9時間

84oca ‏@84oca
@kskktk 去年のウィルス作成罪と同じパターン……('A`)
2012年6月9日 - 0:58 Keitai Webから


状況的に拙い感じしかしませんね…

>変な規制は状況を歪め長期に渡る禍根を残すだけで何の訳にも立たないのは分かり切っているのに

何かもう、長期に渡る禍根を残すだけ残して、物事(この場合表現規制や人権規制等)に対する恨みつらみを原動力とする世の中の方が良いような気さえしてきました。
少なくともこのままでは人口比率的に我々の方が圧倒的に不利ですし、人権意識や民主主義意識の無い人間の方が圧倒的に多いです。
ましてや昨今の不況等から来る社会不安から目先の安全のために自分達の権利をアッサリ切り捨てるような様や、悪や敵を捜し求めて糾弾し続ける様なんかを見ると、この国の人間には憲法で定められた人権も民主主義も根付かない国家なんだな…と痛感しました。
そのうち、現在の既得権益者やら老害が寿命なりで日本の主権から退場するでしょうけど、それまでこの国が持たないのも事実ですし、若い人の中にも老害と同じような思想が脈々と受け継がれているのを考えると、これも期待出来ないでしょうね。

地元選出の衆議院議員に何度も手紙や電話を送りましたが、「違法DL刑罰化の件は知っていますが、文部科学委員会と管轄が違うので、自公の刑罰化については関与出来ないので反対も出来ない」という返事がを頂きました。

2012-06-09(10:53) : URL : 編集


違法DL刑罰化を含む自公修正案は早ければ水曜日に採決との事。ギリギリ手紙も間に合いそうです。
また、MIAUが当日に勉強会を行なうとの事。本当にウイルス作成罪の時と状況が似ていて嫌な感じです。


No title
連投失礼します。
これも使えるのではないでしょうか?

以下転載

甲賀志 ‏@hiroujin
マイナビニュース『CDが売れない本当の理由』 http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/06/cd.html 要約「CDを買わない理由で、ネットショップで買うが約19%。一番多いのが「レンタル店で借りるから」が約半数。その次の約36%が「音楽ソフトを購入しない。約17%が動画サイト等で聞く」
2012年6月9日 - 21:04 Tweet Buttonから

転載終了


言われてみれば、自分は基本的に動画サイトや公式HPで視聴して気に入ったものをamazonや楽天といったネットショップや家電量販店で購入したり、レンタル店で借りたりしていますね。
基本的に現物を手元に置いておかないと気が済まない性分なのですが、ただ、廃盤になっているものもあるので、そちらのフォローも欲しいとは思うのですが…

逆に言うと、音楽業界はネットショップで買うのもレンタル店で借りるのも駄目という事ですか?
ある程度安くなる(&ポイント使える)上に、地理によっては店まで遠出しないといけない(店についても、アニメイトなどジャンルに特化している店があるなど置いているCDにばらつきがありますし)から、ネットショップやレンタル店は有難いのですが…

これらが駄目なら、いよいよ購入する手段が無くなります。

2012-06-09(21:20) : URL : 編集


反対用の資料①。レンタルが多く動画サイト等で聞くのは意外と少ない模様。
推進派団体は基本的に原盤のみを売りたがっているというかそこしか見てない印象です。

No title
小倉秀夫弁護士のサイトにある5月8日の文章もラストスパートに向けた陳情に使う事ができませんかね。

以下引用
-------------------------------------------------------

違法サイトからのダウンロード行為を犯罪化する法改正は何が最大の問題か。

持っていない情報を手に入れること、すなわち、知らないことを知ることを犯罪とすることこそが最大の問題です。

今回の議員立法では、日本では正規ルートで入手できないコンテンツをダウンロードする行為も処罰の対象となります。それは、レコード会社、映画会社の巨人たちが、「日本人たちに知らせるのはもったいない」と思った情報を日本人は知る術を失いということを意味します。また、世界中のテレビ局で放送されたニュースをネット経由で日本人が知ること自体が犯罪とされることをも意味することになります。

