FC2ブログ

【表現差別?】「今のアニメはコピーのコピーのコピー」「表現といえない」 押井守監督発言にネットで納得と逆ギレ - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【表現差別?】「今のアニメはコピーのコピーのコピー」「表現といえない」 押井守監督発言にネットで納得と逆ギレ

No title
「今のアニメはコピーのコピーのコピー」「表現といえない」 押井守監督発言にネットで納得と逆ギレ
J-CASTニュース 11月22日(火)20時2分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000005-jct-ent

(引用開始)
世界中で大ヒットしたアニメ映画「攻殻機動隊」などの監督、押井守さん(60)が現在のアニメ作品について「オタクの消費財と化し表現の体をなしていない」と批判した。

ネットではこの発言に納得する人もいるのだが、自分達の好きなアニメを批判していると感じたアニメファンは「押井こそオワコン(終わったコンテンツ)」などと押井さんに対する盛大な批判を展開している。

■ほとんどのアニメはオタクの消費財と化した

押井さんは1983年に劇場アニメ映画「うる星やつら オンリー・ユー」で監督デビューした。「機動警察パトレイバー」「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL) 」「イノセンス」など数多くの作品をリリースしていて「攻殻機動隊」については95年にアメリカでホームビデオ週間売上1位を記録する快挙を遂げた。「マトリックス」など海外の映画にも多大な影響を与えている。

朝日新聞は2011年11月21日付けの電子版コラム「アニマゲ丼」で、押井さんの東京芸術大学大学院映像研究科での講演(11月12日開催)を紹介した。講演で押井さんは

「僕の見る限り現在のアニメのほとんどはオタクの消費財と化し、コピーのコピーのコピーで『表現』の体をなしていない」

と語ったという。つまり、制作者には新たな創造性や、作品を通じて訴える思想的なものが欠如し、過去にヒットした作品の焼き直しばかり。例えば「萌え」が流行すればそうした作品ばかりになっている。また、今のアニメはオタクと呼ばれるファン層に媚びたものが多く、こうしたことから「表現」が制作者から無くなった、という批判だ。

確かに11年9月から始まった20本近い新作テレビアニメを見ると、さえない男性主人公の周りに美少女が群がる「ハーレムアニメ」が驚くほど多く、過去にヒットした「ハーレムアニメ」作品と共通する内容がかなり多い。

■宮崎駿監督も過去の作品のコピーに嘆いていた

実は、過去のヒット作品を真似たものが増えていることについては、以前から警鐘が鳴らされていた。宮崎駿監督はベルリン国際映画祭で「千と千尋の神隠し」が金熊賞(グランプリ)を獲得した02年2月19日、記者会見を開き、記者から日本アニメの世界的な地位を質問されると、「日本アニメはどん底の状態」とし

「庵野が自分たちはコピー世代の最初と言っていたが、それより若いのはコピーのコピーだ。そうしたことで(アニメ業界が)どれだけ歪んでいて薄くなっているか」

などと答えている。庵野というのは大ヒットアニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督(51)のことだ。

今回の押井さんの発言についてネットでは

 「萌えクソアニメの乱発は誰が見ても異常」
 「アニメ業界が飽和しすぎで、コピー品を粗製乱造しなきゃ回らなくなってる」
 「売らなきゃ食っていけないからな。安定して売れるのがオタク向けの萌えやエロ」

などと納得する人もいるのだが、現在主流となっているアニメのファン達は、自分達の趣味趣向、好きなアニメを批判するのは許せない、と激しく反発。しかし理論で立ち向かえないからなのか

 「押井のアニメくそつまんねーんだよ」
 「押井も信者向けの消費財じゃん」

などといった作品批判や、人格批判へと発展し、大混乱となっている。
(引用終了)


この人は天狗になりすぎじゃないか?何で昨今の作品が萌えや美少女物が多くなったかまるで理解していない、意見出来るところがあるなら有害コミック運動や悪書追放運動等の漫画アニメにおけるコミック排除歴史を押井守氏に教えるべきだ、ただし敵対はするなよ。
今では漫画の神様と言われる手塚治そして水木しげるの作品も「有害」と言われ家庭や学校の庭で焚書されてたんだからな。

2011.11.22 Tue l ミスターX. URL l 編集


アニメに限らず表現というのは大抵先人の模倣から始まります。
押井氏自身は「そうではない」と言い切れるんでしょうかね?。
それに自分も「表現者」なのに表現を「差別」をするというのはいかがなものかと思います。

そもそも「コンテンツ産業」は消費財が無ければ成り立ちませんよ。
ハーレムアニメが多いのは確かだけどそれは「見る側が求めている」からに過ぎません。
少し前のツンデレブームみたいなものです。

「萌え」や「美少女」物が好きな人が増えただけだろうに。
昔のアニメにもそうゆう系はあったと思うけどね。
まあ、「昔のアニメはよかった」と思いたいだけだろうな。

2011.11.22 Tue l パワプロ. URL l 編集

No title
ミスターXさん

全く持って仰るとおりです。

第一何なんですか、「表現とはいえない」って。
「脳みそ調べて来い」と言いたくなりますよ。

2011.11.23 Wed l I+LOVE+TAIWAN+AND+JAPAN(ILTWAJP). URL l 編集

今のマンガでもっとも売れるのは、ゴルゴ13や島耕作みたいな青年マンガだと思いますがね。正直私は萌え系はあまり詳しくないで、はっきりとしたことはいえませんが。

2011.11.23 Wed l 12434. URL l 編集

No title
今売れてるジャンルはいわゆるライトノベルです(byMAGネット)、後原作がゲームとか。
と言ってもライトベルやゲームがひとくくりで萌えや美少女物ばかりではないですがね、Fateシリーズやシャナシリーズみたいなグロアクション作品も沢山ありますし。

