FC2ブログ

<国連>子どもの権利条約に「個人通報制度」を採択 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

<国連>子どもの権利条約に「個人通報制度」を採択

<国連>子どもの権利条約に「個人通報制度」を採択
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111220-00000078-mai-soci
[毎日新聞 12月20日(火)21時41分配信]

国連総会は19日、「子どもの権利条約」に「個人通報制度」を採択した。

同条約に反する不当な扱いを受けた時、子供自身が、ジュネーブの国連人権高等弁務官事務所に国への不満を申し立てられる制度。虐待を受けた障害児の証言の証拠採用や、親が強制送還された外国人児童の保護などを巡り、国の判断の妥当性を問うことが可能になる。国連は審査のうえ当該国に勧告できるが、法的拘束力はない。

民主党が個人通報制度の実現をマニフェストにうたっており、日本も欧州など約50カ国と共同提案していた。批准して初めて通報が可能になるが、外務省人権人道課は「批准するかは未定」という。国際非政府組織(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」の森田明彦さんは「子供が主役になれる画期的な制度。1年以内に批准してほしい」と話している。【鈴木敦子】


記事を見る限り「即創作物規制」とはならないだろうが如何様にも悪用できそうです。
国連委員会は極めて偏向的なので碌でもない事態になるのは可能性はあるかと(レイプレイ騒動のような)。

外務省 総合外交政策局
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/sosiki/sogo.html


外務省人権人道課に意見してみるのも手でしょうかね?。
少なくとも「批准するなら実在の児童のみを対象にしろ」位は言った方が良いです。

No title
国連子どもの権利条約新議定書案邦訳です
http://crrevolution21.blogspot.com/2011/11/blog-post_30.html

問題点
1:第2条の1の「委員会は、子どもの最善の利益の原則を指針とする」
仮に「児童ポルノ規制に伴う冤罪の懸念?そんなの
子どもの最善の利益ために無視してもかまわない!」となりかねない

2:第5条の2の「通報が個人または個人の集団に代わって提出されるときは、当該個人または個人の集団の同意を得ていなければならないものとする。
ただし、申立人が、そのような同意を得ることなく当該個人または個人の集団に代わって行動していることを正当化できるときはこのかぎりでない。」


要するに規制派が子供たちの代わりに行動してます!といえばやりたい放題できるという事

3:多くの国から「コレはいいものとは思えない」と懸念され削除された文面があること

第7条 団体通報の2の
「委員会の手続規則に定められた基準を満たす国内人権機関およびオンブズマン機関、ならびに非政府組織は
権利が繰り返し侵害されかつ複数の個人に影響を与えていることを主張する団体通報を行なうことができる。
子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する選択議定書」

第10条 「委員会は、必要なときは、申立人が明確な不利益を受けていることを明らかにしない通報を検討しないことができる。
ただし、委員会が、当該通報が一般的重要性を有する重大な問題を提起していると考えるときは、このかぎりでない。 」


つまり「ジポは子供の権利を侵害し複数の個人に影響を与えている!」とエクパットみたいな連中が通報できかねないという事ほんと、これ削除されてよかった

一応、「通報が匿名であるとき」「通報が明らかに根拠を欠いており、または十分に立証されていないとき」は「通報を受理することができない」事になっているので個人的な規制派が通報する事はできない

話は戻ります。次に危険そうなものは

第10条の4
「経済的、社会的または文化的権利の侵害を主張する通報を審査するときは、締約国がとった措置の妥当性を検討する。
その際、委員会は、締約国が、条約に定められた経済的、社会的および文化的権利の実施のため、一定の範囲で実施可能な政策手段をとることができることに留意する。」


つまり「ジポやその他の日本文化(例えばブルマとかメイド喫茶とか日本特有のもの)
は社会的・文化的権利を侵害している!」と通報されると
委員会は規制という政策手段をとる事が出来るという事

第11条の1の「締約国は、委員会の見解を、勧告があれば当該勧告とともに正当に考慮し、かつ委員会に対して文書回答(委員会の見解および勧告に照らしてとった措置および構想している措置に関する情報を含む)を提出する。」

そして2の

「委員会は、適切と認める場合には、その見解もしくは勧告に応じて締約国がとった措置または友好的解決の取り決めが成立したのであればその実施に関するさらなる情報を、適用可能な場合には条約第44条、子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する選択議定書に基づく締約国のその後の報告書で提出するよう、締約国に対して促すことができる。」


