FC2ブログ

【拡散希望】反対派の皆さん、そろそろ「民主党バッシング」は止めませんか? - 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ

【拡散希望】反対派の皆さん、そろそろ「民主党バッシング」は止めませんか?

少しの間、しつこく言わせてもらいましょうかね。
昨日の今日で冷静になれと言われても無理でしょうから、ご賛同は得られないと思うけど。

都条例改正案が可決したことにより、私達はスタート地点にたった。
今後、我々に必要なのは、いかに「冷静」「合理的」に判断できるかです。

今回の件で以下のようなコメントが多かった。
民主も自公と同じ裏切った民意を無視した、これは仰るとおりです。
要するに「票」にも「金」にもならないから私達は見捨てられた訳だ。

それでも「東京都」「国会」だけは民主党を支持すべきだと思う。
理由は簡単、ここで短気を起こしたら、この先にある規制は止められないからです。

党で見ずに「人」で見るというのも正しいと思う。
しかし、政治の世界は所詮「数」がモノを言うことも忘れてはいけない。
どんなに正論を言っても小政党であれば数で潰される「共産党」「社民党」が良い例だ。

自民党公明党「表現の自由の保護」を求めても聞き入れてもらえない。
都議会や国会での彼等の言動を見ても分るが、現時点では不可能だ。

今の時点では「自民党」に対抗できるをもってるのは「民主党」しか居ないから言ってるのです。

表現規制など一般の人は興味が無いです。
そういう人は、それ以外の「雇用」「経済」を見て投票する。
国会の不甲斐なさを見れば次の選挙では自民党が勝つでしょう。

そうなったらどうやって規制を止めますか?。
繰り返すが3月の時点で誰一人反対する人はいなかった政党です。

勿論、この先、民主党が「党」として規制に賛成の方向へ行けば意味は無くなる。
でも、反対派がマイノリティである以上「可能性」のある方を支持していくしかないのでは?。
我々は保坂さんひとり当選させてあげられなった。

異論があるのは承知の上だがハッキリと言い切る。

早急に出版業界も巻き込んで「反対派」を大きくする。
その上で「表現の自由」に理解のある人が多い「民主党」を支持し党の半数でも味方にする。
票になると意識させるのです、これが出来なければ負けは確定です。

これは冗談で言ってる訳ではありませんよ。
試しに都議会国会自民党が与党だったらと想像してみれば分るでしょう。

もうひとつ民主党バッシングを止めなければいけない理由がある。
それは「ネトウヨに利用される」からです、というか、もうすでにされてます。
非実在青少年今回の改正案も民主党が作り推進ていると。
わかりやすい嘘だが、大抵の人はソースまでは調べません。
表現の自由の保護を謳うより、国士を気取っていた方が楽だし面白いですからね。

ただでさえ劣勢なのに、今回の件で、ますます苦しくなった。
「正しい情報」を広めていくべき私達が、冷静さを無くしたらお終いです。

まとめサイトの管理人さんも言ってます。
http://mitb.bufsiz.jp/

都条例改正案についての判断を一任された都議会民主党執行部は、都議会自民党・都議会公明党と共に石原慎太郎都知事を支える「オール与党体制」という悪弊を守る事を選びました。蓮舫議員や有田芳生議員などの国会議員の説得にも全く耳を貸さなかったという事です。呆れてものが言えません。

しかし最大の戦犯は、この条例案を作った東京都青少年・治安対策本部の倉田潤氏・櫻井美香氏・浅川英夫氏と東京都青少年問題協議会の委員達、最初から反対派の声を全て無視し続けてきた都議会自民党と都議会公明党、そして石原慎太郎都知事です。強く抗議するべき相手は誰なのか、それを間違えないで下さい。


ありもしないPTA票に惑わされた民主党も愚かと言うしかない。
ただ、最後まで反対派のいた政党はどこでしたか?。
最初から慎重派もいなかった政党はどこでしたか?。

これを忘れてしまったら「規制反対活動」はネトウヨに民主叩きの材料を与えただけで終わってしまう。


余談だが2ch「早川忠孝氏の例もあるから、こうなったら自民党だ」という声があった。
早川氏は確かに慎重派です、他にも3名ほど慎重派がいましたね。
でも、あの児ポ法改正案を見れば反対意見など微塵も聞いてもらえてないのは明らかだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント

かっこいい抗議の仕方

【ようつべ】COWBOY BEBOP SessionXX よせあつめブルース【転載】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12684653
以下wikiより。
テレビ東京での放映は、放映枠が1クールしか確保できなかったため全26話中12話(#2、#3、#7 - 15、#18)+総集編の全13回となった他、暴力表現および性的表現が修正・カットされている。これは、製作開始時から放映までの間に青少年によるナイフを使用した暴力事件が起きたことや、ポケモンショックによってテレビ東京の規制が強まったためである。また、テレビ東京自身は制作自体余り関与していないため、担当者は深夜アニメと同じ「番組担当」とクレジットされた。
テレビ東京版最終回である総集編「よせあつめブルース」は、これらの規制・カットに対する抗議をメインキャラクター達の独白という形で吐露したもの(通常の総集編とは異なり、物語自体には殆ど言及していない)で、エンディングは「THIS IS NOT END.YOU WILL SEE THE REAL "COWBOY BEBOP" SOMEDAY!」という挑発的なメッセージで締めくくられている。 現在、一度テレビ東京で放送されたのみで、再放送やDVDなど映像ソフトには収録されていない。

2010-12-16 15:53 from -

No title

すみません。こっちでした。
COWBOY BEBOP SessionXX よせあつめブルース
http://www.youtube.com/watch?v=Zp2ejQhSyFU

2010-12-16 15:56 from -

野上ゆきえ都議からの情報

来年1月中旬に、東京都で早速審議会が行われる模様。↓
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo-jp&guid=on&output=xhtml1_0&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com/nogamiyukie/status/15237195405205504&wsi=1b132692c3b70364&ei=y70JTcvpF8jTkgWWtfCQBg&wsc=tb
(リンク飛びづらかったら、申し訳ありません。ちなみに、直接ツイッターからでも確認できますのでご了承ください。)
審議会メンバーも見ましたが、どうなんでしょうね?
あのメンツ。
さらに、この審議会は非公開であり、議員の傍聴さえ許可しないとのこと。
・・・公開しないとか、公平に議論する気、本当にあるんですかね?
(あ、決して野上都議を非難している訳ではないですよ。)

2010-12-16 16:33 from 現在アニメ好き

No title

都議会民主党のバッシングをすべきじゃないというよりは、優先順位的にそんなことを
している場合じゃない
と言った方が正しいでしょう。彼らの突き上げは国会議員に意見を出して、
そちらに一任すれば良い
>現在アニメ好きさん
野上議員に許可を頂いてないんで名前は伏せましたが、一応意見フォーラムで
経産省と総務省に非公開で審議会やったりで到底信用できないあいつらをどうにか出来ないか
といった旨や、経済的な面で見たこの情勢の危険さの軽い説明を
送りはしました。果たしてどの程度効果があるか謎ですが

2010-12-16 16:41 from とくめい

No title

都知事選、思わせぶりな“沈黙” 石原氏、広がる4選出馬観測
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000123-san-pol
このジジィ大概にしろ! まだヤル気かこのヤロウ!
水無月さん
では最後にこれだけは言わせて欲しい、この国には自称保守のキチ○イレイシスト政党、ちょっとしたことで人を簡単に裏切る根無し草政党、反日丸出しカルト政党
こんな政党しか威力を持ってないorz
もうやだこの国、夢の島に漫画とかアニメもってって独立運動したほうがいいかもしれないorz

2010-12-16 16:56 from シンタロウ

No title

あー成程
これからも都知事の椅子に居座りたいけど、今までやった政策が尽く失敗し通しだったから
何か見栄えのよさそうな功績を一つ都知事選の直前に作ってアピール材料にしたかった訳か
どこまでも醜いもんですね。老害ってのは

2010-12-16 17:09 from とくめい

No title

今回の条例改正で一番不幸だったことは、延々と漫画文化弾圧の是非に明け暮れた結果、肝心の青少年を守るための施策が放置されてしまったことです。
18条に性被害児童の救済策こそ記されましたが、それ以外は何一つとして有効な手だてが追加されませんでした。
昨日の中日新聞(愛知県版)には、いじめと戦う少女の特集が1面+おまけで書かれ、さらに児童施設での性的虐待の話や、大阪のネグレクト死亡事件を救えなかった行政の話まで載っていて、「子供を実在脅威から救おう」のオンパレードでした!
これらが放置されて漫画弾圧だけ可決で「子供を守りました~」では困る、漫画弾圧以上に苦しむ子供たちを窮地に追い込むこととなります。
僕はこれから、街頭記事の切り抜きを民主党でがんばってくださった西沢けいた都議へ郵送して「こっちもちゃんと対策してほしい」と頼んでみます。
やっぱり、条例の再改正を目指すのであれば、「漫画弾圧やめろ!」だけでなく、「これじゃ子供を守るこうかなんて皆無だ!虐待やいじめから子供を救う条例を作ろう!」という方策を考え、それを可決させる引き換えに漫画弾圧の撤廃を求めていくような方策が必要かと思います。

2010-12-16 17:12 from 愛知の長門

どうやら小中学生も懸念してるようです。
守るどころかドン底に貶めてますな。

2010-12-16 17:17 from f | Edit

不快に感じたら申し訳ないです

シンタロウさん>
全く同感です!
つか一体いつまで出続ける気だよこの男、大体想像はできたけどさ!明らかに調子に乗ってるね#もう嫌ぁぁっ!↓(怒)つかこの男が都知事になって言い事って何かあったっけ?
思い浮かぶのは東京マラソンのみなんですけど、確かに東京国際アニメフェア開いたきっかけこの人だけど今は自分で潰そうとしてるし(怒)
何かもうこの連日怒ってばっかり!(`ω´♯)
さすがに勘弁してよιつかいい加減若者に譲れっ!

2010-12-16 17:22 from Y.K.@

バッシングするつもりは無い。
ただ最後まで反対してくれたのは
一部の民主党都議員であって
民主党ではない。これからも一部の議員さんが
話を聞いてくれる可能性があるだけであって
民主党自身ではない。
まぁそれでも最初から聞く耳持たず
ごり押しした似非右翼都知事や自民党、カルト公明党よりはマシと言うべきだけど。

2010-12-16 17:23 from miyabi

No title

出来れば都民である私がデモ等の計画を立案出来れば最適なんですが、
それをするだけの知識と人脈諸々の能力が無く、他の方の企画に参加するのが限界なのが
悔やまれる…
>fさん
そういえば、この間fさんに紹介して頂いたネット上の署名なんですが、10万人は突破しているものの
未成年の割合が結構多いようなのですが、あれって未成年の分も受理されるんでしょうかね

2010-12-16 17:25 from とくめい

No title

・多選しすぎ。官財との癒着もさすがにたくさんあるだろ
・表現規制、差別発言
・都政の成果がない
・銀行関係での後ろ暗さ
・もう年だろう
客観的に見るとマイナス点というかこの人駄目じゃない?って話がし易そうなんですが、やっぱり対立候補次第なんですかね。変に若くて有望な人が出るより下ろし易いと思うんですが難しいのかな。
反対意見述べてるコメンテーターで都知事選の争点の一つにすればいいみたいな事もいってましたが。

2010-12-16 17:28 from shin | Edit

ぶっちゃけ今の石原は
ここ最近大した実績も無い癖に
言う事や態度は達者です。
あの毒舌(笑)も昔の様に
ある程度活躍してるなら
まだ許されますが、
最近の彼はただ暴言を吐き捨て、
やりたい放題やってる様は
本当に見苦しいですよ。
権力に取り憑かれ過ぎ。

