fc2ブログ

タグ:新型コロナウイルス

記事一覧

【新型コロナウイルス】沖縄本島の病床使用率「100%」を超える!中南部は入院調整困難!人口10万人当りの新規感染者は全国ワーストに!事実上の医療崩壊?医療従事者の欠勤は全県で1100人!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_08_18
※画像出典:日テレNEWS




■沖縄本島の病床使用100%超続く コロナ2082人 中南部で逼迫が顕著に(8月16日朝)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1567373.html
琉球新報デジタル 2022年8月16日 05:10


沖縄県は15日、新たに2082人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。70~90代の5人が死亡したことも報告した。県全域の病床使用率は94.4%だった。圏域別の病床使用率で本島は101.6%となり、2日連続で100%を超えた。新規感染者は10日連続で前週の同じ曜日を下回っているが、病床の逼迫(ひっぱく)度合いは増している。

■沖縄本島の病床使用率は100%超…中南部で入院調整厳しく コロナ感染3679人(8月15日朝)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1566846.html
琉球新報デジタル 2022年8月15日 05:10


沖縄県は14日、10歳未満から90歳以上の3679人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数は9日連続で前週同日を下回っている一方、入院中の患者が先週同日より80人増えている。

県感染症総務課の城間敦課長は「人手が足りず、確保病床全ての稼働が難しい。本島中南部は一時的に入院調整ができない状況になっている」と話した。

Twitterの反応!







病床不足は全国的に深刻に!


2022年08月14日(日)。沖縄県は新型コロナウイルスについて10歳未満~90歳以上の3679人の感染を発表しました。先週同日比で598人減、9日間連続で前週の同じ曜日を下回っています。一方で、入院患者の増加で沖縄本島の病床使用率は「101.3%」に上昇、圏域別の公表を始めた今年2月以降で初めて100%を超えました。

2022年08月15日(月)。新たに10歳未満~90歳以上の2082人の感染を発表しました。先週同日比で526人減、新規感染者は10日間連続で前週の同じ曜日を下回っています。一方で、沖縄本島の病床使用率は「101.6%」に上昇、2日間連続で100%を超えました。

県の担当者は新規感染者数について「勢いは弱まっている」と述べた上で「しばらく医療提供体制は厳しい状況が続く」と見通しを示しました。医療従事者の欠勤は全県で1100人に上って医療現場は逼迫、これ以上の病床確保は難しく一部の地域では入院調整できない状況に陥っています。

症状のある人は外出や高齢者との接触、検査目的での救急受診を控えるなど感染対策を改めて呼び掛けました。また、既に病院に入院している人を入院待機ステーションに移して病床を確保するなど厳しい対応を迫られています。





県内の感染者数(累計)は42万401人に上りました。人口10万人当りの新規感染者は8月13日(土)までの1週間で「1821.13人」と全国ワーストの数字です。先月下旬以降、深刻な感染爆発は継続中です。尚、米軍関係の新規感染者は8月15日(月)までに54人確認されています。

病床不足は全国で深刻化しています。一般患者の緊急搬送や搬送先の病院を確保できないケースは既に起きています。事実上の医療崩壊です。これに伴って重症者数や死亡者数の報告は増加、このままでは命を失う人は加速的に増えることになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【新型コロナウイルス】死亡者数急増に懸念!厚生労働省の専門家組織「第6波のピークに近いレベルまで急上昇」!日本の新規感染者数「3周連続」で世界最多に!米国や韓国の約2倍!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_08_15
※画像出典:TBS NEWS DIG
新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織は、全国的に増加傾向の死亡者数について年明けからの「第6波」を超える勢いで増加していることに懸念を示しました。





■コロナ死者、今後さらに増加懸念 厚労省専門家組織
https://nordot.app/930087089448714240
共同通信 2022/8/10 22:13 (JST) 8/11 07:15 (JST) updated


厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織は10日、「死者は(流行の)『第6波』のピークに近いレベルまで急上昇しており、今後さらに増加することが懸念される」と指摘した分析結果をまとめた。