また、情報を入手すること自体が犯罪となりますから、警察は、私たちが、どんな情報をどんなルートで入手したのかを調査する権限を持つこととなります。当然、警察は、私たちが使用しているPCを差押えし、私たちがPCにセーブしている情報を全部調査することが出来ることとなります。

この点に関して、公衆送信者を処罰する場合と一つ大きく異なることがあります。公衆送信を行う人は、公衆に対して積極的に居場所を示しています。ウェブサイトであればURL、ファイル共有サービスであればIPアドレスを晒しているわけです。だから、警察は、これらの情報を基に、公衆送信を行っている蓋然性の高い人々を絞り込んだ上で、強制捜査に踏み切ることになります。しかし、ダウンロードをする人たちは、公衆に対して一切居場所を示しません。だから、ダウンロード行為に対する罰則規定を実効的に運用するためには、十分な絞り込みを行わなくとも、PCの捜索差押えがなされる必要が生じてきます。通常逮捕とは異なり、捜索差押令状は、犯罪の捜査をするについて必要があれば、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がなくても発せられますから、インターネットに接続させてPCを使用している国民は、いつでも自分のPCを差し押さえられる危険が生ずることとなります。逆にいえば、その程度で捜索差押えが認められないと、ダウンロードの犯罪化は絵に描いた餅に終わります(すると、もっと劇薬のような法改正が導入される危険が生まれます。)。

だからこそ、ダウンロードの犯罪化はすべきでないのです。

-------------------------------------------------------
引用終わり

この文章に規制推進団体が言うところの「有償でサービスがされているコンテンツに対して」というところを加え、憲法に則る形で法改正をしようとするなら、資料提示に関する引用は除外する旨を明示する必要が生じます。

wikipediaの引用の項目
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

それとココに注目すべきです。
>その程度で捜索差押えが認められないと、ダウンロードの犯罪化は絵に描いた餅に終わります(すると、もっと劇薬のような法改正が導入される危険が生まれます。)。
つまりですよ、可決されたとしても捜査が碌に行えない場合は、自民党の憲法草案レベルの憲法改正が視野に入るということです。
規制推進派の方々が資料でも仰っている「そう簡単に捜査礼状は出ない」というのは何の担保にもならないという事です。
ここら辺を当事者たる議員に陳情する事は今この土壇場においても有効だと思うのですよ。
かつて共謀罪が施行間際で止められたのを省みれば、やはり憲法に則った反対抗議は有力です。

何卒、これから陳情を行おうと考えている方はご参考にしていただけたら幸いです。

2012-06-09(21:52) : あるば URL : 編集


反対用の資料②。これは良いですね簡潔で分かりやすいです。
古参の反対派の方なら御存知でしょうがこれは児童ポルノの「単純所持禁止」にも共通する問題です。

Togetter - 違法ダウンロード刑罰化に関する政治家の暴走と文化庁のジレンマ
http://togetter.com/li/317556

違法ダウンロード刑罰化のこれからの動きと、文化庁が今までこれを行わなかった理由としてメモ。
6/13もしくは6/15の衆院文部科学委員会での審議の際に“修正”も盛り込んでしまおうという動きが以前理事の間で根強い様子です。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120608_538886.html

by tentama_go

違法ダウンロードに罰則をもうける著作権法改正。今回のやり方が問題なのは①与野党の対立の中で、開かれた委員会ではなく、非公開の理事懇談会の場で話が進んでいるということ、②与野党の党派にとらわれず、罰則の是非を議論するべきなのに、党派にとらわれた議論になっているということ。 akadayasukazu 2012/06/08 22:58:10

世論のバランスに配慮しなければならなくなった文化庁著作権課。政治家はもっとシビアに世論を見極める感覚と、世論にとらわれない独自の見識の両方が必要だと思いますが、その政治家が「暴走」しているのが違法ダウンロード罰則化の動き。 akadayasukazu 2012/06/08 23:42:40

