FC2ブログ

【規制反対活動】出版業界と議員のどちらを優先すべきか? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【規制反対活動】出版業界と議員のどちらを優先すべきか?

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
■[表現規制]コンテンツ文化研究会による8/25院内集会

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110826/1314370992

出版社への働き掛けは、出版労連からだけでは実はかなり弱い(出版労連は真面目に我々の見方をして下さっている)と私は思う。議員へ手紙を送る労力とエネルギーを出版社へ手紙を送る労力とエネルギーに切り替える時期に来ていると、友人から聞きました。議員への手紙はけっこうな量が行っているようであります。残るファクターは出版社です。


出版業界への働き掛けは必要でウチでも書きましたね。
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1728.html

でも、今それをやって大丈夫なのかが心配です。
与党にだけはもう少し意見すべきだと思うが、その辺りはどうなんでしょうか?。

優先順位がはっきりしないと迷う人が多そうです。
カマヤンさんの御意見を聞きたいですね。


■匿名の方から頂いた情報

議員へのメールはしばらく休止した方がいいようですね

悪影響がかなりでている模様

@ohashidaisuke
>小耳にはさんだ話ですが、児童ポルノ法の反対意見や、大量に同じような文章が送られてくるなどの、
>ヒステリックさに「裏に、非合法組織や、反政府団体がいて煽っているのではないだろうか?」
>と言う方もいらっしゃるようです。
http://twitter.com/ohashidaisuke/status/107125050473332736


メールはやり過ぎると逆効果と言われるが「やり過ぎ」のラインが難しいです。
逆にどれだけ送れば十分なのかがはっきりしないので何とも言えませんね。

■匿名の方から頂いた情報

750 名前:名無したちの午後[sage] 投稿日:2011/08/27(土) 15:48:23.17 ID:svDhD1Nk0
>>691
>小耳にはさんだ話ですが、児童ポルノ法の反対意見や、大量に同じような文章が送られてくるなどの、

それ、これでしょ

児童ポルノ禁止法改悪推進議員には投票しません!40
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1259272067/896

896 名前:無党派さん[] 投稿日:2009/12/07(月) 23:21:15 ID:Y1MTAoPZ
>>893
全く同じ文章で10個のメルアドから20通送っといた
これで「なあんだ、ただの嫌がらせか」と流されるだろうな( ´∀`)

2年前から規制派の常套手段だよ>反対派に成りすましてコピペメール連続爆撃

----------------------------------------------

コピペメールが一部で話題になってますけど、APP研にはネットで自作自演をした過去を持つ金尻和也(wiki荒らし、2ch荒らし←?)、森田成也(トロスキーというHNで掲示板荒らし)もいますし、全てがそうだとは言いませんが、規制派による嫌がらせもあるでしょうね。


個人的には規制派というより面白がって煽ってる人の方が多いように思います。

完全に味方の議員には手紙のみで、そうでない人はメールと手紙で良いのでは?。

コピペNGなのは基本中の基本ですが仕方ないですね。
政治活動の素人が殆どな上に纏まりがないので、現時点では止められません。

「○○はダメ」になれば萎縮してしまうというマイナスもあります。

一応「裏に非合法組織や反政府団体がいるのでは?」とか言う議員さんへの対策。

同じような文章が大量に届くケースがあると聞いた、確かにテンプレ化した文章は問題だが、それに対して「裏に非合法組織や反政府団体がいて煽っているのではないか?」と言う議員が居るそうですが、事実無根で失礼極まりない。反対派は推進派と違い金もコネも無く実生活の空き時間に御願いをしている。普通の人は政治活動をする時間など限られている。その位は理解して貰いたい。「メール」という手段は唯一政治家と手軽に繋がれるツールなる。これ程の量がくるのが稀ならばそれだけ問題のある案件という事だ。一部の活動家だけではなく全体の声を聞くのが政治家の仕事ではないか?。


こういう感じの内容を「丁寧な文章」でメールに付け加えればいいのです。
問題のある行動をする人が居るのは頭が痛いが、こうして武器にも出来ます。

私も地元の議員を中心に、電話などで、直接、話を聞いて貰った事があります。
本気で日本ユニセフ協会などを「一般人代表」のように思っている議員は多いです。

議員さんも一人の人間なので、そういうつもりで接しないと失礼になります。
しかし、普通の人と比べると、どこかズレている人もいるのですよ。

要するに「いちいち気にしてたら何も出来ない」ということ。
こちらの状況を伝えても「非合法組織が~」なんていう人が居たら切り捨てればいいのです。

ついでに書きますが、現在「メール」の是非が問われてますね。
反対活動の「質」「量」を両立するのは非常に難しい問題です。

しかし、繰り返し言ってますが「萎縮」させるような声が続くと本当に潰れます。

最前線で動いてる人達に喧嘩を売るつもりは無いので誤解しないでもらいたいが・・・。

「○○は悪法だ」と思っても実際に行動に移す人は稀です。
大半の人は政治なんかには深く拘りたがらないものなのです。

政治に関心を持つ→(例えば)児ポ法に疑問を持つ→メールでも送ってみようかな。

ここまで進むのには大きな一歩を踏み出さないといけません。
まして「手紙を送る」とか「電話をする」のは非常に勇気の居る行動です。

「メールは送るな」となると行動してくれる人の芽を摘み取ってしまう事になってしまう。
ただでさえ状況は悪いのに、そうなったら本当に終わりです。

これは予想というか確信に近いが、このまま自粛ムードが続くと都条例の時の再現になります。

そういう事も考えた方が良いと思うんですよ。
最前線で動いてる人達には、違った言い分があるのは承知してますけどね。
このままだと、最前線も支援する側も共倒れになるのは目に見えてます。

■その2のデビルメイクライさんから頂いたコメント

みんなしてさぁ、なんでメールを出す出さないなんて低レベルなところで議論してるの?
すでにそんなレベルは遥か昔の話。
闇討ちの如き奇襲で来る敵の攻撃を素早く連絡するのに最適な手段は何?
手紙?
電話?
俺はメールだと思うけど。
手紙じゃ間に合わない。
電話だって大量に来れば応対で迷惑なわけで。
なら素早く連絡が出来て情報も載せられるメールがベストでしょ。
メールを送るなって言ってる人は規制派の動きを事前に察知できるってことだよね?
前線が要求していることにさ、送る送らないじゃまったく応えられてないんだよ。
送ったら迷惑で、送らなかったら賛成が多いって見なされるんだから、送って読まれて有効打になることを考えないといけないんでしょ。
少し問題点を整理しようか。

問題となっているのは
行動があった時「だけ」「知らない人」から大量に届くことなんだよ。
まずは面識が無いから読まれないのだから、まずは議員に会うか、季節の挨拶でいいのでハガキを書くことだな。
もちろん手書きで、字が汚くても読めればいいよ。
大量コピーみたいなやつじゃ意味が無いから、全て手書き。
とにかく名前を覚えてもらえばメールを見てもらえるようになる、
さすがによく挨拶が来てる人の物を無視は出来ないからね。
そこの挨拶に私は児童ポルノについてこういう点が問題だと考えております。
つきまして、何かデータがあれば都合を見てメール等にて送らせていただきたいと思いますがよろしいですか?って書いて送るんだよ。

次は相手をよく見ることだ。
特に興味の無い人にいきなり反対しろではなく、データを持ってどうお考えですか?くらいで止めておけばいい。
もちろん明確に反対の人には最新のデータです、どうぞくらいの勢いでいい。
興味の無い人にはまずは正しい情報を教えることだ。
その上で相手の考えを聞いてから説得する。
これは前線組が主にやってほしいことだが、自分でも地元の議員に会いに行くときにできる。

その時だけ大量に来てまた来なくなるから問題なのであって、例えばその後も違う話題でメールを送ればいい。
議員だって表現規制だけやってるわけじゃないんだから。
要するに、表現規制の問題があるときだけでなく、常に議員を見て最低夏と冬の挨拶くらいして常に見ていますアピールをするのが大事だってことだ。

そういうさ、数という要素を有効にできるやり方や下地作りを考えような。
少なくとも相手にはほとんどない生の声なんだから、それを無駄に終わらせてたら勿体ないだろ。
そして活動自体が個人に頼っている以上、個人が変えていかなければならない。
全体の7割がそれをできていれば残りが多少悪くても何とかなる。
この先どうなるかは各自次第だな。




さて、話は変わって「みんなの党」についてひとつ情報を。
メールでやり取りしたもので公開の許可を貰ってないので「匿名の方の情報」とします。

ちなみに「みんなの党」について誤解されている方がいるようなので、一つ情報提供をいたします。

みんなの党のアジェンダとはホームページにも上げられている「脱官僚」「地域主権」「生活重視」の3点です。
これに賛同するのが公認条件であり、児ポ法や創作物規制は全く関係ありません。
そうでなければ山田太郎氏の公認の説明はつかないでしょう?

表現規制は我々に大きな問題かもしれませんが、政治全体から見れば極めて些細な問題なのは事実です。
我々が表現規制問題を第一にして行動するのは間違いではありませんが、「世間も同じである」と考えて行動するとイタイ事になってしまいます。


これには注意をしておかなければならないでしょう。


これは貴重な情報で覚えておくと良いでしょうね。
食わず嫌いはいけないので「みんなの党」にもアプローチすべきです。

後藤啓二は「脱官僚」とは真逆な気がするが(苦笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

No title

いつも更新お疲れ様です。
ですがちょっと意見させてください。
>同じような文章が大量に届くケースがあると聞いた(中略)
>こういう感じの内容を「丁寧な文章」でメールに付け加えればいいのです。
>問題のある行動をする人が居るのは頭が痛いが、こうして武器にも出来ます。
これはあまり良くないと思います。
理由は以下の通りです。
(1)そもそも量が多いので、議員さんはメールそのものに目を通していない可能性が大きいので効果が期待できない。
(2)どういう書き方をしても「お前は意見を聞くのが仕事だ」みたいなメールを見知らぬ人から貰えば、例え議員でも普通の感覚の人であれば頭に来てしまう。反対派に対する嫌悪感から、逆に規制派になりかねない。
カマヤンさんも指摘しているようにすでに多くのメールが議員さんの所に行っているので、一ヶ月ぐらいは休止して、他の事(出版業界への働きかけ)に力を注いだ方がいいと思います。
せっかく出版労連が業界への働きかけをしようというのに、これへの援護をしないというのは問題ですし、もしこれで出版業界が動けば大きな力になりますから。