2010-12-16 17:33 from miyabi

No title

 東京の方から離れますが、大阪府の大阪府青少年健全育成条例に関する審議経過についてのページを見ました。
やはり、想像通りひどいものでした。下記がアドレスです。
lhttp://www.pref.osaka.jp/koseishonen/jorei/index.html
 第2回青少年問題協議会の中の発言ででありましたが、民主党が児童ポルノの定義を狭めることを検討していることが、問題とまで言ってるのです。
他にも、親権無視とも捉えられる発言までありました。
 東京よりも、単純所持罪まで検討してる大阪のほうが危ないのかもしれない。
同じ大阪人が言うのもなんですが、大阪人は、政治に関わらなければ、安全と思い込んでる人が、大半ですから。そうなると、こういう連中がのさばる訳です。
 そもそも大阪は、ナントカ学会の勢力は強い上、在日の支配下といっても遜色ない生野区まで存在してるところです。
 国政のほうですが、この状況ではいやでも民主党を応援しないといけませんね。
もちろん厳密に言えば、規制反対派の議員をですけど。

2010-12-16 17:42 from ユウケン

自分も民主党をバッシングするつもりはない。
高校時代に憲法問題に触れたのもあるからです。
ネットを見たら前も言ったが自民党に対する反感が6割となってます。

2010-12-16 17:46 from f | Edit

>表現の自由の保護を謳うより、国士を気取っていた方が楽だし面白いですからね。
 要するにオ○ニー野郎ですよね。こんな俗物でしかない奴らにチンコ最優先なぞと叩かれる筋合いはありません。
 あと、こちらの方↓が今回の可決を潰す方法を模索している模様。要チェックかと。
http://twitter.com/applesringo

2010-12-16 17:47 from - | Edit

アドレスを間違ってたので、訂正

すいません、アドレス間違ってました。
こちらが大阪府青少年健全育成条例に関する審議経過についてのアドレスです。
http://www.pref.osaka.jp/koseishonen/jorei/kaisei.html
先ほどのは、大阪府青少年健全育成条例のアドレスでした。

2010-12-16 17:48 from ユウケン

>とくめいさん
恐らく未成年の方々は皆漫画が好きでこういった問題に感心があるのではないでしょうか?
まあ推進派の言う子供を守るは一体何処に?
連投すいません。

2010-12-16 17:49 from f | Edit

No title

>fさん
こちらも連投で済みません
私もそういった流れがあることは非常に心強いのですが、問題なのは、
いざ提出の段階になった際に「有権者じゃないから」という理由で
ガン無視決め込まれて受理されない。と言ったような事態が生じるケースです
あの署名の内容って、有権者でなければカウントしない性質のものでしたっけ?
私は一応有権者ではあるのでその辺は気にせず署名したのですが(サイトが
異様に重かったので、ちゃんと記録されたかは確認出来てませんけど)

2010-12-16 17:54 from とくめい

No title

>. さん
件のツイッターの方のお話にはある程度、信憑性があると思います。
割と話せる範囲だとソフ倫内の警察官僚と経産省の関係(本来、ゲームは経産省の分野)
文化庁は、アニメの脚本コンクールにお金を落として産業として育成しようともしていました。
また他他府県事情ですが、県がお金を落としたり土地を融通してアニメ制作会社等誘致していました。東京都でも同様の事をやってる部署があれば泥を塗られた形になってるでしょう。
後は、コスプレイベントなんかにも経産省が絡んでいます。今回の件で水を差されると向こうの権益が侵されます。
そういう意味で他の省庁が今回の件を苦々しく思っていて、機会があれば介入を窺うという可能性はあります。
特に警察以外の省庁は漫画・アニメを産業として育てる視点である程度歩調を合わせてきたので警察と絡む
よりはよほどマシな結果が出るのではと思います。

2010-12-16 18:03 from shin | Edit

また投稿させてもらいます。
>とくめいさん
あのサイトは初めてでよくわからないですが、有効ではないでしょうか?
未成年の方々が感心を持たれることは非常に頼もしいです。

2010-12-16 18:03 from f | Edit

No title

そもそもあの署名って提出される予定あるんですか?ずいぶんほっとかれてるような気がするのですが

2010-12-16 18:03 from -

No title

提出される予定はあるんでしょうけれど、なにぶん署名の数が足りていませんでしたからね
これまでは
この騒動で大分署名の数は増えて来たので、提出へ前進しつつはあるでしょう
何はともあれ、オツムのねじが飛んでるのは分かり切ってる老害について
どうこう言っても仕方ないですし、今は我々に出来る意見の提出等をしながら、
具体的活動を企画して下さった方の要請があればそれに応えられるようにする準備の
継続と行きましょうか

2010-12-16 18:11 from とくめい

>shinさん
確かにこの条例は総務省や文化庁や産業省の目の上のたんこぶかもしれませんね。
観光庁も秋葉原にアニメで外人さんを呼び込む観光センターを作るとかいう話がありましたな。
観光庁に知らせるべきでは?

2010-12-16 18:17 from f | Edit

No title

>そもそもあの署名って提出される予定あるんですか?
見たところ、開始日が2009年5月8日、提出期限が2011年の同日ですからねぇ…
提出されるにしてもまだまだ先のように思えますし、そもそもWEB上での署名に効果があるのかどうか(有用性がハッキリ分からない)、そして未成年からの署名は認められるのか分かりませんが…(利用規約を一通り見た限りでは、年齢制限はありませんが)
いずれにせよ、未成年の方々が関心を持っている事は嬉しいですね。
惜しむらくは選挙権が無い事や、都議会のように条例の当事者であるにも拘らず意見が無視されたり門前払いされたりする事ですが…

2010-12-16 18:19 from k-z | Edit

No title

しかし、民主党としては今後どう対応するんでしょうね
人権擁護法案等、内部で表現規制も絡んだ爆弾を未来においても牽制し得る
唯一といって良い材料は「児ポ法や都条例で表現規制を守って着た」
という一点でしたが、それが今回完全に瓦解したと言っても過言じゃない以上
都議会如きで済む話じゃなくなる訳で
冗談抜きで賛成した議員が公認外される事態とか有り得るんじゃないですかね

2010-12-16 18:23 from とくめい

人権譲護法それは自民党の案ですよ。民主党と勘違いしてる人って多いんですよね。
このサイトに度々話題になってますよ。
大阪の件ですが、どうやら卒アルにプール授業の写真や赤ちゃんの写真もアウトだそうです。
これに賛成する人っているのかな・・・・

2010-12-16 18:29 from f | Edit

連投すいません。
卒アルのプール授業の写真でした。
間違えてすいません。

2010-12-16 18:33 from f | Edit

>ユウケンさん
>民主党が児童ポルノの定義を狭めることを検討していることが、問題とまで言ってるのです。
大阪府は、自己実現のために仕事をしているアイドルを、ポルノアイドルや被害者に仕立て上げるような事をやろうとしていますからね。おまけに、判断基準は見た目という主観です。
答申では慎重でなければならないと記載されていましたが、主観で判断する以上無意味でしょう。
>東京よりも、単純所持罪まで検討してる大阪のほうが危ないのかもしれない。
そうですね。
東京と大阪を比べるのは難しいかもしれません。
というのは、大阪の場合は東京と違い(東京の場合は簡単に言うと、売り場を変えるだけと言いながら、表現規制と発禁に繋がるという事が問題でした)、理不尽な行政介入や最初のほうで記載したような「仕立て上げ」というレッテル貼りによる人権侵害が東京の条例よりも問題になってくるからです。
因みに、危険度で言えば東京と大阪どちらも同じくらい危険度が高いです。

2010-12-16 18:36 from コール

そういえば…

あの署名、私成人前(現在21です)…3年くらい前?に書いた覚えがあります
ホントに出す気があるのかも効力があるのかも不明ですね
まあ、気休めくらいにはなるかもしれませんが

2010-12-16 18:48 from C・C社員

今更お聞きするのもあれなのですが、大阪府の条例改正案はどのような内容なのか、簡潔で構いませんのでご説明いただけませんか?
(携帯からではpdf等のファイルはみれなかったので…)

2010-12-16 18:49 from チャリ女子。

No title

http://59.106.108.102/kamayan/20101214
ふるさと納税を使って、東京都に納税するのをボイコットしてみては?
たくさん集まれば、相当な圧力になりますよ。

2010-12-16 18:52 from 蒼空 真 | Edit

No title

あっちでも書いたけど、ここでもいろいろ言われているけど、わたしもI原イベントはまずいのではないかと。
せっかく大切な時期なのに、老害(としか思えない)じーさん(とその後ろの一部のひとたち)をわざわざ喜ばせるだけの結果になったらたまらん。
そんなことするんだったら、どうどうとI原おろしに精をだしたいわ。対立候補を応援するとか、いろいろあるじゃん。

2010-12-16 19:01 from -

No title

>表現の自由の保護を謳うより、国士を気取っていた方が楽だし面白いですからね。
国士様を見ていて疑問に思うのは、
「天下国家という大きなテーマを語ることで、自分まで大人物になった気でいるのではないか?」
「国という巨大な力に阿ることで自分まで偉くなった気でいるのではないか?」
ということです。
まぁ、前にも言ったと思いますが。
ところで、前々エントリにもコメントしましたが、「石原慎太郎以外で東京都知事になれそうな人」を応援し、規制に反対するように頼むというのはどうでしょうか?
ただし、問題は地方自治法第176条の解釈ですがね。
可決から4ヶ月以上経ってなお知事の一存で廃止や再審に持ち込めるのか。
その辺がわからないんですよ。
そもそも、石原慎太郎の対抗馬になり得る人といえば、東国原英夫氏くらいしか思い浮かばないんですが、この人も「淫行事件」というアキレス腱を抱えていますからね…。(逮捕されたり罪に問われたりされたわけではないが、青少年・治安対策本部が印象悪化工作に利用する可能性はある)

2010-12-16 19:13 from 水色の騎士 | Edit

ある程度溜まると提出では?
東国原氏ですか。
多分民主党として出るでしょうね。
東京を良い方向に向けて欲しいですね。

2010-12-16 19:17 from f | Edit

No title

「ふざけるなっ」14歳女子も怒る都条例 「議会傍聴者」に意見きいてみた ニコニコニュース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw15252
反対派びいきな記事なので、中立的な内容とは言えませんが、そりゃまあ一番腹が立つのは、当事者なのに頭の上で一方的にことを進められている子どもでしょうね。
本当に現状ではただの「キモいもの」潰し条例にしかなってないなあ。
副都知事は堂々と恣意的運用宣言をしましたし。

2010-12-16 19:21 from 愛宕 | Edit

私は大阪府在住なのですが、今の所は大きな動きは無いように思えます(もちろん裏で何かやってる可能性もあるんですが)。
それと、こちらの知事も老害じゃないとは言え、ゴミには変わりありません。「都」構想や「芸術は金儲けの道具」、「大阪はショボイ街」などの腐った発言。
更には弁護士会とのイザコザ、児童書撤廃などなど……少なくとも私の周りの人の評価は芳しくありませんね。学生にも心底嫌われてます。
最近、よく呼ばれてたニュース番組でも顔を見ませんし、恐らく次の知事選も、出ると噂される市長選も無理だと思います。
でも奴が立てた大阪維新の会がくせ者で、議会でもかなりの数が居ます。なので、下手したら東京みたいにゴリ押ししてくるかもしれませんね……。
余談ですが、親や親戚、近所の人に聞いてみた所、以前橋下に投票した理由は「子沢山で子供の為の政策を打ち出してくれそうだったから」だそうですよ。とは言っても、学校の費用とか経済面でのことみたいですけどね。
それと、先程の市長選に出ると言う話ですが、これをやられると橋下が当選するしないに関わらず危険かもしれません。
奴が後釜に選ぶとしたらきっとロクな人間ではないでしょうからね。

2010-12-16 19:24 from 長月 瓊 | Edit

No title

>長月 瓊さん
後釜として元読売の解説員の辛坊が取りざたされた事もありますね。この人は、典型的なリーマンマスコミでロクでもないです。他社の不祥事は叩いても自社の時はゴニョゴニョ…みたいな事が多いです。
とりあず漫画・アニメ・ゲームに関係ありそうな省庁と総務省にメールを送ってみました。思いの他多くの省庁が関わっていますし、出版社の方々やアニメ制作会社の方の動きがあればどうにか…希望を抱いてみます。

2010-12-16 19:33 from shin | Edit

東京都の条例の発端は猪瀬!?