著作権法改正案の修正案が届いた。違法ダウンロード刑事罰化の議員修正。来週の文科委員会で採決して本会議に上程するので党の態度を決めてほしいと言われる。小倉弁護士も大激怒のようなので反対で臨むことにしよう。いきなり刑事罰は行き過ぎだろう。 secondsecretary 2012/06/09 02:21:11


secondsecretary氏は社民党の方だそうですので同党は反対してくれるみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-06-09 23:41 from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-06-10 00:34 from -

No title

>あるば氏の投稿※
 当方は既にあらかた意見してしまったのでもう無理です(そんな金も時間もありません)。参議院(地元選挙区+全国比例区+文教科学委員会)にはまだ意見してませんので、そちらに意見する際に使わせて頂こうと思います。

2012-06-10 00:57 from - | Edit

>何かもう、長期に渡る禍根を残すだけ残して、物事(この場合表現規制や人権規制等)に対する恨みつらみを原動力とする世の中の方が良いような気さえしてきました
という意見も出ていますが、これが可決しちゃうと将来これに反対するはずの人達が軒並み逮捕されちゅう可能性すらあるんですよね……

2012-06-10 02:33 from 名がない

No title

水を差すようで悪いですが凄まじく不安な記事を見つけたので一報します。
外国人の地方選挙権、「特別永住者」に限定 民主が検討
                 ↓↓↓
http://digital.asahi.com/20120531/pages/politics.html
民主党は30日、党内で検討している永住外国人への地方選挙権の付与について、対象を日本と国交のある国の「特別永住者」とする方向で検討に入った。日本の旧植民地出身の在日韓国人が中心となる。これまでの検討…
冗談であって欲しいと本気で思います・・・

2012-06-10 10:34 from - | Edit

違法ダウンロードよりやばいんじゃ…
これでまた不安で眠れない夜が続くわけですか…こちとらすでにあんまし寝れてないのに

2012-06-10 11:41 from | Edit

No title

外国人参政権はでてきても審議入りできないような気がしますが

2012-06-10 14:46 from - | Edit

重要Togetterを見つけましたので、ご紹介いたします。
【緊急】【密室採決】違法ダウンロード刑罰化、来週(6/11-)採決か - Togetter
http://togetter.com/li/317532
(引用開始)
衆院文部科学委員会で来週水曜か金曜にも政府提出の著作権法改正案を審議。その際に違法ダウンロードの罰則をもりこむ「修正」をしてしまう。<非公開の理事会であらかじめ修正されることを前提として採決するという暴挙が国会で行われようとしています。
【問題点】
1.採決に至るまでの手続きが問題があること
2.違法ダウンロード刑罰化そのものに問題があること
(引用終了)
違法ダウンロード刑罰化に関する政治家の暴走と文化庁のジレンマ - Togetter
http://togetter.com/li/317556
(引用開始)
6/13もしくは6/15の衆院文部科学委員会での審議の際に“修正”も盛り込んでしまおうという動きが以前理事の間で根強い様子です。
(引用終了)
上記2つは要チェックです。密室談合で決めることは、民主主義の否定です。
原発が導入されたときは、まさしくこのようなゲリラ立法で成立させました。当時は当然インターネットがなかったわけですから、今回と違って一般市民が知る術などなかったです。
オウム事件当時のサリン防止法や、その他安全保障問題に絡んだ立法など緊急度が高い法案なら、後日説明責任を果たすべきではありますが、今回はそれほど逼迫しているわけではないから、じっくりと議論する余地があります。いやありすぎるくらい。現にデメリットが指摘され放題ではありませんか?
にも関わらずなぜ結論を急ぐのか、いま一つさっぱりわかりません。
その他
衆議院議員 馳浩のはせ日記
平成24年6月8日(金曜日)
http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/s120608.html
(抜粋引用開始)
質疑応答での論点は以下の通り。
著作権法改正案審議入り。  13時、本会議。
(抜粋引用終了)
http://twitter.com/secondsecretary/status/211145864171888641
(引用開始)
にくまる第二書記 @secondsecretary
著作権法改正案の修正案が届いた。違法ダウンロード刑事罰化の議員修正。来週の文科委員会で採決して本会議に上程するので党の態度を決めてほしいと言われる。小倉弁護士も大激怒のようなので反対で臨むことにしよう。いきなり刑事罰は行き過ぎだろう。
5:21pm 金曜 6月 08 webから
(引用終了)
http://twitter.com/tentama_go/status/211009714417451008
(引用開始)
てんたま @tentama_go
修正案という形でかかれてたので先ほどのはそういう表記にしてあります。ただ、元は別の案件なので、この先再び別の法律に分かれる可能性は高いですね RT @sakuhei1978
8:20am 金曜 6月 08 Tweenから
(引用終了)

