fc2ブログ

タグ:舌禍事件

記事一覧

【狂気】舌禍事件!日本維新の会・丸山穂高「戦争で北方四島を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」「戦争しないとどうしようもなくないですか?」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2019_05_15

2019年5月11日(土)。所謂「北方四島ビザなし交流」の訪問団の一員で国後島を訪問した日本維新の会丸山穂高(衆議院)は元島民で訪問団長の大塚小弥太氏に対して「団長は戦争で北方領土を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」と繰り返して問い質していた模様。除名処分までの一連の動きを纏めました。国際問題に発展する危険性を孕んだトンデモ発言です。

■維新・丸山氏、国後島で「戦争しないと」その後に撤回
https://www.asahi.com/articles/ASM5F6VYHM5FIIPE01B.html
朝日新聞デジタル 大野正美 2019年5月14日 00時25分


北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として同行した日本維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区)が、国後島訪問中の11日夜、北方四島の返還に関し、「戦争しないと、どうしようもなくないですか」と訪問団の団長に詰め寄るなどして、訪問団から抗議を受けていたことがわかった。

同行記者団などによると、公式行事が終わった11日夜、国後島の施設「友好の家」で懇談中、丸山議員が元国後島民の大塚小彌太団長(89)に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと大声で質問。団長が「戦争はすべきではない」と答えたが、戦争しないとどうしようもないとの発言を返した。丸山議員は酒に酔っており、その後も大声で議論を続け、決まりに反して友好の家の敷地から出ようとしたという。

■元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」コップで机をバンバン
https://mainichi.jp/articles/20190514/k00/00m/040/176000c
毎日新聞 2019年5月14日 16時44分(最終更新5月14日20時55分)


北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として国後島を訪問した日本維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区選出)が11日、同島で元島民に対し、戦争による北方領土問題解決を肯定するような発言をしていた問題で、元島民らの間で「交流に支障が出かねない」「戦争なんてとんでもない」と反発が広がっている。

同じく訪問団に参加した同島出身の清水征支郎さん(80)=北海道浜中町=は戦争発言に「議員辞職かクビにすべきで、ビザなし交流の意義を損なう」と反発。「コップで机をバンバンたたいて大騒ぎをしており、国会議員の態度じゃないと腹が立った。翌日も嫌々謝罪し、本気でないように見えた」と批判した。

Twitterの反応!







憲法9条1項(国際法)違反!


トンデモ発言の詳細は次の通りです。

丸山穂高「団長は戦争でこの島(北方四島)を取り返す事には賛成ですか?反対ですか?」

大塚小弥太「戦争で?」

丸山穂高「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」

大塚小弥太「戦争なんて言葉は使いたくないです」「使いたくない」

丸山穂高「はい」「でも取り返せないですよ」

大塚小弥太「戦争はするべきではない」

丸山穂高「戦争しないとどうしようもなくないですか?」

大塚小弥太「戦争は必要ないです」


明確に「問題解決の手段」として「戦争」を肯定しています。元島民らの地道な活動を否定する発言で団員達は謝罪を求めました。丸山穂高は「ホームビジット先で酒を勧められ酒が入っていたところで」「こういう形でご迷惑をかけた事を改めてお詫び申し上げます」と釈明しています。

しかし、北海道根室市で行われた記者会見で発言の真意を問われた際に「賛成か反対かという口調でそこにいる人に聞いている」「あたかも私がそう思っていて押しつけるかのような話は間違い」「誤解があるなら解かなければいけない」と苦しい言い訳に終始しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【平常運転】国立大学出身者に対して問題発言!麻生太郎副総理兼財務相「人の税金を使って学校に行った」!東京大学出身の北九州市長を批判!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_11_23
■街頭演説:麻生氏「人の税金で大学に」東大卒市長批判
https://mainichi.jp/articles/20181118/k00/00m/010/059000c
毎日新聞 2018年11月17日 19時39分(最終更新11月19日13時40分)


麻生太郎副総理兼財務相は17日、福岡市長選の応援のために訪れた同市内で街頭演説し、東大卒の北橋健治北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」と批判した。安倍政権は、大学の財源の多様化を進めるべきだとの方針を示している。

