fc2ブログ

カテゴリ:私的ダウンロード違法化の危険性!

記事一覧

音楽離れに歯止めかからず…ダウンロードの刑事罰化は逆効果?

私的ダウンロード違法化の危険性!

音楽離れに歯止めかからず。ダウンロードの刑事罰化の効果は
http://getnews.jp/archives/270061
音楽離れに歯止めかからず…ダウンロードの刑事罰化は逆効果?
http://geinolabo.ldblog.jp/archives/4254565.html


【調査】音楽離れに歯止めかからず…ダウンロードの刑事罰化は逆効果?
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1352063213/


4 :名無しさん@恐縮です:2012/11/05(月) 06:11:38.70 ID:VeIbEiGh0
逆効果に決まってるw

何が、違法かわからないのだから、「ちょっと聞いてみよう→おっ、いい曲だね、買おう」って、流れの、
「ちょっと聞いてみよう」を、禁止してるんだから。

それで、売れ行き上がると思ってる馬鹿が、法案を成立させた。


【悲報】ダウンロード刑事罰化が施行されるもCDがあまり売れてない悲劇
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/5995186.html


13: ウンピョウ(関東・甲信越):2012/10/11(木) 10:12:49.47 ID:/5Y/q8TCO
カスラック涙目wwwww

29: セルカークレックス(チベット自治区):2012/10/11(木) 10:18:58.18 ID:4vnfla4g0
>>13
あいつらCDの売上げ落ちても収入増えてるw

JASRACが2年ぶりに増収、そのワケ
http://ascii.jp/elem/000/000/137/137411/

46: アメリカンカール(長崎県):2012/10/11(木) 10:25:07.98 ID:k2lurGXt0
>>29
今だま新しいシマ見つけてるのかwww

18: ブリティッシュショートヘア(東日本):2012/10/11(木) 10:14:18.30 ID:qYptuVWW0
カスラック潰してアルバム単価安くしろゴミども
海外のCDが1000円で買えるのに
国内はかたくなに3000円を堅持しててバカか

42: ライオン(やわらか銀行):2012/10/11(木) 10:24:00.01 ID:tiiHDxJz0
>>18
CD一枚一枚に製造コードついてるわけでもないのにJASRAC手数料がかかってるのはおかしい。
たとえばCD一枚に10万円、歌一曲に対して一括1万円とかの管理手数料掛かるならまだわかる。
そりゃ売上枚数低くても食っていけるインディーズや同人に行くわ。

http://blog-imgs-44.fc2.com/n/w/2/nw2/11042823_1_1.jpg

カスラック潰してアルバム単価安くしろゴミども


因果応報。客に喧嘩を売ればどうなるのか良い見本。今にして思えばCCCD時から何も学習してなかったという事ですね。おまけに音楽関連のHPを開いた途端に泥棒扱いされる警告文。目が覚めるまで痛い目に遭い続ければいいと思いますよ。

音楽業界は自分達の間違いを絶対に認めないので「新たな敵」を探すでしょうね。彼等にとってTPPは渡りに船。次は間違いなく「非親告罪化」を主張する筈。もしくはYouTubeやニコニコ動画等の「ストリーミング規制」を主張かもしれません。例えば「公式配信以外全て観覧禁止」とかね(苦笑)。著作権法に限らず表現規制は常に斜め上に進むので何が起きてもおかしくないです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

【資料】違法ダウンロード刑事規制をめぐる動き―平成24年著作権法改正―

私的ダウンロード違法化の危険性!

違法ダウンロード刑事規制をめぐる動き―平成24年著作権法改正―
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3580528_po_0760.pdf?contentNo=1


資料①。国立国会図書館作成。違法DL刑罰化の経緯とTPPやACTAとの関係性をまとめたものです。

「違法ダウンロードの可罰化の実態と消費者に与える影響」講演資料
http://miau.jp/niben/mhatta.pdf


資料②。MIAUの講演。八田真行氏(駿河台大学経済学部)の指摘。これはまだ御紹介してなかったはずです。

【栗原潔のIT弁理士日記】違法ダウンロード刑事罰化の問題点を考える【今更ですみません】
http://www.techvisor.jp/blog/archives/2685


資料③。栗原潔弁理士のブログ最新の記事。http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2250.htmlの追記です。

違法ダウンロードに対する刑事罰規定の廃止を求める会長声明
http://www.satsuben.or.jp/info/statement/2012/06.html


資料④。札幌弁護士会の反対声明。専門家からは廃止を求める声も少なくありません。

違法ダウンロードの件について文化庁に電話してみた
http://jyouhouya3.net/2012/10/post_2012.html


資料⑤。聞いて損は無いですが文化庁の返答は何だか要領を得ないというか痒い所に手が届かない感じです。

捜査当局の運用や今後の改悪次第で廃止もしくは改善を求めて意見する必要があるかもしれません。
また「TPP参加」に関連して改悪される可能性が高く国内法改正に要注意。フェアユース導入を求めていく事も重要です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

改正著作権法で違法になった「リッピング」とは?

