FC2ブログ

【PC監視法】参議院法務委員会にも反対の声を! - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【PC監視法】参議院法務委員会にも反対の声を!

田中龍作ジャーナル
サイバー時代の治安維持法 ‐「PC監視法」成立目前
http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002432

サイバー時代の治安維持法に道が開かれようとしている。「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」、通称・コンピューター(PC)監視法案が今国会での可決、成立に向けてまっしぐらなのである。

「原発・震災」のドサクサに紛れて5月23日に審議入りしたPC監視法案は30日午前、衆院法務委員会で可決されると、午後には本会議に緊急上程され可決した。民主、自民、公明党などによる圧倒的多数が賛成だからだ。

PC監視法が施行されるとどうなるか――

・捜査当局は令状なしで通信履歴の差し押さえができる。誰と誰が交信したのかが一目瞭然だ。通信の秘密などあったものではない。

・令状一本あれば、通信相手のデータも押収できる。例を挙げよう。嫌疑をかけられたのがAさんだとする。捜査当局はAさんの令状さえ取れば、Aさんの通信相手全員のデータ(通信内容つまり文面)を押収できるのである。通信相手が海外でも可能だ。

要するに権力にとって不都合な人間は「一網打尽」にできるのがPC監視法なのである。もっと端的な言い方は「ネット規制法」だ。捜査当局自身が目を見張るほど効率的な取り締まりを可能にする法律なのである。

憲法第21条が謳う「表現の自由」「通信の秘密」、第33条が定める「令状主義」を犯す可能性が高い。だが政府はそんなことお構いなしだ。

参院法務委員会の井上哲士議員によれば、与党は参院に送付されてくる前から「7日に採決してくれ」とせっついてきた、という。「自・公政権下でもこんな乱暴なことはなかった」と井上議員は眉間にしわを寄せる。

なぜ与党はここまで急ぎたがるのか。菅政権に対する不信任案が通り、解散総選挙になれば、郵政解散(2005年)で「共謀罪」が“流れた”のと同じ運命を辿ることを法務省、警察庁が危惧したためである。

PC監視法に反対するある弁護士は「エジプト市民革命の成功やウィキリークスによる政府情報の暴露が大きな背景にある」と見る。

ネットの普及で足元が危うくなりつつある新聞・テレビは、ネット監視法案の本質的な問題を伝えていない。(少なくとも筆者が新聞を読み、テレビを見る限りでは)

「民衆の力をつなぐのがネット。都合の悪いことは隠したがる権力はネットで真実が明らかにされるのを阻止したいのではなかろうか」。都内在住の男性(40代)は語った。


情報提供は水色の騎士さんからでした。

非常によく纏まっていてわかりやすい記事ですね。
唯一残念なのは「共謀罪」との関係性について殆ど触れていなかったこと。
本命はそこなので「PC監視法」だけを阻止しても解決する問題ではありません。

ダーツの規制反対ブログ
可決された、二次規制が含まれるコンピュータ監視法はまだ廃案にできる可能性はある!

http://a8fjw92ns762.blog138.fc2.com/blog-entry-44.html


状況はあまり良くないですが「参議院」の方も説得してみませんか?。
リンク先に連絡先がまとめてあるので、参考にさせて頂きましょう。

そして、繰り返しますが、これは「前座」に過ぎない事を忘れないようにお願いします。
可決したから終わりではなく、中長期的に考えなければいけない問題です。

■日本ハッテン党幹事長さんから頂いた情報

公明党の横山信一議員からお返事をいただきました。

衆議院で通過したことを受け止め、参議院でも「暴力団等による強制執行妨害犯罪に対処するために」という観点から審議するそうです。

ただし、無条件で賛成というわけでもないようです。

>今後は、捜査機関による違法行為が行われないよう注視して参ります。

とのことです。実質的には中立・慎重派とみられます。

横山氏に意見を送って、骨抜きにするのが良いでしょう。


この件に関しては公明党がややまともな事を言ってるのが皮肉です。
横山議員は慎重派、ですが参議院法務委員会浜田昌良委員長はどうなんでしょうね。

児ポ法改正の時は反対意見は一切スルーだったのに(苦笑)。
本当に支持母体の声に忠実な政党ですな・・・。


■エアトスさんから頂いたコメント

後管理人さん、今回の件と都条例の件、「仏の顔も三度まで」ですよ。と
「コンピューター監視法案(サイバー刑法)は衆議院法務委員会で可決した模様」の項目で
批判していましたが民主党じゃなければ都条例は1度目で可決されていましたよ