2011.11.23 Wed l ミスターX. URL l 編集

No title
>押井守氏

案の定ネタになっていますね…(笑)
私も寝る前にこの記事を読んでいろいろ考えてしまいました…(笑)
しかし値皆さん少し冷静になってこの記事を読んでみてください、

>確かに11年9月から始まった20本近い新作テレビアニメを見ると、さえない男性主人公の周りに美少女が群がる「ハーレムアニメ」が驚くほど多く、過去にヒットした「ハーレムアニメ」作品と共通する内容がかなり多い。

これはこの記事を書いた記者の独自の意見であって、押井氏が萌えアニメだけをすべてコピーだと言っているわけではありませんよ。私に言わせればもちろん、そんなハーレム系は全体の3~4分の1程度ですよ…と言いたくなりますが…私はむしろこの記事を書いた記者の萌えアニメはコピーばかりだと言う主観が、押井氏の言った本当の意図を隠しているような気がします…押井氏は何も萌え系に限らず、今のアニメを全部ひっくるめてそう言ったのではないでしょうかね? 私も悔しいですけど押井氏の意見は的を得ていると思っています
私はこの押井発言は、今のアニメへのエール&警鐘であると思います。いい作品の表現はコピーしても結構、しかしそれを繰り返していると劣化を招き表現とはいえない物となってしまう…そう言っているのだと思います。
これはもちろん今まで自分が築いてきたアニメ業界を思っての発言であり親心ではないでしょうか。

http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1412.html
>確かに声優の声は娼婦のようだとかIポットを使うのは自慰行為とか言うのは許せないと言うみなさんの気持ちはよくわかります。しかし彼のおかげで岡村明美も本名陽子も声優をやっているわけですし、最近では入野自由だってジブリアニメから声優として羽ばたいています。また「借りくらしのアリエッティ」では宮崎氏が脚本で30代の若い監督を使っています。こういう次世代のアニメをになう人たちを放出しているからこそ宮崎氏の価値があるのではないでしょうか?

まあ確かにあなた方の許せない気持ちはわからないでもないしかし、宮崎氏の残した功績、これから若手のアニメーターを育てていかなくてはいけないというアニメ界全体への親心、は宮崎氏は人一倍強いのではないでしょうか?だからこそ自ずとああいう言い方になってしまう…確かに彼は人間としては下品で最低な人かもしれません。ですので私は個人的に彼を人間性最悪、親として0点(宮崎五朗氏はこう言っている)のヘンタイロリコンジジィだと思っていますが、石原のようにアニメを規制する条例を作ったりしない限りは、彼の作品を評価しています。(まあ最近つまらないという意見は同意できますが)

>このように河森氏も富野氏の言うことを聞いてアニメを見なかったから、今のいい作品ができてると言えます。また富野氏はアニメを作る上でアニメを好きになる必要はない、アニメを作りたい人はスキルや技術力を身につけるべく努力すべきとアニメ誌上で言っています。

ですからアニメが好きでしょうがない私たちには許せない発言でも、彼らにとってはアニメ界に対する愛情のこもった発言なのです。それに彼らがやっていることは仕事であり私たちにとっての娯楽物とは違います。彼らはアニメづくりをプロとしてのプライドを持ってやっているのであり、決して好きでやっているのではない。ですからアニメを好きでしょうがない私たちとの間で摩擦が生まれるのです。

このエントリーで私が書いたことが押井氏にも当てはまるのではないかと…(笑)
しかしね皆さん、この前も懐古厨のことでいろいろ話題になっていましたが、今のアニメはやりすぎた、規制をすれば古き良きアニメが帰ってくるという妄想にとらわれた懐古厨のバカの発言と、今のアニメはコピーばかりと批判し警鐘を鳴らす発言との区別をつけませんか? 区別を付けづらいのはわかりますけど、そこを何とか冷静に…私はこの記事を書いた記者の萌えアニメはコピーだ! という思いこみがかなり偏向的な内容になっていると思います。それに押井氏の”僕の見る限り現在のアニメのほとんどは”と言う発言はいったい押井氏はどういうアニメを見ているのか…? とかなり疑問に思います。

もちろんアニメの巨匠がたびたび言う規制されればその表現をしなければよいは無責任だということは私も異論ありません。
それと規制派の発言とこういうアニメを知っている巨匠の発言はやはり違う、アニメを批判している点は同じでも規制派はアニメの表現が憎らしくてああ言う発言をしているのですが、こういう巨匠は本当にアニメの未来を考えてこういう発言をしているのではないでしょうか? まあ最近は皆さんこの絶望的な状況に苦り切っています、私も押井発言に関してはなんでこのタイミングで…これ以上オタクのストレスを増やさないで…と思いますが…しかしそこはこういう人の発言と規制派の発言の区別をきちんと付けましょう、そうでないとアニメを批判するやつはみんな敵だ! といってますます私たちは先鋭化し孤立していってしまいますよ。
まあ懐古厨の話をすれば私もここで時々取り上げる今の萌えアニメは同じような顔の女キャラが脱げば脱ぐほど売れる糞アニメだ、もっとガンダムやヤマトのようなすばらしいアニメをもっと作るべきだ、今のアニメはAVと同じ、世界中の恥だ、秋葉原なんか石原慎太郎が巨大なバーナーで焼き払ってしまえばいい! と主張していた富野信者の友人がいましたが…(笑)この友人は何とか秋葉原へ何度か一緒に行って話し合いをし、その秋葉原なんか石原慎太郎が巨大なバーナーで焼き払ってしまえばいい! の所だけは何とか考えを改めさせる事に成功しました…(笑)まあですからこの程度の発言には私は慣れっこです…(笑)