私的ダウンロード違法化の危険性!

改正著作権法で違法になった「リッピング」とは?〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121009-00000013-sasahi-ent
[dot. 10月9日(火)16時31分配信]


インターネットで動画や音楽をダウンロードしただけで、2年以下の懲役や200万円以下の罰金を科される恐れがある改正著作権法が、10月1日に施行された。

どのような行為が罪に問われるのだろうか。著作権法に詳しい金井重彦弁護士が解説する。

「無償で放映されたテレビ番組や楽曲を録画・録音するだけなら大丈夫ですが、すでにCDやDVDとして販売されていたり、有料でインターネット配信されたりしている楽曲や映画、テレビドラマをダウンロードした場合は罰則の対象となります。動画などが、違法にアップロードされたものだと知っていたことに加え、被害を受けた側が被害を訴え出ることも条件となります」

今回の改正には、もう一つ大きな柱がある。「リッピング」と呼ばれる行為の違法化だ。

リッピングとは、DVDや一部のCDに付けられている「コピーガード」という複製を防ぐ機能を解除して、動画や楽曲のデジタルデータをパソコンに取り込む行為のことだ。これまで著作権法では、個人的に楽しむ場合であればこうした行為は認められており、ネット上ではコピーガードを解除するための無償ソフトも提供されている。

それが今回の改正では私的複製の範囲外とされ、罰則こそ科されないものの、違法な行為とされた。

なぜこうした行為まで規制されたのだろう。

「リッピングによってDVDなどから取り出されたデジタルデータは、動画サイトにアップロードする際にも使われます。違法アップロードにつながるリッピングを違法化することで、違法アップロードを防止することができるのです」(文化庁著作権課)

現実の世界だけではなく、自由な空間とされたネットも、徐々に息苦しさを増しているようだ。

※週刊朝日 2012年10月19日号


違法DL刑罰化の記事。面白いので御紹介。リッピングの解釈が間違ってますね(苦笑)。
かなりややこしいのは事実だが情報は正確に伝えないと無意味。マスコミがこれでは話になりません。

繰り返しになりますがCDリッピングは合法でMP3プレーヤーに移してもOK。CCCDは違法。DVDは違法(罰則無し)です。

takamiya_nagi 今月から違法ダウンロードの云々があるから、とネットでは音楽、動画を見ないようにしているのだが、隣の席の社員はようつべで音楽聴いてるし・・・大丈夫かと思ったら別の社員はエロ動画見てるし、ねーよ、っていうか会社でみるなや・・・。

@vakanari: 違法ダウンロード刑事罰化 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1732675.html コレってエロ動画はどうなんの?それだけが心配、もう、それだけが心配。

@nimobeatbox: 違法ダウンロード云々の法律ってエロ動画鑑賞が生活の一部になってる俺にとっては死活問題だぞ。俺みたいな人間は生きている事すら政府は許さないのか…


2012-10-05(23:20) : URL : 編集


ジャンルに関係なく「視聴は合法」「保存は違法」と覚えておけば間違いはありません。
それでも心配してる人は多いので政府は継続して広報すべきですよ。それ位はやらないと無責任です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

【資料】【転載版】第282回:ダウンロード犯罪化施行(2012年10月1日)以降、インターネット利用にあたって気をつけておくべきこと〜冤罪や詐欺の被害者とならないために〜

私的ダウンロード違法化の危険性!

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第282回:ダウンロード犯罪化施行(2012年10月1日)以降、インターネット利用にあたって気をつけておくべきこと〜冤罪や詐欺の被害者とならないために〜
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-8c17.html


9月6日の衆議院本会議で海賊版対策条約(ACTA)が可決され、残念ながら本質的な問題点についての議論が何らされないまま日本におけるACTAの批准が決まった。国内法的にどうこうという話はすぐには何もないだろうが、世界的に見て注目度の高いこの問題で、日本は無様に世界に恥を晒した。

