fc2ブログ

タグ:BA.5

記事一覧

【深刻】新型コロナウイルス!新たな変異株「ケンタウロス」を国内で初確認!感染力は約3倍?ワクチンに耐性?BA.5の重症化率上昇!日本の新規感染者数は欧米諸国を抜いて世界一に!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_08_01
※画像出典:家来るドクター





■新変異株“ケンタウロス”国内で確認…市中感染か?“BA.5の約3倍”の感染力で「ワクチン効きづらい可能性」
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/107446
TBS NEWS DIG 2022年7月27日(水) 19:57


感染拡大が続く、新型コロナの“第7波”。感染の急拡大は、私たちの生活を支えるインフラにも影響が出始めています。一方、感染力が強いとされる新たな変異株・通称“ケンタウロス”の感染も、国内で複数確認。専門家とともに解説します。

■「BA.2.75」に置き換わりか 高い感染力、第7波過程で―新型コロナ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072700976&g=soc
時事ドットコム 2022年07月27日 20時48分


新型コロナウイルス感染の「第7波」で、オミクロン株の派生型「BA.2.75」への置き換わりが進む可能性があることが27日、西浦博京都大教授の分析で分かった。厚生労働省専門家組織の会合で示された。現在主流のBA.5より感染力が約3倍高いとの指摘もあり、世界で警戒が強まっている。

BA.2.75で「第8波」の可能性?


新型コロナウイルスのオミクロン株について「ケンタウロス」と呼ばれる新たな派生型「BA.2.75」を国内で複数確認しました。既に「東京都」「大阪府」「兵庫県神戸市」「愛知県」で感染を確認、いずれも海外渡航歴や県外移動はなく市中感染の可能性は高いです。


【解説】新たな変異「BA.2.75」ケンタウロスと呼ばれるワケ…感染力や症状は?


BA.2.75はBA.2を枝別れした75番目の亜種で通称「ケンタウロス」と名付けられました。重症化リスク、毒性、病原性などはまだ分かっていません。しかし、アメリカの大学によれば感染力は現在主流のBA.5に比べて「3.24倍」と研究結果を発表しています。

初確認されたのはインドです。アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダなど世界各国で確認されました。国立感染症研究所は「ワクチンが効きづらい可能性」を示唆しました。(一般論で)ウイルスの変異は半永久的に続くのでいずれはインフルエンザと同じような対策・対応に変えていくことになりそうです。

■WHO「日本が世界最多」先週1週間のコロナ新規感染者数
https://www.fnn.jp/articles/-/395232
FNNプライムオンライン 2022年7月28日 木曜 午前8:52


新型コロナウイルスの「第7波」の感染が広がる中、WHO=世界保健機関は7月27日、先週一週間の新規感染者の人数について日本が、世界で最も多かったとする最新のリポートを発表しました。





新規感染者数「世界最多」の衝撃!


2022年07月27日(水)。世界保健機関(WHO)は、先週一週間の新型コロナウイルスの新規感染者数に関する国別のリポートを発表しました。世界最多は「日本」でした。東アジアで最も感染拡大した国です。

先週一週間で「96万9068人」の感染を確認した日本のランキングは7月に入って急上昇、これまで世界トップだったアメリカを抜いて日本は世界一位の新規感染者数を記録しました。

これに対して、いち早くBA.5の広がった欧州諸国では既に新規感染者数は減少傾向にあります。1日20万人は欧米諸国でも最近は見られない数字です。それだけに日本の感染拡大の凄まじさを示しています。尚、同期間の死者数最多はアメリカで2600人です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!東京都の新規感染者数は「3万3466人」土曜日で過去最多!全国の新規感染者数は「23万人」を突破!医療機関や介護現場のひっ迫は深刻に!全国知事会は「緊急建議」を採択!日本政府に対応の見直しを要請!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_07_30
※画像出典:日本経済新聞




ピックアップニュース!



























全国の感染者23万人超 過去最多 知事会が政府へ「方針見直しを…」(2022年7月28日)!







このニュースについて!