しかし私も押井氏の意見に100%同意している訳ではありませんよ、あの人は『うる星やつら』で普通にガンダムとか出してアニパロネタに果敢に挑戦し、暴走だと言われてましたからな…(笑)
それに押井氏が原作・脚本した『人狼 JIN-ROH』を安彦良和氏は角川映画の『野生の○○』(済みませんうろ覚えで題名をはっきり思い出せません…)の不格好な引き写しだと批判しています。あんただってコピーのコピーぐらいはしとるじゃないか、なのにそんな偉そうに今のアニメを批判できるようなことあなたはしたんですか? と言いたくなります…(笑)まあこういう人は今のアニメを批判しつつ、自分にも言っていると言う人が多いですけど…

この人熱海市在住で同じ静岡県民だから今度抗議がてらサインもらいに行こうかな…(笑)
個人的には押井アニメよりも私は押井氏の一番弟子の、神山健治監督のアニメの方が好きですね…(笑)神山監督作品に比べれば、押井アニメなどオワコンだ! と私は言いたいです…(笑)

2011.11.23 Wed l シンタロウ. URL l 編集

>ミスターXさん

押井の発言を見てたら、根底に「萌アニメは絶対認めない」という排他的な思想が見えますね。
どうせ、萌アニメや漫画は非難しても不良漫画辺りになると、「あれは男らしくて良い」や「今の男はああいう(犯罪者)を見習え」と賛美するような老害でしょうね。

あと、自分は↑に書いたような自称『硬派』な人物が実際にいて失望したので、萌え系の作品に興味を変えましたけどね。

2011.11.23 Wed l ラビ. URL l 編集

No title
ラビさん
まあもういろいろ書いたのでもうあまり言いたくありませんが押井氏は現在のアニメはと言っているのであって萌アニメはとは一言も言っていませんよ、現に『うる星やつら』も十分萌えアニメだし…(笑)それに

>萌アニメや漫画は非難しても不良漫画辺りになると、「あれは男らしくて良い」や「今の男はああいう(犯罪者)を見習え」と賛美するような老害でしょうね。

これはあなたの想像に過ぎません、この前の「あなたは荒らしですか?」にしてもそうですがもうすこしあなたは人の発言を冷静に聞く訓練をする必要があります。そうしないとこの規制問題には取り組めません。なぜかと言うと味方を撃ってしまう危険があるからです。

2011.11.23 Wed l シンタロウ. URL l 編集

そのアニマゲ丼の記事あったんで上げておきます。
「若者は夢を持つな」と 監督が言った
http://www.asahi.com/showbiz/column/animagedon/TKY201111200107.html

>そして現実の劣化コピーに過ぎない実写と違い、「現実に根拠を持たない」アニメは珠玉の工芸品となり得、アニメはその根本から細部までコントロール可能であるがゆえにその力を使ってアニメ監督は、全世界・全歴史に向けて自分の言いたいことを完全な形で言えてしまうという誇大妄想の極限を味わうことができる。これは悪のにおい、危険なにおいがする。ゆえに若い人をひきつける。しかし僕の見る限り現在のアニメのほとんどはオタクの消費財と化し、コピーのコピーのコピーで「表現」の体をなしていない。あと、ユニコーンガンダムのツノはアイ デアとして面白いけど、だからどうなの?

まったくこの業界は偏屈だらけですなぁ…(笑)

2011.11.23 Wed l シンタロウ. URL l 編集

No title
おはようございます。

押井氏の発言>
横槍を入れるようで申し訳ございませんが、私は押井氏の発言に一定の理解を示している者です。

私もアニメ大好きです。ですが最近のアニメ作品は(燃えではなく)萌えを好む男性向けに偏っている+ワンパターンとしか思えないシナリオばっかなんで、
いい加減(私が腐と呼ばれるオタクだから、男性向け学園・ハーレム物ライトノベルやシナリオが薄いキャラ萌えだけのアニメにはほとほと幻滅しかけてます)勘弁してくれと。

そんなアニメの中で、今年のまどマギ(脚本がバッドED大好きなニトロ虚淵氏)とタイバニ(色々と濃い)はよかったです…。(あとは現在見ているヴァンガード;
2011.11.23 Wed l EIYA. URL l 編集

EIYAさん>

何か分かる気がします

多分これも個人差や解釈で意見分かれそうですが
2011.11.23 Wed l Y.K.@. URL l 編集

>シンタロウさん
流石に軽率な発言で申し訳ありません。

ただ、EIYAさんのコメントみたいなと言われると、「じゃあ萌えは消えればいいのか。そっちだってワンパターンのくせに。」と言いたくはなります。
あと、EIYAさんには、例(批判材料)に使ってしまってこちらも非常に申し訳ありません。

2011.11.23 Wed l ラビ. URL l 編集

No title
押井氏ってうる星やつらで頭角を現してた頃から、あんな感じでしたから「あぁ~また始まったよ(^ ^;)」と特に気にしてませんでしたw
個人的にはエキセントリックな言動のキャラがある種の芸になっている人よりも、高橋良輔氏のような人物の言葉の方が心に響きます。

2011.11.23 Wed l 旧名:成田 烈. URL l 編集

所詮は好みの問題に過ぎない。
仮に萌え作品が少なくなっても、またこのようなことが起きるよ。

2011.11.23 Wed l パワプロ. URL l 編集

ファンが求める物が変われば業界の作風も変わるだろ、だから今は日常系や学園系が多い。
昔は北斗の拳やZガンダムみたいな鬱グロ物語が多かったが、BPOとクレーマーのおかげで業界は自粛して今の作風に至ったという経緯もあるだろ。
だから皆さんはその辺りをよーく考えな、何故グロいバトル物が減って学園系が増えたかを。