ACTAについても言いたいことはまだまだあるが、10月1日のダウンロード犯罪化施行まで後1週間しかない中で、文化庁のHPに掲載されているQ&Aを読んでも、質問主意書への政府回答(第281回参照)を読んでも、レコード業界団体が中心となって作った宣伝ページを読んでも、警察庁の通達(国民の生活が第一のはたともこ議員のツイートまたは森ゆう子議員のブログ記事参照)を読んでも、結局何をどうしたら良いのか具体的なことがさっぱり分からないので、ここで、ダウンロード犯罪化時代のインターネット利用時の注意点をなるべく具体的に書いておきたいと思う。

前も書いた通り(第277回参照)、このように非民主主義的かつ姑息なやり口で可決された法律を守れという気は私はさらさらない。しかし、非道な法律の無茶な運用によって被害に遭う者はなるべく少ないに越したことはなく、他の国での著作権法の運用なども含めて考えると、日本でも最低限以下のようなことに気をつけておいた方が良いのではないかと私は思っている。

(1)P2Pファイル共有ソフトは法律的なことと技術的なことをある程度理解してから使用すること
P2Pファイル共有自体が違法や犯罪であるということにはなり得ないが、著作権法上ダウンロードが違法になっただけでなく犯罪となった中で、P2Pファイル共有ソフト利用のリスクはこの上なく高まっている。各種P2Pファイル共有ソフトの法律的・技術的な問題に今回深入りすることはしないが、余計なトラブルを避けるために、P2Pファイル共有ソフトを使うのであれば、使おうとするソフトが技術的にどのようなことを行っているのか、それが法律的にどのように考えられるのかについてできるだけ知っておいた方が良い。ダウンロード犯罪化で違法ファイル共有の摘発数が劇的に増えるということも考えがたいが、警察はダウンロード犯罪化の最初の摘発対象・スケープゴートとしてアップロードとダウンロードを同時に行う違法ファイル共有ユーザーを狙って来るだろうと考えられるのである。

(2)家庭で無線LANを使う場合は必ず暗号化を施すこと、軽い気持ちで他人にインターネット回線を貸さないこと
最近「P2Pとかその辺のお話」でアメリカにおける無線LANただ乗りの民事ケースについて翻訳記事を書かれているが、ダウンロード犯罪化について警察がどのような運用をして来るか読めない中で、無線LANを暗号化なしで使うことほど危険なことはない。また、インターネット回線を軽い気持ちで他人に貸すべきでもない。他人の行為で、警察が我が家に家宅捜索に来て痛くもない腹を探られるような事態を避けるためには、家庭で無線LANを使う場合必ず暗号化を施すことを忘れないようにし、また、基本的に他人にインターネット回線を貸すようなことをしないよう気をつけておいた方が良い。さらに言えば、暗号化方式の強度もなるべく高い方が良いだろう。(なお、2010年のzeit.de(ドイツ語)の記事などを読めば分かる通り、ドイツでも無線LANただ乗りの問題は最高裁に行くほど顕在化しており、今回やはり深入りはしないが非常にややこしい問題である。)

(3)子供のインターネット利用に気を配ること
やはり「P2Pとかその辺のお話」でフランスにおける同居人の行為に対する3ストライク法の適用のケースについて翻訳記事を書かれているが、恐らく同居人として一番気を配るべきは子供だろう。子供が勝手にインターネットでファイル共有ソフトなどを使ってしまい著作権団体や警察の網に引っかかるリスクは常にあるのである。子供のインターネット利用を親が全て監視するべきだなどと言うつもりもなく、無意味に子供を脅すこともないだろうが、子供には基本的にP2Pファイル共有ソフトを使わせないくらいのことはしておいた方が良いのではないかと思う。(なお、これらも民事ケースだが、ドイツでも配偶者や子供などの著作権侵害行為と回線契約者の責任との関係について裁判沙汰になるほどの問題になっていることからも分かるように(heise.deの記事(ドイツ語)、e-recht24.deの記事(ドイツ語)、golem.deの記事(ドイツ語)など参照)、これも非常にややこしい問題である。)

(4)サイト管理者は書き込みやリンクの掲載などに気をつけること
幇助による摘発の可能性も考えると、何かしら書き込みを可能としているサイトの管理者は書き込みやリンクの掲載に常に気をつけておく必要がある。普通ほとんどの場合で問題になるとは思えないが、警察と権利者団体が何をして来るか分からない中で、警察に目をつけられているだろう各種サイトや権利者団体に目をつけられているだろうP2P・ダウンロード関係サイトなどの管理者は特に気をつけておいた方が良いだろう。

