FC2ブログ

【ピチュ氏の報告】公明党は一応「改憲」に慎重のようです。 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【ピチュ氏の報告】公明党は一応「改憲」に慎重のようです。

No title
自民党の憲法改正について、自民党・公明党の主な議員に意見を送りましたが。
そのうち、公明党の井上幹事長から、次のような返答を頂きましたので、報告します。

引用開始

>〇〇 〇 様

>自民党「日本国憲法改正草案」に対するご意見をいただき、
>有難うございました。

>ご主張の「基本的人権の尊重」に関するご意見は、全くその
>通りだと考えます。
>ご承知の通り、憲法改正については公明党は「加憲」です。
>日本国憲法の「恒久平和主義」「基本的人権の尊重」「国民主権
>主義」の3原則で示された普遍的価値を守ることが大前提。
>その上で、「環境権」など憲法制定時に想定してなかった権利を
>基本的人権を加えていく「『加憲』の立場で議論してまいります。

>貴重なご意見、有難うございました。

>2012年5月11日  公明党幹事長 井上義久


引用ここまで

公明党は、憲法に関しては、一応慎重な態度を示しているようです。

2012-05-12(02:51) : ピチュ URL : 編集


ピチュ氏からの報告です。公明党は一応「改憲」には慎重のようです。
問題は彼等の言う「加憲」「環境権」なるものが何処までを指しているのかです。

いずれにしても公明党に意見してみる価値は十分にあります。
ここは攻め方を変え「創作物」「言論の自由」を保証する加憲にしてくれと御願いしてみましょう!。

【対公明党】【資料】日中の映像交流事業が開催 アジア市場の獲得が課題
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1930.html

公明党は「コンテンツ産業の支援」を謳っています。
これを武器に「如何なる表現であっても公権力が介入しないようにすべき」と意見します。

その際は「都条例改正」を例に「公権力が介入するとゾーニングですらここまで萎縮する」と伝えます。
さらに「性表現規制」が諸外国(特に韓国)では逆効果になっている事なども付け加えると尚良いです。


■情報源:北原みのり氏(http://twitter.com/minorikitahara)

北原みのり @minorikitahara
教師になる人を指導するための教科書を、読ませてもらいました。今年から高等学校公民の指導要領から、日本国憲法の三原則が消えています。平和主義、が消え、三原則という言葉自体なくなっていました。憲法改正にむけて、こういう所から手をつけるのかと、唖然としてます。


これ本当だとしたらトンデモナイ事です。
詳しい情報を御持ちの方が居ましたら教えてくだされば幸いですm(_ _)m

恐ろしい…
↓「自民党の憲法改正による日本復活が嫌なら日本から出て行けば?」といった方
2012-05-11 - unknown_protcolの日記
http://d.hatena.ne.jp/unknown_protcol/20120511

(抜粋開始)
世話にもなったサイト様のコメント欄をこれ以上乱しても埒が開かないので
ここに書いておく。馬鹿左翼は他者の主張を聞き入れないが故に。
※「世話にもなったサイト様」とは?
日本の底力 (Core Competency of Japan)
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/

何やら最近、自民党の憲法改正案に対するネガキャンやデマ、流言蜚語を流している
アレな連中(ブサヨクや工作員、あるいはそれらに騙された心配性や情弱)に対して、
憲法改正の必要性・正当性を説くべく、
ねずきちの ひとりごと 景気復活の要諦は日本の心を取り戻すこと
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1490.html
↑この記事を参考に張るたびに脳内芥子畑な馬鹿左翼やエセ平和主義者が良く釣れる。
反論コメントの高慢振りと下劣さがその証左かと。
そんなに日本が普通の国に戻るのが怖いのかねぇ。

最近では迷走や凋落著しい小林よしのりですが、
沖縄問題での発言は正鵠を射ていましたからなぁ。
・・・というか、未だに沖縄の言論封殺は支那朝鮮並みにこっ酷いとはな。
やはり徹底的な赤狩り・スパイ狩りをして沖縄マスゴミを潰さねば。

何やら最近自民党の憲法改正案へのデマの流布やネガキャンを続けている
(何でも「人権に関する条項が無いから危ない」とかいう稚拙極まりないネタのようですが。)
馬鹿左翼や脳内芥子畑が多いようなので、徹底的にやりませんと。
(終了)

筆者より
自民党憲法改正案に慎重な人というだけで、「ブサヨクや工作員、あるいはそれらに騙された心配性や情弱」とは空恐ろしい。
unknown_protcolさんは、「親戚が東電関係者」・「クレーマーを逆探できればなあ」という趣旨の書き込みをしていました。
↓これです。
●●●●●●はちょっと黙ってろ。 - unknown_protcolの日記
http://d.hatena.ne.jp/unknown_protcol/20111101/1320162221
(抜粋開始)
・・・最近、とあるサイト様のコメント欄に、矢鱈と持論をダラダラと書き並べている奴の存在を非常に腹立たしく感じて居る。