2011.11.23 Wed l CB. URL l 編集

特にBLEACHに関してはアニメ版は原作に比べてグロシーンをカットしまくってますよ。その上流血シーンは影になってますし。原作より流血が抑えられてたりします。

2011.11.23 Wed l f. URL l 編集

No title
ふと思ったのですが「萌え」って単語はともかく
その感覚は大昔からあるのでは
平安時代の麻呂眉や真っ白顔に鉄漿が流行ったのも
その時代の人達が「可愛い」・「綺麗」(今で言えば萌え)
と感じたから流行った訳ですから・・・

2011.11.23 Wed l ビースター. URL l 編集


押井氏の発言が言葉の通りの意味なのか叱咤激励なのか分からないが、もう少し言葉を選ぶべきです。

二次元好き同士を仲たがいさせる事にもなりかねないという点でも好ましく無いと思います。
こういう差別意識みたいなものが広がると「○○なら規制されて良い」という発想になりますからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

 全ての創作が模倣から始まるとすれば、(身も蓋も無い言い方になりますが)パクリやコピーの類は結局どの社の誰の作品にも存在し得ます。押井守はその事わかってるんでしょうか?
 …てか、何処ともネタ被りしない完全なオリジナルなんて出来るんですかね? 正直無理だと思うんですが。

2011-12-01 15:19 from - | Edit

ガンダムだって元ネタはスターウォーズとマジンガーZなど
6年前?に大ブームになったデスノートも水木しげる氏の「不思議な手帳」とも言われてるしドラえもんにも書くと実現する未来の道具(名前は忘れた)が登場したし、それがデスノートの元ネタかも知れない。
押井氏の作品もハリウッドからパクったパチモンかもしれませんからな、この人は人のこと言えるのか?

2011-12-01 15:28 from CB(休憩中) | Edit

追記
本当のオリジナル作品は、今の現代社会には存在しないだろう、海外等のマーベルやアメコミも含めて。
本当のオリジナル作品を知りたいなら人類が文学作品や書籍等を発達させて、ようやく文明らしい文明が出来た江戸時代等の大昔に遡るしかないな。

2011-12-01 15:38 from CB | Edit

名無しさん
特にこれだけ世の中に作品があふれてる中で完全オリジナルは相当難易度は高いでしょうしね
昨日BSアーカイブズでも言ってましたが江戸時代にも源氏物語を使った浮世絵(今で言う二次創作絵みたいな)とか流行ってたらしいです

2011-12-01 15:50 from Y.K.@

アニメ版のポケモンでやってた転覆した豪華客船からの脱出は元ネタはポセイドンアドベンチャーという転覆した豪華客船から来てるらしいです。元ネタはよく使われてますね。まずオリジナルはないでしょう。

2011-12-01 15:51 from とある北海道の鉄道マニア | Edit

No title

こんにちは。
押井氏は今、アニメ業界(だけではなくマンガ業界・ゲ-ム業界、ドラマ)が置かれている現状-造りたいように造ることができない-を知らないのでしょうか。
根っこは同じでも木が成長をするとともに幹が太くなり枝が色々な方向に伸び、葉が出て花が咲き実になれば、それはパクリではなく一つの作品だと思います。
宮崎駿氏が声優さんに対しての侮辱発言も理解に苦しむものです。
声優さんを使いたくなければ、劇団四季や舞台俳優さんを起用すればいいのに使わない。
芸能人を使うのは宣伝をしなくてもマスコミが来て宣伝をしてくれると言う計算があるのでしょう。
キャラの声を務めた芸能人の方の中には上手い人もいましたが、多くはあのような棒読みの演技で多額のギャラを貰う資格はないように思えます。
棒読みの演技が自然だと言う宮崎駿氏の判断は理解しがたいものがあります。
同じ俳優なのだから使うのは当たり前と言うのであれば、なぜ声優さんがドラマの主役を務めたり出演をしないのでしょうか…クイズ番組やバラエティ-番組の司会や回答者や出演をしたりコント番組にゲストとして出演させてもいいはず。
使われないのはおかしな話。
昔、人づてに聞いたので不確かな情報で申し訳ないのですが。
「声優さんがドラマに使われないのは声だけの演技しかやっていないから身体を使った演技ができない」と言う昔からの迷信?のようなものがあるからだと友人から聞いたことがあります。
昔も今も声優さんは舞台もやられているはず…なのに身体を使った演技ができないと言うのは合点がいきませんよね…。
声優さんの方が演技がうまいから力のある芸能事務所が悪意のある噂を流し圧力を掛けたのではないかと…想像の域は越えませんが…その様に思ってしまいます。