2011-08-28 00:57 from not | Edit

No title

そういうこともあるから手紙で送るほうがいいと思うぞ。
さすがにコピペで送るっていっても毎回切手代と封筒代と紙代がかかるものをわざわざ愉快犯が送らないだろう。
放っておけば悪いほうに行くし、やりすぎても逆効果なのは分かる。
だからこそ月1くらいで手紙を出すほうがいい。
まあ、何も無ければ夏と新年の挨拶くらいでいいと思う。
とにかく議員とはラインを維持しておくことが大事だろう。
動いて欲しい時に情報提供として手紙を送るとかな。

2011-08-28 01:22 from その2のデビルメイクライ

No title

notさん
出版労連への援護はいいと思うのですが、
>一ヶ月ぐらいは休止して、他の事(出版業界への働きかけ)に力を注いだ方がいいと思います。
これには賛同できません。
都条例のときも雑協等が動きましたが、
こちらからの議員さんへの働きかけを弱めたらあっさり可決されました。
法案が通るか否かは最終的には議員さんしだいである以上、
議員さんへの働きかけを休止してしまえば水無月さんが仰っているように都条例の二の舞になりかねません。
>(1)そもそも量が多いので、議員さんはメールそのものに目を通していない可能性が大きいので効果が期待できない。
そもそも量が多いからとメールに目を通さないような議員さんは
少なかったとしても結局目を通さないと思います。
そういった方は味方になってくれることはないでしょうし、
中立であることもないだろうという気がします。
基本的に問題に無関心であれば法案に賛成はするでしょうから。
ですが、だからといってメールに効果がないともいえません。
賛成派だったとしても反対意見が多ければそれだけでプレッシャー程度にはなるかもしれませんから。
>(2)どういう書き方をしても「お前は意見を聞くのが仕事だ」みたいなメールを見知らぬ人から貰えば、例え議員でも普通の感覚の人であれば頭に来てしまう。反対派に対する嫌悪感から、逆に規制派になりかねない。
国会議員の仕事は国民の意見を聞きそれを反映することです。
それを丁寧に言われて頭に来る様な人は上記と同じく中立であることすらないでしょう。
水無月さんが書かれているような文(勿論丁寧な文章込みで)で頭に来る様な方なら、
多分権威重視の方でしょうから最初から規制に賛成してくると思います。

2011-08-28 02:08 from あみ | Edit

私は手紙送付とメールについて一時休止等を一切行うつもりありません、が、通常国会が閉会するので昨日から三日間のみ休日にしてます。
私はほとんど手紙メインで送ってますね、メールは手紙の捕捉的役割をしています、皆さん都条例騒動時の11月の松下都議の言葉を思い出してください。
反対意見要望の送付を辞めてしまえば付け入る隙を与えて規制派の思う壺です、各自で自分のルールを作り手紙やメールの送付を行ってください。
私は自分なりにあらゆる媒体からデータを集めて議員向けの規制反対資料情報集を製作しています、結構プリント用紙がいるので厚くなりそうです。

2011-08-28 03:06 from CB | Edit

No title

あみさん
>議員さんへの働きかけを休止してしまえば
>水無月さんが仰っているように
>都条例の二の舞になりかねません。
都条例の時、一体何が起きたのか下記の記事を読んでください。
「漆黒」とかいうバカのせいで戦線が大幅後退している模様
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20101127
味方を背中から撃ってる状況は決して良くはないです。
反対派議員の中心人物の一人である宮崎タケシ議員もこう苦言を呈しています。
http://twitter.com/#!/MIYAZAKI_Takesh/status/83377287734628352
>児ポ自公案に反対というメールを大量に頂いている。
>他の議員にも大量に届いているようだ。
>とはいえ、逆効果にしかなっていないのは誠に残念だ。
反対派の議員からも問題視されているという現状は直視しなければなりません。
また都条例の二の舞といわれますが、どうして可決されたのか敗因分析をしていますか?
藤本由香里先生も推薦されたカマヤン氏の総括を是非一読してみてください。
都条例敗因分析 何ができていなかったか/今後何をすべきか
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20101217

2011-08-28 03:15 from not | Edit

No title

メールに関しては、色々考えさせられますが、萎縮して送らなくなる、ということだけは避けたいですね。
拙くても、自分の意見を自分の言葉で訴えれば、例え似たようなメールが大量に届くことになったとしても、誠実な議員さん・秘書さんなら、きちんと対応してくれると思います。
さて話は変わって、
以下の記事の内容が、使えるかなと思います。
性表現規制を語る前段階として
http://news.livedoor.com/article/detail/5812123/?p=1
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/50/0d/fbfba676a21b5a46fffa7970a14340c9.png?random=22ccbca50a95fa9c6c2059d47d462a49
やはり日本の数値の低さは群を抜いていますねー
そして、単純所持規制国といえば・・・

2011-08-28 03:22 from au | Edit

No title

意見を聞くのが当然だ、というのは相手も人間である事を見落としてます。
これについてカマヤン氏はとても強く戒めています。
都条例敗因分析 何ができていなかったか/今後何をすべきか
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20101217
礼儀正しく振舞う。「政治活動」系・「市民活動」系の人々は、存外、議院や議会への振る舞いがぞんざいであることが多い。
議員を人間と見なしていないことが多い。そのため当然に議員から信頼されず、結果、議員・議会への影響力が非常に乏しいことがしばしばある。そうなっては目的を全く達成できない。

2011-08-28 03:25 from not | Edit

No title

notさん
そもそも漆黒の騎士団とやらは愉快犯であって味方ではありませんでしたよね?
あれを理由にメールを送るなはおかしいと思いますよ。
>意見を聞くのが当然だ、というのは相手も人間である事を見落としてます。
上でも書いていますが、
国民の意見を聞き国会の議論に反映することは
国会議員のみの権利でもあり、同時に義務でもあります。
というか議員の仕事は本来これだけです。
そしてそれが仕事だからこそ、適切に反映させるための調査権などが付随している訳です。
意見を聞く仕事の方に意見を言うのが相手を人間とみなさず悪いというのなら
極論ですが、店で店員から物を買うことも悪いことになります。
というか、そもそもあなたが引用した部分を見ても礼儀正しく振舞うことを求めてはいても
意見を送るなといっているようには見えません。
それから、CBさんも指摘されてますが
都条例が一度否決された後メールなどがこなくなったと指摘された議員の方も居られたので
今送るのをやめたらやっぱり都条例と同じになる可能性があると思うのですが。
また、仮に出版が動いたとしても議員さんが動かなければやっぱり通ると思いますよ。
都条例のとき雑協などの出版側やちばさん等の作家側が反対しても通ったのを忘れないでください。

2011-08-28 04:23 from あみ | Edit

No title

あみさん
>そもそも漆黒の騎士団とやらは愉快犯であって味方ではありませんでしたよね?
愉快犯ではありませんよ。
彼らも味方のつもりでした。
そして受け取る議員からはその区別はつきません。
>国民の意見を聞き国会の議論に反映することは
>国会議員のみの権利でもあり、同時に義務でもあります。
その理屈が正しいなら、彼らは自分の選挙区の国民の言う事だけを聞いていればいいという事になりますよ。
議員を選出しているのは、それぞれの選挙区の国民である事を忘れていますね。
>意見を聞く仕事の方に意見を言うのが相手を人間とみなさず悪いというのなら
意見を聞いて欲しいなら、まず相手の気持ちを考えないと駄目だと言っているのです。
「お前は私のいう事を聞くのが当たり前だ!」
そんな態度や心構えの人の意見など、誰も聞く耳持ちませんし、反発するだけです。
>都条例が一度否決された後メールなどがこなくなったと指摘された議員の方も居られたので
カマヤン氏も指摘しているように、メールは現時点でもう十分に来ています。
その時点で、都条例の時とは全く状況は違います。
また都条例の敗因はメールではなく、ちゃんと議員に会う人達が少なかった事です。
都条例敗因分析 何ができていなかったか/今後何をすべきか
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20101217
我々や出版の側で、生に議員と対面して対話した人の絶対数が、存外少なかったことは敗因である。議員が直接動けない件について、規制反対のために支援者が代わって行なえることはしばしばある。そこが今回、見かけよりもずっと乏しかったと判断できる。

2011-08-28 04:36 from not | Edit

No title

アパホテルといういいホテルがあると知り、なんとかそのホテルのHPを調べてみた。
・・・が、そのホテルの社会貢献活動で日ユニと協力し、その募金箱まで置いているので嫌な気分になった。(溜息)

2011-08-28 04:55 from - | Edit

No title

notさん
>受け取る議員からはその区別はつきません。
こちらはまだわかりますが、それもきちんと指摘していけばいいことではないでしょうか?
また、>彼らも味方のつもりでした。
とのことですが、当時の彼らの発言を見た限りではそう思えませんでしたが。
>その理屈が正しいなら、彼らは自分の選挙区の国民の言う事だけを聞いていればいいという事になりますよ。
なぜそうなるのでしょうか?
国民とは少なくとも日本国籍をもつものであって選挙区は関係ないはずです。
>意見を聞いて欲しいなら、まず相手の気持ちを考えないと駄目だと言っているのです。
「お前は私のいう事を聞くのが当たり前だ!」
そんな態度や心構えの人の意見など、誰も聞く耳持ちませんし、反発するだけです。
こちらが礼儀正しく振舞う、というのは先程のコメントに直接は書いてませんでしたが当然前提としています。
ただし、その上で議員が意見を聞くのもまた仕事なのですから当然でもあります。
そしてそれが仕事だからこそ様々な特権があるわけです。
先ほども例にあげましたが、
例えば店で物をが買うときに店員がレジ打ちしているのを見てそれが特別なことだと思いますか?
店員も客も普通は特別に思わないしそもそも意識しないと思います。
意識しないくらい当然のことだということです。
もしもわざわざ聞いてやっているというような態度を取る様な方なら、
その方は議員の仕事が何なのかを根本的に理解していないことになります。
そのようなこちらだけに礼儀を求めるような方はそもそも規制に反対してくれるとは思えません。
議員とはあくまで立法権をもつ公務員であって、本来国民との間に上下関係もないはずです。
>カマヤン氏も指摘しているように、メールは現時点でもう十分に来ています。
その時点で、都条例の時とは全く状況は違います。
カマヤンさんが十分だといっているから十分というのはちょっと違うと思いますが。
それに、都条例の時も否決されてすぐに来なくなった訳ではないでしょう。
>また都条例の敗因はメールではなく、ちゃんと議員に会う人達が少なかった事です。
会う人たちが少なかったというのはあくまで一因であって、
メールなどが関係ないという訳ではないと思います。
先ほどと同じく、あなたが引用した部分にも
もっとも大きな敗因が生に議員と対面した人が少ないこととしか書いてないですし、
敗因にメールなどが関係ないとは読み取れませんよ。

2011-08-28 06:12 from あみ | Edit

No title

連投すみません。
notさん
聞きたいのですが、>一ヶ月ぐらいは休止して
と書いておられますがその数字はどこからきたのでしょうか?
今から2週間ほどで臨時会も開かれそうですし、
継続審議となった以上、致命的になる可能性が高いと思いますが。
それから、私の言った
>また、仮に出版が動いたとしても議員さんが動かなければやっぱり通ると思いますよ。
都条例のとき雑協などの出版側やちばさん等の作家側が反対しても通ったのを忘れないでください。
このことに対してはどう思われますか?