そいつは闇雲に表現規制やポルノ単純所持規制を掲げている自民党を誹謗中傷している奴。
今日は挙句に自民党を「第二公明党」呼ばわりまでし始めやがった。

また、矢鱈とクレーマー脅威論とか持ち出しているが、クレーマーなどそんなに恐れて如何する。
米国などのように「法務部」を設けて、徹底的に反撃すればよいだけだろうが。

東電のように、クレーマー受付事務局を作って其処に電話を集めていると言う策もあるが、正直担当者の心身が持たないらしい。ソースは私の母方の親戚。

東電も法務部を強化して電話の逆探知などを行なって悪質かつ執拗なクレーマーの実住所を逆探知するべきだと思うがなぁ。

個人は自身の生活態度を管理する事で誰からも疑われる事の無い清廉潔白な生き方をすれば良いだけであろう。
(抜粋終了)


>個人は自身の生活態度を管理する事で誰からも疑われる事の無い清廉潔白な生き方をすれば良いだけであろう。
すみません、村木厚子さんは「自身の生活態度を管理する事で誰からも疑われる事の無い清廉潔白な生き方」をしていなかった、というのでしょうか?
沖田さんに至っては、単に電車内で携帯電話を使った女性に苦言を呈しただけで、冤罪逮捕となりました。こうなったら今後沖田さんは電車内で携帯電話を使っているやつを注意するな、ということでしょうかね?

>東電も法務部を強化して電話の逆探知などを行なって悪質かつ執拗なクレーマーの実住所を逆探知するべきだと思うがなぁ。
そんなことが出来たら、真面目に抗議したユーザーをごろつきをよこして消すことが出来てしまいますよ。

>また、矢鱈とクレーマー脅威論とか持ち出しているが、クレーマーなどそんなに恐れて如何する。
>米国などのように「法務部」を設けて、徹底的に反撃すればよいだけだろうが。
その前に世界屈指のクレーマーとして、日本の消費者を嫌って海外メーカーが買い負かしている実態は何?
そもそも世界屈指のクレーマーの日本で、児童ポルノ法改悪が通ったら、クレーマーの脅威を見たグローバル企業がカントリーリスクを感じて、「法務部」を設けて運用するコストより、海外移転させた方が安いので、海外移転してしまいますよ。

2012-05-12(08:34) : URL : 編集


ここまで都合よく解釈してるのを見ると哀れとすら思えます。
御隣の国に引っ越せばいいのに本気で思う彼等の理想郷はすぐそこにあります。

自分達が「少数派」である自覚も無い「国士もどき」の無知は「国」すら滅ぼしますよ。

下野した「自民党」が今まで何をしてきた?。
児童ポルノ単純所持禁止、違法DL刑罰化、青環法(提出予定)、国民を殺す悪法ばかりです。
闇雲ではなくソースを提示した上で批判してるのに・・・。

都合が悪くなると「左翼」のレッテル貼り現実から目を背けるには丁度良い魔法のワードです。

≫個人は自身の生活態度を管理する事で誰からも疑われる事の無い清廉潔白な生き方をすれば良いだけであろう。

現代社会においてこれは不可能。一般常識が無さ過ぎます。
犯意無く犯罪者にされるからこそ悪法。上記に挙げた3つは特にそういうものです。

この手の人達なら反対してるであろう「人権救済法案」も同じです。

表面だけを見て改憲を支持してる人は自分が弾圧される側になった時の事を少しは想像してみるべきだ。
それとも「自民党様の作ったルールだから致し方なし」と頭でも下げるのだろうか本当に馬鹿げた話です。

表現/言論は公権力の都合で潰せる。悪法も通し放題。少数派は弾圧しても合憲。
あの改憲案はそういうものです。だから自民党を支持する奴は日本人を滅ぼすと言ってるんです。

こういう事を書くとまた御得意の「ファビョッてる」とか言うのかね(苦笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

まとめ有難うございます

久々の書き込みです。スミマセンちょっと仕事がばたばたしてしまいまして何も出来ず…不甲斐ない限りで。
少し余力出来て復活です。意見の送り先のまとめ、どうも有難うございます。
機動力は余り自信ありませんが、ぽつぽつ意見を送っていこうと思います。
しかし震災復興が第一の国民的課題というこの時に「憲法」をどうこうしようとかいう政党があるという事が…なんとも浮き世離れした感覚に些か途方にくれる感はありますね、はぁ。

2012-05-10 00:11 from ふぶら

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.