北橋氏は元民主党衆院議員で、前回2015年の市長選で自民党の推薦を受けて3選したが、麻生氏は対抗馬を模索した経緯がある。北橋氏を攻撃する中での発言だが、国立大出身者に対する批判とも受け取られかねず、不適切だとの指摘も浴びそうだ。(共同)

■麻生氏発言:東大卒の北九州市長は静観「ご意見として」
https://mainichi.jp/articles/20181122/k00/00e/010/195000c
毎日新聞 2018年11月22日 08時56分(最終更新11月22日09時06分)


自民党の麻生太郎副総理兼財務相が17日、福岡市長選の候補者の応援演説で、東大卒の北橋健治・北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」などと批判した件で、北橋市長は21日の定例記者会見で「ご意見として承る」と話し、静観する考えを示した。【下原知広、木村敦彦】

Twitterの反応!







舌禍事件の裏にある根深い問題!


福岡県の「福岡市長選挙」で現職候補の応援の為に街頭演説を行った麻生太郎副総理兼財務相は東京大学卒業の北橋健治同県北九州市長に対して「人の税金を使って学校行った」「東京大学だろ」「その人はもう一回再選しようとしている」と非難する発言をしました。人の税金で活動する政治家の「国立大学出身者」に対する「問題発言」にインターネット上では批判殺到しています。

11月17日(土)に福岡市を訪れた麻生太郎は「市の人口増加」などを指摘した上で「一番元気が良くて住みたくなる町だ」と自民党推薦の現職候補の実績を評価しました。一方で同県の北九州市については「同じ政令指定都市でも北九州市は人口も税収も減らしている」「(北橋健治は)それで再選しようとしている」などと批判した上で前述の発言に繋がります。

北橋健治氏は11月21日(水)の定例記者会見で「12年前の事があるのかなと感じた」「ご意見として承る」と述べて「静観」する考えを示しました。同氏は元民主党衆議院議員で2007年の市長選で当時の民主党などの推薦を受けて麻生太郎が選挙対策本部長を務めた自公推薦候補を破って初当選しました。2015年の市長選では自民党の推薦を受けて3選したものの麻生太郎は独自候補を擁立しようしていたそうです。尚、任期満了に伴う2019年1月27日(日)投開票の市長選に「4選」を目指して無所属で立候補する意向を表明しています。

麻生太郎の発言は国立大学出身者だけでなく「義務教育」そのものへの「非難」及び「軽蔑」と取れる内容です。非常に根深い問題です。自分の立場や税金の意味をまったく理解していない点はある意味で平常運転。衆院議院運営委員会は11月20日(火)の理事会で麻生太郎のアルゼンチン出張を了承しませんでした。一連の暴言を問題視している野党に配慮した模様。閣僚の海外出張は同委の許可を得る慣例ではあるものの法的な拘束力はありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【恒例行事】自己責任論を煽動!麻生太郎「国民皆保険制度」を否定!不摂生で病気になった人の医療費負担は「アホらしい」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_10_24
■不摂生な人の医療費負担「あほらしい」に麻生氏が同調
https://www.asahi.com/articles/ASLBR4DS4LBRULFA00N.html
朝日新聞デジタル 2018年10月23日 16時46分


麻生太郎財務相は23日の閣議後会見で、不摂生で病気になった人の医療費を負担するのは「あほらしい」とした知人の発言を紹介し、「いいことを言う」と述べた。

麻生氏は「おれは78歳で病院の世話になったことはほとんどない」とした上で「『自分で飲み倒して、運動も全然しない人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしい、やってられん』と言った先輩がいた。いいこと言うなと思って聞いていた」と話した。記者から麻生氏も同じ考えかと重ねて問われると「生まれつきもあるので、一概に言うのは簡単な話ではない」と説明。予防医療の推進自体は「望ましい」とも語った。

Twitterの反応!







優生思想に繋がる問題発言!