2022年07月30日(土)。東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数は「3万3466人」でした。死亡者数は12人に増加しました。前の週の同じ曜日を上回るのは11日連続で土曜日では過去最多です。全国の新規感染者数は1日20万人を超える状況。医療機関や介護現場はひっ迫状態になっています。

新型コロナウイルス対策ダッシュボードの集計によれば、現在患者数と対策病床数の比率は全国で1000%(10倍以上)に増えました。場所によっては1800%を超えるなど数字は大幅に悪化しています。患者数と比較して対策病床の数は全く足りていません。

2022年07月28日(木)。東京都の発表した新型コロナウイルスの新規感染者数は4万406人で過去最多を更新、初めて4万人の大台を突破、国基準で入院中の重症患者は500人以上、死亡者は7人を確認しました。

全国の新規感染者数で初めて23万人を突破。この事態を受けて「全国知事会」は新たな対策や方針を示すように国に求める「緊急建議」を全会一致で採択しました。また、オミクロン株の派生型「BA.5」を前提に新しいウイルス対策を国に実施するように提案しています。

神奈川県では重症化リスクの低い患者を対象に「発熱外来」の受診を控えるように促しました。自分で検査を行って自主療養を行うように呼び掛けました。

黒岩祐治知事は記者会見や動画を通して自主療養届出制度を活用するように求めて「発熱外来は優先するべき患者に回すべきだ」と強調しています。

2022年07月27日(水)。全国の新型コロナウイルスの新規感染者数は「20万9694人」で過去最多を更新しました。死亡を確認した人数は129人に増加。急激な勢いで増えた患者に大阪府は「医療非常事態宣言」を発令、医療機関のコロナ病床を臨時で拡大するなど緊急措置を実施しています。

2022年07月26日(火)。東京都の新型コロナウイルスの速報値を発表、都内で新たに3万1593人の新規感染者を確認、これは先週の同曜日と比べて2万人ほど増えて約2.9倍の大幅な増加です。

先日の行政検査数は3万7987件で陽性率は単純計算で50%を突破しました。欧米では5%以上を感染爆発の指針しています。それに比べれば日本の陽性率は異常なほどに高い数字です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!新規感染者数急増で「第7波」突入へ!感染再拡大の要因はBA.5?感染力は武漢株の6倍?ワクチンや免疫をすり抜ける能力?オミクロン株の新たな系統「BA.2.75」を日本国内で初確認!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_07_18
※画像出典:The Guardian




ピックアップニュース!




















すでに第7波…新型コロナBA.5感染拡大 試される「ウィズコロナ」の覚悟【日経プラス9】(2022年7月13日)!







このニュースについて!


世界保健機関(WHO)はテドロス・アダノム事務局長は、新型コロナウイルスの新規感染者数について6月後半以降の2週間で30%ほど増えたことを報告しました。世界的な感染急増の要因は、新たな変異株の出現やワクチン効果の低下で各国に対策強化を呼び掛けています。

東京都は専門家会議は新型コロナウイルスの新規感染者数の急増で「第7波」に突入した可能性を指摘しました。7月上旬に7日間の平均値で2倍近いペースで急増、都内の感染状況は現在のペースで感染拡大した場合、7月20日(水)には1万5000人越、4週間後の8月上旬には5万人越に上る予測値を示しました。

東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長は「第7波に入ったと考えられる」と指摘しました。オミクロン株への置き換りは急激に進んでいて、ワクチンの予防効果も限定的、小池百合子知事は病床確保や宿泊療養などの対策強化に言及しています。

新型コロナウイルスの新規感染者数は全国的に急増、7月上旬の時点で1カ月ぶりに4万人を超えました。東京都の指数関数的に数倍の勢いで増えていて1日あたりの新規感染者数は8000人を突破、急激な感染拡大に行政の対応は追いついておらずアドバイザリーボードは開催すらされていません。

急激な感染拡大の要因は、日本政府の規制緩和、夏になったことでマスクを着用する人は減少、オミクロン株の新派生型「BA.4」「BA.5」の存在です。

特にBA.5はワクチンや感染で獲得できる免疫をすり抜けて感染する能力を持っている模様。鹿児島大学大学院の西順一郎教授は以下のように述べています。

■コロナ急拡大、オミクロン新派生型「BA・5」の影響か ワクチンや感染で獲得の免疫逃れる力大きく 専門家「盆時期に増える可能性」
https://373news.com/_news/storyid/159067/
南日本新聞 373news.com 2022/07/07 08:00


感染症に詳しい鹿児島大学大学院の西順一郎教授によると、「BA・5」は最近まで主流だった「BA・2」に比べ、ワクチン接種や感染で獲得された免疫を逃れる力が大きい。海外の研究では、感染を防ぐ「中和抗体」の量が3分の1に低下しているとの報告がある。