2011-08-28 06:44 from あみ | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-08-28 11:12 from -

No title

メールやお手紙に対する意見は分かれますね。 
ただ、都条例の時は実際に6月定例会を過ぎた後は、メールや手紙の量は激減したようです。
http://twitter.com/#!/tak_ppp/status/106015748308217859
問題なのは、例えば「都条例」なり「児ポ法」なりが持ち上がると、普段全く自分に関わりの無い人達から大量のお便りが届いたかと思うと、山場が過ぎると一斉に音沙汰がなくなる事ではないでしょうか?
つまり、自分達が困っている時は一斉に「お願い」のお便りを出すのに、それが過ぎるともう用はない。 と受け止められてはいないでしょうか?
突発的にお便りを出している人達ならまだしも、定期的に議員さんにお便りを出している人まで自粛する事はないと思われます。 いかがでしょうか?

2011-08-28 14:18 from 夢NIA

No title

夢NIAさん
問題なのは、例えば「都条例」なり「児ポ法」なりが持ち上がると、普段全く自分に関わりの無い人達から大量のお便りが届いたかと思うと、山場が過ぎると一斉に音沙汰がなくなる事ではないでしょうか?
でも懸念以上に深刻な事が発生したら、また再発生するかもよ。

2011-08-28 14:25 from 神殺しのじょも

No title

夢NIAさん
>ただ、都条例の時は実際に6月定例会を過ぎた後は、メールや手紙の量は激減したようです。
でもまた増えるかもしれないよ。
規制派は反対に意見が減っていることで油断してる、まるで去年の夏で否決されて油断した私たち反対派のように。
それで私たちは泣きを見たけど、今度はあいつ等が泣きを見る番だ。
調子付いた分、十倍返しで泣かせてやる。

2011-08-28 14:35 from 神殺しのじょも

No title

あみさん
>こちらはまだわかりますが、それもきちんと指摘していけばいいことではないでしょうか?
メールが大量に来れば中身を読まなくなるので、意味がありません。
だいたい何を根拠に何を指摘するんでしょうか?
愉快犯ではない客観的な証拠はどうやって出すのですか?
皆さんの下にも毎日広告メールなどが来ると思いますが、優良業者と不良業者を一体どうやって見分けますか?
メール内で「我が社は優良企業です」と書いても、それを信用しますか?
>なぜそうなるのでしょうか?
>国民とは少なくとも日本国籍をもつものであって選挙区は関係ないはずです。
関係は大有りです。
まず日本の選挙制度を勉強してください。
議員はあくまで選挙区での有権者の投票により選出された人物です。
つまりその選挙区の民意の代表です。
他の選挙区の方はその選出に関われません。
つまり選挙区外の国民は、その議員とは無関係な存在になるからです。
無関係な者が意見を届けたいのであれば、あくまで「相手に聞いてもらう」という謙虚な姿勢が必要です。
「意見を聞いてもらうのが当たり前だ」ではとても謙虚とはいえません。
>カマヤンさんが十分だといっているから十分というのはちょっと違うと思いますが。
>それに、都条例の時も否決されてすぐに来なくなった訳ではないでしょう。
カマヤン氏は最前線の方から情報を直接もらえる立場の方です。
つまり私達より議員や政治の最新状況について精通している方です。
そういうベテランの方が議員にメールを出す事について警告しており、さらにカマヤン氏だけでなく、議員の方もメールについて苦言が出ている以上、謙虚に聞いた方が良いかと思います。
私達の目的はメールを送ることではなくて、規制を止めることです。
規制を止めるのに逆効果になる方法は、一旦見直した方がいいです。
>もっとも大きな敗因が生に議員と対面した人が少ないこととしか書いてないですし、
>敗因にメールなどが関係ないとは読み取れませんよ。
カマヤン氏の分析は都条例の時に反対運動中心にいた、藤本由香里明大准教授が推奨しているものです。
もしメールが関係していれば、その分析に書かれた事でしょう。
ですが実際にはメールについては書いていません。
つまりにメールについて触れて無かったという事は、敗因にはあまり関係が無かったという事です。
あみさんはカマヤン氏や宮崎タケシ議員などよりも、国会や政治の状況に精通していますか?
そうではないでしょう?
ならばこういう内情に精通した方々の意見はちゃんと受け止めるべきです。

2011-08-28 15:39 from not | Edit

No title

あみさん
>今から2週間ほどで臨時会も開かれそうですし、
>継続審議となった以上、致命的になる可能性が高いと思いますが。
あみさんは手紙やメールを受けとった経験はありませんか?
同じ様な手紙が二週間おきに、同じ人同じ内容の手紙やメールから来たらどう思いますか?
普通の感覚の方なら急かされているようで、不愉快に思いますよ。
不愉快なメールを送る方のいう事を聞いて議員が動くと思いますか?動きませんよね。
まして他にも大勢同じ様なメールを送る方がいるのです。
受け取る側の気持ちをもっと考えましょう。
>また、仮に出版が動いたとしても議員さんが動かなければやっぱり通ると思いますよ。
>都条例のとき雑協などの出版側やちばさん等の作家側が反対しても通ったのを忘れないでください。
著名漫画家さん達が訴えても通るのであれば、例えメールを送っても通ったでしょう。
あみさんは、ちばさんの様な著名漫画家さん達の記者会見や訴えより、自分のメールの方が効果があるとでも仰りたいのですか?
もしそうなら、それはあまりに現実離れした考えです。
私達が送るメールや手紙は名も無き一市民の意見であり、それ以上でもそれ以下でもありません。
業界や著名人が動いた方がずっと効果的です。
だからこそ業界に動くよう求める要望をメールや手紙で送った方が良いのです。

2011-08-28 15:49 from not | Edit

自分の見解

少なくとも全停止する必要はないでしょう。というか0はマズイでしょ。
ただ意見に例えば、児ポ以外のことも書いてみるとか。
最近だと辻恵議員が、取調べなどの全面可視化を進めるとともに、検察の特捜の廃止にまで言及しました。(これは宮台さんも過去、特捜は税金の無駄だから廃止した方がいいと発言)
これや代表選について思うことを書く。
児ポだけの手紙にしない。(すげーめんどくさくなりますが(苦笑))
あとまあ宮崎タケシ議員にはもう出さなくても大丈夫だと思いますけど。
>notさん
>カマヤン氏や宮崎タケシ議員などよりも、国会や政治の状況に精通していますか?
この考えにはやや違和感を感じます。
最前線にいる=こちらより絶対正しい情報や見解を持っている、と俺は思わない。
カマヤンさんを悪く言うつもりも批判するつもりも毛頭ないが、どんな情報も情況も常に正しいか疑ってかかるべきだと考えます。
そのうえで、個人が考え判断し手紙を出す出さないかの行動をとればいいと思います。
まあ出したい人を止める理由はないので、出したい人は出してもいいと思います。
ただ金欠や時間がないという人は無理せず、後日コン研寄付や献金でフォローでいいんでは?

2011-08-28 16:15 from フー

No title

「~~しよう!」というのは理解できますが、「~~するな」というのは看過出来ないんですよね。
「~~は逆効果だからやるな」という文句は、この活動をやってれば嫌でも見る事になるものですが、私も反感を抱く者の一人です。
業界や著名人に要望を出しつつ、議員さんに手紙を送ることも出来るのに、二者択一にする必要性が感じられません。

2011-08-28 16:57 from 夢NIA

東京都内の人間なら議員会館に行けば会いに行けるが、俺のように九州地方住まいで東京都が遥かに遠い人間はどうすれば良いのか?というか首都圏以外の地方住まいの反対派はどうすれば良いのか?
俺の地元民主党議員は法務委員会所属ではないが、地元事務所に出向く程度はやるべきか?滅多に議員さんが来るとは思えないが
どなたかアドバイスをお願いしますm(__)m

2011-08-28 17:02 from CB | Edit

No title

金尻氏はもう動き始めています。
http://twitter.com/#!/disca/status/105849393252532225
彼が動いているという事は、エクパットが動いていると見た方が妥当でしょう。 恐らく、民主議員の方達に対してのロビイングも行われると思いますが、それに対して業界への要望にのみ時間を割き、議員さんに対するアプローチを断つことが、良い結果をもたらすのでしょうか?
本当の勝負は既に始まっていて、臨時国会が始まる前には既に決着しているのではないでしょうか?
都条例の時は、7月~10月頃に80回以上にも及ぶ東京都の説明会を経て、12月定例会が始まって気付いた時にはもう手遅れの状態でした。
業界が重い腰を上げて実際に活動してくれるまでのタイムラグが不明ですし、都条例の時は有名漫画家もコミック10社会も動いたのに負けてるんですよ。
業界が動き出した頃には、すでに東京都の根回しが済んでいたのですから当然でしょう。
not さんの主張は理解できますが、「残された時間」という概念も含めて考える必要があるでしょう。

2011-08-28 17:38 from 夢NIA

No title

notさん
>メールが大量に来れば中身を読まなくなるので、意味がありません。
私が送らなくても漆黒のような人たちや規制派の人たち(居るとしたら)は送るのをやめないでしょう。
その時点であなたの意見は的外れです。
全員が読まないと決まったわけではない以上、
むしろ真っ当なメールだけ減ったほうがはるかに問題ではないですか?
>関係は大有りです。
まず日本の選挙制度を勉強してください。
議員はあくまで選挙区での有権者の投票により選出された人物です。
つまりその選挙区の民意の代表です。
他の選挙区の方はその選出に関われません。
だから、どのように選出されたかなんて関係ないでしょう。
それなら総理大臣は国会議員の意見しか聞かなくていいし、その他の大臣は総理大臣の意見しか聞く必要がない事になります。
それに、議員は自分の選挙区の人間の意見しか聞かないなんていうならそれこそ出版等が動いても大して効果は期待できないでしょう。
議員は選出された地区の代表といえるのはあくまで地方議会だけです。
ついでに、議員が国民の意見(広義の請願)を聞く(誠実に処理する)義務は憲法にすら明文されていますよ。
そして、国民の定義は日本国籍を持つ者としか法には書かれていない筈ですが。
姿勢のことについてはこれ以上続けても同じ事ばかり書くことになりそうなので同じような反論が帰ってくる限りこれ以降コメントしません。