2011-12-01 16:14 from 一夢庵ひょっとこ斎(旧名:青空) | Edit

No title

同じようなものばかりとは言いますけど、今年の1~3月期で注目を集めたのは『魔法少女まどかマギカ』や『とある魔術の禁書目録Ⅱ』や『夢くいメリー』などの『ストーリーもの』ですし、それ以降も『TIGER&BUNNY』や『シュタインズゲート』、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』、『君に届け』などの『ストーリーもの』が名を連ねています。
これらの成功が功を奏したのでいわゆる女の子が多く出てきて一人の男を取り合うタイプのハーレム作品は明らかに少なくなっており、今年に限れば『インフィニットストラトス』や『僕は友達が少ない』くらいしかなく、萌えアニメの大多数がこれら作品の影に埋もれているのが現状です。
そもそも『けいおん!!』あたりも昔の『クレア学院物語』だと考えれば何ら不自然はありません。あの作品だって女の子ばかりです。
いい加減、実体の無い「最近のアニメは萌えアニメばかり注目される」と言うのは止めませんか。
萌えの要素はたしかにどんな作品でもストーリーものでもありますが、昔とてそういった要素はありましたから「何で今の作品ばかり叩くんだ」と言わざるをえません。
何より今年は原作付きでなくともまどかマギカやタイバニのように、アニメオリジナルで成功を収めている作品が増えており、そういった作品の多くが『ストーリーもの』です。
明らかに昨今はストーリーものが席巻しつつあり、ハーレムものは数が減っております。
それに「最近のアニメは萌えアニメばかりで」と言うのであれば、その中でも硬派だと感じる作品を選び薦めていく努力をして欲しいのです。
自分の視野の狭さを棚に上げて、自分の世界でああだこうだと叫ぶから、より自分が嫌だと感じる作品が注目を浴びて、自分が本来推したい硬派な作品が世に埋もれてしまうことだってあるのです。
自称硬派の人々が5年前の『よみがえる空』や『ギャラリーフェイク』『岩窟王』などの硬派な作品を全く取り上げなかった過去を私は今でも覚えています。
その時に自称硬派だと考える面々が口にしていた事は「最近は萌えアニメばかり」と同じような事を口にしています。今と変わらないのです。
嘆くのであれば「萌えアニメが多い」でなく「硬派なアニメが少ない」と言うのであり、一つでも二つでも硬派なアニメが出てきたら全力でそれを支える努力を行って欲しいのです。
それが続けば業界でも硬派な作品が売れるとなって、数も増えていきますし供給も需要も高まるのです。
硬派だと自認する人は人一倍努力をせねばならないのであり、その努力の方向はバッシングでは何もうまない事を理解していただきたいですね。
ここに来る人ならわかっているでしょう。

2011-12-01 16:34 from -

仕事中なのでちょっとだけ
Fate/zeroやC3シーキューブのようなグロいストーリー物も今期にはあります、TV版は規制のオンパレードですよ。
Fate/zeroのBD-BOX版はキャスターの虐殺シーンが追加されるようです。

2011-12-01 16:49 from CB | Edit

No title

押井氏の盟友とも言える志郎正宗自身がエロや萌えを扱ってる漫画家ですし、囚われない自由な発想があるからこそサイバーバンクの代名詞とも言われる攻殻機動隊を生み出しています。
今ではヤマトや銀河鉄道999のように、硬派アニメの代名詞とされる作家の松本零士氏とて、男おいどんとか日常系作品を数多く生み出してますし、氏が描く森雪やメーテルはまさにかつての『萌え』でしょう。誰しもが憧れた女性像を松本氏は描き続けてきました。
それに萌えに近い概念は昔からあって、コンバトラーVの南原ちづるは男性ファンから愛されましたし、ガルーダはそのルックスと悲劇性あるエピソードから多くの女性ファンを魅了しました。
何も今に始まった事ではありません。にもかかわらず今だけを取り上げるのは何故でしょうか。

2011-12-01 17:00 from  

No title

fateは硬派の人が言うには萌えアニメに分類されるらしいです。
まどかマギカも作画だけで萌えアニメに分類されますし、要するに彼らは見た目しか見ていないのです。
そんなに目が大きい絵柄が気になるなら戦国BASARAとかTIGER&BUNNYを見ればいいのですが「腐女子が五月蝿い」と嘆きます。
昨今ではガンダムAGEにも噛み付いてます。そんなにイナズマイレブンのような作画がいやならば、ガンダムUCを一緒に見ましょうよと言いたくなります。
(UCはまさに『ガンダムが見たい人のガンダム』をコンセプトに作ってありますし、嫌がる筈がないのです)
おそらく硬派と称する人々は私のようなミーハーなオタクよりも萌えアニメを見ている人間なんでしょうね。

2011-12-01 17:10 from  

話題を変えてしまいますが、ちょっとテレビ付けたら野田さんが記者会見していました。
内容は
沖縄問題
震災復興財源(増税)三次補正
産業空洞化対策
四次補正予算
被災地への具体的な援助
社会保障問題
がとりあえず冒頭に…
TPPはどうするんだぁ?

2011-12-01 17:45 from H(原稿中)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-12-01 17:46 from -

TPPについて、野田さんの応え。
相手国との協議、情報提供、各地でフォーラムをひらく…交渉が前提な気がします。

2011-12-01 17:52 from H(原稿中)

No title

まあまあ皆さん落ち着いて、そもそも批判されない作品なんてこの世に無いんですよ、森羅万象ありとあらゆる人に愛され肯定される作品なんてこの世にありません、コンテンツには必ずファンである消費者と、それを批判する人がある、みんな人それぞれに好き嫌いがある、こういうコンテンツ文化は批判されるからこそ成長するんです。もちろん法規制しろは論外ですが、そういう作品を無くしてやろうと言うのと批判するのとの区別を付けませんか? 映画だってそうです、誰かがその作品を作れば、必ず受け入れる人と拒否する人が現れる、ボロクソに言う人も現れる、その批判を製作者が聞いて、なにくそ! と言って次の作品に生かす、批判をする人がその作品はここがダメなんだよと言う意味を込めてアンチテーゼな作品を作る、コンテンツ業界というのはそうやって進化して言っているのです、批判無くしてコンテンツ業界の発展はあり得ない、いろいろ言われることから製作者が刺激され新たな文化を生み出す、それが大切なんです。
井筒和幸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E7%AD%92%E5%92%8C%E5%B9%B8
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』についてはネガティブな捉え方をしており、辛辣な見解を述べていた。同作品が最優秀作品賞を受賞した第29回日本アカデミー賞授賞式後に「初めて見たが学芸会もいいとこ、4コマ漫画もいいとこで、こんなゲテモノがアカデミー12冠だったのかと改めて喫驚した」と改めて論評したが、未見で評価を下していたことが明らかになった[10]。
私はALWAYS大好きなのでこの発言で井筒は嫌いになりました…(笑)しかしその井筒も映画界はボロクソに批判されるからこそ成長する。と言っています。もし無批判になったらそれこそコンテンツ文化の衰退に繋がる、自分が作ってもいないのに批判や意見するとはけしからん、その作品の製作者は神様だ! 等と言っていたら表現の世界が逆に貧しく衰退してしまいます。
こういう批判があるからアニメ業界も衰退しない、押井氏が言葉通りの意味を言っていたとしても、叱咤激励をしていたとしてもです。
でも『表現』の体をなしていないというのは表現の差別だと言われても仕方ないことですけどね…
しかしみなさんここで煮え切らない言葉を並べているより、私が今度熱海へ出向いて押井監督の家にお邪魔しサインをもらいがてら、どういう意味でこう言ったのかと聞いて来ましょうか? 押井監督が住んでいる熱海は私の住んでいるところからは電車で1時間弱でいけるところで決して遠くではありません。住所は電話帳で調べられます。まあ車がないので駅から離れたところに住んでいるときついですが…
せっかく近いところに住んでいるのだから、行かないのはもったいない、まあ事前にアポを取るべきなんでしょうけど…
それに私は押井作品を数多く排出しているProduction I.Gの石川光久社長の大学の後輩で石川氏に会ったことがあります、そういう縁で会ってくださるかもしれません。試す価値はあると思います。なので今はこの話は保留にしませんか?

