FC2ブログ

自民党が先日発表した『日本国憲法改正草案』のせいで日本の娯楽全滅 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

自民党が先日発表した『日本国憲法改正草案』のせいで日本の娯楽全滅

みんなの好きな娯楽が奪われる!!!
自民党が先日発表した『日本国憲法改正草案』のせいで日本の娯楽全滅
http://ziminhid.blog.fc2.com/blog-entry-1.html


Togetter -「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ
http://togetter.com/li/294319

こんな法文を作った奴はこいつらだ http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120427/plc12042714410009-n1.htm あと俺が2週間ほど前に自民の中曽根(こいつも憲法改正派だったかな)の事務所に電話して「国民の権利を侵害しすぎ」って言ったら「どこが?」って秘書がドヤ顔回答してたけど、侵害しまくりじゃねえかよ wp263ifnmas5k8c 6 days ago 1

ゴールデンウィーク中か、GW明けに事務所や自民党本部に抗議にしにいったり電話入れなければだめだろ・・・ちなみに議員は休みの日は地元に帰ってる事が多いです。議員のHPにいって「お問い合わせ」「アクセス」「事務所」項目を開き地方の事務所に電話をかけると通じることが多いかも。なるべく電話推奨ね。メールとかじゃ無視されたり削除されて終わりだから wp263ifnmas5k8c 6 days ago 1

抗議先まとめ。保利耕輔 http://db.kosonippon.org/statesman/statesman_info.php?id=1580 副会長 中川雅治 http://www.nakagawa-masaharu.jp/access.html iuhdy1j3egeqnja 6 days ago 2

谷垣 http://db.kosonippon.org/statesman/statesman_info.php?id=1391 iuhdy1j3egeqnja 6 days ago 0

自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact iuhdy1j3egeqnja 6 days ago 0


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2090.htmlの続きです。

まずは最優先にすべき「自民党」です。
繰り返しますが(マナーを守って)現時点では「電話」推奨です。

護憲派団体
詳細はGoogleへ

日本国民救援会
http://kyuenkai.org/
自由法曹団
http://www.jlaf.jp/
全労連
http://www.zenroren.gr.jp/jp/index.html
自治労連
http://www.jichiroren.jp/
日本民主青年同盟
http://www.dylj.or.jp/
憲法会議
http://www.kenpoukaigi.gr.jp/


2012-05-05(00:06) : 請願マニア URL : 編集

No title
今日は、徳島の「マチアソビ」の最終日ですが。
個人的な漫画・小説・アニメ・映画・音楽・娯楽の趣味や、障害者の権利さえも国家が制限
・剥奪する事は断じて許されるものではありません!
「障害者に関わる者として、個人的な趣味を持つ者として、戦争に導き、国民の基本的人権
さえも制限・剥奪する自民党の憲法改正草案には断固反対である!」との反対意見を出した
方が良いのではないでしょうか?

自分としては、自民党が基本的人権を憲法改正草案から削除した事を自由人権協会に伝えた
方が良いと思います。

意見先
社団法人 自由人権協会
http://www.jclu.org/


2012-05-05(07:00) : ピチュ URL : 編集


意外と重要な「護憲派団体」です。情報頂いた方ありがとうございました。

意見する際のポイントとしては「こちらの立場をきちんと説明する事」です。
例えば「創作活動の自由を守るという視点で表現の自由の侵害に反対してる」といった感じです。

その上で「自民党改憲案の問題点」「改憲案が提出される前に動くべき」と伝えます。

http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2089.htmlを参考にするのもありです。
如何なる理由があっても「基本的人権に公権力が介入する」という前例を作ったら終わりです。
それを分かり易く説明した上で「護憲派は団結して動くべき」と御願いしてみましょう!。

憲法改悪反対共同センター
http://www.kyodo-center.jp/


日本民主青年同盟全労連「憲法改悪反対共同センター」を構成する団体のひとつです。
こちらにも同じ内容で意見すべきだと思います。


Togetter - ドキュメンタリー監督、想田和弘氏が抱く改憲への危惧。「自民改憲案を認めると、僕らの基本的人権が事実上なくなってしまうよ」
http://togetter.com/li/296331


ドキュメンタリー監督、想田和弘氏が抱く自民党改憲案への危惧まとめです。
自民党が先日発表した『日本国憲法改正草案』( http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/116666.html )

関連:「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ
http://togetter.com/li/294319
【個人の尊重の否定】公民の先生が呆れかえる自民党改憲案の問題点の凄まじさ【立憲主義の否定】
http://togetter.com/li/294854 自民党憲法改正案が立憲主義に挑戦しまくってて悪質すぎる件
http://togetter.com/li/294508

by hiroujin


Togetter -「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ
http://togetter.com/li/294319

この改正案は、民主国家において、憲法は主権者が国権を規制する唯一の法であるという大前提を理解していると思われない。現行憲法で、主権者国民に対して憲法によって自らに課している「義務」はたったの3つしかないことは広く知られている。それ程に主権者が自らの自由を規制するような条文を盛り込むことは、憲法においてはナンセンスだ。そもそも国民が国家を支持するのは強制されるようなものではなく、自発的でなければおかしい SuperMTec 23 hours ago 5

