【知財編】TPPと創作物規制の関係性 その1 - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【知財編】TPPと創作物規制の関係性 その1

■兎園さんのTwitterからメモ。

fr_toen 外務省HPより。環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉。http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/index.html

fr_toen 同ページより。TPP協定において慎重な検討を要する可能性がある主な点(平成23年11月)(pdf) http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_03.pdf

fr_toen 同資料より。「TPP協定交渉参加国間のFTAには,我が国法制度とは整合的でない,例えば以下のような規定が存在…このような規定が採用される場合には,慎重な検討が必要…③著作権:我が国制度よりも長い期間,著作権を保護…④ 刑事手続:著作権侵害につき職権で刑事手続をとることを可能に」

fr_toen 同ページより。TPP協定により我が国が確保したい主なルール(平成23年11月)(pdf) http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_02.pdf

fr_toen 同資料より。「ACTA…と同じ水準の規定がTPP協定に盛り込まれることになれば,我が国とのEPAで知的財産章のないブルネイや,模倣品・海賊版対策に関してACTAの関連規定と比較すると水準が低いものになっているマレーシア及びベトナムにおける模倣品・海賊版対策が強化・改善」(続)

fr_toen 同資料より。(承前)「事業者同士のライセンス契約に政府が介入すること(ロイヤリティ料率規制等)の禁止や技術開示に関するルールの整備等につき,TPP協定に何らかの規定が盛り込まれることになれば,我が国企業が海外において技術を守り,技術で稼ぐ環境を整える上で有益」

fr_toen この資料、知財に関しては始めから切り捨てる気満々としか読めませんが。ふざけてんのか、こいつら。

fr_toen 対外交渉力など無論なく、対内調整力すらおぼつかないのでは、条約交渉なんて事前協議すらままならないだろうに。いつものことながら、この国の偉い人たちの考えていることは良く分からないよ。


fr_toen これだけ騒ぎになるとTPP問題自体何かのデコイなんじゃないかという気もして来るが、そんな戦略を立てられる人間がこの国の中枢にいるならこんなメチャクチャな状態になっていないよなと。


■samayou rizさんのTwitterからメモ。

24_589 全く以て同感。要は警察庁生安の外圧利用。 『福井氏: 前略)日本にとってTPPとは、実は外圧を利用して国内政策を変えたい「ポリシーロンダリング」の面が大きいのでは。』 【「TPPで同人誌は消えるのか?」シンポジウムで激論 #blogos】 http://news.livedoor.com/article/detail/6005202/

hiroujin アメリカが70年以上も著作権を延長していても、あまり問題がないのはフェアユースの効果が大きいだろう。アメリカなら青空文庫なども、大っぴらに認められるのだ。非営利や公的な目的には侵害適用除外規定のようなものを作ったりするのも手だろう。何にせよ消費者サイドの運動の盛り上がりが必須。

samayouriz 日本じゃ絶対存在しえないからなぁ(苦笑) →フェアユース http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9

YuugaoHimawari 現状非親告罪になったらフェアユースを導入しも同人はやはり黒だな。商業規模をいう前提条件を追加しても通信販売がある以上、商業規模から除外することは難しそうだな

samayouriz プロジェクト・グーテンベルク http://t.co/r132K9WE

samayouriz あー、なるほどねぇ。 →>1998年、ソニー・ボノ著作権延長法によって著作権の保護期間が20年延長された。これにより、延長期間20年分のアメリカの作品は、パブリックドメインと見なされなくなり、プロジェクトに加えられることはなくなった。

samayouriz ミッキーマウス延命法にも関わっている問題と言う事は良くわかった。そりゃ阻害されるわな。

samayouriz >オーストラリアは2004年に全ての保護期間を個人の死後または法人の公表後70年に延長した(その結果、オーストラリアのプロジェクト・グーテンベルクは事実上の活動停止に追い込まれている)。ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97…

samayouriz @84oca なるほどー。嫌な話ですが、本当ウォルトのせいなんですね;しかし金ばかり目を向ける条約や法制度はいい加減にしてほしいものですなぁ。 TPPも根源がこれっぽそうですなぁ;(複合要因だとも思いますが;)

samayouriz そりゃそれだと企業が儲けれないからw RT @kemono256 【戯言】著作権の保護期間って死んだら切れていいと思うんだがなぁ(だって当の本人の利益じゃないもん、たかる親族になんかに死後搾取されたくないだろ)