東京都青少年健全育成条例改正案可決の舞台ウラ
http://news.livedoor.com/article/detail/5211612/
NEWSポストセブン
都育成条例改正案 『古事記』『源氏物語』も規制の対象か?
http://news.livedoor.com/article/detail/5211723/
>要するにオ○ニー野郎ですよね。
あやつらめは「日の丸国旗」と「日本地図」見ながら
勝手にオ○ニーしてろと。(下品ですまん)
あと、別に民主党バッシングはしませんが、
「国会より都議会の方がマシ」という構図は崩壊しました。これは否定できない。
ただ、都議会は良識ある反対派議員の数が少し足りなかった。
で、自民と民主。国政で見ても反対派の数が民主党の方が圧倒的に多い。
どっちか二択にするなら規制阻止を掲げるには当然、民主党を支持するしかない。
…のだけども。
これが複雑なところで、
「自民の規制反対派」と「民主の規制推進派」が候補としてあがった時、
どちらを選ぶべきか?
普通に考えてみたら「自民で反対派を選ぶべき」かも知れんが、
自民はすぐに「党議拘束」を掛けやがる。これで「反対派議員は無力化」する。
当然、いるかいないかだと「いた方がいい」に決まってるのは確かだけど、
「自民に反対派議員がいても意味が無いのではないか?」と思い始めた。
かと言って推進派なんかに入れてやるのも癪だろうし、
民主の議席を増やすのもいいが、これ以上、推進派を増やす事もマイナス。
そうなったら…やっぱ共産になるんだろうかねぇ。難しいところ。

2010-12-16 19:51 from kannami

ああ、でも…

一番いいのは「自民が更正」してくれる事か。
その為には「自民の反対派議員」を送り出す事も必要だわな。
いやぁ難しい。
…というか、広島には毎回、碌な候補者がいないので選挙がつまらん。
自民の規制派候補が強いし。

2010-12-16 19:57 from kannami

観光庁に意見はどうでしょうか?
アニメや漫画で観光の目玉をとか聞いたことありますし。

2010-12-16 20:00 from f | Edit

No title

いま出てる雑誌の週間朝日と創(つくる)と世界の掲載記事を読んで考え合わせると、今回マンガやアニメの愛好家たちはなにも悪くない、どころかむしろただのとばっちりの大迷惑だよ。だから今回の条例改正はなにかの間違いで、間違いはきっと正されるはずだ。だから信じてがんばろう。
きのうの今日ですぐに反撃できるわけじゃない。ひとまず落ち着いて、とりあえず自分たちで自身を痛めることは避けた方がいい。まず体力を温存して、それから出来るなら情報を集めて…

2010-12-16 20:00 from コト

反対活動を休止します

表題どおり。
前回の石原オンリーイベントのコメをみて愕然としたよ。
ああ、これが表現の自由を守るとか大層なことを言っていたやつらの本音かって。
他のに飛び火するからやるなと、規制派に目をつけられるからやるなとかばっかりでさ。
お前ら、都条例が可決された時になんていってたか、もう一回大声で叫んでみろよ。
そして、石原イベントに対して自分がしたコメント見直してみろよ。
そして自分の顔を鏡でよーく見てみろ。
お前らの今の顔は、エロいのを青少年に見せないだけだから表現の自由は侵害していないっていう規制派と自分の好きなジャンルだけ守れれば規制されてもいいって言ってるやつらとそっくりだぜ。
さらに表現の自由の侵害だとかなんだとか言ってる連中が、誰一人としてこれに反対したら表現の自由の侵害じゃないのか?ってのを言ってないあたり、所詮表現の自由なんてそんなもんって認識なんでしょ?
表現の自由の侵害だとか言っておきながら、結局自分の好きな物さえ守れれば他人が描くものはやめさせてもいいって思いが態度に出まくってる。
それが議員にもばれてるから、味方してくれる人が少ないんじゃねーの?
自分達が表現の自由を侵害するなって言ってるくせに、自分たちで表現の自由を侵害してるなんて矛盾してるからじゃねーの?
石原みたいな物でも書いたらやめろって言われるのが漫画家や出版社に伝わったらそれこそ萎縮するんじゃねーの?
なあ、教えてくれよ。
石原オンリーイベントやらなかったら、規制派は攻めてこないって確証はどこにあるの?
やらなかったら目をつけられないって確証はどこにあるの?
俺からすれば、やろうとやるまいと攻めてくるに決まってるじゃん。
だって殲滅したいんだもの。
例え石原イベントやらなかろうと、次はロリエロ物をターゲットで攻めてくるに決まってるじゃん。
そのときお前らは規制派に目をつけられるから止めろって【勿論】言うんだよな?
だってそうだろ、書いてるやつらにとって表現の仕方の一つを規制派様にご丁寧に配慮して止めさせるんだもんなw
目をつけられるだの、飛び火するだのと弱気な発言してる時点で負けだよ。
弱ってる姿を少しでも敵に見せたらすぐ食われるのが世の中なんだよ。
すでに敵にはロックオンされてるのに、何が目をつけられるだい。
そんな逃げ腰じゃ食べてくださいって言ってるようなもんじゃねーか。
弱ってようと倒れそうだろうと、やんのかゴラァ!!って態度で立ってねーとすぐやられるんだよ。
それが相手にハッタリだってばれなきゃ、敵だって攻められねーよ。
とまぁ、規制派にすでに毒されている皆さんの目が覚めるまで、僕は活動を休止します。

2010-12-16 20:36 from その2の人

この人、酷いです

某所より拾って来たのですが・・・
影木栄貴さんが自民党の三原都議に都条例のことで陳情した時の様子
http://www.mihara-togi.net/101215
影木さんに対して、あまりにも失礼すぎます。
どれだけ竹下元首相を(に)愛されてたかも知らないで、この発言は無いと思います!

2010-12-16 20:40 from ゲーセンのアルバイト

No title

>ゲーセンのアルバイト様
この人(三原都議)は前に自分の事務所の窓ガラスを割られた際に、規制反対派の仕業と決め付けていたぐらいですし、もう今更としか思えませんね…

2010-12-16 20:42 from k-z | Edit

No title

今ようやく千葉やかながわの送ってきました。正直疲れました・・・。
今回反対してくださった生活ネットの方達、星ひろこ議員などにも感謝メール送ってきました。
明日は松下議員やくりした善行議員、共産の吉田信夫幹事長、伊藤都議などにも送るつもりです。
それで、
吉田康一郎議員、西沢けいた議員、浅野克彦議員、関口太一議員、伊藤まさき議員、蓮舫氏、和田宗春(民主党・東京都議会議長)福島瑞穂氏(社民党党首)枝野幸男、都議会共産党の方達が今回も頑張ってくださった方達で感謝メールを送ろうかと思ってます。
他に見落としている反対派の方達などがあれば教えていただけると助かります。
あと都議会民主党にはどのようなメールを送った方が効果的でしょうか。上手い言葉が見つかりません・・・・・。

2010-12-16 20:46 from はくしゅ

No title

>その2の人さん
以下の二点突きつけられたら、そんな簡単にはできるものじゃないですよ。イメージダウンもまずい。
やりたいんだったら、まず貴方が行動で示して見せるのが筋ではないのですか?
・単純に無断使用、著作権侵害である(相手が悪すぎる)
・更に名誉毀損罪、侮辱罪の危険性も出てくる
>はくしゅさん
>あと都議会民主党にはどのようなメールを送った方が効果的でしょうか。上手い言葉が見つかりません・・・・・。
一番大事なのは「反対してくれた議員さんには応援を、賛成した議員にはあえて厳しく指摘。ただし、マナーを守って礼儀正しく(小学生みたいだと思われるかもしれませんが、ご勘弁)」
反対してくれた議員には
・今回の件は残念だが、プラスの面もあったと強調。今回の行動を無駄だと思わせないために
・応援している人達はいっぱいいるので、怯むことなく活動を続けて欲しいと
逆に賛成した議員には
・今回の可決、成立に対する苦言と付帯決議に法的拘束力がないことの指摘
・応援は続けるが、若年層を失望させて欲しくないと念を押す
こんな感じでどうでしょうか。

2010-12-16 20:47 from 59630 | Edit

No title

>その2の人さん
自分は石原との対決姿勢はどんどん出すべきだし、こきおろしてもいいと思いますよ。作中で都知事似のキャラに何をしようがそれはもう。
ただ著作権違反はマズイです。
コミケ等は原作側の許容で成り立ってるだけなんじゃないですか。

2010-12-16 20:58 from shin | Edit

No title

>59630さん
結局萎縮してるんじゃん。
出版社には萎縮するなとか言った割に、自分たちは萎縮するんだ?
相手が悪いからって。
その矛盾を直せって言ってるんだよ。
それにその二つは規制派に目をつけられるには何の関係もないよね。
俺は別にやりたきゃやればいい。
表現の自由を守ると言っている以上はそれをとめることはできない。
こういうことに注意してねと言うのはいい。
ただ、なぜ中止にしろって言うのかだっての。
それでそれをやろうとしてる人たちが反対活動止めたら、どうするんだよ。
また味方を減らすのかよ。

2010-12-16 21:03 from その2の人

No title

ここのコメントを私、59630自身の責任で削除いたしました。これ以上続けても荒れると判断したためです。

2010-12-16 21:08 from 59630 | Edit

No title

>はくしゅさん
和田宗春氏が規制に反対していらっしゃったというのは初耳なのですが…。
ソースというか、根拠はあるのですか?
>その2の人さん
確かに、規制反対派は規制派と違って単細胞ではありませんから、考え方は人それぞれです。
でも、それはいい面だけでなく、悪い面もありますから、ときには
「俺はこんな奴らのために規制反対運動をしていたのか」
とアホらしくなることもあるでしょう。
でも、そんなときは、気持ちを切り替えて、「自分のために」規制反対運動をしましょう。
「表現の自由は文化の自由」「表現規制は蟻の一穴」ですよ。

2010-12-16 21:09 from 水色の騎士 | Edit

No title

賛否あると思いますが禁止にするのではなく
廃案できた場合で「祝廃案イベント」という形で
今は延期してもらうようにお願いしていくのは
どうでしょうか?