保守色を強く打ち出したというが、これでは「保守=統制、国家主義、全体主義」という意味合いに取れる。保守的な憲法で規定すべきは、天皇・国旗・国歌の扱いの定義、有事や非常事態の国権のあり方、主権者の民族的純潔性、日本民族の国内権利の優位性、外国人の扱いの規定、行政に対する公教育の義務と公教育目的の明確化(国家の人的資源の育成)などであるべきで、あくまで国権に対して規制と使命を与える内容であるべきだ。公の秩序のために市民の自由を制限するのが保守だという発想は根本から間違っている SuperMTec 22 hours ago 7

中韓に媚を売る民主党政治と、韓国の文化的侵略への反発から、国民感情が保守に傾倒しているのは間違いないが、大多数の国民が求めているのは、このように個人の自由を憎み統制社会に傾倒することではなく、日本人の国としての日本、日本人の権利を守る日本を維持する保守だろう。自民党はニーズを履き違えている。このような強圧的な保守のあり方しか想像できない自民党の老人たちには、そろそろ引退してもらいたい SuperMTec 22 hours ago 8

法律と憲法の区別がまるでついてないですよ。素っ裸の女性は「国家」ですか?違いますね。「国民」ですよ。憲法と法律の違いが分かっている人ならこんなマヌケな例は出せませんし、出しません(笑) RT @ninjaakakage 素っ裸の女性は「公益に資する」んじゃないか?hiroujin 3 days ago 1

立憲主義とは国家の統治を、憲法に基づき行う原理、ないし、憲法によって権力の行使を拘束・制限し、統治機構の構成と権限を定めて、権利・自由の保障を図る原理のこと。つまり憲法は「国家=権力を縛る」存在なのです。hiroujin 3 days ago 0


http://mobile.twitter.com/hideo_ogura/status/198065617847324673
Hideo_Ogura 日本国憲法の条項に喫緊に改正しなければならないものがあるのだとすれば、迅速な改正を阻害する要素となる「国民の権利を少なくし、義務を増やす」条項を改正案に持ち込むはずがない。したがって、改憲派があのような改正案を出してくると言うことは現憲法の素晴らしさを逆に示しているといえよう。

http://mobile.twitter.com/shiraishim1970/status/195858557827153921
ShiraishiM1970 自由には責任が伴う、みたいな言い方は、僕が子供のころに既にあって、本来は自分の自由の尊重と同時に他者の自由に対する責任がある、というのが正しいのだが、果たすべき責任を果たしてからでなければ自由はないのだ、という超間違った解釈はずっと主流。

http://mobile.twitter.com/shiraishim1970/status/195853331137171457
ShiraishiM1970 自由と責任というのは、たとえば私が私の持つ自由を行使しようという時、行使される側(社会なり国家なり)に私の自由を保障する責任があるのであって、私の自由に責任が伴うのではない。そして、他人の自由に対して社会なり国家なりの責任の、ある一部を私が負担するのだ。権利義務関係も同様。

http://mobile.twitter.com/shiraishim1970/status/195856267821068288
ShiraishiM1970 よく言われることだが、憲法とは国を縛る法であって、人々を縛るものではない。日本国憲法には国民の三大義務が記されているが、大日本帝国憲法にも臣民の義務は実は2つしかない。

http://mobile.twitter.com/syuu_chan/status/195855169571926017
syuu_chan 国民の自由が憎くて憎くて仕方がない、という意志をお持ちなんでしょうなぁ。自民党の先生方や自民党の支持者さん達は。じゃなきゃ「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。」なんて書けるわけ無いだろう…


No title
>ゆっくりさん
確かに違法DL罰則法の話題は最近全く出なくなりましたね。
水面下で成立に向けて動いていて、緘口令が敷かれているのかもしれませんが…

自民って、こういう国民に対する規制に対しては異常なまでに精力的なのはどうしてなのでしょうか?

規制に対して精力的といえば、甲賀志氏のツイートから転載ですが

甲賀志 ‏ @hiroujin
赤旗『戦時教育「悪くない」/改憲派集会 民主・自民・たち日・みんなが出席』
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-04/2012050402_02_1.html
「自民党の保利耕輔憲法改正推進本部長は「戦争放棄の『放棄』が気にいらない」「戦争中に受けた教育は悪かったと思っていない」と暴言を述べつつ」 老害政党はとっとと滅べ

甲賀志 ‏ @hiroujin
東京新聞社説『新たな時代の到来を高らかにうたい上げるような、明るく雄大』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2012050402000104.html
「自民党が発表した改憲草案は人権を制約し、国民に義務を課す内容が目立つ。憲法は、国民が国家権力を縛る道具であるという立憲主義の基本を学んでから出直すべきだろう」同感

甲賀志 ‏ @hiroujin
@tamai1961 @aphros67 自民党改憲案も人治主義に走りましたね。自民議員 柴山昌彦のblog
http://shibamasa.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html
『 「公共の福祉」については、「公益及び公の秩序」と改めました。パターナリズムに基づく制約、(略)などを読み取れるようにした』

甲賀志 ‏ @hiroujin
国民の良識が悪政を止めるという言説には失笑せざるを得ない。端的に聞きたいが、人権の存在しない国で国民の良識とやらが発揮され、国を止めたところがあるかね?今大騒ぎになってる中東の様に革命以外がほとんどないぞ?国民が良識..
http://togetter.com/li/294319

甲賀志 ‏ @hiroujin
もちろん個人の人権など守られるわけが無い。国家としてのパターナリズムは「強い立場にある者(国家)が、弱い立場にある者(個人)の利益になるようにと、本人の意志に反して行動に介入・干渉すること」」 個人の意思など関係なく..