麻生太郎副総理兼財務相は10月23日(火)の記者会見で「医療費」について「俺は78歳で病院の世話になった事はほとんどない」とした上で「『自分で飲み倒して運動も全然しない人の医療費を健康に努力している俺が払うのはアホらしいやってられん』と言った先輩がいた」「いい事を言うなと思って聞いていた」と発言しました。臨時国会直前に絶対に「看過してはいけない暴言」を吐いたのです。

医療費の無駄を削るのは大切な事ですし所謂「予防医療」そのものは賛成です。一応、記者の質問に対して「人間は生まれつきがある」「一概に言える簡単な話ではない」と述べて「やむを得ない事情」で病気になった人の医療費を保険制度で賄う事に理解を示しました。しかし、生活習慣の乱れで自ら病気を招いた人の医療費を負担するのは「不公平」との考えを滲ませている事は事実です。

麻生太郎の暴言を「正論」「切り取り報道」「見出しでミスリード」と同調する「頭の良い馬鹿」「国民皆保険制度」のコンセプトを理解していないだけでなく自分で自分の首を絞めている事に気付くべきです。人は必ずしも「生き方」を選べる訳ではありません。日本は「不摂生な生活をせざるを得ない状態」にある人も多いです。一概に「不摂生」でひと括りにするのは非常に危険です。

現職の大臣で重要な立場だけに公の場で「アホらしい」と発言しただけでなく「国民皆保険制度」の根幹を否定するような発言をした事は要警戒です。麻生太郎=政府・与党は「自己責任社会」を現実に「数の力」でゴリ押しできる状況にあります。我々は常に「切り捨てられる立場」である事を自覚しなければなりません。

尚、麻生太郎は2013年の「社会保障国民会議」「終末期医療」に触れた際に「さっさと死ねるようにしてもらうとか考えないといけない」と発言しています。延命治療については「(自分なら)その金が政府のお金でやってもらっているなんて思うとますます寝覚めが悪い」と述べて後に発言を撤回しました。筋金入りの「自己責任論者」です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【時代錯誤】舌禍事件!自民党・二階俊博幹事長「子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手な事を考えている人がいる」「食べるのに困るような家はもう今はない」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_07_02
■「子ども産まない方が幸せ、勝手なこと」自民・二階氏
https://www.asahi.com/articles/ASL6V5WRYL6VUTFK01T.html
朝日新聞デジタル 2018年6月26日 20時28分


自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内で講演し、「子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」「皆が幸せになるためには子どもをたくさん産んで、国も栄えていく」などと述べた。子どもを持たない家庭を批判したとも受け取れる発言だ。

■自民・二階氏:「『産まない幸せ』は勝手」講演で発言
https://mainichi.jp/articles/20180627/k00/00m/010/113000c
毎日新聞 2018年6月26日 20時49分(最終更新7月2日15時09分)


二階氏は「この国の一員として、みんなが幸せになるためには、子供もたくさん産んで、国も栄え、発展していく方向へ行くようにしようじゃないか」とも語った。

また二階氏は「食べるのに困るような家はもう今はない。今晩お米が用意できないという家はない。こんな素晴らしいというか、幸せな国はない」とも話しており、貧困問題への認識が低いとの批判も浴びそうだ。

Twitterの反応!







国民民主党・玉木雄一郎共同代表「自民党は古い価値観に囚われたオッサン政党だ」!


自民党の二階俊博幹事長は6月26日(火)に「人口減少問題(少子化問題)」について「この頃、子どもを産まない方が幸せに(生活を)送れるんじゃないかと(一部の人は)勝手な事を自分で考えてね」「皆が幸せになる為には子どもをたくさん産んで国も栄えていく」などと述べました。東京都内の講演で「政治評論家」との対談で聴衆の質問に答える形で飛び出した暴言です。特定の家族観・価値観を押し付ける時代錯誤の発想は要警戒です。

また、同氏は「貧困問題」について「食べるのに困るような家はもう今はない」「今晩お米が用意できないという家はない」「こんな素晴らしいというか幸せな国はない」と発言しました。二階俊博の認識では「日本に食べる物に困る程の貧困は存在せず子どもを作れるのに作らない自分勝手な人達が居る」という事になってしまいます。

