FC2ブログ

【著作権法】著作権法違反被疑事件で不起訴処分3件 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【著作権法】著作権法違反被疑事件で不起訴処分3件

弁護士山口貴士大いに語る
【著作権法】著作権法違反被疑事件で不起訴処分3件
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2012/04/post-6b85.html


山口弁護士のブログ「著作権侵害刑事事件」に関する記事。

■情報源:兎園氏(http://twitter.com/fr_toen)

fr_toen 「着うた」などの有料音楽配信売上をグラフ化してみる(2011年版) 2012/04/03(火) 09:38:42 [サーチナ] http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0403&f=column_0403_008.shtml @searchinanewsさんから

fr_toen 3月29日のレコード協会のリリース。「日本のレコード産業2012」を発行。 http://www.riaj.or.jp/release/2012/pr120329_1.html

fr_toen これはこれで興味深い。


fr_toen 著作権侵害撲滅に向けた映画音楽業界と大手ISPの協業が本格始動 - ニュース:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120403/388903/


太字の部分「日本のレコード産業2012」は資料に!。

違法DLとこじ付けたいのでしょうが確かに売り上げは落ちてます。

わざわざ金を出して買う程魅力がないのも大きな原因でしょうけどね。
それとCD一枚の値段が高い事も原因かと値段を下げて薄利多売でやれば儲かると思います。

私的な見解でソースはないのですが一昔前はドラマの主題歌=ヒット曲だった気がします。
ドラマ不況の時代ですがら相乗効果で音楽も不況、要するに「買う切っ掛け」が減ったのでは?。

・・・
もう何度も巷間伝わる話でしょうから繰り返すのもアレですが…

そもそもベルヌ条約、その他の著作権、著作隣接権に係る条約に規定のない「出版事業者の著作隣接権」なんて認めることは、条約との齟齬を生むような気がするんですよね。もちろん「存在しない権利を作ってはいけない」という制限も条約には無いはずですが、余計な権利を作ることで権利処理が複雑になり、利用者だけじゃなくてそこから利益を上げる著作者その他の権利者も処理に難儀することになると思うんですけど、出版社(出版人、作家含)はそのことに気付いていないのか、はたまた見て見ぬ振りなのか。

>出版社に「原版権」という新たな権利を創設する動きがある様です。音楽業界における原盤権みたいなものだと考えていいのでしょうか?。

よく知られた話な上ここで何度も語られているはずですからアレでしょうが、原盤権は著作権法上の正式な用語ではなく音楽業界で慣例的に使用される用語で、法的には「レコード製作者の権利」という「著作隣接権」の一つですね。でこれ、読売の記事にある図表を見れば分かるとおり結局、何も変わってないようです(笑)。名前変えただけで、相変わらず○○の一つ覚えって奴でしょう。

>これが「二次創作(パロディ)」にどう影響してくるかが非常に気になる所です。読売新聞の記事を見る限りでは大丈夫そうな感じですが今後どうなるか注視したいです。

パロディ、更にその大本の「公正な利用」(フェアユース)と法との均衡、兼ね合いは、根本的には著作権の話ですから別に隣接権に限った話ではありません。よってパロディ創作者にとって悪い影響はあっても良い影響など皆無でしょう。そして裁判に訴える人が増えます。現状は作家、漫画家さんだけが著作権侵害訴訟の当事者適格を有するのですが、これに出版社が著作隣接権侵害訴訟の当事者適格を有し堂々裁判に加わる、と。

要するに現状海賊版だのパロディ作品だのは作家漫画家が「提訴しようと思えばいつでも訴えることが出来る」状態なのに、何でわざわざ出版社がしゃしゃり出てくるのか良く分かりません。作家漫画家と電話一本やり取りするのが面倒なんですかね。あとは賠償金を直接ふんだくりたい、とか。

2012-03-31(21:07) : passerby URL : 編集

No title
連続コメント深謝ですが…

>ちょっと無知で申し訳ないのですが、JASRACはそんなに問題のある企業なんですか?

