FC2ブログ

タグ:下村博文

記事一覧

【先行き不透明】自民党総裁選挙管理委員会「総裁選挙」の日程を正式発表!菅義偉首相は一転して「衆議院解散」に踏み切る意向?立憲野党は千載一遇のチャンス!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2021_09_01

自民党総裁選挙管理委員会は、同党総裁選挙の日程を正式に発表しました。同日、岸田文雄前政調会長は総裁選挙への立候補を表明しました。事実上、菅義偉VS岸田文雄の一騎打ちの構図になりそうな様相です。一方で、菅義偉首相は9月中旬に衆議院解散を宣言する方向で検討を開始しました。先行きは不透明です。

■総裁選「9月17日告示・同29日開票」で決定
https://www.jimin.jp/news/information/201959.html
自由民主党 ニュース 2021年8月26日


自民党は8月26日、任期満了に伴う総裁選を「9月17日告示・同29日開票」の日程で行うことを決定しました。この日程は同日の党本部総裁選挙管理委員会(委員長・野田毅衆院議員)で協議の上、総務会で了承され、野田委員長が記者会見で公表しました。

今回の総裁選は任期満了に伴うものであり、総裁公選規程に基づき実施されます。党所属国会議員による「議員投票」と党員・党友による「党員投票」の合計票数で争います。

議員投票は1人1票で、8月26日現在の党所属国会議員は383人。投開票は従来党本部で行ってきましたが、今回は新型コロナウイルス感染対策のため、都内のホテルで行います。

■自民 総裁選に向けた動き本格化 岸田前政調会長は立候補を表明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210826/k10013224451000.html
NHK NEWS WEB 2021年8月26日 19時01分


来月末の任期満了に伴う自民党総裁選挙について、岸田前政務調査会長は記者会見で、「自民党が国民の声を聞き、幅広い選択肢を持つ政党であることを示す」と述べ、立候補を正式に表明しました。

Twitterの反応!








菅義偉VS岸田文雄の一騎打ちに!


2021年8月26日(木)。自民党総裁選挙管理委員会は、同党総裁選挙の日程について9月17日(金)告示の9月29日(水)投開票で正式に発表しました。党員投票を含めて予定通りに実施する旨を通達。同時に岸田文雄前政調会長は総裁選挙への立候補を表明しました。

一部報道によれば、岸田文雄氏は安倍晋三前首相や麻生太郎副総理兼財務相に近く既に両氏の支持を取り付けました。二階俊博幹事長は早々に菅義偉首相の支援を表明しました。自民党総裁選挙は菅義偉VS岸田文雄の一騎打ちの構図になりそうな様相です。

岸田文雄氏は「党役員任期改革案」を発表、総裁を除く党役員を1期1年連続3期までに制限します。所謂「二階外し」を前面に打ち出して改革をアピールしました。二階俊博氏はこれに不快感を示しています。

ダークホース・高市早苗前総務相に要警戒!


一方で、これまで名前の挙った人達の動向は次の通りです。下村博文政調会長は立候補を断念、石破茂元幹事長は現時点で白紙、河野太郎行政改革担当相は態度不明、小泉進次郎環境相は菅義偉首相の再選支持の姿勢を明確にしました。

所謂「親学」のシンパで推進議員連盟の事務局長を務める下村博文氏の立候補断念で懸念材料はひとつ払拭されました。しかし、月刊「文藝春秋」「総裁選出馬宣言」なる論文を寄稿した高市早苗前総務相は正式に立候補を表明しています。

表現規制に積極的で極右タカ派の高市早苗氏は今回の総裁選挙のダークホースです。非常に危険な人物なので動向に要警戒です。

やぶれかぶれの大義なき解散?


■首相、9月中旬解散意向 党役員人事・内閣改造後
https://mainichi.jp/articles/20210831/k00/00m/010/347000c
毎日新聞 2021/8/31 22:26(最終更新 9/1 10:21)


菅義偉首相は自民党役員人事と内閣改造を来週行い、9月中旬に衆院解散に踏み切る意向だ。複数の政権幹部が31日、明らかにした。自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)は衆院選後に先送りする。首相は衆院選の日程を10月5日公示、17日投開票とする案を検討している。