2011-08-28 17:49 from あみ | Edit

No title

続きです。
>もしメールが関係していれば、その分析に書かれた事でしょう。
それはあなたの推測でしょう?
あなたがカマヤンさんに確認を取ったのなら別ですが、書かれていない=関係ないとはもはや極論ですよ。
わざわざ書く必要もないくらい当たり前の事だから書いてないのかもしれませんよ?
>ならばこういう内情に精通した方々の意見はちゃんと受け止めるべきです。
受け止めるのと鵜呑みにするのは違いますよ?
ついでに言えばエネルギーを切り替える時期というのはカマヤンさんが友人から聞いたと書いているだけですよ。
エントリにする以上はある程度賛同しているでしょうが、少なくともメールを送るなといってるようには見えませんが。
>受け取る側の気持ちをもっと考えましょう。
あくまでそういった議員さんもいるだろうというだけで全員そうとは限らない筈です。
それとも、あなたは受け取る側の気持ちをすべて代弁できる立場なのですか?
ちなみに以前身内の関係で、ある議員さん(現在は引退されてます)に会ったのですが、
その方はメール等が少ないと期待されて無い様でがっかりすると仰っていました。
また、逆にそれまできていたメールが急にこなくなればどう思いますか?
私ならこの場合こそ組織的な関与を疑いますが。
しかも、真っ当なメールだけがなくなればそれこそ反対派は異常者の集まり扱いされると思うのですが。
あと、あなたは私のコメントをよく読んでいないようですが私は出版労連等へメールを送ることを否定していませんよ。
むしろ良いと書いてます。
私が問題視しているのはあなたの”議員さんへメールを送るな”という言葉です。
しかも動きがあったときでも送るなというのはありえないと思いますよ。
出版や作家さんが動いてくれれば効果は大きいと思いますが、
影響力が一般個人のものより大きいというだけで
それだけで何とかなる訳はないでしょう。
それに、現在いまだ内部の説得中である以上、
まず臨時国会には間に合わないと思います。
臨時国会でどうなるかわからない以上、メールを送るなというあなたの意見にはやはり賛同できません。

2011-08-28 17:51 from あみ | Edit

先程の投稿を訂正します、地元議員事務所は来週の休日から通います。
そして来るべき衆院選では手伝い・ボランティアをしたい!と秘書の方に打診します。
後ですね、大量メール送信で議員さんが迷惑している件ですが、同じ反対派(感情的で動いた人達)がやったことでしょうから同じ反対派である我々が各自直接国会議員事務所に電話してフォローしてみませんか?水無月さんもフォローする形で意見を送るべきと仰ってますし。
もちろん児童ポルノ以外も意見した方が良いでしょうな、大連立・増税等々。
私は地元の九州新幹線停車駅に無駄な政治駅を利権で作った自民党の馬鹿議員がいるのでそれも訴えます。

2011-08-28 17:56 from CB | Edit

今それぞれの候補者がバンキシャにでてますよ

2011-08-28 18:12 from Y.K.@

No title

あみさん
>その時点であなたの意見は的外れです。
>全員が読まないと決まったわけではない以上、
>むしろ真っ当なメールだけ減ったほうがはるかに問題ではないですか?
政治に詳しい複数の筋からメールが逆効果になっているという情報が出ている以上、読まれていないと考えるのが妥当です。
今は規制反対派が大量メールにより評価を落としていますが、もし反対派がこれを止めて、規制派が同じ様な事をまだ続けていれば、評価を落すのは彼ら規制派です。
このままメールをごり押しすれば、規制反対派の印象は悪くなる一方で、理解者は減っていきます。
さらに反対派は所詮こんな連中とネガキャンの具にされるのがオチです。
無関心層や中立派からも冷ややかに見られるのだけです。
「プロ市民」と揶揄されている人々が、どう思われてるか考えてみましょう。
>受け止めるのと鵜呑みにするのは違いますよ?
すでに書いたように少なくとも彼らは私達よりずっと政治の内情に詳しい方々です。
再度質問します。
あみさんはカマヤン氏や宮崎タケシ議員などよりも、国会や政治の状況に精通していますか?
ベテランや最前線の意見はちゃんと受け止めるべきです。
>私が問題視しているのはあなたの”議員さんへメールを送るな”という言葉です。
ここは大きな勘違いをしていますね。
私が言ってるのは
「一ヶ月ぐらいは休止して、他の事(出版業界への働きかけ)に力を注いだ方がいいと思います」
です。
現時点ですでに大量のメールが届いていているのは、すでに書いたとおりです。
これ以上送っても逆効果なのもすでに指摘したとおり。
同じ事を何度もしつこくやるのではなく、加減を考えないと何事も進みません。
だから「一ヶ月ぐらいは休止して」と書いたのです。
>あくまでそういった議員さんもいるだろうというだけで全員そうとは限らない筈です。
「筈です」ではなく、根拠を出してください。
すでに指摘したとおりに、複数の筋からメールについて苦言が出ている以上、大量のメールが問題視されていると判断するのが妥当です。

2011-08-28 18:44 from not | Edit

No title

SUNさん
>俺の地元民主党議員は法務委員会所属ではないが、地元事務所に出向く程度はやるべきか?
>滅多に議員さんが来るとは思えないが
>どなたかアドバイスをお願いしますm(__)m
地元の事務所に出向くというのはいいと思います。
タウンミーティングなどをやっていないか聞いてみてはどうでしょうか?
コンテンツ文化研究会の杉野代表もこういっています。
http://togetter.com/li/145615
杉野:タウンミーティングとか絶対やってるんで、参加して顔を覚えてもらって話をする。
何回も行けば顔を覚えてもらって話ができる。タウンミーティングでエロどうこうはハードル高いんで、最初は僕漫画好きなんですといった話をしましょう。
焦らなくていいんで。時間かけていいんで
※タウンミーティング・・・国政報告会、何々政治報告会って奴です。車で走っているとよく見かけます。
市議さん、県議さんのもあったら参加して、彼らを通して国会議員に意見を上げてもらうという方法も考えられるでしょう。
夢NIAさん
>金尻氏はもう動き始めています。
コンテンツ文化研究会さんも先日院内集会をやったようにすでに動いています。
現場にいけない私達がまず考えなくてはならないのは、コンテンツ文化研究会さんの様な最前線で動いてくれている方々の邪魔をしない事ではないでしょうか?
都条例の時もそうでしたが、攻撃的な反対メールなどがこうした最前線の方々の活動の妨害にもなってしまいました。
それは避けないといけません。
メールではなくSUNさんの言われる様に、議員に会いに行くという方向にした方がいいと思います。
議員に直接会う方が少なかったのが、都条例での敗因のひとつなのですから。

2011-08-28 18:46 from not | Edit

No title

notさん
>規制派が同じ様な事をまだ続けていれば、評価を落すのは彼ら規制派です。
ご自分で愉快犯かどうか判別できないし証明できないと書いてらっしゃいますよね?
なぜそれで規制派が評判を落とすことになるのでしょうか。
>現時点ですでに大量のメールが届いていているのは、すでに書いたとおりです。
これ以上送っても逆効果なのもすでに指摘したとおり。 同じ事を何度もしつこくやるのではなく、加減を考えないと何事も進みません。
だから「一ヶ月ぐらいは休止して」と書いたのです。
まずあなたが前提としている話自体がが全体の話ではなくそういった話が出て来ているというものでしかない筈ですがはずですが。
そしてそれならばその問題視している議員さんを上げてもらってその人には送るのを控えるようにする、という対応でいい筈です。
臨時国会が一ヶ月以上先だったり継続審議になっていないならともかく、 そうでない以上一ヶ月というのはありえないと思いますが。
>「筈です」ではなく、根拠を出してください。
すでに指摘したとおりに、複数の筋からメールについて苦言が出ている以上、大量のメールが問題視されていると判断するのが妥当です。
こちらも議員さん全員が問題視しているという根拠と、メール等が読まれていないという根拠を出してほしいのですが。
これらはあなたが勝手にそう判断しただけですよね?
それに複数の筋からというのはカマヤンさん以外ではどこがあるのでしょうか?
また、そういう話が出てきているという話しか聞かないのですが。
>あみさんはカマヤン氏や宮崎タケシ議員などよりも、国会や政治の状況に精通していますか?
逆に聞きますが、その方々は国会のすべてを把握しているのですか?
また、仮に把握していたとしても国会や政治の状況に精通している方は間違いや失敗をしないというのでしょうか?
というか、カマヤンさんも一ヶ月メールを送るなとは書いてないですよね?
つまりこれはあなたの意見であって、カマヤンさん達が政治に精通しているかどうかは別の話だと思いますが。

2011-08-28 20:13 from あみ | Edit

No title

not さん
「コンテンツ文化研究会」は元々、規制反対活動を中心に動いている私達よりの団体でしょう。 それに対して「業界団体」、「出版社」を同列に並べる事は出来ません。
そして私はエクパットといった規制派団体が議員さんにロビイング攻勢をかけている間、こちらから議員さんに対するアプローチを断つことに疑問を投げかけています。
「攻撃的な反対メールを送らない」、「議員に会いに行く」、納得できます。
ですが、それらが=「メールを出してはならない」にはならないはずです。
何故、議員さんにメールを出しつつ他の活動に当たる事が出来ないのですか?
このサイトに来ているような人達が不用意に攻撃的なメールを送っているとは思えませんし、私も送る文章には気を付けています。
あなたの主張では「攻撃的なメール」も「要点を押さえたメール」も等しく送るな、という事です。

2011-08-28 20:17 from 夢NIA

No title

>「手紙を送る」とか「電話をする」のは非常に勇気の居る行動です
そうですかね?
やってみると意外に簡単ですよ?
事実7月から結構やっていますが
思ったよりも難しくないです
議員に話すったって出る相手はたいてい秘書とかなんで兵器ですよ
後メールですが、やりすぎない範囲ならいいんじゃないかと
たとえば一議員に1度出すならともかく何回も出したらまずいと思います
今の時期ならたとえば「ジポの件、どうなってるでしょうか」と電話で
聞いたりするのもいいかもしれませんね
後個人が闇雲に動くより
コンテンツ文化研究会さんに寄付して彼らの活動をサポートするとかそういうのも以前案にあがってました