2012-06-10 17:10 from モッコウバラ | Edit

No title

ニコニコで違法DL関連の新たな記事発見です。(既に在りましたらご勘弁お願いします
違法ダウンロード刑事罰適用に異論(R25)→http://news.nicovideo.jp/watch/nw282294
大体は前コメントのリンクなどに掲載されていた文と似たような内容になっています。

2012-06-10 18:08 from EIYA | Edit

No title

兎園氏の新エントリ
推進派のロビー資料の誤り指摘が多数
第271回:欧米主要国におけるダウンロード違法化・犯罪化を巡る現状
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-ca58.html

2012-06-10 18:18 from - | Edit

No title

EIYA様
その記事は私も見ました。BIGLOBEのニュース欄でも取り上げられていました。
引用開始
ちなみに、YouTubeなどストリーミングサイトでの動画視聴は違法ダウンロードの対象外。「あくまでダウンロードが対象で、ストリーミングのみの視聴は現在の著作権法でも原則として違法ではありません」(骨董通り法律事務所・福井健策先生)とのこと。ストリーミングによる動画視聴はデータをPC側に一時的にダウンロードしているが、保存フォルダから別の記録媒体に複製しなければ違法にはならない。とはいえ、なにげなくダウンロードした動画が違法ファイルだったら…という不安は拭えない
引用終了
ストリーミングは対象外ってあるけど、前に公明党がストリーミングも視野に入れるというのを聞いた事があったような気がするんですけどこの辺もどうなのかわからない状況ですよね。ニコニコニュースのコメントでも対象外だから大丈夫という声がある一方、動画を観るのが違法になったら・・・という不安の声もありますね。
いずれにせよ、水曜日(?)にすべてが決まるかもしれませんね。
あれ?ということは次の会議の一回だけで国民に明確な修正案を提示しないまま審議してそのまま採決させるつもりなのかな?その会議でストリーミングも対象ですって急遽決まるような内容だったら思いっきりふざけてますよね。

2012-06-10 18:52 from W-B

No title

>W-Bさん、モッコウバラさん
ふと思ったのですが、実際に密室談合になろうという状況下で、これを食い止める事って出来るのでしょうかね?
都条例なんかもそうでしたが、止められた例が無いような気が…
推進派の間違いや矛盾を指摘したり、反対派寄りの情報とか意見が続々と出てきてはいますけど、その内のどれ程(主にネット上でこの問題に反対している人)が実際に陳情や意見をしているのでしょうか…?
その辺が、前のエントリーでじょもさんとのやりとりにあった「世間が信用出来ない」という所以でもあります。

2012-06-10 19:54 from - | Edit

2012-06-10(19:54)の名無しさん
まあ焦りたくなるお気持ちもわかります。私も同じです。
しかしここまで来たら後はひたすらMIAUさんや文部科学委員会にロビイングしているわけですから、MIAUさんにメールするのも一つの手です。
何より今なら文部科学委員たる議員に電話やメールでお問い合わせする時間があります。そうやって動く必要性がありますよ。
今はただただ全力投球する以外ありません。諦めるのは簡単。しかしその結果大きな問題点を残す。それを食い止められる確率を、わずか1%あればそれにかける、今までここの有志の方はやって来ました。
確かに今は辛い。しかし民主党が内閣提案を可決させ、議員立法はちゃらにする可能性があるようで、また参議院でも民主党議員が追及するといいます。
諦めて民主党議員を励まさないより、励ましてあげる方が彼らのモチベーションが変わります。そうすれば参議院でストップできると思います。