共同通信の集計では、死者数は7月下旬から急増。10日は251人の死者が新たに報告され、2月のピーク327人に近づいている。

■3週連続で日本が世界最多感染 新型コロナ、米の2倍
https://nordot.app/930212669316743168
共同通信 2022/8/11 06:51 (JST) 8/11 12:26 (JST) updated


【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症集計で、1~7日の1週間の新規感染者数が日本は149万6968人に上り、3週連続で世界最多となった。次いで多い米国の75万人、韓国の71万人と比べると約2倍で突出した多さとなっており、世界全体の週間感染者698万人の21%を日本が占めている。

前週比の新規感染者数は、日本を含むWHOの西太平洋地域事務局管内が29%増。他地域が軒並み減少する中、唯一増加しており、世界全体の感染者数を3%押し上げる要因となっている。

Twitterの反応!







医療体制の更なる強化は必須!


2022年08月10日(水)。新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの脇田隆字座長は、専門家組織の会合後の記者会見で「死亡者は(年明けの)第6波のピークに近いレベルまで急上昇しており今後死亡者はさらに増加することが懸念されます」「医療提供体制への影響も含めて最大限の警戒感をもって注視していく必要がある」と述べました。

専門家会合の「資料」によれば、全国の直近1週間の新規感染者数は前週比の1.05倍で急激な増加は確認できておらず高止まり状況です。東京都では0.97倍になったものの40道府県で前週を上回っています。

全国の病床使用率は8月8日(月)の時点で前週比で6.3ポイント増の「62.2%」で、39都府県で逼迫の目安である「50%」を上回りました。特に神奈川は前週比で11.0ポイント悪化して95.8%、新潟、愛知、滋賀、和歌山、福岡、沖縄など6県では70%を超えています。

死亡者数は7月下旬に急増、直近7日間平均で「179人」でした。前週の110人に比べて増加、死亡者数は年明けの流行の「第6波」で過去最多を記録、2月下旬に7日間平均で237人の死亡を確認しています。





世界保健機関(WHO)の集計によれば、日本の新規感染者数は3週間連続で世界最多を記録、8月1日(月)~8月7日(日)の1週間で確認した新規感染者数は「149万6968人」です。米国の75万人や韓国の71万人を大幅に超えました。尚、同期間の死亡者数で世界最多は米国です。

世界全体の感染者数(同期間)は「698万人」です。日本はこの内の21%を占める異常な数字です。それだけに日本の増加傾向は際立っています。他地域は軒並み減少する中で唯一増加していて、世界全体の感染者数を押し上げる要因になっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【要注意】新型コロナウイルス「2類相当」の見直し検討!具体的な時期は「第7波」の収束後?岸田文雄首相「感染拡大しているこのタイミングで変更することは考えていない」!感染者の「全数把握」は段階的に廃止に?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_08_10
※画像出典:時事ドットコム





■新型コロナ「2類相当」見直しへ 第7波収束後、全数把握議論―政府
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022073000311&g=pol
時事ドットコム 2022年07月30日 16時12分


政府は新型コロナウイルスの流行がオミクロン株中心となり、重症化率が低下していることを踏まえ、現在「2類相当」としている新型コロナの感染症法上の位置付けを「第7波」収束後に見直す方向で調整に入った。厳格な対応を緩和することを想定。全感染者の情報を集約する全数把握取りやめの是非などについて検討を進める。

■コロナの位置付け見直し検討=「2類相当」から引き下げ―岸田首相
https://medical.jiji.com/news/53546
時事メディカル 2022/07/31 20:49


岸田文雄首相は31日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて見直しを検討していることを明らかにした。現在は結核などと同等の2番目に厳格な対処が求められる「2類相当」とされているが、これを引き下げる方向だ。首相公邸で記者団に「変異の可能性などもしっかり判断し、2類として規定される項目について丁寧に検討していく」と語った。

岸田文雄首相「時期見極め丁寧に検討」!