2011-08-28 20:18 from エアトス

読者が選ぶ"ポスト管"は海江田氏
http://n.m.livedoor.com/a/d/5817253?f=1

2011-08-28 20:47 from Y.K.@

No title

話が変わって申し訳ないですが・・・
今日のたかじんのそこまで言って委員会で麻生、安倍が出ていて、マンガ、アニメについて語っていました。
ものすごく興味深いやりとりが・・・(ちょっと端折ってあります)
ことの始まりはアニメの殿堂でした。
江川「マンガの良さってのはエロだったり、バイオレンスだったりする自由さであって、マンガ、アニメに国が介入するとスタンダードが設けられてそこが一番怖い。」
安倍「いやいや、国がそういう箱を作って誰かが知財を保護しなければいけない。」
江川「じゃあエロはOKなんですか?」
麻生「自由ですよ。」
麻生「みんなマスコミの情報しかつくづくもっておられんなぁと思うのは、みんな日本に観光に来たときに「どこに行きたいですか?」と聞いたときにみんなアキバっていうんですよ?」
麻生「アキバってのはマンガだけじゃなくテレビケームからその他ありとあらゆるおもちゃの先端がありますから。」
麻生「そこらへんの古いビル作り変えて全部中に入れて漫画家に全部見せればいいんじゃないか。
そこに少年マガジンの1巻から全部残しておくわけですから」(ちょっと覚えていない)
江川「そこはエロマンガも入ってるんですか?」
麻生「全部」(ここで横槍が入る)
江川「いやいや、ここ重要なんですよ。アングラ物が支えてるんですよ文化を。」
麻生「それは間違いない。」(そう聞こえました)
さて、安倍さんは一切喋っていませんでしたが、麻生さんエロは自由と言ってしまいました。

2011-08-28 20:48 from Y.Y(面白いゲーム探しています・・・orz)

No title

Y.Y(面白いゲーム探しています・・・orz)さん。
安倍さんェ・・・麻生さんェ・・・・
本当にそう思うんだったら肝心なときにちゃんと動いてくれよ(苦笑)
ところで、意見送付の件ですが、自民公明みんな等の方は皆さんはどのような感じですか?

2011-08-28 21:01 from 日本ハッテン党幹事長(従三位)

No title

>日本ハッテン党幹事長(従三位)さん
ちょっと内容あやふやなところもありますが、あんまり本心ではないと・・・
特に安倍さんは「バーチャルリアリティは悪である」を引き継いでいる人ですから。
それ以上に児ポ法のことなんて頭にないように思いました。

2011-08-28 21:10 from Y.Y(面白いゲーム探しています・・・orz)

No title

ああ、やっぱり安倍さん(3次)より阿部さん(2次)のほうが好きだ。

2011-08-28 21:21 from 日本ハッテン党幹事長(従三位)

No title

あみさん
>こちらも議員さん全員が問題視しているという根拠と、メール等が読まれていないという根拠を出してほしいのですが。
これらをしっかり読んでください。
webでの表現規制反対活動の限界
http://togetter.com/li/152871
たとえ議員でも顔の見えない、縁もゆかりもない方から、同趣旨のメールを大量に貰ったらどう感じます?いくら理性的な文面でも。
実際、コン研の方の依頼で、法務委理事に面会を申し込んだところ「もう大量に(メール等)貰って内容は分かっている。今さら聞くこともないでしょう」と。「変わった人」扱い。
政治運動として大量の手紙やメールという手法を使う人たちは現実にほぼ限られてます。
例えば共産系の団体、宗教団体、極端に右寄りの人たち。
手法が道徳的に悪いわけではないが、民主や自民への働きかけ方として効果は???
表現規制反対時における政治家との関わり方・運動のあり方など
http://togetter.com/li/152866
例えば一万人がばらばらにメール送ったら受け取った側は一万件の(内容に大差ない)メールを読むことになるわけだけど五人連名のメールだったら一万人の意見のまま二千件に減るんだわー、とか。
個人の活動には限界来てるってのは都条例の時点で指摘されてんのに準備できてない自分やばいよなあ。
最前線の方の報告
http://twitter.com/#!/noshin1985/status/104375377090191360
メールや、FAX、手紙でも、印刷で名前の部分だけ変えたようなもの。
「そういった物が沢山送られていて、みんな辟易している。 旧来の、市民運動と同じ手法で、相手が賛成か反対かも確かめずに、反対しろ!と文章を送りつける。愚かですよね。」と苦言を頂きました。
>逆に聞きますが、その方々は国会のすべてを把握しているのですか?
>また、仮に把握していたとしても国会や政治の状況に精通している方は
>間違いや失敗をしないというのでしょうか?
少なくともあみさんや私達よりも国会の状況を把握しており、あみさんや私達よりも間違いを犯す可能性は低いです。
あみさんの主張より、彼らの主張に従った方が間違いを犯さずにすむのは明らかです。
>というか、カマヤンさんも一ヶ月メールを送るなとは書いてないですよね?
カマヤン氏や宮崎タケシ議員はメールはもう十分行っている。
これ以上はやりすぎだと言っているのですよ。
あみさんの主張はすでに規制を阻止する事が目的ではなく、メールを送ること自体が目的になっています。
これではいけません。

2011-08-28 21:25 from not | Edit

No title

やっぱ表現規制的には海江田さんがいい。民主党政権時になんとしても児ポ法通してもらわないとまずいです。

2011-08-28 21:38 from ももも

No title

notさん。
あみさん。
個人的には記事のように、あみさん寄りです。
ただ、notさんの言う事もごもっともなんです。
宮崎議員はともかく他の人は児ポ法なんて関心がありません。
そういう人はやはり規制派の主張の方が、良く見えてしまう。
要はカマヤン氏も言ってる様にメールの送り方を注意しろって事です。
「メールはダメ」という風潮を作るのは非常にまずいということ。
電凸も人を選びますからね。

2011-08-28 22:02 from 水無月(管理人)

notさん
SUNさんって誰ですか?
名前の間違いは非常に失礼では?

2011-08-28 22:10 from CB | Edit

No title

みんなしてさぁ、なんでメールを出す出さないなんて低レベルなところで議論してるの?
すでにそんなレベルは遥か昔の話。
闇討ちの如き奇襲で来る敵の攻撃を素早く連絡するのに最適な手段は何?
手紙?
電話?
俺はメールだと思うけど。
手紙じゃ間に合わない。
電話だって大量に来れば応対で迷惑なわけで。
なら素早く連絡が出来て情報も載せられるメールがベストでしょ。
メールを送るなって言ってる人は規制派の動きを事前に察知できるってことだよね?
前線が要求していることにさ、送る送らないじゃまったく応えられてないんだよ。
送ったら迷惑で、送らなかったら賛成が多いって見なされるんだから、送って読まれて有効打になることを考えないといけないんでしょ。
少し問題点を整理しようか。
問題となっているのは
行動があった時「だけ」「知らない人」から大量に届くことなんだよ。
まずは面識が無いから読まれないのだから、まずは議員に会うか、季節の挨拶でいいのでハガキを書くことだな。
もちろん手書きで、字が汚くても読めればいいよ。
大量コピーみたいなやつじゃ意味が無いから、全て手書き。
とにかく名前を覚えてもらえばメールを見てもらえるようになる、
さすがによく挨拶が来てる人の物を無視は出来ないからね。
そこの挨拶に私は児童ポルノについてこういう点が問題だと考えております。
つきまして、何かデータがあれば都合を見てメール等にて送らせていただきたいと思いますがよろしいですか?って書いて送るんだよ。
次は相手をよく見ることだ。
特に興味の無い人にいきなり反対しろではなく、データを持ってどうお考えですか?くらいで止めておけばいい。
もちろん明確に反対の人には最新のデータです、どうぞくらいの勢いでいい。
興味の無い人にはまずは正しい情報を教えることだ。
その上で相手の考えを聞いてから説得する。
これは前線組が主にやってほしいことだが、自分でも地元の議員に会いに行くときにできる。
その時だけ大量に来てまた来なくなるから問題なのであって、例えばその後も違う話題でメールを送ればいい。
議員だって表現規制だけやってるわけじゃないんだから。
要するに、表現規制の問題があるときだけでなく、常に議員を見て最低夏と冬の挨拶くらいして常に見ていますアピールをするのが大事だってことだ。
そういうさ、数という要素を有効にできるやり方や下地作りを考えような。
少なくとも相手にはほとんどない生の声なんだから、それを無駄に終わらせてたら勿体ないだろ。
そして活動自体が個人に頼っている以上、個人が変えていかなければならない。
全体の7割がそれをできていれば残りが多少悪くても何とかなる。
この先どうなるかは各自次第だな。

2011-08-28 22:11 from その2のデビルメイクライ

No title

日本ハッテン党幹事長(従三位)さん
>ところで、意見送付の件ですが、自民公明みんな等の方は皆さんはどのような感じですか?
自公のほうはかなり限定した相手にしか送っていないので参考にはならないかもですが、
メールをした一部の方からはご意見を真摯に受け止める等の定型文レベルの返信が来てます。
まあ、そもそも連立反対のほうをメインで書いたので
児ポ法のほうは触れてませんが。
正直なところ今の自公に直接児ポ法に関しての働きかけをしても無駄な気がして、
連立に関することしか送る気にならなかったので。
notさん
私のコメントはきちんと読みましたか?
改めていいますが一ヶ月送るなというのはあなたの意見であって、
カマヤンさん達の意見ではないでしょう?
そしてあなたが根拠としてあげた話も疑問を提示しているだけです。
だいたい、一部でそういう動きがあるのは事実でしょうし、
それは私も最初から否定していませんよ。
それと、
>少なくともあみさんや私達よりも国会の状況を把握しており、あみさんや私達よりも間違いを犯す可能性は低いです。 あみさんの主張より、彼らの主張に従った方が間違いを犯さずにすむのは明らかです。
あなたの理屈だと児ポ犯罪は警察が最前線になるのですから、
児ポ法改悪を推進している警察の判断のほうが間違っていない可能性が高いということになってしまいますが。
また、
>ご自分で愉快犯かどうか判別できないし証明できないと書いてらっしゃいますよね?
なぜそれで規制派が評判を落とすことになるのでしょうか。
こちらにもきちんと答えてほしいです。
最後に、
>あみさんの主張はすでに規制を阻止する事が目的ではなく、メールを送ること自体が目的になっています。
これではいけません。
あなたこそ逆にメールを阻止することが目的になっていませんか?