萩生田光一幹事長代行は「赤ちゃんにパパとママどっちが好きかと聞けばママがいいに決まっている」と発言しました。加藤寛治は「新婚夫婦に3人以上の出産を呼び掛けている」と発言して批判を浴びたばかりです。自民党議員による「少子化問題」及び「家庭のあり方」に関する失言は相次いでいます。

公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で「夫婦の中には子どもを持てない人もいるし家庭の考え方もそれぞれあるので言い過ぎたのではないかという気はする」と苦言を呈しました。国民民主党の玉木雄一郎共同代表は「特定の家族観・価値観を押しつけるのは間違っている」「自民党はまさにそういった古い価値観に囚われたオッサン政党だ」と批判しています。

子どもを産んでも産まなくても「幸不幸」は国民一人一人で決める事です。政治家の仕事は「子どもを産みたくなる環境」「どちらを選択しても幸せな国」を作る事です。少子化問題に疑問を投げ掛けるのはいいとして政府・与党の一員として「子どもを持たない(持てない)家庭」を批判したように受け取れる発言は許されません。

厚生労働省の発表によれば、2016年度の1カ月平均の「生活保護受給世帯」「163万7045世帯」で過去最多を更新しました。また「OECD(経済協力開発機構)」の調査によれば、就労している「ひとり親世帯」「貧困率」「50.8%」で主要国で最悪レベルです。

途上国のように衣食住のままならない「絶対的貧困」の状態ではないものの「最低限の衣食住環境」「教育」及び「余暇」などにお金をかけられない所謂「相対的貧困」は社会問題となっています。貧困問題に関する認識のズレは深刻です。景気回復を強調する自民党なので「貧困」を認めたくないのかもしれませんが・・・。

一部の狂信的な支持者を除いてインターネット上では批判の声が殺到しています。二階俊博の謝罪・辞任を求める意見で溢れています。一連の問題発言を国会で取り上げて貰えるように「野党」に意見するべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【魔の3期生】意味不明!参考人の癌患者に野次!自民党・穴見陽一「いい加減にしろ」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_06_22
■衆院委:穴見議員に厳重注意 参考人の肺がん患者にやじ
https://mainichi.jp/articles/20180622/k00/00m/010/069000c
毎日新聞 2018年6月21日 20時05分(最終更新6月21日23時18分)


受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を審議した15日の衆院厚生労働委員会で、自民党の穴見陽一衆院議員(48)=大分1区=が、参考人として意見陳述した肺がん患者にやじを飛ばしていたことが分かり、「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省と共に深くおわびする」と21日、謝罪した。参考人にやじを飛ばすのは極めて異例。

■受動喫煙対策を訴える肺がん患者に「いい加減にしろ!」のヤジ 穴見陽一議員が代表務める「ジョイフル」にボイコットの声広がる
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0621/blnews_180621_2360910244.html
BIGLOBEニュース編集部 2018年6月21日(木)14時51分


穴見議員のヤジは、病を押して参考人として出席した肺がん患者への配慮がないとして批判が殺到。また、批判は穴見議員が代表取締役相談役、妻が代表取締役社長を務めるファミリーレストラン「ジョイフル」にも飛び火。「ジョイフル」の分煙が十分でないと指摘する声や、飲食をボイコットするよう呼びかける声まで広がっている。

Twitterの反応!







非常識な野次は「人間性」の欠如?


6月15日(金)の「衆議院厚生労働委員会」で自民党の穴見陽一は「受動喫煙対策」を強化する「健康増進法改正案」を審議していた場面で「参考人」として出席した肺癌患者の男性に「いい加減にしろ」と野次を飛ばしました。一部のメディアで報じられた事で同氏は6月21日(木)に「参考人の発言を妨害するような意図は全くなく喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いで呟いたものだ」とコメントを発表しています。一連の野次を謝罪したようです。

問題の野次は2回ほど飛んでいた模様。衆議院厚生労働委員会の高鳥修一委員長は口頭で厳重注意。参考人の長谷川一男氏に謝罪する意向を示しました。穴見陽一は「参考人の方はもとより関係の皆様に不快な思いを与えたとすれば心からの反省と共に深くお詫び申し上げる」「今後は十分に注意して参りたい」と重ねて謝罪しています。

日本肺癌患者連絡会理事長の長谷川一男氏は「なるべく吸ってほしくないというのが患者の気持ち」とした上で「喫煙者を差別する意図は全くない」「受動喫煙での死亡をどう防ぐかもっと議論してもらえたら」と喫煙者に一定の理解を示しました。健康増進法改正案は「公共の場」での「屋内禁煙」を罰則付きで義務付ける内容で「屋外」は規制の対象外になっています。

ファミリーレストラン「ジョイフル」の不買運動に発展!