2010-12-16 21:12 from ビースター | Edit

No title

>チャリ女子。さん.、
下記が大阪府の青少年問題協議会の審議経過の内容です。転載開始。
【事務局】
ただいまから大阪府青少年問題協議会を開催させていただきます。
開会にあたりまして、佐々木青少年・地域安全室長からご挨拶を申し上げます。
【佐々木室長】
青少年・地域安全室長の佐々木でございます。
委員の皆様には、大変お忙しい中ご出席いただきまして、ありがとうございます。
また、日ごろから、府政の推進に格別のご理解とご協力をいただき、重ねてお礼申し上げます。
さて、本年4月からの府においての図書類の実態調査の後、青少年健全育成審議会第二部会から調査結果を踏まえた有害害図書類の指定制度の
あり方についての意見書をいただき、本年8月に、「有害図書類指定制度のあり方」及び「子どもを守る、青少年を有害情報にふれさせない」の
観点からの環境の整備あり方について、知事から大阪府青少年問題協議会に諮問させていただいたところです。
第一回協議会においてご議論いただいた後、専門的な立場からの検討を深めるため、野口座長のご提案により、青少年育成環境問題特別委員会を
設置いただき、森田委員長を中心に集中的に検討を重ねていただきました。
特別委員会委員の皆さま方には、改めてお礼申し上げます。
本日の協議会では、特別委員会の報告書を基に、「子どもを守る、青少年を有害情報にふれさせない」の観点からの大阪府青少年健全育成条例の
改正の方向性についてご議論をいただくと聞いております。
大阪府といたしましては、当協議会からの答申を踏まえ、平成23年2月府議会への議案提案をめざして手続きを進め、青少年健全育成施策の
推進に取り組んで参りたいと考えております。
委員の皆さまの特段のご協力とご支援をいただきますようお願いいたしまして、開会の挨拶とさせていただきます。
本日は、よろしくお願いいたします。
【事務局】
それでは、お手元の議事次第により進行してまいりたいと思います。
以降につきましては、野口座長に議事の進行をお願いしたいと思います。
【野口座長】
おはようございます。座長の野口です。よろしくお願いします。
8月に、知事から青少年問題協議会に対して「青少年を取り巻く環境の整備について」諮問を頂きました。
諮問内容が多岐にわたるため、専門的、法的見地から検討するため特別委員会の設置を提案し、ご了解いただきました。
10月に特別委員会において集中的に議論、検討をしていただきましたが、本日は特別委員会から報告をいただき、
当協議会としての答申の方向性について議論をしていただきたいと思います。
今日は、特別委員会から、甲南大学法科大学院の園田教授と書店商業組合の金田事務局長にもご出席いただいておりますので、
後ほど特別委員会の議論に関して意見等も頂ければと考えております。
それでは早速、特別委員会の森田委員長から説明をお願いします。
【森田委員長】
森田でございます。
野口座長からもありましたが、10月に特別委員会として集中的に審議を行いました。
かなり広範に議論をし、必要の都度、改めて調査も実施いたしました。
本日は特別委員会として取りまとめた方向性について資料1、2及び3に基づいて説明したいと思います。
あと、資料7として8月に頂いた諮問書を添付しております。
委員の皆様には適宜これらの資料をご覧いただきながら、論点を確認しながら進めていきたいと思います。
今回の調査報告書のとりまとめの経過ですが、資料1上段をご覧ください。
ジュニアアイドル誌の出現やインターネット、携帯電話の普及等の社会環境の変化に伴い、大阪府でも有害図書類制度の有効性について
再点検をする必要が生じ、実態調査を行いました。その結果明らかになった問題点について8月に諮問がなされ、10月に3回にわたって集中審議を
行ってきたという経過でございます。
それでは、早速、最初の論点である「子どもの性的虐待の記録」から説明させていただきます。
この項目は従来の「子どもに有害情報を見せない」という観点からではなく、「子どもを守る」という観点から、新たに項目を追加すればどうかということで
掲げさせていただきました。
資料2の3枚目の児童ポルノの箇所と併せてご覧ください。
児童ポルノの現状としては、インターネットホットラインセンターへの通報件数が平成19年に1609件だったのが、平成20年1864件、平成21年には4486件と
急増しております。
また、大阪府内の児童ポルノ事犯の検挙件数も、平成12年に9件だったのが平成21年には33件と増加傾向にあるなど、見過ごすことのできない状況にあります。
平成11年には議員立法で児童ポルノ法が成立しましたが、児童ポルノの提供や提供目的での製造、所持、運搬等については処罰対象となっておりますが、
単純所持が処罰対象となっておらず、昨今、この単純所持の処罰化が議論となっております。
現行の児童ポルノ法の定義を見ますと、「性欲を興奮させ又は刺激するもの」となっておりまして、いわゆる児童ポルノを見る側から定義しているものとなっております。
現行の児童ポルノの定義はあいまいであるという批判が従来からありまして、民主党で検討している改正案では、単純所持を規制するために定義を
明確化する必要があるという議論がされているところです。
こうした現状に対して、我々特別委員会としては、児童ポルノを見る者が興奮するかどうかではなくて、「子どもの性的虐待の記録」、つまり被写体とされた子どもの側から
定義付けをすることが必要ではないかという方向性を打ち出しております。
児童ポルノについては先ほども申し上げましたとおり、いわゆる3号ポルノ、「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態」であって、
「性欲を興奮させ又は刺激するもの」という定義が非常にあいまいであるということで、現行法の定義のまま単純所持を処罰してしまうと、
処罰対象が非常に広範囲になってしまう。
例えば子どものオシメを替えるところを撮影しただけでも該当するのではないかということから、批判があるところです。
もう一つ、現行の児童ポルノ法で大切なポイントは、ある裁判事例で問題となったのですが、明らかに性的虐待が行われているにも関わらず、児童ポルノにあたらないものがある。
具体的には、子どもが頭から精液をかけられている写真については児童ポルノにあたらないということで、このような虐待が明らかなものの流通を
規制すべきではないかという議論となりました。
こうした議論を踏まえて、特別委員会としての方向性ですが、現行の児童ポルノ法では子どもを性的虐待から守るという目的が達せられないため、
新たに「子どもの性的虐待の記録」という概念を構築し、府民に対してこれらの「子どもの性的虐待の記録」について製造、販売、単純所持しないようメッセージを発する
ことが重要ではないかという結論に至りました。
「子どもの性的虐待の記録」の類型としては、児童を相手方とする又は児童による性交、性交類似行為、児童の性器等を触る又は児童が他人の性器等を触る行為で
性的虐待にあたるもの、衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態を撮影する行為で性的虐待にあたるもの、その他児童に対する性的虐待にあたることが明確な行為。
こうしたものについて、製造、販売、運搬、所持等を行わないことを呼びかけるということであります。
ジュニアアイドル誌についても、「子どもの性的虐待の記録」に該当するものについては、製造、販売、運搬、所持等を行わないことを呼びかけることとなります。
現行の児童福祉法、児童虐待防止法等では、水着や下着で扇情的なポーズをとらせて撮影する行為について規制されておらず、子どもの保護の点で不十分なため、
性的虐待の記録に該当するものについて、府民に対するメッセージを発することが必要だという方向性をまとめました。
なお、これらのジュニアアイドル誌においても、「子どもの性的虐待の記録」に該当しないものについては、規制の必要はないと考えます。
「子どもの性的虐待の記録」という概念は、この方向で答申がまとめられ条例化されますと、他の都道府県はもとより、国レベルでも初めての
概念を提唱することとなります。
次に、子どもに見せないという観点からの項目に移ります。
まずは性的表現のある図書類です。諮問内容は、現行の有害図書類指定制度の有効性と基準の条例化の二つでした。
この論点は、東京都の非実在青少年の規制の問題とも関連があります。    
現行制度の有効性についてですが、実地調査の結果、東京都が新たに規制しようと検討している非実在青少年については、
府ではすでに有害図書類として指定されており、現行の「性的感情を著しく刺激し、青少年の健全な成長を阻害するもの」という規定で十分対応可能であることを
確認しました。
但し、有害図書類の区分陳列違反等に対しては罰則が科せられるため、これまで規則で定めていた基準について条例で規定することが必要、
つまり、条例で「こうした図書類は有害図書類に該当します、これらの本を区分陳列しなければ罰則の対象となります」ということを明確にし、府民に対してきちんと
伝えるべきであるという意見となりました。
基準を条例化する際に、一部文言整理を行いましたが、例えば青少年健全育成条例施行規則第4条第1項第5号の「ごうかんその他のりょう辱行為を表現するもので
あること」は、文言通り読むとストーリーの上で強姦に少しでも触れていると有害図書類に該当してしまう可能性があるため、
「ごうかんその他のりょう辱行為を表現するもので、青少年に対し卑わいな、又は扇情的な感じを与えるものであること」と要件の絞り込みをかけるべきだと考えます。
また、第6号では「文字又は音声によりなされているもの」と規定されておりますが、以前販売されていたビニール本の付録のカセットテープ等を想定していたようですが、
現状にはそぐわないため、削除することとしています。
次に、インターネット上の有害情報に移ります。
携帯電話のフィルタリングの解除手続きの厳格化に関して諮問いただきましたが、この部分については新たな規制を追加すればどうかという方向性を打ち出しております。
近年、青少年がインターネット上のサイトで被害にあう事例が確認されております。
国が平成21年に公布、施行した青少年インターネット環境整備法は、青少年が使用する携帯電話については
原則フィルタリングサービスを受けることを条件として販売しなければならないと規定しております。
しかしながら、実際の販売については、携帯事業者に対応を任せており、また保護者が解除の申し出をすれば簡単に解除できる実態となっておりまして、
フィルタリングを解除することについて厳格化が必要ではないかと指摘されています。
平成20年の府教育委員会の調査でも保護者の意識が低いという点が問題となっております。
こうした課題に対応するため、インターネット、携帯電話における有害情報を青少年に見せないようにするためには、やはりフィルタリングが有効であり、契約時に保護者に
働きかけることが一番効果的であることから、携帯電話の販売時に事業者から説明する義務、保護者がその内容を理解したことを確認するための署名義務を明記し、
あわせて解除する際には解除申出書に署名する義務と申出書の保管義務を盛り込むべきという方向性を打ち出しております。
加えて、子どもを加害者、被害者にしないための教育が重要であることから、メディアリテラシー教育を府の責務として明記し、
教育とフィルタリングの両輪でシステムづくりを進めていきたいと考えております。
次に出会い系サイト等の広告です。
出会い系サイトに関連して青少年が被害にあう事例があることから、雑誌広告に出会い系サイト等の広告を掲載することを規制する必要性の有無について検討しました。
平成20年の出会い系サイト規制法の改正後、「18歳未満は利用できない」旨の表記があれば、出会い系サイト広告を合法的に掲載することができるようになったため、
雑誌広告団体がそれまで掲載を見合わせていた自主規制がしにくい状況にあります。
届出業者については年齢確認義務が厳格に定められていますが、一方で被害事例が後を絶たないことや、届出を行っていない業者のサイトの広告が
掲載されていることなど、問題点があります。
こうした課題に対応するため、出版社のほうで届出業者かどうか確認する義務を規定し、無届業者については掲載しないよう求めるという方向性を示しております。
また、出会い系サイトを巡っては、子どものほうから援助交際の申し出をする、いわゆる児童誘引が急増していることから、子どもを加害者としないため、
考えられるアクセス手段を抑制する必要があります。
この点については、フィルタリングの利用促進で対応すべきとしております。
続いて風俗求人誌です。
8月の青少年問題協議会において、委員から問題提起されたものですが、平成20年に大阪市内で無料の風俗求人誌を入れたラック設置が問題となりました。
府警察本部が迷惑防止条例違反で摘発を進めた結果、518件あったラックが43件まで減少するなど、一定の効果が見られたところです。
しかしながら、最近になって無料ではなく有料、値段としては1冊50円とか100円程度の価格帯で、風俗求人誌がコンビニ等で販売されている実態が確認されています。
こうした雑誌について青少年の目に触れさせないための措置が必要かどうか、検討を行いましたが、青少年がこうした雑誌を見て風俗店で働いた事例や問題と
なった事例が確認できず、条例による規制の前提となる立法事実は確認されませんでした。
ただ、そうした雑誌を置いている店舗については、内容をよく確認せず取り扱っている店舗も多いことから、地域ボランティアと連携して啓発を進めていくことが
重要と考えます。
また、風俗店で18歳未満の青少年を雇用すると、風営法で厳しい罰則が定められており、雇用すること自体が規制されております。
改めて風俗求人誌を条例で規制するには至らないという方向性にさせていただきました。
最後に勧告制度の見直しです。
有害図書類の区分陳列違反について指導の実効性を高める必要があるのではないかという点について検討いたしました。
現行では、勧告の対象が個別の図書となっているため、月刊誌の場合、次の号が出てしまうと新たに勧告をしなければならず、
結果的に区分陳列違反状態が継続してしまうことが指摘されています。
出版社側でも、有害図書類に指定された号の次の次の号の企画が進行中であるため、すぐには対応できない状況にあります。
そこで、勧告の対象を個別の図書から店舗の違反状況に改め、そうした違反状態に対して勧告、措置命令が出せるようにすべきではないかという方向性を示しました。
また、勧告の実効性を高めるため、過去の違反状況を見ての話ですが、勧告に従わない店舗については店舗名の公表制度を導入することも
検討すべきとの意見が出ております。
以上、子どもを守る、子どもに見せないという観点から、6項目それぞれについて議論の経過と調査報告書の方向性について説明させて頂きました。
【野口座長】
ありがとうございました。
検討すべき項目が非常に幅広いため、1項目ずつ質問、意見交換を行っていきたいと思います。議事については資料1に基づいて進めていきます。
まず、「子どもを守る」という観点から、「子どもの性的虐待の記録」という新しい概念を構築すればどうかというお話でした。
これまで見る側の大人からの視点で、記録媒体を見て興奮するかどうかが児童ポルノについては問題とされていたのですが、視点を変えて、子どもの側から、
扇情的なポーズをとらされていること自体が性的虐待の記録になるのではないかという問題意識だったと思います。
この部分について、ご質問、ご意見ございますか。
【加納委員】
初めての考え方ということですが、子どもの権利に着目してそうした虐待行為は許さないというメッセージを発するものと理解しました。
非常にいい考え方ではないかと思います。
【野口座長】
この項目について、補足説明はございますか。
【園田委員】
甲南大学法科大学院の園田でございます。
以前にも説明させて頂いたことの繰り返しになるかもしれませんが、この問題は現在の政府民主党で進められている児童ポルノ法の改正議論、
つまり単純所持を処罰しようという動きと密接に関係しています。
つまり、現行法上では児童ポルノの提供、提供目的での製造、所持、運搬は処罰されますが、無料ダウンロードや趣味で持っているといった単純所持については
処罰されておりません。
そこで、現行法では処罰されていない単純所持を処罰化しようではないかという議論が起こりましたが、現行法上の3号ポルノ、
「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態」について、定義が非常にあいまいであると。このまま単純所持を処罰化すれば、処罰範囲が非常に広範囲に
及んでしまうことが指摘されています。
民主党の改正案では、その課題を克服するために、3号ポルノを削除して単純所持を処罰しようとしておりますが、そうなると保護される範囲が極端に狭くなる恐れがあります。
その漏れ落ちる部分について、条例で「子どもの性的虐待の記録」として子どもの保護を担保しようというのが、今回の条例改正の大きな意義になります。
また、現行法を前提としても、性的虐待が行われていても児童ポルノにあたらず、性的虐待を記録したものが合法的に流通してしまうことが懸念されています。
【野口座長】
民主党の改正案については、国会に上程されるといった具体的な動きはありますか。
【園田委員】
昨年、同じ内容の改正法案が提案されましたが、廃案となりました。
ただ、現在検討されている内容は、廃案となったものと同じです。具体的に改正法案の提案時期が決まったといったことは聞いておりません。
【野口座長】
改正案の話はともかくとして、現行の児童ポルノ法でも、子どもの保護の観点から漏れ落ちる部分があるということですね。
【園田委員】