2012-06-10 22:50 from モッコウバラ | Edit

転載

日本共産党衆議院議員 宮本たけし たけしの日記
明日、「特別委」でNHKテレビ中継の入る対総理質問に立ちます! (2012年06月10日)
http://www.miyamoto-net.net/column2/diary/1339324131.html
>審議日程すら決まってもいないのに「刑事罰化を導入する修正案に対する質疑だけはさせない」
>ということを、先にさっさと決めてしまうなどというのは言語道断、
>引き続き各党各会派への働きかけをお願いいたします
既出でしたらすいません。
やはり質疑しないでいきなり決めるようです。

2012-06-10 23:30 from @ | Edit

No title

2012-06-10(19:54)様
正直なところ、自分も心が折れかけてたところがあったかもしれません。
「いずれにせよ、水曜日(?)にすべてが決まるかもしれませんね」
この文はここの記事に関して自分がコメントした文です。
冷静に見ると時間に身を任せてるようにも見えて我ながらショックでしたね。
そうした心情が表れた文だったと思います。
しかし、モッコウバラ様のコメントを見て自分も励まされた想いです。
モッコウバラ様、ありがとうございました!
モッコウバラ様もおっしゃってましたが、確かに厳しい状況なのは言うまでもありません。
しかし、可能性はまだ0じゃない。1滴でもいい・・・少しずつでもかまいませんので絞りに絞って出来ることを、やれるだけの事をやっていきましょう。

2012-06-10 23:55 from W-B

No title

>モッコウバラさん
>諦めて民主党議員を励まさないより、励ましてあげる方が彼らのモチベーションが変わります。そうすれば参議院でストップできると思います。
その辺りはもう既に何度もやっております。
児ポ法もそうですが、民主案の評価と推進の方向で、手紙やメールを何度も送りました。
ただ、現状を見ていると質疑無しで進めるなど、事態は良くなるどころかどんどん酷くなる一方なので、自分達一般市民の限界さえ感じます。
本当に、「力こそが正義」というのを痛感します。
別のエントリーで、MIAUが明日にもまたロビイングするらしいとの情報がありましたが、これもどうなるのでしょうか…?

2012-06-10 23:56 from - | Edit

参議院では参考人を交えて審議があるようです。
ただ民主党側の参考人が誰になるかはわかりませんね。日弁連の弁護士の可能性がありますね。
推進派側はいつもの学者かな?

2012-06-11 12:15 from ゆっくり | Edit

No title

2012-06-10(23:56)の名無しさん
いい加減甘えないでほしい。
こういう危機的状況がくるのは当たり前です。
賛成だろうが反対だろうが活動の道は険しいのだ。
モッコウバラさんらもそれを承知で不安と期待を抱きつつ覚悟しながら活動しているのだ、それが不利な状況であっても
それに比べあなたは何ですか、力こそ正義だと痛感して、一般市民の限界を感じるだとかあなたがどう考えようが勝手だけど
そのネガティブ思考で考えても有利に動くわけではないし、ただ周りに不安を煽り士気を下げるだけで結果的に足を引っ張り不利な状況を余計に不利になるだけだ。
そんなに愚痴りたいのなら不安を吐きたいのなら、気心知れた親しい知人でのメールの会話で愚痴ればいい、吐けばいい。

2012-06-11 12:20 from じょも | Edit

No title

06-10(19:54)と06-10(23:56)の名無し様の件>
不安を煽らせる発言に関しまして明らかに同一人物の可能性が高いのですが、気のせいでしょうか。

2012-06-11 17:13 from EIYA | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.