2022年07月30日(土)。岸田政権は現在「2類相当」の新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを見直す方向で調整に入りました。また、合せて「感染者の全数把握」を見直すことの是非を検討します。これは時事通信社など複数のマスコミで報じています。

2022年07月31日(日)。岸田文雄首相は記者団に対して「感染拡大しているこのタイミングにおいて変更することは考えていない」と述べました。その上で「変異の可能性などもしっかり判断して2類として規定される項目について丁寧に検討していく」と語りました。具体的な時期については「第7波」の収束後になる見通しです。

これに前後して、後藤茂之厚生労働相は新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて「感染力の強いBA.5の状況を考えれば強力な措置の可能性を残しておくべきだ」と述べて慎重な姿勢を示しました。

■「感染者の全数把握、段階的な中止検討を」尾身氏らが政府に提言
https://www.asahi.com/articles/ASQ8261ZBQ82UTFL009.html
朝日新聞デジタル 市野塊、阿久沢悦子 2022年8月2日 20時12分


政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らは2日、「第7波」が拡大する中、政府がとるべき対策について提言をまとめた。医療逼迫(ひっぱく)の深刻化を避けつつ、社会経済活動を継続することを政府が選ぶ場合は、感染者の全数把握の段階的な中止や、保健所が濃厚接触者を特定しないことを容認するなどの検討が早急に必要、としている。

コロナ対策は「自助」尾身茂氏の迷走?


2022年08月02日(火)。新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らは政府の取るべき提言をまとめました。医療逼迫の深刻化を避けつつ社会経済活動を継続することを前提にした場合は、感染者の全数把握の段階的な廃止や濃厚接触者を特定しないことを容認することなどを検討していく必要性を訴えました。

あくまで「社会経済活動の継続とは『感染リスクの高い行動をしてもよい』ということではない」と前置きしたもののコロナ対策を国民に丸投げした形です。

尾身茂氏はNHKの「日曜討論」「従来までは国や自治体が国民にお願いして国民が従うというフェーズだった」「今はいろんなことを学んできたので一般市民が主体的に自分で判断していろいろと工夫するフェーズに入った」と述べました。国民の「自助」に頼る方針は職務放棄に等しいです。

■「新型コロナの薬は7~8万円」“インフル並み”「5類」になると自己負担額は?【岡山発】
https://www.fnn.jp/articles/-/398867
FNNプライムオンライン 岡山放送 2022年8月7日 日曜 午後0:00


感染者の拡大で医療機関の業務負担が増える中、新型コロナウイルスの感染症法の扱いを、現在の「2類相当」からインフルエンザ並みの「5類相当」に見直す議論が行われている。見直しによって何が変わるのか?





自己負担増による受診控えで感染拡大のトリガーに?


感染症法は感染症を1類~5類、指定感染症、新感染症などに分類、講じるべき措置を細かく定めています。新型コロナウイルスは「新型インフルエンザ等感染症」と同じく「2類相当」に分類されています。これは結核やジフテリアと同等で入院勧告や就業制限などの措置を取れます。

治療費などは「全額公費負担」になる一方で、医療機関や保健所は全感染者の情報を把握して届け出なければなりません。診察を許される医療機関は限られていて医療提供体制逼迫の一因になっていることは事実です。

しかし、2類相当に引き下げた場合、隔離措置や検査体制は大幅に緩和されます。結果的に院内感染や集団感染は激増しかねず新たな感染爆発の引き金になりかねません。5類に引き下げた場合、全額公費負担だった治療費は自己負担(3割負担)になります。

例えば、インフルエンザの薬は2000円~3000円なのに対して、新型コロナウイルスの薬は7万円~8万円で15倍程度の差です。最大のデメリットは「自己負担増による受診控え」で感染拡大のトリガーになり得ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【深刻】新型コロナウイルス!新たな変異株「ケンタウロス」を国内で初確認!感染力は約3倍?ワクチンに耐性?BA.5の重症化率上昇!日本の新規感染者数は欧米諸国を抜いて世界一に!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_08_01
※画像出典:家来るドクター