これを見ていると、規制に精力的なのも当然と思い、頭が痛くなってきました。

2012-05-04(18:17) : URL : 編集


「自民党」「たちあがれ日本」の改憲案に関する突っ込み所追記です。
想田和弘氏のTogetterはかなり分かり易く関心の無い人に説明するのに使えます。

この「自由には責任が伴う」は創作物規制派が頻繁に使います。

規制派への反論の為にShiraishiM1970氏のツイートは覚えておくと便利です。
漫画で例えるなら「ゾーニング」以上の規制が人権侵害である事が良く分かるはずです。

いずれにしても「少数派を抹殺できる憲法」なんて認める訳にはいきませんね。

懸念材料は「政界」が混沌としている事。まともな議論が行なわれない可能性があります。

近代国家の憲法とは思えない内容で「普通」に考えれば素通りするとは思えません。
しかし最近の例で言えば違法DL刑罰化も危険性が周知されないまま議論が進んでいました。

政治家の大多数は法律の専門家ではないし自民党議員も党の決定に逆らう人が居るかどうかが問題です。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

度々関係の無い話で申し訳ないのですが、先程TBSの番組にて男女の未婚の増加に対してのインタビューがあったのですが、ああいう恋愛や結婚絡みのインタビューになると、秋葉原でインタビューする傾向がありませんか?(容姿はお察しください。)
前から思いましたが、マスゴミはオタクもしくは異性に興味の無い人間に対して、間接的に「現実の女と恋愛しろ」と強要したがる傾向があるのは気のせいでしょうか?
あと、↑のニュースを見ながら2ちゃんねるの実況板を見ましたが、「お前らキターwww」や「結婚したいじゃなくて出来ないんだろwwwwww」と堪に触る発言をして不快でした。
長文ですいません。

2012-05-05 22:38 from ラビ | Edit

また石原か…

◆WE LOVE JAPAN !◆
日本と中国の戦争を画策する者達
http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-1157.html
(コメント欄開始)
つまり中国が攻めてきても抵抗せずに領土を明け渡せってことか。
平和って素敵!
| 2012.05.05(土) 19:23 | URL | 【編集】
【Re
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120418/1334711376#c
http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/04/blog-post_23.html
これでもあの方を信じて突き進みますか。
山河 | 2012.05.05(土) 21:10 | URL | 【編集】
(終了)
在日米軍基地の反発を招きかねない瓦礫受け入れを喜々として推進しているさまは、カネ目当て以外思いつきません。カネでなければ、こんないいかたしたくありませんが、どうかしています。
石原慎太郎都知事はもはや二度と国政に戻ってほしくありません。さもないと自民党憲法改正案も真っ青な憲法改正案を出しかねませんからね。

2012-05-05 22:43 from モッコウバラ | Edit

改憲問題周知は確かに急務ですが

 5/9(でしたよね確か)に民主党で文部科学部会(DL犯罪化の件も半ば首の皮一枚です)がある件も御忘れなく。規制派が諦めるわけ無いですし。

2012-05-06 08:20 from - | Edit

No title

コンプガチャの規制について2chとかでは賛成意見が多いが
ここの人たちはどう思う?

2012-05-06 09:19 from -

No title

>文部科学部会
こちらもどうなのでしょうかね?
2週間ぐらい前(一時首の皮一枚繋がった直後)に地元の議員に反対してくださるよう、手紙を書いたのですが…
民主執行部 奇策「年末まで国会延長」(産経新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20120506063.html
正直、嫌な予感がしそうなものですが、どう見たらいいものですかね?
どちらにせよ、(一喜一憂して)胃が痛くなる期間が延びそうである事に間違いは無いでしょうが。

2012-05-06 09:22 from - | Edit

No title

自民党の憲法草案の全文ってどこにあります?彼らは2005年にも出していて、そっちのはいくつも検索で引っかかるのですが・・・
伝え聞くところによれば2005年案よりもさらにひどくなっているとのこと、それとの比較もしてみたいのですが。

2012-05-06 10:18 from - | Edit

No title

10:18です
すいません、自己解決しました。
これですね。
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
毎回URL載せたほうがいいと思います。
きちんと内容踏まえた上でなければ
とんちんかんな意見を送ってしまう可能性がありますので