samayouriz @isami_ichifuji ウォルト本格的に潰れてほしいと思えてきました。そのせいでソニー/レコ教界隈も乗っかって非常にうざいですし。

samayouriz 現行の著作権こそ創作物を殺す癌みたいなもんだと思うけどなぁ。作者本人が気づいていないうちに蝕んで死に至らしめる点とかぴったり。

YuugaoHimawari @noshin1985 理想はたとえ非親告罪化受け入れてもフェアユースの導入+特定条件下ですね。ちなみに台湾はこんな感じです。http://www.copyrightnote.org/crnote/bbs.php?board=11&act=read&id=126 (下に日本語訳)やはりちょっとアレですが、飲まなければならない当時の状況を考えればなんとか妥協できる感じ。

24_589 @84oca 著作権絡みの利権を警察庁に持って行かれるシナリオが現実味を帯びてきてますしね。トントン拍子だったんで文科省は利権の移譲を承知済みなんだと思ってたんですが、単に理解してなかったんですかねぇ・・・。

24_589 @84oca @samayouriz というか、超軽量首相で合議制のスピーカに過ぎない訳で。本人がどうこうより、裏に居るひと達(誰だか知らんけど)が汚れ役として使えるうちはボロ雑巾のように使うのは確実のよーな・・・。

samayouriz てか、一般人や議員さんの方が問題点理解していて政府や官僚が問題点理解していないこの国って一体…。

hiroujin もう一点。現在出ているTPPや「日米経済調和対話:米国側関心事項」での著作権非親告罪化はあくまで海賊版や模倣品を対象にしている事をもっと注視すべき。アメリカは二次創作とそれらを明確に分けている。日本はそこが曖昧なので、同人などが巻き沿いを受けている。両者の区分化と定義を明確すべき

24_589 マンガ同人界の偉大な先人たちには畏敬の念を禁じ得ないが、『著作権の問題をなぁなぁにして誤魔化す』という対応を選択し続けた事はヘタすると致命的なほどの失策だろう。フェアユースさえままならない現状は、そのツケが回ってきた結果でもある。

24_589 これはマンガ規制やゲーム規制の(ごく一部のおかしな人々からの)大合唱に対し、正面から反論せず適当に頭を下げてやり過ごしてきた姿勢とも合致する問題。先送りは籠城戦と一緒で、やり過ごせば反転攻勢が可能な場合にのみ有効な手段となる。それがなければただ傷口を広げるだけに過ぎない。


TPPと知財の関係性について反対意見の参考にしてください。

≫hiroujin もう一点。現在出ているTPPや「日米経済調和対話:米国側関心事項」での著作権非親告罪化はあくまで海賊版や模倣品を対象にしている事をもっと注視すべき。アメリカは二次創作とそれらを明確に分けている。日本はそこが曖昧なので、同人などが巻き沿いを受けている。両者の区分化と定義を明確すべき

特にこれは重要ですので絶対に指摘しておくべきです。
日本の政治家でこれを理解できる人がどれだけ居るかは疑問ですが・・・。

24_589さんのツイートは業界関係者(同人含め)に伝え早急に動く様に御願いしてみましょう。

TPPは表現規制の問題でもあります。同人誌の問題とか、民主党の存在意義についてとか。しかし、TPPを表現規制という視点から反対するのはこれまた難しい。表現規制の問題が、世間で知名度が低いのは残念でなりません。同人誌の問題が、事実上二の次にされるのも歯がゆいところ。しかし、比較的にマイナーな問題でもないがしろされてはこまりますね。テレビタックルの三宅先生とかは、「下らない漫画なんかどうでもいいだ!」とかいいそう。しかし、問題なのは政治家にもそういう発想の人がいると思われる点です。

2011.11.11 Fri l 12434. URL l 編集


サブカルチャーというのは良くも悪くも市民権を得ていないので蔑ろにされ易いんです。

出版社や表現者が長年「政治活動」から逃げてきた「ツケ」が回ってきたという事ですね。
これは「同人」も同じで「規制されたら描かなきゃ良い」という無責任さが招いた結果です。