2011-12-01 18:13 from シンタロウ | Edit

気になったのですが、萌えアニメが嫌いな人って昔、富野由悠季が発言した「瞳が大きいキャラが好きな奴等は、現実の女の子に見向きもされないから二次元の視線に飢えている。」の発言を鵜呑みにし過ぎているんじゃないんですか?
(但し、富野氏は萌えは嫌いですが、全否定はしてないようです。)
あと、なんだかんだ言って萌えが昔もあったのに否定したがるのは、テレビ番組や漫画等に出てくる典型的なオタク(デブ・センスの無い服・汗っかき・コミュニケーションが乏しい等)に見られたくないからじゃないですか?

2011-12-01 18:21 from ラビ | Edit

押井氏の仰る事は感情論にしか聞こえませんな、日本のコンテンツ産業の歴史を知って言っているのか?需要と供給を知らないのか?
シンタロウさんは随分と押井氏を信奉してるようですが、今の業界の苦しい立場をご存知で?
作品批判ならまだ良いですよ、昨今は都条例の影響かはわかりませんが、出版界やアニメゲーム界はモンペア・PTAやBPO等によるクレームの嵐。
業界のヘタレ姿勢と昨今のクレーム嵐でどんどん表現が自主規制されていき今に至ってる経緯もある、ファンが求める物が変わったというものもあるでしょうが。
それにシンタロウさんがいくら押井氏を擁護しようが言葉の捉え方は人それぞれですよ、人種差別や表現差別と捉える方もいます、別エントリーでエアトスさんが言われてることをそのまま言ってますよあなたは、だから言葉は慎重にならなければいけないのです。
だから私は押井守氏は人間として体を成してないと見なします。

2011-12-01 18:31 from CB | Edit

No title

富野氏はザンボットスリーのキャラデザの失敗が
トラウマになってるんじゃないですかねぇ

2011-12-01 18:33 from - | Edit

最近は規制も厳しいそうですし…

少し前、アニメ製作の関係者の方から伺った「外資系スポンサーの意向でバトルシーンの表現がNGになったが何が悪いのか基準が示されず途方にくれた」話を思い出してしまい…そのような現場の「不明確な規制ルールに悩む」実情を、押井氏はご存知の上で発言されたのか否か…。牧歌的な所謂「年長者の『昔は良かった』論」なのか?それとも?…心に留め置きつつ…難しい…です。
全然関係ありませんが、「目が大きい」と「萌え」なのかしらん?
大昔自分が子供だった頃(昭和40年代とかw)、少女漫画の事を「不自然に目が大きくて、くだらない」とかさげすむ大人がよく居ましたっけ…その反論は大概「目の大きさで言ったら『鉄腕アトム』が最大じゃないか!」
すみません。しょうもないことを思い出してしまって…「目の大きさ」って、やはり何か気になる要素なのかと。

2011-12-01 19:05 from ふぶら

No title

CBさん
まあお互い今メールでいい話をしている最中なんですから、冷静に行きましょうよ。
誤解されるような発言を私がしていることは認めますが、私は押井氏を信奉しているわけではありません。水無月さんがコピーした私の過去のコメントを少しいじると…
>まあ確かにあなた方の許せない気持ちはわからないでもないしかし、押井氏の残した功績、これから若手のアニメーターを育てていかなくてはいけないというアニメ界全体への親心は押井氏は人一倍強いのではないでしょうか?だからこそ自ずとああいう言い方になってしまう…確かに彼は人間としては下品で最低な人かもしれません。ですので私は個人的に彼を人間性最悪の人間失格ジジィだと思っていますが、石原のようにアニメを規制する条例を作ったりしない限りは、彼の作品を評価しています。
私の考えはこうです。だからあなたの押井氏は人間としての体をなしていないというのも賛成だ。それにあなたの一番最初のコメントの
>押井氏の作品もハリウッドからパクったパチモンかもしれませんからな、この人は人のこと言えるのか?
私もこれと同じ事を言っているではありませんか、私はあなたの
>本当のオリジナル作品を知りたいなら人類が文学作品や書籍等を発達させて、ようやく文明らしい文明が出来た江戸時代等の大昔に遡るしかないな。
これにも賛成です。
>それにシンタロウさんがいくら押井氏を擁護しようが言葉の捉え方は人それぞれですよ、人種差別や表現差別と捉える方もいます、別エントリーでエアトスさんが言われてることをそのまま言ってますよあなたは、だから言葉は慎重にならなければいけないのです。
これに関してはあなたに聞きたいが私のコメントのどこがエアトスさんと同じことを言っているというのでしょうか? 熱海に押井氏に会いに行く話のことですか? それなら言葉足らずで申し訳ありませんが、私はここの皆さんに私は距離的に押井氏に会いに行けるところにいて、押井氏に会いに行ってもいいですけど皆さんはどう思いますか? と聞いているのであって、無理に会いに行こうとは思っていません。皆さんがやめろと言えばやめます。なんなら前のコメントの押井氏に会いに行くと言う所を削除してもいい、それに
>言葉の捉え方は人それぞれですよ、人種差別や表現差別と捉える方もいます、
だからこそ私は押井氏の発言は必要な批判ととらえたし、あなたはただの感情論だととらえた。それでいいじゃないですか。私はあなたの意見を否定しない、だからそれは言いっこなしです。言葉の問題は私は大学がその分野だからわかるが大変難しい、言葉は慎重に選ばなければいけないそれはあなたの言うとおり。でもその真意は私はあなたと違うとらえ方をした。要は今のアニメを批判するのは構わない、でも言葉は選ぶべきだ、これが私の意見です。
ラビさん
その富野発言を鵜呑みにし、萌えを毛嫌いしているのが前言った富野信者の友人です。
萌えを全否定している訳じゃないことをその友人に言ってやりたいです…(笑)