民主党の改正案では、5、6歳の女の子が裸にされて性器にモザイクがかかっているものも児童ポルノにあたらないという見解を示されております。
子どもが全裸にされて後ろから撮影されたものも当らないとされています。
単純所持を処罰するために、児童ポルノの範囲をはっきりさせることが目的となっています。
性器や胸がはっきり写っていないと児童ポルノにあたらないという見解をとっていると考えられます。
【野口座長】
現行法ではカバーできないような、子どもの性的虐待を受けたものを、今回の条例でカバーしようという趣旨でしょうか。
【園田委員】
そういうことになります。
ただ、別議論として、こういう子どもを守る規定を青少年健全育成条例に盛り込めるか、違和感はないかという論点はあろうかと思いますが。
【中野委員】
子どもを守るということだが、そこまで規制の幅を広げる必要があるのでしょうか。
たとえば、3、4歳の孫が表で行水をしている姿を、祖父が成長の記録として撮影するケース。
撮影する側には全く性的な感情はないのに、こうしたものまで規制するとなると、日常生活の一部を規制することにはならないか、心配になります。
【園田委員】
補足説明をさせて頂くと、今のご意見は非常にもっともで常識的な意見です。
性的虐待の行為とは何かをきちんと明確にすることが大前提としてあります。
行水しているところは性的虐待でも何でもないので、こうしたものは「子どもの性的虐待の記録」には当たらないと考えられます。
個人的な意見だが、写真やビデオの描写において、明らかに性的虐待、性犯罪が行われていることが推測できる表現物という限定が必要だと思います。
そういう限定をかければ、おじいさんが孫の行水姿を撮影したり、一緒に風呂に入っているところを撮影しても、性的虐待の記録にはあたらないことになります。
【長野委員】
「子どもの性的虐待の記録」という新たな概念については、前回の議論で非常に不明確だったところをきちんと整理していただいたと理解しました。
民主党の改正案についても何が課題となっているか認識しました。その上で、条例で規制することの限界のようなものはあるのか。お尋ねしたいと思います。
別の言い方をすれば、府民にメッセージを発したとしても、これだけインターネットが普及している中で、こうした整理をしたとしてもまだ課題があるのか、お聞きしたい。
【岸本委員】   
確かに性的虐待にあたるものについて、メッセージだけでいいのかという議論はありました。
そもそも国レベルで対応すべき課題に対して、条例でどこまで対応できるのか、中途半端な面もあるという気持ちも残ります。
しかしながら、被写体とされる側の子どもの気持ちというのは、これまで取り上げられてこなかったのも事実です。
これまでは写真を見た側がどうかという議論が中心だったが、メディアの被写体になった子どもの側から、こうした問題を考えてみようというメッセージを
発することにはなると思います。
【森田委員】
今の意見の補足として、確かに条例であるがゆえの限界はあるが、「子どもをそうした性的虐待の記録の被写体とはしない」というメッセージを府から
発信することの意義は大きいと考えております。
【野口座長】
協議会としての答申を受けて、府が条例にまとめた上で、改めて府議会で条例改正案を議論いただくことになります。
本協議会として、子どもを見る側ではなく、見られる側として捉えて、そうした性的虐待の記録については排除していこうではないかという観点から答申に
盛り込むことに関して、ご意見ありましたら。
【田中委員】
先ほどの園田委員から、孫が行水しているところの写真は「子どもの性的虐待の記録」に入らないという説明がありましたが、例えばこれらの写真を
祖父がホームページ上にアップした瞬間、「子どもの性的虐待の記録」になるということはないですか。
確認のためお伺いします。
【園田委員】
「子どもの性的虐待の記録」については、子どもに対する性的虐待があって、そうした虐待行為を記録として残したものという理解です。
したがって、孫の行水についてはそもそも虐待行為ではないため、「子どもの性的虐待の記録」には該当しません。
もちろん、ホームページにそうした写真をアップロードすること自体は、別の意味で問題となるかもしれません。
少なくとも「子どもの性的虐待の記録」には該当しないことになります。
もう一歩踏み込んでいえば、「子どもの性的虐待の記録」とは性犯罪が行われたことが明らかなものと理解してもいいかもしれません。
写真を見て明らかにそうした性的虐待が行われたことが明白であるものということです。
例えば先ほど例をあげた、子どもの頭から精液をかけられた写真では、強制わいせつが行われたことは明らかであるが、現行の児童ポルノ法では
定義に該当していません。
【野口座長】
すべてを青少年健全育成条例でカバーする必要があるかどうかは別議論としてあるし、児童福祉法、児童虐待防止法等でカバーしてもらう部分もあると思います。
答申の方向性としては、これまでの児童ポルノとは異なった視点、子どもを被写体としないという視点から、
こういう方向性を入れることでまとめたいと思いますが、よろしいでしょうか。
【委員】
異議なし
【野口座長】
ありがとうございます。それではこの方向で答申についてはまとめたいと思います。
次に、性的表現のある図書類について、一部改正すべきものとして説明がありました。
森田委員、再度、東京都との関連も含めてここでのポイントをお願いします。
【森田委員】
東京都の非実在青少年を描いた描写物に対する規制との関連で、大阪府の有害図書類制度について点検した結果、現行の有害図書類指定制度は有効に機能しており、
新たな基準は不要であること。
また、有害図書類に関しては違反した場合に罰則がかかることから、基準については条例で規定するのが妥当である。この二点でございます。
【野口座長】
この点に関しては、府において今年度、実態調査を実施しましたが、その概要説明を事務局からお願いします。
【事務局】
図書類調査においては、現在流通している100冊の図書類について内容を調査し、55冊に性的表現があることを確認しました。
そのうち39冊については有害図書類にすでに指定されているか、指定が可能でした。東京都が新たに規制しようと考えている図書類も
この39冊の中に入っていることを確認しております。
また残りの16冊については、有害図書類の指定を審議して頂いている青少年健全育成審議会第2部会で再度、内容を見ていただきましたが、
青少年の性的感情を著しく刺激し健全な成長を阻害する内容のものではないと意見をいただいております。
青少年育成関係者からも、過激な性的表現については性犯罪のきっかけとなる可能性が指摘されましたが、内容として少し触れられているようなものが、
そうした性犯罪の原因となるといった因果関係を立証するデータはないことも指摘いただいております。
【野口座長】
事務局においても幅広く実態調査をしていただき、東京都の非実在青少年の描写物についても現行制度でカバーできることを明らかにして頂きました。
これらの検証については特別委員会でも再度確認をさせて頂きました。
この部分については、原案の方向で答申書として取りまとめたいと思いますが、いかがでしょうか。
【委員】
異議なし
【野口座長】
ありがとうございます。
それでは三点目のインターネット上の有害情報についてに移ります。
ここはフィルタリングの必要性を保護者に認識してもらうために、携帯事業者に説明義務を課すとともに、保護者にその説明を聞いた、理解したことを確認するための
署名義務、さらにフィルタリングを解除する際の保護者の署名義務と、携帯事業者に文書保管義務を課すという内容でした。
【中野委員】
携帯電話の契約というのはたいていが親の名前でします。
子どもに「買ってきて」と言われて保護者が買いにきた場合、誰がその携帯を使うのかの確認をしなければ、フィルタリングの意義を説明できないことになります。
問題は保護者の意識をどう高めるかということなのに、業者への義務が課されており、意味がないように思いますが。
【岸本委員】
問題意識を持っている保護者は、子どものことをきちんと見ている。
問題は、その認識をもっていない保護者に対してどうすれば自覚を持ってもらえるか。
特別委員会でかなり議論を重ねたが、やはり携帯の契約時に窓口できちんと説明してもらうのが一番効果的だということになりました。
その上で保護者に自らサインしてもらうことで、フィルタリング解除のハードルを上げるべきということになった経過があります。
特別委員会では、他にも、例えば運転免許のように、携帯電話の使用に関して問題があれば一定期間使用できないような制度も必要ではないかという議論もありました。
いずれにしても、保護者の意識を高めるために携帯電話事業者に協力してもらわなければなりません。
【山上委員】
相談機関にいた経験から言うと、今の保護者は子どもにねだられたら「NO」と言えません。
子どもにきちんと言えるだけの親子関係があればいいが、そこが難しい親子が多いのも事実です。
その部分を条例できちんと明記することで、少しでも子どもに「我慢しよう」と言えるようになればいいと考えて、このような方向性でまとまりました。
【中野委員】
契約時に、携帯の使用者が誰なのか確認する義務が新たに携帯事業者には負担になるのではないでしょうか。
【山上委員】
現時点でも、携帯事業者が使用者について確認しております。
【野口座長】
カラオケの夜間立入規制の場合と同様の議論だと思います。
私も当時、条例改正の議論に携わっておりましたが、カラオケ店の場合、保護者同伴であっても夜10時以降については帰宅するように
業者が声掛けをすることになっています。
守れなければ業者側に罰金を課されるが、そうでもしないと全ての保護者に条例の趣旨が行きわたらないという発想でした。
【中野委員】
そうなると、携帯事業者にはいろいろと確認してもらわなければならないことになります。
【岸本委員】
現行の青少年インターネット環境整備法でも、携帯事業者に対して、携帯の使用者確認義務は規定されています。
その上で業者に対して補完的に説明義務を課すことで、安易にフィルタリング解除しないよう、ハードルを上げることがねらいです。
【野口座長】
議論全体の流れとして、フィルタリングをしない場合の危険性をきちんと業者に説明してもらい、すべての保護者に対してフィルタリングの意義を
行きわたらせるという方向でまとめたいと考えますが、いかがでしょう。
【委員】
異議なし
【野口座長】
次に、出会い系サイト等の広告について。
出版社に出会い系サイト規制法に基づく業者かどうかを確認する義務を課すことになるが、いかがでしょうか。
何かございますか。雑誌等を取り扱っておられる書店からの意見ということで、金田委員いかがでしょうか。
【金田委員】
普通の雑誌には、こうした出会い系サイト業者の広告は掲載されていないのが通常です。
一部の雑誌に掲載されているケースを見ると、小さく「18禁」とは記載されているが、ほとんど読めない状況です。
こうした規制を雑誌の出版社にかけることについては一定効果があると思われますが、インターネット上でこうしたサイトが氾濫していることを見ても、
どこまで規制をかけるのか、疑問も残るところです。
【野口座長】
無届のところをどうやってチェックするのか疑問もあるが、広告だからなんでも掲載してよいということではなく、一定の歯止めが必要という趣旨と理解しております。
その点、他にご意見がないようでしたら、この方向性でまとめたいと思います。
【委員】
異議なし
【野口座長】
それでは、次の風俗求人誌について。
大阪市さんから問題提起を頂いたので、この間の経過等について、西村委員にお伺いしたいと思います。
【西村委員】
当初の諮問内容にはありませんでしたが、私から8月の青少年問題協議会で問題提起させていただきました。特別委員会で検討していただき、感謝いたします。
この問題の経過ですが、大阪市内で無料風俗求人誌が問題となった際に、府警察本部や地域の青少年福祉委員が連携して、これらの雑誌が置かれている
無料ラックの撤去を進め、一定の効果をあげました。それにもかかわらず、今度は有料にして販売する実態が確認されており、対応に苦慮しております。
これらの雑誌には、安易に高収入が得られるなど、青少年が見て誤った認識を持ちかねない情報が掲載されており、青少年に対して良い影響を与えません。
そこで、少年補導協会を通じてコンビニに対して啓発を行ったり?地域ボランティアと連携して個々の店舗への啓発を進めております。
【野口座長】
大阪市さんの取組みも含めて、今後、地域でも対応して頂けるということで、今回の条例改正については盛り込まないという方向で整理したいと思います。
【委員】
異議なし。
【野口座長】
最後に、勧告制度の見直しについて。
これは勧告の実効性を上げるために、勧告の対象を個々の雑誌から、店舗の違反状態に改めるということと、合わせて違反を繰り返す店舗に対しては
店舗名の公表制度を導入したらどうかというお話でした。
措置命令についてはどこが出すのか。事務局いかがですか。
【事務局】
大阪府からとなります。
【野口座長】
この点について、ご意見ありますでしょうか。
なければこの方向でまとめたいと思います。
【委員】
異議なし。
【野口座長】
以上で各項目について審議は終わりました。
項目が多いため、意見等改めて全体を通して再確認させていただきたいと思います。何かございますでしょうか。
【西村委員】
府警察本部の西村でございます。
フィルタリングの解除厳格化の件で一つ提案させていただきたいと思います。
今回、特別委員会のほうからフィルタリングの利用促進に向けて、携帯事業者への説明義務と保護者の署名義務という提言を頂きました。
青少年の保護者の中には、フィルタリングについて詳しく知らない保護者が多いのではないかと認識しております。
また、携帯の販売業者の中には、説明義務が課されても全く取り組まない事業者も想定されます。
こうした販売業者に対しては、是正指導する必要があると思いますし、勧告しても従わないような悪質なところについては、すでに規制されている他県と同様、店舗名の公表等の不利益処分も検討することが必要かと思います。
【野口座長】
今、府警察本部のほうから、フィルタリングの説明義務に関して、従わない販売業者に対する指導の強化についてご提案をいただきました。
この件について、事務局から何か。
【事務局】
携帯事業者で構成する業界団体ともこの間、数回にわたって意見交換をさせて頂いております。
その中で各社とも、業界で取り決められた自主基準に従って、店舗への指導に熱心に取り組んでいただいております。
ただ、中にはそうした指導にも従わないような店舗も一部ありまして、我々としてもそうした店舗に対する指導については、課題であると認識しております。
実際の店舗実態について調査することはもとより、取組みをしていただけない店舗に対する指導の実効性を担保できるよう、
制度を検討させていただきたいと思います。
【野口座長】
ありがとうございました。他、何かございますか。
非常に項目が多岐にわたっておりましたが、各項目について概ねご意見をいただけたかと思います。
今日いただいたご意見をもとに、全体を、再度点検させていただいて答申の方向性をまとめたいと思います。
一、二点、森田委員長と相談させて頂かなければならない点があったかと思いますが、答申の方向性としては概ね、原案どおりとさせていただき、
文言等細かい部分については私にご一任いただくということでよろしいでしょうか。
【委員】
異議なし
【野口座長】
ありがとうございました。それではその方向性でまとめさせて頂くこととしたいと思います。
答申がまとまりましたら、委員の皆様方に送らせていただきますので、よろしくお願いします。
なお、答申の知事への手交については私が対応することで進めたいと思いますが、よろしいでしょうか。
【委員】
異議なし
【野口座長】
それではその方向で進めさせていただきます。
委員の皆様方には貴重なご意見を賜り、また議事の進行にご協力いただいたこと、座長として感謝申し上げます。
進行を事務局にお返しします。
【事務局】
野口座長はじめ委員の皆様方、ありがとうございました。閉会に際し、藤岡危機管理監からご挨拶させていただきます
【藤岡危機管理監】
野口座長はじめ委員の皆様方、本当にお忙しいところご出席いただき有難うございました。
また非常に熱心にご議論いただき、答申に向けた貴重なご意見を賜り、重ねてお礼申し上げます。
大阪府の有害図書類指定制度も平成3年の導入以降、様々な改正を重ねてまいりました。
本日ご議論いただいた中では、今日的な課題に対応して、さらに一歩踏み込んだユニークな取り組みを打ち出して頂いたと認識しております。
大きくは二つあると思います。
一つは、「子どもを守る」という観点を盛り込んで頂いたこと。
「子どもの性的虐待の記録」という概念を構想していただき、定義して頂いたことは、全国の他の都道府県のみならず、国の現行法令にも
例を見ない取組みであろうと思います。
もう一つは、有害図書類の基準について、全国どこの都道府県においてもそうだろうと思いますが、条例で大綱を定め規則に委任する、
こういった形が普通かと思いますが、その指定基準を議会の審議が直接及ぶ条例で規定しようという、大変大きな改正に向けたご提言でございました。
他にもフィルタリングであったり、書店で区分陳列の実効性を担保するための取組みであったりとか、府独自の取組みを数々ご提言いただけたと思います。
この間、野口座長はじめ委員の皆様方には本当に熱心にご議論いただいたと考えております。改めて感謝いたします。
府としても、答申を受けて、来年2月の定例府議会でご審議頂けるよう、条例案の作成に取り組んでまいりたいと思います。
本日はどうもありがとうございました。
【事務局】
これをもちまして、平成22年度第2回青少年問題協議会を終了させていただきます。委員の皆様方、ありがとうございました。
転載終了。
長いですけど、ここまでが以上です。