これ、昔から言われている話で、要するにJASRAC自体は賛否両論ありの組織だけれども、著作物の利用と言う観点では信託譲渡契約や利用許諾契約の一本化など「クリエイターの側が」学ぶべき点も多いということです。

著作権等管理事業者の一覧
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/kanrijigyouhou/touroku_jyokyo/

ただ噂されるような、著作物使用料のどんぶり勘定やら徴収に関する一部恫喝的態度などJASRAC固有の問題点と切り分けて考えなければなりません。(†)俗な言い方すればもう少し利用者の考え等が理解できる組織ならば、一元化することでむしろ著作者と直接やり取りしなくてもいいようになるので利用者側にとっては便利なものになるはずです。まあそんなの絵に描いた餅と言われるのは承知です…(ニコニ・コモンズとかはまだ期待しているのですが、うまくいってないようですね…)

ただ組織一元化を図ることでの負の側面もあるとは思います。例えば「ある人物企業団体には一切著作物を使わせない」というような差別というのはこういう組織が無くても著作者が個別に宣言するケースが既にあるでしょうが、一元化した組織では大量の著作物を扱うでしょうから影響は甚大です。これはある種の「表現の自由に対する挑戦」、表現規制、言論弾圧となる可能性も孕んでいるといえます。

2012-03-31(21:37) : passerby URL : 編集


著作権と二次創作規制についてpasserby氏の解説。
そういえば「フェアユース」の話は何時の間にか立ち消えてしまいましたよね。


君が代斉唱で逮捕される日

日本音楽著作権協会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1689.html
ご存じ君が代もJASRAC管理下にありますね。となったら、さて非親告罪化させたらいかなる混乱が予想されるか?
まあ大企業の倒産・よくて空洞化は免れないでしょうね。特にメガバンク。クレーマーに悪用三昧となるわけですから、大企業の海外脱出は起こり得ます。

韓国人出稼ぎ被爆者 日本と三菱重工に損害賠償などを求めた写真集「『恨(はん)』を広島で発売
http://unkar.org/r/news/1280950476

さらにいわせれば三菱重工業に対するサイバーテロはあり得ると思います。そうなれば違法ダウンロードの非親告罪化は、サイバーテロ組織・VANKによって三菱重工業が攻撃されてしまうリスクを抱えています。そうなれば三菱東京UFJ銀行の預金者はパニック・取り付け騒ぎは確実です。

2012-04-03(12:52) : モッコウバラ URL : 編集


何も出来なかった日々を思い出しました
風邪っぴきだった為、JASRACの話題に乗り遅れましたが…以前2000年代中期、JASRACの無茶苦茶なやり口に抗議の友人に賛同し、文化庁にナントカシテクレな署名を集めた事があります。地方のジャズ喫茶で長年行われてきたライヴ演奏に目をつけたJASRACは過去に遡及して、法外な金銭を要求しました。寝耳に水のジャズ喫茶側は驚き、その店の愛好家達や音楽ファンは頑張ったのですが…釈然としない結末に。力になれませんでした…
そのJASRACの理事長だか偉いさんに自民党の落選議員がちゃっかり収まり数年で高額の報酬を得たとか、まぁ本当に吸血鬼か寄生虫の様だとたとえたら、吸血鬼さん寄生虫さんに申し訳ない位ですね。知人のフォークやジャズの店も辛い目にあってますし。
JASRACの当時のあれこれについては玉木宏樹氏の記録が今でもネット上で読めます。ご興味のある方は検索してみては如何でしょうか。

2012-03-31(22:43) : ふぶら URL : 編集

No title
創作文化などの現代文化にまったく敬意を払わないで
潰すことだけを考えている規制派連中が
著作権問題に血道を上げるとはまったくもって不可解。

創作者の権利擁護を目的としているのでなく、
規制運動の一環として行なっているのでしょうね。

2012-04-01(00:21) : URL : 編集

追記しますと
追記しますと、自分も著作権管理の為の団体の役割そのものを否定する気持ちはありません。ただ自分は音楽ファンで、色々なお店や企画者、演奏者側からのJASRACへの嘆きと怒りを度々聞いていますから、この団体への評価は辛くなります。
例えば個人経営の小さな店で、楽器ひとつから始まった様な素人音楽家の集うささやかなくつろぎの場が、ある日突然JASRACの急襲を受け、開店時に遡って巨額の金銭を要求され結局、経営が危ぶまれ…なんて経緯をつぶさに見てしまうと「この団体は一体音楽文化を振興したいのか?潰したいだけだろう」と思う訳です。
知る限り、フォーク、ロック、クラシック、ジャズいずれの分野でも芳しい噂は…聞いたためしがありません。どの分野でも先達の作った楽曲の演奏からアマチュアの裾野は広がるのが音楽というもの。しかし法律はJASRACの味方。ため息が出ます。