(5)著作権侵害を使って脅すようなメールなどについてはまず詐欺やウィルスの可能性を疑うこと
これも他の国で例でかなり見かけるが、著作権侵害を使って脅すようなメールやサイト表示はまず詐欺やウィルスの可能性を疑った方が良い。ダウンロード違法化でも多少見られたが、このような詐欺・ウィルスはダウンロード犯罪化でさらに増えると思えるのである。とにかく、そのようなものを見ても慌てないこと。ただし、日本でも権利者団体による著作権侵害警告のような取組は行われており、本物の警告である場合もあることには注意しておいた方が良い。警告に関する法律的なことが良く分からなければ、専門家への相談を考えること。(弁護士などでも良いが、そこまでの話でなければ、担当省庁の文化庁著作権課や警察庁・各県警のサイバー犯罪担当課、あるいはP2Pに対する警告メールの取組をやっているファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会へ直接確認してみれば良いのではないかと思う。)

(6)インターネットを今まで通りに使い必要以上に萎縮しないこと
以上多少注意点について書いてきた訳だが、ダウンロード犯罪化のような非道な法律はいくら言われたところで守りようがない。最低限の注意以上のことはやりようがなく、必要以上にネット利用について萎縮することはない。もとから大して知られていないのであまりLマークとの関係で萎縮を心配することはないだろうが、Lマークも、ごく一部のサイトでしか利用されていないもので、日本レコード協会などと正規ライセンスが結ばれていることを示す意味しか持っておらず(レコ協の解説ページ参照)、あらゆるサイト・コンテンツの合法違法の区別をするものではないということを正しく理解して、その意味以上に気にしないことである。

上で書いたリスクは基本的にアップロードやダウンロード違法化との関係で今までも多少はあったリスクだろうが、ダウンロードも犯罪化されることでインターネット利用のリスクが飛躍的に高まるのは間違いない(今まではダウンロードについて最大限民事訴訟のリスクだったのが、突然警察が家にやって来る可能性が出て来ると言えばそのリスクの大きさが分かってもらえるだろうか)。

非道な法律の無茶な運用によって被害に遭う者はなるべく少ないに越したことはないと考えて、ここでも多少の注意を書いたが、どう考えても法改正に関する周知が不十分な中で、施行前後でかなりの混乱が予想されるのは非常に残念である。このブログはこのまま続けて行くつもりだが、できることならこのようなダウンロード犯罪化に関する注意を書く日が来なければ良かったのにと私は今も思っているし、今後もこのような法改正は間違いであると言い続けて行くだろう。


冤罪や詐欺の被害に遭わない為に最低限注意すべき事。ありがたく転載させて頂きました必読です。
萎縮するなと言っても心配でしょうが兎園氏の仰る通りで気にしても仕方ないので萎縮はしない方がいいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

【資料】国民の生活が第一 第3回文部科学政策会議(9/4)著作権法「違法ダウンロード刑事罰化に関するヒアリング」

私的ダウンロード違法化の危険性!

著作権法の一部を改正する法律の施行について(通達)
http://www.hatatomoko.org/20120922151738.pdf
国民の生活が第一 第3回文部科学政策会議(9/4)著作権法「違法ダウンロード刑事罰化に関するヒアリング」
http://www.hatatomoko.org/ihodown.shiryo.pdf


■情報源:はたともこ議員(https://twitter.com/hatatomoko)

http://twitter.com/hatatomoko/status/249398600067608576

はたともこ ‏@hatatomoko
警察庁通達:違法ダウンロード刑事罰化は参院附帯決議等をふまえ捜査権の濫用やネット利用の不当制限につながらないよう配慮 http://p.tl/hMYn 。9/17テレ東WBSでレコ協・違法アップロード監視システムを報道。違法ダウンロードも同手法なら検閲となり憲法違反。要確認。

https://twitter.com/hatatomoko/status/249398672243187712

はたともこ ‏@hatatomoko
【再】「生活」ヒアリングで、レコード協会は違法ダウンロードに対し、「繰返し大量にアップロードしている人に対し警告を何回か行い、それでも駄目な場合に告訴」の違法アップロードと同様に対応と言明。この厳守を権利者団体や文化庁・警察庁に働きかける。http://p.tl/wKwI


付帯決議をふまえて「捜査権の濫用」「インターネットの不当制限」に配慮しろと警視庁の通達。これを見る限り「付帯決議」をおかげでギリギリ踏み止まってる危うい状況。典型的な官僚答弁という感じの書き方ですしリンク先にもあるが捜査当局の取り締まりは拡大解釈が前提なので文面通りに信用するのは危険だと思います。

しかしそれでも「配慮の可能性」を引き出したりいろいろと尽力してくれた「国民の生活が第一」の方々に感謝したいです。
これはもっと知られて良いですし評価されるべきですね。一見すると地味だが大きな仕事。これにより危険度が減ったとも言えます。

上記のPDF2種類は念の為に保存しておく事をオススメします。イザという時の武器になるかもしれませんので・・・。

≫違法ダウンロードも同手法なら検閲となり憲法違反。要確認。

ちなみに「通信の秘密」「憲法21条」の一部。表現の自由を改正されると危険というのはこういう意味でもあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ

違法アップロードを監視する現場写真 これは逮捕される人すぐ出そうだな・・・

私的ダウンロード違法化の危険性!