2012-05-06 11:52 from - | Edit

>5/9(でしたよね確か)に民主党で文部科学部会(DL犯罪化の件も半ば首の皮一枚です)がある件も御忘れなく。規制派が諦めるわけ無いですし。
◆WE LOVE JAPAN !◆さんのコメント欄より
【「表現規制について少しだけ考えてみる(仮)」さんのコメント欄より】
(抜粋開始)
表現規制で最悪な事件に発展した歴史があります。坂本弁護士一家殺害事件は、「障らぬ神に祟りなし」として腫れ物を触る扱いをしたため、オウムの増長を許し、サリン事件を起こしてしまいました。「表現の自由」、なぜ必要かというべき「知る権利」の担保のためです。
「Gyoseishido」という国際語があります。その行政指導がグローバル企業から見たら、朝令暮改を繰り返す中国と同じ法的な意味でのカントリーリスクを感じている、という話を、辛坊治郎兄弟がとある月刊誌での対談で出していました。
マグナ・カルタといった近代民主主義のベーシックになった習慣がない日本において、恣意的運用の余地がありすぎる法律が成立したら、他の先進国にない混乱は十二分に予想されます。
行政指導でさえカントリーリスクとなっています。恣意的運用の余地がありすぎる法律が日本で成立し、結果村木厚子さんのような冤罪者が出たとき、グローバル企業は人材流出を恐れて、スタッフを日本に置いておこうと考えるはずもなく、成立次第他国に逃げ出すことは想像するに優し過ぎます。
違法DL刑事罰化:韓国レコード市場は規制強化のお陰で回復したのか - P2Pとかその辺のお話@はてな
http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/20120402/p1
つまりクレーマーの武器になることはあっても、決して音楽産業の肥やしにならないといえます。
このような法律が日本で出来た場合、モンスターペアレンツによる悪用が予想できます。現状「うちの子の帰りが遅い。」と会社に電話をかけて来る親がいて問題になっています。これで上司が建設的な苦言をしたら、それに逆上して違法ダウンロード工作を可能にするファイルを添付したメールを送り付けて、冤罪逮捕の末倒産に追い込んでしまいます。沖田事件は、単純に電車内で携帯電話を注意された腹いせに、誣告の末冤罪逮捕に追いやったものです。
そもそもこれは、例えていえば不法無線局から発信されたFMラジオのリスナーを摘発しましょう、といっているようなものです。不法無線局は発信者に対して摘発しています。受信者には一切摘発していませんよね?
それを考えたらむしろ違法アップデートをした人から、著作権使用料をがっちり請求するのが筋。かつて著者の許諾なしにサザエさんバスを走らせた立川バスを訴えましたが、利用者を訴えたか?といわれたら訴えていません。
つまり今の段階で違法ダウンロードの刑罰化&非親告罪化は、世界屈指のクレーマーの武器として悪用される恐れがあるため、安全保障上重大な問題点があります。
当然ハゲタカのターゲットにされた企業に対する武器としての利用価値を見出だすことも出来ます。そうなればNTTやKDDI、JRやNEXCOといった主要なライフラインを担う企業も無事平穏なわけがなく、そういうところが外資系に乗っ取られたら、日本の主権はことごとく脆弱化が進んでしまいます。
特にこのような状態になったとき、いの一番に危険に晒されると考えられる企業は三菱重工業と考えています。三菱重工業は広島で戦争に巻き込まれたとしたとして、韓国人に恨まれています。違法ダウンロードの刑罰化&非親告罪化は、VANKが三菱重工業を潰すためのツールとして利用されてしまいます。事実三菱重工業のサーバーにハッカーの出入りした跡があったというニュースが流れていました。そうなればVANKによる三菱重工業潰しが起きないわけがありません。
(中略)
岸和田中学・高校同窓会、非常に危険な一院制議連の動き
http://www.miyamoto-net.net/column2/diary/1335691282.html
(開始)
 今日は岸和田中学・高校同窓会の総会が開かれ妻と出かけました。岸和田中学というのは戦前の旧制中学だった時の話で、今ではほとんどが高校卒業生。NHKの連ドラ「カーネーション」のモデルとなったコシノ3姉妹の上お二人、ヒロコさんとジュンコさんも卒業生です。
 私は31期卒業。入学した時は30期でしたが…。したがって2歳年下の妻は32期卒業ということになります。毎年の総会では卒業生が講演されるのですが、今年は高校20期卒業で大阪大学大学院工学研究科の河・善一郎教授が「エジプトで『まいど衛星』の実現を!」と題してお話しされました。
 久しぶりに恩師にお会いして、お元気なご様子に安心するとともに、同級生たちと親交をあたためました。先輩にあたる笑福亭松枝師匠や後輩である四代目桂文昇さんにもごあいさつ。私もご紹介いただいて、一言あいさつさせていただきました。
 民主、自民、公明など超党派の国会議員による「衆参対等統合一院制国会実現議員連盟」というものが27日午前、衆参両院の設置を定めた憲法42条を改正し、1院制とする改憲原案を横路孝弘衆院議長に提出したと報じられています。改憲原案の国会提出は現憲法下で初めてのことで、これは非常に危険な動きだと言わねばなりません。
 提出者は民主党の小沢鋭仁元環境相、海江田万里元経済産業相、自民党の高村正彦元外相、額賀福志郎元財務相、みんなの党の渡辺喜美代表ら10人。国会法は、国会議員による改憲原案の提出に衆院で100人以上の賛成が必要と定めていますが、賛成者には公明党も含む衆院議員120人が名を連ねたといいます。
 衆参ねじれ国会に民主、自民両党とも苦しんでいることから、「ねじれ」ようがない1院制にしようというのです。「参議院の廃止」は例の「維新八策」の中にも掲げられています。しかし、「1院制」などということを許せば、恐るべきことになります。
 一番わかりやすい実例を一つ上げましょう。この間「YouTube」などに違法にアップロードされたコンテンツを私的にダウンロードしただけでユーザーを「2年以下の懲役、200万円以下の罰金、もしくは両方」に処する無許可ダウンロード罰則化の動きについてお知らせしてきました。
 みなさんはこの民自公3党の実務者が合意したという「修正案」なるものの正式な文面を見たことはないでしょう。それは当然で、私の手元には来ていますが、まだ正式に国会には提出されてもいないのです。
 そしてこの修正案は、修正案提出者の意向によると、「ダウンロードの罰則化」など何一つ入ってもいない、現在すでに政府が提出している「著作権法改正案」の質疑を終局した後、委員会に提出される予定です。