■新変異株“ケンタウロス”国内で確認…市中感染か?“BA.5の約3倍”の感染力で「ワクチン効きづらい可能性」
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/107446
TBS NEWS DIG 2022年7月27日(水) 19:57


感染拡大が続く、新型コロナの“第7波”。感染の急拡大は、私たちの生活を支えるインフラにも影響が出始めています。一方、感染力が強いとされる新たな変異株・通称“ケンタウロス”の感染も、国内で複数確認。専門家とともに解説します。

■「BA.2.75」に置き換わりか 高い感染力、第7波過程で―新型コロナ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072700976&g=soc
時事ドットコム 2022年07月27日 20時48分


新型コロナウイルス感染の「第7波」で、オミクロン株の派生型「BA.2.75」への置き換わりが進む可能性があることが27日、西浦博京都大教授の分析で分かった。厚生労働省専門家組織の会合で示された。現在主流のBA.5より感染力が約3倍高いとの指摘もあり、世界で警戒が強まっている。

BA.2.75で「第8波」の可能性?


新型コロナウイルスのオミクロン株について「ケンタウロス」と呼ばれる新たな派生型「BA.2.75」を国内で複数確認しました。既に「東京都」「大阪府」「兵庫県神戸市」「愛知県」で感染を確認、いずれも海外渡航歴や県外移動はなく市中感染の可能性は高いです。


【解説】新たな変異「BA.2.75」ケンタウロスと呼ばれるワケ…感染力や症状は?


BA.2.75はBA.2を枝別れした75番目の亜種で通称「ケンタウロス」と名付けられました。重症化リスク、毒性、病原性などはまだ分かっていません。しかし、アメリカの大学によれば感染力は現在主流のBA.5に比べて「3.24倍」と研究結果を発表しています。

初確認されたのはインドです。アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダなど世界各国で確認されました。国立感染症研究所は「ワクチンが効きづらい可能性」を示唆しました。(一般論で)ウイルスの変異は半永久的に続くのでいずれはインフルエンザと同じような対策・対応に変えていくことになりそうです。

■WHO「日本が世界最多」先週1週間のコロナ新規感染者数
https://www.fnn.jp/articles/-/395232
FNNプライムオンライン 2022年7月28日 木曜 午前8:52


新型コロナウイルスの「第7波」の感染が広がる中、WHO=世界保健機関は7月27日、先週一週間の新規感染者の人数について日本が、世界で最も多かったとする最新のリポートを発表しました。





新規感染者数「世界最多」の衝撃!


2022年07月27日(水)。世界保健機関(WHO)は、先週一週間の新型コロナウイルスの新規感染者数に関する国別のリポートを発表しました。世界最多は「日本」でした。東アジアで最も感染拡大した国です。

先週一週間で「96万9068人」の感染を確認した日本のランキングは7月に入って急上昇、これまで世界トップだったアメリカを抜いて日本は世界一位の新規感染者数を記録しました。

これに対して、いち早くBA.5の広がった欧州諸国では既に新規感染者数は減少傾向にあります。1日20万人は欧米諸国でも最近は見られない数字です。それだけに日本の感染拡大の凄まじさを示しています。尚、同期間の死者数最多はアメリカで2600人です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!東京都民60人に1人は「陽性」で療養中!医療提供体制など全てのモニタリング項目で悪化!静岡県で子どもの患者死亡!死亡後の検査で感染判明!基礎疾患影響?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_07_31
※画像出典:FNNプライムオンライン




ピックアップニュース!

















新型コロナ感染の3歳女児死亡 静岡県で子供の死亡は初めて!







このニュースについて!