まあそんなに悪い事ばかりではないですよ
解散総選挙も否決されたし、自公が過半数になる不安がなくなりました


まずは皆さん安心する事が大事です
ここは日本なんだから間違っても他国みたいな事にならないしなったらがなりたてればいい

問題とされていた平沢勝栄、稲田朋美の事務所に言った結果
前者には秘書が「メールかFAXで頼む」といわれた。だが後者にはどんどん電凸すべきです。無論丁寧に

民主が生き残ったのは反対派にとってはいいことなんですかね?


確かに都条例は民主党でなければ最初の案で成立してたでしょう。
そういう意味では感謝してます、しかし、途中で妥協したのはいただけませんね。
野党でどうしても阻止できない状況ならともかく、あの時点では過半数を持っていた訳です。

国会の方も自公過半数でない事は救いですが菅総理の官僚よりな姿勢は痛いです。

警察族の平沢勝栄よりは稲田朋美の方がまだ可能性としてはある。
こういう時こそ自民党支持の国士様には動いてほしいのですがね。

>民主が生き残ったのは反対派にとってはいいことなんですかね?

良い悪いより「民主党しか可能性が無い」という状況です(苦笑)。
反対派にとっては「ややマシになった」程度ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

震災復興の目処

>【ありがとう民主党】消費税「25年度20%必要」 菅直人 改革案を決定!
ttp://alfalfalfa.com/archives/3465523.html
即時退陣を。
しかし増税反対な議員の方が少ないんですよね。
あと自殺者は増えないとか。なぜかという、日本中の検死医さんが検死しまくって限界の数が今の自殺者だとか。
実際はもっと死んでると。

2011-06-03 23:56 from 木村 | Edit

そういえば

コンピューター監視法案は14日に参議院で採決されると聞きましたが本当でしょうか?

2011-06-04 00:05 from K.J

>k.jさん
マジですか?参議院でこの法案に反対派はいるでしょうか?
かなり不安で頭と胃が痛いです。この通信ってメールでしょうか?

2011-06-04 00:22 from f | Edit

No title

fさん。
このブログに参議院におけるコンピューター監視法案採決の日にちが載っています。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/8298419f37991025f36258950b42589d
〔引用開始〕
衆院がスピード通過させたコンピュータ監視法は、参院では7日(火)趣旨説明、9日(木)与野党質疑、そして14日(火)採決が狙われていま す。
〔引用終了〕
タイムリミットまであと10日、それまでにやれることはやっておきましょう。