さらに、ワクチンの3回目接種から4~5カ月が経過し、免疫が減衰している時期と重なっていることも影響しているという。

新型コロナウイルスの新規感染者数は急増していて第7波に突入したことはほぼ確実です。医療現場は「第7波のど真ん中にいる」と危機感をあらわにしました。

感染力の強化されたオミクロン株の新派生型は軽視できません。海外の最新調査では「武漢型の6倍に匹敵する感染力を持っている」と報告されました。更に、インドなどを中心に別系統の変異株を確認、神戸市健康局の報告によれば、オミクロン株の新たな系統「BA.2.75」を日本国内で初めて確認しました。感染スピードは再び強まることになりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!新たな脅威?オミクロン株の亜系統「BA.2.12.1」大阪府内で初確認!市中感染の可能性大!吉村洋文知事「警戒すべき変異株の1つだと思っている」!東京都では「BA.5」「BA.2.12.1」の2種を確認!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_05_30
※画像出典:毎日新聞




ピックアップニュース!


















速報!日本のマスコミが報じないコロナ新変異株誕生!オミクロンBA4とBA5!ワクチンと自然免疫両方を回避してくる可能性が高い!平田悠貴。一月万冊!







このニュースについて!


2022年05月27日(金)。大阪府の吉村洋文知事は新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の亜系統「BA.2.12.1」を府内で確認したことを発表しました。陽性反応の50代男性の検体をスクリーニング検査した結果、ゲノム解析でBA.2.12.1を検出、男性に海外への渡航歴はなく市中感染の可能性は高いです。

吉村洋文知事は「警戒すべき変異株の1つだと思っている」「大きな波になることがないか置き換り方を注視したい」と述べました。

一方で、府民や近隣の府県の旅行者を対象に旅行費用の一部を府で助成する「大阪いらっしゃいキャンペーン2022」を来月1日に再開することに関しては「新たに奈良県からの旅行者についてもキャンペーンの対象に加える」と公表しています。

2022年05月25日(水)。東京都で5月上旬に発症した70代男性はオミクロン株の亜系統「BA.5」の感染を検出しました。また、4月下旬に発症した50代男性で「BA.2.12.1」の感染を検出、2人は軽症ではあるものの東京都では初の市中感染です。

新型コロナウイルスのオミクロン型の亜系統は米国やポルトガルなどで主要株になってきました。特に米国では新規感染者の内、約半数はBA.2.12.1に置き換っています。この2種は現在主流の「BA.2」に比べて「高い感染力」「免疫をすり抜ける性質」「重症化のリスク」など不明な点は多いです。

東京都ではこれまでの空港検疫の検査で、BA.5を7件、BA.2.12.1を180件、厚生労働省によれば後者は日本全国で241人検出、置き換りは確実に進んでいます。このままでは諸外国のように感染急増は時間の問題です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!オミクロン株の「重症化リスク」は他の変異株と同じ?東京医科歯科大学「BA.2」に「デルタ株と類似する新変異」を報告!日本変異株誕生の可能性?仙台で新派生型!南アフリカなどで亜系統「BA.4」「BA.5」を確認!オミクロン株の派生型は水面下で増加傾向?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_05_10
※画像出典:朝日新聞デジタル




ピックアップニュース!






















【新型コロナ】全国で2万8510人の感染確認 今週後半以降に増加懸念も!







このニュースについて!


東京医科歯科大学は新型コロナウイルスをゲノム解析、デルタ株に特徴的な「変異部分(L452)」と同じ場所の変異したオミクロン株を確認しました。新たな変異を確認したのはオミクロン株のBA.2系統、当該患者は3回目のワクチン接種を受けていて、海外渡航歴はなく市中感染で日本独自の変異の可能性は高いです。

L452は細胞に侵入する際に使ったりワクチンの標的になったりスパイクの構成部分です。欧米ではこの部分の変異によって最近の感染再拡大に影響した可能性を指摘、今回はデルタ株と別の配列に変異していました。専門家はウイルスの置き換りによる第6波の長期化を警鐘を鳴らしました。

新型コロナウイルスのオミクロン株について「南アフリカ」などでこれまでと異なる形式である「BA.4」「BA.5」を確認、BA.2に比べて成長速度は早く自然免疫力やワクチンを回避する能力を持っている可能性を指摘しました。現時点で重症化率に大きな変化はないものの感染力に関しては上昇している恐れもあります。

仙台ではオミクロン株の「新派生型」を確認、日本国内はBA.1系統⇒BA.2系統に急速に置き換りました。米国では亜系統の「BA.2.12.1」の感染拡大などオミクロン株の派生型は水面下で徐々に増えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