2022年07月28日(木)。東京都の新型コロナウイルス専門家会議は医療提供体制など全ての「モニタリング項目」で「悪化」していることを明らかにしました。都民の60人に1人は陽性で「入院」「宿泊」「自宅」のいずれかで療養中です。

都内の新規感染者の7日間平均は2万9,868人で前週の1.8倍でした。このままのペースでは1週間後の8月3日(水)には1日の新規感染者は5万3000人を超える推定値を示しました。これは第6波のピーク時の3倍の数字です。

これを受けて、東京都は発熱外来などの負担軽減の為に「陽性者登録サポートセンター」を8月上旬に設置することを決めました。自主検査で陽性反応の出た人はインターネットで申請することで自宅療養についてサポートセンターの支援を受けられます。

同日。静岡県は緊急会見を開いて新型コロナウイルスに感染した子どもの患者の死亡を公表しました。患者は沼津市の3歳の女児。救急搬送された後に死亡を確認、死亡後の検査で感染判明、件の女児は「周期性発熱(周期的に熱が出る)」の基礎疾患を有していました。

女児は7月中旬に発症、7月下旬に死亡を確認しました。同県は死因について新型コロナウイルスによる急性心筋炎の疑い指摘しています。新型コロナウイルスの感染者で20歳未満の死亡例は県内では初です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!東京都の新規感染者数は「3万3466人」土曜日で過去最多!全国の新規感染者数は「23万人」を突破!医療機関や介護現場のひっ迫は深刻に!全国知事会は「緊急建議」を採択!日本政府に対応の見直しを要請!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_07_30
※画像出典:日本経済新聞




ピックアップニュース!



























全国の感染者23万人超 過去最多 知事会が政府へ「方針見直しを…」(2022年7月28日)!







このニュースについて!


2022年07月30日(土)。東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数は「3万3466人」でした。死亡者数は12人に増加しました。前の週の同じ曜日を上回るのは11日連続で土曜日では過去最多です。全国の新規感染者数は1日20万人を超える状況。医療機関や介護現場はひっ迫状態になっています。

新型コロナウイルス対策ダッシュボードの集計によれば、現在患者数と対策病床数の比率は全国で1000%(10倍以上)に増えました。場所によっては1800%を超えるなど数字は大幅に悪化しています。患者数と比較して対策病床の数は全く足りていません。

2022年07月28日(木)。東京都の発表した新型コロナウイルスの新規感染者数は4万406人で過去最多を更新、初めて4万人の大台を突破、国基準で入院中の重症患者は500人以上、死亡者は7人を確認しました。

全国の新規感染者数で初めて23万人を突破。この事態を受けて「全国知事会」は新たな対策や方針を示すように国に求める「緊急建議」を全会一致で採択しました。また、オミクロン株の派生型「BA.5」を前提に新しいウイルス対策を国に実施するように提案しています。

神奈川県では重症化リスクの低い患者を対象に「発熱外来」の受診を控えるように促しました。自分で検査を行って自主療養を行うように呼び掛けました。

黒岩祐治知事は記者会見や動画を通して自主療養届出制度を活用するように求めて「発熱外来は優先するべき患者に回すべきだ」と強調しています。

2022年07月27日(水)。全国の新型コロナウイルスの新規感染者数は「20万9694人」で過去最多を更新しました。死亡を確認した人数は129人に増加。急激な勢いで増えた患者に大阪府は「医療非常事態宣言」を発令、医療機関のコロナ病床を臨時で拡大するなど緊急措置を実施しています。

2022年07月26日(火)。東京都の新型コロナウイルスの速報値を発表、都内で新たに3万1593人の新規感染者を確認、これは先週の同曜日と比べて2万人ほど増えて約2.9倍の大幅な増加です。

先日の行政検査数は3万7987件で陽性率は単純計算で50%を突破しました。欧米では5%以上を感染爆発の指針しています。それに比べれば日本の陽性率は異常なほどに高い数字です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【要警戒】東京都で国内初「サル痘」の感染者を確認!世界保健機関(WHO)は「緊急事態宣言」を発令!欧米を中心に拡大!先進国では死亡例なし?今年に入って75カ国・地域で1万6000件以上の感染を確認!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_07_25
※画像出典:日本経済新聞