2011-06-04 01:03 from K.J

No title

カマヤンさんのブログの記事にコンピューター監視法案について重要な記述があったので引用。
〔引用開始〕
永田町の「空気」の作られ方について、表現規制反対運動で議員会館を多少ウロウロした経験から、以下書く。
1;永田町というのは一つの村社会である。よってそこで話題となると、あるいは話題が沸騰すると、それが「永田町の空気」となる、。
2;永田町という村社会の構成員は、国会議員と秘書などスタッフである。統一協会は自民党(一部民主党)秘書にわりと多く食い込んでいるので「永田町の空気」を統一協会は作ることを得意とする。よって我々は表現規制反対活動において、当初苦戦した。今も敵方に拮抗はできていない。
3;直接のロビー活動がなぜ力を発揮するのかというと、永田町村社会に外部からマレビトが来ると、それは永田町村社会にとっては話題になり易いからだ。永田町村社会で話題になれば、冒頭の通り、「永田町の空気」となる。できるだけたくさんの村住人にマレビトたるロビーが接触すれば、それだけ村住人の共通の話題となり易く、「空気」を形成しやすい。
4;永田町村住人の中に「友人たる味方」を確保しておかないと、「永田町の空気」は形成されない。実際に永田町村社会の中で継続的に村住人に働きかけをしてくれる「同志」「仲間」がいないと、マレビトにできることはほとんどない。マレビトはそれ自体はあまり影響力はない。マレビトとは精霊的存在であり、村住人内の「仲間」が実際に動かないと、精霊たるマレビトすなわちロビー活動は功を奏しない。手紙やメールはもっとそうである。永田町住民にとり手紙やメールは、お宮のおみくじ的な存在であり、おみくじを引いた者が信じなければそれで終了、という程度の扱いである。
5;たとえば「コンピュータ監視法」=「共謀罪」においては辻恵議員は、我々以上にずっと継続的に活動している。ただ、辻恵議員の応援をしようという「空気」が永田町内で形成されていないため辻恵議員の影響力は限定的なものとなっている。「コンピュータ監視法」においては、「辻恵議員の話に耳を傾けてください」というメール・手紙が辻恵議員以外にどのくらい送られるか、可能ならロビー活動する人がどのくらいいるか、それが勝負である。その動きは「永田町の空気」を形成する。
6;菅直人への不信任案という「空気」は、おそらく、小沢一郎という、一部にえらい信者の多い神官が「菅直人への不信任案は可決する」という託宣を得たことによって「空気」が外部とは無関係に形成されたのだろうと思われる。この神官は沈黙していることで威厳を演出していて剛腕呼ばわりされているだけで、神官としての実力は細腕だと私は思っている。
〔引用終了〕
>5;たとえば「コンピュータ監視法」=「共謀罪」においては辻恵議員は、我々以上にずっと継続的に活動している。ただ、辻恵議員の応援をしようという「空気」が永田町内で形成されていないため辻恵議員の影響力は限定的なものとなっている。「コンピュータ監視法」においては、「辻恵議員の話に耳を傾けてください」というメール・手紙が辻恵議員以外にどのくらい送られるか、可能ならロビー活動する人がどのくらいいるか、それが勝負である。その動きは「永田町の空気」を形成する。
ここ重要ですよ!

2011-06-04 01:58 from K.J

No title

記事のURLを貼り忘れていました。失礼。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110603

2011-06-04 01:59 from K.J

>k.jさん
ありがとうございます。
6月1日行われた院内集会にどれ位集まったかかなり気になります。カマヤンさん曰く院内集会に集まった人の数も反対の圧力になるとのこと。
本当に頭と胃が痛いです。

2011-06-04 07:21 from f | Edit

連投失礼します。
>k.jさん
カマヤンさんのリンク先に反対署名があります。拡散すべきでは?

2011-06-04 07:29 from f | Edit

No title

管氏は何故あそこまで退陣を拒むのか分からんねえ。官僚に退陣するなってきつく言われてるんじゃなかろうか?管氏が首相だと官僚にとっていろいろと都合が良いだろうし。

2011-06-04 10:51 from -

No title

名無しさん
>管氏は何故あそこまで退陣を拒むのか分からんねえ。官僚に退陣するなってきつく言われてるんじゃなかろうか?管氏が首相だと官僚にとっていろいろと都合が良いだろうし。
特に法務省・警察省始めとする穀潰し官僚どもにとってはね。

2011-06-04 12:08 from じょも

今ヒストリーチャンネルで「ナチス第三帝国 知られざる真実」という番組を見てますが、石原をヒトラーだと思ってみると恐怖を感じますね
しかも自分達を支持する家族すら裏切り、金を奪いボロボロにしたと言ってます
石原を支持する高齢者の女性達は多分ここまでされないと分からないのかも知れませんね、何か被って見えたよ…
序盤で性の規制を言っていたが(そこから見たので何の性かは微妙に分からなかったがι)、性を規制するなんて話は本当に始まりにすぎなかったんですね
日本がこうならない事を祈るよ