 つまり突然、何の議論もないまま、それどころか条文すら国民に知らせないまま、国民を懲役刑に処する法律の採決だけが行われ、数の力で通される可能性があるのです。こんな横暴は断じて許せませんが、それでも現状では、たとえ質疑抜きで衆議院を強行したとしても、もう一回参議院の質疑は避けて通れないのです。
 「1院制にする」ということは、今回のような場合、全くの国会審議抜きで、国会の多数派が「懲役」だろうが、原理的に言えば国民を死刑に処する法律ですら制定できることになります。「1院制」というのは、このような恐るべき原理的変更を含むものであることに警鐘を乱打しなければなりません。
(終了)
イギリスのように近代民主主義のベーシックでもあるマグナ・カルタのような習慣がない日本において、石橋をたたいて渡るほどの慎重さを求められる法審議を求められる現行憲法を変えてしまえ、ということは、これほど粗暴極まることはありません。
無許可ダウンロード罰則化の動き、来週にも文科委で可決か?
http://www.miyamoto-net.net/column2/diary/1334403078.html
(開始)
 さて、民主、自民、公明の3党は、今国会に政府が提出している著作権法改正案に、著作権者の許可なしに違法にアップロードされた映像や音楽を、私的にダウンロードする行為までも刑事罰を科すことを内容とする修正案を提出することで実務者間ではすでに一致したと私に連絡してきています。
 もともとの政府案にはまったく盛り込まれてもいない、ダウンロードの罰則化を、修正案というかたちで質疑終局後に民・自・公の3党で提出し、まともな質疑もなく採決することを狙っています。
 「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」などインターネット上に違法にアップロードされたコンテンツを、私的にではあっても著作権者の許可なしにダウンロードすることは、著作権者の知的財産権を大きく傷つけることになります。
 違法にアップロードする行為については「10年以下の懲役または1000万円以上の罰金」を課す改正がすでに行われています。また2009年には、それをダウンロードしたユーザーについても「違法」とする法改正が行われました。
 しかし、その時はユーザーについては「違法」ではあっても、罰則は設けないということになったのです。ところが今回の修正案では、違法ダウンロードについても「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」という罰則規定を設けるというのです。成立すれば、10月1日に施行されることになります。
 わが党は、違法ダウンロードの横行はコンテンツ産業の健全な発展を阻害するおそれのある重大問題であり、その解決は喫緊の課題であると考えますが、だからといってユーザーに対する刑事罰の導入というやり方には断じて賛成できません。
 そもそも「刑法の謙抑性」の原則から見ても、私的領域における行為に対する刑事罰の導入には極めて慎重であるべきことが求められます。それは国家刑罰権の発動が国民の基本的人権にとって重大な影響を与えるものであるとともに、常に濫用の危険を孕むものだからです。
 また「親告罪」であるとはいえ、その刑事責任を問うためには、捜査の過程で警察が個人のPCなどの押収を行い、捜査して違法ダウンロードの証拠を固めなければなりません。このような改悪を、著作権法改正のどさくさにまぎれて、審議抜きの修正案というかたちで強行しようなどということは許されるものではありません。
 事態はきわめて重大です。来週金曜日にも採決を行う動きが強まりつつあります。まだ国民の間に知られていない間に、参考人招致なども行わず、一気に衆議院を通過させようというのです。一刻も早く広範な国民にこの事実を知らせ、拙速な採決を避け、慎重審議を求める声を国会に集中して下さい。
(終了)
>みなさんはこの民自公3党の実務者が合意したという「修正案」なるものの正式な文面を見たことはないでしょう。それは当然で、私の手元には来ていますが、まだ正式に国会には提出されてもいないのです。
>そしてこの修正案は、修正案提出者の意向によると、「ダウンロードの罰則化」など何一つ入ってもいない、現在すでに政府が提出している「著作権法改正案」の質疑を終局した後、委員会に提出される予定です。
↑民主党文部科学PTは確か「結論先送り」と決めていなかったっけ?
しかし日本は「数の理論」でごり押し通す体質があり、とてもではありませんが、監視しなければ安心出来ないようですね。
これでは山河さんから「日本は明治以来成り済ましが政治を牛耳っている。」といわれても、抗弁の余地はありませんよ。大体近代民主主義のルーツを知らないまま国会議員になったような感じで「そこのけそこのけおいらが通る」といわんばかりのごり押しが、平然とまかり通っています。
それでは若い子が「こんな国」といって棄民状態に追い込まれるのは無理からぬことです。
>そもそも「刑法の謙抑性」の原則から見ても、私的領域における行為に対する刑事罰の導入には極めて慎重であるべきことが求められます。それは国家刑罰権の発動が国民の基本的人権にとって重大な影響を与えるものであるとともに、常に濫用の危険を孕むものだからです。
1980年代後半で横行した言葉狩りは刑事罰ではありませんが、私的領域にずかずかモンスタークレーマーが押しかけたものです。結果放送禁止用語が増えてしまいました。
一昨年成立してしまった都条例もその「私的領域」に対して行政による過干渉行為に他ならず、結果表現者にいらぬ萎縮を引き起こさせてしまいました。
こんなことばかりやられたら、法律を守ること自体バカバカしくなり、中国のように「上の政策があれば、下の対策あり。」といった状態になり、法令遵守が崩壊してしまいます。
モッコウバラ | 2012.05.06(日) 05:51 | URL | 【編集】
【Re
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/443.html
ここにいかに明治から既に乗っ取られているか書かれています。
全くまだまだ気付かない洗脳されている日本人が気が付いたときは既に遅い、という事になっているような気持ちになります。
気付いてもどうする事も出来ないかもしれません。それだったら知らないままの方が良かったのか、どっちが良かったのか・・堂々巡りです。
(中略)
放射能含めこれから若い人が本当に大変です。
山河 | 2012.05.06(日) 10:06 | URL | 【編集】
(抜粋終了)

