FC2ブログ

【転載版】■[メモ][政治]TPP擁護論、というか交渉参加推進論 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【転載版】■[メモ][政治]TPP擁護論、というか交渉参加推進論

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記
■[メモ][政治]TPP擁護論、というか交渉参加推進論

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20111214/1323836878

私と仲の良い議員さんたちはTPP推進派が多いんだけど、その意見の一つを、検証用として以下メモしておく。今年の10月末頃のもの。

日本は資源の大半を海外より輸入し、優れた技術に基づく製品を製造し世界へ供給することにより繁栄してきました。

したがって、自由に貿易ができる環境というものは我が国にとって生命線といえるものであり、貿易・投資の自由な経済連携について必要な環境を整えていくことは政治の役目であると考えています。

今後、我が国は人口が減少し、国内市場が縮小していく方向であると考えられます。

このような状況下では貿易、投資、知的財産等の幅広い分野を含む経済連携を推進することで、世界各国の活力を生かしていくことが必要なのではないでしょうか。

ただし、経済連携の推進を考えるに際しては、食の安全・安定供給、国内農林水産業農山漁村の振興等を損なわないように、もっと言えば、経済連携の推進が農林水産業の再生と強化につながるように考えていかなければならないと捉えています。

また、TPPの交渉分野には非関税分野(サービス等)にも影響がおよぶため、慎重な対応が必要であることは理解しております。

目下、政府として情報収集に努めておりますが、現段階で参加条件が各国間で合意されている状況にはありません。

ただし、現在参加意思を表明、もしくは参加の検討を考えている国が増えてきておりTPPがアジア太平洋地域の新しい地域経済統合の枠組みとなり、TPPで決められたルールがアジア太平洋地域の実質的な貿易・投資等の基本的なルールになっていく可能性が高くなってきております。

このような情勢を総合的に判断しますと、日本もルールつくりに参加し、我が国にとっての問題点を主張する必要があるのではないかと考えます。

主張した上で、様々な参加条件の決定に関与し事実を確認することがスタートではないかと思います。

現段階ではまだ日本は加わっておりませんし交渉中であるので参加、不参加の最終的な決断はできませんが、事実を確認してから判断すべきことでしょう。

原則としては、TPP参加により得られる利益が失われる利益より大きいと考えれば参加すればよいと思いますが、失われる利益が得られる利益より大きいと考えれば参加しなければ良いと考えます。

しかしながら、自由貿易にて大きな利益を受けている我が国が、多国間の自由貿易協定に背を向け不参加とすることには大きなリスクがあることは理解しておく必要があります。

参加国間では関税が非課税となった製品であっても、日本からの輸出品のみに関税がかかるという状況は容易に想像がつきます。

そうすると日本からの輸出製品は競争力を失い、企業は今まで以上に海外への進出を望むようになるでしょう。

このようなことを考えますと、現段階では失われる利益を最小化するように国内対策、交渉強化を行い、自由貿易体制を支える一翼となりその利益を最大限に享受できるように取り組むことが望ましいのではないでしょうか。


TPP擁護論、というか交渉参加推進論はやっぱ観念的だなあ。(交渉参加したら基本アウトというのがTPP反対論)担当官庁によるテンプレみたいな。担当官庁が足繁くロビーして回っているのが見えるような。

関連 TPP反対論 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20111028/1319812475


【拡散希望】■ホワイトハウスへ直請願!!1か月で25000署名集めるよ!!!
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1885.html


こちらの締め切りが間近となってますのでまだの方は御協力御願いします。
あまり集っていないらしいです、やり方が面倒だからかもしれませんが・・・。

自民党:谷垣総裁に不満続出 「TPP」明確な方針示さず
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111214k0000m010054000c.html
[毎日新聞 2011年12月13日 20時42分(最終更新 12月13日 20時57分)]

谷垣禎一・自民党総裁=藤井太郎撮影 自民党の13日の役員会で、谷垣禎一総裁の発信力への疑問が相次いだ。とりわけ、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を巡り、明確な方針を示さない谷垣氏に対し、推進、反対派双方からの不満が続出。野田政権との対決姿勢を強めながらも、支持率が低迷する現状にいら立ちが募り、谷垣氏への風当たりが強まっている。