2011-06-04 15:30 from Y.K.@

長文で申し訳ありません。

おはようございます。
話題とは関係ない所に書いて申し訳ありません。
秋葉原通り魔事件から間もなく3年経とうとしています。
2008年6月8日…あの日は日曜日でNHKと日テレがエコ関係の番組を放送していたのを覚えています。
ニュ-ス速報で事件が起きたことが流れ、時間が経つごとに凄惨な現場であることが分かり言葉が見つかりませんでした。
日本のマスコミは、「秋葉原」で事件を起こしたのだから容疑者を「ヲタク」と決めつけ、思い込み…偏見報道を続け、後にヲタクではないことが分かったのに訂正・謝罪報道をせず、未だにされていないことに怒りがこみ上げてきます。
当時、事件現場にたまたま遭遇した地方の医師が治療にあたったと言うインタビュ-がテレビ各局のニュ-スや朝の情報番組で映像が流れたました。
その時に見物していた人たちに医師が助けを求め手を貸したのがヲタクの人たちだった(ヲタクではない人もいたのかもしれませんが)と仰っていた映像がテレ朝の朝の情報番組しか流れておらず、他の番組は、そこだけカットされていました。
まるでヲタクの印象が良くなるのが都合の悪いと言う意思が働いていたかのように…。
ヲタクに対して偏見報道をする一方、見物人が携帯で事件現場を写真で撮っていたり、電話をしながら笑っていたことにどのマスコミも報道しなかったのには、呆れてものが言えません。
あの事件で傷ついたのは、被害者、被害者遺族、秋葉原に住む人や秋葉原に通勤・通学をしている人たちだけではなくヲタクも傷つきました。
しかし報道のせいなのか…ヲタクがいたからあの事件が起きた・ヲタクがいなければ起きなかったかのような空気が漂い、ヲタク締め出しが進んだような気がします。
もうそろそろニュ-スや情報番組等であの日の事件が取り上げられるでしょう。
自分勝手な意見ですが、その時、再びヲタク敲き・ヲタク排除のような事が起こらないことを祈るばかりです。

2011-06-05 09:34 from 青空 | Edit

No title

連投で申し訳ありません。
建て替えのため一時閉店するラジオ会館に入っている店舗の移転先が「アキバガイドBlog」に出ています。
建て替えが終わったら「アトレ」と何も変わらないのが出来ていたと言うことにならなければいいのですが…。
ラジオ会館と変わらない店舗(ヲタク向けの店やヲタク向け以外の店)が入って欲しいですね~。
ヲタク向けの店やヲタク向けの店以外の店、お洒落な店が融合した秋葉原にしかない・できないのでもいいと思います。

2011-06-05 09:54 from 青空 | Edit

青空さん>
その話をBPOに意見にしてはどうでしょうか?少なくとも無実なオタクに罪をきせようとしたマスコミの責任はあると思いますし、いつもオタクが悪いと言われ、だけどオタクじゃなかった場合の謝罪がないってのはテレビ局はオタクを犯罪者と印象操作はかなりあくどいし無責任です。
それでも謝罪がない可能性が高いが、して損は悪くないかと
ただその人の家にアニメやゲームやマンガまたはホラー系があっただけでそのせいにされ、真実に蓋をする。
多分マスコミ連中は忘れてそうだから、また取り上げてもらうようにしたほうがいいかと、何にしてもテレビ局からのオタクいじめや偏見は日本中に広めいじめ受けてるように感じますし
そのままってのは私個人としても不愉快ですしね。

2011-06-05 10:52 from Y.K.@

No title

>Y.k.@さま。
時間が…3年もたっていますし悔しいですが、手遅れだと思います。
当時、事件が起き容疑者をヲタクと決めつけ「ヲタクは犯罪者予備軍」という含みを持たせたような事件の報道していたのに日を追うごとに容疑者がヲタクでないと分かってくると容疑者がヲタクと言う含みを消した報道に変えたように思えました。
日本のマスコミと言うのは、アニメ・マンガ・ゲ-ムやヲタクを偏見の目で見て敲いていた割には、海外でク-ルジャパンと言われ日本のアニメ・マンガ・ゲ-ムが流行っていると情報をつかんだ途端、「アニメ・マンガ・ゲ-ムは、日本の文化だぁ~」と手のひらを変え持ち上げる始末。
現在も見下し、嘘の情報で行きすぎた規制・抹殺しようとする一方では、持ち上げるような報道…一体この国のマスコミと言うのは、何なのでしょう。

