FC2ブログ

違法DL刑罰化を含む著作権問題関連ツイート - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

違法DL刑罰化を含む著作権問題関連ツイート

■私的まとめ:著作権問題関連ツイート

fr_toen 民自公相乗りで瞬間的にダウンロード犯罪化が通るという最悪の事態は避けられたようだが、首の皮一枚でつながっている状態。引き続き危険な状態が続くと見て間違いない。

fr_toen 民主党の川内博史先生、森ゆうこ先生、林久美子先生には本当に感謝の言葉もない。お忙しい中部会でダウンロード犯罪化について慎重意見を述べて下さったことに心から感謝したいと思う。

fr_toen ダウンロード犯罪化について危険な状態が続くことはほぼ間違いなく、とにかく良く知られてないことが第一の問題なので、引き続き、可能であれば、まず地元の議員にコンタクトを取ってこの問題について知ってもらおうとするのが良いと思う。(変な匿名のメールでなければメールでも良いだろうし。)

fr_toen ダウンロード犯罪化の動きの問題点:1.不透明な立法プロセス、2.違法ダウンロードの民事訴訟もなく立法事実に変化なし、3.違法・合法の区別がつかない、4.パロディ・研究等との関係が未整理、4.警察権力の不当な伸長の恐れ、5.ネット検閲につながる恐れ、6.海外でも訴追例・成功例は皆無


fr_toen ダウンロード犯罪化なんかより先にやるべきことが山ほどあるんじゃないかと思うよ。本当に。

moriyukogiin 私も頑張りますが、出来るだけ多くの方々に、直接国会議員に対してメールなどで意見を伝えて欲しいです。議員の間でこの問題がまだ理解されていません。RT “@tsuda: これまでは軽微なので罰則付かなかったという秩序が崩れる訳ですしね。RT @moriyukogiin:

tsuda 違法ダウンロード刑罰化に反対する方はぜひ、ぜひ選挙区の国会議員(今なら民主党)にメールを。 RT @moriyukogiin: 私も頑張りますが、出来るだけ多くの方々に、直接国会議員に対してメールなどで意見を伝えて欲しいです。議員の間でこの問題がまだ理解されていません。

fr_toen 刑事罰をつけるということはそれまで犯罪でなかったことを犯罪にするということ。これは本当に大変なことだが、最近の動きを見るにつけ、この国の偉い人たちの多くが刑事罰の付加をあまりにも軽く見ているようなのは非常に残念。どうにも危うい。

chirico_765 音楽文化を守るためには、違法ダウンロード厳罰化の前にやるべき事が多々あると思う。 http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaraon/pp_20120418190404.jpg

heatwave_p2p 著作権侵害を口実に、邪魔者を排除した事件。"個人ブログに市のHPをコピペ 著作権法違反容疑で無職男を逮捕 - MSN産経ニュース" http://t.co/B0Kgxth4

ichiyanakamura 音楽・映像コンテンツ業界のかたがたと議論。産業発展に政策を集中させたい。一方、政府による新たなコンテンツ規制の話も聞く。立ち向かう場面が増えそうだ。

ichiyanakamura 政府・知財計画はコンテンツ産業発展のため、デジタルネット対応の2本柱を掲げているが、そのベースは著作権制度の整備。利害が交錯し難しい案件ばかりだが一足飛びの手立てはない。

ichiyanakamura 著作権法は審議会の場でさえデータも検証もなく非科学的に制度が決まることが多く、その都度ぼくは反発しているが、政府でなく政治の場でやられたらその危険は高まる。


違法DL刑罰化を含む著作権問題関連ツイートですので反対意見の参考に!。
色々ありますが何時もの様に太字の部分は(jpg画像は特に)要注目ですよ。


No title
suehiro, tsuneoさんのツイッターから。

suehiro, tsuneo ‏ @shiraist
違法ダウンロード罰則化に反対の声をあげている人の多くは、コンテンツに対して多く金を支払っている人だよね。僕の知っている範囲だけど。そのような人たちが、何で違法ダウンロード罰則化に反対しているのか、推進している人たちはその意味を考えて欲しい。

suehiro, tsuneo ‏ @shiraist
合法的に提供されているコンテンツだけで自分の興味・関心が充足できない場合、合法的に提供されているコンテンツの対価が自分の経済力では支払うことが難しい場合、そのようなケースで、利用できる、安価もしくは無料でそのコンテンツにアクセスできるルートというのは絶対に必要だと思っている。


事実、推進派の一角を担うJASRACは「自分たちでコンテンツを作る」事をしていないのにもかかわらず、「【著作権保護】を名目にした搾取」しかやってませんから。

あと、この方も著作権のことでJASRACをはじめとする推進派を批判しております。
heroin_25さんがRTした穂口雄右さんのツイートです。

穂口雄右 ‏ @Yusuke_Hoguchi
@CANDIES_Forever 重大発表です。「夏が来た!」の著作権は100%私が持っています。JASRACも無関係。したがって著作権による削除は誰もできません。あの悪名高い削除会社は「著作隣接権」を根拠に削除しています。私は「夏が来た!」のULとDLを許可し削除を禁じます。
heroin_25さんがリツイート

穂口雄右 ‏ @Yusuke_Hoguchi
@Hiro0024 @CANDIES_Forever ご賛同ありがとうございます。作詞家や作曲家などのソングライターは、ほぼ全員が自由な音楽利用を希望しているはずです。しかし音楽事業者との契約が自由流通を難しくします。そしてほぼ全員の全曲が音楽事業者と契約関係にあります。
heroin_25さんがリツイート