2010-12-16 21:13 from ユウケン

民主党のバッシング確かにまずいし、もちろん止めるべきです。しかし、可決に賛成したという事実は変わらないですから、バッシング自体がなくなってもこれによる支持率低下は防ぎにくい。それに、規制賛成派が民主党を支持するようなることもあり得ません。こういうことを彼ら民主党に地道に伝えていくしかないと思います。

2010-12-16 21:20 from 12434

No title

<水色の騎士さん
和田宗春氏が規制に反対していらっしゃったというのは初耳なのですが…。
ソースというか、根拠はあるのですか?
すみません、【修正案対策】優先的に意見したい都議会議員一覧
で前回熱心だった人達と一人くくりしていたみたいです。
<Thuさん
なるほど、分かりやすいアドバイスありがとうございます。

2010-12-16 21:24 from はくしゅ

No title

民主党の応援も重要ですが、規制派サイドを切り崩す必要もあります。
・横山信一氏(公明)
・新藤義孝氏(自民)
・岩屋毅氏(自民)
・田中和徳氏(自民)
・山本有二氏(自民)
・甘利明氏(自民)
自民公明の場合、この辺りの議員を重点的に陳情すれば、潜在的反対派・慎重派を動かすことができるかもしれません。

2010-12-16 21:27 from 日本ハッテン党幹事長

萎縮するとかいう以前の問題だと思ってます

>その2の人さん
少なくとも自分はずっと言い続けてきたつもりですよ。
表現の自由が許されるのは「架空の存在」だけ。
「個人を特定して攻撃する内容の創作表現以外」は、と。
実在する個人への創作表現は「違法行為」になる場合がある。
特にマズイのは著作権侵害と肖像権侵害か。
萎縮とか以前にこれって今回の条例以前にある法律だもの。
実際に勝手に実在する人物と酷似するキャラを描いて訴えられた人もいる。
この場合は最低でも「本人に許可を貰うべき」でしょうね。
(アホらしいかも知れませんけど)
ルールを守って戦う事も反対派のマナーとしてあるべきだと思う。
でないと、表現の自由は何でも許されるものという誤認が生じかねない。
許されるとしたら「石原の性格」をモデルにした別容姿・別名の悪役を
敵キャラにしてやっつける内容のものであればセーフだと思う。
名前も容姿も同じだと完全に個人攻撃だから。
あと、「賛同はできない」と言っただけで「やめろ!」とも言ってない。
「意思を押し付けるつもりはない」から。
で、「賛同できない」ってのもこれも自分の意思だから仕方ない。
水色の騎士さんがおっしゃる様に「考え方は人それぞれ」だもん。
ここに来られる人は民主党支持者も自民党支持者もいる。
それに「全員が反対!」と言っていたわけじゃないないですか。
たった数人意見が割れたくらいでもう分裂なんてしてたらこの先もたないですよ。
それが一番、敵が喜ぶ事だと思います。

2010-12-16 21:32 from kannami

No title

別に俺だって著作権とかで問題があることくらい知ってる。
でも、それはそれ。
もちろんそれで止めるのは構わない。
でも目をつけられるからその表現は止めろ見たいな言い方はしちゃいけないんだよ。
表現の自由を守るって言った以上は。
今日さ、絵を描いてる後輩に
石原を皮肉った絵を描きたいのに、止めろって言われたと。
別に同人誌出すわけじゃないのに、書くの自体止めろって言われたって言ってたさ。
すでに個人でそういうのが出てるんだよ。
絵を描くこと自体は違法じゃない。
でもこういうとこで目をつけられるから止めろって書いてあったって言われたって言ってたのさ。
その言ったやつがよく理解してないだけだと思うがな。
だから止める理由に表現の自由を侵害するようなことを書くなよ。
表現の自由を守るって言った以上は、自分の発言が表現の自由を侵害して無いかくらい考えようぜ。

2010-12-16 21:35 from その2の人

No title

創価・公明はあてにまらないんじゃないかな…
創価関係のイベントに日ユニが協賛してるし。

2010-12-16 21:36 from ももも

>ユウケン様
ありがとうございました。これだけ長いものを転載するのは大変でしたでしょうに。何か申し訳ないです。
児ポ禁止法改正案に関しては、「そんな写真撮る親っているのか?」と、甚だ疑問に思ったし、有害図書の件にしても、今回改正案が可決された事でまた厳しくなりそうだし、大阪出身者(今は和歌山に住んでます)としてはまだまだ油断はできないですね。

2010-12-16 21:40 from チャリ女子。

すいませんが質問です。
今年ローソンであったけいおんフェア応募した方はいますか?
特にフィギュアとシャツですが、この条例の影響を受けそうな気がするのですが、特にフィギュアが。

2010-12-16 21:41 from f | Edit

訂正しとく

>その2の人さん
>あと、「賛同はできない」と言っただけで「やめろ!」とも言ってない。
「意思を押し付けるつもりはない」から。
で、「賛同できない」ってのもこれも自分の意思だから仕方ない。
水色の騎士さんがおっしゃる様に「考え方は人それぞれ」だもん。
とコメントしたけど、すまぬ。書いてありましたね↓
>こういうことに注意してねと言うのはいい。
>ただ、なぜ中止にしろって言うのかだっての。
忘れて下さい。

2010-12-16 21:44 from kannami

No title

観光庁への陳情も有効かもしれません。外務省、観光庁辺りと都知事は上手くいってないという話がちらほらあるのとアニメを観光にという方針は確かなようなので。
後、余談ですが京都の規制で二次元含まずになったのは、地元にゲーム、アニメスタジオの有名所があり、府もそちら系の産業誘致に力を入れ始めたからという話がありましたね。

2010-12-16 21:46 from shin | Edit

うーん規制派はさんざん汚い手を使っているのにこちらはルールを守った正攻法しか出来ないのでしょうか?
やり過ぎた行動はたしかに控えるべきだと思いますがこちらも手段を選んでる場合ではないんじゃないでしょうか?
綺麗事ばかりでは大事な物は守れませんよ?

2010-12-16 21:49 from -

栃木県の青少年プラン

次の段階にいくために、意見を送ろうと思うのですが、栃木県は明日期限だそうです。
でも、久しぶりに送るので要点がなかなかまとまりません。
皆さんはどんな感じで送りましたでしょうか?