2011-06-05 13:40 from 青空 | Edit

No title

>「暴力団等による強制執行妨害犯罪に対処するために」という観点
この話、昭和33年の「凶器準備集合罪」を連想させる内容ですね。
当時、集会や結社の自由との整合性が議論される中で「この法案は暴力団抗争に対処する目的のものである」との答弁があり、それを根拠に可決、成立しました。
しかし、40年代に入ると専ら学生運動を取り締まる目的で運用されるようになってしまいました。
これは立法者意思説よりも法律意思説を優先した解釈ですが、明らかに法の一人歩きです。
(というか、暴力団がウイルスの作成をしているという話は聞かないのだが・・・)
>秋葉原
明日は私の誕生日なのですが、その翌日に発生した恐ろしい事件には強いショックを受けました。
今では歩行者天国も再開され、徐々にかつての活気を取り戻しつつあるのではないかと思いますが、まだ事件以前に比べると殺伐とした雰囲気も残っていると感じております。
もう、人をあやめることは漫画やゲームの中だけで十分です。

2011-06-06 12:34 from 愛知の長門 | Edit

No title

愛知の長門さん
>「暴力団等による強制執行妨害犯罪に対処するために」という観点
この話、昭和33年の「凶器準備集合罪」を連想させる内容ですね。
当時、集会や結社の自由との整合性が議論される中で「この法案は暴力団抗争に対処する目的のものである」との答弁があり、それを根拠に可決、成立しました。
しかし、40年代に入ると専ら学生運動を取り締まる目的で運用されるようになってしまいました。
これは立法者意思説よりも法律意思説を優先した解釈ですが、明らかに法の一人歩きです。
奇麗事言って無理やり可決させるやり方は霞ヶ関のメタボ官僚のやり方。
可決されても諦めず廃止するまで反対すべき

2011-06-06 13:19 from じょも

No title

愛知の長門さん
たとえ法で拘束しても犯罪は無くなりません。
根本的な原因を解決しない限り。
現に「凶器準備集合罪」を布いても暴力団による発砲事件が多少発生してるし、中国でもデモや少数民族の暴動を抑えるために検閲やら規制やら弾圧やらやってるが一向に納まる気配がありません。
悪法を廃止するか国民が納得する方向に改善しない限り犯罪は止みません。

2011-06-06 13:33 from じょも

No title

こんにちは。
昨日のニュ-スでは、昼のニュ-スとお昼のニュ-ス、夜のニュ-スであのときの事件が3年たったと短く報じただけでした。
きょうも朝・昼のニュ-スと朝の情報番組でも報じていませんでした。
事件が起きてから、事件から1年、2年たったとき誰かが言ったコメントでは、「あの悲惨な事件ほ風化させてはいけない」と言っていました。
原発の事・政局の事と報じなければいけないことがたくさんあるとは言え、短かったり、全く取り上げないと言うのも合点がいきません。
あの事件は、絶対に忘れてはならない現実…事件の悲惨さ・傷ついた人・傷ついて苦しんでいる人・悲しんだ人・今も悲しんでいる人・苦しんだ人・今も苦しんでいる人がいると言うことを忘れない為にも・風化させない為にもマスコミは報じるべきだったと思います。
ただ…事件を短く報じたり取り上げなかったこと…に…偏見報道がなかったと安堵してしまった自分自身を恥ずべきことだと思うとともにそんなことを思ってしまった自分自身を軽蔑します。

2011-06-09 14:26 from 青空 | Edit

トラックバック

こうすればダーツが上達する!

Cフライトの初心者でも、ブルやトリプルなどを決めることができ、一気にレーティングを10~12(Aフライト)へと上げてしまえるダーツ上達法を知りたくありませんか?今ならダーツ世界チャンピオンのポール・リム氏が、『10日間ダーツ上達プログラム』(DVD)を公開中です。

2011-06-04 20:47 from 10日間ダーツ上達プログラム

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.