No title
城内 実 代議士のブログより

◎ 政 治 ◎ 米倉経団連会長の発言

米倉氏は、米モンサント社と長期提携契約を結んだ住友化学の会長である。モンサント社といえばかつては枯葉剤製造でベトナム戦争に「貢献」し、今は遺伝子組み換え作物の9割を生産し、世界中に広めようとしている会社である。

http://www.m-kiuchi.com/2011/11/07/yonekurakeidanrenkaityounohatugen/

2011.11.10 Thu l . URL l 編集

No title
>米倉氏は、米モンサント社と長期提携契約を結んだ住友化学の会長である。

推進派の急先鋒はメフィスト・フェレス(米モンサント社)と契約している哀れなファウストだということがわかった。

2011.11.10 Thu l じょも. URL l 編集

モンサントはユニセフとの関係もありましたね。アン・ベネマンさんでしたっけ? 間違えていたらごめんなさい。

2011.11.10 Thu l an. URL l 編集

No title
>モンサントはユニセフとの関係もありましたね。アン・ベネマンさんでしたっけ? 間違えていたらごめんなさい。

TPPがサバトの宴に見えてきた。

2011.11.10 Thu l じょも. URL l 編集


モンサントにアン・ベネマンですか胡散臭いにも程がある(苦笑)。
アン・ベネマンは日本の「表現の自由」に口を出してきたり「BSE」の問題にも絡んでたり超危険人物です。

こういう名前が出てくる時点でTPPは危険と判断せざるを得ませんね。
規制派の常套手段ですし「外圧」に利用されるのは間違い無いと見ておくべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

別エントリーでも書かせていただきましたが、拡散のためにこちらでも。
涙のファシズムの危険性をタモリ氏が1989年に警告!今こそ涙(笑顔)のファシズムに警戒せよ!
(20)タモリの一言でブーム終焉となった「一杯のかけそば」
http://megalodon.jp/2011-1115-1739-12/gendai.net/articles/view/geino/133616
(開始)
そんなかけそば一色の中、ひとり反旗を翻したのがタモリだった。5月19日の「笑っていいとも!」で「そのころ150円あったら、インスタントのそばが3人前買えたはず」「涙のファシズム」とうさんくささを指摘した。
この発言がキッカケとなり、ブームは翌6月には終焉(しゅうえん)を迎える。その4年前に作者を居候させた滋賀県のそば屋主人が、雑誌に告発したのだ。店主の話によると、栗はホラ吹きで「北大医学部卒の医学博士の小児科医」と詐称し、近所の住民に医者紛いの行為をし、薬代をだまし取ったりしていたという。店主自身からも自動車を買う代金として10万円を借りたまま姿を消したと訴えた。
(終了)
タモリ氏「一杯のかけそば」を「涙のファシズム」と批判!これは2011年でいえば高岡蒼甫氏の「8はマジ見ない。」と同じことをしたものです。高岡蒼甫氏と同時期なら「いいとも!」の打ち切りどころか、タモリ氏自身の身の安全さえ約束できなかったでしょう。アグネスよ!このことについてどう説明責任を果たす気か?
[+] 俺視点 - GOING MY WAY
その募金ちょっと待った!?アグネス・チャンと黒柳徹子の違い?
http://oreshiten.blog47.fc2.com/blog-entry-241.html
(開始)
アグネス・チャンさんが「日本ユニセフ協会大使」を務める日本ユニセフ協会は、国連ユニセフを支援する事を目的とした民間団体です。
「ユニセフ」という名称から、国連ユニセフの日本支部と思われがちですが、直轄の機関ではありません。
国連ユニセフ直轄の駐日代表部や東京事務所は別に存在します。
日本ユニセフ協会がこれを周知させていないために、一般人はもとより関係ボランティア団体さえも「国連組織」と誤解しています。
ちなみに黒柳徹子さんが務める「ユニセフ親善大使」は、国連ユニセフが直接任命したもので、東京事務所がサポートしています。
(終了)
櫻井よしこ氏は以下の言葉で警告しています。
>「弱者保護」を声高に叫ぶ彼らにとって、弱者とは実は、自らが利権や影響力を手に入れるための使い捨ての道具に過ぎない。
↓これを具体的に警告したものです。
自らを弱者・被害者側に置き世論操作を図るしたたかな雅子妃とその周辺:ご病気カード=特亜の歴史カード
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/540858/
以下もご覧願います。
日本ユニセフ協会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1064.html
犯罪増加という煽り(性犯罪)
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/45.html?guid=on#id_a841deb1
ここでの追記
このように「これは変だよ!」といえる空気を破壊している昨今、一体何なのでしょうか?これを実際やって結果取り返しの付かない失態を犯したのが東電です。東電は原発を「安全です。」とふいて歩いていましたが、いざ東日本大震災が来るや否や脆くも崩れ去りました。
当時のタモリさんのようにおかしな風潮に異議を唱えられるように是正してほしい。さもないと悠仁天皇潰し・愛子女帝への規定路線化を促し、創価学会が国教になります。なぜならば雅子さまは創価学会と接点があるからです。創価学会は中国共産党の傀儡セクトであり、創価学会に乗っ取られたということは、すなわち中国共産党に乗っ取られたことを意味します。