2011-08-28 22:30 from あみ | Edit

No title

CBさん
曜日の表示を名前と見間違えてしまいました。
すいません。
水無月(管理人)さん
>宮崎議員はともかく他の人は児ポ法なんて関心がありません。
>そういう人はやはり規制派の主張の方が、良く見えてしまう。
もう一度宮崎タケシ議員の言葉を読んでください。
webでの表現規制反対活動の限界
http://togetter.com/li/152871
実際、コン研の方の依頼で、法務委理事に面会を申し込んだところ「もう大量に(メール等)貰って内容は分かっている。今さら聞くこともないでしょう」と。
法務委員会の理事ですらこう言っているのです。
規制派の主張が良く見えるのは、彼らが直に会いに来るからです。
メールの量ではありません。
その2のデビルメイクライさん
私も同意見です。
結局、会った事もない相手に大量にメールを送りつけて、「国民の意見を読むのは議員の義務だ!」というのは、相手を人間扱いしていないのと同じなんですよね。
カマヤン氏も市民活動では時々議員を人間扱いしていない例があると苦言を言っていましたが、今がその状態だと思います。
これではすでに最前線や議員から苦情が出ているように、完全に逆効果です。
今はまさに
>行動があった時「だけ」「知らない人」から大量に届くことなんだよ。
の状態ですからね。
だからこそ一旦立ち止まって、
>まずは議員に会うか、季節の挨拶でいいのでハガキを書くことだな。
>(略)
>要するに、表現規制の問題があるときだけでなく、常に議員を見て
>最低夏と冬の挨拶くらいして常に見ていますアピールをするのが大事だってことだ。
というところに立ち返る必要があると思います。
その上でまだ手紙やメールが十分届いていない出版業界などには、どんどん送っていくべきかと思います。

2011-08-28 22:34 from not | Edit

No title

その2のデビルメイクライさん
>その時だけ大量に来てまた来なくなるから問題なのであって、例えばその後も違う話題でメールを送ればいい。
議員だって表現規制だけやってるわけじゃないんだから。
要するに、表現規制の問題があるときだけでなく、常に議員を見て最低夏と冬の挨拶くらいして常に見ていますアピールをするのが大事だってことだ。
これはその通りですよね。
この話題にしか関心がないという人の方が少数でしょうし。
私は少なくとも返信があった方には年始の挨拶ぐらいは送ってましたが、
やっぱり夏もした方がいいですかね?

2011-08-28 22:46 from あみ | Edit

No title

あみさん
>そしてあなたが根拠としてあげた話も疑問を提示しているだけです。
あみさんは自分の主張の根拠すら出していません。
「全員そうとは限らない筈です」という思い込みを述べられても、説得力はありません。
まずはちゃんと客観的な根拠を出してください。
>児ポ法改悪を推進している警察の判断のほうが間違っていない可能性が高いということになってしまいますが。
議論のすり替えですね。
同じ反対派であれば国会の状況を知らない外部の素人より、内部の反対派議員や最前線の方々の方が遥かに信用できると言っているのです。
それとも、あみさんは反対派議員より規制派の警察の方を信用するのですか?
あみさんの言ってる事はそういう事ですよ。
ついでにいえば法案の審議状況について最も詳しく信用があるのは、法を作って審議している当の議員です。
その当人からメールについて苦言が出ている事をもっと深刻に考えましょう。
>なぜそれで規制派が評判を落とすことになるのでしょうか。
これを読みましょう。
最前線の方の報告
http://twitter.com/#!/noshin1985/status/104375377090191360
メールや、FAX、手紙でも、印刷で名前の部分だけ変えたようなもの。「そういった物が沢山送られていて、みんな辟易している。 旧来の、市民運動と同じ手法で、相手が賛成か反対かも確かめずに、反対しろ!と文章を送りつける。愚かですよね。」と苦言を頂きました。
規制派が大量にメールを送っていれば、議員からこの様に軽蔑されます。
私はメールを送ることが逆効果である根拠を現場の声も含めていくつも出していますが、あみさんは全く根拠を出していませんね。
自分の主張が正しいと思うのであれば、ちゃんと出してください。

2011-08-28 23:06 from not | Edit

No title

>あみさん
相手に印象を強く与えるためには数が多いほうがもちろんいいです。
でも、挨拶のハガキも毎月来ると面倒になるので、多くても季節の挨拶くらいでいいと思います。
多く送るなら、議員さんから送られてくる活動報告とかそういうのの返信で送るといい。
そういう活動にも思うところとかここは?って言うのがあると思う。
それを書けばほらネタが出来た。
そうすればいろんなことを見ていると相手にも伝わるでしょうし
余計なことをさせないためにも議員を見ているっていうのは重要です。
以前他の方も言っていたが
(失礼だがどなたかを忘れてしまったのでその話題を書いてくださった方申し訳ありません)
ちょっと高い(というか綺麗な)絵葉書とかを使うと印象がぐっと強くなる。
まあ、人と違う物を送ると印象に残りやすいのでそういうのも有効。
ああ、普段ハガキをくれるこの人ねーって議員さんに思ってもらえればOKなんですよ。
回数は減らすけど、ちょっといいハガキで書いてみるなんてのも十分有効だと思います。
もちろん、基本的に議員に普通の市民が年賀状送るなんてほぼないので書くだけでも有効だと思います。

2011-08-28 23:10 from その2のデビルメイクライ

No title

メールの是非について追記。
記事内にその2のデビルメイクライさんのコメントを追加。
これは自分の考えに近いと思いました。
notさん。
仰る事は十分に理解できてます。
しかし、結局、notさんがどうしたいのかよく分かりません。
メールはダメで最前線でロビーやれというのは正直いって無茶ぶりもいいとこです。
私も含め、やりたくても出来ない人が大多数なのですよ。
さすがに実生活の方を優先せざるを得ないですからね。
それに、私やnotさん達の意見はあくまで中級者の意見。
反対活動に参加してみようという「初心者」のためにメール否定はいかがな物かと思います。

2011-08-29 00:02 from 水無月(管理人)

No title

not さん
是非、私の反論にも目を通してください。
「コンテンツ文化研究会」は元々、規制反対活動を中心に動いている私達よりの団体でしょう。 それに対して「業界団体」、「出版社」を同列に並べる事は出来ません。
そして私はエクパットといった規制派団体が議員さんにロビイング攻勢をかけている間、こちらから議員さんに対するアプローチを断つことに疑問を投げかけています。
「攻撃的な反対メールを送らない」、「議員に会いに行く」、納得できます。
ですが、それらが=「メールを出してはならない」にはならないはずです。
何故、議員さんにメールを出しつつ他の活動に当たる事が出来ないのですか?
このサイトに来ているような人達が不用意に攻撃的なメールを送っているとは思えませんし、私も送る文章には気を付けています。
あなたの主張では「攻撃的なメール」も「要点を押さえたメール」も等しく送るな、という事です。

2011-08-29 00:10 from 夢NIA

No title

その2のデビルメイクライさん
>絵葉書とかを使うと印象がぐっと強くなる。
絵葉書は読みにくいかな、と思って意識して使わないようにしていたんですが、
こんど残暑見舞いあたりで使ってみようかと思います。
notさん
いちいちあなたの言葉を引用すると長くなるので省きますが、
まず警察が前線と書いたのは法案審議などの話ではなく、そもそも法改正を求める理由の話です。
犯罪者に最も接しているのは警察ですよね?
つまり犯罪の最前線は警察であるということになりますす。
犯罪全般の最前線である警察が改正の必要があると言っている以上、
犯罪の専門家であり、一般人や議員よりも犯罪の内情や実情を知っている警察(検察も)が言っているから正しい可能性が高くなるということになる、となります。
あなたの言っている理屈は専門家には逆らうなと同じことです。
というか、そもそも一ヶ月送るなはあなたの意見なのだから、
自分がそう考える理由にあげるならともかく、
自論の正しさの証明にカマヤンさん達を出さないでください。
あなたがカマヤンさん達本人なら話は別ですが、
そうでないなら、せめてカマヤンさんにあなたの論を承認してもらってください。
また、規制派が大量にメールを送っているというのは反対派の振りをしたものの話だったはずですが。
だからあなたも漆黒の騎士団の名前を出したんですよね?
他にも愉快犯なんかは判別できないといっていますし。
その上で、仮に私が送るのをやめても愉快犯や規制派は送るのをやめないから、
あなたの言う理由では送るのを止める意味がない。
むしろ、全員が読んでいないとは限らない以上真っ当なメールが無くなった方が問題になる可能性もあるといったんです。
また、だからこそ全員が読んでない確証が必要なわけです。
議論のすり替えとおっしゃってますが、
むしろあなたのほうが論点をずらしていたり、曲解したりして
私のコメントをきちんと読んでいないんじゃないかと思うのですが。

2011-08-29 00:15 from あみ | Edit

No title

M さん
マジすかっ!? 自分本気で信じちゃいますよっ!?
それが本当なら規制反対活動の大きな一歩では。

2011-08-29 00:19 from 夢NIA

No title

あみさん
全く答えになっていないのですが?
私は議員や最前線の方々から大量のメールについて苦情が出ている事をについての問題提起をしているのです。
そして当然彼らは国政に直に接している方達ですので、その情報の信用性も私達外部の者よりずっと高いです。
ところがあみさんは、彼らの信用性に疑問を投げつつも、自分の主張の方が信用性があるという根拠を全く提示しません。
これではただ駄々をこねているのと同じです。
再度尋ねます。
あみさんの主張が、カマヤン氏や宮崎タケシ議員より正しいという根拠は一体何ですか?
客観的な根拠を出してください。
話はそれからです。

2011-08-29 00:22 from not | Edit

No title

>夢NIAさん
前にも書きましたが、本当です。ただ、その時は、対照実験であることを書きませんでした。今回は、その点を補足するために書き込みました。

2011-08-29 00:26 from M | Edit

No title

水無月(管理人)さん
>しかし、結局、notさんがどうしたいのかよく分かりません。
最初に書いています。
「カマヤンさんも指摘しているようにすでに多くのメールが議員さんの所に行っているので、一ヶ月ぐらいは休止して、他の事(出版業界への働きかけ)に力を注いだ方がいいと思います。
せっかく出版労連が業界への働きかけをしようというのに、これへの援護をしないというのは問題ですし、もしこれで出版業界が動けば大きな力になりますから」
議員へのメールはすでに十分すぎるほど行っており、また苦情も出ているので、しばらく休んで別の方面に力を注ぎましょうということです。
夢NIAさん
>そして私はエクパットといった規制派団体が議員さんにロビイング攻勢をかけている間、
>こちらから議員さんに対するアプローチを断つことに疑問を投げかけています。
アプローチはコンテンツ文化研究会さんなどがやっていますが、夢NIAさんは彼らが信用できないという事でしょうか?
彼らを信用しているのなら、彼らの邪魔にならない様にすべきではないでしょうか?
私達の代わりに私生活や仕事を犠牲にして、最前線に立っている方々がいるのですから、そういう人達の活動を阻害する様な事は避けた方がいいと言っているのです。

2011-08-29 00:31 from not | Edit

No title

not さん
それで勝てるんですか?