■「サル痘」の感染者を確認、日本国内で初=報道
https://jp.reuters.com/article/japan-monkeypox-idJPKBN2P00TG
ロイター 2022年7月25日 7:41 午後


[東京 25日 ロイター] - NHKなど国内メディアによると、日本国内で初めてサル痘の感染者が確認された。共同通信は政府関係者の話として、東京都の30代男性の感染が確認されたと伝えている。

■サル痘、初の国内感染者 5月以降、欧米で拡大―先進国で死亡例なし・厚労省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072500867&g=soc
時事ドットコム 2022年07月25日 19時57分


欧米などで報告が相次ぐ天然痘に似た「サル痘」について、厚生労働省は25日、国内でウイルス感染者を初確認したことを明らかにした。感染経路は主に飛沫(ひまつ)や接触感染で、先進国での死亡例はない。

国内初の感染者は都内在住の30代の男性!


2022年07月25日(月)。厚生労働省は欧米などを中心に報告されている「サル痘」について国内で初めて感染を確認したことを明らかにしました。政府関係者によれば、感染者は東京都在住で渡航歴のある30代の男性です。

■WHO、サル痘で緊急事態宣言 感染抑制へ協調対応促す
https://jp.reuters.com/article/health-monkeypox-who-idJPKBN2OZ013
ロイター 2022年7月24日 10:49 午前


[23日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日、急速に感染が拡大しているサル痘について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」に相当すると宣言した。最高度の警戒を呼びかけ、各国による協調対応を促す。

■WHO、サル痘で「緊急事態」欧州中心に1万6000件
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072300547&g=int
時事ドットコム 2022年07月24日 06時53分


【パリ時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日、記者会見し、欧米で感染が広がっている天然痘に似た症状の感染症「サル痘」について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たると宣言した。テドロス氏によれば、今年に入って75カ国・地域で1万6000件以上の感染が確認されている。

新型コロナウイルスに続く新たな脅威に?


2022年07月23日(土)。世界保健機関(WHO)は「サル痘」について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。WHOの最高度の警告である緊急事態宣言は2020年1月末の新型コロナウイルス感染症に対する宣言以来です。

テドロス・アダノム事務局長は記者会見で、緊急委員会では全会一致の結論には至らなかったものの「感染について分からないことが多く世界中に急速に拡大している」ことなどを宣言発出に踏み切った理由に挙げています。

WHOの緊急事態宣言は各国当局にワクチンや治療法の共有など感染拡大防止に向けた国際的な協調を促す措置です。法的拘束力はありません。

サル痘の感染者は同性愛者に多く「性交渉」などの接触で感染拡大している可能性は高いです。WHOは差別や偏見の助長を防ぐように呼び掛けました。こうした点を踏まえて世界各国に悪い影響を及ぼすことを強く懸念しています。






サル痘の主な特徴!


サル痘は従来アフリカの風土病で「サル痘ウイルス」に感染して発症します。ウイルスを保有しているのはリスやネズミなどの「げっ歯類」に多く噛まれるなどで人に感染します。

感染した場合の主な特徴は次の通りです。発熱、頭痛、リンパ筋腫の後に特徴的な「発疹」を発症します。重症例では天然痘と区別は難しいようです。感染経路は主に体液や飛沫で他に寝具への接触で人から人に感染します。

潜伏期間は7日~11日。通常は数週間程度で治癒するものの新生児や子どもの場合は稀に合併症を引き起して死に至るケースもあります。致死率は1%~10%程度です。

サル痘は今年に入って75カ国・地域で1万6000件以上の感染を確認、現時点で先進国での死亡例はありません。国立感染症研究所によれば、日本においては統計を取り始めた2003年以降、患者は確認されていませんでした。

欧米などの感染拡大でWHOは緊急事態を宣言、これを受けて、日本政府は「サル痘に関する対策会議」の初会合を開催、関係国と連携して情報収集、治療体制の準備、感染の疑い例の発生に備えて検査や患者の受け入れ体制を整えることを確認しました。