2021年8月31日(火)。菅義偉首相は一転して9月中旬に衆議院解散を宣言する方向で検討を開始しました。第一報は毎日新聞。複数の政府関係者によれば、週明け9月6日(月)に幹事長の交代を柱にした党役員人事および内閣改造を行った上で、新型コロナウイルスの感染状況を見て判断する意向です。

前述の日程で進めていた自民党総裁選挙は衆議院選挙後に先送りもしくは衆議院選挙と同日投開票にする案で検討しています。現在、有力視されている日程は10月5日(火)公示の10月17日(日)投開票で、自民党総裁選挙の結果に係らず衆議院選挙は菅義偉氏をトップに戦う形になる見通しです。

一方で、一部報道によれば「閣僚を動員して解散の閣議決定に反対する事も辞さない」と自民党内に反発の声は根強くあります。菅義偉首相は「解散できる状況ではない」「総裁選挙の先送りも考えてない」と発言するなど先行きは不透明です。

立憲野党は政権交代の足掛りに!


このタイミングで急転直下の解散総選挙。情報は錯綜しています。しかし、複数の大手メディアも一斉に報じたのであり得るシナリオではあります。

いずれにしても現時点で解散総選挙は政界全体のパワーバランスを見直す千載一遇の機会です。立憲野党はこのチャンスを最大限に活かせば「政権交代に近い状況」を作れる筈です。活動家の御用聞きではなく無党派層を取り込める政策をアピールするべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【憲法改正】自民党・下村博文憲法改正推進本部長「野党は職場放棄」の暴言!二階俊博幹事長「苦言」を呈す!与野党の批判殺到で「憲法審査会幹事」辞退の意向!

憲法改悪反対!
constitutionalism_2018_11_14
■自民党:下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
https://mainichi.jp/articles/20181114/k00/00m/010/116000c
毎日新聞 2018年11月13日 21時44分(最終更新11月14日11時18分)


10月に自民党憲法改正推進本部長に就任した下村博文氏が、国会の憲法審査会の早期開催に応じない野党を「職場放棄」と批判し、窮地に立たされた。衆院憲法審は定例日の15日も開かれない見通し。下村氏は内定していた憲法審幹事を辞退する意向を固めた。

■衆院:憲法審査会「強硬派運営のメッセージ」船田氏が懸念
https://mainichi.jp/articles/20181023/k00/00m/010/140000c
毎日新聞 2018年10月22日 22時45分(最終更新10月22日22時53分)


自民党の船田元・衆院議員は22日のメールマガジンで、自身や中谷元・元防衛相が衆院憲法審査会の幹事を外れた自民党の新体制について「強硬派によって審査会を運営するというメッセージを内外に示した」として、懸念を表明した。

Twitterの反応!







改憲勢力の出鼻を挫く下村博文の自爆!


TBSのCS番組「国会トーク・フロントライン」に出演した自民党の下村博文憲法改正推進本部長は「憲法審査会」の早期開催に応じない「野党」「職場放棄」と無茶苦茶なロジックで批判しました。これに対して野党は「憲法改正論議そのものが遠のいた」と反発を強めています。衆議院の憲法審査会は定例日の15日も開かれない見通しで下村博文は内定していた同会幹事を辞退する意向を固めたそうです。

下村博文は前述の番組で「憲法改正についてどう思っているのかという事を率直に議論しましょうという事さえ議論しないとすればそれは国会議員として『職場放棄』じゃないですか?」と述べています。更に「高い歳費を貰っているにも拘わらず国会議員としての職場放棄をしてもいいんですかという事を国民にも是非分かって頂きたい」と続けました。自民党の二階俊博幹事長は「本人の責任で何を仰っても結構だが野党にものを言う場合は慎重の上にも慎重であってもらいたい」と苦言を呈しています。

一連の発言に対しては与野党で批判殺到。安倍晋三は自身の腹心を重要なポストに据えて憲法改正の強行を画策していました。こうした目論見に若干の狂いが生じてきているのは間違いありません。尚、安倍晋三とその周辺の強引な手法に与党内の一部には懸念の声が出ています。自民党の船田元衆議院議員総会長はメールマガジンを通して安倍晋三周辺の強硬路線で議論が割れる可能性を指摘しました。仮に「国民投票」を強行してもその後に野党の猛烈な反対などで国民の賛同は得られなくなるのではと疑問を投げ掛けています。

今回の件で憲法改正を阻止できる訳ではなく下村博文も早期に身を引いたので野党は「攻める口実」を失ったとの見方もできます。しかし「改憲勢力」は出鼻を挫かれた事は事実です。菱山南帆子氏(@nahokohishiyama)の仰るように「憲法尊重擁護の義務」のある政治家自身で率先して憲法改正を煽る事こそ「職務放棄」なのです。改憲勢力の憲法観は極めて危険です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【危険】臨時国会開会目前!自民党「単独」で「憲法改正案」提示の意向!憲法改正推進本部長・下村博文「各党のスタンスを発表して議論として積み重ねる」!