2011-08-29 00:34 from 夢NIA

No title

Mさん
これは朗報ですね。
今後の悪影響論に対しての強力な武器になります。
ただ、以前仰られていた通り今年の国会には間に合いそうもないのが残念ですね。
なんとしても今年を乗り切らないと。
notさん
いいかげんあなたの意見とカマヤンさん達の意見をごっちゃにするのは止めてください。
もしカマヤンさん達が一ヶ月送るなと具体的にいっていたのならその場所を教えてください。
私では見つけられませんでした。

2011-08-29 00:38 from あみ | Edit

No title

あみさん
カマヤン氏からもっとはっきりした答えが出てますよ
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110828/1314545649
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1732.htmlへの返信。
1;議員へのメールは過多。飽和状態。
2;出版社への「手紙」原始メールが全然ない。たぶん。バランスが悪すぎる。
議員の頑張りに比べ、肝心の出版社に全然危機感もなければ情報も集めていないようだし対策なんてなんもしていないみたいだから、議員が頑張るだけバカを見る仕組みになっている。
と思う。
3;そもそもメールは相対的不推奨。手紙・ハガキ・原始メール推奨。
相手にリアルに顔を見せない、メールだけに依存した活動は、なんかの宗教団体かイカれた変な組織による活動ではないか、という疑念を相手に与える。
メディアの性質として、原始メールは相手に真心を伝える性質があるけど、電子メールはそういうものを相手方に伝えない。リアルな対面が最も望ましい。

2011-08-29 00:47 from not | Edit

No title

まあまあ、とりあえず落ち着こうぜ。
送ったほうがいいっていうのも、送らないほうがいいってのも両方正解で、両方間違いなんだから。
勿論何かあったときには、メールでも連絡しなきゃいけない。
だけど、例え礼儀正しく書いて一人一通だとしても1万人いれば一万通くるわけで。
そして問題点は決まっているから大概似たような中身になる。
そうなればまたかーって思われても仕方ない。
問題点は受け止め方と程度だ。
規制派の100万の署名がーってあるが、
これは別に100万あっても誰も邪魔だとは言わないでしょ?
これは100万という数字だけあればいいから。
署名ってのは中身を具体的には書けないからこそ受け取りやすいってのもあるんだろうけどね。
で、署名ってのは受け取れば個人にお返しをする必要は無いよね。
でもメールって本来は全て返すのが礼儀なんだよね。
でもそれは手間がかかるでしょ。
だから嫌がられる。
で、反対してくれる人から見ると反対意見の数って言うのは後押しになる。
でも関心の無い人には邪魔に見えるんだよ。
ここは受け取め方の問題。
もちろん議員が国民の意見を聞かなくていいのかって言うのも分かるが、それを言ったら規制派の意見も国民の意見だからな?
規制に賛成の議員だってまあ国民の意見を聞いているってことにはなるからな。
で、個人がバラバラに動いているので同じ中身を一人一通でも大勢が送るので大量に届くと。
そうやって大量に届くのが迷惑だといわれていると。
情報なんて本来は一人でいい。
もちろん規制派の成りすましもいるので正しい情報を持った人が1議員につき一人説明すればいい。
後は反対しますって数だけでいいんよ。
だから俺の理想としては俺たち個人がメールを送るよりも、俺たちは署名を集めてコン研なりが議員に説明に行くというスタイルがいいと思っている。
正直言ってメール書くのもしんどいしな。
そうすりゃ大量にメールが行くことも無いし、個人の負担も減るしな。
後は議員に署名の数の信頼性を増すために手紙をたまに出すって感じでいいと思う。
もちろん現状としてこのシステムはできていない。
だからこそメールを送らざるを得ない状況であると言うのも理解している。
しかしメールを送るにしてもあくまで切り札として取っておきたいと思って行動している。
基本は直接会って顔と顔を合わせて話をすること。
これが一番思いが伝わる。
次は手紙。
これは直筆なら思いが伝わりやすい。
そして最後がメール。
あくまで緊急用。
同じ意見が大量に来るとうざい。
それは俺も分かる。メール作るのも手間だ。
みんな同じこと言うんだったら100万人が反対していますってだけでいい。
問題点なんかの説明はそれこそ専門の知識がある人たちがあたるべきだ。
っていうのが多分議員からも文句は言われずに反対活動しやすいスタイルなんだろうなと。
ただし、署名がすぐ集まるかっていう問題はあるが。
とりあえずメール出す前に手紙で挨拶書いた時に何か情報があればメールにてご連絡でもよろしいでしょうか?とでも聞いてみれば?

2011-08-29 00:47 from その2のデビルメイクライ

No title

not さん
あぁ、手紙はOKって言ってんだ。

2011-08-29 00:49 from 夢NIA

No title

M さん
そうでしたか! 楽しみにしています!

2011-08-29 00:55 from 夢NIA

No title

notさん。
>最初に書いています。
そうではなくて「メールはダメ」という声が広がると萎縮するのが問題だと私は言ってるのです。
初心者も見てるかもしれないので、そういうのはどうかと申し上げてるだけです。
今回の場合も「児ポ法の問題点」と「自公に妥協するなという御願い」の2つのメールを送るべきだと思います、しかし、notさんの言い方だとそれもダメだという風に見えます。
民主党は十分でも国民新党や自公以外の野党はどうでしょう?。
そういうのを萎縮させるといけないのではと私は言いたいのです。
書き方が悪かったようで申し訳ありません。
出版業界へ意見すべきなのは大賛成です。
ただ、やはり、都条例の再現は防ぎたいという思いは強いです。
notさんには言うまでも無いでしょうが、特に児ポ法は必ず斜め上を行きます。
修正協議は殆ど不可能でしょうから、どちらかに妥協する事になる、新内閣のスタンス次第でどう転ぶか分かりません。
ですから「広く意見すべきでは」と呼びかけてるのですがいかがでしょう?。
メールといえど常識的に書かないとダメなのは当たり前です。
しかし、はっきり言って、そんな事を議論してる余裕はありませんよ。
ある意味では最初で最後のチャンスですからね。

2011-08-29 01:03 from 水無月(管理人)

No title

緊急性があるもの
例明日重要な会議が急にある等
メールやツイッター等でアナウンス
ツイッター等でその人へアナウンスがされているようなら自分は様子見する。
あくまで簡単な挨拶と用件を手短に。
緊急性がない物
例自分の意見・関連の情報など
手紙や直接会って話す。
あらかじめやっておく。
あらかじめ反対だって言って置けば、まあ何かあっても慌てて手紙やメールを送る必要はなし。
とりあえず大体流れが読める中級者以上は初心者のためにメールの席を空けてあげましょう。
節電対応の稼働日振り替えじゃないけど、少ないところに移動して面会・手紙・メールをそれぞれ同じくらいの割合にしましょう。
偏っているのが問題なんだから。
発電量と同じくピーク時にオーバーしてるのが問題なのですよ。

2011-08-29 01:05 from その2のデビルメイクライ

No title

その2のデビルメイクライさん
すみませんでした。
ちょっと頭を冷やします。
水無月さん
長々とコメントしてしまい、
いろいろ読み辛くしてしまってすみませんでした。
notさん
頭を冷やす為、今回はよけいな反論はしません。
そしてあなたへのコメントはこれで最後にします。
大量のメールが問題というのなら
ここではなく某巨大掲示板の方たちや特にtwitterの(一部の)方たちこそを説得してください。
ここにいる方が送っていたとしても100もいかないでしょうし、
仮に全員送らなくなったとしても焼け石に水ですよ。
さらに、ああいったところの方たちの中には明らかに礼儀を欠いてる方が結構いますし。
大量のメールが問題だというのならああいったところが変わらない限り殆ど意味がないと思いますよ?

2011-08-29 01:20 from あみ | Edit

No title

水無月(管理人)さん
>そうではなくて「メールはダメ」という声が広がると萎縮するのが問題だと私は言ってるのです。
>初心者も見てるかもしれないので、そういうのはどうかと申し上げてるだけです。
初心者がどうこうという問題ではありませんよ。
単純に議員の方々が大量のメールが来て、苦情を言うほど困っているから、しばらく休止しようというだけの話です。
受け取る相手の事をまず第一に考えるべきではないでしょうか?
そして私は議員へのメールはしばらく休止した方がいいが、出版社などへは送った方がいいとも書いています。
初心者の方も出版社にメールを送ればいいだけではないでしょうか?
議員にどうしても送りたいのであれば、その2のデビルメイクライさんが言われる様に、手書きの手紙にすればいいと思います。
>ただ、やはり、都条例の再現は防ぎたいという思いは強いです。
都条例の再現は防ぎたいというのであれば、あの時と状況が違うことをちゃんと認識しないといけませんよ。
都条例では6月否決後にメールが来なかったと言われていますが、今国会には溢れる程にメールが送られています。
これは明らかに大きな違いです。
>メールといえど常識的に書かないとダメなのは当たり前です。
>しかし、はっきり言って、そんな事を議論してる余裕はありませんよ。
>ある意味では最初で最後のチャンスですからね。
むしろ逆です。
議員の方々から大量メールは止めて欲しいという意見が出たからこそ、立ち止まって考える時です。
時間がないと強行してしまえば、私達は都条例で都議や最前線の方々に大きな被害と迷惑を出した漆黒の騎士団と同じになってしまいますよ。
宮崎タケシ議員は児ポ法で最も規制反対の為に努力してくれている議員の一人です。
その方がメールは逆効果だ、と言っているのですから、ちゃんと受け止めるべきだと思います。

2011-08-29 02:20 from not | Edit

No title

>ここにいる方が送っていたとしても100もいかないでしょうし、
読み返してみたらこの部分はとても失礼でした。
ここの影響力がとても少ないみたいに取れてしまいますね。
閲覧のみの方もいるのをすっかり忘れてました。
この部分は撤回させていただきます。
すみませんでした。

2011-08-29 02:27 from あみ | Edit

No title

>都条例では6月否決後にメールが来なかったと言われていますが、今国会には溢れる程に>メールが送られています。
>これは明らかに大きな違いです。
6月定例会前までは大量にメールが届けられていたでしょう。 それが、定例会後に全く届かなくなる状況は、通常国会が開かれてる時はたくさん届いていたメールが、一か月メールを送るのは止めましょう、という号令でメールが届かなくなると、全く同じ状況になるわけですが?