2011-11-15 18:28 from モッコウバラ | Edit

ひさしぶりにコメントします。
皆さんは孫子と言うお方をご存知ですか?

2011-11-15 20:41 from パワプロ

>パワプロさん 
しばらくぶりです。 
>孫子 
それは、孫武としての孫子ですか? 
それとも兵方書としての孫子ですか? 
いや、ちょっと気になったものでして。

2011-11-15 20:58 from ロック好き

ロック好きさん
お久しぶりです。
兵法書の方です。
実はつい最近ヒストリーチャンネルで孫子の特集(正確には中国特集)番組がやってまして、それを見て孫子の兵法書はこのサイトの活動に役に立つのでは、と自分は思ったのですよ。
下のリンクは兵法書の解説サイトです。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/7769/kr/kr4.html

2011-11-15 21:21 from パワプロ

パワプロさん>
やってますねぇ特集
いつもながら見なんでまだちゃんと見てないですが

2011-11-15 21:48 from Y.K.@

Y.K.@さん
お久しぶりです。
興味があるなら、再放送するとは思いますが、直接本屋で買うか図書館で読む方がいいと思います。

2011-11-15 22:04 from パワプロ

No title

【佐藤優の眼光紙背】アメリカに対して異議申し立てをきちんとする野 田佳彦首相を外務官僚は全力で支えよ
ttp://news.livedoor.com/article/detail/6029235/
この記事「ふざけるな!!」と思いましたよ。

2011-11-15 22:18 from -

No title

いつもの自民党
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000534-yom-bus_all
 自民党の茂木政調会長は「TPP参加に反対ではない。(11月12~13日にアジア太平洋経済協力会議が開かれた)ハワイでの参加表明が拙速だと判断した」と反論した。
ここにはいないからいいが、これを見ても自民党がTPPに反対していると言える人らはアホかと。
自民党の政調会長というえらい人が言ってますね
TPP参加に反対ではないと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000111-mai-bus_all
まだもめてるんだぜ自民党は。
これで政権交代しても同じだろうよ。
TPPに関しては政権交代しても変わらんな。
どっちも同じだもの。

2011-11-15 22:27 from -

No title

一枚板にはなれないのは民主党も同じでしょう。
賛成派議員を斬り、反対派議員を応援しましょう。
最近は山本一太議員の株が急上昇です。

2011-11-15 23:25 from - | Edit

No title

特に優先して意見を送るべき人物等を教えてください。

2011-11-15 23:30 from tomo

民主、自民に限らずに有能でこちらの味方になりそうな政治家は応援しましょう。

2011-11-15 23:34 from パワプロ

No title

農相答弁に慌てる首相…TPPで認識不一致
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000985-yom-pol
鹿野農相
「交渉参加を前提としたものではないと理解している」

野田総理
「交渉に入らないという前提もないし、入るという前提もない」
本音は参加させたくない慎重派の鹿野氏と
参加したいけど周囲から叩かれるので「逃げ」を作っておきたい推進派の総理。
総理の慌てっぷりがまるで子供の言い訳みたいだな。
TPPのせいで完全にバラバラになった。
当初、野田総理は「党内をまとめる」事を重点に置いて人事を選んでいたはずだがな。
>最近は山本一太議員の株が急上昇です。
DL違法化刑罰にも警告を鳴らしている点は驚いた。
確かにTPPとDLでかなり高評価。
できれば他の危険法案にも慎重派であって欲しいですけどね。