2012-05-06 13:06 from モッコウバラ | Edit

No title

真摯な書き込みに敬服致します。
ですが、リンク先に一つだけ違和感がある文章が見受けられます。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/443.html
全体で言いたい事はわかりますが、失礼ですが腑に落ちない点が一つ。
漫画アニメといった娯楽に関して、文脈を見る限りでは残念ながら我々とは違う考えの持ち主のようですね。
娯楽によって日本人が蝕まれ弱体化した、と言う事のそれは自由ですし、自由を求める我々は向こう側にある発言の存在は認めるべきです(その上で「なるほど、我々はアレコレなんですよ」とこちら側の意見を述べるのが大事)。
ですが、現実に規制に向かわせようと邁進しているのは、どこかの知事やかつての総理然り、その方の文脈を最初から辿るなら、その方が危惧する『例の人たち』です。
例の人たちの手によって、わが日本が蝕まれているのだと言いたい事はひしひしと感じますし、そこには一直線な情熱を感じます。
しかし、現に娯楽を規制しようとしてる人たちが例の人たちならば、何か裏があるのではないのかと展開するのが筋としては普通の筈です(単に知らないだけなのでしょうか?)。
諸外国との対立を煽り、日本を再び戦乱に巻き込まんとする人々がある特定の娯楽に目をつけて規制を推進しているのならば、その規制の裏を考えた時、それもまた日本を蝕むための策だと考えても、不思議ではありませんよね。
ですが、ただ単に「娯楽が日本人を堕落させた」としか書いておらず、この点がどうにも腑に落ちませんでした。
かつて太平洋戦争を仕向けた人々は、「欲しがりません、勝つまでは」といったように、全体主義の下に娯楽や表現を規制した事は多くの方が記憶しているはずです。
そして、それらを指導した人々はその方が仰るならば……ええ、ここまで言えばその方の文章を見た人ならばピンと来る人も多いでしょう。
過去にその方が危惧する人材によって表現が規制されて、そして日本が滅茶苦茶にされた、という結論に至るはずです。
ですから、その方が危惧する人間が指導する行為の裏を考えたときに、私としては例の人たちが規制を行う事を危惧せざるを得ない、といった所です。
(にもかかわらず「娯楽は人を堕落させた」しか書いてない、のはわざとなのか知らないだけなのかは判断しかねますが)
娯楽を規制する人間がその方が危惧する例の人たちですので、私としてはどうしても腑に落ちませんでした。
概ね仰りたい事は把握できましたし、中には「ああなるほどね」とも考えられるものはありましたが、違和感が生じます。

2012-05-06 20:33 from 名無し | Edit

No title

また、嫌な事件が起きましたね。
http://sankei.jp.msn.com/special/topics/premium-14913-t1.htm
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」がこんな筋のわけがない! 作者らを「サイバー攻撃」した32歳
>捜査関係者によると、青井被告には妻や子供はなく、徳島県の実家で母親と2人暮らしをしていた。「俺の妹が--」だけではなく、アニメ調の挿絵が入ったライトノベルのさまざまな作品に詳しく、強いこだわりも持っており、ある捜査関係者は「世間一般でいう『オタク』といえるのではないか」と話す。
 精神科医で東工大教授の影山任佐氏(犯罪精神医学)は「熱心なファンは、作品やキャラクターへの一体感が強い。作者側を脅すことで、作品の展開に自分自身が介入したり、キャラクターと同一化できると考えてしまったのではないか」と分析する。
自分から送信したことを隠す目的だったとみられるが、捜査関係者は「あまりに手が込んでいて悪質。出来心にしても、度が過ぎている。オタクによる『サイバー攻撃』と言っても過言ではない」とまゆをひそめた。
 過去にも、小説やフィクション作品に入れ込んだファンから、脅迫文が届くという事件は何度もあった。最近では、住所や連絡先を隠したり、限定的な公開にしたりと対策は進んでいるようだが、捜査関係者は「以前は脅迫文のような手紙が中心だが、最近は公開されたメールやインターネットサイトを対象に多くのメールを送りつけることができるため、脅迫や中傷行為へのハードルは下がっているのではないか」と警鐘を鳴らす。
相変わらずの産経の嫌味ったらしい記事だが、果たしてどう転ぶかな・・・