2011-08-29 03:00 from 夢NIA

No title

Mさま>
研究結果の件、とても良いご報告と思いますが、このタイミングでこちらに書かれると、約束を破って「ネット拡散」してしまう人が出てきそうで、大変心配です。
議員さんへの意見に用いるため、あえてご報告してくださったことと存じます。
ですがもしも、不本意な時期に情報が漏れることで論文発表に問題が生じたり、この先かえって反対派が不利になる可能性があるとすれば、いっそ文章を削除されてしまった方がよいのでは、と考えたのですが、大丈夫でしょうか…?(´・ω・`; )
あっ、言うまでもなく、批判ではありません。不安な日々に少しばかり希望がともって、嬉しく思っております。ですが「予期しない、不本意な拡散」の可能性とそれにより生じる?問題があるのではないかと、心配しております。
内情も知らぬ人間が的外れなことを申し上げていましたら、申し訳ありません。
無事に正式な発表となることを期待しております。

2011-08-29 03:22 from mo | Edit

No title

夢NIAさん
実際に起きている事と、仮定を混同するのは止めましょう。
夢NIAさんの言ってるのはあくまで、仮定の問題です。
実際に起きている事ではありません。
しかし大量メールで議員から苦情が出ているのは、今実際に起きている事です。

2011-08-29 03:41 from not | Edit

No title

>しかし大量メールで議員から苦情が出ているのは、今実際に起きている事です。
そう、今起きている事であって、「通常国会が閉会してから、臨時国会が開かれるまでの間」の状況は最前線の方も国会議員の方も判らないんです。 未来に発生する事象に関しては過去の経験から予測するしかないでしょう。
でも、あなたは「一か月」という期間を設けてメールをストップさせろと言いますが、その間に議員さんへ届くメールの数を今からどうやって把握しますか? 
そもそも、私は
「6月定例会前までは大量にメールが届けられていたでしょう。 それが、定例会後に全く届かなくなる状況は、通常国会が開かれてる時はたくさん届いていたメールが、一か月メールを送るのは止めましょう、という号令でメールが届かなくなると、全く同じ状況になるわけですが? 」
と、あなたに質問しているのに答えていませんね。
あなたは実際に、
「しかし大量メールで議員から苦情が出ているのは、今実際に起きている事です。」
と仰っています。 そして「メールを送るのは止めろ」と仰っているのですから、議員さんに届くメールが減るわけです。
という事は、都条例の時と全く同じ流れなわけです。
私はあくまでその意見に同意するのか、しないのかを問うています。

2011-08-29 05:53 from 夢NIA

No title

何だか結構盛り上がってますがね…(笑)
私はその2のデビルメイクライさんの意見が一番的を得ています。送ったほうがいいっていうのも、送らないほうがいいってのも両方正解で、両方間違いであると私も思います。
要はもはやオンラインでの活動には限界がある。オフラインでの活動に切り替える時期に本気できていると言うことです。もはやみなさんここで言い合っていることの限界を感じ、ここでメールを送るのが正しいか正しくないかなどと言うことで喧嘩なんかしているのはただの時間の無駄だということを覚ってください、なのでまず初めにはオフ会です。実際皆さんであって話をし、議員さんにどういうふうに接するか、本気で話をすべきときにきています。
きつい言い方でそんなふうに自分の意見を押し付けないでくれ、といわれるのは承知で言いますが、実際にオフ会なんか来たくない、実際に会いたくないと言っている人たちは、私に言わせれば、本気で、規制反対活動をする気があるのか、と言いたいです。どこからどう見ても、もはやネットでの活動には限界がある。みんなでネットで集まったもの同士で組織化していくしか道は無いと思います。
水無月さんを含めここのオフ会に消極的な人たちには、なぜ参加する気がないのか、なぜ会いたくないのか、オフ会が苦手ならなぜ苦手なのか、その理由を(水無月さんを含め)聞きたいと思います。

2011-08-29 10:00 from シンタロウ

色々話しが混乱して、感情的になっている方々がいらっしゃいますが、先ず落ち着いて下さい。
「表現の自由を守る」勢力で、今、団体としてロビング等しているのは「コン研」のみの状態です。
本来なら
積極的に動くべき出版業界があまり熱心ではないのも事実です。
そこで個人的に出来るのは、やはり出版業界他アニメゲーム業界への働きかけと同時に議員さんにもお願いを継続しなければ、議員さんの中では「終わったこと」になってしまいます。
基本議員さんは票に繋がらない事には積極的ではありませんし、大量のメールにヘキヘキしているのも普通の事です。それでも動いて下さる議員さをや返事を下さる議員の事は出来る限り応援し、御礼や季節の挨拶をきちんとする。
許可を取っていないFAX以外は、メールだろうと、手紙だろうと、個人の判断と出来る範囲でやればいいのでは?
大切なのは終わりのない活動である事を一人一人が自覚することです。
オフでの活動は、一人一人個人の立場や事情がありますから、これに関しては出来る人で動くしかありません。
オフが無理な方はコン研さんへのカンパ等、ちょっとだけ足を踏み出した活動が出来たらいいのでは?
大切なのは、熱意と根気と礼儀です。

2011-08-29 13:43 from H(体調不良)

シンタロウさん
今は財政難ですが。
俺はシンタロウの仰る通り、働いて資金をより貯蓄してここのメンバーを集めて組織化しようと言う計画を考えています。
俺の主催かシンタロウさん主催のどちらかのオフ会でより詳しい概要をお伝えしようと思っています。

2011-08-29 14:07 from CB | Edit

No title

水無月さま>
今回報告のあった研究結果については、ブログ本文で言及せず、このコメント欄を見た人のみが知るようにした方がよろしいのではないかと思います。
報告いただいた方も、下手に今の時期にネット拡散したら、何かあったときに不利になるかも、と書かれていますし。
もちろん、論文発表までに児ポ法が可決してしまったらそれこそ後の祭りなので、悩ましいところであるのは重々承知です。
しかし、まだ発表されていない研究である以上、これもまた、(現段階で)説得力のある「根拠」にはならない情報だと言わざるを得ないと考えます。
変に規制派の目にとまって、おかしな対策?をとられるのも怖いです。
(私は、宮崎タケシさんなど、積極的に規制反対してくださっている議員さんに、手紙で伝えようかと思っております。)
ご考慮いただければ幸いです。
H(体調不良)さま>
>「表現の自由を守る」勢力で、今、団体としてロビング等しているのは「コン研」のみの状態
>本来なら 積極的に動くべき出版業界があまり熱心ではない
>やはり出版業界他アニメゲーム業界への働きかけと同時に議員さんにもお願いを継続
賛同いたします。
アニメ・ゲーム業界は個別に自主規制のガイドラインを設けていますし、やはり内部でまとまりにくい出版業界に意見すべきかと。
もちろん議員さんへの意見も欠かしてはいけないので、大変にはなりますが^^;
>票にならないことに積極的でないなか、それでも動いて下さる議員さんや返事を下さる議員の事は出来る限り応援し、御礼や季節の挨拶をきちんとする
定期的に、議員さんとつながりを持つのが大事ですね。
なおお返事を下さるといえば、先日「たちあがれ日本」代表の平沼赳夫氏に手紙で意見した際、自筆のはがきでお返事を頂きました。
意見・手紙へのお礼と、手紙の内容について努力していく、といった文面でした。
少なくとも、まったくのスルーではないのかも知れません。
またやはり、はがきのようなちょっとしたものでも、自筆で送られると印象が違うなー、と実感しました。きれいな花の絵が描かれたはがき箋でした。
長々と失礼しました。

2011-08-29 15:28 from mo | Edit

松下都議の報告会

ともあれ地元民ですので、非実在青少年な問題の時、都条例改悪の時に敢然と規制反対の声をあげて下さった都議会議員・松下玲子氏の報告会に本日29日、行って参りました。平日昼間でしたが、たまたま時間がありましたもので。
主な内容には「浄水場の残土の放射性物質問題」や「公共交通の安全」など、表現規制問題に直結する案件はありませんでした。しかし、質疑応答の際、「青少年健全育成条例の時に関心を持って参加した」と自己紹介してから別の案件について意見される若い方も居まして、「あぁ確実に、広い意味での政治への参画がうながされたんだ…この流れは悪いことでは決して無い」などと思いました。最後に「築地移転」へも触れられていた松下都議でした。
途中で野田代表の決定の報、万雷とまではいかない拍手…やはり菅総理のお膝元だけに、そこは複雑?ともあれ菅さんにはお疲れ様、という雰囲気がありました。菅さんの秘書の方も来ていらっしゃいまして、国政と決して離れている訳でもない地方自治体、を、感じました。
自分は以前、やはり松下都議の新年会でお見かけしたアニメ関係のお仕事の方と少々雑談。「ご尽力下さった方には御礼を」などなど。

2011-08-30 00:48 from ふぶら

何故か?前向きになれる…

連投すみません。ともあれ、松下都議の報告会に参加すると、いつも何故か、前向きな元気が出てきます。ネガティブな気分が消えると申しますか…
何故なら、少なくとも、松下都議をはじめ、参加されている議員さん(市議さんもいらっしゃいますし、以前新年会には国会議員さんもお見えでした)や秘書さん方々は、皆さん、民の声に耳を傾けようという姿勢を崩しません。直接の対話は人垣に押されちゃって無理な時でも、人垣の向こうから漏れ聞こえてくる議員さんのお話が勉強になったり、同じ表現規制関係で関心を持つ方々とも交流できたりします。
十全な結果が即、得られる訳ではないとしても、意義ある考察の糸口が見つかるような…ええ。
きちんと関心を持つ人々の存在を体感するだけでも、活力はわく、そんな感じです。
このような議員さんの報告会、機会があれば参加されては?と…
ともあれ色々「お礼のはがき」、書かなくっちゃ!

2011-08-30 01:01 from ふぶら

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.