これらは「勧告があれば必ず回答しなければいけないしその後の対応を報告書で提出するよう促せる」こと
外圧に弱い日本にとっては致命的な問題

第12条の1の文。国家間通報というもので例えば
「規制国が日本に対して「おい、お前の国エロ規制してねーじゃねーか」と主張できるもの。
全文はこちら

「この議定書の締約国はいずれかの締約国による、他の締約国が、その国が締約国である次のいずれかの文書に基づく義務を履行していないと主張する通報を受理しかつ検討する委員会の権限を認める旨、いつでも宣言することができる。

(b) 子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する選択議定書」

第3部の第13条の1「委員会は、締約国が
子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する選択議定書
に掲げられた権利の重大なまたは系統的な侵害を行なっていることを示す信頼できる情報を受領したときは、
当該締約国に対し、当該情報の検討に協力すること、および、この目的のため、当該情報に関する所見を遅滞なく提出することを促すことができる。」

そして2の「2.当該締約国から所見が提出された場合には
正当な根拠および当該締約国の同意があるときは、当該締約国の領域への訪問を含めることができる。」(2は略しましたがこんな感じ)


最後に6の「この条の2にしたがって行なわれた調査が終了した後、委員会は、当該締約国と協議した上で、
この議定書の第16条に定められた委員会の報告に当該手続の結果の要約的説明を含めることを決定する。」

つまり「児童(18以下全てを含みます)のエロなんとかして」という通報があれば提出を促せたり日本に訪問できるわけ

http://www.box.net/shared/2k9nsx7jomuyidf7fy05

ちなみに日本は、6月17日の国連人権理事会第17会期最終日直前に共同提案国になることを決定、通報制度の有効性を認め、子どもの権利委員会に対する通報制度が子どもの権利擁護に資することを希望すると述べたとか・・・

以下、転載です

>私たちも最後まで、着実にロビー活動を続けたいと思います。

本日(28日)、民主党幹事長室と法務省に陳情に行ってきました 国連子どもの権利委員会に対する通報制度を創設するための新議定書案が、まもなく、国連総会第三委員会に提出される見込みです。

国連子どもの権利条約NGOグループ/日本は、同議定書の国連総会での採択に向けて、日本政府に国際的なリーダーシップを発揮していただきたいという要望を伝えることにしました。

今日は、そのために民主党幹事長室と法務省に伺いました。

1.民主党幹事長室

高井美穂衆議院議員(民主党副幹事長)と金子健一衆議院議員(企業団体対策委員会副委員長)が対応してくださり、大河原雅子参議院議員秘書の塩田さんも同席してくださいました。

私たちは、国際的な子どもの権利条約NGOグループがこのキャンペーンを開始した経緯、日本でのキャンペーンの歴史、そして今回の要望書の趣旨について説明したうえで、賀川豊彦さんが1924年に東京都深川で発表された「6つの子どもの権利論」講演録を手渡し、世界最初の子どもの権利に関する公式文書といわれる「ジュネーブ子どもの権利宣言」が国際連盟総会で採択される3カ月前に、日本で独自に子どもの権利論を提示した方(賀川先生のことです)がいたこと、その意味で日本は決して子どもの権利の後進国ではなく、国連子どもの権利委員会に対する通報制度の実現を目指す世界の動きの中で日本がリーダーシップを発揮することは、歴史的にも正統性があることを訴えました。

さらに、8月末に宮城県で開催した「とうほく子どもセミナー」で参加者の子ども達が作成した意見書&質問、ポスターの写真をお見せして、私たちが単に新議定書の実現を求めているだけではなく、新議定書による通報制度が子ども達にとって使い易いものとなるように、子ども達の意見をその手続き規則に反映させるための活動も同時並行的に(日本を含む)世界各地で進めていることをご説明させていただきました。

高井議員、金子議員からは、この要望は必ず、外務・法務の政務三役に伝えたいという力強いご回答がありました。(ちなみに、次に訪ねた谷博之法務省政務官のところには、すでに民主党幹事長室から本件について連絡が入っていました)