内閣官房の担当者は本日国内で初の感染確認を受けて、厚生労働省や東京都と情報の共有を図った上で今後の対応を検討する方針です。

更に、厚生労働省は7月末に開く専門部会で「天然痘ワクチン」をサル痘予防に使うことの可否を審議します。6月中旬の臨床研究の枠組みで例外的に接種を可能にしていたものの正式にサル痘用で薬事承認することを諮ります。感染者と接触した人や接触する可能性のある医療従事者らへの接種を検討します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!新規感染者数急増で「第7波」突入へ!感染再拡大の要因はBA.5?感染力は武漢株の6倍?ワクチンや免疫をすり抜ける能力?オミクロン株の新たな系統「BA.2.75」を日本国内で初確認!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_07_18
※画像出典:The Guardian




ピックアップニュース!




















すでに第7波…新型コロナBA.5感染拡大 試される「ウィズコロナ」の覚悟【日経プラス9】(2022年7月13日)!







このニュースについて!


世界保健機関(WHO)はテドロス・アダノム事務局長は、新型コロナウイルスの新規感染者数について6月後半以降の2週間で30%ほど増えたことを報告しました。世界的な感染急増の要因は、新たな変異株の出現やワクチン効果の低下で各国に対策強化を呼び掛けています。

東京都は専門家会議は新型コロナウイルスの新規感染者数の急増で「第7波」に突入した可能性を指摘しました。7月上旬に7日間の平均値で2倍近いペースで急増、都内の感染状況は現在のペースで感染拡大した場合、7月20日(水)には1万5000人越、4週間後の8月上旬には5万人越に上る予測値を示しました。

東京iCDC専門家ボードの賀来満夫座長は「第7波に入ったと考えられる」と指摘しました。オミクロン株への置き換りは急激に進んでいて、ワクチンの予防効果も限定的、小池百合子知事は病床確保や宿泊療養などの対策強化に言及しています。

新型コロナウイルスの新規感染者数は全国的に急増、7月上旬の時点で1カ月ぶりに4万人を超えました。東京都の指数関数的に数倍の勢いで増えていて1日あたりの新規感染者数は8000人を突破、急激な感染拡大に行政の対応は追いついておらずアドバイザリーボードは開催すらされていません。

急激な感染拡大の要因は、日本政府の規制緩和、夏になったことでマスクを着用する人は減少、オミクロン株の新派生型「BA.4」「BA.5」の存在です。

特にBA.5はワクチンや感染で獲得できる免疫をすり抜けて感染する能力を持っている模様。鹿児島大学大学院の西順一郎教授は以下のように述べています。

■コロナ急拡大、オミクロン新派生型「BA・5」の影響か ワクチンや感染で獲得の免疫逃れる力大きく 専門家「盆時期に増える可能性」
https://373news.com/_news/storyid/159067/
南日本新聞 373news.com 2022/07/07 08:00


感染症に詳しい鹿児島大学大学院の西順一郎教授によると、「BA・5」は最近まで主流だった「BA・2」に比べ、ワクチン接種や感染で獲得された免疫を逃れる力が大きい。海外の研究では、感染を防ぐ「中和抗体」の量が3分の1に低下しているとの報告がある。

さらに、ワクチンの3回目接種から4~5カ月が経過し、免疫が減衰している時期と重なっていることも影響しているという。

新型コロナウイルスの新規感染者数は急増していて第7波に突入したことはほぼ確実です。医療現場は「第7波のど真ん中にいる」と危機感をあらわにしました。

感染力の強化されたオミクロン株の新派生型は軽視できません。海外の最新調査では「武漢型の6倍に匹敵する感染力を持っている」と報告されました。更に、インドなどを中心に別系統の変異株を確認、神戸市健康局の報告によれば、オミクロン株の新たな系統「BA.2.75」を日本国内で初めて確認しました。感染スピードは再び強まることになりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!ワクチン接種者を「未接種扱い」で処理?データ改竄?ワクチンの効果に疑問符?厚生労働省「理由は不明だが意図的なものではない」!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_05_31
※画像出典:CBC Web(CBC News)




ピックアップニュース!

