2011-12-01 19:37 from シンタロウ | Edit

No title

前にも言いましたけど、昔から押井氏ってああいう言動の人でしたから、特に気にしてませんでした。
それとあのハg…もとい、富野氏のトンガった発言を額面通りに受け取るのは危険ですよ、あの人基本捻くれ者ですから。
萌えに対してネガティブな公式発言は小林源文氏もやってますし、クリエーターって嫉妬深くて自意識過剰な人間が多いですから。
規制派が押井氏の発言を利用して規制を推し進めるとは考えられませんし、ナーバスになる程のことではないと思います。

2011-12-01 20:17 from 旧名:成田 烈 | Edit

PTAの存在意義がわからなくなってきました。嫌なら見なければいい。わざわざ粗捜しの為に見てるのでしょうね。
ところで今週けいおんの映画が始まりますね。楽しみです。こないだロッテリアのけいおんセットを頼んで付録がムギちゃんでした。

2011-12-01 22:12 from とある北海道の鉄道マニア | Edit

シンタロウ様
私は感情的になりました、誠に申し訳ありません、心からお詫び申し上げます。
作品に対する批評や評価は作家やアニメ製作者の成長に繋げるためにするべきですが、表現そのものに対する誹謗中傷ではないかと疑ってしまいました、そして押井氏に信奉してる等と根拠なく言ってしまいすみませんでした。
あなたとの論戦でまたひとつ学ぶ事が出来ました、ありがとうございますm(__)m
これからもご指導等をよろしくお願い申し上げます、3月の企画についてですが、メールでまた詳細をお伝え致します。

2011-12-01 22:23 from CB(仕事終わり) | Edit

No title

>この「○○は容認されるというメッセージになる」は規制派の得意な言い回しです。
>こういう差別意識みたいなものが広がると「○○なら規制されて良い」という発想になりますからね。
なんか似てませんかね。
悪影響前提、強力効果論肯定に見えます。
思想の自由と責任。言論の自由と責任。表現の自由と責任。
何を考えても良い。何を言っても良い。それをどんな媒体にどう描き出しても良い。
その結果、それを聞いた読んだ見た人から何を思われようが、何を言われようが、それをどんな媒体にどう描き出されても受けなければならないのが責任。
それが基本的人権。
エスパー魔美のお父さんの言葉を思い出します。
>彼は私の作品にこう言った。
>それに私は怒った。
>これでおしまい。
>それが言論の自由。
これで「おしまい」に出来ずに武器(非物理的なものも含め)を振り回して抹殺にくるキチガイが規制派です。
本人がそう思ってるならそう言ってもかまわないでしょう。それに反論するのはともかく、規制という悪影響を及ぼすから、こういう事を言うのは止めろでは、押井守氏の基本的人権を侵害してしまうのです。
そういえばこんな人がいました。
都条例に賛成していた神崎将臣という漫画家が自作の「聖者は夜やってくる」の単行本後書きで
>規制しなければいつかとんでもない漫画が出てくる
>その時誰が責任を取るのか。
なんて言ってました。
逆に聞きたいです。なんの責任を取るんですか?
漫画オタクのつもりですが、全く知らない作家でしたが、この人の描く漫画は、とんでもなく「つまんなそう」だと思いました。
こんな思いで描いてるんじゃね。

2011-12-01 23:51 from こっちの方が気になります。 | Edit

私の意見として

押井氏の意見もあるけど、私の意見としては”アニメを見るのが悪”という風潮があるのが一番大きいのではないかと思う。
某所で知ったのですが、80年代末までアニメを見るのは当時の若者の一般的な趣味だったのに、89年7月に発生した「宮崎勤事件」の際、”アニメを見るのは現実と空想の区別がつかない犯罪者予備軍”、”晴海コミケでの10万人の宮崎勤”といったネガキャンがおこなわれ、結果的に世間体を気にする一般的な若者がアニメを見なくなり、残ったのがオタクと子供だけになり、これより更に数年後、国が少子化を認めたことにより、アニメの方向性がオタク向けになっていったそうです。
少子化の今、やるべきことは"アニメを見るのが悪"という風潮を取り除く。これではないでしょうか。
(でも、昨今のモンペや・PTAやBPO等によるクレームの嵐があるから、かなり難しいと思われますが・・・)