甘利明広報本部長は役員会で「総裁や自民党の発信力が足りないとの意見が党内で多い」と報告。他の幹部も「総裁は遠慮せずに自分の思っていることを言ってほしい」などと発言した。塩谷立総務会長が「全部を総裁の責任にするのは間違いだ」と取りなしたが、谷垣氏は黙って聞いていたという。

TPPについても、積極的に党方針を示さない谷垣氏に批判が集まった。反対派の溝手顕正参院幹事長が「来年1月の党大会で来賓の経団連幹部がTPP賛成と言えば大騒ぎだ」と懸念を表明。一方で推進派の小泉進次郎青年局長は「各地を歩くと総裁の考えが分からないと言われる」と追及した。【佐藤丈一】


今の時点で「賛成」と言ってしまえば野田総理を叩けないので御茶を濁してるというところでしょうか?。
谷垣自身を含め自民党の推進派、全体的に見れば数は少ないものの「大物」が多く動向が気になります。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

>TPP反対署名
 別に、面倒なんて事は無いんですけどね…。
 全部英語な件にしたって、ブログの解説通りにやれば何ら支障は無い。なのに何でこの程度しか集まってないんだか。
 あと、ひどく今更ですが、ニコ動に解説動画上がってました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16358942

2011-12-19 08:13 from - | Edit

フィッシングサイトや 個人情報の悪用が取り沙汰される 昨今の背景がネット署名活動を阻害しているのかも、だから皆慎重に成らざろうおえないのかも、 ↓

2011-12-19 12:41 from ばある・ぜぶる

ちょっと関係ないですが
正常位が禁止!?「セックスにまつわる変な法律10」
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/651127
アメリカの場合時々話が出てた記憶がありますが、こんなにあったんですね…(^_^;)
州ごとなせいもあって異様に多いのにビックリしましたよ
さすが宗教国家(^_^;)
男女間でも禁止がこんなにあるとは
ただその2のどのような状況であれ処女との性行為を禁ずる、と動物系があることには吹いた(・_・)エッ..
こんだけ細かくてもレイプ被害の多い国という印象が…

2011-12-19 13:21 from Y.K.@

No title

つまり、民自共々TPP反対派は多いが大体がルーキーで、賛成派は少ないがエリートばっかということですか。
大量の見習いVS少数精鋭、ということですな。

2011-12-19 18:26 from ILTWAJP

No title

あと、金正日総書記が死去したみたいです。
権力は正恩に譲るみたいです。

2011-12-19 18:36 from ILTWAJP | Edit

今日夜9時からテレビ東京系列で「未来世紀ジパング」という番組で池上彰氏がTPPの話するみたいですね
ただ今TVの番組表見たら金正日氏が死去したことで北朝鮮関連の内容になるっぽい

2011-12-19 19:06 from Y.K.@

No title

>Y.K.@さん
確か池上彰氏ってTPPに関しては推進派寄りの話やってませんでしたっけ?
金正日氏の死去のニュースのドサクサで、重大な法案とか条例とかの話が秘密裏に進まないかどうか不安です。
金正日氏の死去は確かに重大なニュースですが、ここ最近でもなでしこジャパンとか陸上とかやけにマスコミが取り上げていましたし…

2011-12-19 19:50 from - | Edit

No title

あと、確かかどうかは分りませんが、仙石氏がTPP反対派を洗脳しようとしているらしいです。
ソースはmy日本でしたっけ。
議員さんに「TPP推進派には妥協せずに反対を貫いて欲しい。」と意見をしたほうがいいのではなかろうか。

2011-12-19 20:39 from ILTWAJP

訂正
9時じゃなく10時からでした、何で見間違えたかな
名無しさん>
それでも今回は一応他局ですからね
それに新聞見てたら目に入ったので一応

2011-12-19 20:45 from Y.K.@

No title

BS11でも午後10時INsideOUTで
亀井氏がゲストの特集が放送されます。

2011-12-19 21:25 from ビースター | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.