fc2ブログ

タグ:AV出演強要

記事一覧

【要注意】警察当局「AV出演強要問題」に本腰!淫行勧誘罪で摘発強化!東京五輪・パラリンピックに向けた「ポルノ産業浄化」に抵抗を!

表現規制ニュース
constitutionalism_2018_01_30
■AV強要摘発に法令駆使 東京五輪へポルノ産業浄化狙う 警察当局、対策を強化
http://www.sankei.com/affairs/news/180120/afr1801200021-n1.html
産経新聞 2018.1.20 21:00


女性が意に沿わずにアダルトビデオ(AV)に出演させられる「AV強要問題」の解決に向け、警察当局が対策に本腰を入れている。警視庁は法令を駆使し全国的にも珍しい「淫行勧誘」容疑を適用し、制作会社などを摘発。背景には、AV強要問題への社会的関心の高まりのほか、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国内のポルノ産業を“浄化”する狙いがあるとされる。業界内では適正化の動きがある一方、反発する意見もあり、問題は根深い。

Twitterの反応!







AV業界は本腰を入れて「政治活動」を!


本人の意に沿わずAVに出演させられる「AV出演強要問題」の解決に向けて捜査当局は対策に乗り出した模様。警視庁は「淫行勧誘罪」を適用して「AVメーカー」等を摘発する方針です。これは全国的に珍しい事らしく効果を疑問視する声もあります。背景にあるのは2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた「ポルノ産業」の「浄化」です。AV業界は「適正化」を進める一方で「反発する意見」も少なからずあるようです。

偏向的なフェミニスト達によって「作られた世論」もあって社会的関心は高まっています。只、言うまでもなく「AV出演強要」は深刻な「人権侵害」です。性行為に合意したか否かだけでなく「金銭的搾取」の問題も無視できません。早急に「被害者救済」の仕組みを作った上で現行法を駆使して適切に摘発しなければなりません。

警視庁は来月2月に「AVメーカー」及び「プロダクション」等に対して「説明会」を実施する予定です。有効な再発防止策に期待します。産経新聞の記事によれば、NPO団体「ライトハウス」広報担当の瀬川愛葵は「一度ネットに動画が出てしまうと全てを削除するのは極めて困難だ」「少しでも不安を感じたら支援機関に相談してほしい」と呼び掛けています。

しかし「表現内容」に波及するのであれば別問題です。明確に「反対の意思」を示さなければなりません。伊藤和子弁護士らの言動を見れば真の狙いは「表現規制」にある事は一目瞭然です。規制強化のロジックは「児童ポルノ禁止法」と同じです。また、浄化の波は「二次元」に迫ってくる事は想像に難しくありません。

所謂「ダンス規制」で繁華街の深夜営業「クラブ」は大打撃を受けました。同じような流れで「法規制」まで進む可能性は十分にあり得ます。AV業界・出版業界・表現規制反対クラスタは「安易な生贄論(自主規制)」ではなく本腰を入れて「世論喚起」及び「政治活動」で抵抗しなければこの危機は凌げません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • AV出演強要