憲法改悪反対!
constitutionalism_2018_10_18
■憲法改正案「提示」方針を確認 自民改憲本部
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36648630Y8A011C1PP8000/
日本経済新聞 憲法改正 政治 2018/10/18 18:20


自民党憲法改正推進本部は18日の幹部会合で、党の憲法改正案について臨時国会で「提示」を目指す方針を確認した。3月にまとめた憲法9条などの4項目の条文案を衆参両院の憲法審査会で説明し、改憲に向けた足がかりにしたい考えだ。

幹部会合を開いたのは下村博文氏が本部長に就任後初めて。下村氏は会合後「各党のスタンスを発表し、議論として積み重ねるのが本当の立憲主義、民主主義のあるべき形だ」と語り、憲法審査会の早期開催を野党側に求めた。

■【政治】自民、改憲案で与党協議見送りへ 国会に単独提示、9条改正など
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018100501001846.html
東京新聞(TOKYO Web) 2018年10月5日 12時43分


自民党は、10月下旬に召集予定の臨時国会に、9条への自衛隊明記など4項目の憲法改正条文案の単独提示を目指す方針を固めた。連立を組む公明党が事前協議に一貫して難色を示しているため、協議は見送る。自民党幹部が5日、明らかにした。衆参両院の憲法審査会で条文案を示し、与野党による議論を喚起することを狙う。主要な野党は改憲案の提示自体に反対しており、予定通り進むかは見通せない情勢だ。

自民党憲法改正推進本部長に内定した下村博文・元文部科学相が4日、推進本部の最高顧問に就く高村正彦前副総裁らと党本部で会談し、条文案の提示を目指す方針を確認した。(共同)

Twitterの反応!







顧問再任の石破茂元幹事長に要注目!


自民党の下村博文憲法改正推進本部長は森英介衆院憲法審査会らと「憲法改正」を巡る今後の対応を協議した模様。10月24日(水)に召集の臨時国会で「憲法審査会」に党の憲法改正案を提示する事を目指して「公明党」及び「野党」に理解を求めていく考えを示したそうです。同氏は「野党とも協調して強硬路線ではなく汗をかきながらやっていきたい」「与党なので公明党にも丁寧に対応していく」と述べています。

臨時国会では憲法改正の是非を問う「国民投票」の利便性を高める為に「国民投票法改正案」を成立させた上で衆参両院の「憲法審査会」に党の憲法改正案を提示する事を目指しています。憲法改正推進本部の最高顧問には高村正彦前副総裁(非議員)を充てる他に顧問に石破茂元幹事長を再任する事などを決めました。臨時国会の憲法改正案提示を「あり得ない」と述べた石破茂の動向に要注目です。

お約束のパフォーマンスではあるものの連立与党の「公明党」は難色を示しています。立憲民主党など野党6党は現時点で憲法改正そのものに「反対」でほぼ一致しています。また、マスコミ各社の「世論調査」で半数以上は「反対」と回答するなど憲法改正に対する「警戒感」は根強くあります。これらを見る限りではまだギリギリで踏み止まっている印象です。

しかし、こうした動きは他所に自民党は今年中に憲法改正案を提示して来年早々に「国民投票」に踏み切る準備を進めています。現実問題「数的」には「単独」で憲法改正の「発議」は可能なのです。沖縄県知事選挙の直後はトーンダウンしていたものの下村博文の言葉とは裏腹に安倍晋三とその周辺は「強行突破」に向けて着実に足場を固めています。

自民党「改憲4項目」とは?


自民党「改憲4項目」は「憲法9条=自衛隊の『根拠規定』明記」「緊急事態条項の創設」「参議院選挙の合区解消」「教育の充実(無償化など)」です。自民党はこの「4項目」「条文イメージ」と位置付けていて「国民の幅広い合意」を得る為に他党との協議で修正した上で「憲法改正原案」を作る事を想定しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 下村博文