2.法務省
谷博之法務省政務官が対応くださいました。
また、井戸まさえ衆議院議員、石橋通宏参議院議員、塩田さん(大河原雅子議員秘書)が同席くださいました。

石橋議員が私たちのことを谷政務官に紹介くださったあと、私たちから先ず谷政務官が本キャンペーンを当初から賛同議員として支えてきてくださったことに謝意を表したうえで、(1)キャンペーンの歴史、(2)新議定書の実現に向けて、日本政府に国際的なリーダーシップを発揮していただきたいという私たちの要望、(3)とうほく子どもセミナーで子ども達が作成した意見書&質問、ポスターの説明、をさせていただきました。

谷政務官からは、今年6月の人権理事会で日本が本議定書案の共同提案国になった経緯も踏まえ、国連総会第三委員会と総会における本議定書への日本政府の対応を前向きに検討しているところですとのお話がありました。

また、持参した「とうほく子どもセミナー」で子ども達が作成した意見書&質問、ポスターの写真を受け取られ、「飾っておきます」と言ってくださいました。

以上、本日の陳情活動のご報告です。

日本政府が国連総会で新議定書の採択に向けて国際的なリーダーシップを発揮し、採択された新議定書をただちにに署名してくださるように、私たちも最後まで努力したいと思います。

2011.12.21 Wed l . URL l 編集

No title
無論コレはあくまで推測ですが
子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する選択議定書は
児童ポルノ規制が伴うものです
コレ以上規制派にでかい顔をさせないためにも、
またこちらの身が危うくなりそうなものは
1つでも排除するのが望ましい

2011.12.21 Wed l . URL l 編集


児ポ法とは直接関係してるのでまずはそちらに注視した方が良いでしょうね。
問題の「団体通報制度」は削除されたはずですが今後改悪される可能性もあります。

児ポ法改正に対して意見する際に合わせて指摘しておくのも良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

表現規制関連には全く関係ない話ですがひとつ橋下氏関連で一つ。
橋下市長、市バスに大なた…地下鉄と完全分離へ→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111222-00000602-yom-pol
大阪市内へ買い物する時、地下鉄はすごいお世話になってます。民営化になるとなったら、やはり値上がりの方が気になる。もし分離したら値上がりしそうな気がしますよ。

2011-12-22 20:20 from EIYA | Edit

児ポ法とは無関係ですが…

こんばんは。
異国直前に失礼します。
水無月さん:メールを送信しましたのでよろしくお願いします。
シンタロウさん、神浪さんにも後ほどお送りいたしますのでよろしくお願いします。
以上、業務連絡でした。
それでは、皆様方のお力になれるように台湾での取材撮影とレポ書き頑張ります☆

2011-12-22 20:58 from 護声隊一番隊士@異国でのメリークリスマス | Edit

話をそらしてしまいますが……
さっき日テレのダウンタウンの番組を見ていて、女性陣が「男のコレクションは結果的にゴミを集めてる」や、「いい年してロマンとかwww」と主張してましたが、これは、言い換えたら「趣味を持つな。」や「趣味のある人間は気持ち悪い。」とも言ってませんか?
自分としては、他人のプライベートには干渉したくはありませんが、女性だってブランドや化粧品を馬鹿みたいに買ってるから流石に言える立場ではないと思いますね。
……正直、前々から思ってましたが、日テレはオタクもとい二次元の文化には否定的ですね。(前にも、ステレオタイプのオタクを出して(+劇団ひとりがフィギュアを噛んだ一件です。)印象操作をしてましたし。)

2011-12-22 21:44 from ラビ | Edit

ラビさん
自分なら『人の趣味をガタガタ言われる筋合いはない』て言いますね。
つうか、女性も女性でそうゆう所は男性と対して変わらないだろう。
〉日テレはオタクもとい二次元の文化には否定ですね
まあ確かにそうなんですが、そのわりに最近はアニメの実写版を良くやっている始末ですが。

2011-12-22 21:57 from パワプロ2011

確かに「他人に自分の趣味をとやかく言われたくない」ですよ。
日本テレビ
結構いいアニメやってるんですがね(workingやコナン)