穂口雄右 ‏ @Yusuke_Hoguchi
@CANDIES_Forever お考えに賛成です。しかし著作権法は放送事業者に「著作隣接権」の享有を認めています。レコード製作者や実演家も「著作隣接権」を享有しています。ちなみに、JASRACは著作権管理事業団体なので「著作隣接権」の直接管理は行っていません。すでに難解ですね。
heroin_25さんがリツイート

穂口雄右 ‏ @Yusuke_Hoguchi
@akebono_law 著作権問題ありがとうございました。それにしても著作権は複雑になり過ぎて、140文字では到底説明困難ですね。問題を理解してもらうための基本解説に100ツイート以上は必要な気がしています。現場での印象は著作権者は公開OK。著作隣接権者の内の法人がNOです。
heroin_25さんがリツイート

穂口雄右 ‏ @Yusuke_Hoguchi
@tsuda 私は音楽著作権を持っている老人ですが、違法ダウンロード罰則化に反対です。第一、何をもって違法とするのか? 著作者が公開を希望し、著作隣接権者が取締を親告した場合はどうするのか? 音楽家が他人の逮捕を望むとは思えない。望むのは著作権を買い取った業者です。
heroin_25さんがリツイート


上記のツイートにあるように、穂口さんはJASRACを「悪名高い削除会社」と批判してます。

>>ちなみに、JASRACは著作権管理事業団体なので「著作隣接権」の直接管理は行っていません。すでに難解ですね。

この一文は重要ですね。

2012-04-19(02:48) : アイム・ミルフィ URL : 編集

No title
アイム・ミルフィ さん

>「悪名高い削除会社」

プレゼントキャストの事ですね。

他にも、コンテンツ健全・・・とかと言う団体からの
削除も見受けられます。

2012-04-19(06:32) : ピチュ URL : 編集

No title
>ピチュさん

>>「悪名高い削除会社」

>プレゼントキャストの事ですね。

あ、そうだったんですか。
わたくし、てっきりJASRACのことかと思いました。これは失礼しました。

2012-04-19(08:28) : アイム・ミルフィ URL : 編集


穂口雄右氏のツイート、非親告罪化したらこういうケースも違法になり得る訳ですよね。
たいへん分かりやすい例、やはり「著作権」は著作者の為の権利に限定すべきだと思います。

>>ちなみに、JASRACは著作権管理事業団体なので「著作隣接権」の直接管理は行っていません。

これは初耳、ちょっと複雑の様ですが詳しく聞きたい所です。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

><青少年健全育成条例>長野県知事、制定の必要性を否定 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120421-00000005-maiall-soci
教諭2人が東御市青少年健全育成条例違反容疑で相次いで逮捕された問題で、阿部守一長野県知事は20日の定例記者会見で「事件があったから(県条例制定で)直ちに罰則とは考えていない」と改めて条例制定の必要性を否定した。全国の都道府県で長野県が唯一、18歳未満の子供との淫行(いんこう)処罰規定がある条例を制定しておらず「地域の方々の取り組みの中で(健全育成への)成果が上がってきたことを評価し、尊重していきたい」と県内の育成対策の現状を高く評価した。
 知事は「(東御市に)たまたま条例があったから摘発され、無い所では潜在的に多発しているのであれば、由々しき話だが『現時点でそういう状況ではない』と教育委員会から聞いている」と2件の事件が「多発」ではないとの認識を示した。
 一方、県警によると、11年の児童福祉法と児童買春・ポルノ禁止法違反による検挙は36件=47都道府県で上位16位。07~10年は22~34件の横ばいで推移しており、県警少年課は「親にも友人にも相談できない子供が水面下にいるだろう」と警戒する。県教委には高校教諭の逮捕後「どんな指導をしているのか」と批判的な電話が20日までに3件あった。
(引用終了)
最近の流れから「今すぐ改正だーー!!創作物だろうと規制だーー!!」ってなりそうなんだけど、長野県はそうではないみたい。

2012-04-21 17:57 from -

No title

>>>ちなみに、JASRACは著作権管理事業団体なので「著作隣接権」の直接管理は行っていません。
>
>これは初耳、ちょっと複雑の様ですが詳しく聞きたい所です。
うーん、文字通りJASRACは日本音楽「著作権」協会ですから。難しく考えなくても。
原始的には、
歌詞の著作権→作詞家(グループの場合、全員で共有する場合アリ。その場合は共同著作物)
メロディの著作権→作曲家(共同著作物の場合アリ)
実演家の権利→歌手
レコード製作者の権利(所謂原盤権)→「音を最初に固定した者」
が所有していますが、音楽ビジネスの慣行としては、管理し易くするため権利を移転します。
歌詞の著作権・メロディの著作権→作詞家・作曲家がJASRAC等に信託譲渡。JRCとかイーライセンスとか他にもありますが、最大はJASRAC。
歌手の実演家の権利→予め譲渡契約を結んだ音楽事務所
原盤権→レコード会社、レーベル
に譲渡。JASRACは文字通り「著作隣接権」=実演家の権利+原盤権を管理しません(勝手にしてはいけない。法に触れる)勿論穂口サンのように自分で管理したい人は譲渡契約を締結しません。

2012-04-23 21:31 from  

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.