違法アップロードを監視する現場写真 これは逮捕される人すぐ出そうだな・・・
http://hamusoku.com/archives/7485431.html
刑罰化で違法ダウンロードは減るか?
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_27123


来月1日から著作権法が改正され、インターネットでの音楽・映像の違法ダウンロードが刑事罰の対象となります。文化庁は法律の施行に向けて、アニメソング歌手の影山ヒロノブさんを起用して広報ビデオを作るなど啓蒙活動に力を入れます。しかし刑罰化について、渋谷で100人に聞いたところ8割近くが知らないと回答、認知度はまだ低いのが現状です。日本レコード協会では現在、違法アップロードの監視はしていますが、ダウンロードについては把握が難しいとし、刑罰化による抑止力に期待するといいます。一方で日本弁護士連合会では、刑罰化による抑止を疑問視していて、刑罰化の効果はまだ未知数です。テレビ番組や映画の有料配信を行うhuluは、テレビ番組を放送直後に配信するサービスを今年の4月から開始しました。有料でも魅力的なサービスを増やすことで、違法ダウンロードが介在する余地を減らしたいといいます。


違法ULは常に監視してるらしいので今後は彼等の気分次第で芋づる式の逮捕はあり得ると思います。
この件は周知が不十分なのが本当に危険。常習者より「何も知らない人」の方が巻き込まれそうです。

違法ダウンロード刑罰化で啓発活動、レコード協会ら7団体が委員会立ち上げ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120914_559819.html


努力の方向性が間違ってる気がしますね。違法UL禁止の啓発に力を入れる方が効果的ですよ。

Togetter - 間違いだらけの政府広報 ~ 違法ダウンロード刑罰化を正しく説明できない政府広報やマスコミ
http://togetter.com/li/363100#c684638


http://togetter.com/li/361017 に載せたグラフにあるように、米国や韓国並みにパッケージ販売が落ち込まないと、ビジネスモデルが変わったことに気付かないのかもなぁ。 biac_ac 2012/08/28 11:54:18


政府広報ですらこれなのに「STOP!違法ダウンロード広報委員会」とやらにできるとも思えませんが・・・。

■情報源:てんたま氏(http://twitter.com/tentama_go)

てんたま @tentama_go
読売が違法ダウンロード刑罰化について福井弁護士の意見を捏造。エルマークといい、“無料は危険”キャンペーンが張られてますね・・ 福井先生が言ったことにされてる内容>「映画や音楽などは本来有償」「自由にダウンロードはまずあり得ない」 http://matome.naver.jp/odai/2134706292379321401


てんたま @tentama_go
「CDが売れない」→「ダウンロードが売れない」へ違法ダウンロードの影響主張がシフト。ちなみにCDは今年増収になることが“違法ダウンロード刑罰化成立前に”既に判明してました http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=2&id=1799


■情報源:佐藤圭氏(http://mobile.twitter.com/tokyo_satokei)

佐藤 圭 @tokyo_satokei
違法ダウンロード刑罰化は6月に突如、音楽業界などの陳情に応じた自民、公明両党の議員立法で提出された。衆院では実質審議ゼロ、参院では4時間のみ。ネット利用者が猛反発するとともに、日弁連も「立法手続きに大きな問題があった」と非難声明を出した(9/30東京新聞特報)。


■情報源:samayou riz氏(http://twitter.com/samayouriz)

みうらゆう@エルマークフリー @himagine_no9
ACTAも自公政権が言い出しっぺ。RT @tentama_go: 違法ダウンロード刑罰化は自公提案ですよ http://t.co/emZmO4EF RT @darumachanX: 民主はいつも、DL刑事罰、ACTA、TPP、人権擁護法等憲法すらも圧殺する様な法を次々気づかれない
samayourizさんがリツイート


samayou riz @samayouriz
あー、絶対この手のアレなのでてくると思ってたよ。

samayou riz @samayouriz
こんなのが安倍マンセーしてんだろうなぁっと思うと頭痛い。

てんたま @tentama_go
「自民に入りたい」とまで書いてる方のようなので、違法ダウンロード刑罰化が自民公明提案と知ったらどういう反応になるんだろ・・・なお、過去一番すごかった返答は「民主が同意しなければよかったので、民主の方が悪い」でした(-_-;)