2012-04-01(02:08) : ふぶら URL : 編集

もう更に追記しちゃいます
長々とすみません。更に追記しちゃいます。
街中の音楽系のお店へのJASRACの追及は凄まじいです。どこにそんな人間大量に雇えるの?と思える程しらみつぶしにやって来ます。
知人の店には開店してしばらくしてからやって来て「開店時に遡及して払え」。支払った金銭の収支報告の様なものはまだ一回も届いていないそうです。「支払うのはいい、ただきちんと働いた分から必死に払うのだから不正の無い事をどうかちゃんと報告して欲しい」、何と不透明なのかと店主の嘆きは長かったです。自民党落選議員の高額の退職金に化けてた?過去を思うとやりきれませんが「法的に争っても勝ち目ゼロだし」…支払うしか無いのです…
これだけ評判の悪い「著作権管理団体」って一体何だろうかと疑問を覚えます。
はぁ~もっと生々しい話もありますが、万が一お店に迷惑かかるといけないのでこの辺で。

2012-04-01(02:29) : ふぶら URL : 編集

更に…しつこくてすみません…
更に…しつこくてすみません…で。
JASRACに巨額請求されて大問題になった事件で一番有名なのは、新潟のジャズ喫茶「スワン」の件でしょう。この件は2003年当時「新潟日報」にも記事になっていますので、係争の事例として参考に挙げても良いと思われますので紹介いたします。
「新潟 スワン」等で検索をすれば、今でも情報がある筈です。
ご参考までに…。

2012-04-01(02:41) : ふぶら URL : 編集

No title
ふぶらさん
まさにカスラックは吸血鬼というより吸血団体だ。
>どの分野でも先達の作った楽曲の演奏からアマチュアの裾野は広がるのが音楽というもの。しかし法律はJASRACの味方。ため息が出ます。

たいした努力もしないくせにその悪法のおかげで努力した人から稼いだ金をかすめとって、食っちゃ寝して職を持ちながらニート状態ですなカスラックは・・・・・

>その店の愛好家達や音楽ファンは頑張ったのですが…釈然としない結末に。力になれませんでした…

本当に酷すぎる、音楽を金ヅルとしか考えない人がのさばるなど普通ならありえない。
こんなんじゃ、その店の愛好家達や音楽ファンらは死んでも死に切れないでしょう。

2012-04-01(11:13) : じょも URL : 編集

No title
横山光輝『三国志 22 蜀呉の死闘』(潮出版社,1999)224pによれば

>戦は勝ちすぎてはならぬ 勝ちすぎると恨みが残る
ほどほどに勝って従わせるのが最上なのだが

信玄公曰く
>人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇は敵なり

意味・『どれだけ城を堅固でも、人の心が離れてしまったら世を治める事はできはしない。情けが人をつなぎとめおのずと国を栄えさせるが、仇を増やしたとすれば国は滅びてしまうだろう。』

カスラックは勝ちすぎてるし、相手を譲歩する余地も情けも無く、敵を作ってる感じ
強い力持ってる故、相手を舐めきってるためだろうか・・・・・
しかし、上に書かれてる通り、どんなに強い力を持っても人心が離れたら、その強い力を維持することは不可能である。
彼らは強引なやり口で音楽を愛する人たちからの信頼を失ってるのだと考える。
多分いつかはわからんが彼らの横暴は長続きしないだろう。