ワクチン打っても「未接種扱い」に 一体なぜ? 国のデータ開示に問題【大石が聞く】!







このニュースについて!


新型コロナウイルスのワクチンについて厚生労働省は接種者の一部を「未接種」に分類して処理していた模様。名古屋大学の小島勢二名誉教授は新型コロナウイルスのワクチンに関するデータに不自然な点を指摘、日本と諸外国のデータで比較してワクチンの予防効果の大きな差を疑問視しました。CBCニュースの記事です。

具体的には諸外国では20%程度なのに対して「日本」では「90%程度」の高い水準を維持しています。

厚生労働省に送る陽性者のデータ入力用紙は、ワクチンを打っていて「有」に〇をした人でもいつ打ったか分らなければ接種歴は「未記入」もしくは「不明」になります。同省はこうした人達をすべて未接種に分類して処理していた訳です。

これによってワクチンを接種していない人は実態より多くなって、結果的にワクチンの有用性は諸外国に比べて高く見えるようになります。専門家の指摘を受けた厚生労働省は突如データを修正しています。

厚生労働省の戦略班はCBCテレビの取材に対して「未接種に分類していた理由は不明だが意図的なものではない」「この調査はワクチンを打っても感染するいわゆる『ブレイクスルー感染』の実態を調べるためのもの」と回答しました。

いずれにしてもワクチンの予防効果について疑問を生じさせるには十分な不祥事です。更に、日本政府や厚生労働省はワクチンの効果を正確に把握していない疑惑まで浮上しました。非常に深刻な事態です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ピックアップニュース】新型コロナウイルス!新たな脅威?オミクロン株の亜系統「BA.2.12.1」大阪府内で初確認!市中感染の可能性大!吉村洋文知事「警戒すべき変異株の1つだと思っている」!東京都では「BA.5」「BA.2.12.1」の2種を確認!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2022_05_30
※画像出典:毎日新聞




ピックアップニュース!


















速報!日本のマスコミが報じないコロナ新変異株誕生!オミクロンBA4とBA5!ワクチンと自然免疫両方を回避してくる可能性が高い!平田悠貴。一月万冊!







このニュースについて!


2022年05月27日(金)。大阪府の吉村洋文知事は新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の亜系統「BA.2.12.1」を府内で確認したことを発表しました。陽性反応の50代男性の検体をスクリーニング検査した結果、ゲノム解析でBA.2.12.1を検出、男性に海外への渡航歴はなく市中感染の可能性は高いです。

吉村洋文知事は「警戒すべき変異株の1つだと思っている」「大きな波になることがないか置き換り方を注視したい」と述べました。

一方で、府民や近隣の府県の旅行者を対象に旅行費用の一部を府で助成する「大阪いらっしゃいキャンペーン2022」を来月1日に再開することに関しては「新たに奈良県からの旅行者についてもキャンペーンの対象に加える」と公表しています。

2022年05月25日(水)。東京都で5月上旬に発症した70代男性はオミクロン株の亜系統「BA.5」の感染を検出しました。また、4月下旬に発症した50代男性で「BA.2.12.1」の感染を検出、2人は軽症ではあるものの東京都では初の市中感染です。

新型コロナウイルスのオミクロン型の亜系統は米国やポルトガルなどで主要株になってきました。特に米国では新規感染者の内、約半数はBA.2.12.1に置き換っています。この2種は現在主流の「BA.2」に比べて「高い感染力」「免疫をすり抜ける性質」「重症化のリスク」など不明な点は多いです。

東京都ではこれまでの空港検疫の検査で、BA.5を7件、BA.2.12.1を180件、厚生労働省によれば後者は日本全国で241人検出、置き換りは確実に進んでいます。このままでは諸外国のように感染急増は時間の問題です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 新型コロナウイルス