読売新聞が福井弁護士の見解を捏造。捏造なんて今に始まった事ではないが本当に酷いです。
御本人のツイートが掲載されてるので是非リンク先を読んでくださいね。実に巧妙な捏造ですよ。

ちなみに最近のマスコミは「反対派の見解を歪曲する」という書き方をする事が多いです。
これは「児童ポルノ規制」を煽る時も度々やってますので要注意。注意深く見ないと分かり難いです。

安倍晋三(自民党)支持者。darumachanX氏は話を聞いてくれるタイプの様なのでこの方はともかく自民党を妄信してる人達は殆どこんな感じなんでしょうね。調べれば分かる事を調べず「悪いのはすべて民主党」と言ってる連中を見てると本当に呆れます。実行犯は自公で共犯者は民主党。止められる立場に居たのに政局優先で妥協した民主党の罪は非常に重いと言わざるを得ないがどちらがより悪質なのかという話です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

改正著作権法施行、違法ダウンロードに刑事罰 日本

私的ダウンロード違法化の危険性!

改正著作権法施行、違法ダウンロードに刑事罰 日本
http://www.cnn.co.jp/tech/35022512.html
[CNN.co.jp 2012.10.02 Tue posted at 12:04 JST]


(CNN) インターネット配信の音楽や映画を違法と知りながらダウンロードした人に最大で懲役2年、罰金200万円を科す日本の改正著作権法が、1日から施行された。

日本は米国に次ぐ世界第2位の音楽市場だが、配信サイトからのダウンロードのうち、合法的な購入はわずか1割にすぎないと推定されている。

海賊版の配信を巡っては米国と欧州連合(EU)でも対策法が検討されたが、いずれも個人の自由やプライバシーの侵害だとして反発を呼んでいる。

国際レコード産業連盟(IFPI)が発表した調査報告によると、世界のデジタル音楽の売り上げは昨年520億ドルに上り、前年から8%の伸びを示した。一方、日本レコード協会によれば、国内の音楽配信市場は昨年16%減と、2年連続で縮小した。

日本の音楽業界が目標とするのは、2007年から違法ダウンロードの取り締まりに乗り出した韓国のケースだ。韓国の法律はネットのプロバイダーに、違法ダウンロードをしたユーザーへの警告を義務付けている。初回の警告で7割が違法行為を中止するといった効果が上がっているという。

一方、規制が最も難しいとされるのは中国の市場だ。中国でダウンロードされる音楽の99%が違法だと、IFPIは指摘する。ネットユーザーの人数は米国の2倍近くに達する一方で、ユーザー1人当たりのデジタル音楽の収益は米国の100分の1前後にとどまっているという。


米国や欧州諸国では「個人の自由」「プライバシーの侵害」を理由に刑罰化が見送られる中で日本は政局優先で強行した。
インターネット規制ではギリギリ踏み止まってる諸外国とその逆を直走る日本。ユーザーの危機意識に差があるのでしょうかね?。

No title
管理人様はDL犯罪化で「一時的には」CDの売り上げが上向きになるって見込みのようですが…これ、一時的にすら上向きにはならないのではと思いますね。曲単品での正規DL購入にすら金を出さない奴が、更に金の掛かるCDに手を出すとも思えません。

avexやレコ協(ちなみに兎園氏曰く、レコード業界は音楽業界とイコールではないとの事です)はこの件で盛大に痛い目見ればいいと思いますよ、もうこいつら詰んでるかも知れませんが。…まあ、「CD」じゃなく「正規DL」は少しは上向きになるかも知れませんけど、仮にそうなったとしても何処まで続きますかねぇ?

2012-10-04(08:15) : URL : 編集

どこまでCDの売り上げが回復するか疑問ですね。まあ管理人さんの仰る通り一時的なものでしょうな。

何かに責任転嫁し、売り上げUPや客のことを考えなかったからだと思います。次は何に責任転嫁するのですかね?