2012-04-01(11:41) : じょも URL : 編集

No title
ふぶらさん
>同時にJASRAC個別の問題とは他に、「著作権」と「創作活動」との良好な関係というものも、ファンの側からもう少し考えていかないとならないのかな…とも。
先日の、うぐいすリボンさん主催の白田先生の講演会でも「平成に入り法律が変わり街中の小さな音楽喫茶が消えていった」なんて話もありました。音楽に限らず「著作権」は文化の保護と振興に役立つのでないとよろしくないような気がします。

著作権は例えるなら諸刃の剣、海賊版など違法コピーや盗作を防ぐ正の一面をもってるけどカスラックのような連中悪用し、理不尽に金をとる負の一面を持っている。
問題は著作権が負の方向へと働くと懸念がいうこと下手すると検閲化してしまう。

二次創作やパロディ、そして、かつて某雑誌に連載された物が別雑誌に連載されている漫画を保護してほしい。
本当に創作者やアーティストのために著作権があるのならカスラックのような非道な行為を少しでも止めてほしいです。
あの人たちのやり方はむしろ創作者やアーティストを蔑ろにしてるだけにしか見えず。
使用料だって本来創作者やアーティストがもらう筈なのにそこには行かず何故か自分んとこと自民党落選議員のとこに行ってしまっている。
カスラックは著作権の趣旨から逸脱しているきらいがあります。
解体は行かなくても著作権の改善そしてカスラックの改善への再教育をしてほしい

2012-04-01(14:48) : じょも URL : 編集

ぶっちゃけ日本は昔からオリジナルの作品は少ないと思いますよ。
何か他の作品を参考にしてますし。パロディは明らかに海賊版とは違います。

そういえば銀魂って殆どパロディですよね。

2012-04-01(15:12) : とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き URL : 編集

オリジナルも多分さいしょは模倣から始まる訳で…

じょも様へ~。はい。「著作権」は本当に諸刃の剣と申しますか…下手をすると「二次創作全面禁止」とか「鼻歌に著作権料」みたいな極端な事になるかもしれず、怖いです。
そして細かい法律に詳しくない一般人(創作者や演奏家、時に作詞作曲者だって含む!)は、何がOKで何がNGかわからないまま、時に「罪人」になってしまう。つまり「専門家」や「お上」の言いなりになりかねない。
それは事実上民主主義の世の中とは言えないと愚考します。

とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き様へ~。多分「最初は誰でも模倣」から始まって自分のオリジナルを見つける、それが創作というものではないか?と。
日本が特に…とは余り感じませんが、和歌の「本歌どり」は特徴的かもしれませんね。
「銀魂」は「題材は先行作品でもその使い方は非常なオリジナル」だと自分は思っています。あと「先行作品への愛がある(笑)」。山崎主演?の「プロジェクトA」パロディ回は、元の映画が大好きな自分にとってうるうるものでした(微笑)

2012-04-01(16:44) : ふぶら URL : 編集


≫君が代斉唱で逮捕される日

笑えない話だが「非親告罪化」されると冗談ではなくなる可能性も高いです。
こんな馬鹿なニュースが現実のものとならない事を祈りますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

林陽子大先生の癖に、偉そうに。(笑)

『日本の人権 国際水準に 個人通報制度実現へ集会』
しんぶん赤旗 (2012年4月6日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-06/2012040604_05_1.html
この集会に、APP研(ポルノ・買春問題研究会)の角田由紀子と関わりのある
偉大なるセックスヘイター、弁護士であらせられる林陽子様が、
パネリストとして参加していたようです。
記事には、
【一部転載開始】
国連女性差別撤廃委員会委員の林陽子氏は
「条約での世界への約束を国内で実現することは国家の義務。
個人通報はそのための制度だ」とのべました。
【転載終了】
と書かれておりました。
林陽子様は、「第12回男女共同参画会議」でのゲーム制作関係者への
差別発言を棚に上げて、偉そうにおっしゃいますね。
「第12回男女共同参画会議」での林陽子様の発言
「調教ゲームや強姦ビデオなどの製造販売が、
犯罪組織の資金源になっているということを明らかにすれば、
このような問題に対する社会の見る目も変わってくるのではないか。」

2012-04-06 23:51 from マツリカ日誌

No title

>林陽子
>「調教ゲームや強姦ビデオなどの製造販売が、
犯罪組織の資金源になっているということを明らかにすれば、
このような問題に対する社会の見る目も変わってくるのではないか。」
すごい妄想だね。
根拠の無いことをよくもまあペラペラと・・・
是非できるものなら証明していただきたい。
まあ、そのときにはでっち上げるか?

