TOP Page > |← Previous << |This Page| >> Next →

【超重要】【社会】「恣意的運用」国際視点から警告 国連報告者、首相に書簡「共謀罪」採決強行

■【社会】「恣意的運用」国際視点から警告 国連報告者、首相に書簡「共謀罪」採決強行http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017052090065838.html東京新聞 2017年5月20日 06時58分プライバシーの権利に関する国連特別報告者ケナタッチ氏が、「共謀罪」法案に対し、プライバシーや表現の自由を制約する恐れがあると強い懸念を示す書簡を安倍晋三首相あてに送付した。法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的で恣意(しい)的に...

続きを読む

【司法軽視】音楽教室の演奏に著作権者の許諾必要な場合も 政府答弁書

■音楽教室の演奏に著作権者の許諾必要な場合も 政府答弁書http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010987501000.htmlNHK NEWS WEB 2017年5月19日 13時29分政府は19日の閣議で、音楽教室での演奏であっても、公衆に直接聞かせることを目的とし、聴衆から料金をとったり、演奏者に報酬が支払われたりした場合などには、著作権者の許諾を得る必要があるなどとする答弁書を決定しました。この答弁書は、民進党の宮崎岳志衆議院...

続きを読む

【戦前回帰の前兆】共謀罪:衆院法務委で可決 与党側が採決強行

■共謀罪:衆院法務委で可決 与党側が採決強行https://mainichi.jp/articles/20170519/k00/00e/010/298000c毎日新聞 2017年5月19日 13時17分(最終更新5月19日13時34分)組織犯罪を計画段階で処罰可能とする「共謀罪」の成立要件を改めたテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午後、衆院法務委員会で自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決された。与党側が審議時間の目安とする計30時間(参考人質疑を除く)...

続きを読む

【与党内に会期延長論】「共謀罪」採決強行へ 金田法相の不信任決議案を否決

■「共謀罪」採決強行へ 金田法相の不信任決議案を否決http://www.asahi.com/articles/ASK5L4J67K5LUTFK00F.html朝日新聞デジタル 田嶋慶彦 2017年5月18日 19時42分「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案をめぐって民進、共産、自由、社民の野党4党が出した金田勝年法相の不信任決議案が18日の衆院本会議で、自民、公明、日本維新の会などの反対多数で否決された。与党は審議継続を求める野党の反対を押し切り、19日の...

続きを読む

【共謀罪を巡る攻防】4野党、金田法相の不信任決議案を衆院に提出

■4野党、金田法相の不信任決議案を衆院に提出http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170517-OYT1T50055.html読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2017年05月17日 12時21分テロ等準備罪の創設を柱とした組織犯罪処罰法改正案の国会審議を巡り、民進、共産、自由、社民の野党4党は17日午前、金田法相の不信任決議案を衆院に提出した。これを受け、改正案の実質的な締めくくり質疑が予定されていた衆院法務委員会は17日の開催が見送られた...

続きを読む

【超重要】共謀罪の対象犯罪に「刑法175条(わいせつ物頒布等の罪)」が含まれている事の危険性について

■組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19305064.htm別表第二(第二条関係)一 刑法第百六十三条の四(支払用カード電磁的記録不正作出準備)の罪、同法第百六十三条の五(未遂罪)の罪(同法第百六十三条の四第一項の罪に係る部分に限る。)又は同法第百七十五条(わいせつ物頒布等)若しくは第百八十六条第一...

続きを読む

【米国抜きに現実味】日・NZ担当相会談 TPP議論主導を確認

■日・NZ担当相会談 TPP議論主導を確認http://www.news24.jp/articles/2017/05/15/06361562.html日テレNEWS24 2017年5月15日 21:19アメリカ抜きのTPP(=環太平洋経済連携協定)を話しあう閣僚会議が今週末開かれるのを前に、日本とニュージーランドの担当大臣が会談し、11か国の結束を目指し両国が議論を主導していくことで一致した。TPPはアメリカが離脱を表明したことで残りの11か国で発効させるかが焦点となって...

続きを読む

Twitter

プロフィール

日下部 來純

Author:日下部 來純
男 30代 元書店員 ヲタク 無党派(※1)

stop_kisei@hotmail.co.jp @は半角。

当ブログのスタンス

我が国と子ども達の「未来」を守る為に「基本的人権の侵害」と「児童ポルノ禁止法の改悪(※2)」に反対しています。

最優先事項

・「表現の自由」をはじめとする「基本的人権」を守る事

・「リオ宣言案」及び「共謀罪(※3)」を阻止する事

・「インターネットの自由」を守る事

・漫画やアニメーション等の「コンテンツ文化」を守る事

・「警察権力の拡大」を阻止する事

・様々な悪法から「日本」に住む人々の安全を守る事

その他の関心事

・取調べの全面可視化

・セクシュアルマイノリティに対する偏見や差別の撤廃

・性産業従事者に対する偏見や差別の撤廃

・護憲(9条除く)

・脱原発(厳密には減原発)

・脱官僚

※1=「基本的人権」を尊重してくれる議員の多い政党を合理的に判断し支持していきます。

※2=理念そのものに反対はしませんが「単純所持禁止」や「創作物違法化」という非人道的な手段は断固反対です。

※3=妥協案として「長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」という条文を削除させる事を目標としています。

嫌いな物(事)

セックスへイター。ラディカル・フェミニズム。反日活動家認定。不毛な議論。全体主義。官僚主導国家。アメポチ。

管理人から一言

日本は先進国の中でも極めて安全な国です。「凶悪事件」や「少年犯罪」も低減中。治安悪化のネガキャンに騙されない様に注意を!。

表現言論の統制はエロ・グロ・ナンセンスから始まります。日本の今後の為にも「たかが漫画規制」と甘く見ずに危機感を持ってください!。

現在「児童ポルノ規制」は間違った方向へ進んでいます。それは「子どもの未来」も破壊する悪法、子どもを持つ「親御さん達」こそ「真実」を知ってください!。

コンテンツ文化を愛するオタク達は危機感を持つべきです。思想狩り法案は着実に進んでいます社会的に抹殺されるかどうかの瀬戸際ですので是非とも「反対の声」を!。

皆様「悪法阻止」の為に一歩踏み出して具体的に「行動」してみませんか?。

カテゴリ

FC2カウンター