音楽業界の体質も少し問題な気もします。色々ニュースで話題になることもありますからね。

2012-10-04(08:52) : ゆっくり URL : 編集


違法DLする人が減れば違法DLの被害額も減るので数字的には回復しますし「今までタダで手に入ったけどそれができないなら買う」という人がある程度出てくるので一時的に「売り上げ回復」となります。ただし「違法配信が切っ掛けでそのアーティストを好きになった」という人は今後一切そんな危ないものに手を出さなくなります。

違法配信は「著作権侵害(犯罪)」と言われれば否定の仕様がないですがある意味で「宣伝効果」は抜群です。
これから先「捜査権の濫用」「さらなる改悪」がされた場合「インターネット上で音楽を聞く」という人が減る可能性は高いです。

音楽業界にとって違法DLという「行為」を刑罰化する事は中長期的に見ればデメリットの方が多いと思いますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

違法DL刑罰化 振り込め詐欺に注意

私的ダウンロード違法化の危険性!

No title
>振り込め詐欺

早速来たようです。ハイエナ並ですな。…もしかしてさっきの「つべ見てたら警告来た」って、これ絡みでしょうか?

http://twitter.com/TheAkuruhinoasa/status/253061902203232256
【拡散希望】さっそく来ました…違法ダウンロード詐欺。「貴方の使用するプロバイダから違法な音楽、動画のダウンロードが確認されました。先日10月1日から試行された違法ダウンロード刑事罰化により…」みたいなメールが送られて来ます。まぁ情強のツイ民の皆さんは大丈夫だと思いますがご注意を。


Twitterって、寧ろ救い様の無い情弱が無視できない数いると思うんですが…。ああ、ちなみに当方のトコにはこんなもん来てませんな。

2012-10-02(19:55) : URL : 編集


すでに児童ポルノで振り込め詐欺が報告されてるのでいずれはと思ってましたがいきなりとは(苦笑)。

皆様の所にも来るかもしれませんが冷静に落ち着いて対処してくださいね。
仮に違法DLの常習者でも「逮捕→裁判に負ける→損害賠償?」的な流れでない限り「金を振り込む」事はあり得ません。

『客を犯罪者扱いしてるみたい』 avexポータルサイトの違法ダウンロード警告表示に批判の声
http://matome.naver.jp/odai/2134910809069184901


No title
samayou rizさんのツイッターから。

中杜カズサ ‏@nakakzs
[NAVERまとめ][音楽]なんかCCCD始めたあの時代にレコード会社の意識がもう一度戻っちゃったみたいな。たぶん音楽の売上げも似たような歴史を辿りそうで。 / “『客を犯罪者扱いしてるみたい』 avexポータルサイトの違法ダウンロー…” http://htn.to/CZ26Qm
samayou rizさんがリツイート

やぴ ‏@henachokodoumei
『客を犯罪者扱いしてるみたい』 avexポータルサイトの違法ダウンロード警告表示に批判の声 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2134910809069184901 …
samayou rizさんがリツイート

samayou riz ‏@samayouriz
泥棒扱いじゃなくて普通に客を泥棒と思ってるでしょ、彼ら。じゃないとネット万引き()とかアホな単語流行らせようとしない。

samayou riz ‏@samayouriz
後、多分こっちの振込め詐欺的なものも増えるんじゃないかなぁ?児ポ関連でもそれらのありえそうだけど。

samayou riz ‏@samayouriz
こうして考えても受け手側犯罪化はほんと百害あって一利なしだと思うけどね


>多分こっちの振込め詐欺的なものも増えるんじゃないかなぁ?

これはありえそうな予感がします。新たな振り込め詐欺の手口になる可能性は十分にありますね。

2012-10-02(19:37) : アイム・ミルフィ URL : 編集


違法DLの常習者がわざわざエイベックスのサイトを見るとは思えませんが・・・。

この書き方だと「みたい」ではなく確実に泥棒扱いですよ。客商売をしてる自覚が足りない最低です。

音楽業界の愚かな所は「違法DLという行為をする奴はすべて買わない奴だ」と思っている事です。
大雑把だが「違法DLだけの人」「それが切っ掛けで買う人」の2種類居るので後者を利用しない手はないです。

客になる可能性がある人を泥棒扱いしたり時代錯誤な商売を続けていてはCDの売り上げ回復も一時的なもので終わります。


ブログランキング・にほんブログ村へ

第281回:森ゆうこ議員・はたともこ議員提出の違法ダウンロード刑事罰化に関する質問主意書への政府回答の転載

私的ダウンロード違法化の危険性!