2011-12-02 00:01 from mikan3rd

しかしまあ利権確保のために、「宮崎勤事件」をダシにして、規制を進めようとする警察官僚って一体なんなのだろうか?自分たちの利益のために、世間の不安をいたずらに煽るのはもはや犯罪ではなかろうか?要するに詐欺だな。日本だけじゃなく、世界的に見てもそうらしいし、なんとかする方法はないものか。

2011-12-02 00:16 from 12434

No title

利権規制派はみかじめ料を納めれば、思想規制派からの番犬にもなりますよね。
それが政治というものかと。
ただし、狼どもを飼い慣らす調教師を業界がまるで育成していないのです。
そうこうしてる内に狼に首輪を付けられかけているこの半世紀。
日本古来の寛容の社会と外国にもらった憲法と人権の温ま湯で甘えてきたツケですね。
たるい氏の活動に期待です。

2011-12-02 00:29 from - | Edit

No title

>アニメを見るのが悪
その考えも大分風化してきましたと感じます。
「電車男」とか信じられないですよ。
オタクが「純朴な良い人」として描かれる時代なんて。
20世紀には「10万人の宮崎勤」だったのにね。
だからこそ規制派も焦ってるのでしょうね。
歌舞伎や文学、スポーツにようになられちゃ手が出せなくなると。

2011-12-02 00:33 from - | Edit

コミケ・イコール・オタクの祭典という概念はありますが、宮崎死刑囚事件の時より参加者増えていますし、オタクの枠にはまらない若い世代も増えていますよ。
私、宮崎死刑囚事件以前からコミケに参加していますから。
警察は「漫画やアニメのせいに出来なかった事」をいまだに根に持つているんですよ。

2011-12-02 00:42 from H(原稿中)

「今のアニメはコピーのコピーのコピー」押井守発言に対する海外の反応
http://asnyaro.blog129.fc2.com/?mode=m&no=378&cr=78b9ff32348729054fd48f34a3ae64e4
海外の反応を訳したサイトがありましたので一応
向こうの人達も同じように感じたっぽいね

2011-12-02 02:30 from Y.K.@

>名無しさん
調べてみたんですが、「10万人の宮崎勤」はどうやら(有名な?)デマのようです。
ただ、このデマを今でも信じてる輩もいるのを考えると、アニメや漫画に対しての偏見が無くなっていないですね。

2011-12-02 09:13 from ラビ | Edit

No title

まあ終わりかけている話を再燃させるのも気が引けますが…改めて皆さんのコメントで思ったことを書きます。
16:34の.さん
まさにあなたの言うことは正論ですね、
>いい加減、実体の無い「最近のアニメは萌えアニメばかり注目される」と言うのは止めませんか。
萌えの要素はたしかにどんな作品でもストーリーものでもありますが、昔とてそういった要素はありましたから「何で今の作品ばかり叩くんだ」と言わざるをえません。
私の例の富野信者の友人が「今の萌えアニメなど評価するに値しない」と言っていたのでよく口論になりました。ガンダムやマクロスを見たら絶対に君もそう思うとも言われましたが、私はどちらも見ましたが、彼の言うことはおかしいと言う意見は今も変わりません。ちなみにその友人はマクロスFは全く話や世界観について行けないので見るのやめたと言っていましたが、あれも正式なマクロスの続編なのにね…と思います。
>硬派だと自認する人は人一倍努力をせねばならないのであり、その努力の方向はバッシングでは何もうまない事を理解していただきたいですね。
ここに来る人ならわかっているでしょう。
来れもあなたの言うとおり、コクリコ坂からを見ましたが、何だかな…という感想しか持てませんでした。もう宮崎アニメはオワコンだな…と私も思います。
しかしあなたは今年のハーレム系は「IS」と「はがない」位だと言いますがそれは少しアニメを知らないのでは? (はがないはハーレム系と聞くと私は違和感を覚えます)やはりU系アニメはまだエロゲー出身の「まじこい」「ましろ色」や「マケン姫!」などのハーレム系はやはり目立ちますし、「アイマス」「神のみ」などのU系以外でもギャルゲー出身やハーレム系漫画のアニメはあります。しかし昔に比べれば本当に減って、水無月さんがコピーした私のコメントの通りそんなハーレム系は全体の3~4分の1程度位になると思います。
こっちの方が気になります。さん
あなたの言うことも至極正論です。
>本人がそう思ってるならそう言ってもかまわないでしょう。それに反論するのはともかく、規制という悪影響を及ぼすから、こういう事を言うのは止めろでは、押井守氏の基本的人権を侵害してしまうのです。
こういうと反発を食らいそうですが。最近私たちは、表現を法規制するのはおかしいから反対しよう、からアニメや漫画は聖書だ! コーランだ! アニメや漫画を批判(バカに)するのは許せねぇ! 神聖なアニメや漫画を批判するやつの意見などみんな差別発言だから言えないようにしちまえ! にだんだんなってきているような気が最近するのは私の気のせいでしょうか…
それでは規制派のカルトと変わらないのではないでしょうか、神聖な子どもを陵辱する漫画を読むのは許せない≒アニメや漫画を悪く言うのは許せない、だと思います…コン研の人達が私たちが先鋭化するとAPPのようになると言うのはそのことではないでしょうか…
まあこの件を受けて私たち一人ひとりが、自分の人権、表現規制はなぜしてはいけないのかを改めて考えていく時に来たのではないでしょうか…

2011-12-02 17:59 from シンタロウ | Edit

作品に対する評価や批判はすべきですよ、私は昨日から考えましたが押井氏の主張をひとつの意見として捉えました。
それに個人がどう作品に対して思うかは基本的人権があるので自由、規制派も個人レベルなら問題ではない。
ですが、押井氏のように世間である程度地位を築いた人はよく考えて発言して欲しいですね、石原都知事や橋下市長もですが。

2011-12-02 18:08 from CB | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.