2012-04-07 00:11 from -

知らなかった…この国はすでに地獄だったのか…地元にも音楽喫茶あるけど、次帰省するときまで残ってるか心配です

2012-04-07 01:47 from - | Edit

No title

そうなると、MADと題した動画のUPが、違法になる恐れがありますね。
たしか、数年前の7月頃に、「ニコニコ動画からMAD動画を削除せよ」と
日本映像ソフト協会やカスラックの団体が圧力をかけ、MAD動画を削除
させようとしていましたが。
今後 どうなるか 判りませんね。

2012-04-07 07:30 from ピチュ | Edit

No title

>林陽子
>「調教ゲームや強姦ビデオなどの製造販売が、
犯罪組織の資金源になっているということを明らかにすれば、
このような問題に対する社会の見る目も変わってくるのではないか。」
なんて口からク○垂れてるけど10年目から同じこと言ってるらしいよw
                   ↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E9%99%BD%E5%AD%90

2012-04-07 09:52 from まーか | Edit

確かにYouTubeのMAD動画がことごとく削除されてますね。動画も「著作権侵害の申し立てがありました。申し訳ありません。」とありました。
JASRACからの圧力でもあったのだろうか?

2012-04-07 10:04 from とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き | Edit

No title

>とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き さん
YouTubeのMAD動画 削除ですか?
MADで、適当な作品名を検索したところ、削除されては
いないようですが?
何かの間違いでは?

2012-04-07 10:49 from ピチュ | Edit

>ピチュさん
MADではなく音楽でした。すいません。
音楽関係で何らかの圧力があったのではないかと思います。

2012-04-07 11:01 from とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き | Edit

No title

>とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き さん
削除されても、新たなユーザが次々とUPするから、削除すれば
するほどUPすると言うイタチゴッコが続いているから、さすがの
カスラックにも手に負えないでしょう?

2012-04-07 12:18 from ピチュ | Edit

うん?ちょっと待って

>音楽関係で何らかの圧力があったのではないかと思います。
そもそも論として、YouTubeに音楽アップさせるの基本違法ですよ。
(自分で作った音楽なら問題ないでしょうが)
そりゃ削除されて当然かと・・・。

2012-04-07 12:50 from フー | Edit

>ピチュさん
確かにそうかもしれませんね。以前もいきものがかりの曲がUPされたのが数時間で削除され、またUPされた削除の繰り返しがありました。
削除される度に何度もUPされるので手が回らないですね。

2012-04-07 12:52 from とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き | Edit

No title

関係ないものですが
こっちの方に集中していますのでこちらの存在を・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000304-oric-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20120401-00000012-mantan-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000017-mantan-ent

2012-04-07 13:57 from - | Edit

No title

>とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き さん
そうなると、音声トラックをブロックして映像のみと言う
手段を権利者側が要請してくるでしょう。
時々、映像のみで音声トラック部分がカットされたと
言う動画も多くみられますし。

2012-04-07 14:18 from ピチュ | Edit

No title

大和無双相変わらずだな・・・
しかし、アニメ化が何でそんなにニュースになるかが疑問・・・

2012-04-07 15:19 from -

>ピチュさん
音声トラックがカットされた動画はいくつかありますね。
何らかの圧力があったのでしょうかね。
動画削除や音声トラックカットは前から気になってるんですよね。

2012-04-07 17:24 from とある北海道の田井中律&霧雨魔理沙好き | Edit

知り合いから聞いた話ですが、会社によって厳しい所があって音楽だけが消されてる動画があるとか

2012-04-07 17:28 from Y.K.@

No title

>Y.Kさん
本家 英国ワーナ・ブラザーズは、厳しいらしいです。
ワーナ・ブラザーズ で検索してみます。

2012-04-07 20:09 from ピチュ | Edit

No title

弁護士山口貴士大いに語る
>【著作権法】著作権法違反被疑事件で不起訴処分3件
宗教といい、警察といい、ここにもシロアリがウジャウジャと住んでいる。
著作権は悪ではないけど、定義が曖昧、山口弁護士の言うとおり、著作権法を明確化しないとシロアリが増殖してしまう。