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第281回:森ゆうこ議員・はたともこ議員提出の違法ダウンロード刑事罰化に関する質問主意書への政府回答の転載
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-3734.html


■情報源:兎園氏(http://twitter.com/fr_toen)

てんたま @tentama_go
違法ダウンロード刑罰化についての森・はた両議員の質問趣意書に対する答弁書 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/180/toup/t180211.pdf 元の質問趣意書はこちら http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/180/syup/s180211.pdf
兎園さんがリツイート

兎園 @fr_toen
違法ダウンロード刑事罰化に関する質問主意書、政府は案の定本質的なところは全部トートロジーで逃げた。政府回答として、立法事実はないと認め、周知や濫用防止について今以上のことはせず、明確な解釈は示せず、10月1日から警察・検察・権利者団体による恣意的な運用が始まるよってことだね。


No title
お久しぶりです。
明日の休みを挟んで、こちらは明後日からお盆に向け地獄のフェスティバルの開幕になります。
ACTAの件でも大変になっておりますが、森議員の件で一つ。

本日、森ゆうこ議員のメルマガを確認した所8月2日に違法DL罰則化に関する質問趣意書を提出したそうです。
離党して尚もここまでして下さるとは、まさに頭が上がります。

森議員のブログにて提出の報告(ブログ内PDF有り)→http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/

2012-08-05(22:29) : EIYA URL : 編集


ちょっと前の話題ですが生活党森ゆうこ議員はたともこ議員が違法DL刑罰化に関して質問主意書を提出。それに政府が回答したという事で兎園氏が記事にされてました。氏曰く「警察庁の通達と文化庁のQ&Aはリンクしないだろう」との事で一抹の不安を感じる。また「中には相当アグレッシブな法解釈をする都道府県警察も出てくるのではないか」という事は当初から危惧されていた様に「捜査当局の気分次第」となる可能性が高いです。

政府回答通り、告訴を行う前に警告を行うかどうかは権利者次第であり、場合によっては事前の警告なくいきなり告訴されることもあり得るだろう。


権利者側と捜査当局はある意味「利害が一致」しているのでいきなり告訴もあり得ると話です。

どのような法律であれ成立して終わりということはなく、成立した後も濫用されないよう地道に運用を監視して行くこと、必要な見直しを求めて行くことが重要であり、政局迷走の中でこのような質問主意書を提出して下さった両議員と関係者の皆様には心から感謝したい。


この件に限らず悪法は通されて終わりではなく「濫用」「その後の改悪」に注視しないといけません。

森ゆうこ議員はたともこ議員に感謝。本当に「生活党」の存在はありがたいのですよ。
いろいろとメリットは多いので是非「生活党」を応援してくれる様に皆様もリアルで周知して頂ければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

【拡散希望】【資料】【直前対策】違法ダウンロード刑事罰化に関するまとめ

私的ダウンロード違法化の危険性!

栗原潔のIT弁理士日記 エンタープライズITと知財のブログ
【直前対策】違法ダウンロード刑事罰化に関するまとめ(その1)
http://www.techvisor.jp/blog/archives/2634
【直前対策】違法ダウンロード刑事罰化に関するまとめ(その2)
http://www.techvisor.jp/blog/archives/2648


株式会社テックバイザージェイピー代表で弁理士の栗原潔氏の見解です。
違法DL刑罰化に関して現時点ではおそらくこれが一番分かり易いと思いますので必読です。
今まで誤解されていた部分(レンタルCDリッピング禁止等)に関してもまとめられています。

さらにコメント欄でも参考になるやり取りが行われているのでそちらも注目ですよ!。

ツイッターにて

10月1日今日から違法ダウンロード刑罰化…これは今日からダウンロードしたら駄目ってわけではなく2010年からダウンロードした人が対象らしいよ…さて、今日どれだけの人が逮捕されて刑務所行きなんだ?(´・ω・`)どこまでがセーフで何処からがアウトか結局よくわからん><ボカロはセーフ?

これ、本当らしいんですが…
あと、今までうpしてきた動画も消さないといけない人もいるんでしょうか?ゲーム動画とか紙芝居とか。

2012-09-30(08:54) : URL : 編集

〉2010年からダウンロードした人が対象

まずこの2年の間にキャッシュが消えてるし、遡っての適用はできないはずです。

なんか今回のツイートもデマッターと言われるのも納得できます。

2012-09-30(09:28) : ゆっくり URL : 編集


古参の反対派は別ですがTwitter民の大半はこれなのでデマが広まると収集がつかなくなります。
警察が独自の解釈をすれば別だが10月1日施行なので法の不遡及によりそれ以前の行為は罪に問われません。

・・・とはいえ「9月30日までにDLした物は対象外」という専門家の見解は意外と少なかったのでこんな情報が広まってしまったんでしょうね。そんな中で今回御紹介した栗原潔氏のブログに以下のやり取りがあったので引用します。

iku says


ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 私的ダウンロード違法化の危険性!