2010-12-16 21:51 from 蒼友 | Edit

今年けいおんで国勢調査のPRをしましたね。
京都知事は都知事と違いますね。まあポルノの規制をしようとしてるのは評価できませんが・・・・

2010-12-16 22:05 from f | Edit

No title

ネット上の情報は時間がたつと消えてしまうので見たら各自保存しておくと後々役に立つかもしれませんね。今後も同様のことが起こるでしょうし…

2010-12-16 22:13 from -

No title

>やり過ぎた行動はたしかに控えるべきだと思いますがこちらも手段を選んでる場合ではないんじゃないでしょうか?
>綺麗事ばかりでは大事な物は守れませんよ?
では、それ。具体的に教えていただけますか?
もし、その「手段を選んでいる場合じゃない」
というのが相手と同じく「汚い手」だと言うのであれば、
そんなやり方で勝っても散々「やり方が汚い!」と軽蔑してきた相手と
同レベルに落ちるのなら戦ってる意味が無いと思いますが。
どんな漫画が規制されるのか 都の条例めぐりネットでうわさ
http://www.j-cast.com/2010/12/16083744.html
>規制対象になりうると都から例示されたのは、今のところ1つの作品ぐらいしかない。
それは、猪瀬直樹副知事が2010年3月に、
テレビ番組やブログで指摘した漫画「奥サマは小学生」(秋田書店)だ。
>この漫画は、少年誌「チャンピオンREDいちご」に連載され、
08年11月に単行本として発売された。小学生への淫行そのものは出てこないが、
バナナや練乳を使った生々しい妄想シーンが出てくる。

>実際に規制対象になるのは、11年7月1日以降に発売される漫画・アニメだ。
しかし、都の青少年課では、「『奥サマは小学生』は、過去に出ているものですので、
不健全図書指定にはできませんが、この漫画の表現に似た作品は、
規制対象になりうるということです」と明かした。
>ある出版社の漫画雑誌編集者は、
「レイプや近親相姦は名指しされていますので、新たな企画や作品づくりでは、
それは避けたいと考えています。確かに、18歳以上なら販売できるのですが、
売り場でゾーニングされていないので買えるじゃないか、
と指摘されると困りますので」と明かす。
別の出版社の漫画編集部でも、
「うちはソフトH路線なんですが、今後は性描写を抑えめにしようと考えています。
いくらでも拡大解釈が可能で、恣意的に運用されそうですからね」と言う。
「性交ですらないエロイ妄想シーン」だけでもアウトだそうだ。

2010-12-16 22:17 from kannami

No title

「民主党バッシングは、やめろ」
それは賛成です。
たとえバッシングしたくても、政界再編があるかも知
れないこの時期、今後誰をたよって行けばいいのか
見極めてからにすべきです。

2010-12-16 22:18 from ゴルゴ・サーディーン | Edit

No title

友達に、
「漫画とか全部規制されたらどうする?」
って聞いてみたら、
「俺が総理大臣になって規制を辞めさせる」
って言いました。
うん、冗談だと思うよ?けど、元気が出ました。
マジで総理になったら票を入れてやるよ…
孔子大先生の言葉を借りれば、
小人が君子になったつもりで牛耳っている
ってところでしょうか。
「自由か、死か。」
ギリシャではありませんが、この辺まで来ていますよね。
ぶった切ってすみません。

2010-12-16 22:48 from メグ | Edit

例の即売会

どうやら石原都知事個人を対象とするのはやめたようです。
また松下玲子都議が参加予定との事。
http://takama.ne.jp/top/niji_syushi.html

2010-12-16 22:50 from 同人大好きっ子 | Edit

No title

>>kannami. さん
東京都青少年健全育成条例改正案可決の舞台ウラ
http://news.livedoor.com/article/detail/5211612/
この記事の「元副知事」というのは猪瀬さんではありません。

2010-12-16 22:52 from -

もしかしたらハガレンやけいおんの映画もお蔵入りになりかねませんね。

2010-12-16 22:58 from f | Edit

「規制仕分け」しよう!

はじめに、自民党が「規制仕分け」を行っています。
ここから、表現規制を撤回してもらえるよう、お願いをしてみるのはいかがでしょうか?
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/kisei/form.pl
本題に入ります。私は表現規制には大反対ですが、
あなたの言っていることには、全く賛成できません。
現在、日本は民主党のせいで大混乱に陥っています。
民主党の稚拙な外交、内部分裂、「国益」という観点の無さのせいで
諸外国からは完全にナメられてしまいました。
民主党に政権を任せてはいけないことは明らかです。
>党で見ずに「人」で見るというのも正しいと思う。
党で見ずに人で見るの「が」正しいと私は思います。
自民党も民主党も一枚岩ではありません。
私は、『表現規制問題なんて票にも金にもならない』と
議員の先生方に思われていることが問題なのだと思います。
要は、「表現規制に反対すると票がもらえる」と先生方に
思ってもらえればいいわけです。
そのためにはどうしたらいいか。
答えは先に書いた通りです。自民党だから、民主党だから、という
党で見ることをやめて、人で見ることです。
表現規制反対の議員さんを見つけて、票を入れ、当選させる。
そうすることで「表現規制に反対すると票がもらえる」ことを証明するべきです。
>もうひとつ民主党バッシングを止めなければいけない理由がある。
>それは「ネトウヨに利用される」からです、というか、もうすでにされてます。
確かに私の主観で見ても、この問題に関心のないネトウヨは多そうです。
しかし、この問題の延長線上には必ず「ネット規制」があるはずです。
ネトウヨはネットでニュースを仕入れて活動していますので、
本来、表現規制反対と右翼(「保守」と書きたいのですが。)は対立するものではないはずです。
罪があるのは、「表現規制に危機感を持たないネトウヨ」ではないでしょうか。
ただ、大事なのは今後の活動であるということは、あなたと同意見です。
これ以上の表現規制を防ぎ、表現規制問題に無関心な人たちを
覚醒させてやることが、漫画、アニメの未来を救うのだと思います。
長文、失礼いたしました。

2010-12-16 23:09 from 表現規制反対のネトウヨ | Edit

No title

某所で、「子供に売らないようにするだけなのに、何が問題なの?」と言っている人を見ました。
この人、取次による自主規制を知らないのか。
トホホ…と力が抜けましたよ。

2010-12-16 23:12 from 水色の騎士 | Edit

No title

kannamiさん
>>「レイプや近親相姦は名指しされていますので、新たな企画や作品づくりでは、
それは避けたいと考えています。確かに、18歳以上なら販売できるのですが、
売り場でゾーニングされていないので買えるじゃないか、
と指摘されると困りますので」
「うちはソフトH路線なんですが、今後は性描写を抑えめにしようと考えています。
いくらでも拡大解釈が可能で、恣意的に運用されそうですからね」
業者さん、めちゃ萎縮してるじゃないですか。
それに、第3者みたいに淡々と語っているのもなんか腹立たしい。
彼らがこのまま萎縮していけば、2Dコンテンツのとどめは、規制派ではなく、
ひょっとしたら市場がさすことになるんじゃないかなあ
とまで思いました。
2Dコンテンツの業界は、マスコミみたいに保護されているわけでなく、
競争の激しい完全市場です。市場は時に、政治以上の冷酷な結果を
生み出すこともあります。
「時の政府にこんなにいじめられて、いい物が作れない、でも、かわいそう
と思うんなら、なんか買って。」と言って同情が集まるほど、市場は甘くはない。
個人的な話になりますが、勝手に規制を強化していってるソフ倫作品は
いっさい買わなくなりましたからね。

2010-12-16 23:20 from crush

No title

お前そこから動いたら発砲するからなと言われて動く人なんかいない。
みんな自分の身が大切。厄介事からは逃げたい。
みんながみんな立ち向かってなにくそと作品を作り続けることなんかできない。
だからこそこの条例は危険だった
多くの人が気兼ねなく「これ、条例に引っ掛かるかな」などと考えずに思うように作品を創れて、
もちろんそれに対して文句を言うこともできる。
これが表現の自由が守られているってことじゃないのか?
もうすでに委縮効果が出てしまっている以上、
この条例の問題が噴出していると言ってよい
都知事連中の罪は重い

2010-12-16 23:23 from わしだかな

影木さん・つださんのブログ

影木栄貴さん・つたみきよ(蔵王大志)さんの「子蔵屋ブログ」にて影木さんが、叔父にあたる竹下亘議員を通じて、とある議員さんと今後の対策を話し合ったと書かれていました。
・・・ついに影木さんが身内の権力を・・・!

2010-12-16 23:28 from ゲーセンのアルバイト

No title

あああ!幻の、伝説的な!ビバップのよせあつめブルース!!!
初めて観られました、ありがとうございます!
ちとばかし疲れてた心が立ち直りました、座右にしよう。 脚本家さんすごい…セリフが重い。
大阪がくる…か、地元での戦いか…。
毎日新聞(愛媛) 『の・ボール』
【引用】 石原慎太郎・東京都知事の同性愛者べっ視と取れる発言が、今月だけで2度、小紙で報じられた。石原氏はデビュー作「太陽の季節」以来、トリックスターとして人気を集めてきたが、“弱い者いじめ”を繰り返すようでは、そろそろ潮時だろう http://mainichi.jp/area/ehime/news/20101210ddlk38070599000c.html
>同人大好きっ子さん
別方向に着地したんですね。
これは反対集会の形態ということでなのかな。

2010-12-16 23:30 from Kaze | Edit

No title

>うーん規制派はさんざん汚い手を使っているのにこちらはルールを守った正攻法しか出来ないのでしょうか?
>やり過ぎた行動はたしかに控えるべきだと思いますがこちらも手段を選んでる場合ではないんじゃないでしょうか?
>綺麗事ばかりでは大事な物は守れませんよ?
正義とか倫理とか無視したマキャベリ的な考えでよければお答えします。
ぶっちゃけた話、規制派側が汚い手を使えるのは金と権力と有力者とのコネと見かけのよさと票田としての実績を持っているから汚い手を使ったときのリスクを最小限にできるからです。
こちらにはそんなもんはないのです。
こちらは一度、「卑怯者」のレッテルを貼られると死ぬわけでして。
それにコチラはオタクがマジメに選挙に言った場合限定とはいえ、潜在的な票田としての力はおおきいわけで、わざわざ向こうのマネをする必要はありません。

2010-12-16 23:32 from DN | Edit

No title

表現規制反対のネトウヨさん。
ネトウヨ全てが敵だとは思っていません。
気を悪くされたのなら謝ります。
ただ、中には嘘をついてでも民主さえ潰せればいいという連中もいるのです。
記事でも書いたように「表現の自由」を守る場合「民主党」が絶対に必要です。
言うまでもなく自民党は話すら聞いてくれないからです。
自民党を説得すべきですが、とてもじゃないが私達にはそれほどの余裕はありません。
肩書きも金もないし、危機はすぐ目の前まで迫ってます。
それと「国益」という言葉がよく出てきますが。
私は「国益」も「表現の自由」も両方守るべきと考えています。
天秤にかけること自体、ナンセンスだと思います。
そう考えると民主と自民のバランスが重要になってくる。
自民が方向性を変えるまではこれしかありません。
貴方も規制には反対のようなので、お互いできることをやっていきましょう。

2010-12-16 23:42 from 水無月(管理人)

No title

表現規制反対のネトウヨさん
>>自民党だから、民主党だから、という
党で見ることをやめて、人で見ることです。
それが理想ですよ。でも、トップ・ダウン制がどうしても強く
なってしまう選挙制度と党だけで人を選らんでしまう民度が
それを不可能にしているんですよ。
水無月さんも言ってるじゃないですか。
「どんなに正論を言っても小政党であれば
数で潰される「共産党」や「社民党」が良い例だ。」と。

2010-12-16 23:42 from crush

No title

>それにコチラはオタクがマジメに選挙に言った場合限定とはいえ、潜在的な票田としての力はおおきいわけで
でも、その潜在的な票田としての力に全く期待出来ないのもまた事実なんですよね。
今回の民意を無視した可決までの一連の流れ等から、
「陳情しても無視されてしまった」→「陳情しても無駄」→「民意など何の意味も無い」→「選挙に行くだけ無駄」
と政治への失望から思う人も多いでしょうし、皆が皆、反骨心を持っている訳でもありませんし…(業界の萎縮もそういう所から来ているのでしょうね)