2011-12-22 22:01 from とある北海道の鉄道マニア | Edit

No title

「即創作物規制」とはならないですね
「今は』まだ規制対象にマンガ・アニメは含まれません
ただ2010年4月に児童の権利委員会は外務省に対してこんな質問をしている
「コミックにおける児童の描写を含む児童ポルノを根絶するためにとられた措置を,委員会に報告願いたい」 と
また今年8月に大口義徳事務所に趣旨説明に対する電凸した人の対応によると
「児童ポルノに類する漫画・アニメ・CGは、実在の児童への被害を増長するような
ものだから規制するようにと、国連から勧告されている。」と言われたそうな
キャンペーン・ユニット構成団体に注目。
日本ユニセフの行った「なくそう子どもポルノキャンペーン」の賛同団体と被る名前がある。
ジュニアアイドルを「児童ポルノ扱い」し「若いころからエロマンガ読んでると人身販売に手を染める」って公式発言した「ポラリスプロジェクト」という団体がいる。
キャンペーン賛同国会議員に以下の規制派の面子が含まれている
7.岡崎トミ子(民主党)
9.神本美恵子(民主党)
15.小宮山洋子(民主党)
24.野田聖子(自民党)
また規制派かわからない賛同議員(2009年10月)
首藤信彦、谷和之、、広中和歌子、
やはりどこに対してでも絵と実写の区別をつけろと言うべきですね
この制度には触れないように、で
きずかれたらまずい
「児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書」で規制対象になるのは
「現実」か「擬似」であって、普通に読めばマンガ・アニメは含まれません
20条2項の「疑似」というのは現実の子供に似せて描いた写実的なもの(「北斗の拳」の様にリアルに実在する人間にに似せて描いたものとかです)や、CG(これが海外では一般的です)等を指すので。
また現実の児童は含まれまれてしまう
1994年に批准された「児童の権利に関する条約」、1996年にストックホルムで開催された第一回会議の宣言を踏まえて、1999年に児童ポルノ法が成立、試行されていることもあり要警戒
 
「子供が主役になれる」のはいいが大人はどうなるんだよ、と
子供の人権を尊重するのは当然ですが、その為に大人の人権を軽視する事は、憲法上許されません。老若男女問わず、人権の重さは全て同じです
今後は
・外務省にロビーイングなど
・共同提案国になったことを放棄させれること
・森田明彦など推進派の説得も必要

2011-12-22 22:37 from -

隊士さん 
では道中ご無事で。
行ってらっしゃいませ。

2011-12-22 22:49 from ロック好き

No title

TPP関連でこんな情報が…
@kei_toyo_sanda
けい_とよ_さんだ TPP交渉に「守秘合意」/発効後4年間、内容公開せず
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-22/2011122201_02_1.html
4時間前 twiccaから
本当なら、批准するまで危険な情報は秘匿され、判断材料も無いまま議論を推し進めるという事になりますが…
最近、TPPについて碌に報道されなくなったのもこの為でしょうか?
子どもの権利条約の件といい、ストレスも限界迎えそうです。
この国のお偉方はこんな連中ばっかりかよ…もう嫌だ!と。
そして極僅かの国民の事を考えている政治家はどうして支持されないのか理解出来ないし、支持しない国民も理解不能…と。

2011-12-22 23:08 from - | Edit

No title

おはようございます。
一昨日に秋葉原に行ってきたました。
久しぶりにアニメイトに寄ったのですが、地下1階にあったはずの成人マンガコ-ナ-が無くなっていました。
都の改悪条例の弊害と秋葉原商店街、商工会の圧力(?)のようなものがあったのでしょう。
以前ホコ天が復活した際に商店街の組合会長かどなたかがテレビのインタビュ-で「コスプレができる場所もいつか設ける」と言っていましたが、結局は出来る場所を設けるつもりは、はじめっから無く言わないと色々なところやマスコミから敲かられから取りあえず建前を言ったのだと今更ながら思います。
日本語と言うのは便利ですね~「いつか」と言う言葉を付ければ、やらないままで済むのですから…。

2011-12-23 08:54 from 一夢庵ひょっとこ斎(旧名:青空) | Edit

しまった 確認してくれば良かったorz

>一夢庵ひょっとこ斎さん
>久しぶりにアニメイトに寄ったのですが、地下1階にあったはずの成人マンガコ-ナ-が無くなっていました。
ちょっと気になったんですが、2階と3階(どっちかに)に成人マンガコ-ナ-ありませんでしたっけ?自分が前行った時は売ってたと思うんですが・・・。
成人漫画をもう売ってないのか、売り場を変えただけのかでちょっと受け取り方が変わるかもしれないんで詳細教えていただければ幸いです。

2011-12-23 11:58 from フー

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.