2012-05-06 22:08 from -

No title

22:08の名無し様>
>精神科医で東工大教授の影山任佐氏(犯罪精神医学)は「熱心なファンは、作品やキャラクターへの一体感が強い。作者側を脅すことで、作品の展開に自分自身が介入したり、キャラクターと同一化できると考えてしまったのではないか」と分析する。
明らかに二次元=オタク差別ですね。
オタクにも色々な方々(アイドル好きな方や電車好き、ミリタリー好きなど)がいますし、オタクのすべてがラノベやアニメにばかり目を向けるわけではないのに。
このような書き方をすることは、所詮は警察関係者がインターネットを規制したい言い掛かりに過ぎない。

2012-05-06 22:31 from EIYA | Edit

No title

産経のこの事件の見出しが酷い・・・
>俺の妹が…作者脅迫オタの言い分
悪意バリバリやん。

2012-05-06 22:53 from -

No title

名無しさん
私もこの記事を見ましたが、 こ れ は ひ ど い。
オタクを差別しとりますな・・・・・。

2012-05-06 22:58 from - | Edit

>名無しさん。
確か1、2ヶ月前にも似たような記事がありませんでしたか?
また、こういう事件で思う事は、叩く時は必ず萌え系の(美少女キャラが多い)作品を引き合いにしてマスゴミの印象操作や、専門家(笑)の規制理論の正当化をしてますね。
また、中には「最近はエロや萌えが多いから規制されても構わない。」なんて言う、ある種の懐古主義者(硬派厨)もいますから、タチが悪いにも程があります。

2012-05-06 23:20 from ラビ | Edit

これまた酷いオタクバッシングですね。
オタクのイメージダウン狙いは結構最近もあるような・・・・
しかしこの専門家もとんでも持論の持ち主(大学教授)でしょうかね?

2012-05-06 23:50 from ゆっくり | Edit

まあ、その言い分だとオタク以外の人も言えるな。
その大学教授もオタクを知ってから言え、て思います。

2012-05-07 05:58 from Hello

05/06 20:33 名無しさん
>真摯な書き込みに敬服致します。
ですが、リンク先に一つだけ違和感がある文章が見受けられます。
>>http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/443.html
>全体で言いたい事はわかりますが、失礼ですが腑に落ちない点が一つ。
漫画アニメといった娯楽に関して、文脈を見る限りでは残念ながら我々とは違う考えの持ち主のようですね。
(以下略)
まだ◆WE LOVE JAPAN !◆さんから感想は出ていませんが、とりあえずという段階、と申し上げますと語弊を生むかも知れませんが、私自身の感想を述べます。これは◆WE LOVE JAPAN !◆さんに掲載させたコピーペーストでもあります。
(抜粋開始)
それに対するモッコウバラの感想
「かつて太平洋戦争を仕向けた人々は、「欲しがりません、勝つまでは」といったように、全体主義の下に娯楽や表現を規制した事は多くの方が記憶しているはずです。」の件は当たっていると思われます。
さらに日本の政治家の当事者能力の欠落の結果、外国にしてやられ放題になっている事実については、抗弁の余地はありません。
せっかくにも関わらず、大変申し訳ございませんが、ナンセンスなどもっともらしいところから規制が始まる、という危機感から取り組む有志の方から見たら、上記リンクのコメントにあった「特定の娯楽で日本人を去勢させよう。」という趣旨のコメントは、かなりきつかったかも知れません。
(中略)
世界が認めるオタク文化をことごとく国内メディアがこき下ろす、これでは「人類至上最大の貢献だ!」と絶賛された中川昭一さんを「酩酊会見」で「国際社会から恥をかかせた。」と印象付けた上でバッシングして、失脚に追い込んだのと全く同じです。
モッコウバラ | 2012.05.06(日) 23:41 | URL | 【編集】
(終了)