2010-12-16 23:46 from k-z | Edit

水色の騎士さん、はくしゅさんへ

 和田宗春さんは、心情的に表現規制反対派です。確たることは明かせませんが間違いありません。私は一度陳情のために事務所に行きましたが、事務所全体がそんな感じでした。そして6月の否決の際にも、水面下でこの人がだいぶ「まとめた」と想像しています。
 恐らく妥協に動こうとした現執行部にとっては目の上のたんこぶだったでしょう。私は、この人を議長という職に祭り上げた人こそ、民主党内の積極的賛成派≒転向者の元締めであると思っています。以前、社会党の合流派が土井たか子さんを衆院議長に祭り上げ、党内の発言権を奪った構図と似ています。その仕掛け役と言われている某衆院議員は民主党政権下で農相にまでのし上がりました。和田議長はイングランドの地方議会を範としたいと考えている良心的な議会主義者のため、議長と言う中立性を保たねばならないモラルに縛られ、積極的な行動ができなかったのだと思われます。和田議長の高潔さにかんしては疑う余地はありませんが、この状況で「和田都議」が動けなかったことには、正直臍を噛む思いでした。

2010-12-17 00:04 from b

No title

>この記事の「元副知事」というのは猪瀬さんではありません。
ホントだ。「元」副知事と書いてあるわ。誤解を与える様なコメですまん。
>crushさん
完全に萎縮してますし、実害が出てますね。無責任な判断が招いた結果です。
>DNさん
>わざわざ向こうのマネをする必要はありません。
やったら終わりでしょうね。
マスコミはほぼあちらさんの味方をするでしょう。
規制派にとって都合の悪い情報は報道されませんが、
こちらにとって都合の悪い事は確実に流すでしょう。
余裕で死ねます。
周囲の人に反対派が誠実だとわかってもらう為には
ルールやマナーを守って戦う必要がある。
どうせあっちは不誠実な態度や暴言で勝手に自爆する。
それをマスコミが流さないならこちらが「真実」を流すだけ。
>k-zさん
>失望から思う人も多いでしょうし
それが問題ですな。マイナス思考に陥る人は少なからずいる。
「どうせ無駄」で選挙にいかないと変な議員が当選するし、
それじゃ確実に世の中は変えられない。味わった失望を希望に変える事はできない。
票にならないってのも反対派に多い若者の投票率の問題だし、
どうにかして政治に関心を持つようにしないとと思うけど…
しかし、まあ反対派でも投票できなかった未成年者も沢山おられるわけで、
次回からその若者達も票に加わってくれると信じたい。
ここに来られる未成年の人も結構おられるみたいですし。
あと、規制に賛同的な世代もお年を召されるわけで、
時代と共にこちら側が有利になっていけばいいんだが。
…理想論だな、これ。

2010-12-17 00:17 from kannami

0:20分現在

TBSラジオにて http://www.tbs.co.jp/radio/dig/live/live.html
まだまだ保坂先生と兼光さんがトークしておられます!(Twtterタグ→#dig954)

2010-12-17 00:21 from Kaze

先の記事について一点だけ

 より慎重な言葉の使い方をすれば「反対派」を「慎重派」に言い直した方がよいかもしれません。

2010-12-17 00:31 from b

No title

表現規制反対のネトウヨさん。
ひとつ言い忘れました。
自民党は憲法改正を目指しています。
その中に表現の自由を制限できる文言が盛り込まれています。
これは仮の案なので今後はどうなるか知りませんが・・・。
これも自民党を支持できない理由です。

2010-12-17 01:59 from 水無月(管理人)

管理人さんおはようございます。
内閣府や総務省や経済産業省や観光庁に陳謝を拡散すべきだと思うのですが、お願い致します。
自分も護憲派の人間なのでよくわかります。

2010-12-17 07:36 from f | Edit

いくつか言葉が足りなかったので・・・

>管理人さん
自分の思考回路は、
「民主には政治を任せられん!」
->「しかし表現規制は嫌だ」
->「なら自民を説得するしかない!」
というようにたどっていったのですが、これも中々に厳しい道のようですね。
しかし、規制仕分けのことも、頭の片隅にでもいいので、ぜひ覚えておいてください。
我々に出来ることは、意見を伝えることだけだと思っています。
それが多ければ、規制推進派を黙らせることができるかもしれないと思っています。
それと、私は「国益」と「表現の自由」を天秤にかけてはいません。
「表現の自由」だって、守るべき国益の一つです。
そもそも表現の自由がなければ民主主義国家ではありませんし、
日本のマンガ、アニメが利益を生んでいる状況なのですから。
(私が表現規制に反対するのは単にマンガが好きなだけなのですが、それでは説得力にならないですよね。)
>crushさん
自分でも、理想論すぎるかな、と思って書いた文章ですので、反省はしています。
しかし、『表現規制問題なんて票にも金にもならない』と思われている現状をなんとかしたい。
選挙前に、政治家は税金や景気対策の話をしますよね?
私は、その中に「表現規制をどう考えているか」という話も入れてほしい。
そのためには、今は理想論ですが、「表現規制に賛成したら、票を失う」という流れを作らなくてはいけない。
それによって、上のほうの考えも変えていきたい。
そういう思いで書き込ませて頂きました。
乱文失礼しました。

2010-12-17 09:32 from 表現規制反対のネトウヨ | Edit

民主が敵に回ったと思った人が多すぎる……

全くです。
mixi上などでも完全に「民主は敵」認定している人が多いですね。
このまま票を分散させたら自公には勝てないというのに。
一応、私のmixi上なんかでも拡散してみましたが、様子は芳しくないですね。
ホント、ネトウヨのいいカモになっているような気がします。
感情的になるのはやめていただきたいところです。
同時に、無駄骨でも自公にも働きかける努力はしてもいいのではないかと思います。
自公も敵と決め付けず、超党派で表現の自由議連を作れればよいと思います。
でも、実際には民主を動かした方が圧倒的に有利な状況なのですけどね。
状況は、本当に緊迫していますね。

2010-12-17 15:16 from 卓吾斎恢徳野人

また連投すいません。
管理人さん92~94のコメントを削除してください。
自分では削除できないので、迷惑かけ申し訳ありません。お願い致します。

2010-12-17 16:25 from f | Edit

No title

>護憲派
申し訳ありませんが私は自主憲法制定派です。
その折には表現の自由や言論の自由の守護を強化する条文を盛り込ませたいところです。

2010-12-17 17:37 from 日本ハッテン党幹事長

No title

>表現規制反対のネトウヨさん
もちろん、一番いいのは人間性で判断する事ですが、
どうしても売国的な法案から国を守りたかったら国民新党がお勧めです。
国民新党は「党」を挙げて「外国人参政権」と「人権侵害救済法」に反対しています。
少数政党とはいえ、連立している国民新党が
法案に合意しなければ法案自体を提出する事が困難になります。
だから、国民新党の議席を増やす事も重要ですよ。
実は野党・大政党の自民党よりも与党・小政党の国民新党の方が
売国法案阻止のキーを握っているんです。
というか、自民党もネット規制法案を隠し持ってるので
売国うんぬんで民主党を叩く資格はなかったりします。
自民党の場合、「国民の支配」という思想を持ってるので、
「民主が売国」なら「自民は売民」政党。
で、国民の話を聞く姿勢がどっちがより近いかで言えば民主党。

2010-12-17 18:25 from kannami

明日は松下都議の都政報告会だったかと

「民主党なら何でも叩く」というのは、かなり冷静さを欠く反応かと思われます。が…。
むごい野次の中、反対の論陣をはって下さった松下都議までも敵視するような方がいらっしゃるような…?何だか「この場合の不勉強は罪とも言えるんじゃないか」などと、ため息が出てしまいます。
その松下都議の都政報告会が明日18日10時からあるようです。ご尽力に感謝しなければ。

2010-12-17 18:43 from ふぶら

No title

>卓吾斎恢徳野人さん
mixiは、民主党憎しだけが理念の極右の人の巣窟と化してますから、厳しいと思います。
特にニュースの政治欄のコメントは、酷いもんですよ・・・

2010-12-17 20:03 from au | Edit

No title

都議会の民主党の皆様、土下座してハッキリ言うべきでしたね。
>正直に申し上げますと、皆様よりも都小PTAと治安対策本部と石原都知事の方が恐いんです!
>それが現代日本の「民主政治の現実」なんです!!
>それに、「もっと乳を出せ!」と私達の乳房を締め上げる皆様は、あの狼どもから私達を護ってくださいましたか!?
・・・と。というか、都議会自民党の皆様も言って良かったのですよ?公明党ですら疑問を呈する議員が居たというのに。
民主党の本家のルーピーぶりに日本国民の怒りは怒髪天です。かといって自民党が信頼されてないのは先だっての茨城県議選でも明らかです。しかし都議会だけでなく地方民主党は本家に抗議を続けております。この選択が民意に与えた影響、今一度考えてみるべき時です。
ちなみに、私が都民なら、自民党候補者以外に公明党の小林健二議員と、ともとし春久議員しか居なかったら両名に入れます。その位自民党は今回で株を暴落させました。
>表現規制反対のネトウヨさん
素晴らしい!貴方の言葉に拍手を捧げたいです。
勝手ながら貴方は「ネトウヨ」でなく「国士」です!

2010-12-17 22:00 from 木村 | Edit

管理人さん削除ありがとうございます。
地元の北海道は民主党バッシングが酷いです。
TPPや高速道路無料化の影響だと思います。
ですが、民主党をバッシングするつもりはありません。
悪法から我々を守ってくれた恩があるからです。

2010-12-17 22:22 from f | Edit

松下都議の都政報告会に行ってきました

松下都議の都政報告会に行ってきました。松下都議のご報告も、他の参加者の皆さんのご指摘も非常に興味深く勉強になりました。
都が「説明会」でどんな漫画を持って行って説明したか?…今後は情報公開請求する必要あるんじゃないかとか。実際支持者から「なんでそんないい条例を通さなかったんだ?!」と責められた民主党の議員さんは数人居たとか、そのようなPTAへのある説明会では「この条例案があればこんなマンガは野放しにならないのに!」と民主党批判の嵐になったとか、あとこの問題を取り上げると「子どもの敵」と言われるとか…
そんな中で、家族を抱えて落選したら無職になってしまう都議さんの中には、動揺した人も居たんだろう…とは察しがつきました。
ただ松下都議は「自分の正義貫いて落ちたら本望!」とまで言い切っておられました。カッコよすぎる~
「この問題の難しさは『説明に時間がかかる』」とは松下都議の弁。規制賛成派は「一言で片付く」。一方反対派はかなり説明しないと理解して貰えない…。
あと会場のダニエル兼光さんから「この件を英語のブログで発信したら世界各国」、なんと世界110カ国、ガボン共和国からも反応があったそうです。

2010-12-18 19:44 from ふぶら

松下都議の都政報告会(続き)

松下都議ご自身も「会派」としてこの条例改正案に賛成されるのは、非常につらかったであろう事が、その口調や言葉の抑揚からよくわかりました(こういう事はネットではなかなか伝わりづらいと思うのでお伝えします)。報告会では先に「築地移転」「外環の2」の問題を取り上げましたが、最後にこの「青少年健全育成条例改正案」の項目に入る前の、ひと呼吸、や、内心の葛藤がにじみ出るような時折の息継ぎ、などに、松下都議の悔しさを感じ取れたように思います。「しかし会派の中に居ないと予算委員会等の各委員会にも入れない」現実がある事は、我々もきちんと認識しないとならないと感じました。
あと「議員は皆『誰と向かって話しているのかわからない』」…ネットだとやはり「顔が見えない」きらいが…。議員さんに我々も積極的に身体を運んで行く必要がありそうです。
あと「反対しているのは個人」vs「賛成しているのは団体」という図式を指摘され「よくも悪くも団体」という言い方をされてました。
最後の方で「中身も見ずに賛成しているのは自公」。全くその通りで、いたずらな民主党叩きはやはり慎むべきかと思いました。

2010-12-18 20:04 from ふぶら

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 立憲民主主義と日本国民の安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.