2012-04-10 13:23 from じょも | Edit

No title

>林陽子
>「調教ゲームや強姦ビデオなどの製造販売が、
犯罪組織の資金源になっているということを明らかにすれば、
このような問題に対する社会の見る目も変わってくるのではないか。」
私なりの解釈での男女平等は男女間の地位は同列で生きるも暮らすも活動するも一蓮托生である。
しかし、彼女の場合、その考えがないように見え、残念でしかたない。

2012-04-10 13:25 from じょも | Edit

林陽子「エロ本、美少女ゲームは『女性に対する暴力』」

『座談会 国連世界人権会議から20年を振り返って』
http://www.gender.go.jp/main_contents/category/kyodo/201302/201302_02.html
共同参画 (2013年2月号)
【一部転載開始】
林 女子差別撤廃委員会から見ると、「女性に対する暴力」の問題が、世界人権会議以降、
中心的な課題として取り組まれるようになったと言えます。
 1992年の女子差別撤廃委員会の一般勧告で「女性に対する暴力」は条約で扱う差別なので
国家報告書審査にも入れるようにということは決まっていたのですが、世界人権会議において
そのことが強調されました。
さらに、女子差別撤廃条約にとって重要なのは、「ウィーン宣言及び行動計画」に
同条約の選択議定書の作成のための活動を支援するとの項目が入ったことです。
選択議定書は実際に、1999年に採択され、2012年12月では104か国が批准しています。
 
 なぜ「女性に対する暴力」を取り上げることが重要なのか。
女子差別撤廃条約は、教育、雇用、家族法における地位などにおいて、
男性と比べ女性が劣っている部分を向上させる枠組としては力がありました。
しかし、それだけでは女性の権利は実現せず、エンパワーメントもされていかない。
家庭内の暴力、職場でのセクシュアル・ハラスメント、
地域の中のポルノグラフィ、人身売買などが、社会への女性の参画を阻害しているからです。
 
 そうした現象を示すのに「女性に対する暴力」という言葉は非常にわかりやすかった。
条約には明文がないのですが、それこそが女性の平等権を阻んでいる大きな課題である、
とされたことで、様々な取組が行われるようになりました。
(略)
林 女子差別撤廃委員会の日本政府に対するフォローアップ勧告では、
民法改正とあらゆる分野における「暫定的特別措置」が出ています。
 政治だけでなく、経済、学術、教育の世界まで、あらゆる場において
この「暫定的特別措置」が行われることはとても重要なことです。
(略)
それと、固定観念を打ち破るようなメディアの役割は大きいと思います。
例えば男性が「女性に対する暴力」に取り組み、自ら何か行動をとることが、
ヨーロッパでは「すばらしい行動だ」と賞賛される。
「女性のために行動する男性」というロールモデル、それがいいことだという文化ですね。
【転載終了です】
>地域の中のポルノグラフィ、人身売買などが、社会への女性の参画を阻害している
>「女性に対する暴力」に取り組み、自ら何か行動をとることが、
 ヨーロッパでは「すばらしい行動だ」と賞賛される。
>「女性のために行動する男性」というロールモデル、それがいいことだという文化ですね。
「ポルノグラフィ」、つまりエロ本や美少女ゲームは「女性に対する暴力」で、
女性の参画を阻害している。
「女性のためにエロ本、美少女ゲームを排除する男性」というロールモデル、
それが「すばらしい行動だ」と賞賛される思想を強要したい、という事ですか。
まあ、「天皇制はレイプ権」のAPP研(ポルノ・買春問題研究会)の
角田由紀子と関係がある人物ですから、このくらいの事を言うのは当然かもしれません。
しかし林陽子は、よくも飽きもせず、「壊れた蓄音機」のように同じことが言えるものです。
ある意味、関心いたします。

2013-02-26 22:24 from マツリカ日誌

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.