2012-05-07 08:17 from モッコウバラ | Edit

No title

ちょっとご無沙汰しておりました。
>日本民主青年同盟と全労連は「憲法改悪反対共同センター」を構成する団体のひとつです。
民青ェ・・・。
代々木派の下部組織ですが、個人的な話をすればどうにも凶暴なイメージを持ってしまいます。
愛知県の民青委員会は比較的普通な構成員・集会参加者が多い感じで唯物論やインターが何かを知らない人もいましたが、(昔の絵として)東京本部のほうは「黄色ヘルで赤・白ヘルを蹴散らす筋肉質」というイメージを持ってしまっているので、ちょっと近寄りにくかったりします。
そろそろステレオタイプは捨てるべきなのでしょうが・・・。
余談ですが、5/5の泊停止デモに参加した際に各派の参加者の人たち憲法の話を振ってみました。
午前の栄デモでは代々木系労組の参加者などが多く、(一部に3・40年前中核全学連だった人もいた)9条に対する意識は高いように感じましたが、一方で自民党憲法草案の中身を確認した人はだれもおらず、「公共の福祉→公益」の変更を知っている人は皆無でした。
表現規制反対の立場から護憲に協力したいという意思は伝えてきましたが、どうにも「天皇=元首」と「防衛軍」にのみ偏ってしまっており、危機的な印象を受けました。
午後の大須デモは主催者やメイン参加者が太鼓を担いで「てってって~」と言いながら踊りまわるだけのオバサン・オニーチャン集団で、憲法改正などに対する関心は非常に薄く、議論自体がほとんどできませんでした。
終点が大須だったのでオタク階級の参加者が多いのではないかと期待していただけに、見事に裏切られた印象です。
(大須は「名古屋の秋葉原」ともいわれますが、渋谷や原宿と巣鴨や浅草も同居しているカオスな街なので、その多面性に翻弄された感じでした・・・)

2012-05-09 15:00 from 愛知の長門 | Edit

No title

><陸山会事件>小沢元代表の無罪不服、控訴へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000041-mai-soci
●自公、警察検察、マスコミ、霞ヶ関はどこまで粘着質なんだそんなに利権がほしいのか、欺瞞だらけの無謬神話を維持したいのか。
欺瞞の無謬神話と利権にすがり、しかも虚偽報告書をネットで漏洩されられるヘマを起こす様では控訴してもまた無罪と言う結果を繰り返すに決まっている。

2012-05-09 16:05 from じょも | Edit

No title

><陸山会事件>小沢元代表の無罪不服、控訴へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000041-mai-soci
●たとえ控訴で一矢報いようともおそらく無駄に終わる、そして自公も政権奪還も失敗に終わる。
もしあいつ等が客観的な目(国民視線)で冷静かつ慎重に議論し柔軟に対応していれば腑抜け同然の民主などチョロイし、支持率も上がったのだろう。
しかし、今のあいつ等はその逆の事を行っている。
自民の場合、民主の不祥事の事ですら、関係なさそうな些細なことでも「○○だから辞任しろ」とかの一点張りで後は「解散しろ」とか「国民の信を問え」とか多様性のないワンパターンな主張ばかり繰り返してる
法案を作るときも上から目線で碌に議論もせず(国民を縛りかねない改憲案など)付け焼刃程度かつ受け狙い目的の小学生の夏休みの自主研究よりはるかに劣る粗悪なものである。
手前の上記の状況からして目先の利益ほしさ故に冷静さが欠けている嫌いがある。
検察とその指定弁護士の場合、強制起訴し、それ以前にも小沢氏を躍起になってるからよほどの妄執と粘着ぶりだ、動機は自民と同じだろう。
控訴もおそらく同じ理由だろうね。
しかし小沢氏とって控訴になることは「理解に苦しむ」と言うものの内心ではやはりなと漠然と思ってるのだと思う。
なにせ検察の粘着振りは悪質なストーカー並で多様性がないのだからそれによって小沢氏は嫌と言うほど長い間辛酸を嘗めてきた故に警戒心と用心深さに心得ているのだと考える。
先日無罪のなったとき小沢氏が渋い顔をしてたのは憶測だが「あいつ等(検察、霞ヶ関、自公、反小沢)は酷く執念深い、また姦計を弄するのだろう」と予測したのだろう。
検察と指定弁護士は反小沢や霞ヶ関などによってせかされている所為で、かなり冷静さを失ってるのだろう、それによって焦燥して周りが見えなくなって隙ができ、虚偽報告書がネットによる漏洩を許してしまったのだろう。
小沢氏にダメージが来るだろうが大したことではないだろう。
霞ヶ関も反小沢も自民・検察同様に己の利益に妄執してるが故、冷静さに欠け、盲目的になっているのだと予測する。
愛知の長門さん
諦めては駄目、今は理解難い状況だけどコツコツと粘り強く行動すればいつか自公改憲案の弊害を理解するでしょう。
ただ行動するとき焦燥せず冷静に行ったほうが方がいい、そうしなければ、自公改憲案みたいにぞんざいで粗悪な印象と悪い方向に向いてしまうから気をつけてほしい。

2012-05-09 19:02 from じょも | Edit

No title

じょもさん<司法官僚を舐めてはいけません!裁判所も証拠の殆どを認めてしまっています、無罪になったのは「共謀」にいたるまでの証拠が足りなかったのでギリギリで勝ったようなものです。   今度も無罪を勝ち取れるかどうかはもっと難しいと見ていいでしょうね、小沢氏を抹殺したい勢力は自分達の取得権益を守るためならどんな禁じてやタブーも犯す者達ですまた証拠を捏造してくる可能性が高いです                                                  森ゆうこ氏や小沢グループの議員の方々の奮闘と活躍に期待しましょう。                                                                                                                                                                                                                                      愛知の長門さん<今の時代は様々な思想が混じる多様性化の時代ですから 決して挫けずに諦めずに、そして如何か冷静に行動してしてください焦れば自滅します。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

2012-05-09 20:24 from ケイ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.