穴見陽一は2012年の自民党政権奪還時に初当選した所謂「魔の3回生」でファミリーレストラン「ジョイフル(本社・大分市)」運営会社の代表取締役相談役です。同時に「大分癌研究振興財団」の理事を務めています。同財団の坂本修一事務局長は「考えられない発言で申し訳ない」と陳謝した上で同氏の事務所に抗議したを明らかにしています。

インターネット上では同氏が代表取締役相談役を務めるジョイフルのボイコットを呼び掛ける声が拡大しています。ジョイフルは九州方面を中心に計801店舗を展開しているファミリーレストランです。穴見陽一は創業者の長男で過去に社長を務めていました。現在は95万株を保有しているジョイフルの筆頭株主の一人で代表取締役相談役として経営方針に影響を与えています。

今回の舌禍事件でジョイフルの「不買運動」に発展した形です。同店は全面禁煙を行っていません。この点は強く批判を受けている要因となっています。ジョイフルは穴見陽一の発言は会社の方針ではないとコメントしたものの同氏の立場と関係を考えれば「無関係」と言い切る事は無理筋です。

受動喫煙対策を巡って以前に自民党の大西英男は党部会で「(癌患者は)働かなくてもいい」といった趣旨の発言をして批判を受けました。政治家同士の野次は幾らでもやればいいと思います。しかし「国会」「お願い」で召致した「参考人」に野次を飛ばすのは意味不明です。政治家の立場を逸脱した「辞任」に相当する舌禍事件です。野党は批判を強めていて政府・与党は対応に追われています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【国家権力の家庭介入】舌禍事件?自民党・加藤寛治「批判は甘んじて受けなければいけないがそれ以上の賛同と激励を頂いた」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_05_28
■加藤・自民衆院議員:「子供3人以上 賛同激励多数」
https://mainichi.jp/articles/20180528/ddm/041/010/074000c
毎日新聞 2018年5月28日 東京朝刊


結婚式で子供を3人以上産み育てるよう呼びかけていると発言し、その後撤回した自民党の加藤寛治衆院議員(72)=長崎2区=は27日、長崎市で開かれた自民県連の定期大会で、「批判も受けないといけないが、賛同と激励が多数寄せられたのも事実。貴重な意見を拝聴できた」と述べた。

県連会長を務める加藤氏は大会冒頭あいさつで問題になった発言内容をそのまま紹介。高校生の孫の友人が賛同し「俺は(子供を)10人つくろう」と話したとして「日本の将来も明るいと直感した」と述べた。さらに「そう言って子供が増えることはない」と批判した野田聖子女性活躍担当相に対し、「あながち当たっていないんじゃないか」と反論した。【加藤小夜】

Twitterの反応!







形だけの謝罪に批判殺到!


自民党の加藤寛治衆議院議員(長崎2区)の発言が再び物議を醸しています。同氏は所属する同党細田派の定例会合で少子高齢化について「私は結婚式(の挨拶)では新郎新婦には必ず3人以上の子供を産み育てて頂きたい」「結婚しなければ子どもは生まれず人様の子どもの税金で(運営される)老人ホームに行く事になる」と若い女性に話している事を紹介しました。後に批判を受けて謝罪・撤回しています。

自民党長崎県連の会合で挨拶した加藤寛治は前述の問題発言について「全国から賛同・激励が多数寄せられた」と述べた上で「理想として3人は確か」「日本の将来を考えた発言」など賛同意見を紹介しました。一応「批判は甘んじて受けなければいけない」と述べたものの批判はあくまで「一部の意見」である事を強調しています。