2011-11-15 23:34 from 神浪(旧名:kannami)

〉野田総理
本気で党内をまとめる気がこの男にあるなら、孫子の兵法書を読んで欲しいな。

2011-11-15 23:45 from パワプロ

>パワプロさん 
おおっ、やはり後者の方でしたか。
私は「三國志」の曹操経由で知りました。
リンク先、拝読させて頂きました。
大変有益な内容で参考にさせて頂きます。
今日は北朝鮮代表に負けてしまいましたが、私はサッカー日本代表がヨーロッパや南米の強豪国と対戦する際の「弱者の戦い方」による「弱者のサッカー」をよく考える様にしています。
しかし、CS放送を観る事ができるとは羨ましいです。今後も色々とリンクして頂けると正直助かります。

2011-11-15 23:48 from ロック好き

ロック好きさん
今日のサッカー日本代表の試合は日本側の慢心があったように感じましたね。
消化試合とわ言え、主力選手を控えさせて置いたのが敗戦の原因の一つだと思います。
孫子の兵法書については、本屋か図書館で借りて読んだ方がいいと思います。
CSの番組が正しいとは限りませんから。
特に管理人様にはこの孫子の兵法書を読んでほしいです。

2011-11-16 00:03 from パワプロ

〉山本一太議員
DL罰則化にも反対の立場の議員でしたね。以前週刊誌で党内のゴタゴタに対して苦言を言ってました。「このままでは政権奪取は無理」と。他のスタンスは不明ですね。

2011-11-16 00:04 from | Edit

〉曹操
孫子の兵法書を解りやすく解読したのは彼ですかね。
しかし、そんな彼も兵法書に書いてある教えを破らなければ赤壁での大敗もなかったのですがね。

2011-11-16 00:10 from パワプロ

>パワプロさん 
劉備軍には諸葛亮孔明がいましたからね~。
あーっ、しまった、そういや「レッドクリフ」観るのすっかり忘れていました(笑)。 
基本的に図書館大好き人間なんで、借りて読んでみます~。

2011-11-16 01:53 from ロック好き

ロック好きさん
諸葛亮の赤壁での活躍は三国志演技の方です。
実際の赤壁の功績者は周蝓ですよ。
赤壁の頃の光明はまだ軍師ではなく、鳳統の死後に軍師になった筈だったと思います。
三国志には史実三国志と三国志演技の二つあるので、二つの違いを詳しく調べることをオススメします。

2011-11-16 02:04 from パワプロ

訂正
諸葛亮が実際に軍師になったのは劉備の死後でした。↓のリンクを参考に
http://www4.ocn.ne.jp/~cozy-opi/sanngoku7.html

2011-11-16 02:32 from パワプロ

モッコウバラ 様
この事実を自民党公明党民主党 議員に伝えるべき

2011-11-16 06:24 from -

No title

〉山本一太議員
自民とハ二垣、馬鹿息子一号、女野駄目は公私の意味で大嫌いだが彼の場合は多少評価できる人物だと思う。

2011-11-16 12:38 from じょも | Edit

>パワプロさん 
私の浅学ぶり…お恥ずかしい限りです。 
ええ、そうですとも、私が読んだのは「三国志演義」羅貫中原作、風間祥介(訳)の方です。 
「史実三国志」の方は高そうなので、こちらも図書館で借りて読んでみます。

2011-11-16 14:20 from ロック好き

No title

f.さん
〉山本一太議員
>「このままでは政権奪取は無理」
彼の言うとおりだと思う。
自民が仮に勝ったとしても過半数には達せず、満足できない結果になる。
つまり、勝ちは勝ちでも大勝または一人勝ちはできないと予測する。
もしくは民主と共倒れするか。のどっちかだ。

2011-11-16 14:43 from じょも | Edit

ロック好きさん
いえ、自分も三国志オタク達からしたら浅学と笑われるくらいの浅学です(笑)。
史実の光明は政治家タイプ(あり、何かと司馬懿と比べられる所は変わりませんが、優秀な人材であったのは確かです。
鳳統がいれければ更に優秀なんですが、彼が戦で戦死し、鳳統の後を継いだ法正が早死にしなければ彼は政治家としての力を更に活かせたと思うと残念でありますが。

2011-11-16 17:48 from パワプロ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.