FC2ブログ

知られざる「違法ダウンロード刑事罰化」の流れ

私的ダウンロード違法化の危険性!

知られざる「違法ダウンロード刑事罰化」の流れ
http://news.nicovideo.jp/watch/nw124296


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2056.htmlの続きです。

ちょっと古い記事ですがこんなのを見つけました。
去年の事ですが法改正を知らない人の方が多いみたいです。

記事にある様にパブコメを募集する動きが無いのもおかしいですよね。
それと以前にも御伝えしましたが異常な程重い罰則も問題視されています。
この2つは突っ込み所なので意見する際に突いてみると良いと思います。

「この作品が売れたのはオレ様のおかげ」? 出版社の著作隣接権は「誰得」なのか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1204/02/news098.html

●「誰得」な議論

ただ、グローバル化が進む現代。こうした分野にもようやく変化が訪れ、電子書籍が登場する前からすでに「本を出すときにはちゃんと出版契約を結びなさい」という波がやってきていました。

これはもちろん、ケータイ配信などデジタルコンテンツの普及にともなうものでしたが、もしかするとマンガ喫茶の拡大によって、貸与権の確認作業が必要になったことも、その一因だったのかもしれません。

そして今、話題になっている著作隣接権に関する論議も、大きく言えばこうした波のひとつであると感じます。しかし私は、この領域を議論することは誰も得しない話、「誰得」だと考えています。

私は法律に関してはど素人であり、自分の出版契約書も、デジタル配信の覚書も、ロクに目を通さずにハンコだけついて返送するというタイプですが(読んでもよくわからないし、それで大丈夫だったのです)、これだけは断言できます。つまり著作隣接権とは、流通頒布まで含め、広義の「編集サービスを提供した側の権利を認める」という話のはずです。でないと論議する意味もないからです。

そしてこの出版社が提供する編集サービスの代表的な例として、出版社の費用で製作された組版データの権利「版面権」がよく挙げられています。しかし話はそんなに単純ではなく、というかそれで済むのであれば特に論議する必要はないと考えています。


http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2056.htmlの続きです。

これを読むと著作隣接権は本当に誰得ですね息苦しくなるだけだと思います。
文化庁が絡んでるそうですが天下り先確保が目的なのかなという気がしてきました・・・。



とりあえず目を通しておくと良い本です。


無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第268回:中国の著作権法改正案と最高人民法院のフェアユースに関する意見
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-1bd5.html


■情報源:兎園氏(http://twitter.com/fr_toen)

hino666 韓国の「違法DL規制強化 →大量の告訴、和解金ビジネスが盛況になり、法律事務所が丸儲け」という流れは、日本の消費者金融の過払い金の訴訟みたいな展開。≫ 違法DL刑事罰化:韓国レコード市場は規制強化のお陰で回復したのか http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/20120402/p1

tentama_go 中国の著作権問題に関して草案も読める記事。版面権や懲罰罰金導入というのが新著作権法の内容みたい。版面権は日本でも今国会中の創設に向けて出版が動いてますが、それが向こうでもできるようです http://kinbricksnow.com/archives/51782816.html

fr_toen 人民網(中国語)。中国国家版権局、著作権法改正案に関するパブコメを開始。 http://ip.people.com.cn/GB/17585321.html

fr_toen 中国国家版権局のリリース(中国語)。中華人民共和国著作権法改正案に関する意見募集。 http://www.ncac.gov.cn/cms/html/309/3502/201203/740608.html

fr_toen 同リリースから著作権法の改正案も概要説明も読める。ざっと見たところでは、驚くべきところはさほどない気がするが、中国では議論百出しているっぽい。

fr_toen それにしても、中国でも条文案をきちんと出してパブコメ取るのに、日本の法改正パブコメのカスっぷりと来たらもうね。曖昧で分かりづらくそのまま条文案が作られもしない審議会報告書なんかよりとっとと条文案そのものを出してパブコメ取れよといつも思う。

fr_toen 少し時間がかかるかも知れないが、ブログの次のエントリはこの著作権法改正案も含め中国の話について書くつもり。


中国の著作権法改正は「3ヶ月で使い放題」が売りの様です。

一見すると規制緩和とも言える気がしますが兎園氏曰く「この条文をそのまま読むとかなりラディカルな法定許諾が入るようにも読めるが、概要説明によると、今まで勝手に使用していた人間が結構いたので、権利者が報酬を取れるようにするという目的が背景にあるらしく、中国の現状も考えると、このような法定許諾条項の是非も実際には中国当局の運用次第としか言いようがない。」との事でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2012/04/10 16:42
    記事違いですが
    世間一般ではちびまる子ちゃんのおじいちゃん、ゲゲゲの第3期・第5期のぬらりひょん
    ドラゴンボールの神様の声優で有名な青野武さんがお亡くなりになりました。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120410-00000023-flix-movi
    いずれは来ると思っていましたが現実となれば物凄く悲しいです・・・
    ご冥福をお祈りします・・・
コメント投稿

トラックバック