公式に問題発言の撤回を表明した後に正当性を主張した事は「形だけの謝罪」だった訳です。インターネット上では女性を中心に怒りの声が上がっています。政治家の仕事は「安心して出産・子育てできる環境」を整える事です。大切なのは「選択肢」を増やす事なのです。これは単なる舌禍事件ではなく「国家権力の家庭介入」という根深い問題を孕んでいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【魔の3期生】舌禍事件!自民党・加藤寛治「必ず3人以上の子どもを産み育てていただきたい」「(結婚しなければ)人様の子どもの税金で老人ホームに行く事になる」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_05_13
■「子供産まねば人様の税金で老人ホーム」自民・加藤寛治氏
https://www.asahi.com/articles/ASL5C5366L5CUTFK00L.html
朝日新聞デジタル 寺本大蔵 2018年5月10日 19時49分


自民党の加藤寛治衆院議員(長崎2区、当選3回)が10日、所属する同党細田派の会合で、「結婚しなければ子供が生まれない。人様の子どもの税金で(運営される)老人ホームに行くことになる」と若い女性たちに話している、と明かした。

■「女性蔑視の思いない」自民・加藤寛治氏が発言撤回
https://www.asahi.com/articles/ASL5B5J93L5BUTFK024.html
朝日新聞デジタル 2018年5月11日16時26分


「(女性は)3人以上の子どもを産んでほしい」などと発言した自民党の加藤寛治衆院議員(長崎2区、当選3回)が11日、国会内で記者団に「決して女性蔑視の思いは持っていない。私の舌足らずが誤解を受けた」と述べて発言を撤回し、あらためて陳謝した。

Twitterの反応!







政治家の仕事を履き違えたトンデモ発言!


12434氏に頂いた情報。2018年5月10日(木)。自民党の加藤寛治衆議院議員(長崎2区)は、所属する同党細田派の定例会合で少子高齢化について「私は結婚式(の挨拶)では新郎新婦には必ず3人以上の子供を産み育てて頂きたい」「結婚しなければ子どもは生まれず人様の子どもの税金で(運営される)老人ホームに行く事になる」と若い女性に話している事を紹介したそうです。

発言直後に他の出席者に「これこそセクハラだ」と批判を受けた加藤寛治は「少子化対策は一番の我が国にとっては大事な問題」「結婚式の時にお願いした事を話しただけだ」と釈明した模様。しかし、同日夕に「誤解を与えた事に対してお詫びします」「決して女性を蔑視している訳ではありません」「その様にとられてしまうような発言でありましたので撤回します」とのコメントを出しました。派閥幹部に注意を受けた事で騒ぎになる前に撤回・謝罪したようです。

結婚披露宴でこんな無神経な発言をする事は「人間性」を疑います。産めよ増やせよの時代に産まれた事を差し引いても「結婚・出産の強制」と受け取れる「発想」にドン引きです。少子高齢化は我が国の深刻な問題です。しかし、結婚しなくても子どもは産めますし育てられます。結婚しても「育てる余裕」が無ければ産みません。そもそも「子ども」は老後の面倒を見させる為の道具ではありません。

大前提で「出産人数」「神の領域」です。端的に言って「政治家の仕事」を履き違えています。子ども1人に掛かる教育費は約1000万円。貧富の格差拡大の実情を認めずに少子高齢化は解決できません。政治家の仕事は「安心して出産・子育てできる環境」を整える事です。

自民党議員らしいと言えばらしいですけど政治家の活動費は「人様の税金」です。保育所も満足に確保できない政府・与党の言える台詞ではありません。一時的ではあるものの批判の声に反発していた訳です。本心で発言を撤回して謝罪したとは思えません。これは単なる「舌禍事件」ではなく非常に根深い問題を孕んでいます。

尚、加藤寛治は2012年の衆議院選挙で初当選。傷害容疑で書類送検された国場幸之助。秘書への暴言・暴行容疑で炎上した豊田真由子。不倫疑惑の中川俊直。文部科学省に前川喜平前事務次官の講演内容を照会した池田佳隆。自民党政権奪回の際に大量当選した所謂「魔の3期生」のひとりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 舌禍事件